狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

本日発売!「狙われる沖縄」 雑誌『WILL』 緊急増刊号

2008-07-09 10:18:57 | ★集団自決

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 書籍類の発売日は、沖縄はその地理的ハンディから全国発売日とは多少のタイムラグを伴う。

単行本や月刊誌ならともかく、ニュース性が先行する週刊誌ともなると、そのわずかな発売日のタイムラグ故我慢できないという人もいる。

週刊誌はともかく、一日遅れの新聞なんて、・・・気の抜けたビールのようなもの?

昨夜、たまたま見たテレビ(我が家ではチャンネル権はない)で「クレーマー」を扱った番組を見た。

朝刊が配達されてないので販売会社に、クレーム入れたところ、

「明日の朝刊と一緒に配達します」との返事だったという。

「昨日の新聞など読みたくない! その日の朝刊が読みたいのだ!」

これが、番組の「クレーマー」のオチであった。

 

全国紙の沖縄での購読率が極端に低く、偏向した地元二紙が独占状態が続いている原因がこの配達日のタイムラグに凝縮されている。

気の抜けたキリンやアサヒを飲むより、出来立てのオリオンを好む県民の嗜好を批判は出来ないと思うのだが。

いくら出来たてだといっても、味そのものがすっかり変質してしまった沖縄の新聞は、もはや新聞の体をなしていない。

                     *

先日来、お知らせしている雑誌『WILL』の緊急増刊号が、本日(7月9日)全国発売です。(沖縄は遅れる)

特集は「沖縄の集団自決」ですが、筆者(狼魔人)も原稿を書かしてもらいました。

記事内容は当日記の愛読者の方ならかぶる部分もありますが、そこは我慢して書店で購買の上読んでいただけると幸いです。

 参考までに目次を以下にコピペしておきます。

 

                     ◇

雑誌『WILL』 緊急増刊号 7月9日発売!
 

沖縄戦「集団自決」
狙われる沖縄
 
 緊急特別対談 
■田久保忠衛×櫻井よしこ
「沖縄的なるもの」の正体

■渡部昇一
歴史教育を歪めるもの

 梅澤少佐独占手記 
■梅澤裕 (聞き手・鴨野守)
私は集団自決など命じていない

■藤岡信勝
教科書記述問題の決定版
文科省再検定で大膨張する反軍記述

■曽野綾子
強制された死か、個人の尊厳か

■鴨野守
村民多数を手にかけた
「悲劇の証人」金城牧師

 【特集】大江健三郎に問う! 
■曽野綾子
神の座に就いた作家と裁判官
■藤岡信勝
大江健三郎“勝訴”の深見判決を斬る
■徳永信一
ノーベル賞作家のまやかしのレトリック
■松本藤一
大江健三郎と岩波書店は不誠実だ
■松本藤一
沖縄の言論封鎖で住民は再び殺される
■飯嶋七生
母の「遺言」はなぜ改変されたか

 「反日」の沖縄 
■藤岡信勝・鴨野守
沖縄タイムスの「不都合な真実」
■皆本義博
渡嘉敷島、中隊長が語る「集団自決」の現場
■奥 茂治
沖縄タイムスを使った米軍の住民洗脳工作
■勝岡寛次
米軍の「心理作戦」で日本軍は沖縄の敵となった
江崎 孝
偏向ウォッチング これは沖縄の言論封殺だ

■グラビア特集
沖縄の「戦争」

                     ◇

沖縄集団自決で精力的な取材活動をしているジャーナリストの鴨野氏が書いた「すさまじい“同調圧力”」についての記事を公開したところ、ネット上でちょっとした話題になっている。 鴨野記者は図らずも沖縄サヨクが最も嫌がる点について書いたことがそのヒステリックな反応から伺い知れる。
 
鴨野氏の記事はここに⇒物言えば唇さびし すさまじい“同調圧力”

そこで鴨野氏に直撃電突をしたところ、沖縄での取材中の「横やり」はそれこそ掃いて捨てるほどあり、新聞でよく見る有名人(当日記でも再三取り上げた)からの「横やり」も入ったというから驚きだ。

                     ◇

今朝はブログがメンテナンスのため一時使用できなかったため、手抜きをさせてもらって沖縄県議団のデタラメな現地調査についての過去エントリーを抜粋して以下に再掲します
 

アリバイ作りの県議団調査  結論は決まっていた!

■順序が後先(あとさき)の県議団調査■

県議会で教科書の記述をを変えるような重要案件を決議する。

それなら、議決の前に調査・検証をしてその後に議決を計るのが順序だろう。

だが、「11万人」集会に至る端緒となった県議会の「教科書検定意見書撤回決議」の採択には、

奇妙な「アリバイ工作」が有った事を知る人は少ない。

事は歴史教科書の記述に関わる重要案件だ。

歴史の素人である県会議員が安易に多数決で決める問題ではない。

だが、県議会は検証をする前に決議採択をしてしまった。

そして、その後アリバイ作りの為の現地聞き取り調査をしたのである。

結局、このマスコミ向けの「現地調査」が狂乱騒動の発端となった。

「県議会採決」と議員団による現地聞き取り調査の順序が後先になった事実。

この後先実施の不自然さを報道するマスコミは一つもない。

議決採択の後の現地調査では「後の祭り」ではないのか。

当日記はこの県議文教厚生委員の聞き取り調査が、

デタラメナなアリバイ工作だった事を再三指摘してきた。

調査なんて今更どうでも良かったのだ。

だがマスコミの大々的報道で、デタラメな調査も信憑性を帯びてくるから、メディアの印象操作は恐ろしい。

県議団の調査となると、天下の文科大臣も態度が揺れ動かされるものらしい。

渡海紀三朗文部科学相は「検定後に新たな事実や証言が出ている。新事実が少し増えた状況で、どのように考えていくかだ」と語り、

教科書記述に「強制」の文言を復活させることもあり得るとの考えを示した。

渡海文科相が再修正の根拠として指摘した「新事実」というのは、

沖縄県議会議員団が行った、デタラメな聞き取り調査を実施した際の証言のことだろう。

そこで、座間味村の上洲幸子さん(84)が、旧日本軍隊長による直接命令があったと証言した。 

ところが、上洲証言を報道した沖縄タイムスは、二度、「隊長」ではなかったとの訂正記事を掲載している。 

だが、これが誤報だったことを伝える新聞はタイムス以外に一つも無かった。

沖縄タイムスの「大きな捏造記事」と「小さな訂正記事」

ちなみにこの沖縄タイムスの捏造記事はそのまま朝日新聞の社説に引用され全国を一人歩きし始める。(朝日の“捏造記事”タライ回し  沖縄タイムスが“捏造写真” 

                                              ◇

県議会文厚委 検定撤回へ現地調査

 文部科学省の教科書検定で沖縄戦の「集団自決」に関する日本軍強制などの記述が修正・削除された問題で、県議会文教厚生委員会(前島明男委員長)は6日午前、渡嘉敷島で「自決」現場を視察したほか、「集団自決」の生存者らから聞き取り調査を始めた。午後には座間味島に渡り調査する。

(7/6 16:05)全文 >>

「集団自決」の生存者から当時の話を聞く県議会文教厚生委員会の委員ら=6日午前10時半ごろ、渡嘉敷村

上記写真で調査団を先頭で案内している当時14歳の金城武徳さん(75)の証言は新聞では肝心の部分は完全に封殺された。

一方、当時僅か6歳の吉川さん(67)の証言は事細かに取り上げ「軍命令はあった」と結論付けている。

 

■デタラメだった聞き取り調査■

島の人によると、聞き取り調査は実に酷いものだったという。

金城さんが「軍の命令は無かった」と証言すると、

議員団のK女史(社民党)は、金城さんの発言を封じるように次のように決め付けたという。

私は、社会科の教師を30年近くやってきました。よってこの問題には造詣があります。」「戦争を美化しないで下さい。」

当時15歳で生き残ってきた証言者に対して、この「決め付け」発言がこの調査団の左翼的性格を物語っている。

証言者の発言を封じるなら何のための聞き取り調査だったのか。

そう、議会決議に合致する証言だけを聞けばよかったのだ。

「不都合な証言」を聞く耳など最初から持ち合わせてはいなかった。

社会科の教師をしていたら証言を聞かなくとも全てをお見通しだとは細木数子先生もきっとびっくりでしょう。

又調査団の団長で、後に「県民大会実行委員長」となる仲里県議会議長は、調査現場で驚くべき発言をしている。

あの「毒おにぎり」証言の仲里議長である。

みんなで既に決めたこと(採択したこと)だから、早く話をまとめましょう」

もう既に決まった結論のアリバイ造りの調査だったことがこの議長の一言で、語るに落ちてしまっている。

この調査団の左翼偏向的性格は今更説明を要しないが、この一連の県議団の動きがマスコミのセンセーショナルな報道と相まって、

その後県民を狂乱の渦に巻き込んでいく。

沖縄タイムスは恥知らずにも、

「証言を聞き終えた前島委員長は「検定意見削除は県民の総意だ。文科省にさらに強く訴えていく」という文で締めくくっている。

そう、タイムスは己が創作した“県民の総意”が重要であり、

重要証人の証言などどうでも良かったのだ。

沖縄タイムスは結局、聞き取り調査の証言は封殺して、自分が作ったシナリオ・「県民の総意」さえあれば、歴史の事実を捏造できると信じているのか。

デタラメな調査で「県民の総意」を捏造される県民もたまったものではない。

 

                     ◇

これまでも学術調査団が何度も現地調査を行っており、「軍命令はなかった」という多くの証言者がいたが、これらは地元マスコミに載ることはなかった。

■【動画と“新聞証言”の違い】

いずれにせよ、マスコミは自分等に不都合な事実は報じない。(これは金城さんも言っている)

琉球新報、沖縄タイムスが「集団自決」の生き残りで当時14歳の金城さんの証言をどのように歪曲して報じたか、つぎの【動画】で確かめて欲しい。

【動画・金城武徳さんの証言】http://www.youtube.com/v/P16oG_3X89o

 

連日紙面を飾るのは「多くの悲惨な証言がある」と言う極めて曖昧な記事のがオドロオドロしく報じられる。

確かに沖縄戦で悲惨な体験をした人は数多くいるだろう。

だが、「数多くの悲惨な証言」を必死で「軍命令で集団自決した」の結論にもっていこうと紙面づくりに追われているのが地元二紙だ。

最近では「命令の有無ではなく、強制性が問題だ」なんて言い変えだしているようが・・・。

そのうち「強制性の有無ではなく、軍隊がいたことが問題だ」なんて言い出すと思う。

まともな研究者、そして良識ある証言者達は皆「その事実」に気がついている。

「毒おにぎり」・「おじや強奪」・「メチル禍」 三人組の悲惨な体験

 

★WILLの目
 http://www.web-will.jp/

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一審敗訴を想定していた被告側 | トップ | トリュフを食べて飢餓を論じ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発売まで (ヒロシ)
2008-07-09 20:18:24
発売までしばらくの辛抱です。
老馬人さん (キー坊(沖縄人))
2008-07-10 21:50:43
こんにちわ

久しぶりです。
アメリカ占領中から沖縄へ入植されてたのですね。私などの及びも着かない沖縄に関する知識、納得です。
どうぞ、余生を植民地・沖縄で楽しくお過ごしください。
Unknown (涼月)
2008-07-11 00:24:26
はやく『曽野綾子・「ある神話の背景」(集団自決の真実)について』の続きを書く仕事に戻るんだ。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
亀田大毅に異例の通達・反則はダメ【画像・動画】 (亀田大毅に異例の通達・反則はダメ【画像・動画】)
6日にゴングを迎えるWBA世界フライ級タイトルマッチの前日計量が大阪市内で行われ、 挑戦者の亀田大毅(20=亀田)はリミットいっぱいの50・8キロ、王者デンカオセーン・カオウィチット(33=タイ)は50・7キロで一発パスした。