狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

事件の政治利用、笛吹けど踊らぬ県民

2016-05-31 07:58:49 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 沖縄お悔やみ情報局

自衛隊の災害派遣終了へ「不測の際は直ちに対処」

動画を再生する

防衛省は、熊本地震による自衛隊の災害派遣活動を、30日で終了することになり、中谷防衛大臣は「現在も余震が続いているので、不測の事態の際には、直ちに万全の態勢で対処できるよう心がけていきたい」と述べました

続きを読む

防衛省は、熊本地震が発生した先月14日から、熊本県からの災害派遣要請を受けて、最も多いときでおよそ2万6000人の態勢で、救助活動や行方不明者の捜索、入浴の支援などにあたってきましたが、県からの要請により、30日で活動を終了することになりました。
これについて、中谷防衛大臣は30日午前、記者団に対し、「可能な限り、被災者に寄り添った支援を実施してきた。現在も余震が続き、雨の時期でもあるので、不測の事態の際には、直ちに万全の態勢で対処できるよう心がけていきたい」と述べました。
また中谷大臣は、今回の地震で、アメリカ軍が新型輸送機オスプレイによる輸送支援を行ったことに関連して、「自衛隊でもオスプレイを導入するので、十分に訓練を重ねて、安全に災害活動に対処できるよう整備していきたい」と述べました。

                      ☆

>「自衛隊でもオスプレイを導入するので、十分に訓練を重ねて、安全に災害活動に対処できるよう整備していきたい」と述べました。

沖縄2紙が必死になってばら撒いた「危険な欠陥機オスプレイ」とのデマ報道を信じるのは一部のジジ・ババ活動家たちに限定されるようになった。 彼らは沖縄2紙の発狂報道のみを情報源にするため、死ぬまで考え方を変えることはないだろう。 その昔、鉄道開通を「煙を吐く怪物には反対」と叫び続けたまま死んだ明治の古老のように・・・。

オスプレイが危険な欠陥機でない証拠は、わが国の防衛省が採用した事実もそうだが、開発国の米大統領に随行の政府要人がオスプレイに登場して移動している事実が何よりの証拠である。

もしオスプレイが欠陥機であることを知りながら、政府要人の輸送に使用したり防衛省が採用したりして、事故でも起したら政府が吹っ飛ぶ程度では済まされないからだ。

ジジ・ババ活動家を扇動した沖縄2紙も、死ぬまで(潰れるまで)「「危険な欠陥機オスプレイ」を叫び続けるだろう。

                  ☆

 

沖縄で起きる諸悪の根源を辿れば、すべて沖縄2紙に繋がる。

したがって当日記が厳しく批判する標的は沖縄2紙と、それに関連する学者、沖教組など個人、団体の複合体である。

そして今朝コメント欄の清村清さんの怒りのコメントを見て、激しく同意し膝を叩いた瞬間、昔よく使ったある文言が脳裏を過った。

清村清さんのコメント

まともな沖縄県民 の怒りは頂点に達している。
沖縄タイムス社と琉球新報社に対して。

今回の事件の偏向報道によって、益々 まともな購読者が減った事だろう。

沖縄県民の最大の敵は言うまでもなく 米軍人や軍属ではない。
最大の敵は勿論、極悪 沖縄タイムス社と琉球新報社だ。

極悪二社流に言うと 沖縄の敵は、
二社の社長を筆頭に 役員、社員、契約社員、アルバイト、警備員、掃除のおばちゃん、新聞配達員、子会社、関連会社など、二社に出入りする全ての人が県民の敵となる。


神がこの世に与えたもの。それは、
陰と陽。
プラスとマイナス。
善と悪。
幸せと不幸。その他諸々。

それらはすべて相対で一対である。

悪人を除外し、善人のコミュニティが出来上がっても、しばらく経つと、またある割合で悪人が出てくる。
これが永遠不滅の法則、陰と陽の法則だ。

犯罪は表裏一体、紙一重。

極悪二紙の連中の中にも、犯罪予備軍は幾らでもいる。
(朝日の例 http://kenjya.org/hinkaku_2.html

そのうちブーメランとして自分達に大きく跳ね返って来るだろう。

あ,もう、捏造 偏向 人権無視などの数えきれない極悪犯罪行為は巨大なブーメランとして返りつつありますね!!

 

脳裏を過ったのは「極悪複合体」!

「発狂新聞」とは、筆者が命名した沖縄2紙のことだが、沖縄2紙が主導するグループのことを、昔「極悪複合体」と命名していた。

最近県教育庁が沖縄タイムス発行の子供向け有害新聞「ワラビー」を学校の副読本に推薦したようだが、県教育庁も「極悪複合体」の構成員である。

そこで、極悪複合体について記した過去ブログをサルベージしてみた。

 

 

「悪魔の島」沖縄は人気全国2位 「お祭り」「国際性」で1位 2015-02-12

<数年前竹富町教委の教科書採択に関する「違法なルール破り」を沖縄2大紙が狂ったように支援し全国に恥を晒した八重山教科書問題。

結局、文部科学行政の最高責任者である下村文部科学大臣は、形骸化した現行の教育委員会制度を今年の4月より大幅に改正することにより、無法者の慶田盛竹富町教育長の違法行為を見てみぬふりするという大甘な処分により一件落着となった。

その当時沖縄メディアを筆頭に竹富教委のルール破りを支援した教育委員会、沖教組、自治労、大学教授ら反日サヨクの面々を「極悪複合体(反日サヨク複合体)」と命名した。

これらの複合体は各々別組織にはなっているが地下茎ではお互いにがっちり結びついており「反日サヨク」というイデオロギーのもと、お互いに情報交換をしているとも書いた。>

 

沖縄の大学は反日サヨクの巣窟2015-06-27

<ちなみに「反日左翼複合体」とは沖縄を駄目にした「極悪複合体」と同義語であり、沖教組、高教組、自治労、左翼大学人、プロ市民団体などで構成する。

彼らは、「反戦平和」の旗印の下、反日、反米を叫んで究極的には国家解体を狙っている。

各構成員はそれぞれ別個の組織のように見えるが地下茎では強力に結びついており、今回のような言論弾圧や八重山教科書問題のような場合には一致団結して集団リンチのような論陣を張るのが特徴である

異論を許さぬ沖縄の闇は深い!>

                    ☆

今回の悲惨な遺体遺棄事件を自分のイデオロギーに利用すべく、違法テント村に島袋さんの祭壇を設ける偽善者たちも、言うまでもなく「極悪複合体」の構成員である。

前回の県議選、県知事選では「極悪複合体」が掲げた「危険な欠陥機オスプレイの沖縄配備反対」であった。

当時、沖縄2紙が垂れ流した印象操作は「米国本土でも飛行禁止のオスプレイを沖縄に配備するのは許されない」などというもの。

オスプレイ反対運動が盛んだった宜野湾市で、「米国で飛行禁止のオスプレイを沖縄配備するのはケシカラン」という趣旨の講演をした有名評論家の佐野眞一氏が、会場から「事実誤認だ!」との指摘を受け立ち往生する一幕もあった。

 

売国奴集団が上京!全首長首相要請へ 2013-01-20

情報のプロである「ノンフィクション作家の巨人」佐野眞一氏が沖縄で講演会をした際、オスプレイに言及し「アメリカでも飛んでいないオスプレイを沖縄に配備したら県民が不安がるのは当然」と発言し、会場から「アメリカでは飛んでいる」と指摘され立ち往生したと書いた。

「アメリカでは欠陥機オスプレイの飛行は禁止されている」という大嘘は、ガセネタ記者の平安名純代氏の垂れ流した印象操作記事が情報源だ。

                  ☆

「欠陥機オスプレイの沖縄配備反対」の旗を掲げ、「オール沖縄」で県政与党となった翁長知事は、その後の共産党主導が県民の反発を買い、1月の宜野湾市長選では惨敗を喫して、「オール沖縄」神話空中分解の様相を呈していた。

このままで推移していたら、6月の県議選、7月の参院選もドミノ倒しのように連敗するとの危機感が「オール沖縄」勢力に渦巻いていた。

そんな矢先の「元海兵隊で軍属シンザト」が起した残虐事件である。

「欠陥機オスプレイ反対」の裏には「米軍基地反対」の共通認識が「オール沖縄」にはあった。

当初「軍関係者(32)」と容疑者の年齢が分かっているのに、米兵をにおわす「米軍関係者」と微妙な報道をした理由は、シンザトが沖縄にはよくある苗字の新里であり、現在民間地域に住む民間人であるため、何とかして事件を軍に結び付けようと新聞が苦慮していた何よりに証拠である。

結局、シンザトは民間会社に務める民間人ではあっても、その会社が米軍基地にあるという理由で、地位協定では軍属と規定されていたため「元海兵隊で軍属の」という絶妙の肩書きを見つけ、その後もその肩書きで統一している模様。

そして、前回「危険な欠陥機オスプレイの沖縄配備反対」の旗振りをした翁長知事が今回の事件に対し「基地があるゆえの事件」と絶妙のコメントをしてくれた。

裏を返せば、「米軍基地を撤去すれば凶悪事件は起きない」という意味だ。

そこで、「極悪複合体」の主導者である沖縄2紙が、事件の政治利用をしないはずはない!

政治利用の実践が連日紙面に躍る米軍基地批判のオンパレードだった。

「新聞が世論を作る」と沖縄2紙が豪語するとおり、県議会も沖縄2紙の吹く笛で踊りだした。

3年前、2003年の「オスプレイ反対」のバカ騒ぎの再来である。

米海兵隊の撤退要求 沖縄県議会が初の決議 女性遺棄に抗議

沖縄タイムス 2016年5月27日 14:12
  • 沖縄県議会が初めて在沖海兵隊の撤退を求める抗議決議を可決した
  • 自民会派と嶺井光、呉屋宏の両氏が退席した上で、全会一致の可決
  • 女性遺棄事件に抗議し、米側の再発防止策の実効性に疑問を呈した
 

 沖縄県議会(喜納昌春議長)は26日の臨時会で、与党・中立会派が提出した元海兵隊員の米軍属による女性遺体遺棄事件に対する抗議決議と意見書の両案を野党・自民会派などが退席した上で、全会一致で可決した。県民の人権、命を守るため在沖海兵隊の撤退と米軍基地の大幅な整理・縮小を求めた。県議会が在沖海兵隊の撤退を求める決議案を可決したのは初めて。

 市町村議会でも、26日までに20市町村が抗議決議と意見書を可決。ほかに10市町村が可決する見通しで、少なくとも30市町村議会の抗議決議が確実な状況だ。

 決議と意見書では、事件は「県民の生命をないがしろにするもので断じて許せるものではない」と非難。米軍人・軍属による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正や再発防止を求めてきたにも関わらず、再び事件が発生したことは「極めて遺憾」とし、米側の再発防止策の実効性に疑問を呈した。

 その上で(1)在沖米海兵隊の撤退と米軍基地の大幅な整理縮小(2)普天間飛行場の閉鎖・撤去と県内移設断念(3)日米地位協定の抜本改定(4)日米両政府の謝罪と完全補償(5)日米首脳間での基地問題、犯罪根絶に向けた対応の協議(6)凶悪事件発生時、米軍人・軍属による民間地への米軍車両進入の一定期間禁止-を求めた。

 意見書の宛先は内閣総理大臣と外務、防衛、沖縄担当の各大臣。抗議決議は駐日米大使、在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖米総領事。採決時、自民会派と無所属の嶺井光氏、呉屋宏氏は退席した。自民が提出した抗議決議と意見書は賛成少数で否決された。

 各会派の代表は26日午後、外務省沖縄事務所や米国総領事館などを訪れ、決議内容を申し入

                    

今回の遺体遺棄事件を起死回生の好機と捉えた「オール沖縄」は、来月の県議選には間に合わないが、6月に参院選での必勝を期して「オール沖縄会議」を開催するという。

 

数万人規模で抗議の県民大会、6月にも開催 オール沖縄会議

 

沖縄タイムス-2016/05/22

 

元米海兵隊員の米軍属による女性遺体遺棄事件を受け、名護市辺野古の新基地建設に反対する県政与党や企業などでつくる「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は22日、那覇市内で幹事会を開き、事件に抗議する数万人規模の ...
 
果たして柳の下に二匹目のドジョウはいるのか。
 
それよりも、有権者はそんなにバカではないはずだ。
 
「極悪複合体」が吹く笛で踊るはずはない。
 
県民の良識を期待したい。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺体遺棄事件を政治利用する... | トップ | 沖縄タイムスが恥晒し »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-05-31 09:13:03
辺野古反対に動じない政府に「辺野古反対」は交渉材料に、ならない。
「強姦事件→米軍、謝れ」は無理筋でただでさえ謝らない米軍が謝る訳ないと思っていたら、あっさり謝った。
「謝れコール」は無効化された。

残るは「基地があるから~~コール」だが、「笛吹けど踊らぬ県民」。
踊らぬだけなく、「基地があるから~~コール」「全基地撤廃コール」は、翁長知事の足を引っ張る。


「翁長派、過半数が焦点…沖縄県議選 参院選に影響必至 2016年5月30日5時0分」
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20160529-118-OYTPT50367/clip

>翁長氏を支える「オール沖縄」と呼ばれる勢力は、保守、革新を超えた枠組みだが、意見や姿勢の違いも表面化している。
>事件を機に社民、共産両党は「全基地撤去」の主張に一層力点を置いているが、翁長氏側近は「保守層を意識すれば『全基地撤去』には乗れない」と表情を曇らせる。

タイムス、新報が拾う声以外の声を拾える議員の出現を願う。



【参考】
10年前の、狼魔人日記開始直後の日記。
これが、狼魔人さまの原点なのだと思う。

狼魔人日記「米軍再編 沖縄の民意とは 2006-03-28 08:57:42」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/9c0412fdbe96538afe2b9d7487720dbf

>意見を異にする「民意」は例えそれが多くとも「声なき声」として無視される。
Unknown (東子)
2016-05-31 10:04:13
今日もネットで大人気。

「【極左速報】琉球新報「学生や市民団体ら“オバマは帰れ”とデモ」⇒ 渡邉哲也氏「それ『中核派』ですよ。反社を肯定するの?」(画像)」
http://www.honmotakeshi.com/archives/48729914.html

>×(誤)・・・「広島市民」
>○(正)・・・「中核派」「過激派」「反日パヨク」
>「京大同」と書かれた旗が見える。
>京大生が広島に住んでいる?そんな訳無いだろう。

>特定市民()をマッチポンプ報道()している新聞()社か。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-05-31 10:07:57

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「米軍撤退訴え 本気度示そう」の那覇市・仲尾次政武さん(52)は、今年初掲載。
「高額な年俸は 球団経営圧迫」の宜野湾市・松本久雄さん(59)は、1月17日、2月20日、3月1日、4月24日、5月9日に続き今年6回目の掲載。
「正当な権利で 新基地阻止へ」の那覇市・大見昭子さん(81)は、1月17日、3月2、13、23日、4月22日、5月3日に続き今年7回目の掲載。
「団塊の世代は 危機的状況に」の那覇市・勝連朝昭さん(71)は、1月17日、2月8日、3月6日、4月12日に続き今年5回目の掲載。
「基地環境汚染 法に問題」の那覇市・喜多自然さん(34)は、今年初掲載。
「野鳥『モートイ』考」の那覇市・金城順一さん(81)は、昨年6月26日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

Unknown (東子)
2016-05-31 10:29:12
負けずに、タイムスも大人気。

「【沖縄タイムス】米軍基地前を訪れた子連れの男性(50)「日本は戦争の準備をしている。標的は沖縄の子どもたちだ」と危機感  2016年05月31日04:30」
http://www.honmotakeshi.com/archives/48729860.html

>政府は防衛しようとしてるだけ
>標的にしてるのはどの国かをなぜ隠す

>こいつらの言い分は「警察の存在が犯罪者を生み出す」だから何言っても無駄
>左翼はサヨクと違うってアピールしたほうがいいんでない?

沖縄サヨクに対して「何言っても無駄」という理解が深まっていますね~~。
タイムス、新報が、「沖縄サヨク」の実態だけを取り上げて、「沖縄の民意」の理解を全国へと、努力した結果ね~~。


>石垣島の島民は切羽詰っているのに、何でこんなにもお花畑で居られるのだろうか
Unknown (ウエストメーン州)
2016-05-31 13:54:40
佐野氏自身、盗用問題を起こして
ノンフィクション界の巨匠としての信用が失墜中であつて
オスプレイの墜落を心配してる場合ではない。
Unknown (宜野湾より)
2016-05-31 15:16:54
激しい抗議活動をする人たちは、島袋さんのご遺影を簡単に使っているようだけれど、犯行を自供したシンザト・ケネス被疑者の写真や似顔絵や名前を使って犯人糾弾をしている様子は無い。
いや、やっている人もあるかもしれないが、見た中では現場のニュース画像に映っていない。

先日の、ネイバーフッドチャーチ沖縄の呼び掛けに応じたアメリカの方々による国道沿いでの哀悼と共感の表明を、琉球新報はウェブ記事にしている
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-287997.html
が、その一方、「犯人には厳罰を」という大文字主張は見当たらない。

弁護人の高江洲歳満弁護士によると、シンザト・ケネス被疑者は自分を会社員と説明したというから、彼が所属する会社がある。
大事件が起きると、在京マスコミを中心に各社が犯人の家庭や親と勤務会社に取材に行き、コメントが記事や映像になる「制裁」があるのが恒例だが、シンザト・ケネス被疑者の会社は出てこない。
いろいろと「なんか違う」感がある…

海兵隊撤退やアメリカ軍基地撤去を要求することは、日米国民誰でも自国政府にする権利が有って制限も否定もされず出来る当然のこと。
ただそれが実現するには、沖縄県の中にも日本国の中と周辺にもアメリカにもある、沢山の条件が奇跡のように揃わなければならないので、すぐできないからってキレないならいいけれど。

あと、
「習氏は沖縄攻撃せず」
刃向えば"やられる"と仲里氏
(28日石垣市・県議選応援演説にて)
http://crx7601.com/archives/48726330.html
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0160529.html

これは、発言を見出しにしただけで発言者の主張破綻が伝わる八重山日報の記事。
他にもなぜ習近平だけに限定とか、仲里利信は頭のネジを全部失ったようだが、そのせいか調子に乗りすぎ。
Unknown (ジェコ)
2016-05-31 19:11:30
しかし未だに凶悪犯の前科が出てこないって事はやっぱりないのか?
異常性犯罪者なら前科はありそうだけど

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」が北京で開催 (遊爺雑記帳)
 中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部などが主催する、「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」なるものが北京で開催されたのだそうです。  沖縄の自己決定権や米軍基地問題、独立などをめぐって意見が交わされ、参加者は中国側のメンバー以外には、日本からの....