狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

福沢諭吉の教え

2014-01-06 07:25:04 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

尖閣侵略や靖国問題などで、喧嘩を吹っかけているのは明らかに中国側。

にも関わらず、安倍政権により日本が「戦争の好きな国」に切り替わったかのような印象操作に懸命の沖縄タイムス。

沖縄タイムスの狂乱をあざ笑うように、安倍内閣が次々放つ国防案件。

今朝の見出しはこれ。

■一面トップ

有事輸送に民間船

防衛省、南西諸島防衛を想定

乗務員に予備自衛官

■社会面左トップ

強権的姿勢に懸念

離島防衛 民間の理解不可欠

 

               ☆

【産経抄】

「アジアと靖国参拝」1月5日

2014.1.5 03:04 産経抄

 以前にも紹介したカメラマン、池間哲郎氏の『日本はなぜアジアの国々から愛されるのか』はその後も版を重ねた。つまり強い話題や関心を呼び、読まれ続けているという。200回近くアジアを訪れている池間氏が現地で聞いた対日観を集めた本だ。

 ▼なぜこれほど読まれているのか。それは戦争の結果、アジアの国々は日本を忌み嫌っている、と思い込まされてきた日本人を「そうではない」と解き放ってくれるからだ。池間氏は「徹底的に反日教育を続ける3か国」以外の人々は日本が大好きだと言い切る。

 ▼安倍晋三首相の靖国参拝に対する反応にも、アジアの対日観が反映されている。インドネシアの有力紙コンパスは社説で「自らを被害者と位置づける中国、韓国の主張は一面的だ」とした。「靖国神社には(各国の)250万人も祭られている」と、理解も示した。

 ▼中国系の人口が大半を占めるシンガポールのストレーツ・タイムズ紙は、首相の参拝の意図を客観的に分析した。8月15日などの参拝を見送ったにもかかわらず中韓は日本への強硬姿勢を崩さなかった。だから改善の見込みは少ないと見切ったからだという。

 ▼中国や韓国などを除くアジアの人々は、あの戦争で日本だけが一方的に悪かった、などと思っていない。自分たちのために戦ってくれたと考えている人も多い。そのことを忘れて『日本はなぜ…』への答えは浮かばない。アジア諸国の対日観は理解できないだろう。

 ▼とはいえ中韓は正月早々対日批判を繰り返している。中国は靖国参拝を機にロシアなどと対日共闘を築きたいらしい。これを受け日本の一部マスコミも「日本は世界で孤立する」と書き立てている。だが「世界」は決して中国と韓国だけではない

                        ☆

先ず繰り返し言っておきたいこと。

靖国参拝を外交問題にしているのは「反日教育を続ける3か国」だけであり、国内にある神社をその国の首相が参拝することは国内問題。

他国がとやかく口出しすべき問題ではない。

歴史認識が国によって異なるのは当然であり、A級戦犯とは、東京裁判で戦勝国がでっちあげた代物で、国会では、社会党も共産党も含む全会一致で名誉回復が行われている。 当然国内法ではA級戦犯は存在しない。 したがっていまだに「A級戦犯の合祀」を根拠に他国が騒ぐこと自体が内政干渉であり、大きな間違いである。

また、参拝批判をする反日勢力はA級戦犯を合祀した靖国神社を「ヒトラーを祭る悪の殿堂」程度の薄っぺらな認識で捉えるが、日本の場合は国民世論や朝日新聞らメディアの扇動も一体となって戦争に突き進んでいった。

すべての責任を「A級戦犯」といわれる人々に負わせるのは大きな間違である。

特に、戦争を煽るような報道をしていたマスコミが、自身の責任に目を閉じて「A級戦犯」を「戦争に導いた張本人」などと批判する姿は、醜悪の極みである。

 >池間氏は「徹底的に反日教育を続ける3か国」以外の人々は日本が大好きだと言い切る

ちなみに池間氏は沖縄出身だが、その公正な論評が沖縄2紙に載ることはほとんどない。

靖国参拝で大騒ぎするのは「徹底的に反日教育を続ける3か国」、つまり「特亜三国」に限られるが、それをアジア諸国だとか世界各国などと針小棒大に報道するのが反日メディアやその狂信者であることは、今では誰もが知る事実である。

靖国参拝に対するアジア諸国の反応をネットで拾ったので紹介する。

toronei:    Twitter / narito777: ☆靖国参拝…近隣諸国の「本当の」反応☆ すべての反応を正確に …

 

 

ついでだから、靖国参拝を外交問題化させた朝日新聞記者のことを紹介する。

 

 

774rider:    【民主党】前なんとか元外相、靖国参拝で「A級戦犯は分祀すべき」とTBS番組で発言|保守速報  靖国神社に参拝すると中国が怒ってくるけど、あれ、いつからか知ってる?  中国は、昭和60年まで何も言っていなかった。 昭和60年8月7日、朝日新聞の加藤千洋という記者が「中国、日本的愛国心を問題視」という 記事で中曽根首相の靖国参拝を批判する記事を書いた。  そして8月15日、中曽根首相は参拝し、朝日も批判記事を書いた。 しかし中国は何も言わなかった。  そして11日後の8月26日、社会党の田邊誠ら訪中団が中国を訪れ、日本はこんなにひどいこと してるのに、何で中国は怒らないんだ、とこの記事の内容をたきつけた。  翌日、中国の副首相 姚 依林(よういりん)が中曽根の靖国参拝を批判した。 社会党の田邊誠って奴、覚えてる?南京大虐殺の記念館を作るように仕向けた奴ね。  ちなみに、加藤千洋って、あのテレビ朝日「報道ステーション」に古舘と一緒に出ていた人で 朝日新聞編集委員。 ちょっと身奇麗で見た目紳士的だったからいい人に見えたが、 こういう奴らが裏でとんでもないことをやってるわけよ

774rider:

【民主党】前なんとか元外相、靖国参拝で「A級戦犯は分祀すべき」とTBS番組で発言|保守速報

靖国神社に参拝すると中国が怒ってくるけど、あれ、いつからか知ってる?

中国は、昭和60年まで何も言っていなかった。
昭和60年8月7日、朝日新聞の加藤千洋という記者が「中国、日本的愛国心を問題視」という
記事で中曽根首相の靖国参拝を批判する記事を書いた。

そして8月15日、中曽根首相は参拝し、朝日も批判記事を書いた。
しかし中国は何も言わなかった。

そして11日後の8月26日、社会党の田邊誠ら訪中団が中国を訪れ、日本はこんなにひどいこと
してるのに、何で中国は怒らないんだ、とこの記事の内容をたきつけた。

翌日、中国の副首相 姚 依林(よういりん)が中曽根の靖国参拝を批判した。
社会党の田邊誠って奴、覚えてる?南京大虐殺の記念館を作るように仕向けた奴ね。

ちなみに、加藤千洋って、あのテレビ朝日「報道ステーション」に古舘と一緒に出ていた人で
朝日新聞編集委員。 ちょっと身奇麗で見た目紳士的だったからいい人に見えたが、
こういう奴らが裏でとんでもないことをやってるわけよ

(myk0119から)

 

  【おまけ】

 

 

 

 

 

 


祝!「グレンデール市の売春婦像を撤去しろ!」10万突破!
一方、「ニューヨーク州ナッソーの売春婦記念碑を撤去しろ!」は、大苦戦!


引き続き、署名と拡散を!
――――――――
▼初めて署名される方への解説▼ 
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

▼署名サイト▼
期限 : 1月10日迄(既に10万筆突破も、多数の無効票のため、まだの人は署名を!)
「グレンデール市の売春婦像を撤去しろ!」
https://petitions.whitehouse.gov/petition/remove-offensive-state-glendale-ca-public-park/3zLr8dZh
期限 : 1月12日迄(必要数10万筆)
「ニューヨーク州ナッソーの売春婦記念碑を撤去しろ!」
https://petitions.whitehouse.gov/petition/please-remove-offensive-state-nassau-county-new-york-eisenhower-park/RB7kC1hD

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球新報の恥ずべき記事ロン... | トップ | 目取真俊がひき逃げ!芥川賞... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
靖国 (igoigo)
2014-01-07 17:06:42
あるブログで拾いました。

イマイチ日本国を好きになれない沖縄県民に見ていただきたい。

>「凛として愛」
http://www.youtube.com/watch?v=HBxaF0wps6U

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL