狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

義家政務官が竹富町へ、教科書問題の指導で

2013-03-01 07:15:13 | 八重山教科書採択問題

 

■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

■逃げ得寸前、大城県教育長に待った!

今日から弥生3月、八重山教科書問題の元凶である大城浩県教育長が任期満了で、今月末で何のお咎めもなく、めでたく辞任の予定であった。

天網恢恢疎にして洩らさず。 

逃げ得は許さないとばかり、文科省は義家弘介政務官を3月1日に同町へ派遣する。

本来だったら県教委を通じて指導するのだが、県教委は文科省に反旗を翻し、竹富町委の違法行為に「お墨付き」を与える始末。

文科省の政務官が一地域の町教委に直々指導に乗り出してくる事態は前代未聞。

それだけこの問題の根の深さを表している。

八重山教科書問題の元凶は、マスコミに媚びて、慶田盛竹富町教育長の違法な「ゴリ押し」にお墨付きをを与えた大城県教育長である。
八重山教科書問題の元凶
大城浩県教育長

文科省、教科書採択で竹富町指導へ
沖縄タイムス 社会 2013年2月28日 13時03分
 沖縄県八重山地方の採択地区協議会が選んだ「育鵬社」の中学公民教科書を竹富町が拒否し「東京書籍」版を配布している問題で、文部科学省は28日、違法状態が続いているとして、同町を直接指導することを決めた。義家弘介政務官を3月1日に同町へ派遣する。

 民主党政権でも文科省は県教育委員会を通じ指導したが、町が寄付で調達した教科書を独自に配布することを容認していた。政権交代により、下村博文文科相らの意向で、強く指導する姿勢を示すことにした。

 竹富町は2011年、八重山採択地区協議会(石垣市、竹富町、与那国町)が答申した保守色の強い育鵬社版を拒否し東京書籍版を採択。教科書無償措置法は採択地区内で一つの教科書を使用するよう定めており、文科省は竹富町を無償給付の対象としていなかった。(共同通信

             ☆

昨日は『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』の発売日を28日と紹介したら、沖縄の読者からお叱りと問い合わせが殺到した。 

発売日は首都圏を中心にした地域の発売日であり、沖縄では5日後れの発売になるとのこと。 したがって沖縄での実質上の発売日は3月の5日ごろと言うことになる。 

皆様を混乱させましたことを、謹んでお詫びし、沖縄での発売日は約5日遅れ、と訂正させて頂きます。

当方で入荷を確認した書店は次の通りです。(他は最寄の書店でご確認下さい)

ジュンク堂・那覇店⇒5日、30冊入荷予定

戸田書店(豊見城市豊崎)⇒4日、6冊入荷予定

                ☆

ただ例外的に八重山教科書問題の震源地である石垣市では28日、先行発売されてようだ。

沖縄タイムス八重山支局ののおめでたい名前の某記者さん、そして八重山毎日の記者さん、是非買って勉強しなおして下さいね。

もっとも八重山毎日は既に敵前逃亡だった。(涙)

八重山毎日が社説削除!八重山教科書問題で逃げた?!

■八重山日報 2013年2月28日

国境の島の「反日」教科書キャンペーン 教科書問題の内幕暴く 市内書店で先行発売

 

 八重山教科書問題を通じ、沖縄・八重山が抱えるさまざまな問題を考える「国境の島の『反日』教科書キャンペーン」が28日、産経新聞出版から発売される。教科書問題を徹底的に取材した八重山日報編集長の仲新城誠記者が執筆。当時のマスコミでは報道されなかった内幕を報告している。市内大川の山田書店ではレジ前の特設コーナーで先行発売を開始している=写真。


 中学校公民教科書採択をめぐり、育鵬社版を覆そうと、県教委、マスコミ、住民運動が一体となって繰り広げた反対運動とは何だったのかを問う。

 中山市政発足から教科書問題勃発までの経緯を追いながら、尖閣諸島問題、自衛隊配備問題、普天間飛行場移設問題、オスプレイ配備問題との関連も指摘する。仲新城記者は「法治国家に対するクーデターのような事態が起きたことを振り返り、何が正義だったのかを改めて考えてほしい」と話している。同書は1300円(+消費税)。

             ☆

さて、大発狂して文科省に反旗を翻した沖縄タイムスだから、今朝の一面、社会面のトップは文科省批判の大見出しが躍っていると思いきや・・・。

一面と社会面トップは「女性寿命 沖縄三位」「『長寿県』後退危ぐ」と男性に続いて女性もメタボ出寿命を縮めている現状を危ぐする記事。

八重山教科書関連記事は一面では冒頭に引用の共同記事をマル投げ。

社会面ではベタ扱いで次の見出しが。

竹富教委「違法ない」

教科書採択「指導」に反発

慶田盛竹富町教育長が、現在の違法状態を「違法行為と思っていない」と反発しているが、そもそも竹富町教委に「お墨付き」を与えて違法行為を扇動したのが、県教委であり現地に乗り込んで陣頭指揮をしたのが県の狩俣課長。 慶田盛氏としては竹富町教委だけが悪者になって「指導」を受けるのは、納得できないだろう。

慶田盛氏が「違法はない」と叫べば、叫ぶほど引かれ者の小唄に聞こえ、哀れを誘う。(涙)

当然一番の責任者である大城教育長、狩俣課長に何のお咎めもなかったら、国民が黙っていないだろう。(怒)

大城教育長、狩俣課長、宮良県八重山支部長、慶田盛竹富町教育長、竹盛竹富町教育委員長らは当然「指導」及び何らかの処分があってしかるべきである。

文科省 竹富町を指導の方針 教科書「違法採択」是正求める 2013.2.28 02:07
 沖縄県竹富町教育委員会が法に反し、教科書採択地区協議会の答申とは別の中学公民教科書を採択、使用している問題で、文部科学省が違法状態を解消するよう指導する方針を固めたことが27日、関係者への取材で分かった。義家弘介(ひろゆき)文部科学政務官が近く、同町教委と県教委を訪問し、是正を求める。従わない場合、法に基づく是正要求や違法確認訴訟を検討する。民主党政権下では違法状態が容認されてきたが、安倍晋三政権は法に基づき、是正を強く求めていく考えだ。

 この問題は、石垣市と竹富、与那国両町で構成する八重山採択地区協議会が平成23年8月に育鵬社を選定。石垣、与那国町は答申通りに採択したが、竹富町は東京書籍を採択し、地区内で同一の教科書採択を求めた教科書無償措置法に違反する状態になった。

 このため文科省では県教委を通じ、竹富町に答申通り育鵬社を採択するよう再三指導したが、竹富町は従わず、昨年4月から町民寄贈という形で東京書籍を使用している。

 竹富町は来年度も同様に東京書籍を使用する方針だが、文科省は「竹富町の生徒だけに法的手続きに基づかない教科書を使わせることは法治国家として許されない」(文科省幹部)として、同町教委に加え、県教委も指導する

竹富町教委はこれまでの経緯から指導に従わない可能性が高いが、文科省はこの場合、地方教育行政法や地方自治法に基づく是正要求を検討する。是正要求は、法令違反などがある場合に文科相が発動できる権限で、法令上、自治体に対する最も強い措置。発動された場合、自治体は是正のための法的義務を負うが、従わなくても罰則はない。総務省によると、是正要求は21年に住民基本台帳ネットワークの不参加問題で東京都国立市と福島県矢祭(やまつり)町に出された2例しかなく、国立市は昨年参加したが、矢祭町はいまだに従っていない。

 文科省はこの場合、地方自治法の改正で3月から可能になる自治体に対する違法確認訴訟も視野に入れている。

     ◇

 ■八重山教科書問題 石垣、竹富、与那国の3市町からなる八重山採択地区協議会は平成23年8月、24年春から使われる中学公民教科書に育鵬社を選定したが、竹富町だけが拒否。文部科学省は教科書無償措置法に基づき、育鵬社を採択するよう求めたが、竹富町が別の教科書を採択する場合、国の無償措置の対象外とした上で自費購入を容認する妥協案も提示したため、町民寄贈という形で東京書籍を使用している

            ☆

>このため文科省では県教委を通じ、竹富町に答申通り育鵬社を採択するよう再三指導したが、竹富町は従わず、昨年4月から町民寄贈という形で東京書籍を使用している。

この記事では、県教委の指導に竹富町教委が従がわなかったようなニュアンスだが、県教委が逆に竹富教委を違法行為に扇動したのが事実である。

これは『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』のなかでも次のように明記されている。

「反対運動で注目すべきは、県教委の介入だった。協議会で育鵬社版が選定される可能性が高くなると、日程やメンバーの変更を要請。 実際に選定されると、今度は協議会の答申に沿わない竹富町を指導するどころか、むしろ後押しするかのように新たなルールによる協議の場を設けて、(引用者注:東京書籍版の)逆転採択に向けて道筋をつけていった。 さらに、本来の協議会の正当性を認めた国の見解さえ否定したうえ、竹富町がだけが違う教科書を使用することを是認するという”暴走”ぶりを見せた。」

そう、竹富町教委の違法なごり押しを扇動したのは県教育長大城浩の暴走であり、それを現場で陣頭指揮したのが狩俣課長なのだ。

そして彼らを狂ったようなキャンペーンで支援したのが沖縄タイムス、琉球新報そして八重山毎日の発狂3紙だった。

「そして、この”暴走”を後押ししたのが「沖縄タイムス」と「琉球新報」をはじめとする地元マスコミだった。 連日の批判報道キャンペーン。 それは、連載記事だけでなく、読者の投稿欄にまで及び、改革を推し進めようとする玉津と、そして育鵬社版の教科書批判。 玉津を完全な”悪役”に仕立て上げていった。」(『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』)

これが八重山教科書問題の真相である。


教科書採択で育鵬社拒否の竹富町指導へ 文科省、義家政務官を現地派遣

2013.2.28 13:20
 沖縄県八重山地方の採択地区協議会が選んだ「育鵬社」の中学公民教科書を竹富町が拒否し「東京書籍」版を配布している問題で、文部科学省は28日、違法状態が続いているとして、同町を直接指導することを決めた。義家弘介政務官を3月1日に同町へ派遣する。

 民主党政権でも文科省は県教育委員会を通じ指導したが、町が寄付で調達した教科書を独自に配布することを容認していた。政権交代により、下村博文文科相らの意向で、強く指導する姿勢を示すことにした

 竹富町は平成23年、八重山採択地区協議会(石垣市、竹富町、与那国町)が答申した育鵬社版を拒否し東京書籍版を採択。教科書無償措置法は採択地区内で一つの教科書を使用するよう定めており、文科省は竹富町を無償給付の対象としていなかった。文科省は、町が指導に従わない場合、地方教育行政法の是正要求を検討する方針。適用されれば町は是正義務を負う

【追記】 9:30

参考エントリー:八重山教科書問題、大城県教育長無責任発言

コメント欄が面白い!

 

 Amazonにて予約受付中!

国境の島の「反日」教科書キャンペーン

~沖縄と八重山の無法イデオロギー~

第1章 石垣の政権交代
第2章 教科書と「反日」イデオロギー
第3章 暴走する県教委
第4章 沖縄世論はこうして作られる
第5章 法をねじ曲げる無法左翼たち

 

こうして作られる沖縄「世論」
尖閣、米軍基地、自衛隊…。
日本が抱える大問題に潜む闇を八重山の小さな新聞社が告発する。

予約受付こちら

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分裂する「オール沖縄」 | トップ | 四面楚歌の竹富町教委 »
最近の画像もっと見る

71 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も一言 (那覇市民)
2013-03-01 07:36:17
荒らしだの何かと問題があると思いますが「ログイン」だの仲間内だけのコメントだけでは面白くありません。もう少しオープンにしてもらえませんか。
仲間内? (狼魔人)
2013-03-01 08:01:19
那覇市民様

当コメント欄はオープンです。

過去をたどれば、反対意見にもオープンなのは自明でしょう。

時折IDを求めるのは余りにも論理の欠落した罵詈雑言が多い場合だけです。

>仲間内

仲間内に制限したことは一度も有りません。

異論のある方はいつでもOKですよ。

誤解のないように。
那覇市民さんへ (本島保護者)
2013-03-01 09:36:59
ここは誰でも投稿ができるオープンな場です。
ログイン云々は、gooのシステム上の問題であり、管理人さんとは違う次元の話です。
投稿するためにログインIDを新たに作成したのでしょう?
ならば、そのことは管理人さんではなくgooのほうへ要請してください。

また仲間内だけだと仰いますが、公人である照屋寛徳議員のブログは、承認されないと表示されません。
オスプレイ反対県民大会実行委員会などは、アクセス禁止など平気で行っています。
他の左翼系と呼ばれる方々のブログなどは、ほとんどが承認制で、まさに気に入った投稿しか掲載されません。
ここはそれらと違い異論もご本人が直接掲載できます。
初めて来られたので、あまり存じてなかったのでしょうか。

さて、琉球新報を購読していますが、この件について義家政務官が竹富町に行くことだけを書いています。
ここを見て初めて、県教委を指導することが判りました。
沖縄のことを、沖縄以外のメディアの報道でしか知りえないというのは、どうもおかしな状況ですね。
今回の件については、県教委、県教育庁皆、徹底的に大掃除をしてもらいたいものです。

問題は教科書だけではありませんよ。
なりすまし (本島保護者)
2013-03-01 09:47:32
ここは以前、高校教師の手当て問題で悪質ななりすましが登場し場を賑わせました。

過去投稿から引っ張ってきましたが、このような発言を教員が保護者に成りすまして投稿しているなど、沖縄の教育界は膿んでいるとしか思えません。
金の亡者と化し、生徒を出汁にして保護者を貶めるような高校教師は身元を明らかにし、その責任を厳しく追求すべきでしょう。
それを是認する教育行政も同罪です。
以下、その投稿。


子どもを高校に通わせている保護者です。
今日から国立大の2次試験(前期)というタイミングで書き込みをさせてもらいたいと思います。

この3年間の高校生活において、早朝講座や放課後講座など、高校の先生方には随分お世話になりました。
時間外の手当てについて、法律上問題であった事は残念ですが、親の気持ちとしては全然問題はありません。
ただ違法は違法として、2学期以降の支払いについて違法状態が直されたなら、是非先生方に受け取って頂きたいと思います。
そして今の高校2年、1年生もしっかり早朝・放課後講座をうけて受験に挑んで欲しいですね。
いろいろと意見が交わされていますが、親としてはこう思います。
先生、3年間ありがとうございました。


>是非先生方に受け取って頂きたいと思います。

本心が見え隠れしています。
こんな連中が、教科書問題にも火をつけたのでしょう。
識者たちの意見は? (宜野湾市民X)
2013-03-01 12:26:23
琉球新報はアリバイ記事が三面に有るだけで、もはや八重山教科書問題は忘れてしまった様相ですね。

一時期紙面を賑わした、大学教授の「識者」の皆様は何処に隠れているのでしょうか。

文科省に反論できないなら、せめてお詫びのコメントを出すのが人間の道ですが。

獣道だけを歩いてきた沖縄の識者に人間の道を求めるのが間違いなのでしょう。
ブログ主のご健闘に祝意!!! (しょうちゃんのつぶやき)
2013-03-01 17:02:44
 日本も特亜3国並みの非法治国家に成り下がる一歩手前の3年半でしたが、やっとまともな日本に戻るスタートラインにつきました。
 沖縄は支那や朝鮮に汚染された3紙の捏造宣伝で大変でしょうけど本土もNHKや朝日、毎日、中日など特亜3国に占拠されたかの報道ばかりです。
 でもブログ主さんが沖縄から発信されていた正論が政府を動かす原動力になったと思います。マスコミから特亜3国資本を締め出して日本の報道機関にしていくことが大切だと思いますがネットで正しい情報を伝えていくことが汚染新聞の排斥につながると思います。
 支那やら朝鮮の工作員に身をゆだねている人でなしが一挙に変わるとは思えませんが地道な活動こそが日本ひいては沖縄も救うと思います。
 沖縄からの発信に期待申し上げています。よろしくお願いします。
Unknown (涼太)
2013-03-01 22:02:30
狼魔人様


>>仲新城記者は「法治国家に対するクーデターのような事態が起きたことを振り返り、何が正義だったのかを改めて考えてほしい」と話している

今沖縄で起きている全ての問題に言えますね。
集団自決、普天間移設、1フィート運動、醜い平和祈念館の展示物等々挙げたらキリがありません。
その全てに沖縄の特権階級たちが蠢動しています。
俺達が沖縄の法律だと公言して憚らない傲慢不遜な態度には反吐が出ます。
自分達がどっぷりと使っていたぬるま湯が、最近少しずつ熱くなっているのを本人達も感じていると思いますが、今まで味わってきた美食の習慣を変えれるはずも無く、いずれ釜の中の蛙となるのでしょう。
Unknown (涼太)
2013-03-01 22:21:36
狼魔人様

沖縄の極悪複合体の、嘘捏造、偏向報道はいわば生業みたいなものですから今後も変わることは無いと思います。
そして嘘捏造、偏向報道を論破するのに特別な知識も能力も必要ありません。
普通の常識で対抗すればいいのだと思います。
人間は本能的におかしい、腑に落ちないと感じる能力を持っています。
ま、国民がチョット警戒心を怠ったがために空しい3年半の時間を過ごしたのも事実ですが 「 つまずいた石は 踏み台にもなる」と言う格言もあります。
マルチ商法と共産主義などは世代交代の時期に息を吹き返すと言いますが国政にあってはそんな事があっては絶対に駄目ですね。


Unknown (涼太)
2013-03-01 23:08:08
狼魔人様

本日も連投すみません。
桜の水島社長凄い迫力です。
今後もガンガンやって欲しいですね。
ついでに、沖縄2誌にも是非やって欲しいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=3mHf0TJS9UY&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=1
反日教科書 (ゴサマル)
2013-03-02 06:40:57
育鵬社、自由社、東京書籍、教育出版、・・・・
の中で「反日」教科書はどれですか?

早朝講座について (沖縄教育おんぶずまん)
2013-03-02 06:48:13
県立高校長 様
県教育長  様
各PTA会長 様

沖縄県の学力向上のために、早朝講座(ゼロ校
時)を敢然と実施してください。

               


教科書 早く正常化しろ! (Unknown)
2013-03-02 07:07:19
>沖縄県八重山地方の採択地区協議会が選んだ育鵬社」の中学公民教科書を竹富町が拒否し「東京書籍」版を配布している問題で、文部科学省は28日、違法状態が続いているとして、同町を直接指導することを決めた。義家弘介政務官を3月1日に同町へ派遣する。

教科書調査員が推薦もしていない教科書をまともに審議もしないで選んでしまう混乱が起っているんだよ。

地区協議会の目的は何?八重山地区の子供達にとってどの教科書が相応しいかを調査して、協議して、答申することじゃないの?

玉津、慶田盛、崎原の三教育長は「協議して、採択する」の意味をどう捉えているの?

八重山地区はいつまで違法状態を続けるのか。玉津、慶田盛、崎原の三教育長は一日も早く
協議して、同一の教科書を採択しろ!



訂正ごめんなさい。 (Unknown)
2013-03-02 07:09:58
>教科書調査員が推薦もしていない教科書をまともに審議もしないで選んでしまう混乱が起っているんだよ。

訂正

教科書調査員が推薦もしていない教科書をまともに審議もしないで選んでしまうから、混乱が起っているんだよ。

ごめんなさい。


沖縄の先生へ (離島の保護者より)
2013-03-02 09:23:09

小学校の先生・・・

遅刻をしないでください。しかも常習。

教科書の内容を最後まで教えてください。

音読のプリントが出され、がんばっているのにそのうち催促しないとプリントが出なくなる。そしてなくなる。
継続は力なりですよ。

あと、道徳の授業を他に振り替えないでください。

基礎学力がつかないと、中学、高校で子供が余計な苦労をします。

学力テスト上位の秋田の先生は、「保護者の理解と協力を得るのが大変でした。しかし教師としてやるべきことをやっただけです」と言ってますよ。
Unknown (Unknown)
2013-03-02 09:42:33
>義家氏は町教委が従わない場合、法に基づく是正要求などを検討する考えを示した

是正要求を発するためには、生徒の教育を受ける権利が侵害されていることを証明しなければならないけど・・・。

竹富町では教育を受ける権利がどのように侵されているのか。


教科書裁判一審判決の主旨 (Unknown)
2013-03-02 10:05:57
八重山教科書裁判(一審)は、採択権は市町村教委にあることを認めた。

つまり、一審判決は、「市町村教委の外部機関である全員協議で決定したことについて、その決定に従うか否かの最終判断はその市町村教委に委ねられている」という判断を示した。

その上で、「全員協議で東京書籍が採決されたことを以て、石垣市教委が東京書籍を採択したとはいえず、したがって、石垣市が原告らに東京書籍教科書を給与すべきであるとの要求はあたらない」とした。また、判決は「この判決のために、地区協議会の答申が有効か否かの判断に触れる必要性はない」ともした。

「違法はない」について (Unknown)
2013-03-02 10:18:36
>慶田盛氏が「違法はない」と叫べば、叫ぶほど引かれ者の小唄に聞こえ、哀れを誘う。(涙)

江崎さんの主張に反して違法でないかも知れない。否、違法ではない。

その根拠として、教科書採択権は市町村教委にあるからだ。

八重山地区協議会が諮問機関(外部機関)として位置づけられている以上、答申に従うか否かの判断は3市町の教委に委ねられているはずだ。

だからこそ、文科省は「(竹冨町教委の採択が)無効とまでは言えない」との不思議な表現に撤したのだ。

「違法はない」について(2) (Unknown)
2013-03-02 10:39:59
「違法はない」について(続き)

文科省が主張する「地区協議会は協議にあたる」は否定しがたい。

そこで、論点は地区協議会の位置づけだ。無償措置法は協議の在り方については定めていない。とすると、協議の内容や方法は3市町教委に委ねられていることになる。

3市町教委が「協議会答申には従わなければならない」と協議会規約などに定めてあったとすると協議会答申に従わない採択行為は規約違反ということになる。しかし、規約に協議会答申の拘束性を定めていない場合は、答申に従わない採択行為を違法と呼ぶことは困難かも知れない。

Unknown (涼太)
2013-03-02 12:08:59
Unknown様

グダグダと書かれていますが2点ほど質問します。

>>竹富町では教育を受ける権利がどのように侵されているのか。

質問1
教科書代を寄付で賄っているようですが、今回は人口の少ない地域でもあり2万円程度で済んでいますがこういう事が人口の多い地域で起きたとき寄付で賄えると思いますか。


>>玉津、慶田盛、崎原の三教育長は「協議して、採択する」の意味をどう捉えているの?

質問2
歴史の教科書は、石垣、与那国教育委員会は育鵬社を推薦しましたが、教科書採択協議会は帝国書院を採択しました。石垣、与那国も本意では無いがそれに従っています。
もし石垣、与那国が竹富と同じ様な態度を示したとき教科書採択はどうなると思いますか。

以上2点ほど素朴に疑問を感じました。
ご教示いただければ幸いです。







最低の礼儀 (狼魔人)
2013-03-02 14:10:39
コメント欄が活発なのは歓迎しますが、人様のブログに異論を述べるなら、最小限HNくらい明記する礼儀をわきまえて下さい。
それから批判するなら論点を絞って下さい。
違法状態 (狼魔人)
2013-03-02 16:16:00
竹富町教委が違法行為を行っていることは、当日記の読者にとっては自明のことです。

が、本文をよく読まないで批判をする方がいるようですので、竹富町教委の違法性を示す根拠を二つだけ例示します。

1)「9・8協議会」は、9月28日の政府答弁書で「無効」とされています。

政府答弁書には「教科書無償措置法(13条4項)による協議の結果に基づいて、同一の教科書用図書を採用すべきものと考えている」と明記されています。 

ここで言う協議とは育鵬社版教科書を選定した「8・23協議会」の協議のことであり、慶田盛氏が「有効」とする「9・8協議会」には該当しません。


2)市民らが提訴した裁判でも「9・8協議会」は無効と判断されています。

従がって慶田盛氏らが違法行為を行っている明らかですね。
質問への回答 (宜野座和夫)
2013-03-02 16:21:52
>質問1 教科書代を寄付で賄っているようです
が、今回は人口の少ない地域でもあり2万円程度
で済んでいますがこういう事が人口の多い地域
で起きたとき寄付で賄えると思いますか。

絶対に賄えないと思います。


>問2 歴史の教科書は、石垣、与那国教育委員
会は育鵬社を推薦しましたが、教科書採択協議
会は帝国書院を採択しました。

えっ?推薦したんですか?調査員にも顔を合わ
せないようにし、全部は目を通せないのに読ん
だことにして、出版社名を伏せて審議し、無記
名投票で決定する方法だったのではないです
か?


◆異常な「協議」

玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き
   たい。
慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。
玉夫:じゃあ、多数決だ。山羊でいい人ォ?
崎夫:はーい。
玉夫:はーい。山羊に決まりだ。
慶子:ごめん。わたし、帰る。


◆普通の「協議」

玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き
   たい。
慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。
玉夫:しょうがない。牛肉ステーキ店はどう?
S夫:しょうがない。K子次第だ。
K子:ありがとう。行きましょう。


◆異常な「協議」(2)

玉夫:育鵬社にしたい。
慶子:わたし、育鵬社はダメ。それ以外なら
   何でもいいけど。
玉夫:じゃあ、多数決だ。育鵬社でいい人ォ?
崎夫:はーい。
玉夫:はーい。育鵬社に決まりだ。
慶子:ごめん。わたし、その決定には従えませ   ん。

◆普通の「協議」(2)

玉夫:育鵬社にしたい。
慶子:私は育鵬社はダメ。それ以外なら何でも
   いいけど。
玉夫:じゃあ、東京書籍、教育出版、帝京の中
   から多数決で決めていいか?
崎夫:それがいい。
慶子:ありがとう。いいわよ。
玉夫:それでは多数決にしまーす。




Unknown (涼太)
2013-03-02 17:02:34
宜野座和夫様

拙い質問にお答え頂き感謝します。

>>絶対に賄えないと思います。

ならば竹富町のケースを放置すれば悪い前例となり、結果的に子供達の権利を侵害することになりますね。
問題は竹富町だけの問題では無いと思います。

次に協議の件ですが、玉津氏は採択協議会委員に「教科書のよく読んでください」と指導しています。
協議会の議論もよく内容を理解した発言になっています。むしろ沖教組側の主張が中央のコピペを繰り返すだけでした。これでは文部科学省も教員による順位付けを禁止するはずです。
その様に充分な議論を経て、歴史は帝国書院、公民は育鵬社を共に多数決で採択しています。
同じ様な採択過程なのに歴史は良くて、公民は良く無いというのおかしいと思いませんか。
あなたは食事の例を出して慶田盛氏を擁護しますが、再協議を行うには3教育委員会の合意が必要です。
9.8の協議に石垣も竹富も合意していません。
だから国も裁判所も認めないのです。




回答 (宜野座和夫)
2013-03-02 17:27:08
>ならば竹富町のケースを放置すれば悪い前例となり、結果的に子供達の権利を侵害することになりますね。問題は竹富町だけの問題では無いと思います。 竹富町だからこそできたことでしょうね。例えば南城市なら絶対にできなません。よって大きな市町にそのような「悪い前例」は広がりませんよ。 >歴史は帝国書院、公民は育鵬社を共に多数決で採択しています。 よかったと思います。県民の多数、県議会、市町村長会が反対するような教科書にならなかったことは幸いでした。公民もそうあってほしかったです。 >同じ様な採択過程なのに歴史は良くて、公民は良く無いというのおかしいと思いませんか。 公民は全く議論されていないと思います。育鵬社に対しては、公民も県民の多数、県議会、市町村長会が反対するような状況でしたから、地区協議会(玉津会長)の「理性」が発揮されるべきだった思います。 >9.8の協議に石垣も竹富も合意していません。だから国も裁判所も認めないのです。 石垣も与那国もですよね。私もそう思います。教育委員会は「協議」を経て「採択」するわけでですよね。冷静な協議が望まれます。
回答です (宜野座)
2013-03-02 17:29:48
読みづらいので再投稿させていただきます。

>ならば竹富町のケースを放置すれば悪い前例となり、結果的に子供達の権利を侵害することになりますね。問題は竹富町だけの問題では無いと思います。

竹富町だからこそできたことでしょうね。例えば南城市なら絶対にできなません。よって大きな市町にそのような「悪い前例」は広がりませんよ。

>歴史は帝国書院、公民は育鵬社を共に多数決で採択しています。

よかったと思います。県民の多数、県議会、市町村長会が反対するような教科書にならなかったことは幸いでした。公民もそうあってほしかったです。

>同じ様な採択過程なのに歴史は良くて、公民は良く無いというのおかしいと思いませんか。
公民は全く議論されていないと思います。育鵬社に対しては、公民も県民の多数、県議会、市町村長会が反対するような状況でしたから、地区協議会(玉津会長)の「理性」が発揮されるべきだった思います。

>9.8の協議に石垣も竹富も合意していません。だから国も裁判所も認めないのです。 石垣も与那国もですよね。私もそう思います。教育委員会は「協議」を経て「採択」するわけでですよね。冷静な協議が望まれます。
Unknown (涼太)
2013-03-02 17:32:32
狼魔人様

教科書問題では、県の不当介入も異常でした。
違法な9.8協議を一介の役人が
「この協議は正式な教科書採択協議会として成立する。」
とか、退席する玉津氏に「許しませんよ。」と恫喝しています。
文部科学省におかれましては、この期に及んでは裏で蠢く人達も、白日に晒して欲しいですね。
Unknown (東子)
2013-03-02 17:46:35
宜野座和夫さま

食事の行先を例にだされて説明くださいましたが。
決をとって多い方に決めるが多数決であって、全員一致とは、私は、小学校以来、習っていません。
ご存知のように、先日、参院で補正予算案は1票差で可決されました。
全員一致など、していません。
あれが、多数決だと思っています。

「オール沖縄」を標榜する沖縄では、多数決は全員一致(オール)なのでしょうか?
Unknown (涼太)
2013-03-02 17:48:04
宜野座様

ありがとうございます。
ただ一点だけ言わせてください。

>>公民は全く議論されていないと思います。育鵬社に対しては、公民も県民の多数、県議会、市町村長会が反対するような状況でしたから、地区協議会(玉津会長)の「理性」が発揮されるべきだった思います。

私には反対するのは、大々的にキャンペーンを張った沖縄のマスコミ、御用識者などが主だったと認識しています。その人達は何故今は黙っているのでしょうか。
本当に信念があってやっているのなら、国相手に裁判でもすればいいと思います。
今回の問題の根底には、俺達が沖縄の法律だと振舞う勢力の傲慢さが見えるのは私だけでしょうか。
法治社会への挑戦 (宜野湾市民X)
2013-03-02 22:14:52
宜野座様

国と裁判所が合法と認めた「8・23協議会」が選定した育鵬社版に異議を唱える意味が不可解です。

その一方で国と裁判所が違法だと認定した「9.8協議会」が選定した東京書籍版を受け入れる意味が理解できません・


>9.8の協議に石垣も竹富も合意していません。だから国も裁判所も認めないのです。 石垣も与那国もですよね。
私もそう思います。教育委員会は「協議」を経て「採択」するわけでですよね。冷静な協議が望まれます。


>冷静な協議が望まれます。

協議は「8.23協議会」で終了しています。

これは文科省も裁判所も認めている事実です。

慶田盛竹富町教育庁やあなたの意見に従がえば、東京書院版が選定されるまで何度でも協議会を続けろと言うことになりますね。

こんな自分勝手な理屈がが許されると本気で考えているのですか。

これは法治社会への挑戦ですよ。
沖縄の恥さらし (無法者キラー)
2013-03-02 22:49:51
宜野座様

このブログは全国民が見ています。

これ以上沖縄の恥さらしは止めて下さい。
その通り。 (義挙人)
2013-03-03 01:17:23
無法者キラー様の意見に同意。

宜野座様

あなたの意見は、論破されているんですよ。

回答です (宜野座和夫)
2013-03-03 06:37:29
>私には反対するのは、大々的にキャンペーンを張った沖縄のマスコミ、御用識者などが主だったと認識しています。その人達は何故今は黙っているのでしょうか。

何が「主」であったかの判断は私にはできませんが、少なくとも県内の全政党が「育鵬社」と「自由社」の採択に反対する声明を発したことは事実です。また、県PTA連合会、県婦人連などが反対声明を発したことも事実です。

>本当に信念があってやっているのなら、国相手に裁判でもすればいいと思います。

各政党が、反対する声明を発したからといって、裁判に訴えなければならないということにはなりません。県PTA連合会や県婦人連もしかりです。
Unknown (涼太)
2013-03-03 07:36:51
宜野座和夫様

>>県PTA連合会、県婦人連などが反対声明を発したことも事実です。

文部科学省も認定している特定の教科書標的にするのはおかしいですね。何より教科書採択八重山地区協議会に対する採択権への不当介入です。
反対する勢力は何故今黙っているのですか。
何より竹富町も違法でないと言うなら寄付などで無く、町費から堂々と出せばよい。そして文部科学省に損害賠償請求も出来るはずです。
それが出来ないのは保守派から違法支出で訴えられるのが怖いからじゃないのですか。
県議会でも自民の照屋議員が大城教育庁を追求しています。大城教育庁もあなたと同じ様に協議は延々と続くと発言していますが、本当にそれが可能だと思いますか。
ましてや採択時間は限られているのです。
回答です (宜野座和夫)
2013-03-03 07:41:37
>決をとって多い方に決めるが多数決であって、全員一致とは、私は、小学校以来、習っていません。 私は多数決の意義に対して異を唱える者ではありません。 >食事の行先を例にだされて説明くださいましたが。 教科書採択における地区協議会と教委の関係を「みんなで同じ食事をする」に喩えた次第です。 教科書採択において、重要なことは、採択権は各市教委に「個別に」「専権的に」に存するということです。極論すると各教委は「地区協議会」(外部機関)の決定に拘束されないということです。さらに極論すると、教委は「地区協議会」(外部機関)の答申とは異なる教科書を採択することもできるということです。 しかし、同時に各教委は、同一の教科書を採択することが求められます。このことが、地教行法と無償措置法の間に存する法の隙間です。 2つの法の隙間を埋めるためには、制度運用上の知恵が必要になると私は思います。それらを、ここでは一つ一つ上げることはできませんが今回の八重山教科書問題は、「異常な協議」を採用した結果、法の隙間が顕在化した事例だと考えることができます。 1 「異常な協議」※ 玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き   たい。慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。玉夫:じゃあ、多数決だ。山羊でいい人ォ?崎夫:はーい。玉夫:はーい。山羊に決まりだ。慶子:ごめん。わたし、帰る。 ※食事会の趣旨や目的に照らして異常と思われる決め方の意。 2 「普通の協議」※※ 玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き   たい。慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。玉夫:しょうがない。牛肉ステーキ店はどう?S夫:しょうがない。K子次第だ。K子:ありがとう。行きましょう。 ※※食事会の趣旨や目的に照らして通常の決め方の意。
投稿仕直し (宜野座和夫)
2013-03-03 07:46:38
度々すみません。投稿を仕直しました。

>決をとって多い方に決めるが多数決であって、全員一致とは、私は、小学校以来、習っていません。

私は多数決の意義に対して異を唱える者ではありません。

>食事の行先を例にだされて説明くださいましたが。

教科書採択における地区協議会と教委の関係を「みんなで同じ食事をする」に喩えた次第です。

教科書採択において、重要なことは、採択権は各市教委に「個別に」「専権的に」に存するということです。極論すると各教委は「地区協議会」(外部機関)の決定に拘束されないということです。さらに極論すると、教委は「地区協議会」(外部機関)の答申とは異なる教科書を採択することもできるということです。

しかし、同時に各教委は、同一の教科書を採択することが求められます。このことが、地教行法と無償措置法の間に存する法の隙間です。 2つの法の隙間を埋めるためには、制度運用上の知恵が必要になると私は思います。それらを、ここでは一つ一つ上げることはできませんが今回の八重山教科書問題は、「異常な協議」を採用した結果、法の隙間が顕在化した事例だと考えることができます。

1 「異常な協議」※

玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き
   たい。

慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。

玉夫:じゃあ、多数決だ。山羊でいい人ォ?

崎夫:はーい。
玉夫:はーい。山羊に決まりだ。
慶子:ごめん。わたし、帰る。

※食事会の趣旨や目的に照らして異常と思われる決め方の意。

2 「普通の協議」※※

玉夫:3人で食事をしよう。山羊料理店に行き   たい。

慶子:ごめん。わたし、山羊ダメなの。

玉夫:しょうがない。牛肉ステーキ店はどう?

S夫:しょうがない。K子次第だ。

K子:ありがとう。行きましょう。

※※食事会の趣旨や目的に照らして通常の決め方という意。
Unknown (涼太)
2013-03-03 07:52:17
宜野座和夫様

反対派からの訴訟に石垣市は受けて立っています。
それが責任ある行政の仕事であり、竹富町もこれほど日本中を騒動に巻き込むのなら信念があるのなら、反対派の訴訟など恐れず町費で堂々と支出すればよいと思います。行政サービス費を寄付で捻出する行為がよっぽど異常です。

>>各政党が、反対する声明を発したからといって、裁判に訴えなければならないということにはなりません。県PTA連合会や県婦人連もしかりです

一部の住民が石垣市を訴えてていますよね。
オール沖縄が何故支援しないのですか。
本来なら、教科書の無償給付を決定するのは文部科学省であり、石垣市を訴えるのも筋が違うと思いますよ。


Unknown (涼太)
2013-03-03 08:02:43
宜野座和夫様

法の隙間などありませんよ。
文部科学省は、明確に「無償措置法」が優先すると明言しています。
あとは法の解釈の問題ですから、法廷で決着をつけるしか無いのでは。
ですからあなたが言うようにオール沖縄が反対しているなら、文部科学省相手に裁判を起こしたらどうですかと提案しているのです。
回答です (宜野座和夫)
2013-03-03 08:06:45
>>冷静な協議が望まれます。

>協議は「8.23協議会」で終了しています。

「協議して、同一の教科書を採択する」の目的からは協議は終了していないと見ることもできます。

>これは文科省も裁判所も認めている事実です。

果たしてそうでしょうか。

裁判所の判断は、①「採択権は地教委にある」、②「市教委は如何なる外部機関(全員協議)による決定の影響も受けない」、③「石垣市教委が東京書籍を採択したという事実はない」、④「地区協議会答申の有効性と本件とは関係がない」、⑤「よって原告が被告に東京書籍を給付するよう求める請求を却下する」ということではないですか。

文科省は法整備は必要と・・・ (宜野座和夫)
2013-03-03 08:10:54
>法の隙間などありませんよ。
>文部科学省は、明確に「無償措置法」が優先すると明言しています。

文科省は「法の整備についても検討する必要がある」と表明しています。
政治介入 (宜野湾市民X)
2013-03-03 08:11:54
宜野座様

>・・・少なくとも県内の全政党が「育鵬社」と「自由社」の採択に反対する声明を発したことは事実です。

驚きました。

県内の全政党が「育鵬社」と「自由紗」の採択に反対するような政治介入をしたと言うのですか。

それを示すソースをご教示下さい。
私に聞かれても困りますが (宜野座和夫)
2013-03-03 08:16:45
>一部の住民が石垣市を訴えてていますよね。
>オール沖縄が何故支援しないのですか。

「オール沖縄」を主張している市町や団体にご質問されてみてはどうでしょうか。

>本来なら、教科書の無償給付を決定するのは文部科学省であり、石垣市を訴えるのも筋が違うと思いますよ。

請求は却下されましたよ。一審ですが・・・。
ソース (宜野座和夫)
2013-03-03 08:20:50
>県内の全政党が「育鵬社」と「自由社」の採択に反対するような政治介入をしたと言うのですか。それを示すソースをご教示下さい。

声明を発することが直ちに政治介入になるか何とも言えませんが、当時の県内二紙に各政党の見解が掲載されています。ご自分で調べてください。
Unknown (涼太)
2013-03-03 08:23:34
宜野座和夫様

>>文科省は「法の整備についても検討する必要がある」と表明しています。

私は今回のようなケースが再発しない方向に検討すると思います。従って「無償措置法」の権限をより強化すると思いますよ。
だってそうですよね、文部科学省は「無償措置法」が優先すると明言しているのですから。
その方針は変わらないと思います。
竹富町のようなケースを認めたら、もう教科書採択など出来ませんね。
竹富町教委の違法な採択 (宜野湾市民X)
2013-03-03 08:26:25
宜野座様

>>これは文科省も裁判所も認めている事実です。

>果たしてそうでしょうか。

>裁判所の判断は、①「採択権は地教委にある」、②「市教委は如何なる外部機関(全員協議)による決定の影響も受けない」、

果たしてそうです。

裁判所は慶田盛氏に対する証人尋問で、「9・8協議会」の違法性を指摘しています。

慶田盛氏が「(9・8協議会の教科書選定を)多数決で決めるかどうか、を多数決で決めた」と発言したときは三人の裁判官は失笑していました。

採択権が地教委に有るのは当然ですが、違法な「9・8協議会」(裁判所も認めた)で選定された教科書を竹富町教委が採択したことが違法なのですよ。

石垣市教委は適法な「8・23協議会」で選定された教科書(育鵬社)を採択したから適法なのです。
見たことがない (宜野湾市民X)
2013-03-03 08:31:43
宜野座和夫様

私はこの問題を発生当時から新聞記事を基に検証して来ましたが、全政党が反対声明を出したと言う記事は寡聞にして知りません。

新聞名と日付だけでもご教示下さい。

それともオスプレイの反対声明との間違いでは。
ソース (宜野座和夫)
2013-03-03 09:04:24
>私はこの問題を発生当時から新聞記事を基に検証して来ましたが、全政党が反対声明を出したと言う記事は寡聞にして知りません。
>新聞名と日付だけでもご教示下さい。

県内二紙です。私は記事のスクラップなどをしておりませんので日付を示すことができません。一昨年6月、7月、8月の新聞です。



判決の骨子 (宜野座和夫)
2013-03-03 09:27:30
>慶田盛氏が「(9・8協議会の教科書選定を)
多数決で決めるかどうか、を多数決で決めた」
と発言したときは三人の裁判官は失笑していま
した。

「多数決を多数決で決めてよいか」・・・実に興味深い話ですね。

いずれにしてもこの裁判は「原告生徒らが東京
書籍の教科書を受取ることを被告石垣市に請求
することができるか」が争点であったと思いま
す。結論は「できない」ということでした。

裁判所の判断の骨子は以下のようなものだと承
知しています。

①採択権は地教委にある。
②市教委は如何なる外部機関(全員協議)の影
 響も受けない。
③石垣市教委が東京書籍を採択したという事実
 (証拠)はない。
④地区協議会答申の有効性については本件請求 とは関係がなく、判断しない。
⑤①~③によって原告が被告に東京書籍を給付
 するよう求める請求を却下する。


印象による批判 (宜野湾市民X)
2013-03-03 09:32:56
宜野座和夫様

先ほどから私の新聞スクラップを検証していますが、それらしき記事は見当たりません。 それにそのような記事を読んだ記憶もありません。

>声明を発することが直ちに政治介入になるか何とも言えませんが

いえいえ、明白です。

教科書採択に特定の教科書名を挙げてそれに反対声明するのは明らかな政治介入です。

いくら沖縄の政党がバカでも、このように明らかな政治介入をするほどバカだとは思いません。

ただ、発狂新聞の過激な見出しで「全政党が反対」のような印象操作をし、それに騙される読者がいたことは事実です。

そうしてみると宜野座様も発狂新聞の発狂見出しを鵜呑みにして、竹富町教委を弁護しているとしか思えません。

反論するなら曖昧な印象でなく確実なソースを基に議論することをお勧めいたします。

少なくともこのブログのカテゴリー「八重山教科書問題」くらいは目をとしてから他人を批判するべきだと思いますが、いかがでしょうか。
違法な協議 (宜野湾市民X)
2013-03-03 09:40:50
宜野座和夫様

裁判では「8・9協議会」を違法だと認定しました。

結果的に違法な「9・8協議会」で選定した教科書を採択した竹富町教委は違法だと言っているのです。

違法な協議で選定した教科書を採択したのなら竹富町教委の採択が違法なのは自明でしょうが。

やれやれ、何度言わせるのですかね。
今後の方向性 (宜野座和夫)
2013-03-03 09:43:52
>私は今回のようなケースが再発しない方向に検討すると思います。

当然でしょう。

>従って「無償措置法」の権限をより強化すると思いますよ。

その可能性は高いですね。
例えば。答申と違う採択が行われて同一の教科書が採択されないない場合の「最終的な決し方」を地区協議会規約で決めておくことを明記するなど、無償措置法を改正することが検討されているようです。

>竹富町のようなケースを認めたら、もう教科書採択など出来ませんね。

「竹富町の採択は無償措置法に反し、無償給付の対象外となるが、採択は無効とまではいえないので、町教委の責任で生徒に無償給与することを勧める」として、竹富町のケースを容認したのは、そもそも文科省だと思います。


自明? (宜野座和夫)
2013-03-03 09:49:06
>違法な協議で選定した教科書を採択したのなら竹富町教委の採択が違法なのは自明でしょうが。

竹富町は全員協議に基づいて東京書籍を採択したんでしょうか?

地教行法に基づいて採択しのではないですか?

Unknown (東子)
2013-03-03 09:51:19
>※※食事会の趣旨や目的に照らして通常の決め方という意。

仲良く食事会をする風景を想定した例を出していらっしゃいますが。
食事のメニューを決める3人は、個人で出席しているのではなく代表として出席しているのです。
山羊と言っている玉夫さん自身の好みでは、山羊が嫌いかもしれませんが、代表として山羊と言っているにすぎないのです。
山羊が嫌いと言っている慶子も、自分は山羊が好きでも、代表としては嫌いと言っているのかもしれません。
しかも、この食事会のメニューは、この3人だけが食べるのでなく、それぞれ3人に託した人々のメニューも決めるのです。

卑近な例をだしてわかりやすくという趣旨は賛同しますが、事柄の前提条件に合う前提と同じにして説明しないと、色々見誤ると思います。
裁判所が違法の認定? (宜野座和夫)
2013-03-03 09:54:37
>裁判では「8・9協議会」を違法だと認定しました。

「違法」と「無効」は区別したほうがよいと思います。

<例>
中国が尖閣諸島領海に侵入することは「違法」
中国が尖閣諸島は自国領と宣言しても「無効」


議論は一般性を失うか (宜野座和夫)
2013-03-03 10:02:40
>食事のメニューを決める3人は、個人で出席しているのではなく代表として出席しているのです。
>山羊と言っている玉夫さん自身の好みでは、山羊が嫌いかもしれませんが、代表として山羊と言っているにすぎないのです。
>山羊が嫌いと言っている慶子も、自分は山羊が好きでも、代表としては嫌いと言っているのかもしれません。

そうであっても一般性を失いませんね。

Unknown (東子)
2013-03-03 10:07:15
>「竹富町の採択は無償措置法に反し、無償給付の対象外となるが、採択は無効とまではいえないので、町教委の責任で生徒に無償給与することを勧める」として、竹富町のケースを容認したのは、そもそも文科省だと思います。

と、大目に見た文科省ですが。
昨年秋に次年度の冊数申告において、「教科書の一致をみていないから、冊数申告をしない」等の県教委のやり方に、これでは教育を受ける子らに今後とも不利益がでると予想されたので、文科省は是正にのりだしたのでしょう。
また、「町教委の責任において」となっていますが、竹富町は寄付に頼るという方法をとりました。
寄付は任意。
つまり、継続性の保証はありません。
せめて、竹富町が予算化していれば、違ったかもしれません。
(私は、有償で独自に教科書を選ぶと言うことに賛成している者ではないことを申し添えます。)
が、国が悪いの一点張り。
悪いと言われた国は、正常化を図るしかないではありませんか。
Unknown (涼太)
2013-03-03 10:12:21
宜野座和夫

>>「最終的な決し方」を地区協議会規約で決めておくことを

無いと思いますよ。義家政務官は「無償措置法」が優先すると明言しているのです。

>>町教委の責任で生徒に無償給与することを勧める」

つまり行政の責任でという事ですよね。
何より行政サービス費用を寄付で賄うことは異常だと思いませんか。あなたは人口の多い地域ではこんな問題は起きないと書いていますが、教科書問題は人口の多い少ないの問題なのですか。

Unknown (涼太)
2013-03-03 10:13:45
宜野座和夫→宜野座和夫様に訂正します。
すみません。
Unknown (東子)
2013-03-03 10:17:52
>そうであっても一般性を失いませんね。

一般性を論議していません。
例に出すのに、一般性では実態を表現できません。
例は、自体を理解しやすくするものであって、誤った理解に導くものではありません。
日本には、自分が嫌いでも、多くの人が言うなら、皆に合わせるというマナーもあります。
そういう一般性をだされれば、慶子さんは我儘だという評価もあり得ます。


話を元に戻して。
あのメニューを決めるとき、玉夫さんは、持ち帰って相談してくると言いました。
当然です。
代表として意見を言いに来ただけですから。
でも、持ち帰ることは許されませんでした。
だから、9.8協議会は無効だと言われているんですよ。
根拠が違法なら結果も違法 (宜野湾市民X)
2013-03-03 10:26:03
宜野座和夫様

>「多数決を多数決で決めてよいか」・・・実に興味深い話ですね。

そうです、確かに興味深い話です。

このブログ主様がその時の場面を再現していますので抜粋してコピペします。
   
        -----------

(3)「9・8全教委協」による協議を正当化するため、竹富町の竹盛洋一教育委員長が証人となったが、何の資格も有さない竹盛氏が議長を務めた理由を問われ、このように答えた。http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/96c9763c5d3050dc17d901c717aefb49



「どういう理由で議長になったのか」



「多数決です」



「多数決で決めることに、反対する人はいなかったのですか」



「いましたが、多数決で決めるかどうかを多数決で決めました」



流石にこの奇妙な問答には看過できなかったのか、酒井良介裁判長を含む2人の裁判官が同じ質問をした。



「多数決を多数決できめるとは、おかしいと思いませんでしたか」(失笑しながら)



「いえ、あの場合やむを得ませんでした」 

   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


違法な「9・8協議会」を勝手にし切って、勝手に多数決で「東京書籍版」を多数決で決めたときのようすです。

ただ、失笑を買ったのは慶田盛氏というのは勘違いで、竹盛竹富町教育委員長だったようです。

この違法な協議で選定した教科書(東京書籍)を採択したことが違法と言うのですよ。

一報の石垣市と与那国町教委は適法な「8・23協議会」で選定された教科書(育鵬社)を採択したので適法なのですよ。

何度言えばわかるのでしょうか。
Unknown (涼太)
2013-03-03 10:34:22
宜野座和夫様

食事の問題と決定的に違うのは、食事の場合3名がそれぞれ好きなものを食べればいいでしょう。
教科書問題は法律の問題であり、その上で竹富町は違法状態だとしているのです。
国の解釈は変わらないと思います。何故なら日本全国国の方針に従っているのに竹富町だけのために指導方針を変える事は無いでしょう。
国と法解釈が違うと言うなら、後は法廷で決着をつけるしか無いのでは。

>>義家氏は、違法状態が放置された現状を「極めて深刻な事態」とした上で「話し合って出された結論(育鵬社版)に、気に食わないから私は従いませんというのでは、民主主義は成立しない」と強く指摘。「どの教科書がどうだと言っているわけでは全くない。大人にはルールを守る責任がある。つけが回るのは子どもたちだ」と重ねて是正を要求した。
Unknown (宜野湾市民○)
2013-03-03 10:53:25
育鵬社を支持されている方々

>一報の石垣市と与那国町教委は適法な「8・23協議会」で選定された
>教科書(育鵬社)を採択したので適法なのですよ。

確かに適法かも知れませんが、そういう結果になるように画策したのですよね?
(人選等)

左翼が同じ事をして、東京書籍を採択していても批判しませんでしたか?






 
Unknown (涼太)
2013-03-03 11:03:47
宜野湾市民○様

>>確かに適法かも知れませんが、そういう結果になるように画策したのですよね?
(人選等)

具体的にどの様な問題があったのでしょうか。
私は沖教組の順位付けなど、事実上左翼に支配されていた従来の教科書採択のほうがより問題だと思いますよ。
Unknown (宜野湾市民X)
2013-03-03 11:12:11
宜野湾市民○様




>確かに適法かも知れませんが、そういう結果になるように画策したのですよね?
(人選等)

おやおや、法規に則って適法に人選したのに自分の気に入らない人選だと「画策」などといちゃもんをつける・。

自分の気に入らない結果だと適法でも騒ぎ出す。

これが八重山教科書問題の本質なんですよ。

語るに落ちましたね。
Unknown (宜野湾市民○)
2013-03-03 11:47:57
涼太 様
宜野湾市民X 様

画策がなければ、育鵬社は選ばれなかったです。

「8・23協議会」と「「9・8協議会」の結果が違う事が、それをを表しています。

「8・23協議会」は適法かも知れませんが、育鵬社が選ばれるように、
規則を変え、人選をしたのですよね?









無法県ー恥さらし (宜野湾市民X)
2013-03-03 12:02:00
宜野湾市民○様

よく読んでからコメントして下さい。

適法に人選しているのに「画策」などと言うからおかしくなるのですよ。

石垣市の民意で中山玄市長が就任し、適法に玉津氏を教育長に任命した。
玉津氏が文科省の指導と法規に則り人選したことを「画策」などということが可笑しいのです。

日本は法治国家ということをご存知でしょう。

自分の気に入らないものは法を破ってでもごり押しする。

この違法状態を改革したのが今回の騒動なのですよ。

あなたの意見に従がえば、沖縄は無法県ということになります。

これ以上沖縄の恥さらしは止めませんか。
Unknown (涼太)
2013-03-03 12:19:55
(宜野湾市民○)様

文部科学省の指導方針です。
今回の八重山地区の採択会議の何処に問題があると思いますか。


II.具体的な改善方策
1.教科用図書選定審議会について

(1) 都道府県教育委員会は,教科用図書選定審議会(以下「選定審議会」という。)の調査審議の結果に基づいて採択基準及び選定に必要な資料を作成し,これを採択権者である市町村の教育委員会や国立,私立学校の校長に提供することによって,これらの者の行う採択に関する事務について指導,助言,援助を行っている。都道府県教育委員会は,この役割を十分に果たすため,採択基準,選定資料等が採択権者においてより参考になるものとなるよう,その作成について更に工夫,充実していく必要がある。

(2) 選定審議会は,校長,教員,教育委員会関係者及び学識経験者の委員で構成されているが,教科書の採択に当たっては,地域の実情に応じ学識経験者の枠内で保護者の代表を委員に加えていくことが望ましい。なお,保護者代表委員の選任については,より幅広い視野に立った意見を求める観点から工夫していく必要がある。

(3) 選定審議会における教科書内容についての調査研究は教科書の見本や編集趣意書の到着の後でなければ行うことができないものであるから,選定審議会における実質的な調査研究期間を確保するため,教科書の見本及び編集趣意書の送付時期を早めることを検討する必要がある。

2.教科用図書採択地区と採択手続について

(1) 市町村立の義務教育諸学校で使用される教科書については,都道府県教育委員会が様々な条件を考慮して設定した採択地区(市若しくは郡の区域又はこれらの区域を合わせた地域)ごとに地区内の市町村教育委員会が共同して同一の教科書を採択することとされている。採択地区において各市町村教育委員会は,都道府県教育委員会の指導,助言又は援助の下で教科書の調査研究を十分に行い,適切な教科書の採択を行うよう努める必要がある。このため,採択地区においては,各地域の実績に応じて各教科ごとに適切な数の調査員を配置するなど調査研究体制の充実を図ることが必要である。

(2) 採択は,採択権者が自らの権限と責任において,適正かつ公正に行う必要がある。このことは,教科書に対する国民の信頼を確保するためにも,極めて重要なことである。このため,教科書発行者の適当な宣伝行為等の外部からの影響に採択結果が左右されることのないよう,採択における公正確保の徹底を図るための措置を講ずる必要がある。また,教職員の投票によって採択教科書が決定される等採択権者の責任が不明確になることのないよう,採択手続の適正化を図ることも重要である。
宜野湾市民X 様 (宜野湾市民○)
2013-03-03 12:28:10
なぜ、「8・23協議会」と「「9・8協議会」の結果が違ったと思いますか?

本来なら同じ結果になるはずですよね?

現実問題としては、竹富町を含めて八重山郡は同一教科書
(育鵬社)が子供達の為には良いと思います。
育鵬社で学ぶと戦争が起こる、とは考えていませんから(笑)

もう一度質問させて頂きます。
8・23協議会に参加した石垣市教育委員の人選を
妥当だと考えていますか?

現実問題とは別に、どうしてもそこが引っかかるんですよね(笑)
不毛な議論 (狼魔人)
2013-03-03 12:31:16
宜野座和夫様
宜野湾市民○様

私の問題提起のコメントに答えていません。

念のためコピペします。

★以下引用


違法状態 (狼魔人) 2013-03-02 16:16:00


竹富町教委が違法行為を行っていることは、当日記の読者にとっては自明のことです。

が、本文をよく読まないで批判をする方がいるようですので、竹富町教委の違法性を示す根拠を二つだけ例示します。

1)「9・8協議会」は、9月28日の政府答弁書で「無効」とされています。

政府答弁書には「教科書無償措置法(13条4項)による協議の結果に基づいて、同一の教科書用図書を採用すべきものと考えている」と明記されています。 

ここで言う協議とは育鵬社版教科書を選定した「8・23協議会」の協議のことであり、慶田盛氏が「有効」とする「9・8協議会」には該当しません。


2)市民らが提訴した裁判でも「9・8協議会」は無効と判断されています。

従がって慶田盛氏らが違法行為を行っている明らかですね。

★引用終了


宜野湾市民Xさんのコメントと重複しますが、次の質問に答えてください。

1)裁判や閣議決定で適法とだと認定した「8・23協議会」で協議し選定した育鵬社の教科書を拒否する竹富町教委の法的根拠は何か。

2)同じく裁判や閣議決定で違法と認定された「9・8協議会」で選定された東京書籍版教科書を適法と主張する竹富町教委の法的根拠は何か。

「教科書の採択権は竹富町教委にある」などと当たり前のことを繰り返さないで下さい。 これでは、反論になりません。

答えられない場合は、これ以上のコメントをご遠慮下さい。

これ以上は不毛な議論です。
Unknown (宜野湾市民X)
2013-03-03 12:46:22
宜野湾市民○様

>もう一度質問させて頂きます。
8・23協議会に参加した石垣市教育委員の人選を
妥当だと考えていますか?

法規に則った妥当な人選です。
Unknown (涼太)
2013-03-03 13:09:06
宜野湾市民○様


(2) 採択は,採択権者が自らの権限と責任において,適正かつ公正に行う必要がある。このことは,教科書に対する国民の信頼を確保するためにも,極めて重要なことである。このため,教科書発行者の適当な宣伝行為等の外部からの影響に採択結果が左右されることのないよう,採択における公正確保の徹底を図るための措置を講ずる必要がある。また,教職員の投票によって採択教科書が決定される等採択権者の責任が不明確になることのないよう,採択手続の適正化を図ることも重要である。


教員の順位付けなど、左翼のやりたい放題の従来の採択会議のほうが膿は深いと思いますよ。
Unknown (Unknown)
2013-03-03 14:19:03
教科書 早く正常化しろ! (Unknown)2013-03-02 07:07:19 様へ

調査員は調査員であって採択する教科書を選定し、答申する権者ではありません。
もちろん順位付けも推薦もする権利はありませんし、必要もない余計なことです。
それを長年やってきて採択が形骸化し、調査員のいいなりになっていたことが問題の一つでした。

あなたは勉強不足です、文科省の通知読んで出直してきて下さい。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/kaizen.htm
(2) 採択は,採択権者が自らの権限と責任において,適正かつ公正に行う必要がある。このことは,教科書に対する国民の信頼を確保するためにも,極めて重要なことである。このため,教科書発行者の適当な宣伝行為等の外部からの影響に採択結果が左右されることのないよう,採択における公正確保の徹底を図るための措置を講ずる必要がある。また,教職員の投票によって採択教科書が決定される等採択権者の責任が不明確になることのないよう,採択手続の適正化を図ることも重要である。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL