狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

杉田水脈、国連でクマラスワミ報告書の撤回要求!

2017-06-19 07:00:29 | 従軍慰安婦

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

日本には、国連信者が多数存在する。

国連は正義と公正の組織と妄信する人々のことだ。

彼らは「国連」と名がつけば、「国連特別報告者」の発言を国連組織の意見と勘違いしがちだ。

だがネットの急速な普及により、「国連特別報告者」なる者は必ずしも国連という組織の意志を反映するものではなく、個人の立場の発言者であることが知れ渡ってきた。 中には国連という権威に名を借りた「国連詐欺師」と酷評する者もいるくらいだ。

ただ、国連という名を利用(悪用)した反日活動家や野党らに政府攻撃の材料にされるため、政府としては面倒でも逐一反論をせざるを得ない現状である。

最近ではデビッド・ケイなる「国連特別報告者」が「共謀罪」法成立に懸念を示すなど内政干渉をして、良識ある国民の顰蹙を買っていた。

そんな中、元衆議院議員の杉田水脈さんがケイ氏の講演会を追跡調査し、ケイ氏は沖縄の基地反対活動を見ずに、沖縄では人権や表現の自由が弾圧されているとの報告を書いたとの言質をとった。

国連詐欺師、クルクル変わる発言!杉田水脈氏が追跡調査 2017-06-04

 【国連詐欺】杉田水脈氏「集会の主催者により発言が異なるデビッド・ケイ特別報告者」ヒューマンライツナウ主催の集会に潜入

 

今、筆者の手元に平成29年5月31日発行の「『慰安婦』謀略戦に立ち向かえ!」と題する新刊書がある。

同書は慰安婦問題の第一人者である西岡力氏を中心に6人の共著者で書かれ、杉田水脈さんも共著者の1人として名を連ねている。

杉田さんについて同書の前書きは次のように紹介している。

最近では、この問題(慰安婦問題)が実は日本発であることを知る人も増えてきたが、国連が長く日本批判を目的とする反日系NGOの独壇場で、一方的にそれらNGOの主張に影響されてきたというショッキングな事実は知られていなかった。 「性奴隷」という」言葉も国連から広まった。 日本人は外圧に弱いと言われるが、まるで「先生に言いつける」が如く、国連を利用して日本政府に圧力をかけることに執念を燃やす人々がいる。 

女性の立場でこのような勢力の牙城に風穴を開けようと国連に乗り込み、フランス語でスピーチを行った前衆議院議員の杉田水脈が鮮烈な体験談と日本が進むべき方向を語る。

 

杉田さんは、国連で慰安婦問題について、「日本軍が慰安婦を強制連行し”性奴隷”にした」という話は、吉田清次という作家のでっち上げが基となっており、日本の有力紙朝日新聞が歴史的な証拠として32年間に渡り日本を貶める報道をしたと訴えた。 

その上で、杉田さんは「2014年8月5日、朝日新聞が紙上で慰安婦問題のこれまでの報道の検証を行い、吉田証言が全くの虚偽であるあることを認めた」ことを述べ、日本が慰安婦を性奴隷にしたという話は「事実無根である」と断言した。

杉田さんのスピーチに国連の委員は驚いた様子で、日本政府に対し「質問状」を送付し、「『慰安婦の強制連行を証明するものは無かった』との(杉田さんの)報告を受けた。これについて(日本政府の)見解を述べよ」と意見を求めてきた。

日本政府の回答について、杉田さんは前掲書で次のように記している。

日本政府が回答したのは翌年(2016年)2月の対日審査出のことでしたが、私は前年の9月の国連欧州本部(ジュネーブ)で行われた人権理事会にも参加しました。 ここでも2分だけスピーチをさせてもらうことになり、クマラスワミの撤回を求めました

そして、日本政府は対日審査において、政府代表団長の杉山晋輔外務審議官(当時)が、国連からの「質問書」に対する「報告書」の概要を説明しました。 杉山審議官の」答弁は、日本の真実を踏まえた内容だと思います。しかしこの答弁は口頭のやり取りに止まり、プレスには公開されませんでした。答弁内容を評価しない者が口頭発表にこだわり、国連による実質「非公開」措置に導いた疑いを捨てることが出来ません。 これは極めて残念なことだと思います。

「クマラスワミ報告」の画像検索結果

杉田さんが、慰安婦問題で日本を貶める国際世論の根源となっている「クマラスワミ報告」の撤回を国連スピーチで求めたことは、GJでしたが、残念ながら国連に巣食う反日勢力の策動で、日本政府の答弁書は非公開となった。

国連を舞台にした情報戦は、プレスに公開してこそ効果がある。

杉田さんの次のターゲットは杉山外務審議官の答弁書のプレス公開と、それに続く「クマラスワミ報告」の撤回である。

【動画】『杉田水脈!国連でクマラスワミ報告書をぶった斬り!

そんな折、月刊誌「新潮45」が杉山審議官の答弁書を掲載した。

国連から嘘塗れの「クマラスワミ報告」を」撤回させる前哨戦として、下記記事の拡散を要請する。

 

■「クマラスワミ報告」に対する日本政府の幻の反論文を「新潮45」2017年5月号が掲載

デイリー新潮

ざっくり言うと

  • 慰安婦問題の「クマラスワミ報告書」への反論文について、週刊新潮が報じた
  • 政府が公開を拒んでいたことから、「幻の反論文」となっていた
  • 識者は「ほとんどすべての論点において完全に論破している」と評した

「慰安婦問題」に日本政府の反論文があった 「クマラスワミ女史」を論破

慰安婦少女像

写真拡大

 5月9日、韓国で新大統領が誕生するが、誰が大統領になっても2015年の「慰安婦問題日韓合意」が見直されるのが必至の状況だ。

 ところで、慰安婦問題と言うと、思い出されるのが1996年に国連人権委員会に提出された「クマラスワミ報告書」。同報告書は、従軍慰安婦を「性奴隷」として取り上げ、今日まで続くこの問題の火種のひとつとなったシロモノである。

 国連の場にまで慰安婦問題が取り上げられることになった報告書に、日本政府としても手をこまねいていたわけではなかった。実は公開されなかったものの、外務省が作った幻の反論文があったのである。この反論文を早稲田大学教授の有馬哲夫氏がアメリカのCIA文書の中で発見。『新潮45』5月号の「1996年、日本の『慰安婦問題』反論文はなぜ封印されたか」で紹介している。2号にわたって掲載されるうち、まず今月号で紙幅が割かれるのは反論文の内容だ。

慰安婦少女像

 ***

「クマラスワミ報告書」は、94年に国連人権委員会から「女性の暴力に関する特別報告官」に任命されたラディカ・クマラスワミが提出した文書である。詳しい内容をここで取り上げることはしないが、クマラスワミ女史はこの報告書で、慰安婦問題にまつわる日本政府の法的責任の受け入れと被害者への報償などを勧告している。

 さて、これに対する「反論文」は、3年前に産経新聞が報道し、存在こそ知られていたものの、政府が公開を拒んでいたことから“幻の反論文”となっていた。公開された「反論文」は産経報道と同一のものであるようだ。

 全5章から成り立つ反論文は、英語で39ページにも及ぶ。強制連行を偽証した吉田清治の著作の引用が「報告書」にあることなどを指摘し、クマラスワミ女史の中立性や調査の問題点にも切り込んでいる。

 日本では「クマラスワミ報告書」といえば、「慰安婦問題」だが、これは「付属文書Ⅰ」の内容なのである。報告書の本体は、現在の女性への暴力をめぐる雑多な問題を取り上げている。それもさまざまな国に触れ、特定の国だけを非難することはしない。しかし、なぜか付属文書Ⅰは70年前の、それも日本だけを狙い撃ちにしている。

「反論文」はクマラスワミの中立性を疑いながら、その調査にも疑いの目を向けてこう指摘する。

〈さらに「証言」と題されたⅣで焦点があてられているもののいくつかは、報告者自身が聞き取りをしたものではなく人権委員会のスタッフが代わりに集めたものだ。にもかかわらず報告者はそれらを自分自身が聞いたものと適切に区別することなく使っている。全体として、公平に見て、付属文書で示されている『事実』は、極めて限られた情報源から集められたもので裏付けもとれていないものだというべきである〉※〈〉は本文より引用、以下同

〈その一方で、アメリカ軍が『元慰安婦』にした聞き取り報告書のような、彼女の結論に不都合な客観的資料は無視している〉

〈したがって日本政府は裏付けのない情報に基づき報告書を出す理由を理解できない〉

■「奴隷制」への反論

 公平さを欠くどころか、彼女は法律論も基本的な国際法の原則さえも知らないと指摘。次々とクマラスワミを論破していくが、注目するべきは報告書が発端となった「性奴隷」という呼び名についての日本政府の反駁だろう。

「反論文」の該当箇所には、以下の記述がある。

〈『奴隷制』の定義は、その当時の国際法のもとで一般的に受け入れられてきた。(中略)1926年の奴隷条約の締結以来、国際法で使われる『奴隷制』という用語は、所有者の有する権利に付随する一部、あるいはあらゆる権力が行使される人の地位または状態と定義されてきた。

 しかしながら、『慰安婦』に関しては1993年に発行し、第45回国連人権小委員会に提出した日本政府の事実調査の結果では、このような『地位または状態』があったとは証明されなかった〉

 一部では「奴隷制」状態にあったといえるだろう、と有馬氏はこの反論の瑕疵を認めるものの、〈クマラスワミは、「慰安所」などに入れられ、軍に管理されているのだから「奴隷」だと、今日的な基準でいっているにすぎない〉とし、こう続ける。

〈そもそも当時は、アジア、アフリカはいうにおよばずヨーロッパなどにも売春施設が沢山あった(略)軍が関わると「奴隷制」で、民間業者だとそうではないという理屈は成り立つのだろうか。それに、戦地や占領地なのだから、軍が設置した「慰安所」で女性たちに営業させ、軍がその施設の運営規則を定めたり、性病チェックに関わったりするのは当然だろう。ドイツ軍も同じことをしている。アメリカなど連合国の軍隊でさえ、民間の買春施設を使用したとき同じようなことをした。

 戦地でも占領地でもないところで、軍が乗り出してきていろいろコントロールしたというならば別だが、「廃業の自由」(※1900年制定の「娼妓取締規則」)があった以上、この当時の基準では「奴隷制」とはいえないのではないか。実際、慰安婦が里帰りしたり、観光旅行をしたりした例も見られる〉

 有馬氏は反論文を〈ほとんどすべての論点においてクマラスワミを完全に論破している〉と評する。こんな反論文が出されていたら、特別報告官であるクマラスワミも立つ瀬がなかったに違いない。では、それほど優れた文書が葬り去られた理由はなぜなのか。そこにはアメリカの存在があったのだ。詳しくは、本誌5月号掲載の記事、つづく来月号で確認して頂きたい。是非、反日大統領にも一読してもらいたい論文である。

デイリー新潮編集部

「新潮45」2017年5月号 掲載

                                        ☆

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山城被告が「泣き落とし」?... | トップ | デービッド・ケイ氏が自白!... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-06-19 08:01:33
山下英次氏が、我那覇嬢や山城被告と同じ条件で、人権理事会で

「一握りの過激論者の影響を受けている」 保守系学者がデービッド・ケイ氏の報告に反論 2017.6.16 23:30」
http://www.sankei.com/politics/news/170616/plt1706160053-n1.html

>山下氏は、慰安婦を「性奴隷」と規定した1996年のクマラスワミ特別報告者の報告を取り上げて「とんでもない間違いを世界中に広げた」と説明し、人権理事会に対し、クマラスワミ氏の報告を取り下げ、ケイ氏の報告は受理しないよう求めた。


韓国は、既にケイ氏の報告を利用し始めている。
https://www.facebook.com/100009965956299/videos/480795345595993/
Unknown (東子)
2017-06-19 08:05:03
ケイ氏にとって「沖縄の弾圧」「慰安婦教科書問題」は、報告書の中の添え物で、メインでない。
でも、ケイ氏を利用した人達は、こっちがメイン。
よく理解せずに入れたせいで、ケイ氏は、添え物で責められる。
自業自得。



【参考】
「【国連ミッション?コンプリート】」
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=481571395518388&id=100009965956299

>会場から質問されても、一般論しかせず、「私は沖縄に行っていないので、質問に答える立場にない」と言い、自分の中立性を訴えるだけになりました。
>デイヴィット氏は、「なんかやばいところに足を突っ込んでしまったな」と思っている事でしょう。
Unknown (東子)
2017-06-19 08:09:07
「慰安婦」がぽしゃりそうなので、次「徴用工」を膨らます準備。

「朝鮮半島出身の戦没者 慰霊祭 2017年06月18日 12時10分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093517581.html

 強制徴用
 朝鮮
 チョイさんとその子
 安里英子共同代表
 平良修牧師
 沖縄恨之碑の会
 平和の礎
 沖縄戦
 32軍壕「捨て石」
に繋がる話。


>毎年「慰霊の日」を前に朝鮮半島出身の戦没者を悼む石碑が設置されている読谷村で慰霊祭が行われていて、17日は、主催している市民団体などから60人ほどが参加しました。
>慰霊祭を主催した市民団体の安里英子共同代表は「朝鮮半島の人たちに対しては県民も加害者の側面があるので、調査を行うなどして責任を果たしていきたい」と話していました。

読谷村の石碑とは、「恨(ハン)之碑」と呼ばれるもの。


安里英子共同代表とは?

「32軍壕「捨て石」削除 沖縄戦「事実を隠蔽」 2012年3月17日 11:46」
慰霊の日・沖縄戦
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-188771.html

>第32軍司令部壕説明板に関し、県が作成した翻訳用の文案から「捨て石」などが削られたことが明らかになった16日、平和ガイドの関係者らは「なぜ核心部分を削るのか」「事実の隠蔽(いんぺい)だ」と県の姿勢を批判した。
>専門家は「沖縄戦そのものの捏造(ねつぞう)だ」と批判した。
>平和ガイドをしている琉大非常勤講師の北上田源さん(30)
>沖縄戦で亡くなった朝鮮半島出身者の慰霊活動を続けるNPO法人・沖縄恨之碑の会の安里英子代表は「沖縄戦はまだ全容が明らかになっていないのに、さらに隠蔽しようとしているのは許されない。『捨て石』による犠牲者も多かった韓国人にとっては二重三重の被害だ」と怒りをあらわにした。

北上田源さん(30)は、チョイさんこと北上田毅氏の子供。


「沖縄恨之碑の会」とは?

狼魔人日記「沖縄は韓国が開拓した   朝鮮人が沖縄集結中 2007-02-23 07:05:24」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/2a9a6b02fe1f90ad0fe5d034d4036fd3


狼魔人日記「恨みつらみの国・韓国  沖縄にある「恨之碑」 2007-05-07 13:13:01」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/196140fe7022a3f35ea53f9c78017d70


チョイさんの沖縄日記「朝鮮人軍夫たちへの祈り--「恨之碑の会」が追悼式 2013年06月22日」
http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/54354f6a1de9a51e7a65f3be407c529d


「「朝鮮人強制連行」忘れない 読谷・恨之碑建立10年で慰霊 2016年6月12日 05:01」
恨之碑 朝鮮人 沖縄戦 強制連行
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-296465.html


「「朝鮮人戦没者を平和の礎に」 沖縄恨之碑の会が陳情 2016年10月6日 08:41」
平和の礎 沖縄戦
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/65361

>沖縄戦で日本軍第32軍直轄の朝鮮人部隊に所属していた軍属の男性2人について、NPO法人沖縄恨之碑の会(安里英子代表)は5日までに、戦没者名を刻む糸満市摩文仁の「平和の礎」への追加刻銘などを求める陳情書を県と県議会宛てに提出した。
>会によると、韓国に住む遺族が昨年までに刻銘をそれぞれ申し出たが、県は「沖縄戦で亡くなったことを証明する公的書類の添付がなければ、申告票を受理できない」と説明、申請には至っていない。
Unknown (東子)
2017-06-19 08:49:05
「[大弦小弦]「あなたが言うのは全部うそだ」と断定され・・・ 2017年6月19日 07:20」
阿部岳 米軍
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103433

>相手が米軍でも中国軍でも、命と尊厳が脅かされることは拒否したい。

米軍だけ拒否すると、中国軍は?と突っ込まれるから?
米軍、中国軍の個別否定ではなく、「軍」の否定をして欲しいな。
その上で、「軍」を否定している国(「軍」を持たない国ではない)は、あるか?
「命と尊厳が脅かされること」なのに、無いなら、なぜか?
を、語って欲しいわ。


>沖縄に基地を押し付け、しかも罪悪感を感じない。
>デマがそれを可能にしている。
>公平な議論の前提として、一つ一つ反論していく。

被害者、加害者に分けて反論していくと予想。


ところで、シンポジウムの取材ではなく、シンポジウムの登壇者と参加した阿部岳記者は、↓を実践できていますか?

日本新聞協会「新聞倫理綱領」
http://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/index.html

>正確と公正
>新聞は歴史の記録者であり、記者の任務は真実の追究である。報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない。論評は世におもねらず、所信を貫くべきである。
Unknown (東子)
2017-06-19 09:36:54
テキサス親父日本事務局@MR_DIECOCK
国連で、沖縄タイムスの記者が、一部のNGOを金で買収し、自らの側に取り込もうとしていた。
しかし、その人たちは、我々と以前から親しい人たちなので、すぐに私にその買収話の話をしてくれました
沖縄タイムス、また失敗だな
内容は、どこかに書きます
https://twitter.com/MR_DIECOCK/status/876339537114312704

阿部岳記者以外にジュネーブにいたタイムスの記者って、いますか?
Unknown (東子)
2017-06-19 10:57:19
「<社説>山城氏国連で声明 人権侵害やめ民意尊重を 2017年6月18日 06:01」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-516878.html

>山城氏が声明の最後で呼び掛けた言葉こそ、県民の多くの要求ではないだろうか。
>「私は、日本政府が人権侵害を止め、新しい軍事基地建設に反対する沖縄の人々の民意を尊重することを求めます」


「「国際社会は沖縄を見ている。勇気もらった」 山城博治さんら国連報告から帰国 2017年6月19日 08:35」
国連人権理事会 人権 米軍基地 山城博治 沖縄
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103444

>軍事基地建設に反対する沖縄の人々の民意を尊重することを求める」と訴えた。


残念ながら、山城被告は時間切れとなり、

「スピーチ原稿」
http://imadr.org/japan-arbitrary-arrests-detention-okinawan-humanrights-defender-hrc35-2017-joint-os/

>and respect the Okinawan people’s will against the construction of new U.S. and Japanese military bases.

↑の部分を読み上げることができなかった。

「新しい軍事基地建設に反対する沖縄の人々の民意を尊重することを求めます」
「軍事基地建設に反対する沖縄の人々の民意を尊重することを求める」
は、呼び掛けることはできなかった。

タイムス、新報の記者はジュネーブに行ったのだから、記事は、正確に書こうね。
日本にいる方が、正確なことを知っているっておかしいでしょ?
日本にいても分かることも多い時代なのだから。



【参考】
山城被告 1:37:00~
http://webtv.un.org/meetings-events/human-rights-council/regular-sessions/watch/item4-general-debate-23rd-meeting-35th-regular-session-human-rights-council/5472906855001
Unknown (普通の宜野湾市民)
2017-06-19 12:35:42
「国際社会は沖縄を見ている。勇気もらった」 山城博治さんら国連報告から帰国
沖縄タイムス 6/19(月) 8:35|Yahoo!ニュース 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00103444-okinawat-oki

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

「私は“日本一のテロリスト”のように喧伝されている」
↓↓
自称「日本一のテロリスト」が沖縄に戻って来ました。
これ迄、山城被告を「テロリスト」とか、~のようだ、~と同じ、という言い方は方々で言われたり、使われたりしたが
「日本一のテロリスト」
とは恐らく誰も言った事は無いし、思っても無かった。

日本赤軍を始めとする過激派や極左暴力集団、オウム真理教が行って来た極悪非道なテロや無差別テロによる殺人傷害事件!

彼らのような極悪非道なテロリストよりも山城被告は自身が「日本一のテロリスト」という自負が有ったという事?

>「国際社会は沖縄を見ている。勇気もらった」

その通り、自称日本一のテロリスト「クルサリンドー山城」が「平和的な抗議運動」をしているか国際社会が見てます。

しかし、国連での演説後に開かれたサイドイベントで山城被告、同行の弁護士と共に沖縄タイムスの阿部岳記者も登壇していたのには驚いた!

沖縄タイムスは完全に「あっち側」に逝ってしまいましたね。(笑)

今更、後戻りは出来ないでしょうから「捏造・偏向報道」を貫き沖縄のマスコミが如何に片寄っているかを晒し続けて欲しい!(暴)
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-06-19 13:52:38

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「平和追求した 大田氏の功績」の那覇市・吉本成江さん(51)は、昨年11月9日以来の掲載。
「過去見つめて 未来の平和へ」の浦添市・島袋すみ子さん(68)は、1月15日、2月8日、4月3日、5月31日に続き今年5回目の掲載。
「激痛の針仕事 つぼを刺激か」の西原町・具志堅興清さん(77)は、1月13日、2月9日、3月1、26日、4月15日、5月7日、6月3日に続き今年8回目の掲載。
「三つの役割に 『父親』の責任」の那覇市・鳩間用吉さん(79)は、1月1、28日、2月13日、3月7日に続き今年5回目の掲載。
「数学は『教える』姿勢で」の与那原町・東盛克己さん(69)は、4月15日に続き今年2回目の掲載。
「尾翼のシーサー」の八重瀬町・阿部吉夫さん(56)は、今年初掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (普通の宜野湾市民)
2017-06-19 16:00:01
山城議長の国連演説の中で
  ↓↓
 「私は抗議活動の最中、微罪で逮捕され、その後、二回さかのぼって逮捕されました。勾留は五カ月間にも及びました。・・・」

成る程、暴力・傷害、器物損壊の罪は自称
「日本一のテロリスト"くるさりんど~山城"」からすると取るに足らない「微罪」という事らしい! (恐) でも 納得!

報告記者会見を21日昼に、県庁で予定しているようですが、何かしら波乱が起きないか期待します。(笑)
 
Unknown (東子)
2017-06-19 21:21:22
切った有刺鉄線は、基地の境界を示す有刺鉄線。
しかも切った後、基地内に侵入している。
国の安全保障に関係する施設に入っている。

これだけで、テロ犯確定でしょーに。
世界標準なら、その場で射殺かもしれないほどのこと。
Unknown (東子)
2017-06-19 21:21:52
「国連特別報告者・デービッド・ケイ氏を独占直撃!「日本の報道機関は政府からの抑圧をはね返す力が弱い」 週プレNEWS 2017年6月19日 11時0分」
https://news.infoseek.co.jp/article/shupure_86621/

>―特別報告者と政府の対立もあり、日本では国連そのものへの不信感が高まっているように感じられますが。
>ケイ 国連は日本の安全保障、あるいは日本が持つ価値観にとって、いくつも重要な役割を果たしています。
>北朝鮮による拉致問題についての報告書がその好例でしょう。
>日本政府には、日本の人々が国連への信頼を損なわないよう、報告書について異論を言いすぎないようにお願いしたい。
>これはとても重要なことです。
>特別報告者はその専門性をもって国連理事会から任命され、それぞれが任務を真剣に受け止めています。
>国連への不信感が高まることで、人権調査の性質が損なわれることになれば、人権を強化するために尽力している日本の市民の努力が無駄になってしまいます。

日本政府が反論すると、
  「国連詐欺」をした日本の市民の努力が無駄になる
と言っているwww
Unknown (東子)
2017-06-19 21:22:37
北部訓練場の話題2つ。

「米軍着陸帯から赤土流出、海汚す 沖縄防衛局が地元に謝罪 2017年6月15日 16:28」
米軍 ヘリパッド 着陸帯 高江 オスプレイ
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-515442.html

>建設中の新たなヘリコプター着陸帯のH地区から赤土が流出

H地区にヘリパットを建設中?


>沖縄防衛局によると、H地区着陸帯の資材置き場から約10立方メートルの土砂の流出を確認

ヘリパット建設じゃないじゃん。


>東村は沖縄防衛局の説明を受け「赤土流出対策を万全に取ってほしい」と求めた。

「だっから、ヘリパッドを撤去せよ!」とならない東村に、今までの沖縄の基地反対派とは違う流れを感じる。


「ヘリ発着場 米が運用開始通告 2017年06月19日 06時34分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094306511.html

へり発着場って、ヘリパッドのことかい。
なぜ、ヘリパッドって言わないの?
「市民」はオスプレイバッドっと言っていたなぁ。


>アメリカ軍は今月中に運用を始めると日本側に通告

今月中ということは、あと10日以内ということね。
使用反対するなら、すぐ組織しないと。

ところで、翁長知事はヘリパッドが出来ても、使わせなければ造らなかったのと実質同じと言っていましたのよね。
何かアクションを起こしているのかしら。
タイムス、新報には、ヘリパッド使用の記事無し。
その延長の翁長知事の反応の記事は、もちろん無し。

ヘリパッドの使用の影響を受ける東村が、
  「だっから、ヘリパッドを撤去せよ!」を言わず
  もちろん使用中止は言わず
  運用だけ注文をつける
としたら、翁長知事は、使用中止を言えるか。

東村村長は、ヘリパッド建設にあたって反対は言っておらず、「運用に配慮」を菅官房長官に求めている。
明日からどう動くか、注目。

辺野古の差し止め訴訟だけで、自分の財産を失うかどうか悩みは多いのに、北部訓練場のヘリパッド対策までのしかかってきて、大変ねー(棒
まぁ、これもあれも、ダブスタでやってきたツケだから、自業自得。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL