狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

育鵬社の教科書を選定!八重山地区教科書選定で

2011-08-24 07:11:21 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

先ず冒頭に今回の八重山地区の教科書選定に全国から寄せられた多くの支援の声に、深く感謝申し上げます。

お陰さまで、玉津協議会長は微塵も信念が揺れることなく、八重山地区の教科書選定を粛々と選定し、沖縄で初めて育鵬社の教科書が選定されました。

八重山教科書 公民は「つくる会」系を選定

沖縄タイムス  2011年8月23日 19時37分  

 教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長)は23日、石垣市内で2012年度から4年間、中学校で使う教科書について協議を行い、
「公民」で育鵬社、「歴史」で帝国書院を選定した。作業は委員8人による非公開・無記名投票で行われた。

 協議会は今後、選定結果を石垣市、竹富町、与那国町の教育委員会に答申、26日に石垣市と与那国町、竹富町は29日に委員会を開き、採択審議する。

 会場前には教育関係者らが育鵬社、自由社の教科書を採択しないよう求めて抗議行動を行った。

                     ☆

八重山地区の中学校教科書選定で、沖教組や沖縄メディアが蛇蝎のように嫌っていた育鵬社版の公民の教科書が選定されたことを心から祝したい。 

出来れば歴史教科書も含め完全制覇を期待したのだが、欲を言えばキリがない。

あの激しい逆風の中で、玉津会長を始め協議委員の皆様にはよく頑張って頂いたと賞賛と慰労の拍手を送りたい。

これまで沖教組が教科書採択権を独占していた沖縄で初めて、いわゆる「つくる会」系教科書が選定されたことは、沖縄の教育史上画期的な出来事である。 

特に16年もの長期にわたり極左市長が君臨していた八重山地域で、育鵬社版の教科書が選定されたことは歴史的な出来事といえる。

千里の道も一歩から、巨大ダムの決壊も蟻の一穴からといわれる。

八重山地区の快挙が沖縄県下の他地域の教科書選定に投げかけた一石の影響ははかり知れない。

沖教組が独占し閉塞していた沖縄の教育界に大きな風穴が開いたことになるのだ。

早速朝日が悔しそうな記事を書いている。

つくる会系教科書、沖縄で初採用 八重山の3市町

沖縄県石垣市など3市町の教育長らによる教科用図書八重山採択地区協議会の会合が23日、開かれ、同地区の中学校で来春から使う公民教科書に「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版が選ばれた。委員8人の多数決で決まった。同県内で、つくる会系の教科書が選ばれるのは初めて。

 公民教科書では在日米軍基地の沖縄集中に触れつつ「戦後の日本の平和は米軍の抑止力に負うところも大きい」と紹介する。≫

昨日の選定は午後3時から石垣市教育委員会事務所で行われたが、現地の知人・友人の情報によると、抗議のシュプレヒコールと反対派の赤旗が翻る中、選定会議は非公開で行われ、午後7時近くまで激論が戦わされたようだ。

歴教科書が激論の中心だと推測するが、特に八重山地域で多かった戦時中のマラリヤ罹患についての記述があるのは、候補の7社の中でも帝国書院版のみである。

結局帝国書院版で決着したが、「つくる会」系か、帝国書院かで議論が紛糾したのだろう。

歴史教科書で、問題の「集団自決」に関する、候補7社の該当部分を抜粋するとこうなる。

育鵬社⇒「米軍の猛攻で逃げ場を失い、集団自決する人もいました」。

■自由社⇒「米軍が上陸する中で、追いつめられた住民が、家族ぐるみで集団自決」。

「つくる会」系2社は、いずれも、日本軍の関与には触れず、米軍によるものと記述している。

 ■東京書籍⇒「日本軍によって集団自決に追いこまれた住民もいました」。

■教育出版⇒「日本軍によってスパイと疑われて殺害されたり、集団で自決を強いられたりした人々もいました」と、日本軍の関与に踏み込んだ。

■帝国書院⇒「人々は集団死に追いこまれたり、禁止されていた琉球方言を使用した住民が日本兵に殺害されたりもしました」。

■清水書院⇒「兵士や役人などから配布された手榴弾(しゅりゅうだん)などを用いて、家族を殺して一家自決をしたり、地域でまとまった集団自決へと追いこまれていった人もおおぜいいた」。

■日本文教出版⇒「6月には日本軍の組織的な抵抗が終わりましたが、集団自決をせまられた人もあり」。

中学歴史教科書7社読み比べ (2011年08月14日15:00)

育鵬社、自由社以外の5社の中で、「日本軍の強制による集団自決」というニュアンスが一番少なく、「戦争マラリヤ」などの奇天烈な記述は論外として、沖縄でも八重山地区で一番多かった戦時中のマラリヤ罹患についての記述があるのは帝国書院版のみだったことを考慮すると、歴史教科書に帝国書院版が選定されたことは次善の選択だったと思う。

改めて玉津会長の労苦と奮闘に敬意を表したい。

で、今朝の沖縄タイムスの狂乱の大見出しはどうなっているか。

興味津々の読者も多いと思うので何時もの通り見出しのみを抜書きする。

★一面トップ

つくる会系の公民選定

調査員推薦ない育鵬社

八重山協議会 「形骸化」批判も

★第一、第二社会面、2面にわたる大見出し

≪8人 密室の激論 教師意見 素通り≫

「なぜあえて」「何が悪い」

公民 意見少ないまま

「手続き自体が不当」

教育現場の動揺必至

政治的意図みえる 高嶋伸欣・琉球大学名誉教授

憲法逆行 均衡取れず 高良鉄美・琉球大法科大学院教授

自衛隊配備への布石 石山久男さん・前歴史教育者協議会委員長

★第三社会面

戦前回帰の教科書/民の願いと逆行

将来担う子に不安/拠説明すべきだ

憲法敵視の価値観/明らかに基地肯定

恫喝に屈しなかった玉津会長の信念に切歯扼腕する記者の姿が目に浮かぶ。

思いつくボキャブラリーを全てかき集めたような見出しの羅列が笑いを誘う。

育鵬社版が選定されたことが悔しくてたまらんのか、悶死、いや憤死でもしかねないような見出しである。

沖縄タイムスの怒りは誇大な見出しに止まらない。

「社説」「コラム(大弦小弦)」「読者の声」まで総動員で、怒りをぶちまけている。

自分の思う通りには行かない世の中になった事に、まだ気がつかないようである。

だが、戦いはこれで終わったわけではない。

昨日選定された教科書は、協議会の答申を受け、石垣市と与那国町は26日、竹富町は29日に、夫々の教育委員会で教科書を採択する。

中でも竹富町の慶田盛教育長は「生徒に教科書を触れさせない」などと民主主義を真っ向から否定するかのように発言をしているので、騒動は当分続くことが予想される。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教科書問題、県教育委の犯罪! | トップ | 地元メディアの異常行動!産... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝・採択、驚きました。 (町工場の親方)
2011-08-24 09:02:56
今朝の産経を読み、驚きました。『沖縄県の一採択地域で育鵬社の公民教科書が採択されるとは!!!」

「目的、(左翼革命の達成)、は手段を正当化する」、と、法も道徳も糞食らえという、マルクス・レーニン教、変脳左翼が恐怖政治を敷く沖縄県で、日教組が猛反対する、教科書が採択されるとは夢にも思いませんでした。

あの沖縄の思想・言語空間の中、あくまで、毅然と筋を通した玉津教育長の姿勢には敬意をはらっていましたが多数決で採択されるとは考えていませんでした。

教科書改善運動に関わってきた私にとって、何よりの朗報です。

日教組、マスコミ、左翼インテリの猛反対運動と脅迫に対して一歩も引かず、法と正義、道徳の立場を守りぬいた、石垣市の玉津教育長、ならびに教育委員会の英断に心から敬意を表します。

教科書改善に携わる者にとって、歴史教科書もさることながら、「公民教科書」、が果たした、その内容

○ 国家解体、国家の思想の追放、国旗・国歌への敬意を教えない

○ フランス革命賛美、立憲主義の軽視

○ 国民の権利を人権に歪曲する、外国人参政権賛成の意見を載せる

○ 日本悪玉論に基づく平和主義

○ 家族の絆の切断、社会をバラバラな個人に解体

等、底に流れる、強烈な共産主義思想の影響があり、その害悪の方が、歴史教科書より深刻で、生徒がこんな公民教科書で教わり続けたら、日本は完全に国として崩壊してしまう、と識者は心配していました。

強烈な主張や、争いを何より好まぬ、国民性のため、イデオロギーに狂った、声の大きい者たちの脅し、恫喝に立ち向かうにはよほどの信念と勇気が必要です。

もし、日教組、チョーニチ、左翼過激派、の猛反対運動がなかったら、今よりはるかに多くの非左翼の教科書が全国で採択されていたのは間違いありません。

今回の教科書採択騒ぎについて、ブログ主・狼魔人さんの果たした役割は非常なもので、沖縄県民、の他、多くの他府県の日本国民が読んでいたのは間違いなく、石垣市の教育関係者にとって、百万の援軍を得た思いではなかったかと推察します。

それとともに、「ネット社会の到来」、の有難さを改めて痛感しました。


参考図書ーーー小山常実・著、「公民教育が抱える大問題」・・・自由社



玉津会長お疲れさまでした (ヒロシ)
2011-08-24 13:25:49
玉津会長はじめ関係者の方お疲れさまでした。
騒動になってしまいましたが結果として、教科書採択における規律違反が国会で取り上げられ、違反と知りながら沖教祖やマスコミのごり押しが行なわれていることが白日の下にさらけ出された事は将来の沖縄のため、日本のためにもよかったと思われます。
教育改革における小さな波紋がどんどん大きくしていく事が我々の使命です。
本当にありがとうございました。
目玉マーク (八目山人)
2011-08-24 23:25:57
育鵬社の教科書は、左下に目玉マークがついていたのじゃないですか?
いやだな~。

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【フジテレビ抗議デモ】チャンネル桜・水島社長、謝罪&応援!/祝!八重山地区(公民)育鵬社採択! (sakuraraボード)
8/24のアンカーは…  ▽金正日総書記のロシア訪問から見える真実~ 民主党代表選にも影響が! その真相を青山がズバリ!  沖縄・八重山地区の教科書採択は「公民」の教科書が「育鵬社」に決まったそうです。ご協力頂きました皆様ありがとうございました☆ ...