狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

絶体絶命!俎上のフグの安慶田氏、本日事情説明、沖縄副知事

2017-01-20 07:12:32 | 未分類
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

[大弦小弦]「人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる…2017年1月19日 07:58

 

 「人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる」。古代ローマの歴史家で政治家でもあったタキトゥスが自著「年代記」に残した警句である

▼地位が高くなれば、権力も強まるが、何をしても大丈夫だと自身の力を過信した時、思わぬ落とし穴にはまる。地位が高くなれば、しっかりわきを締め、足もとを固めることが肝要だという意味である

▼先の警句に従えば、この方はどうだったのだろうか。県の安慶田光男副知事が2015年の教員採用試験で特定の複数の受験者を合格させるよう、県教育委員会に依頼していた疑いが表面化した

▼本紙の取材によると、県教委の職員が副知事室に呼び出され、受験者の氏名や受験番号が書かれたメモを直接渡されたほか、依頼の電話があったという。県教委は「不正行為に当たる」として拒否したとの証言がある

▼対する副知事は疑惑を全面否定し、「僕の揚げ足を取って、蹴落とそうという人の謀略だろう」と反論する。疑惑が事実なら辞職することを明言しており、そうなれば翁長県政の屋台骨が揺らぐ

▼証言通り、足もとを滑らし、一線を越えてしまったのか。あるいは、本人が主張するように「揚げ足」を取られたのか。いずれにしろ真実は一つである。ここは、県教委と副知事の双方に丁寧に説明してもらうしかない。(稲嶺幸弘)

                      ☆

フグは旨いが毒は怖い。

昔の人はフグの毒の恐怖と戦いながらもフグの珍味を味わった。

現在でもフグの調理法を誤るとフグの毒は命取りになる。

翁長知事の「汚れ仕事」の代行人として周辺の「毒」を一手に引き受けてきた安慶田フグ知事ならぬ副知事がいま、まな板の上でのた打ち回っている。断末魔の抵抗だ。

本人は辞職も考えているようだが、任命者の翁長知事の包丁裁き次第では、フグが撒き散らす返り血じゃなく、フグ毒を浴び、翁長知事自身が命を絶つことも考えられる。

危険なフグを「懐刀」に重用した翁長知事の自業自得である。

 「フグ毒」の画像検索結果

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 2015年の県教員採用試験で、沖縄県の安慶田光男副知事が特定の受験者を合格させるよう県教育委員会に依頼していた疑いが持たれている問題で、安慶田氏が本年度の県教育庁の幹部人事でも特定の人物を登用するよう介入した疑いのあることが18日、沖縄タイムスの取材で分かった。教育庁人事は知事部局と切り離され、県教委の専権事項とされており、識者は「教育の政治的中立性や安定性が脅かされかねない」と懸念する。一方、安慶田氏は「任命権者が違う。教委の権限を侵すようなことはしていない」と否定している。(社会部・鈴木実)

記者団の取材に答える安慶田光男副知事=18日午前11時半ごろ、沖縄県庁

 複数の教委関係者が証言した。

 関係者によると、安慶田氏は教育庁人事を巡り、複数の特定の人物を教育長などの重要ポストに就けるよう指示した。教委幹部が2016年の年明けごろから副知事室に繰り返し呼び出されたり、強い口調で迫られたりしたという。副知事と同じ宮古島市出身者の登用に偏るなど不自然な点が見られたため、県教委側は抵抗し、大半は見送られた。

 教育委員会制度を巡っては、14年に地方教育行政法が改正され、教育行政に対する首長の権限が強まった。しかし政治による教育統制への懸念も強く、採用・異動・昇任など個別の教職員人事は、教委の専権事項として残された経緯がある。

 教委関係者は「ここまで露骨に知事部局が介入してきたことはなかった。教育に対する敬意や理解が感じられない」と批判する。

 琉球大学の山口剛史准教授は「八重山の教科書採択問題でも、教員の専門性や学校教育への理解が教育行政に不可欠だと示された。人事は学校教育の質的向上のため、子どもに最善の教育を提供するために総合的に判断されなければならない」と指摘。「先生方の実践や経験など、多様な判断基準が人事には要求されるはず。当事者以外が恣意(しい)的に行うのは危うい」と話した。

                      ☆

>複数の特定の人物を教育長などの重要ポストに就けるよう指示した。教委幹部が2016年の年明けごろから副知事室に繰り返し呼び出されたり、強い口調で迫られたりしたという。副知事と同じ宮古島市出身者の登用に偏るなど不自然な点が見られたため、県教委側は抵抗し、大半は見送られた。

>教委関係者は「ここまで露骨に知事部局が介入してきたことはなかった。教育に対する敬意や理解が感じられない」と批判する。

新聞報道によると安慶田氏の人事介入は「度が過ぎる」というから、これまでも教育庁内の人事介入は頻繁に行われていたが、安慶田氏の場合、特に「度が過ぎる」ので、告発に至ったようなニュアンスだ。

そもそも、教育長とは数年前の八重山教科書問題の時点までは、任命権者は県知事ではなく、教育委員長であった。

15年4月に施行された改正地方教育行政法によって教育委員会制度が見直され、首長の権限が強まった。

15年4月以前は、教育長は県庁内でも知事の権限の及ばない「治外法権」の立場に合った。

一方、教育長の上司の教育委員長は、医者などが就任する名誉職で、任期は二年程度の教育行政の素人であった。

教育長は形式上は教育委員長の部下でありながら、教育行政に詳しい公務員なので、教育委員会の事務職を担当し、事実上は教育委員会の最高権力者であった。

だが、八重山教科書問題で当時の大城浩県教育長が文科省の指導を拒否し、法令を無視して独自の教科書を採択した竹富町教育委を支援したため、教育委員会制度を改正し教育長を知事の部下にするようになった経緯がある。

> 安慶田氏は「任命権者が違う。教委の権限を侵すようなことはしていない」と否定している

行政経験では素人で副知事に就任した安慶田氏は、唯でさえ複雑で理解困難な教育長の立場を理解できなかったのではないか。 そこで弁護士に相談した後知恵で「任命権者が違う」などと強弁しているのではないか。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 沖縄県の安慶田光男副知事が教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会に依頼した疑いがある問題で、安慶田氏は18日までに翁長雄志知事と会談し、進退を含めた対応を協議した。安慶田氏は「採用を依頼した事実も記憶もないが、報道で知事に迷惑が掛かるため、辞任も考えている」との意向を伝えた。ただ、即座に辞任すれば、疑惑を認めたとの認識が広がりかねないため、当面は事態の推移を見極めることを確認した。

記者団の取材に答える安慶田光男副知事=18日午前11時半ごろ、沖縄県庁

 沖縄タイムスの報道を受け、県庁には18日午前から報道陣が集まった。安慶田氏は午前11時半ごろ登庁し、事実確認する記者団に「(口利きを)否定する。本当に記憶にない」と重ねて疑惑を否定した。

 翁長知事は18日午後、宮古島入りする前に那覇空港で記者団に「事実関係がよく分からない。本人(安慶田氏)は何も覚えがないと言っており、進退については(宮古から帰任した)後になる」と述べるにとどめた。

 一方、県議会の野党は18日、安慶田氏の疑惑と知事の任命責任を2月定例会で徹底追及する考えを示した。自民会派からは「疑惑を解明するため、百条(調査特別)委員会の設置も検討する必要がある」との声も上がっている。

 安慶田氏は名護市辺野古の新基地建設問題で、菅義偉官房長官との交渉役を担っており、進退に発展すれば基地問題への影響も避けられない。

                  ☆

>ただ、即座に辞任すれば、疑惑を認めたとの認識が広がりかねないため、当面は事態の推移を見極めることを確認した。

本人が潔白で「記憶にない」のなら、辞任するほうがオカシイ。

辞任したら自身の「毒の証明」に他ならない。

だからと言って、このまま副知事に止まれば、フグ毒はジワジワと翁長知事に浸み込んで来る。

何しろフグ知事の任命権者なのだ。

ところで、沖縄タイムスは本日で三日連続で一面、社会面のトップを飾った安慶田疑惑。

本日の沖縄タイムス、関連見出しの紹介・

■一面トップ

副知事きょう疑惑説明

採用依頼・人事介入巡り

知事も会見 経緯調査へ

■社会面トップ

県教育長 疑惑を否定

2015年採用試験 当時の幹部聴取

「相談して対応」

擬態的事実ない■誰が言っているのか

気色ばむ安慶田副知事 公務参加せず

 

これまで沖縄タイムスの社説に賛同した例は極めて少ない。

だが、今回の安慶田疑惑についての社説は、報道の真意が何処にあるの詮索はさておき、大筋では賛同できる。

いかに社説をそのまま引用する。

 

社説[安慶田氏口利き?]県民へ説明責任果たせ

 2015年の教員採用試験で、安慶田光男副知事が県教育委員会に特定の受験者を合格させるよう働き掛けていた疑惑が浮上している。

 安慶田氏は「そんな話はない。断じてない。僕の揚げ足を取って、蹴落とそうという人の謀略だろう」と全面的に否定している。

 複数の県教委関係者による証言は具体的である

 疑惑が浮上している以上、安慶田氏は正式に記者会見を開き、身の潔白を証明するとともに、県民に説明責任を果たす義務がある。

 県教委関係者らによると、安慶田氏から働き掛けがあったのは15年7月の1次試験の後。職員が副知事室に呼び出され、受験者の氏名や受験番号が書かれたメモを渡された。県教委に直接、電話もかかってきたと証言する。

 安慶田氏が「よろしく」などと言って依頼したのは、1次の筆記試験をパスした2~4人の受験生。模擬授業や個人面接、適性検査などの2~3次試験を控えていた。

 県教委は「副知事の地位を利用した事実上の指示」「不正行為に当たる」と判断し、合否判定で安慶田氏の意向に従うことはしなかった。その結果を県教委側が安慶田氏に報告すると、幹部が副知事室に呼び出されたという。

 地方公務員法や県職員倫理規程にも特別職の口利きなどを防止するルールが整備されていない。だが、証言が事実だとすれば、副知事の影響力を背景にした不当な圧力というほかない。

■    ■

 15年4月に施行された改正地方教育行政法によって教育委員会制度が見直され、首長の権限が強まった。

 ただ政治的中立性を保つために採用・異動・昇任などの教職員人事は教委の専権事項である。

 安慶田氏を巡っては、16年度の県教委の幹部人事で特定の人物を課長級以上の重要ポストに就けるよう指示するなどの疑惑も新たに出ている。

 平敷昭人県教育長は口利き疑惑について「自分の就任前の話であり、報告も受けていない」と言っているが、県教委は働き掛けを受けた当事者であることを忘れてはならない。この種の

 

情報が報告されるとは考えにくく、自分の就任前だからというのもおかしい。新たな人事介入疑惑と合わせ、事実関係の解明に乗り出すべきである。当時の関係者を含め早急に事情聴取を進めてもらいたい。第三者を取り込んだ調査が必要だ。

■    ■

 全国では議員らの口利きを記録する制度が広がりをみせている。記録を積極的に公開し、市民がチェックすることによって行政の透明化を進めようとするのが狙いだ。

 ホームページを毎月更新し、議員の名前や内容、対応まですべて掲載している自治体では「不当な口利き」が激減した。一方で「不当な口利き」に限って記録すると定めたため職員が該当するかどうか判断できず、記録がゼロの自治体も少なくない。

 県には口利きを記録する制度がない。口利きをすべて記録し、公表することが重要だ。県にはそんな制度の導入を急いでもらいたい。

 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 制限区域に侵入!沖縄タイム... | トップ | 沖縄タイムス、地上派テレビ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-01-20 08:25:50
安慶田副知事の疑惑で埋め尽くすタイムス。そして

「津田大介さん・安田浩一さん、「ニュース女子」問題でMXテレビ出演辞退 2017年1月19日 12:05」
ニュース女子 安田浩一 津田大介 問題発言 ヘイトスピーチ 沖縄ヘイト
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80431

番組に出演しないことが、「番組『ニュース女子』への抗議だ」というニュース。


でも、「県内の犯罪防止のため全国の警察からの出向した警察官100人増員の結団式」、通称「沖縄シーサー警ら隊」の記事は、見つからない。
シンザト容疑者のことで、県民大会まで開き、基地を沖縄に押し付けている本土の人間も強姦事件に加担しているとまで言ったのに。
あの事件をきっかけに「犯罪防止」対策が着々と行われ、「土人」発言は沖縄県民の心情を知らない者ゆえの発言という批判に、県出身者から志願を募り、沖縄に配置後「沖縄の歴史を3日間、研修」ということは、一切報道しないのか?
タイムスだけでなく、新報にも、見つからない。

しかし、なぜか、テレビでは、報道。

「米軍軍属による殺人事件受け警察官を増員 沖縄 2017年1月18日 21時11分」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170118/k10010844461000.html

「警察官100人増員 団結式 2017年1月19日 11時58分」
http://www.qab.co.jp/news/2017011987111.html

「県警100人増員で団結式 2017/01/19 11:59」
http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E7%9C%8C%E8%AD%A6100%E4%BA%BA%E5%A2%97%E5%93%A1%E3%81%A7%E5%9B%A3%E7%B5%90%E5%BC%8F/
Unknown (東子)
2017-01-20 08:27:00
>「具体的」「物証」?
>今更何言っとんのじゃ!そんなもん無くても、「捏造」でも、ガンガン印象操作砲打ち続ける、それが沖縄タイムス、琉球新報だろうが!散々これまで、それを利用しまくり権力手にいれたくせに<(`^´)>
の直近のできごとは、何といっても↓でしょ。

「「感謝されるべきだ」 沖縄米軍トップ、オスプレイ抗議に机たたき反発 2016年12月14日 18:14」
オスプレイ墜落 在沖米軍 問題発言 四軍調整官 オスプレイ
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/75739

>安慶田副知事によると、ニコルソン四軍調整官は「県民や住宅に被害を与えなかったことは感謝されるべきだ」と主張。声を荒らげ、机をたたくなど県の抗議に反発したという。

ニコルソン四軍調整官の「感謝されるべきだ」発言、安慶田副知事しか、証人いないんですよね。
その後、ソースは安慶田副知事“だけ”と、ずいぶん話題になりましたよね。
1か月前のことだから、まだ忘れていませんよ~~。
Unknown (東子)
2017-01-20 08:27:32
「奥平一夫氏の当選に決意/総決起大会 2017年1月12日(木) 9:05」
http://www.miyakomainichi.com/2017/01/96314/

>総決起大会「響(とぅゆ)まし市民大集会」をJAおきなわ宮古地区本部大ホールで開いた。
>同大会には県の安慶田光男副知事や県議会会派「おきなわ」の山内末子県議、後援会共同代表の新崎治氏と岸本邦弘氏、日本共産党宮古郡委員会委員長の上里樹市議、國仲昌二市議らが出席した。

翁長知事が推す奥平一夫氏の総決起大会に安慶田副知事出席。
そして、うるま市長選候補、山内末子県議、出席したが……。
今頃は、山内末子県議、翁長知事についていくか、「オール沖縄」についていくか、思案中?

過去の発言や行動を見ると、糸数議員についていきますって感じね。



【参考】
「うるま市長選 一騎打ちへ 野党、山内末子氏を擁立 2017年1月18日 10:03」
うるま市長選 市町村長選挙
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-429154.html

>選考委は昨夏から、翁長県政を支える「オール沖縄」の立場を掲げる候補の擁立を検討し、いずれも選考委員を務める山内氏と県議の照屋大河氏(45)のどちらかの擁立で調整を進めて来た。

候補が選考委員という不思議な選考委員会。


辺野古で、大活躍の山内末子県議
https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQX_tDaa6DJQQEqv4rLxm27TeL42bHzaWsvJerkflGCJ-gm7utt


高江N1裏テントで美女スリーショット
https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVuiV4eJMmw8vly907OFMQOMNngb3lUkn8iavYWSQijMQ-9szn
豆)高江N1裏テントには、共産党系の議員や支援者は近づかなかった


島袋オバーは、高江N1裏テントを訪ね、山城ヒロジと握手
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT-2kNXwfWfBlJJ10Cb6Z1BMN5nCBKvjrECqCiJWuYUgtXTHz6FGxl-Jqdv
写真中央は、山内末子県議?


「知事訪米支援を確認 辺野古基金が6億円に 2016年12月27日 13:21」
辺野古 辺野古基金 辺野古新基地 辺野古新基地建設
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-418619.html

>知事訪米時の訪米団への支援を確認したと発表する辺野古基金運営委員長の山内末子県議(中央)
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201612/large-865c90fd607d00bc03113e77dd76be72.jpg
Unknown (東子)
2017-01-20 08:35:53
「「新聞崩壊」が深刻化。またまた100万部減少していました ついに「次の時代」が始まるのか? 磯山友幸:経済ジャーナリスト 2017.01.19」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50744

広告主に「新聞広告の宣伝効果が乏しい事」に気づかれた
 ↓
気づかれては、無理して押し紙までして部数の水増しする意味がなくなった
 ↓
実数が申告されるようになった
 ↓
ネット新聞の読者は増えたことも、紙媒体部数減の原因
 ↓
しかし、ネット新聞の広告料は安いので、新聞社の経営を圧迫する
 ↓
新聞社の崩壊か?
 ↓
新聞社は記事を売って儲けていたのではなく、広告宣伝費で成り立っていた商売だったのだ。
 ↓
「一次情報を取材し、編集して、記事」にする機関は必要なので、紙媒体を支えろ?
 ↓
質の高い情報にはおカネを出す、という読者・視聴者が増えるのか。

新聞社は、フリージャーナリストから、記事を買うでしょ?
どういう記事なら買うの?
正確な情報だ、手に入れにくい情報だと思ったら、買うんでしょ?
一般消費者も、同じよ。

正確な情報だ、手に入れにくい情報だと思ったら、買う。
「おカネを出した」ことに見合う情報を提供すれば、良いだけのこと。
Unknown (東子)
2017-01-20 08:51:18
「沖縄・北部訓練場跡周辺、世界遺産推薦を政府が決定へ 2017年1月19日05時02分」
http://www.asahi.com/articles/ASK1L5J6QK1LUTFK00L.html?iref=comtop_8_04

>菅氏は、北部訓練場の一部返還に伴い減額が見込まれていた基地関連の普通交付税についても、財政運営への配慮から減額分を当面交付し続ける方針を伝えた。
>総務省によると、2017年度から国頭村で約1億8千万円、東村で約8千万円の普通交付税の減額が見込まれていたという。

SACO合意に基づいて、基地面積の縮小に協力しても、「財政運営への配慮」がされるという前例ができた。


国頭村、東村に比較して、稲嶺名護市長は下手打ってますねぇ……(涙

「ハンセン一部、市に引き渡し 延期されず先行返還 名護・幸喜 2016年9月1日 11:22」
米軍 キャンプ・ハンセン 返還地 沖縄防衛局 名護 幸喜
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-348583.html

>米軍キャンプ・ハンセン内で返還が決まっている名護市の一部土地約162ヘクタール(幸喜、許田、喜瀬)のうち、2014年6月末に返還された幸喜区の市有地(約55ヘクタール)が31日に沖縄防衛局から市へ引き渡された。
>許田区と喜瀬区の土地は17年6月末に返還される予定。
>傾斜地で跡地利用が難しいため、3区とも返還延期を要請してきた。
>幸喜区は同区のみが先行返還されたことに関し、米軍普天間飛行場の辺野古移設を容認しないことへの「見せしめ」と指摘し、地域を分断するような政府の手法に批判の声が上がる。

3地区とも返還されれば、地代は入らない。
にもかかわらず、返還が遅ければそれだけ地代が入るので、最後まで返還までの期間の長さの違い(たかが6か月、されど6か月なんでしょうね)に目が行って、もっと大きなところに目をやることができない。

「反基地」で基地を人質にとって金をせびるモデル、崩壊www
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-01-20 10:04:32

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「反発せぬ国民 権力者は嘲笑」の名護市・奥平孝一さん(48)は、昨年は1月18日、2月23日、3月18日、4月13日、5月5、21日、6月14日、7月12日、8月8日、9月11、30日、10月29日、12月26日の13回掲載。
「期待と不安と 鉄軌道の導入」の恩納村・東江義昭さん(63)は、昨年は1月19日、2月2、29日、3月11、29日、4月5、24日、5月9、15日、6月3、21日、7月3、19日、8月4、18日、9月4日、10月9、15日、11月8日、12月2日の20回掲載。今年は1月3日に続き2回目の掲載。
「毎日生き生き 感謝の気持ち」の北中城村・森米子さん(82)は、昨年は掲載なし。
「手本としたい Yさんの決意」の那覇市・松原須奈子さん(68)は、昨年は1月9、25日、2月9日、3月11日、4月19日、6月4、27日、9月6、21日、10月19日、12月24日の11回掲載。
「鉄軌道で活性化を模索」の座安治さん(55)は、昨年は掲載なし。
「忘勿石之碑」の浦添市・安里蕪冥さん(67)は、昨年は11月22日の1回掲載。今年は1月3日に続き2回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


(おまけ)
2016年1月1日~12月31日の一般投稿は合計2346本(「主張・意見」1584本、「論壇・寄稿」405本、「茶のみ話」357本)。

年齢別の投稿数
10代  12本  0.5%  
20代  25本  1.1%
30代  97本  4.1% 
40代 174本  7.4%
50代 233本  9.9%
60代 823本 35.1%
70代 744本 31.7%
80代以上 230本 9.8%
記載なし    8本 0.3%

平均年齢は65.7歳。
10回以上掲載された人は55人。

掲載回数上位の方々(敬称略)

渡真利善朋(豊見城市)28回
岸本定政(糸満市)  26回
安東民夫(浦添市)  22回
東江義昭(恩納村)  20回
幸地忍(八重瀬町)  20回
大嶺よし子(豊見城市)19回
横田等(那覇市)   19回
池辺賢児(宜野座村) 18回
知念徳彦(那覇市)  18回
山内昌一(那覇市)  18回


絶体絶命です…老婆心ながら (HM)
2017-01-20 10:25:37
失礼ながら
「絶対絶命」ではなく
「絶体絶命」です。
Unknown (東子)
2017-01-20 10:58:38
タイムスは、米軍が酷いことをしていると米軍憎しを増幅させて、日米の離間に微力ながら加担?
と2017.1.17に書いた↓の記事。

「米軍艦、海に汚水15万リットル捨てる 2015年 トイレ・医務室からか 2017年1月17日 07:28」
ジョン・ミッチェル特約通信員 米軍 ホワイトビーチ ボノム・リシャール 環境汚染
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80119

在沖米海軍艦隊活動司令部報道部より、訂正の情報が出されました。
https://pbs.twimg.com/media/C2cOsACXEAArM4-.jpg

>在沖米海軍または横須賀にある在日米海軍司令部に対してコメントを求めることはありませんでした。
>そのいずれかに連絡をいただければこのような不正確な報道も防げたかと思われます。


「社説[「沖縄ヘイト」番組]真偽不明 悪意むき出し 2017年1月12日 07:59」
沖縄ヘイト 問題発言 ヘイトスピーチ 嫌沖 ニュース女子
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/79474

>事実ではない情報で敵をつくり、快哉(かいさい)を叫ぶ。
>民主主義の根幹を揺るがす危険な動きである。

タイムス、ブーメラン刺さったwww
タイムスとジョン・ミッチェル特約通信員の訂正記事と謝罪まだ~~?
Unknown (ウチナー鬼女)
2017-01-20 16:25:42
>大弦小弦]「人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる…2017年1月19日

>足もとを滑らし、一線を越えてしまったのか。

ホワッ?一線も二線も越えた新聞社が何を言っとんのじゃ!
新聞社ならぬ「犯罪社」じゃん!

この「権力の監視役」を自負するメディアは、自分らが「第4の権力」と言われてる事知らないふりして「国家権力」に対しては「暴言」だろうが何を言っても良いと勘違いしてるよね。特に軍隊に対しては「誹謗中傷」雨嵐を「正義」だとうそぶく。ただのキチガイ(基地外?ww )集団なんだけど?

狼魔人日記
制限区域に侵入!沖縄タイムスと琉球新報の記者が乗った船、
17/01/20 05:20 マスコミ批判
Unknown (管理人)
2017-01-20 16:27:36
HM様

ご指摘、感謝します。

お詫びして訂正いたします。
フグは先逝き、ズラ 役勃たず〜 の唄 (清島清)
2017-01-21 00:24:10
.
絶倫の〜 安慶田フグ知事 腹上死〜
ルーピー翁長〜 ED治療中
.
Unknown (amai yookan)
2017-01-21 08:17:22
生き残りをかけた「朝・中タイミス」と「人民新報」の袂(たもと)が分けた一瞬だった(現在も進行中)のだろーか?

与党の内部分裂「オナガさんは、元々必要なかった=共産以外の与党」・「宮古島市長選で逆らった」 などが考えられるが・・・

これでオナガさんの立ち位置もはっきり見えてきた?ような気がします→「翁長雄志さん 共産党本部を表敬訪問」→ https://youtu.be/xXre_OYjxa0

この前の日、ノンアポで安倍さんと会おうとしたが、断られた・・・そりゃそーだろーこんなところで、戦果を凱旋されちゃーかなわないからね・・・


コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL