狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

県知事に感謝して、出馬要請!

2014-06-09 07:39:32 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

                       ☆

昨日は宜野湾市民会館でも催された保守系市町村長らによる「仲井真弘多知事を激励する会」に参加した。

保守系の集会は精々ベタ扱いのアリバイ記事しか掲載しない沖縄タイムスが、今朝の2面トップはこの見出しで飾っている。

大見出しの理由は、同日講演を行った川添恵子氏が会場に詰め掛けた大勢の聴衆の熱気を見て「本土には革新系の集会のみが伝わり、こんなに大きな保守系の集会が行われているなど誰も知らない」と地元紙の偏向報道を指摘したせいなのか・・・。

12首長、県知事を激励

「3戦出馬なら支援」

進退明言避ける

続投望む声 動き活発

首長ら「若い 健康不安なし」

「世界一危険な米軍基地」といわれる普天間基地近くに住む筆者が、辺野古埋め立てを承認した仲井真県知事の英断に感謝する気持ちを表すのは当然と考えたからだ。

当日は小雨模様の悪天候ながらおよそ1000人の県民が集まり、会場は感謝の弁を述べる登壇者の一言一句に会場から熱気に満ちた支援、拍手があった。

筆者会場の真ん中あたりに着席したが開会を告げる司会者の声に思わずプログラムから目を上げた。

そして驚いた。

聞き覚えのある声の主である司会者の顔を見て驚いた。

チャンネル桜「沖縄の声」では筆者の相棒キャスターを務める我那覇真子さんではないか。

彼女が弁士として演壇に立つのは何度も見たが、司会・進行係としての彼女を見るのは初めて。

人気者の彼女はこの種の催し物では引く手あまたの様子だが、当日の司会も臨機応変の対応、気転の利く彼女の特性が随所に見られる名司会者ぶりだった。 

そのうち噂を聞きつけて結婚式の司会なども依頼されるのでは・・・と思ったが我那覇さん自身がまだ嫁入り前のお嬢さん。 他人の司会より本人の方が先だね。(笑)

聴衆の声援は、辺野古埋め立て承認により18年間も中に浮いていた普天間移設に終止符を打つ気配の仲井真県知事への3期続投の期待が見られた。

当日、仲井真県知事の感謝の言葉の前に登壇した人を順に述べると次の通り。

1)主催者挨拶 平安座唯雄氏 (元宜野湾市議会議員)

2)宜野湾市代表 佐喜真淳氏 (宜野湾市長)

            又吉正義  (沖縄県会議員)

            安次嶺修氏 (元衆議院議員)

3) 来賓挨拶   宮崎政久氏  (衆院議員)

            新垣哲司氏 (自民党県連副会長)

            照屋守之氏  (自民党県連幹事長)

4)万歳三唱    奥間亮氏   (那覇市議会議員)

関係者によると、県内11市のうち、翁長雄志那覇市長と稲嶺進名護市長を除く9市長が参加予定。一部町村長も参加予定だったが確認は取れてない。

会合は島袋俊夫うるま市長、古謝景春南城市長、下地敏彦宮古島市長が呼び掛け人となり、有志で開催する。県町村会長を務める志喜屋文康恩納村長らも参加。先月の九州市長会に出席した市長らが、翁長市長を除いて集まり、開催を申し合わせたという。

各弁士は一括交付金の獲得など沖縄経済の振興に貢献した仲井真知事への感謝を表したが、「仲井真知事にやる気があるのなら、保守系の各首長と一緒に頑張り、知事の思いを後押しする」というのが本音のようで、仲井真知事の3選出馬に向け、強い支援の意味がこの催の本当の目的であることは参加者の誰もが肌で感じることだった。

会場には筆者が顔を知っている呉屋等宜野湾市議会議員ら多くの市議の顔も見られた。

呉屋等市議のブログ⇒仲井眞弘多知事に感謝する大会に参加して

で、肝心の仲井真県知事の三選の出馬の決意はどうだったかって?

昨年末の車椅子姿がまるで嘘のように元気はつらつ張りのある声で「基地問題に決着をつけたい」など熱弁をふるったが、立候補については態度を明らかにしなかった。

              ☆

昨日の上記大会の熱気に冷や水を浴びせるように今朝の沖縄タイムスの一面トップはこの見出し。

21首長「辺野古反対」

沖縄・福島 市長村長アンケート

福島は5人 意識に差

エネルギー国基本計画「評価せず」両県最多

沖縄タイムスが市町村長にアンケートをして恫喝する話は有名だが、今回も絶妙のタイミングでこれを行った。

だが、最近の保守勢力の勢いにビビッタのか結果を曖昧にするため、あえて福島と同時にアンケートを実施したのは涙ぐましい。

その表れが三面トップの大見出しに表れている。

揺らぐ「オール沖縄」

辺野古移設 県内首長回答

「どちらともいえない」3割

強行策に疑問 ■ 危険性除去急務

沖縄2紙が連日「辺野古移設反対」のキャンペーンを張ったあとの恫喝気味のアンケートにしては、辺野古反対が21首長にとどまったのは、すでに「オール沖縄」が崩壊している事実の何よりの証拠である。

「どちらともいえない」に回答した首長や無回答はメディアの仕返しを恐れて態度を曖昧にしているのは何時もの通り。 

例えば佐喜真宜野湾市は無回答になっているが、昨日の「仲井真弘多知事を激励する会」で登壇し県知事の辺野古埋め立て承認に感謝の意を表した。 同市長が辺野古推進に賛意を表しているのは明らかである。

「オール沖縄」が既に空中分解していることは、まともな県民なら誰でも知る公然の事実。

だが、マスコミを恐れて色褪せた「オール沖縄」にしがみつき、「オール沖縄」の再構築などと叫ぶ向きもあるが、沖縄市長選挙後、「再構築」とは「オール沖縄」が崩壊したことを認める文言なので、「オール沖縄の『深化』」などと涙ぐましい努力をしている沖縄タイムスの今日コノゴロである。

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 ■御知らせ■

日本と台湾は運命共同体、沖縄はその絆の中心たれ!~

悲惨の極みだった先の大戦が残した唯一の希望は、植民地主義の崩壊と人種平等の礎をもたらしたことでした。その苦難の中で、日本と台湾が築いた絆は決して小さなものではありませんでした。また、3・11東日本大震災に対し台湾が示して下さった比類のない温情は、両国々民の信頼関係に決定的な覚醒をもたらしました。

私達はここに、台湾出身の英霊の慰霊碑建立事業を基にし、両国民の交流事業を子々孫々に引きつぐ為に「日本台湾平和基金会」を設立し、第1回沖縄大会を開催することとなりました。 皆様のご来場をこころよりお待ち申し上げております。

日時:6月21日(土)開演18時30分(開場18時)

会場:沖縄県立博物館美術館 講堂

会費:500円(学生以下無料)

演題:自由アジアの生命線、日本と台湾の絆は慰霊碑建立から

 

黄文雄先生 プロフィール 1938年台湾、高雄県岡山鎮に生まれ、1964年来日。1969年、早稲田大学第一商学部を卒業、1971年、明治大学大学院、政治経済学研究科西洋経済史学修士。 現在、評論活動のほかに、拓殖大学日本文化研究所客員教授。鋭い筆法で評論活動を続ける。そのダイナミックな歴史観と博覧強記の知識によって日本では文明論を展開し、台湾では哲学者としても知られている。執筆活動は日本と台湾を2本の主軸とし、言論活動はアメリカ、ヨーロッパでもなされている。1994年台湾ペンクラブ賞を受賞。

著書:『醜い中国人 ビジネス編』『脅かす中国 騙される日本』『歪められた朝鮮総督府』『台湾・韓国・満州 日本の植民地の真実』『捏造された昭和史』等多数。 

◇台湾出身元日本兵の証言:楊 馥成先生 

      ◇台湾の太陽花(ひまわり)学生運動とともに行動し、負傷された女性国会議員周 倪安先生方も来賓として参加されます。

主催:日台平和基金会第1回沖縄大会実行委員会

共催:NPO日本台湾平和基金会発起人一同

お問い合せ:電話09097807272 ニシコリまで

   Email:taiwanjinirei@gmail.com

URLhttp://nihontaiwanheiwakikinkai.blogspot.jp/

Facebookhttps://www.facebook.com/from.okinawa.to.taiwan

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重山地区をを無法地帯にす... | トップ | 普天間Fフェンスタ、嘘捏造の... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-06-09 09:15:15
「仲井真氏激励会」の前日の7日、「沖縄建白書実現へ島ぐるみ会議」開催のための議員団会議の発足。
3月に「沖縄建白書実現へ島ぐるみ会議」開催のための発起人会議を発足させていて、6月に1000人規模で結成大会開催(伊波洋一氏)を予定していた。
が、肝心の「沖縄建白書実現へ島ぐるみ会議」の開催には、未だ至らず、7月末に伸びた。
政府の辺野古の調査如何によって開催時期は早まる可能性ありと強がっているが、どうも集まりが悪いようだ。
金秀グループ大将は「関連会社の従業員に島ぐるみ会議への協力を求めていることを明らかにし」て、堂々動員宣言。


「沖縄建白書実現へ島ぐるみ会議 130議員参加 2014年6月8日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72203

>那覇市の自治会館での初会議には、県政野党を中心に辺野古移設反対の自民党那覇市議団などを含め130人が参加した。
>島ぐるみ会議事務局は約400人の県議、市町村議に案内文を送付していた。

辺野古移設反対で結束し、翁長氏を知事に推そうとしている自民党那覇市議団新風会11人のうち知念博氏と瀬長清氏は、欠席。
「県連方針に反するとして市議それぞれに(翁長氏を)要請しないよう」出された文書が効いた?
自民党新風会11人の結束も崩れつつあるのか?

お手盛り無しと考えてあげても、案内文を受け取った県議、市町村議の3割ほどしか参加が無い。
今後どこまで大きく出来るか、パーシャル沖縄。
Unknown (東子)
2014-06-09 09:16:13
「仲井真知事 12首長が激励「出馬なら支援」 2014年6月9日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72277

>会合では知事に沖縄振興一括交付金の創設に対する感謝

↑の記事を帳消しにしようと、↓の記事。

「一括交付金効果、中小企業7割「実感なし」 2014年6月7日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72110

>沖縄振興一括交付金が自社の業績に反映されているかとの問いに、約7割が「実感はない」と答え、「実感がある」は約3割にとどまったことが分かった。
>同友会では「一括交付金事業は新規の取り組みが多く、既存企業の課題やニーズに対応しきれていない側面があるのではないか」と指摘している。

沢山もらってくるだけじゃ駄目だと、ケチをつけている。
交付金を活かすも殺すも、行政マンのレベルと企業の姿勢の問題。




「「知事に感謝」 埋め立て承認支持で大会 2014年6月9日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72282

>政府に要請した5年以内の運用停止について「確実に実現できる」と述べた。

↑の記事を帳消しにしようと、↓の記事。
具体的な名を出さず政府高官で「無理」を聞き取ったと、せっせと平安名記者は記事を増産している。

「普天間5年内停止 米高官「困難」と見解 2014年6月8日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72201

>米国務省高官は5日、仲井真弘多知事が政府に要請している米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止について「普天間の返還は、名護市辺野古の代替施設完成後ということで、日米間で既に合意している。沖縄県の要望は理解しているが、技術的にかなり困難であり、現実的ではない」との見解を示した。
>本紙の取材に対して答えた。

名護市長の辺野古撤回にアメリカも協力を!は、「日米間で既に合意している」ときっぱり否定されているwww。


>国防・国務両省の高官らは5日、そうぞう代表の下地幹郎元衆院議員と面談し、同様の見解を伝えたという。
>下地氏は、ワシントンで開いた記者会見で、国務副次官補らから書面で回答を得たなどと説明し

矛盾しているけど……。
Unknown (沖縄タイムス潰し隊)
2014-06-10 19:08:41
沖縄タイムスの偏向報道ぶりには呆れ果てる。

昨日、宜野湾市民会館で開催された「仲井真弘多知事に感謝する大会」には、850名が参加した(八重山日報)。ところがどうだろう、本日の沖縄タイムスは、なんと「参加300名!」とトンデモない偏向報道をやってのけた。

平素、基地反対のプロ市民による大会は参加者の実数の5倍から7倍に増やして「主催者発表」として平気で捏造記事を書く新聞が、保守派の行う集会やイベントでは主催者に聞きもせず、参加者数を大幅に縮小させて記事にしてしまう事が常だ。このような読者を愚弄する偏向記事の事例を上げればきりがない。毎度のように抗議の電話が殺到!その後誰も目に留めないようなベタ記事の訂正文を載せるか或はダンマリを通す、この繰り返しだ。

いい加減、保守派は堪忍袋の緒を縛ったまま何もしないのはもう止めよう。

このような極左暴力学生が妬みと嫉妬で書くようの新聞は不買運動を起こすべきだ。

偏向新聞、沖縄タイムスの購読は止めましょう!知人や友人にもその偏向ぶりをどんどん伝えましょう。そして彼等の資金源である告別式情報は、ネットの「告別式ニュース」を活するように皆につたえましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=yC7WvF_0Gx0

https://www.youtube.com/watch?v=n8z-EVcIQp4


https://www.youtube.com/watch?v=cXWKzwc5QVo


https://www.youtube.com/watch?v=5ZdqL8WVR_o




https://www.youtube.com/watch?v=jZCs2XmgL18





https://www.youtube.com/watch?v=t7VyiOL7zQM



https://www.youtube.com/watch?v=Gp7KhPBrfaA



https://www.youtube.com/watch?v=ITPjfXHZvoA



https://www.youtube.com/watch?v=wuz_KPG9k2o

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
安倍・高島の訪英と「労働規制緩和特区」はグローバル資本への屈服  (なめ猫♪)
2011年に英国で起きた反グローバル化の暴動の動画を最初に紹介しておきたい。。 保守党政権による緊縮財政による公共サービスの低下などひどい。日本の保守が賛美するサッチャー改革など国民生活を破壊するものでしかなかった。 日本でもいずれこうした事態になる。...