狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

龍柱建設!国辱ものの中国へのゴマスリ

2013-10-14 06:27:15 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします  

 『かみつく Ⅲ』、発売中!
価格1735円(税・送料込み)

 

  ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ> 
 

 

 

来年1月に行われる名護市長選は日本の安全保障に関わる重要な選挙として全国の注目を浴びている。 既に立候補を表明している現職の稲嶺氏に対して、保守系の対立候補が決まらず、それを根拠に「稲嶺楽勝」との印象操作に躍起になっている沖縄2紙。

本日は、稲嶺氏や沖縄2紙が最も恐れる男の存在を書こうと思ったが、週刊新潮が「中国へのゴマスリタワーを建設」と題して翁長那覇市長の「龍柱建設」を批判しているので、急遽この話題に変更する。

そもそも名護市長選で、稲嶺氏に対抗する「辺野古容認派」の擁立に難航している最大の元凶が翁長那覇市長の「オール沖縄で県外」のスローガンである。

保守票で当選しておきながら、中国に擦り寄る翁長市長は、「龍柱」の他にも、孔子廟という中国系県民の団結のシンボルともいえる私的建造物を市有地に無償貸与で建造させていることで市民の批判を受け、質問状を突きつけられる事態になってている。

五本爪の龍描き 孔子廟、松山公園に完成 - 琉球新報 - 沖縄の新聞 ...

また翁長那覇市長の後援会長を務める人物が理事長を務める障碍者関連の公益法人に必要以上に多額の補助金を那覇市が支払っているという疑惑も浮上している。

ちなみに今朝の沖縄タイム一面にはこの見出しが・・・。

名護市長選 

”容認派”擁立は困難

 



週刊新潮 2013年10月17日号(2013/10/09発売)
特別価格390円(税込)
JANコード:4910203131035
 
【ワイド】幸福行き電車の不遇な乗客

(1)灰色がゴロゴロいる安倍内閣「副大臣」の甘すぎる身体検査
(2)ソチ五輪切符に手を掛けた「浅田真央」ずり落ちた「安藤美姫」
(3)「悲劇の踏切」美談の陰で語られない「倒れていたおじいさん」
(4)「松山英樹」も「石川遼」も欠場という日本オープンの黄昏
(5)内村航平よりも常識人だった早熟の天才「白井健三」の家庭環境
(6)沖縄の偏向マスコミすら批判した中国へのゴマスリタワー建設中
(7)2人のホステスを手にかけた岐阜のシリアルキラー
(8)「私はこうして裏金をもらった」元支援者が語る徳洲会選挙のギラギラ
(9)公務より愛子さま運動会で「皇太子夫妻」に「天皇陛下」無言の叱責
(10)第19次再審請求の最中に孤独死していた「平沢貞通」養子
(11)芸能界の大物女社長に酔って乱暴した「防衛省職員」の後始末
(12)婦人公論が報じた「岸惠子」とべ平連「小田実」恋の終わり方
(13)大御所「さんま」にすがる「酒井法子」本格復帰のシナリオ
(14)中日新監督レースに「落合」「立浪」と意外すぎるダークホース
(15)「反社会的勢力」がメシのタネだった「克美しげる」晩年

                     ★

以下は週刊新潮からの抜粋引用である。

同書は現在発売中で著作権の都合もあり全文紹介できないのが残念である。是非書店でお買い上げの上全文をお読みいただくことをお勧めする。

                     ★

沖縄の偏向マスコミすら批判した中国へのゴマスリタワー建設中

今から500年ほど前。 李氏朝鮮時代のソウルには、「迎恩門」なるゲートが建てられていた。 冊封国の朝鮮が中国皇帝にゴマをすり使者を迎えるために作った代物である。 時は流れて2013年。 今度は沖縄に「中国のシンボル」と見て取れるタワーが建設中。 これには沖縄の偏向マスコミ疑問を呈する有様だ。 (略)

沖縄在住のジャーナリスト・惠隆之介氏によれば、「龍柱が完成すると、船で沖縄に来た観光客はまずそのゲートを目にすることになります。 そして間の道路を進むと、横に「福州園」という中国式庭園や、孔子廟を見、更にその先に立つ県庁や那覇市役所が視界に入るのです。 ここを歩いた観光客は、沖縄がまるで中国の一部であるかのような錯覚に陥るのではないでしょうか? 那覇の翁長市長は中国との関係が深く、過去には自ら福州市へ市民150名を率いて訪問し、栄誉市民の称号をもらっています。今回の計画はきっと彼が中国へのゴマスリで行ったのでしょうが、到底認められるものではない」(略)

「”龍”の持つ意味についてあまりにも未知すぎる」と憤るのは中国出身の評論家石平氏だ。 「龍は歴代の中国皇帝のシンボルなのです。 つまり、中国人は、龍の柱が他国に建っているのをみれば、その地が中国皇帝、今なら中国共産党に服従していますと宣言していtるように感じるてしまうのです。 中国が沖縄を奪い取ろうとしている今、こ愚行は北京に利用される恐れすらあるといえます」
那覇市は、逆に天安門広場に菊のご紋が入った柱が建っているのを想像してみればよいのである。 さすれば、この「龍柱」建設が持つ危険なメッセージを容易に理解できよう。 さて翁長市長に、今からでも立ち止まる見識はありや否や。 「中国に跪いても利はないことは、門の建設後400年間も搾取され続けた、冒頭の李氏朝鮮の歴史が証明しているのだから

 

石平さんが指摘する「那覇市は、逆に天安門広場に菊のご紋が入った柱が建っているのを想像してみればよいのである」という言葉が「龍柱建設」の持つことの重大性を見事に表している。

 

それにしても翁長那覇市長がこれほどまでに中国にゴマスリをする理由は何か。

理由として、「ハニートラップに掛かった」などの噂もあるが、確証はない。 

ただ、トラップはトラップでも「ハニー」の方ではなく、「未着用の姿」をホテルのマジックミラーから激写された「未着用トラップ」にかかったという噂もあるが、これも確証はない。

関連エントリー:
中国のシンボルを血税で建立!国有地を私物化疑惑!

関連記事:
龍柱」設置に2.5億円 那覇市議、効果を疑問視 - 琉球新報 - 沖縄の ...

 
 
 
一括交付金を使って中国にゴマスリの龍柱建造するなど、那覇市民だけの問題ではない。
 
日本国民であれば税金の使い道に意見を述べるのは当然の権利ゆえ、遠慮なく「龍柱」建設に対し、講義のメッセージを入れましょう。
 

■市政に対するご意見や相談など

那覇市では、市政に対するご意見やご要望などをお聴きし、市政への反映に努めるとともに、市民参加の市政を積極的に推進するため、那覇市ホームページ上に「インターネット相談窓口」を開設しています。

 

  • 市政についてのお問い合わせ先

    • 市民生活安全課
      • 電話:(098)862-9955 FAX:(098)861-3769
  • その他の相談について


那覇市役所への連絡について

    • 郵便番号 900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号
    • 電話 (098)867-0111(代表) 
    • 業務時間 午前8時30分~午後5時15分
    • 閉庁日 
      • 土・日曜日、祝日、慰霊の日(6月23日)、年末年始(12月29日~1月3日)
    • メールアドレス  
      • 全部小文字で、  NAHAINFO アットマークneo.city.naha.okinawa.jp
    • ※ご意見ご要望はインターネット相談窓口をご利用ください。
 
 
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

 普天間の危険性を除去し辺野古米軍基地に統合縮小を実現する
沖縄県民の会ブログ


なお、今月の27日には辺野古公民会で、下記の通のイベントを開催します。

筆者は普天間基地を送り出す立場の宜野湾市民だが、普天間の固定化を避けるためには辺野古住民に感謝しつつ、辺野古移設を推進する立場で演壇に立つ予定です。

日曜日の北部ドライブの一環に辺野古公民館に立ち寄っていただければ幸いです。

                     ☆

 

<10・27沖縄マスコミ正常化推進大会in辺野古>
   「愛する沖縄県民への警告!
~言論封殺の地、「辺野古区」から目指すマスコミ正常化~

 

 

チラシPDF版のダウンロードはこちらから、
http://goo.gl/kwb1tW

 <FaceBookページ>
https://www.facebook.com/events/216552498508713/
E-mail:nakamura.satoru7@gmail.com

 


  「普天間基地の危険性を除去し辺野古の米軍基地に統合縮小を実現する」県民の会・結成式

 

 クリック⇒■■イベント案内■■

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

   
稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる

「かみつく3」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>
かみつくかみつくII表
「かみつく2 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲嶺氏の楽勝か?名護市長選 | トップ | 名護市長選、最強の候補者は... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (朕造)
2013-10-14 12:13:07
翁長を含めたすべての琉球人よ。

この島はわれわれ美しき国にっぽんが中国から奪ったのだ。
琉球人はにっぽん人を主と奉るべし。
中国との交流は重罪である。
中国文化をイメージする建造物は破壊せよ。

琉球の方言の使用を一切禁止し、標準語を励行すべし。
学力テストを頑張るの許す。無駄だと思うが...。

翁長、島袋、仲井真等の明らかに琉球人と分かる姓は改姓せよ。

以上
支那人の特質 (町工場の親方)
2013-10-14 14:25:57

今日は、支那人の考え方の本質につき、以前読んだ文章を、ご紹介させていただきます。ご参考にしていただければ何よりです。

「朝日新聞を叩き潰す掲示板」---平成14年10月29日・・・町工場の親方

・・・・先日、江沢民の言動に関して、江沢民に、「あれだけ反米、憎米一色だった、当時の中国共産党のことをどう考えているのか」、と、聞いてみたい思いで一杯です。と書きました。
しかし、書きながら自分でも、青臭い表現だな、と思っていました。 今月一日に出た、雑誌、「正論」、十二月号(平成十四年)の 、「私が実感した中国人の習性」、をとても面白く読みました。
既にお読みとも思われますが、これは戦前、戦中を支那大陸を舞台に活躍し、修羅場をさんざんくぐりり抜け、戦後は長く牢屋に入れられた、八十九歳のカネミ倉庫会長の加藤三之輔氏を、西村真悟代議士が訪れ、聞き手として、戦前、戦中の支那の状態、並びに加藤氏の体験談、及び支那人について語るのを聞いたものです。
戦前の支那を実際に知る人が年々少なくなっていく中で、このようなリアルな体験談、支那人論はまことに貴重と言えます。
加藤会長によると、

支那人の根底にあるものは、「全ての前提は武力」、 の考えである、と語っておられます。

「 ---先ず根本的にですね、シナ人はどんな話をしようと、どんなに扱われようと、その国で言えば武力、個人で言えば相当量の兵力を持ってない人間は、一人前には扱われませんね。 これがシナの原理です。将介石の方は、まだいくらかシナの古典の良い面を面を勉強している幕僚もいたんですが、中国共産党の方は、例の批林、批孔で林彪と一緒に孔子を批判したくらいですから全くいけません。彼等が一人前に相手を扱うのは、ある程度の配下を持ち、武力を持った人間です。これは無条件に一応立てますね。だから外交であろうが、仕事をしようが、武力が第一です。その次は金です。けれども金は自分が巻き上げるためにあるだけで、本当に敬意を払うのは武力だけですかね。---」

この他ーーー一般的にシナ人は、恩や義理などというものは考えない。自分にとって得か損かだけしか考えない。そういうことをよく知ってシナ人と付き合わなければならない。

「ーーーそれからね、約定書とか作ってはいかん。作ればこちらがそれに縛られます。しかし相手は、全然それを守る意志はない。約定書を作らなければいけない間柄は、まだまだ駄目なんです。いわんや、美味しいものを食ったり貰ったりするようではお話にならないですね。」
(※、戦前の日本に対し、支那は日本と結んだ条約、協定は片端から無視し破りました。)

「ーーー相手のグラウンドで仕事をしたら絶対に駄目です。それはね、ロシアの大使館やアメリカの大使館と同じで、至れり尽くせりのセットをして待っていますよ。そして直接のことではなくて、西村先生が日本国内で失脚するようなお膳立てを考えていますよ。(北京は下っ引きの、「築地」、(チョーニチ)、を使い、西村代議士や安部晋三、中川昭一代議士、石原都知事の失脚を図ろうとあの手この手の陰謀、画策をしているのは間違いありません)
(※、これは私の予想通りでした)

また、支那人の利己主義、ドライな非情さ、残忍さ、法観念の欠如等についても面白い話を幾つもされていました。

こうなると、江沢民にとって、世界で飛びぬけた武力、軍事力を有し、怖いアメリカは最も恐るべき、畏敬すべき国であり、朝鮮戦争の恨みなどは都合よく忘れるか(勿論必要になった場合は取り出す)脇へおいて、昔ファッシズムと戦った同志だ、などと繰り返すのも当然です。 一方アメリカは内心、八路軍の後継者に、ファッシズムと戦った同志だ、などと言われる筋合いも無いと思っているでしょうが、今後中国にどう対応していくか、多くの優秀な頭脳の持ち主が、長期的な世界戦略を立てているのは間違いありません。
何れにしても、米中夫々、徹頭徹尾、自国の国益を中心に、それなりの世界戦略を練っています。
そのような世界情勢の中において、世界第二の経済大国、日本の現状、政治家と外務省のことを考えると、まったく気が滅入ってきます。 米中から見たらこれほどのカモは無いと思っていることでしょう。 
中国がなんら、「力」、 を感じさせぬ、全く怖さの無い日本を、トコトン、軽蔑、馬鹿にして、今のところ、日本の持つ唯一の力である、金だけは巻き上げ、内政干渉をしたい放題するのも当然です。それに対して、怒り、言い返す気骨のある政治家は少数です。 特に日本の場合は、他国と異なり、中国が建前はマルクス主義国家を唱えているため、非常な肩入れをし、問題点、注意すべき点は伝えず、あること無いこと、日本を貶め、自国のマイナスを図り、中国のために奔走する、北京の権力者の三下、下っ引きとも言うべき、朝日新聞のような左翼マスコミが存在し、国家=悪 と思い込んでいるため、「日本の国益」、などと言おうものなら、時代遅れの右翼、保守反動とレッテルを貼って叩くので、中国にとっては何ともやりやすいことと思います。・・・

東アジア共同体に関する参考図書

豊田有恒著ーーー「いい加減にしろ韓国」・・・詳伝社

古田博司ーーー「東アジア反日トライアングル」・・・文春新書

この書物を読むと、チョーニチと民主党・ハト山由紀夫が推しまくる、《東アジア共同体》、なる代物が、いかに中共と韓国に有利で、我が国の国益に反するものか、よく理解できます。

この文章から、シナ人の考えが実によくわかります。

彼らは自分の利益になる、と思う人物を取り込むため、ありとあらゆる手を使います。
そのため徹底的に相手の性格、好みを調べ抜き、取り込みの実行に移します。(田中角栄・総理が、北京のホテルで出された朝食に驚いた話は有名ですが、キッシンジャーなどは途方もない金を受け取って工作活動をしました。)

甘い、人の良い日本人は、それを、相手の自分に対する、心からの誠意、行為と受け取り、罠に落ち込みます。

碩学・大沢正道先生、(大澤氏に対しては私は先生と呼びます)、の書かれた、
『暗殺の歴史』、ーーーPHP文庫
は古今東西の暗殺について書かれたもので、(シーザー、リンカーン、ラスプーチン、ケネデイ、井伊直弼、坂本龍馬、大久保利通、原敬、張作霖、朴正煕、他)
とても面白い本ですが、特に私は、浅沼稲次郎について書かれたものが印象に残っています。

もともと右翼に憎まれるような思想の持ち主ではなく、中共・台湾とも仲良くしようという二つの中国論の考えの持ち主だったのが、中共を訪れてから180度変わりました。
浅沼稲次郎はいうならば中共首脳に取り絶好のカモとなり、毛沢東、周恩来の首脳とも長時間面会し、歓待され、感激屋で人のいい浅沼社会党浅沼委員長は舞い上がり、有名な、

「アメリカ帝国主義は日中両国の共同の敵である」、との台詞をはき、人民帽をかぶり、羽田へ帰国しました。
中共首脳が何より望む、日米両国離反の立役者を演じました。

沖縄に対して、中共がいかに凄まじい要人取り込み工作をし、沖縄ー本土離間のため、連中の考えられる、ありとあらゆる策略を練っているかは、言うだけヤボです。

やはり何とっても、<山吹色>と思っています。

「越後屋、お主も悪よのう」


訂正させていただきます。 (町工場の親方)
2013-10-14 21:03:13
大沢正道・著ーーー『暗殺の歴史』
               ↓             
             『「暗殺の世界史』
Unknown (宜野湾より)
2013-10-15 00:14:19
私の検索スキルが貧弱なのかしら。
龍柱について、地元経済効果、雇用効果、領土欲が膨張する中共の抑止、一括交付金の国外流出、風水や琉球風水、いずれの面でも意味・効用を詳しく説明してくれるものが全然ヒットしない。
翁長市長や那覇市議会議員や支援者のうち一人くらいも解説できる人は無いの?
Unknown (東子)
2013-10-22 21:26:15
「中国人観光客宿泊ホテル 持ち出し対策でTVや備品に鎖つなぐ」
http://www.news-postseven.com/archives/20131022_223185.html

>彼らが持ち帰るのは、食器や食べ物ばかりではない。中国人にとって、ホテルの備品とあらばあらゆるものを持っていくのが当たり前になっている様子。
>沖縄の某ホテルの従業員がため息をつく。
>県は中国人観光客の誘致に懸命だけど、正直、迷惑だし、下手をすると大赤字です。

ゴマ擦っている先は中国だけど、県民感情は、ダウンですよ。
Unknown (ま゛)
2013-10-26 12:58:02
この柱の建設の意味について市に質問メ-ルを送ってみましたけれど、返事が返ってくる様子がありません。

コメントを投稿

県知事選」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
沖縄県民は、中国に対し中国に対し県民は、歴史的・文化的な親近感よりも不安と警戒感を抱いている (遊爺雑記帳)
 読売新聞で「政治の現場 日米同盟と沖縄」という連載が続いています。沖縄では、普天間の辺野古移転はサイレントマジョリティと言った記述や、昨日は「琉球処分」と「琉球独立論」の話で、中国が沖縄独立になみなみならぬ関心をしめしていると言った内容でした。  そ...