狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

在日米軍とメア発言、懲りない沖縄タイムス

2011-04-08 08:52:20 | ★メア発言

 人気blogランキングへ クリックお願いします  

  ブログセンターランキングへ。

 

昨日は久し振りに那覇の農連市場を探訪した。 お決まりの都市再開発のため立ち退きが予定されており、現在は昔日の賑わいがうそのような静けさであった。 シャッター通りの街と化した農連市場の中でしっかりと頑張っているびっくり食堂」でソーキそばを食べ、ビールを飲んだ。

宜野湾市からはるばる那覇の農連市場を訪ねたのにはある訳があった。 ある美女に逢うためなのだが、これについては別の機会に譲りたい。 場所はわかりにくいがびっくり食堂はメニューの全てがびっくりするほど安くて旨かった。  国際通り界隈を散策する方は平和通りを通り「抜けて一足伸ばせば歩行圏内にある。 普通の人なら三越前から10分程度で着くだろう。 筆者も帰りは杖を頼りの遅足歩行ながら何十年ぶりかで農連市場から三越前まで歩いてみたが、20分くらいかかっただろうか。三越隣のマックでコーヒーを飲んだ。コーヒーが一番安いのはマック。 しかもその安いコーヒーがお代わり自由だとは同行した事情通の上原正稔さんから聞いた。 さすがである。 女子中学生の黄色い声が騒がい中で、コーヒーを飲みながら話し込む二人の不審人物をとがめる者は誰もいなかった。

ちなみにこんなグルメブログがびっくり食堂を紹介している。⇒日々美食探訪

日々美味探訪
お酒+つまみも楽しめるようです^^

日々美味探訪
がっつり食べたかったので、チキン唐揚げ定食(¥580)
えっと・・・パッと見た感じ、唐揚げが小さそうでしょ?
違うんです。右側の沖縄そば・・・定食とは思えないほどの・・・まさかのフルサイズビックリマーク
ご飯も、デカいお椀にてんこ盛りあせる

唐揚げが柔らかくてジュースィ~ドキドキ
ただ、マヨネーズじゃなくて塩だけで食べたかったけど。。。
マヨ抜きオーダーもOKらしいです。

沖縄そばも、私の大好きな細麺タイプ&あっさりスープラブラブ
お口直しのもずくも美味でした♪


日々美味探訪
お値段のわりに、すごいボリュームでした^^;
「びっくり食堂」というネーミングに、ちょっと納得。



               *

さて、危うくグルメブログに変身するところを、辛うじて踏みとどまって体勢を整え本論に入る。 

昨日の産経のGJに続いて今朝は同じ産経が沖縄2紙の県民感情とかけ離れた歪曲報道に社説(主張)で鉄槌を下している。

沖縄住む沖縄県民として産経の主張を全面的に支持する。

在日米軍 沖縄でも共感の輪広げた
2011.4.8 02:38
 米軍基地を抱えて反基地感情が強いとされる沖縄県で、米軍への共感の輪が広がり始めた。

 東日本大震災で米軍が展開した大規模救援活動「トモダチ作戦」を通じて、在日米軍と自衛隊による日米安保体制が国の守りだけでなく、国民の安全そのものを支えていることを浮き彫りにしたからだ。

 行方不明者の合同捜索やがれき除去に労苦を惜しまぬ米兵らの姿に、被災地住民から感謝と称賛の声が上がったのは当然だ。沖縄でも日米同盟の大切さを見直す重要な動きとして評価したい。

 「天災対応を含めた新しい日米安保の必要性を感じた」(那覇市民)、「海兵隊が改めて頼りになると感じた」(名護市民)などの沖縄県民の声は本紙でも報じられた。とりわけ、在沖縄米海兵隊と自衛隊が協力して救援活動に汗を流す姿が頻繁に伝えられたことが大きいという。

 第31海兵隊遠征部隊は大震災発生時、マレーシアで災害復旧訓練中だった。急遽(きゅうきょ)、強襲揚陸艦で被災地に向かい、宮城県気仙沼市の離島・大島に物資を運び込み、その後も電気の復旧やがれき除去を続けた。

 海兵隊だけではない。嘉手納基地の米空軍第320特殊戦術飛行中隊は、がれきに埋め尽くされた仙台空港近くにパラシュート降下し、復旧の突破口を開いた。

 震災前、嘉手納の地元では同中隊の降下訓練がアフガニスタン作戦などの訓練とみなされ、「日本の防衛と関係ない」と批判された。抗議決議を可決した町議会もある。訓練が災害支援に生かされた事実は在日米軍と基地の存在の大切さを改めて問いかけた。

 にもかかわらず、沖縄の一部に「トモダチ作戦」の実情をきちんと伝えないばかりか、米軍普天間飛行場移設問題に「政治利用されかねず、不謹慎」などの見方があるのは首をかしげる対応だ。

 災害対応は国家安全保障の有事対応とも重なる部分が多い。普天間問題の速やかな解決がいかに大事かを示したというべきだ。

 「トモダチ作戦」に続き、放射性物質に関する米軍専門部隊「シーバーフ」の本隊も日本に到着した。深刻な放射能漏れなどの事態に対応する準備をしている。

 菅直人政権は日米共同支援の成果を積み重ね、同盟の実効性を高めることに全力を注ぐべきだ。

                    ☆

■メア発言の意味

東北大震災が起きてからも、沖縄2紙はメアバッシングを断続的に続けていたが、本日(8日)の沖縄タイムスは、一面の三段抜きで次のような大見出しを掲げている。

メア氏米国務省退職へ

「ゆすり」発言で更迭

この見出しにはタイムスの印象操作がにじみ出ているがここでは立ち入らず、社会面の左トップの大見出しと恥ずべき「街の声」を紹介しておく。

メア氏退職へ 問題解決したい

県内から反発の声 謝罪なしに怒りの声

ネットの普及と産経、世界日報等の全国紙が県内の村八分を恐れず、県民の真実の声を報道し始めているというのに、相も変らぬ懲りない沖縄タイムスの「県内から反発の声」という歪曲報道である。  

「怒りの声」をタイムスから拾うとこうなっている。

宜野湾市の女性を中心につくる「カマドゥー小たちの集い」の左喜真加代子さん(62)
「辞めてすむ問題ではない。県民に誤りもせず辞表を出すとは何なのか」と

「なぜこの時期の辞任なのか。 原発事故が怖くて、辞めたのでは」

辞めてすむ問題ではないとは、このプロ市民の女性はメア氏を市中引き回しの上、打ち首にでもせよというのだろうか。「原発事故が怖くて辞めた」というねじれた発想は何処から来るのか、同じ県民として恥ずかしく思う。

沖縄タイムスは、メア氏が本人に取材もせず沖縄2紙によって大バッシング記事を書いた事に対し、メア氏は「(発言を記したメモは)私の発言ではない」と発言を否定していることを百も承知の上で、メア氏はいまのところ沖縄タイムスの取材に応じていない」ととぼけている。 裏取り取材もしないまま連日一面トップで大バッシングをしていながら、今頃「取材に応じていない」は無いだろう。

メア氏発言に関しては沖縄2紙の「御用識者」が、裏取りもしていない沖縄2紙の歪曲記事を根拠に、さらにメアバッシングを加速させているが、本人の裏付け取材もしないままに左翼学生の偏見に満ちたメモを唯一の根拠にメア氏の大バッシングを行った沖縄2紙は、その時点で新聞としての生命に自ら終止符を打ったことになる。

メア発言には日米同盟の手前依然として沖縄側に遠慮する論調が見られるが、発言の内容の是非はさておいても、今回の沖縄2紙の発狂したとしか思えないメア大バッシングは新聞史上、まれに見る大きな汚点を深く刻んだことになる。

沖縄タイムスの常套句である「県内から反発の声」とは、「県内一部のプロ市民の声」であることを読者は肌で感じ始めている。

 人気blogランキングへ クリックお願いします  

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産経・沖縄、米軍への共感じ... | トップ | 沖縄2紙の偏向報道がネット... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チビチそばとゆすり発言、、。 (義挙人)
2011-04-08 12:43:15
狼魔人様。
こんにちは。
ソーキそば、、、美味しいよね、、、、、、、私は、登又にある『伊波家そば」に行きますが、、そこの「チビチそば」も、又、ドマンギルぐらい、最高にボりュームいっぱいです。
年金貰ったら、行く事をオススメします。

今朝のタイブスのメア氏の記事ね、、

この方達は、謝りなさいと言っているけど、
謝ったら許すでしょうか??まぁ、無理ですね謝っても、決して許しませんよ、、、。
「ゆうり、たかり」元に、、ずっと「ゆすり、たかる」でしょう。

何度も、言いますけど、爆音訴訟、基地ハンタイによる、たかり等、、、いい見本です。
暴力組織=自衛隊、について。 (町工場の親方)
2011-04-08 13:07:10
仙谷、「暴力組織」、について。
仙谷はじめ民主党に蠢く、極左憎日連中の思想について。
大分前、「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、に書き込んだものをご紹介いたします。
仙谷は、自分としては、自分の本音、自分の仲間、同士、=日教組と同じ、当たり前のことを言ったに過ぎません。

「暴力団」 考
悪名高い、日教組天国三重のお膝元、伊勢市の高校で、自衛隊を 「公営暴力団」 と呼んだ教師が出て、問題となっています。 正気煥発掲示板(=つくる会、山形県支部掲示板)より。
>教諭、自衛隊を 「公営暴力団」 度会高校。
>県立渡会高校(現・南伊勢高校渡会校舎)で、(平成16年)3月1日の卒業式に配布された生徒会誌の中に男性教諭(50)が自衛隊を 「公営暴力団」 とした記述があることが分かり、同校は不適切な表現だったとして、配布した約400部を回収するため卒業生や在校生に協力を呼びかけている。
>学校側によると、年1回発行される生徒会誌 「大地」 (106ページ)に、全校生徒と教諭を対象にした8問のアンケート結果が掲載された。「今一番腹立たしいことは何ですか」との問いに対し、男性教諭は 「公営暴力団のイラク派兵」 と回答していた。先月29日に記述を批判する匿名の電話があり、同校は30日から回収を始めた。卒業生には返信用の封筒を郵送した。男性教諭は 「配慮を欠いた」 と反省しているという。同誌は生徒会担当の教諭が指導し、生徒会が編集した。畦地義久校長は 「自衛隊関係者や家族の方を傷つける表現で、申し訳ない」 と謝罪している。

これについての私のカキコミより。
・・・「暴力団」 の親分の威令は、校長とは全く正反対にすごく、親分が白と言えば、たとえ黒でも、下はそのように認めなければならない社会です。しかし、 「暴力団」、 すら言わないような、酷い台詞を吐く、こんな教師を下に持つ校長は、親分と異なり、たまったものではなく、本当にツライ立場です。昔と違ってネツトの時代、全国から抗議、非難のメールが殺到し、本来の仕事どころではないでしょう。・・・

今、黒を白で通す、と書きましたが、Out、 Law 、(無法)、 の世界で生きる、「暴力団」、 の親分は、いろいろな行きがかりや、自己の面子、その他から、黒を白で通さなければならない場面も出てくると思います。
こう書いているうちに、「「黒」 を 「白」 で通そうとし、また押し通してきた、典型」、 は 、「暴力団の親分」、 よりは 、「築地カルト・チョーニチ」、 ではないか、と思いました。そう気がつくと、次から次へと、思い当たります。教科書誤報事件、吉田清治の朝鮮における、慰安婦狩り、,史上稀な大虐殺者ポルポトの評価、百人斬り競争、日本軍毒ガス事件、都城連隊の犯罪報道、平成九年元旦社説、日本とドイツの戦後補償、その他、それこそ枚挙に暇がありません。
ここでハッキリしてきたのは、過去の日本並びに、自己のイデオロギーと異なる、反左翼思想の持ち主、や共産主義国家の批判者、に対しては、「白」 ないし、見る人によては 「灰色」 と思われるものを、「真っ黒」 にしてしまう、という「築地」 の思考です。扶桑社教科書、西村真悟代議士の、核武装検討発言、森喜朗首相の、神の国発言、石原都知事の、第三国人発言等、サイレントマジョリィティやネツト上では、 「黒」、 とは考えない人が多数にもかかわらず、「築地」、 は、「真っ黒」、 にして叩きまくりました。
逆に左翼や、共産主義または、反日国家やそのリーダーに対しては、一般の日本国民が 、「黒」、 または 、「灰色」、 と考えているものを、「白」、 で押し通す、という体質です。そのため、普通の日本国民誰もが、「黒」、 と認めるような事実は、報道しようとしません。
民主的運営とは言いかねる、「暴力団」、 の親分と言えども、年中無理難題を言い、黒を白で通すわけでなく、また、そんなことをしていたら 、「組」、 は潰れてしまいます。その点から見ると、「築地・チョーニチ」、 に対しては、過去何回か、「黒」、を 、「白」、で通した、かなりひどい 、「暴力団」、 の親分も、裸足で逃げ出すのではないかと思われます。

P.S.

上記文章の、チョーニチを、新報orタイムスに変えても通りそうです。
Unknown (Unknown)
2011-04-08 13:29:21
世界日報って統一教会関係じゃないの?
Unknown (Unknown)
2011-04-08 15:05:58
在沖メディアのメア氏に対する論調はバッシングなんて上品なもんじゃない。立派な誹謗中傷、完全な嫌がらせだ。
Unknown (涼太)
2011-04-08 23:07:20
狼魔人様

残念ながら、いろんなブログで沖縄紙への疑問が投げかけられています。
今までは、沖縄から声を上げれば日本本土も反応しましたが、それは温情です。
今は日本もそんな余裕はありません。
沖縄紙が声を大きくすればするほど、沖縄への風当たりは強くなると思います。
[サヨク★ギルドの偏向史観] (嗚呼)
2011-04-09 19:25:09
[サヨク★ギルドの偏向史観]
沖縄は軍事史戦史研究のレベルが極めて低く、
戦前の皇民化教育と住民の犠牲の「差別」と「強制」という範囲しかなく
呆れる程に偏狭で卑屈な歴史認識しかない。
このため、日米両軍の戦闘についてのまともな著作が呆れる程に無い。
戦艦大和の沖縄特攻や内地からの特攻隊の活動についても、
知らない人が非常に多く「捨て石にされた」という自虐しかない。
また、県史にしてもアメリカの戦時プロパガンダ報道の丸写ししかなく、
米軍が如何に苦戦し、多大な損害を出したか、
如何に残虐に住民を無差別攻撃したか、

こうしたスタンスは沖縄のメディアに登場しない。
彼らの得意な「南京大虐殺」のスタンスで書いた沖縄戦の記事が読みたいものである。
ご確認を (Unknown)
2011-04-09 20:15:16
今日(9日)琉球新報のメディア時評で、さりげなく産経記事を貶めていましたよ。


こんな感じです。
 ↓ ↓ ↓


「メディア自信が批判を許さない空間を作り出してしまう残念な例もある」

「4月7日付け産経新聞記事がそうだ」

「産経記事は沖縄地方紙の記事を指して『政治利用されかねない』と述べているが、産経記事こそ『国益重視』に政治利用されかねないのではないか」

「在日米軍や自衛隊についての幅広い問題点指摘こそ、メディアの役割だ」


メア氏の発言の裏付け (amawari300winmag)
2011-04-09 20:36:21
 みなさん初めまして沖縄市から読ませて頂いています。
 報道の歪曲した内容に閉口していた最中、このブログを偶然見つけ、食い入るように正論を読ませて頂き晴れ晴れとした思いです。
 さて、先般新聞紙上や県内のニュースで鬼の首を取ったかのようなメア氏へのバッシングをみて、歪曲報道の洗脳によって得意になってコメントしている県民のみなさんが哀れでなりません。

 要約すると「沖縄県の農家は怠惰だ」ということに私は納得をしています。
 県内のスーパーなどで売られている県内産の柑橘類(タンカンなど)をみて、それは明らかとなっています。 
 県外出荷用や県内の産業まつりなどでは、色つや豊かで美味しそうなタンカンが私たちがスーパーに買いに行くと害虫によって表皮がケロイド状のタンカンがほぼ全てを占めています。

 生産農家のご苦労は大変なことと思いますが、営農指導の助言を軽視して、正に怠惰な農産物が当たり前のように市場に出ているのです。

 また、サトウキビの生産農家のすべてを言ってるわけでありませんが、委託を受けて苗を生産した農家が雨が降らないことを理由に平気で枯死させてしまったり呆れるばかりです。

 このような事実をしらないで「外国人のあんたに言われたくない」的な新聞記事に「ペンは剣より強し」と言った名言がありますが、沖縄においてはペンの暴力と思うのは、私だけでは無いと思います。
amawari300winmagさん (ヒロシ)
2011-04-11 11:45:44
amawari300winmagさん
とてもすばらしいブログを見つけましたね。
あなたのような方が一人でも増えて、偏向したマスコミとそれに巣食う左翼・お抱え識者を撲滅しましょう。
誇りある沖縄を、日本を取り戻しましょう。
正論を求めて (風雷矢)
2011-04-11 14:38:21
沖縄に来るに当たり、偏向のない情報源の確保には最大限配慮しました。以前旅行で来沖した際に入った冷やし物一切の店で見たグラフ誌の内容が「赤旗」もびっくりの極左的スタンスで貫かれていたこと、内地の知人などから閉ざされた言語空間についてさんざん聞いていたほか、自分の実務経験から沖縄をめぐる問題を扱うメディアの姿勢はおしなべて偏向に偏向を重ねて何十年、という状態が定着しているのを知っていたからでした。

沖縄でも大多数の一般人はメディアほど考え方が偏向しているわけではないということが追々分かり、幸いにも狼魔人さんのブログにめぐり当たっていろいろ勉強させてもらっているところですが、正直、「サイレントマジョリティー」があまりにもサイレント過ぎるきらいがある印象も持っています。自分の周りだけかもしれませんが、物事を突き詰めて考える人があまりにも少なく、考え方は普通なのは分かるものの非常に物足りない思いをすることがあります。

メア氏について、ある米政府関係者から、メア氏はもっと強く声を上げても良かったのではないか、辞任したことによって大した内容でもない発言によって沖縄を騒がせたという非を自分で認めたことにならないか、という話を聞きました。自分を主張する事に長けているはずのアメリカ人が一歩下がらなければ事態が収拾しない状況になったのは残念なことですが、これも偏向メディアに対抗する強い声がなければ修正されないのかもしれません。

とりとめのないコメントになってしまいました…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL