狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

石原節炸裂!退職金は「論外」 桝添厚相、逃げ得を許すか

2007-09-01 06:21:28 | 県知事選

人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

女性射殺の巡査長、退職金は「論外」と都知事 
 警視庁立川署の巡査長が女性射殺後に自殺した事件で、東京都の石原慎太郎知事は31日の定例会見で、「死亡退職扱い」として巡査長に退職金が支払われることについて、「論外だと思います。人を殺しているんだから」と述べた。

 退職金の支給は都条例が根拠になっていることにも、石原知事は「条例があるから退職金を払うのは信じられないし、非常に違和感を覚えます。警察の沽券(こけん)にかかわるので、しっかり考えてもらわないと困る」と強調した。巡査長への退職金支給では、警視庁などに多数の苦情が寄せられている。

(産経新聞 2007/08/31 19:27)

                     ◇

公務員に関わる法律、条令の適用で二人の「責任者」の態度が注目を浴びている。

 

その1: 都条例と石原都知事●

「死亡時点で退職扱いとなり、懲戒処分にすることができないことから、東京都の「職員の退職手当に関する条例」の規定で定められた退職金支給を制限する理由に該当しないという。」(サンスポ)

都条例の規定に従って支払われるというから、石原都知事も承知、納得の上の処置かと思ったら、

「条例があるから退職金を払うのは信じられないし、非常に違和感を覚えます。警察の沽券(こけん)にかかわるので、しっかり考えてもらわないと困る」。

流石は石原御大、石原節が炸裂した。

法律、条令も所詮は人間が作ったもの。

不都合があれば見直せばよい。

当日記はこの問題でいち早く「心中警官」への退職金支払いに疑問を呈していた。

8月23日に『真夏のミステリー! 「死亡した警官が殺人を犯す」』としてエントリーしているのでよろしかったら覗いてください。

石原都知事の記者会見は相変わらずで胸がすくが、その詳細は次のリンクで。

【石原都知事会見詳報】女性射殺の巡査長、退職金は「論外」と都知事

 

その2:国家公務員倫理法と桝添厚労大臣●

同じように法律の規定で頭を悩ましているのが桝添厚労相。

前局長の問題で舛添厚労相は、既に退職したものには「退職金の自主返納」しかないという。

つまり「国家公務員法倫理規定」に触れていても、既に退職した者には適用が及ばないという。

相手が返納を拒否したら、打つ手はないのか。

厚労業務を「命懸け」でやると新聞は伝えるが、

桝添新大臣の初仕事は、「土下座して自主返納をお願いすること」になるのだろうか。

公務員法の見直しも必要なのでは。

桝添さん、「逃げ得」を見逃すようでは国民は納得できませんよ。


北國新聞 社説2007年9月1日

 ◎公務員倫理法 逃げ得許さぬ見直しを http://www.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

 社会福祉法人前理事長から金品の提供を受けていた厚生労働省前局長の行為は、国家公務員倫理法に違反する疑いが極めて濃い。同法は、金品授受について「公正な職務の執行に対する国民の疑惑や不信を招く恐れがないと認められる場合に限る」と規定しているからだ。

 だが、前局長は疑惑発覚の一週間前に退職したため、懲戒処分が下されることはない。舛添要一厚労相は給与や退職金の自主返納を求めるというが、本人への聴取も任意でしかできないのでは、ペナルティーを科すのも容易ではなかろう。

 年金問題で社会保険庁への怒りがピークに達しているときだけに、中央省庁や官僚を見る国民の目はいつになく厳しい。ルール違反をした場合の罰則規定をもっと厳しくする方向で見直してはどうか。たとえば、ルール違反が確認されたら、退職者に対しても、強制力を伴う事情聴取や退職金返還の請求を認めることができないか。「逃げ得」を許すようなことがあれば、国民の「官」への不信はさらに増幅されるだろう。

 (略) 倫理法は、現職だけにしか適用されないが、OBに対しても網をかぶせる方法がないか、検討の余地がある。疑惑を追及されたら、辞表を出しておしまいというのでは、あまりにも無責任過ぎる。

人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横峯パパ提訴の本当の訳? | トップ | 佐藤優氏の歴史認識の誤り ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご両親 (ヒロシ)
2007-09-01 18:51:30
ご両親が退職金の受け取りを放棄する旨を文書で警視庁に通知したそうですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000095-jij-soci
ご両親には気の毒ですが、さすがに受け取れないですよね。
ご両親 (狼魔人)
2007-09-02 08:39:23
ヒロシさん

ご両親の気持ちは複雑でしょう。

でも、当初の報道では「警官の無理心中」といった表現でしたが、実際は「ストーカー殺人」だったようですね。 
いずれにせよ「殺人犯人」に退職金支給となると、殺された女性のご両親、遺族の方が納得できないでしょう。

一時、警官のご両親が一旦受け取って、全額被害者の遺族へ寄付するという話も聞きましたが。

それより、都か警察から女性の遺族に直接見舞金か賠償金として支払った方が納得できると思うのですが。

コメントを投稿

県知事選」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL