狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

森本元防衛相の真意、「在沖海兵隊に抑止力はある」

2016-06-22 07:02:58 | 普天間移設

 

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

普天間飛行場(海兵隊)の移設を「最低でも県外」と発言した民主党政権の鳩山首相は、先輩政治家たちの約20年の模索の結果決まりかけていた辺野古移設をひっくり返してしまった。

県外移設には「腹案がある」と述べてみたり、信頼を失ったオバマ米大統領に「トラスト・ミー」などの迷言を残したが、結局「学べば学ぶほど抑止力を理解した」と発言、「辺野古移設」に回帰した。

19日の「県民大会」に翁長知事が参加する決め手になったのは、共産党らが主張する「全基地撤去」のスローガンを引っ込めて「海兵隊撤退」に変更したからだといわれている。

翁長知事は「海兵隊に抑止力はない」と信じ込まされており、2015年8月16日、「海兵隊は抑止力になるか否か」、で中谷防衛大臣と論争している。

 

翁長知事「抑止力にならず」 海兵隊を疑問視中谷氏と会談 沖縄タイムス 2015年8月17日 05:20

アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、翁長知事は、沖縄を訪問している中谷防衛大臣と会談しました。
中谷防衛大臣が安全保障上の観点から沖縄に海兵隊が駐留する必要があるとして計画への理解を求めたのに対し、翁長知事は弾道ミサイルの発達などから抑止力にならないなどと反論しました。

翁長知事が、「海兵隊に抑止力はない」と主張する根拠は安全保障の専門家と自称する屋良朝博元沖縄タイムス記者ら、一部の御用識者だが、彼らの抑止力論は東西冷戦当時のソ連の北海道侵攻を想定した色褪せた抑止論である。

ところが仮想敵国がソ連(ロシア)から、南シナ海、東シナ海の離島の侵略を目論む中国に変わって以来、抑止力の意味は海兵隊の得意とする離島奪還作戦が主軸となってきている。

陸自がオスプレイ初使用!日米の離島奪還作戦 2013-02-15

【動画】日米共同訓練 陸自隊員、オスプレイに実戦形式の演習で初搭乗

「敵に占領された島を奪還する」という想定の日米共同訓練が、13日、アメリカ・カリフォルニア州で行われ、陸上自衛隊員が、海兵隊の新型輸送機「MV-22オスプレイ」に、実戦形式の演習としては初めて搭乗した。
「占領された離島を奪還する」という想定の今回の日米共同訓練は、カリフォルニア州の海兵隊ペンデルトン基地の広大な海岸線を使って行われている。
13日は、シナリオの最終段階、奪還に向けた島への上陸作戦が行われ、1月15日から、およそ1カ月間続けられてきた訓練の総締めくくりにあたる。
垂直に離着陸が可能なオスプレイには、初めて大勢の陸上自衛隊員が訓練で乗り込んだ。
アメリカ海兵隊・訓練計画担当のジェームズ・ホイットラッチ氏は「自衛隊の皆さんに、また違った能力や多様性のあるオスプレイを経験してもらえたと思う。日本は、ここのところの状況で、どれだけこの訓練が重要かは認識していると思う」と話した。
日米ともども、表向き「特定の国や地域を想定しているわけではない」としているが、尖閣諸島が認識の中にあるのは明らかで、島などで機動力を発揮できる可能性のあるオスプレイがアピールの機会を得た形となった。

             ☆

陸自が訓練でオスプレイ初使用 日米の離島奪還作戦


 離島奪還を想定した日米共同訓練で、米海兵隊のオスプレイから降り立った陸自隊員=13日、米カリフォルニア州のキャンプ・ペンデルトン(共同)

           ☆

オスプレイに自衛隊員が搭乗し、離島奪還のため米軍と共同演習をした。

これこそ「オスプレイ欠陥機説」が大嘘であることを示す決定的証拠ではないか。

ただでさえ危険の伴う戦争の演習に、わざわざ欠陥機を使用するほど自衛隊も米海兵隊もバカではない。

このニュースは沖縄2紙にとって、県民には隠蔽しておきたい二つの「不都合な真実」を含んでいる。

先ず一つは「オスプレイ欠陥機」の完全な反証。

そして、もう一つは「米海兵隊は抑止力にならない」という言説への反証でもある。

このニュースを沖縄タイムスはどのように報じているか。

共同通信に丸投げした今朝の記事には次のような見出しが・・・。

米で海兵隊と離島奪還訓練

陸自、オスプレイ初使用

記事は本音では認めたくないオスプレイの特性をいやいやながら認めたような論調で、「中国刺激したくない」を白抜きの見出しで表し、次のように結んでいる。

「米本土での海兵隊との共同訓練として、陸自から過去最高の約280人が参加。離島防衛専門部隊が日本国内で論議の的となったオスプレイに初めて搭乗し、中国には大きなメッセージとなった今回の訓練。 防衛省は「最高レベルの訓練」と評価する一方、「離島奪還と言う言葉自体がギラギラしている。あまり口に出したくない」と自らをいさめるように話す。」

>・・・オスプレイに初めて搭乗し、中国には大きなメッセージとなった今回の訓練。

そう、大きなメッセージは、大きな抑止力である。

当日記は「オスプレイは尖閣防衛の切り札」と何度も書いてきた。

自衛隊員がオスプレイに搭乗して離島奪還訓練を同盟国の米海兵隊と共同で演習する・・・。

これこそが尖閣侵略を狙う中国に対する強力な抑止力ではないか。

>「離島奪還と言う言葉自体がギラギラしている。あまり口に出したくない」と自らをいさめるように話す

共同通信のインタビューなら自衛隊幹部がこのように話すのも当然である。 ギラギラしようがしまいが、演習のタイトルが「離島奪還」と銘うっている以上、充分に中国に対するメッセージは伝わっている。

沖縄2紙にとって「不都合な真実」は次々でてくる。

防衛省は2013年度予算案に将来のオスプレイ導入のため、運用実態の調査研究費として800万円を計上しているが、欠陥機を自国の防衛のために導入する国はない。

さらに、訓練に参加している陸自の部隊は、離島防衛が主任務の西部方面普通科連隊(長崎県佐世保市)で、この演習が尖閣奪還を想定して行われたことは明白である。

オスプレイ配備反対の県民大会の共同代表を務め、政府に配備撤回を求めてきた翁長雄志那覇市長は、普天間基地での「オスプレ見学会」について「多くの県民からすると違和感だ」、「(米軍側に)全体的な視点もないまま、県民の理解を得たいとするなら、認識の差が大きすぎる」などと、相変わらずの裸の王様を演じているのは爆笑ものである。

普天間飛行場の野嵩ゲート前で連日、抗議しているプロ市民の方々に良識の一欠けらでも残っているなら、そろそろ自分たちがデタラメ報道に踊らされた哀れなピエロに過ぎないことに気がつくはずだ。

だが、彼らが翁長那覇市長のような確信犯なら、一度振り上げた拳を下ろすことは決してないだろうし、「それでもオスプレイは欠陥機だ!」と叫び続けるだろう。

ところで「海兵隊に抑止力はない」と繰り返す、屋良朝博記者は、森本敏元防衛大臣の発言を曲解して、持論の根拠にしているというから、呆れて言葉を失う。

沖縄タイムスの捏造報道、森本氏の「抑止力論」に 2015-06-19

木を見て森を見ぬ学者馬鹿が集団自衛権の行使を、違憲だと騒いでいる。

これを受けた民主党の岡田代表が「集団自衛権は不要」などと発言するに至った。

憲法を守るためには国が滅びても良いというわけだ。

19日の県民大会直前の17日、沖縄タイムスはこんな特集記事を報じた。

【検証 在沖海兵隊】

地理的優位性を否定

元防衛相「政治的理由」

一時は稲嶺名護市長なども事あるたびに引用していた「森本発言」が、姿を消したと思いきや、「海兵隊撤退」をスローガンにした「県民大会」直前にゾンビのように甦ってきたのだ。

以下は「森本発言」に関する過去ブログの抜粋である。

■軍事専門家にも学者ばかがいた。

民主党政権時代、学者(拓大教授)から防衛大臣に抜擢された森本敏氏の発言が話題になっている。

森本氏の退任間際の発言が、次のように一人歩きし、左翼陣営の「海兵隊不要論」の根拠となった。 

元沖縄タイムス記者の屋良朝博氏などは、森本氏の発言を論拠に、海兵隊が沖縄に存在する地理的優位論は「嘘だらけ」(【おまけ】参照)として、あたかも米海兵隊が沖縄に存在しても「抑止力はない」かのような印象記事を書きまくっていた。 

森本発言を安全保障の専門家である学者の発言として、稲嶺名護市長も「県外移設」の根拠に引用してきた。

学者バカの森本大臣も、発言に気をつけるべきだった。 

森本氏は、見事に言葉尻を捕らえられ「海兵隊が沖縄に存在しても無用の長物」と発言したかのように報道されてきた。

5月30日放映の朝まで生テレビに森本敏氏と屋良朝博氏が出演すると聞いて森本発言の真意を探るべく、眠いのを我慢して見た。

朝生・動画】朝まで生テレビ 2015年5月30日 150530 沖縄基地問題と日本

番組中、森本氏が自身のかつての発言の本旨を説明し、流布している「海兵隊不要論」を否定した。

会場の学生風の若い男性から、屋良氏に対し「沖縄における米海兵隊の抑止力」について質問があった。

「在沖米海兵隊不要論」の急先鋒といえる屋良氏が、森本氏に真っ向から反論するかと思ったが、意外なコメントが返ってきた。

ちなみに森本氏は、「米海兵隊の抑止力は沖縄がベストだが、沖縄に近い九州のどこかなら抑止力が多少は落ちても移設は可能」という発言していた。 つまり海兵隊を沖縄に置くか南九州に置くかの抑止力の違いは、100%かゼロかの議論ではなく、ベストかベターかの議論だというのだ。

ところが屋良氏は「抑止論にはいろいろある」などと最初から及び腰。

結局、「抑止力の有無は神学論争」などと逃げてしまった。 

屋良氏は通常、軍事オタク丸出しで、軍事用語の羅列で相手を煙に巻くのを得意にしている。

ところが、軍事専門学者の森本氏が相手では逃げるが勝とでも考えたのだろう。

そこで昨日の沖縄タイムスの記事である。

在沖海兵隊「九州でも抑止力」森本元防衛相2015年6月18日 10:51

  • 森本元防衛相が、海兵隊の抑止力は沖縄以外でも機能すると説明
  • 沖縄がベストとする一方、軍事的に「九州でもやっていける」
  • 普天間の県外移設が難しいのは政治的理由と明かした

森本敏元氏森本敏氏

【東京】森本敏元防衛相は17日、日本記者クラブで会見し、在沖米海兵隊の抑止力について、対中国を念頭に「沖縄に(海兵隊基地が)あることがベストだが、九州の南や西半分のどこかであれば抑止機能は落ちるが何とかやっていける」と述べ、沖縄駐留の軍事的合理性を否定した。

 森本氏は、長崎県の佐世保基地など九州の南西地域を念頭に、米海兵隊の(1)地上部隊と揚陸艦(2)飛行部隊(3)後方支援部隊-の三位一体の戦力が発揮できる場所であれば抑止機能は維持できると説明。

 戦略的に沖縄は効果的な場所だとした上で、「沖縄の隣の鹿児島なら抑止力にならないというのは、軍事的にはナンセンスだ」と述べ、政府が従来説明する抑止力維持のためには「辺野古が唯一の選択肢」との説明を間接的に否定した。戦略的な効果は落ちるものの適地はほかにもあるとし、「沖縄でなければならないという理由はない」とも述べた。

 一方、自身が民主党政権で防衛相を務めた際に、移設候補地として検討した徳之島案は「政治的に無理だった」と話した。「日本は報道が出ると反対者が出てつぶされる。政治的に無理というのはそういう意味だ」と述べ、沖縄駐留は軍事的な必要性ではなく、県外で受け入れてくれる場所がないためだとした。

 一方、安倍政権がほかの候補地を探す政治的な努力をしているか、との問いには答えなかった。

               ☆

>、在沖米海兵隊の抑止力について、対中国を念頭に「沖縄に(海兵隊基地が)あることがベストだが、九州の南や西半分のどこかであれば抑止機能は落ちるが何とかやっていける」と述べ、沖縄駐留の軍事的合理性を否定した。

さすがの沖縄タイムスも屋良元記者の「地理的優位論は嘘だらけ」には同意しないが、ここでも捏造記事を書いている。

記事を読む限り、森本氏は「沖縄駐留の軍事的合理性を否定」してはいない。

いや、むしろ軍事的にはベストだと発言している。

九州の南でも沖縄より抑止力は落ちるが、19年も模索した結果受け入れる場所がないので、政治的には辺野古しかない、と言っているに過ぎないのだ。

琉球新報も大同小異だが沖縄タイムスのようなあからさまな捏造記事は書かず、印象操作に止まっている。

普天間移設先「九州の南、西は可能」 森本元防衛相が持論

琉球新報 2015年6月18日 7:31 

 【東京】森本敏元防衛相は17日、日本記者クラブで会見し、米軍普天間飛行場の移設先について「九州の南、西半分のどこかにあれば、抑止力は落ちるが、何とかやっていける」と述べ、軍事上は県外移設が可能だとの認識を示した。森本氏はこれまで、海兵隊の陸上、航空、後方支援部隊をまとめたMAGTF(マグタフ=海兵空陸任務部隊)が「日本の西半分のどこかに、機能する状態ならば(普天間の移設先は)沖縄でなくてもよい」との認識を示していたが、より踏み込み、九州の南方と西方を移設可能な場所として初めて言及した形だ。
 森本氏は「沖縄だったら抑止力だ、隣の鹿児島県なら抑止力にならない、そんなことがあり得るのか。軍事的にはナンセンスだと思う」と指摘した。九州の南方、西方への移設が軍事上可能な理由として「陸上連隊と揚陸艦、飛行部隊、後方支援部隊が三位一体となって戦力を発揮できる」とし「そこ(九州)から東側は明らかに中国から見たら(米軍が)引いていった、出てこないと思われる」との持論を展開した。
 一方、民主党政権時に全国各地の候補地を検討したことを強調した上で、県内移設の利点として「抑止をするときに、戦略的に効果的な場所にある」との考えも示し、政治的な観点を含めると沖縄が効果的だとの考えも述べた。
 防衛相在任中に移設候補先として上がった鹿児島県徳之島への移設について「報道が出ると反対者がどんどん出てきてつぶされる。だから政治的に無理だ」と説明した。その上で「政治的に円満に解決し、どうぞ使ってくださいという県があれば(県外移設の)交渉の余地がある」との考えを示した。

             ☆

東子さんのコメントを引用する。

 「普天間移設先「九州の南、西は可能」 森本元防衛相が持論 2015年6月18日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244450-storytopic-3.html

>米軍普天間飛行場の移設先について「九州の南、西半分のどこかにあれば、抑止力は落ちるが、何とかやっていける」と述べ、軍事上は県外移設が可能だとの認識を示した。
>九州の南方、西方への移設が軍事上可能な理由として「陸上連隊と揚陸艦、飛行部隊、後方支援部隊が三位一体となって戦力を発揮できる」とし「そこ(九州)から東側は明らかに中国から見たら(米軍が)引いていった、出てこないと思われる」との持論を展開した。
>県内移設の利点として「抑止をするときに、戦略的に効果的な場所にある」との考えも示し、政治的な観点を含めると沖縄が効果的だとの考えも述べた。

「普天間移設先『九州の南、西は可能』」の理由を述べても、なぜ「抑止をするときに、戦略的に効果的な場所にある」辺野古より、「抑止力は落ちるが、何とかやっていける」辺野古以外にしなければならないかの理由を述べていない。

理論上の可能性だけなら、憲法学者の「違憲」で、お腹いっぱいだわ。
理論を踏まえつつ、現実的な解決が求められるのが、政治家

 

森本氏も翁長知事と会談したシャーツ米上院議員や米国務省に見習って、発言直後声明を発表して沖縄2紙の捏造報道に釘を刺すべきだった。

 【おまけ】

2014/03/28 【大阪】元沖縄タイムス論説委員、米軍基地問題巡る「本土の言説」批判~「抑止論も地理優位論も嘘だらけ

海兵隊配備先を「沖縄」に固執する本当の理由

 実際の有事では、長崎県の佐世保から航空母艦がやってきて、沖縄の海兵隊やオスプレイを運ぶことになる、と屋良氏。「政府が言うように、朝鮮半島や台湾海峡をにらんで、沖縄に米軍基地を置くのなら、地理的優位性がもっと高まる佐世保、佐賀、福岡に、なぜ、基地を移さないのか」。こう述べると、元防衛大臣の森本敏氏(拓殖大特任教授)が、2012年12月の会見で行った発言を、次のように紹介した。

 「多分、記者から、沖縄に米海兵隊を置く理由を問われたのだろう。森本氏は『日本の西半分で、MAGTF(米海兵隊空陸任務部隊)が完全に機能する状態であれば、沖縄に配備しなくてもいい』としている」。

 また、会見で森本氏は、こうも述べたという。「政治的に許容できる地域が、沖縄しかない。つまり、軍事的には配備先は『沖縄』でなくても構わないが、政治的には、沖縄が最適の地域である、という結論に達するのだ」。

 屋良氏は、これら森本氏の発言を基に、日本政府の本音を、このように推察してみせた。「沖縄の米軍基地は、沖縄の人たちが許容したわけではないが、すでに存在する以上、移設しようとしても、移設先住民の反発に遭う。政府は『そんな政治的リスクを負うわけにはいかない』ということだろう」。【IWJテキストスタッフ・富田/奥松】

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅官房長官、県民大会「県全... | トップ | 伊波洋一氏の弱点は「中国の... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-06-22 07:09:59
大事なニュース忘れていました。お昼休みに読み、ゾッとしました。在日犯罪が更に増える?
やや落ち着いたかんのある山口組抗争が激化する?今回の抗争は「在日朝鮮人(こうどうかい)」対「部落(神戸山倉組)」とアメリカメディアはちゃんと報道してますがね。

産経ニュースより

朝鮮総連が「聖戦」指示 反対勢力に総攻撃・総決死戦 金正恩氏への上納金も要請
2016.6.21 07:00

1/1枚
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、核開発を主導する北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長就任を受け、反対勢力へ総攻撃・総決死戦で臨む聖戦を傘下団体に指示したことが20日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。このため、朝鮮総連は金委員長礼賛行事を各地で展開中で、朝鮮労働党第7回大会の北朝鮮訪問団に金委員長へ上納金を持参するよう求めたことも判明。政府は朝鮮総連の過激な言動を危惧し動向監視を強めている。

 関係者によると、朝鮮総連の許宗萬(ホジョンマン)議長は5月18日、大阪市で開いた西日本の幹部を集めた協議会で「金正恩元帥様に無限の栄光を抱かせるため、朝鮮総連の反対勢力に総攻撃・総決死戦を繰り広げ勝利を勝ち取ろう」と指示した。

 具体的には約2カ月間に渡り、全国規模で金委員長礼賛集会や組織拡大イベントを実施するよう求めた。

 これに対し、ある地方本部幹部は「北朝鮮と朝鮮総連の指示に従った祖国統一偉業を達成するために聖戦に決然と立ち上がる」と応じる談話を出した。

 また、朝鮮総連は5月14日、「金正恩元帥朝鮮労働党委員長推戴(すいたい)慶祝在日本朝鮮人中央大会」を都内で開催し、朝鮮大学校在校生ら約2千人が動員された。この際、許議長は日本政府の弾圧に立ち向かうよう求めた。

 さらに、朝鮮総連は同月上旬に開かれた朝鮮労働党第7回大会に向かう祝賀代表団に対し、事前に金委員長への上納金として計5千万円を分散して持参するよう指示していた。

 朝鮮総連は今後も、金委員長への崇拝機運を高めるイベントを続行する構えで、引き続き組織の引き締めを図る。

 朝鮮総連は産経新聞の取材に対し「受けない」としている。
Unknown (心配性)
2016-06-22 07:38:47
在沖海兵隊の地理的優位性を否定することは、それ自体が沖縄に脅威(もちろんかの国)が存在することを認めているわけですよね。
後泊先生などは抑止力以前に脅威は存在しないと言っている。左向きにも角度の違いがあるようで面白い。
Unknown (東子)
2016-06-22 08:06:56
「沖縄県民大会 超党派にこだわった翁長知事 2016年6月20日 19:10」
県民大会2016 米軍属暴行殺人事件 注目 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=174131&f=i

>知事が海兵隊撤退に触れたことには「機動力があり迅速に対応できる海兵隊は沖縄に必要。日米安保を理解し保守だったはずの知事はすっかり革新になったのか」とレッテルを貼って皮肉り

事実を歪曲している(レッテル張りをした)と言いたいのだろうが、「海兵隊撤退」=「日米安保破棄」なのに、これなら、翁長知事も乗れるというのが、分からない。
沖縄基準では、「海兵隊撤退」≠「日米安保破棄」になるのだろうか。

だとすると、面白いことになる。
「海兵隊撤退」=「日米安保破棄」か「海兵隊撤退」≠「日米安保破棄」は、さておいて。
「日米安保破棄」と思わせては支持されないと考えているのがわかる。

共産党は辺野古移設が見かけ止まっていて自信をつけたので、辺野古反対→全基地撤廃=日米安保破棄と、一気に進めようとした。
が、「日米安保破棄」まで県民の心は動いていない、反サヨク勢力の伸びもあって、まだまだ「日米安保破棄」まで県民の心は動いていない、と感じたのだろう。
即「日米安保破棄」と感じさせないスローガンにした。
それが、「海兵隊撤退」。

県民もバカにされたものだ。
4軍あるから、「1つだけいなくなる」ことを主張しても、「海兵隊撤退=日米安保破棄」だと気づかないだろうって。
Unknown (東子)
2016-06-22 08:07:36
「県民大会という政治集会」の前に、タイムスがアンケートをとった。
海兵隊所在14市町「海兵隊撤去を要望」としたかっただろうが、結果は13首長「海兵隊削減を」 だった。
記事に「金武町をのぞく13市町村長が海兵隊を削減すべきとの考えを示し」とあるが、金武町は「海兵隊撤去を要望」したのではなく、「金武町は無回答だった」のだ。

注目すべきは
  恩納、うるま、宜野湾、浦添は大幅な削減を要求。
  国頭、東、宜野座は「削減すべきだが一定数は必要」を選択した。
  伊江、沖縄は選択肢からは選ばなかったが、ともに削減すべきとの考えを示した。
だ。
9市町の首長が、海兵隊の撤去を求めていない。
求めているのは、「削減」だ。
求めない理由に「抑止力」があるかどうかは不明だが、とにかく完全撤去を望んでいないのだ。
全市町村議会が決議したと、「オール沖縄」を演出しているが、決議したのは、


「全市町村 元米兵事件抗議決議 40議会「地位協定見直し」 2016年6月18日 05:35」
米軍属暴行殺人事件 注目 地位協定 米軍 政治
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=173865

「地位協定見直し」であって、「海兵隊撤去」ではない。



【参考】
タイムスの記事の閲覧期間は短いので、全文載せておきます。

「沖縄13首長「海兵隊削減を」 所在14市町村アンケート 2016年6月3日 05:01」
注目 米軍 政治 米軍属遺体遺棄事件
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=171390

沖縄タイムスは、元海兵隊員の軍属の男による女性遺体遺棄事件を受け、米海兵隊の訓練場や施設がある沖縄県内14市町村長に海兵隊の削減の必要性などに関するアンケートを行った。
このうち、金武町をのぞく13市町村長が海兵隊を削減すべきとの考えを示し、4市町村は全海兵隊の沖縄からの撤去を求めた。
保守、革新に関係なく、県内に海兵隊の削減、撤退を求める機運が高まりつつある現状が浮かび上がった。
沖縄からの海兵隊撤退を求めたのは、名護、北谷、北中城、那覇。
野国昌春北谷町長は、日米両政府が海兵隊の駐留根拠として挙げる抑止力は「根拠がない」と指摘。
新垣邦男北中城村長は「在沖海兵隊の存在意義はほとんどない」と撤退を求めた。
恩納、うるま、宜野湾、浦添は大幅な削減を要求。
国頭、東、宜野座は「削減すべきだが一定数は必要」を選択した。
伊江、沖縄は選択肢からは選ばなかったが、ともに削減すべきとの考えを示した。
金武町は無回答だった。
一方、県内から全米軍基地の撤去を求めたのは、北谷、北中城の2町村にとどまり、多くの市町村は基地の整理縮小を求めた。
宜野座村など4村は全基地撤去を否定した。
日米地位協定に関しては、13市町村が抜本的改定を要求。
東村は運用を改善すべきだとした。
事件後の日米両政府の対応に関しては、「どちらかといえば評価できない」「評価できない」が半数の7市町村に上り、翁長雄志知事が求めたオバマ米大統領との面会が実現しなかったことや、首脳会談で安倍晋三首相が地位協定の改定を求めなかったことに批判的な意見が上がった。
名護市辺野古への新基地建設の是非は、名護など5市町村が建設の中止を求めた。
一方、8市町村は「裁判の結果を見守る」(東)、「質問自体がアンケートの趣旨と異なる」(うるま)など、回答を控えた。
アンケートは、海兵隊の訓練場や施設を抱える国頭、東、伊江、名護、宜野座、恩納、金武、沖縄、うるま、北谷、北中城、宜野湾、浦添、那覇の14市町村長へ5月27日に文書で質問を配布。
2日までに全市町村長から回答を得た。
Unknown (東子)
2016-06-22 08:16:03
私は、沖縄に居る海兵隊に「抑止力」があるかどうか知らないが、中国が海兵隊の存在を嫌がるなら、中国には抑止力になる。
Unknown (東子)
2016-06-22 09:14:57
「宮古島陸自配備、市長が受け入れ表明 現計画は反対 2016年6月21日 05:05」
政治 宮古島市 自衛隊 軍事 注目 安全保障
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=174308

>宮古島への陸上自衛隊配備計画を巡り、下地敏彦市長は20日の市議会6月定例会の一般質問で、市民の生命財産や国土の保全、国民の安全を確保する観点から「宮古島への自衛隊配備については了解する」と受け入れを表明した。

「市民の生命財産や国土の保全」だけでなく、「国民の安全」の観点からが入っているのが、嬉しい。


>基本的に島内全域で認めるとの考えを示し、具体的な計画が出てきた段階で関係法令に適合するかどうかを判断し、その都度必要な法令を「全てクリアしていればいい」とする考えを示した。

法治の実践に他ならない。


>下地市長は受け入れの理由に、尖閣諸島周辺地域での中国公船による領海侵犯や中国軍艦による接続水域の航行、北朝鮮のミサイル発射などを挙げ「隣国の脅威は一段と厳しさを増している」ことを挙げた。

あらら。
タイムスが隠しておきたいことを、記事中に書く羽目に。
ご愁傷さま。


>防衛省が市内最大の地下水取水地「白川田水源流域」近くに建設を予定する旧大福牧場周辺への施設配備は「水道水源への影響はないと言い切れない。施設建設は認めない」と表明。
>反対の意思はすでに防衛省に申し入れたとした。
>旧大福牧場周辺への配備は関係法令に違反していないにもかかわらず、反対するのは「市民や議員から地下水汚染への懸念が表明されたことを真摯(しんし)に受け止めた」からだとした。

「関係法令に違反していないにもかかわらず」と市長を責めれば、ならば「関係法令に違反していない」から良いことにしましょか、となって、反対派には都合が悪い。
下地市長、「離島にとって水は大切」を良く理解していると布石。


>一方、防衛省が計画するもう一カ所の千代田カントリークラブについては「まだ計画が出ていない。具体的な計画が出てそれを見て最終的に法律に適合するかで判断する」とした。
>千代田カントリークラブの配備では隣接する野原部落会から計画撤回の陳情書が市議会に提出され、委員会で「継続審議」となっている。
>今後、陳情書が採択された場合の対応について下地市長は「議会で判断することだからその経緯を見たい」とした。

正論。


「自衛隊施設の審議会報告書 宮古島市が書き換え要求 2016年5月25日 11:49」
注目 サクッとニュース 自衛隊 宮古島市 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169792

>地下水審議会は陸自施設建設は「認められない」との結論を報告
>市は結論を削除し表現を弱めた修正案を作成し検討を求めた
>水源地が汚染される恐れがあるとして審議会は修正を拒否した

自衛隊配備に不利になる報告書ができたから、市(市長)が書き換えさせるという不正が行われた。
という記事↑。


>長濱副市長は同日、本紙の取材に修正案の作成と部会長に修正を求めていたことを認めた。
>下地市長も「(部会の結論は)学術部会の権限を越えている。十分調整してみてはどうですかと、副市長に包括的な指示を出した」と述べた。

地質調査の依頼をしたのに、その範囲を超えて、反対派が賛成派も危惧する「水」に関して報告書が作成されたため、範囲外のことを書くなと、修正した。
というのは、真相。
「水」は、唯一賛成派を反対に傾けられる共通項。

その後、この書き換え事件が大きくならず、さらに「市長が受け入れ表明」まで進むことができたということは、反対派のやりすぎを認める空気があるということ。
Unknown (東子)
2016-06-22 09:40:56
「宮古島市の陸自受け入れ、中谷防衛相が高く評価 2016年6月21日 12:23」
宮古島市 政治 自衛隊 注目
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=174385

>【東京】
>下地敏彦宮古島市長が、宮古島への陸上自衛隊の配備について了解したことについて、中谷元・防衛相は21日の会見で、「南西地域において、防衛体制の強化におおきく貢献するものであり、防衛省としては高く評価したい」と述べた。
>一方で、地下水取水地「白川田水源流域」近くの旧大福牧場周辺への施設建設は市長が反対していることに関しては「宮古島市ともよく相談し、島内における部隊の配置先の変更も視野に入れて対応する必要がある」と語った。

方向は受け入れ。
自衛隊配備という同じ方向を向いて、自衛隊配備が、島、国、双方の益になるにはどするか。
だと、交渉材料や余地は沢山あり、話し合いが成り立つ。

翁長知事のように、「普天間の危険性除去」と言いながら、まったく方向が反対(日米安保必要と破棄)では、話し合いは成り立たない。
そうなると、結局、数である。

だから、翁長知事は「県民一丸」が決め手になるし、国は「全国民の民意」を持ち出すことになる。
ところで、県民140万人より多い票を「辺野古への移設計画を進める」ことを公約にする自民党が取れば、“国民の民意”は「辺野古移設を望む」となる。
ちなみに前回の2013年参院選の得票数並みに今回の
参院選で得票できたと仮定して計算してみる。
自民党政党得票数:18,460,404(34.68%)。
沖縄が「オール」で反対した場合の140万票の13倍近い得票数。
沖縄の140万票に「移設中止や反対を明確に打ち出している」共産党(5,154,055(9.68%))や社民党(1,255,235(2.36%))の票を加えて計算してみても、2.4倍。
圧倒的辺野古移設賛成の民意である。



【参考】
「 日本のゆくえ・公約分析 2016参院選(その1) 成長から分配、自民転換 アベノミクス批判回避狙う 2016年6月18日」
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160618/ddm/010/010/032000c

>安倍政権は沖縄県名護市辺野古への移設計画を進める立場だ。自民党は公約に「日米合意に基づく普天間飛行場の一刻も早い返還を期し、辺野古への移設を推進」と明記した。
>これに対し、共産党や社民党は移設中止や反対を明確に打ち出している。
私の理解不足であれば、指摘下さい。 (義挙人)
2016-06-22 09:41:46
被害者の父親のメッセージで気になるのがあります。

>>次の被害者を出さないためにも全基地撤去。辺野古新基地建設に反対、、、、、、<<

の言葉。

親族は「政治利用してほしくない、四十九日までは静かな環境でそっとしてほしい」と言っているのに、

父親は上記のメーセージを送ったって事は、、、マスコミに、、「基地反対」を言わされたのではと、、、勘ぐりたくなりますが、、、皆さんどう考えでしょうか?

もし、「基地反対」が父親の本心であれば、娘の死は、無駄ではなかったと思えてしまいますが、、、、ちょっと不謹慎かな?


(私は理解不能です。)


Unknown (改憲派)
2016-06-22 09:55:14
あのロバート・エルドリッジですら、海兵隊=抑止力ではないと発言している。

そもそも海兵隊をのせる揚陸艦は佐世保、航空機は岩国、歩兵は米軍再編によりグァムに行くのに、何が地理的優位性なのか。何が抑止力なのか。

中国は沖縄に海兵隊がいようとお構いなしに尖閣をウロつき、鹿児島の領海に入る。

仮に中国が尖閣上陸したとして
日本の領土争いのために米国が海兵隊の命を犠牲にして守ると思う人がいるなら、おめでたい限りである。

日本人の未来を真剣に考えるなら、改憲と軍備増強は避けて通れないということから目をそらすのはやめよう。
Unknown (東子)
2016-06-22 10:34:52
昨年9月翁長知事が行った、先住民族の印象を与えた「2分間国連演説」をタイムス、新報は、大々的に取り上げた。
だが、同じスイス・ジュネーブの国連人権理事会で2分間の演説を行った「先住民族勧告を撤回訴える」豊見城市議のことは、無視。
報道しない自由を謳歌している。

八重山日報の見出しを拾う。

「先住民族勧告 撤回訴え 豊見城市議、国連で演説」
国連が沖縄県民を先住民族と位置付ける勧告を出している問題で、豊見城市議会の宜保安孝市議は20日(日本時間21日)、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で2分間の演説を行い「私たちの市議会では勧告の撤回を求める決議を賛成多数で議決した。1日も早い勧告の撤回をお願いします」と訴えた。


「仲村氏「独立運動の阻止も 県民の訴え 意義大きい」
沖縄県民は先住民族であるとする国連勧告の撤回を求める宜保安孝豊見城市議の国連での演説について、東京を拠点にこの問題に取り組んでいる沖縄対策本部の仲村覚代表=沖縄県出身=に20日、スイス・ジュネーブの国連本部で話を聞いた。
仲村代表は、県民は先住民族ではないという意見書を採択した市議会の議員が国連で訴えることの意義は大きいと強調した。


「国連勧告は「県民無視 メディアに犯人探し求める」
「国連先住民族勧告の撤回を実現させる沖縄県民の会」は21日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部でシンポジウムを開き、沖縄県民を先住民族に位置づける国連勧告について、発起人の宜保安孝・豊見城市議ら5人が「この勧告には沖縄に対する根本的な誤解があり、到底受け入れるわけにはいかないというのがすべての沖縄県民の感想。県民を無視するものだ」などと批判した。
Unknown (東子)
2016-06-22 10:35:39
宮古だけでなく、石垣でも自衛隊配備について、動きがあったようだ。
八重山日報の見出しを拾う。

「陸自推進請願が不採択 与党内で意見割れる」
石垣市議会(知念辰憲議長)6月定例会の最終本会議が20日、同議場で開かれ石垣島への陸自配備計画を求める請願と計画中止を求める請願が、ともに反対多数で不採択となった。
配備を求める請願では、公明党の大石行英氏、平良秀之氏、仲嶺忠師氏が退席。
伊良皆高信氏も「苦渋の選択で反対」と反対討論し、請願をめぐり与党自民党内でも意見が割れた。
推進の請願は17日の総務財政委員会で採択、中止の請願は不採択とされていた。


「「退席、反対」に憤り 砥板、石垣氏ら支部脱退」
陸自配備の推進を求める請願が伊良皆氏の反対、仲嶺氏の退席もあり不採択となった20日の最終本会議後、自民党市議の砥板芳行政調会長、東内原とも子女性部長、石垣亨副支部長、我喜屋隆次総務会長、長山家康青年部長の5氏が会見を開き、仲間均氏、箕底用一氏を含む7人が、党籍を残したまま自民党石垣市支部を脱退することを発表。
退席や反対した議員ついて「理解できない」などと憤りの声を挙げた。

自民党県連が、「基地=抑止力」と真正面から向かわない姿勢をあらたむる刺激になりますように。


八重山毎日の社説。
「自衛隊配備請願、与党分裂で不採択 2016年06月22日」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/30004/

>市民を二分する自衛隊配備を求める請願は、与党分裂でよもやの不採択となった。
>こういう展開・結果は市民の多くが恐らく予想しなかったはずだ。
>自衛隊配備推進協議会の請願は賛成少数でよもやの不採択となったのだから、多くの市民が驚き、議員の良識を再確認したはずだ。
>特に配備請願採択を覚悟していた反対住民は思わぬ展開に驚き、“欣喜雀躍”した人も少なくないだろう。  
>その中で反対を明確にせず退席した公明議員2人の対応は、平和の党としてすっきりしないが、自民議員の造反は自衛隊に対する多くの市民の不安、急進的な一部与党議員に対する懸念の声が届いたものと言え、それは論議すれば理解は深まることを示すものだ。
>中山市長はこの際防衛省に配備断念を求めるべきだ。

「慰霊の日」を目前。
元米海兵隊員の女性殺害事件に対する追悼と糾弾で6万5千人が終結した怒りの県民大会の翌日。
はあっても、海警だけでなくつい2週間前に「中国軍艦が尖閣諸島周辺の接続水域内に進入」したことは、一言も触れない。
石垣市民は、もう、待った無しの状態ではないのか?
今、配備を決めても、実際の配備に1年、いやもっとかかろうというのに。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-06-22 10:42:30

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「戦争の悲惨さ 分からぬ首相」のうるま市・西明雄さん(61)は、1月16日、2月14日、3月18日、4月3、27日、6月7日に続き今年7回目の掲載。
「戦世経て強し 摩文仁の女性」の那覇市・島袋定さん(64)は、2月5、18日、3月5、25日、5月14、28日に続き今年7回目の掲載。
「戦争から71年 父の思い知る」の豊見城市・大嶺よし子さん(71)は、1月4、25日、3月5、21日、4月6、17、29日、5月14、25日、6月11日に続き今年11回目の掲載。
「本土と同様に 安全な生活を」の名護市・池宮城清美さん(56)は、昨年10月25日以来の掲載。
「『慰霊の日』に平和願う」の那覇市・山川一郎さん(72)は、今年初掲載。
「思い込み」の宜野湾市・友利正さん(58)は、今年初掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

うるま市・西さんは「安倍首相が戦争に前のめりになっているのは…」と言う。投稿内容には基本的に容喙しないが、好き勝手にデタラメを書いてもいいわけではないと思う。

Unknown (宜野湾より)
2016-06-22 14:04:04
「書かれていること話されていることとか数字や現象を読み取り理解する能力、それらをもとに論を立てる能力において、それが著しく低い学者と記者が互いに幅を利かせ合うせいで、これだから文系はダメなんだよと結論付けられる言論が目立つ、今そこは沖縄県も沖縄県以外も同じ」
と、県外から来た学者の人に言われたのを思い出す。

それはそうと、「海兵隊撤退」を望む人にとって、アメリカ海兵隊とはそれほど怖くて嫌な存在ということになる。
コントロールの効かない犯罪集団(やれやれ)として怖いならば、それを県外国外へというのは倫理的にも問題があるから、合衆国海兵隊まるごとそっくり無くせというのが望ましい。
でもそれは領土拡張志向のある国に利する。
アメリカ海兵隊に軍事的に対峙される立場から怖いというならば、「だからとにかく沖縄から取り除け」とは、自衛隊の確実な増強とセットでなければ、今もこれからも離島からこじ開けて来ようとする中共に利することになる。

もともと海兵隊は訓練などで沖縄を留守にする人員がいつもあるので、常時皆が沖縄に揃っているわけではないが、有事に際していつでも迅速に集結・出発できる人員・航空機・滑走路が要らないというのは、本当に中共には願ったり叶ったりなことだなぁ。
削減でも撤退でも、実現には日米国家間の働きかけが必要なのは言うまでもないことだけれど。
東アジア不安定の主たる原因をつくっている中華人民共和国の方にも働きかけろ、じゃなくて「刺激するな」とはコレ如何に。

幸か不幸か「臭いものに蓋」をすることになってしまった日本列島、縁(ふち)にはいつも吹き零れの危険が。
そして我が国一国だけでなく台湾そして東アジアの救急・事件現場へより短い所要時間で駆けつけるステーションの役割が果たせる位置に沖縄がある以上、日米協力して整える態勢があっていいと思うが。少なくとも日本だけで十分な状況になるまでは。

軍事力で絶対優位の自信が無くて相手の弱い処を狙ってじわじわ埋めたてをやっている中共が、九段線を認めないなら国連海洋法条約を脱退するといっている。
そんな国が軍事力で自信をつけたらどうするかは誰でも分かる。
Unknown (改憲派)
2016-06-22 15:26:58
米軍がどうにかしてくれるというお気楽な国民をよそに、中国はやりたい放題。強く出られない政府。

しかし中国による接続海域や領海侵入により、改憲の話がしやすくなった安倍総理。

次回参院選は自民が勝利するであろう
安倍総理の政治的目標であった改憲の準備は着々と進んでいる。

中国経済がいつまで持つか
どこまで軍を拡張できるのか

アジア各国との連帯も必須である。
経済発展めざましく核保有国であるインドとの連携も重要であろう。
Unknown (坂田)
2016-06-22 16:47:39
>写真

米本土共同演習陸自隊員重装備は初めて観ました。

掲載ありがとうございました。

あの4人の打撃力だけで分隊はおろか小隊相手が

出来そうです。恐らく予想される中國軍の島嶼侵奪

は、潜水艦からゴムボートで特殊部隊を上陸させる

分隊単位の装備ですから、陸自が越えています。


>「在日朝鮮人(こうどうかい)」

全国一の暴力団数と発砲数は、毎年福岡県です。

工藤会は二つ目のCIA監視暴力団で、山口組抗争  

は堅気を巻き込んでおらず未だ極道の面は保って

る様ですが、工藤会は同業者でなくマトは一般市民

と警察官です。その武装は手りゅう弾AK47機関銃

携帯ロケット砲で県警を超えています。暴追運動の

旗手の方の店に手りゅう弾を投げ若い女性たちが

犠牲に成りました。犯人は路上で取り押さえられた

が、大勢が伸し掛かったので圧死しました。しかし

後で犯人の遺族が過剰防衛として損害賠償訴訟を  

取り押さえた方々に起こしました、それが福岡です。

その組員の供給先が朝鮮高校で、組が就職NO.1

と警察に聞きました。大抵の福岡の組はそれです。


>海兵隊の地理的優位性

海兵隊に、日本四海と言う狭義の軍事作戦圏は

存在意義からして在りません、作戦圏は地球です。

米四軍合衆国軍どのHPにも海兵隊は日本防衛と

書いてないから、日本はその圏内に在る訳です。

キャンプフォスター広報大尉「我々は命令が在れ

ば月でさえ行く」と地球防衛軍の頼もしい証言です。  

>抑止力以前に脅威は存在しない

あの先生は、同席した仲井眞氏が生中継番組で

「この男は、こう言う男ですから」と対談出席者の

前で一蹴した人格ですから、相手にしない方が良

いです。あの先生の主張は、糸数慶子国会議員

と同じであることに、寧ろ監視が必要です。


>「海兵隊撤退」=「日米安保破棄」

国際条約は破棄出来ない=米軍は出て行かない

ことを前提条件に、革新は「米軍は出てけ」と安心

して詭弁を叫ぶから、大衆は「えっそうなんだ、もし

かして出来るんだ」と、その時点で思考力が停止し

てるから「ちょっと待って」と省みることは在りません。  
叫んだ本人は「出てったら軍事空白が出来て、すぐ

中國が攻めて来るだろっ」と本音は決して言わない。


>共産党

参院選公約「憲法9条は世界に誇る」と謳ってるが

戦争放棄平和憲法制定の先駆者はイタリアです。

自民党の改憲案を「時代に逆行する」と非難してる

から、改憲案は9条草案に一番反対し自由党を困

らせた共産党の逆行した当時の主張の侭に改定

したが良いと思います、「独立国家が武器と軍隊を

破棄し、戦争を放棄する事は在り得ない」です。


>父親のメッセージ

TVで悲嘆に暮れる被害者父親の語りが2回報道

在りました、極めて普通の方と受け止めました。

然し、追悼文章はどっかの党の幹部でないと書け

ない政治勢力独特の言葉が散りばめて在りました。


>言論

主張や投稿は読むことで内容が判るだけではなく、

書いた方の知識と思想と属性と人格が推察される。

どの程度の次元なのかは、返信で探れば凡そ推

察と違いは在りません。博識者は計数や事実等で

判り易く説くが、そうでない方は反証に論拠が無い

から途端に感情を露わにして返して来ます、これが  

沖縄で「基地が出来れば戦争に成る」と布教してる

新興宗教家の共通項です、他人批判は三度の飯

より好きだが、自分への批判には逃げまくる人格は  

そっくりです。


>国連海洋法条約を脱退

東南シナ海沿岸国は中國の決意に大歓迎福音だ。

大陸棚権益もEEZ主権も中國が放棄するから国益

侵害関係国は一斉に中國を叩くことが出来ます。

あの強がりは、中國人の伝統的性質の中華芸能

ハッタリ芸と想っています。 想い出して下さいな、

一方的に、3年前に東シナ海に防空識別を敷設し

国際社会へ航行計画出せと迫った中國は識別圏

どころか、東シナ海そのものを防空レーダーでカバ  

ー出来て居ない事を、空自が世界に晒し笑劇を与

えました。







 









    



Unknown (ayumi61)
2016-06-22 22:21:29
久しぶりに、ヒジャイさんのブログも見てみましたが、相変わらず鋭いです。また、私が感じた「どうして『県民大会』の要求がこれほど先鋭化したのか?」という問いへの答えとして、とても説得力がありました。ただ、程度が高くて私程度では読んでもすぐには理解できません。そこで、原文は↓のリンクを参照いただくとして、ここでは私が理解できたレベルへの噛み砕きを試みたいと思います。

県民大会は政治イデオロギーの塊オール沖縄の参院選勝利のための選挙戦略だった
http://hijai.ti-da.net/e8762487.html

>県民大会のスローガンを決める時に、元自民党県議の中里利信衆院議員は「全基地撤去」を主張したが、日米安保を容認している翁長知事が県民大会に参加させるためには「全基地撤去」を掲げることはできなかった。結局は妥協案として「海兵隊撤退」に決めた。

なるほど、「海兵隊撤去」、というのは「県民大会」側からすれば妥協の産物だったのですね。ようやく訳がわかりました。
なお、実際には翁長知事は「海兵隊の削減」を求めるにとどまり、「県民大会」が求めた「海兵隊撤去」を要求することはなかったのですが、翁長知事によれば「私の海兵隊の削減要求はこれすなわち海兵隊撤去と同じ事だ」とのべて琉球新報に批判的に書かれていましたね。

次の指摘が割りと重要で、それがこの記事を紹介したくなった理由です。

>翁長知事にはどうしても参加してもらいたかったオール沖縄であったが、逆に絶対に参加させてはいけない政党があった。それが自民党県連である。オール沖縄は自民党県連を絶対に参加させたくなかった。
>参議陰選の告示は6月22日である。告知日の3日前の19日に県民大会は開催した。参議院選の直前に県民大会を開くということは県民大会開催の目的が参議員選で伊波洋一を当選させることであるのは見え見えである。オール沖縄は革新候補の伊波洋一を当選させるのを目標にして県民大会を開くのだから、伊波洋一と対立する島尻安伊子氏が代表を務める自民党県連を県民大会に参加させることは絶対にあってはならないことであった。

私としては、自民や公明を巻き込んだ文字通りの「オール沖縄」にしたほうがより迫力がでるのに何でそうしなかったのか、と思ったのですが、この文章を読んで謎が解けました。大いに納得です。

>辺野古移設と遺体遺棄事件とは関係がない。だから外すことができた。しかし、主催者のオール沖縄は外さなかった。理由はオール沖縄が辺野古移設反対を主張して結成した団体であったからではない。オール沖縄が辺野古移設反対であっても、遺体遺棄事件に対する抗議の県民大会にしようとするなら、県民大会をできるだけ多くの県民が参加することができるように自民党県連や他の政党とは政治休戦をして超党派の立場に立ち、自民党県連が参加できるように辺野古移設反対を要求決議から外していた。しかし、オール沖縄は辺野古移設反対を要求決議に入れた。
>理由は自民党県連を県民大会に参加させないためであったのは言うまでもない。

ふむふむ、成るほどです。

>県議会選前だったらオール沖縄は、辺野古移設反対を要求決議に入れた上で、自民党県連にしつこく参加を迫っていたと思う。自民党県連には大きな弱点があったからだ。
>4年前には辺野古移設反対・県外移設を公約にして自民党県連の議員は当選した。ところが安倍政権になり、自民党本部の圧力で辺野古移設容認に公約を変えた。選挙の時に辺野古移設反対を公約にして当選したのに途中で辺野古移設容認に変えることは投票した市民を裏切ることになる。それは自民党県連の大きい弱点であった。

この点を指摘する事を忘れないところが流石であり、ヒジャイさんがヒジャイさんたる所以でしょう。「筋が通らない事は保守でも革新でも許さない」という態度が透けて見えます。

>今回の県議会選で自民党県連は辺野古移設容認を公約して当選した。だから、県議会選挙前のような非難はできなくなった。だから、辺野古移設反対を要求決議にいれながら自民党県連の参加を要求することはできなくなった。
>All沖縄は県議会選前までは全県民は辺野古移設に反対であるということを繰り返し強調していたが、今回の県議会選で移設容認の自民党県連は13議席から2議席増えて15議席になった。オール沖縄は県議会選前のように全県民は辺野古移設に反対であると強調することができなくなった。(略)だから、全県民は辺野古移設に反対であるということをオール沖縄言えなくなったし、沖縄タイムス、琉球新報も書けなくなった。

そう考えると、辺野古移設容認を前面に出しながらそれでも自民党が2議席増やした今回の県議会選は大きかったのですね。毎日新聞では「オール沖縄の勝利」と散々書かれていましたが、実態はとてもそんな革新系にとって安穏としていられる状況ではなかったのですね。

>オール沖縄が遺棄事件に抗議するのが目的の県民大会を開催するのなら、超党派の立場になり自民党県連が受け入れることができない政治的な要望は控えるべきであった。
>稲嶺元知事は「1995年の県民大会が日米両政府に大きなインパクトを与えたのはオール県民が参加したからだ」と述べ、「県民大会で県民全体の総意を言ってもらえれば国民の理解は得られる。しかし(超党派とならないことで)政治的な問題と捉えられてしまったら、共感を得ることは難しい」と警告している。その警告を無視したのがオール沖縄であった。

この稲嶺元知事の言うことはとても説得力があります。事実、この県民大会に自民・公明の議員まで参加していたら迫力が全然違ってきます。そうではなかったために、県外の人間には「なんだ、いつもの政治集会か」という印象を与えてしまったのは事実です。

しかし、そもそもが参院選で伊波洋一候補を勝たせるために開かれた政治集会なのだとしたら、話としては全て筋が通ります。

それはいいのですが、だったらせめて選挙が終わるまでは、「オール沖縄」と翁長知事との間に隙間風がふいていることをにおわせるべきはなかったのでは、という疑問が琉球新報に対してわかずにはおれません。
Unknown (坂田)
2016-06-23 16:28:00

>元自民党県議の中里利信衆院議員

思った通り翁長知事は時間切れで追悼文不一致に

持込む事が出来たのですね、では翁長知事の一本  

勝ちですが、どっかの党と勢力には遺恨が極まった。

どっかの党はしつこいさ、党綱領に復讐の言葉を書

いてるぐらいですから。


予告します、参院選を終えたらどっかの党は地位改

定に言及しなくなります、ほんとうに改定して日米の

国民が人間平等に成ったら親しく成り社会不安が薄

れて来ます、不安が無くなったら付け込む隙が無く成

り党勢は勢いに限りが出て来るからです。


それを見透かしてでしょうか、本島二紙の告示日の

社説は最大の争点は辺野古でした。とにかく辺野古

と煽れば、今の県民の雰囲気では革新の勝ちです。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL