狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

トチ狂った沖縄県知事、全基地閉鎖発言!

2012-09-25 07:09:45 | オスプレイ

沖縄の出版界が

出版を拒否した

問題の書!


沖縄に内なる民主主義はあるか』
著者:又吉康隆 定価:税込み1575円

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp

住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします<送金方法等詳細はここ>

「沖縄に内なる民主主義はあるか」の売り上げは目下破竹の勢いでうなぎのぼりです!

やりました!

沖縄教販の売り上げで

とうとう1位になりました。(拍手)
https://www.o-kyohan.co.jp/

 


本の売上ランキング













集計期間
12/08/22~12/09/21

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

 

【動画】そこまでやって委員会 ケビン・メア氏「最大の抑止力とは」

※削除される可能性大なので、お早めにご視聴ください。

          ☆

国の安全保障に関する案件が、国の専管事項であることは中学生でも理解できる。

日米安全保障条約に基づく軍用機の機種更新を反日左翼団体が反対しても、国は粛々と更新を実行すればよい。

左翼集団の反対で国防をおろそかにする国は、世界中の物笑いである。

いや、物笑いだけならまだしも、ならず者国家中国の絶好の餌食である。

ところが左翼団体の恫喝に踊った県知事が機種更新に反対するため「全軍基地閉鎖」などと権限外のことを公言した。 こうなると、県知事の思考能力に疑義を挟まざるを得ない。

地方自治体の首長に過ぎない県知事には基地閉鎖の権限などない。

県知事が本気で「全軍基地閉鎖」を考えるのなら国に反旗を翻しクーデターでも起こして琉球王国の先祖帰りをする以外になす術がない。

このお方、血の流れないクーデターなどありえないことをご存知なのか。

それとも気でも狂ったのか。

翁長那覇市長や佐喜真宜野湾市長が反日左翼団体に踊らされ赤旗を振る先頭に立つ姿を見て、本物のバカの称号を与えた。

その一方で県政の最高責任者の仲井真知事は沖縄2紙の顔色を窺いつつも、左翼団体の圧力を撥ね退けた。 そして「政治集会に私が参加する意味がわからない」と発言し、「9・9似非県民大会」への参加を拒否した。 当日記も日頃はのらりくらりの県知事にしてはGJだと拍手を送り、前記の本物バカコンビとは一線を画した。

ところが最近の県知事の言動は限りなく本物のバカに近づきつつある。 何よりもその表情がおかしい。 目はうつろで焦点が定まらず既にまともな判断力を失ったとしか思えない昨今の言動だ。 森本防衛大臣がオスプレイの説明に来沖するというのに面談を断り、自ら上京して面談するなどと訳のわからぬことを口走りだした。

ついに仲井真県知事も本物のバカに成り果てた。

仲井真県知事の狂乱で勢い付沖縄タイムス。

今朝の一面トップの大見出はこの喜びようだ。

配備「絶対受け入れられぬ」

知事、防衛相に中止要求

知事はオスプレイの他に何か悩み事があり、それで判断力を失い本物のバカになったのでは。 こんな噂が流れ飛ぶ今日この頃だ。

オスプレイより気懸りな県知事の悩みとはこれ。

強制捜査に県庁緊迫 職員「なぜこの時期」

県土木建築部での家宅捜索を終え、押収資料を運び出す捜査員=21日午後7時53分、県庁

[画像を拡大]
社会 2012年9月22日 10時07分

 識名トンネルの補助金不正受給問題で、県警が21日、全容解明に向けて強制捜査に入った。県幹部は顔をこわばらせ、職員も立ちすくむ。「捜査に協力してきたのに、なぜこのタイミングか」「知事のイメージダウンが狙いか」と臆測も飛び交った。一方、被疑者は特定できていないと県警は捜査の継続を強調。県庁の緊張が続いている。

 午前8時半、殺到した報道陣を前に、出勤したての県幹部は「本当?」と強制捜査に半信半疑。同11時すぎ、私服捜査員が県庁に突如現れ、土木企画課の部屋から出るよう職員に指示。「避難訓練ですか?」と驚く職員も。幹部は、資料提出や職員の事情聴取に全面協力してきたことを挙げ「これ以上何の資料が必要か」と不満を隠さなかった。 庁内ではこの日の強制捜査が、オスプレイの試験飛行と重なったことで「試験飛行に不快感を示した知事を“落とす”作戦に出るなんて」と、政府による知事のイメージダウンを狙うという疑念が漂った。

 県警捜査2課は「タイミング的な意味合いはない」とする。ある捜査関係者は「政治的な駆け引きに識名トンネルが利用されているのは認識している。だが、告発を受けたからには捜査せざるを得ない。捜査は政治を加味してはいけない。任意の聴取で県側と業者の主張が違う部分があり、裏付けのためには強制捜査が必要だった」と話した。

             ☆

県庁に県警の家宅捜索が入り7時間、深夜に及ぶ捜索が行われた。

前代未聞の出来事だ。

それに対し、沖縄タイムスの報道はいかにも不自然だ。

「なぜこの時期に」だって。(笑)

県庁への家宅捜索が思いつきで出来るはずはない。

去年から噂になっていた県ぐるみの「公金詐欺」の証拠物件の押収に実施した県警予定の行動に過ぎない。

県ぐるみの「公金詐欺」については地元2紙は当初から報道は控え目だった。

国からの補助金を県職員が偽造契約書を作成し過大に騙し取ったことに対し、国から県が告発を受け県警が捜査に乗り出したという前代未聞の事件だ。

これを地元紙が抑え気味の報道というより、むしろ捜査自体を批判的に報じる所に不可解さが残る。

これに関し、信頼できる筋からこんなメールを受取った。

ついに沖縄県警は、県が公文書を偽造して補助金約5億円を不正受給していたことを立件するため

昨日より本日午前1時過ぎまで県庁を家宅捜索しました。

  残念ですがこれに登場する土建業者と知事の関係が親密であることは既に週間誌で公表されたとお

りです

 「米軍基地即時全面閉鎖」と豪語した知事ですが、捜査の進展によっては基地全面閉鎖の前に県庁即

時全面閉鎖となるかもしれません・・・

ここでいう土建業者の女社長と知事と親密な関係にあるという。 現在独身の知事に恋人がいたとしても誰に咎められることもないはずだが、その恋人が県ぐるみの「公金詐欺」に関連した土建業者の女社長だとしたら、県知事としては心中穏やかならぬものがあるだろう。

ましてや地元2大紙に何か尻尾でも掴まれていいるとしたら、これが無言の圧力となって知事の判断力を狂わせ「全基地閉鎖」などと発狂新聞が狂喜乱舞する発言をしないとも限らない。

確かに目に焦点がない!↓

オスプレイ岩国飛行 政府、配備黙認狙う 「全基地閉鎖」が現実味2012年9月22日


オスプレイが試験飛行を開始したことについて定例会見で強い不快感を示す仲井真弘多知事=21日午前、県庁

 

 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、米軍岩国基地で試験飛行を始めたことに、沖縄側は「配備ありきだ」「頭越し」と強く反発した。仲井真弘多知事は森本敏防衛相との会談を事実上断った。政府は、岩国市での試験飛行を弾みに配備に至る過程を積み重ね、反対世論の沈静化を模索するが、県民大会実行委が森本氏との面談拒否を知事らに求めるなど、態度を硬化させている。政府の事故調査分析を受け入れた岩国市同様、沖縄県からの“黙認”を狙う政府の思惑通りになる可能性は極めて乏しい。
 県内の反対運動はさらに激しくなることが予想され、知事の「全基地即時閉鎖という動きに行かざるを得ない」という言葉も現実味を帯びてきた。

■県、市町村も拒否
 「大臣がお見えになって、沖縄にとって何かいい話でもあるんですかね」。森本氏の来県中止に仲井真知事は皮肉を込め言い放った。
 政府は23、24の両日、森本氏が来県して日米合同委員会で合意した安全確保策を仲井真知事や佐喜真淳宜野湾市長らに説明した後に、オスプレイを米軍普天間基地に日を置かずに移動させる予定だった。だが、県は説明を拒否した。県庁幹部は「知事の県民大会欠席に対する県民からの風当たりも強い。この状況で面談がアリバイづくりに使われてはたまらない」と述べる。
 県だけでなく市町村長も森本氏との面談を拒否する姿勢だ。41市町村が入るオスプレイ配備反対県民大会の実行委員会は「知事が会わないとはっきりすれば市町村長も会わない」と明言。防衛省が新たに設定した26、27日の面談を打診された一部の市町村長も拒否が大勢を占め、27日の体験搭乗に応じる市町村長もゼロだ。沖縄との“対話”を積み重ねることを演出する政府の思惑は入り口から目算が外れた。

■段取り崩れる
 配備に向けた段取りは崩れたが、仲井真知事が森本氏との面談を断っても、防衛省は強気だ。
 防衛省幹部はオスプレイが沖縄に移動する前に、森本氏が地元に説明するのが望ましいとしながらも、「19日に日米合同委員会で合意し、日本政府として安全性も確認して、米軍の運用を認めた。米軍がいつ沖縄に向かおうと日本政府がとやかく言うことではない」と強調し、防衛省として、米軍に沖縄への移動時期を延ばすよう、要請することはないとした。
 一方、防衛省内には強行配備は沖縄との信頼関係に影響するとの声もある。
 別の防衛省幹部は「普天間飛行場の移設問題では、沖縄県と協力してやっていかなくてはならない。丁寧に進めないと信頼を損なうことになる。移動時期は考えるべきだ」と懸念した。
 沖縄との信頼関係が過去最悪水準となる中、配備強行を主導してきた防衛省内に揺れも垣間見える。
(島洋子、問山栄恵)

 

土建会社の女社長の件で沖縄2紙の圧力を受けているとしたら、そして県知事がこの事件に潔白であるなら、これこそ勇気を持って新聞社を恐喝罪で刑事告発すべきではないだろうか。

 

■八重山日報 2012年9月25日

住民投票条例否決 町議解職請求の動きも 自衛隊配備

 

 与那国町議会(前西原武三議長)は24日、臨時議会で自衛隊誘致の賛否を問う住民投票条例案を採決し、2―3の賛成少数で否決した。


 冒頭、外間守吉町長と、条例制定を求め署名を提出した与那国改革会議の崎原正吉議長が意見陳述。外間町長は、条例案の慎重審議を求めた上で、中学生以上と外国人にも投票を認める条項は、政治的な利用を促しかねないとして、否定的な見解を示した。


 崎原議長は、自衛隊誘致反対の立場から、誘致について民意を問うべきだと、条例案の意義を強調、条例制定を求めた。続いて、討論に移り全議員が登壇。崎元俊男議員と田里千代基議員が賛成、糸数健一議員と嵩西茂則議員、崎原孫吉議員が反対の立場からそれぞれ発言した。


 その後、採決となり賛成少数で条例案は否決された。定員30人の傍聴席は、メディア関係者と住民で埋まり、あふれた20人以上が、町役場一階のモニターで議事を見詰めた。崎原議長は「否決は残念。地方議員の解職制度を使って議長を含め、反対した議員4人の解職を請求する。出来る限り早く(解職の)署名集めを始めたい。選挙になれば、誘致反対派から候補者を複数擁立する」と述べた。


【メモ】
地方議員の解職請求
 地方自治法で、地方自治体の全有権者の3分の1以上の署名を集めると、議員の解職を自治体の選挙管理委員会に請求できる。請求が有効であれば60日以内に住民投票が行われ、過半数が賛成すれば、指名された議員は失職する。

 

■そうそう、忘れちゃいけないのは・・・ 

 HYのK久H和 さんのコメントです。
そういえば昨日、与那国町議会で、例の住民投票条例案、否決だそうです。
これで、自衛隊配備という国防にかかわる案件を、住民投票などという、いわば多数決で決める愚は回避された模様。
・与那国住民投票条例案、反対多数で否決
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-24_39406

 


さて、自分の息子に、自分の所属する政治団体作成の署名用紙を握らせ、その同級生に署名を強要した与那国町議もその一員である自衛隊配備反対「住民」グループ、次は議会のリコールの気勢・・・、奇声を上げてるそうです(笑)。

 

もっとも・・・、それも反対多数で即否決、の憂き目を見るんでしょうが(笑)。
・与那国自衛隊誘致 住民投票条例案議会は否決
http://www.qab.co.jp/news/2012092438170.html
 

 

間接民主主義を国是とする我が国の地方自治体で、首長が決断した案件を議会決議で承認したらこれ以上の民意はない。

ところがこれは民意ではないという勢力がある。

国境の島与那国町で自衛隊配備に反対する反日左翼が生徒まで駆り出して署名を作成した住民投票安を議会が否決した。

これに対し「民意踏みにじられた」など報道する新聞も新聞なら、「識者評論」として紙面に登場し「署名黙殺 分権に逆行」などと恥じ知らずな寝言をばら撒く国立大学の教授先生にも呆れて言葉を失う。(島袋純琉球大学教授)

この先生、選挙で選ばれた町長や法令に基づく議会決議を無視して「住民総会」で物事を決めよと扇動しておられる。

沖縄を狙う中国の工作員が住民として潜入したら与那国は「住民総会」により易々と中国の手に落ちること視野に入れての発言なのだろうか。

 

 【おまけ】

読むに耐えない発狂新聞に対し、沖縄で唯一の正論を吐く新聞・八重山日報を紹介します。

特に石原都知事のインタビュー記事などは発狂新聞では到底読むことの出来ない

 

施設整備要請きょう決議 市議会「地元は粛々と」 尖閣

 
尖閣諸島での施設整備要請決議案などを最終本会議に上程することを決めた議会運営委員会=24日午前、市役所 尖閣諸島での施設整備要請決議案などを最終本会議に上程することを決めた議会運営委員会=24日午前、市役所

 石垣市議会の議会運営委員会(平良秀之委員長)は24日、尖閣諸島で安全操業のための施設を整備するよう求める要請決議案を25日の最終本会議に上程することを決めた。決議案は可決の見通し。


 決議案では、尖閣諸島で漁業者が安全操業できる施設が整備されていない現状を指摘。尖閣諸島の国有化を受け、改めて政府に施設整備を要請する、としている。あて先は首相など。与党の砥板芳行氏が提案し、与党のほか野党議員の一部も賛成者に名を連ねる。


 議会運営委員会では石垣三雄氏が「現在の日中関係を見ると、早めに施設整備する環境にはない。慎重な対応が必要だ」と指摘。長浜信夫氏も、施設整備は日中の対立をエスカレートさせると懸念した。砥板氏は「(要請は)政府が日中関係を考慮して、適切に実施していく。地元は安全操業のため粛々と要請するべきだ」と応じた。そのほか、最終本会議への上程が決まった議員提案決議案は次の通り。


▽尖閣諸島海域への領海侵犯、魚釣島への不法上陸に関する意見書(仲嶺忠師氏提案)▽へき地学校給食物資供給事業に関する意見書(長浜氏提案)▽「脱法ドラッグ」とりわけ「脱法ハーブ」に対する早急な規制強化等を求める意見書(平良氏提案)▽航空運賃団体割引制度の改善による離島児童生徒の経済的負担軽減を求める要請決議(長浜氏提案)▽県吹奏楽部コンクールの石垣大会誘致要請決議(大石行英氏提案)

 

 

「尖閣失えば国失う」 石原都知事 施設整備求める 本紙インタビュー

 
インタビューに応じる石原都知事=都庁 インタビューに応じる石原都知事=都庁

 尖閣諸島(石垣市登野城)を購入する意向を示していた石原慎太郎都知事は22日までに、都庁で拓殖大客員教授の惠隆之介氏(本紙論説委員長)のインタビューに応じ、尖閣諸島問題について「尖閣を失ったら、一点突破で国そのものを失いかねない。それだけは絶対に避けねばなりません」と強調した。【インタビュー詳細は後日掲載】


 尖閣諸島で避難港などの施設整備を求める声があることについては「漁ができるように、最低でも船だまりだけは造るべきだ」と指摘。米軍の垂直離着陸輸送機МV22オスプレイについては「配備は必然的なものだと思います。大きな抑止力になりますから。機械に完璧なものなどない」と指摘し、配備は必要との認識を示した。


 沖縄、八重山の住民に対するメッセージを求められ「僕は沖縄が好きなんです」「石垣の友人がやっているゴルフ場があるんだけど、そこを市民に開放して、皆でゴザを引いて月見しながら歌をうたったんです」と石垣市で「ミルク節」を聞いた思い出を披露。


 「沖縄が日本の一部で本当に良かった。私は日本を、中国に国を奪われたチベットにしたくない。そのためなら、ある程度、経済的な利益を失っていいじゃないか」などと沖縄への思いを語った。

 

沖縄の反対運動は異常に見える  堤 静江

 

 沖縄は台風が上陸することの多い地域なので、建物が頑丈に建てられている聞いています。台風16号は沖縄に上陸しましたが、このところの台風の動きは何か異常な感じがします。台風14号は後から出できた巨大台風15号が消滅してもなお、台風であり続け、台風15号は沖縄を直撃しました。台風が意思を持っているように感じられます。


 沖縄では米軍基地反対の左翼運動が盛んで、沖縄にこそ必要な優れもののオスプレイ反対運動が繰り広げられています。首都圏である横浜に住む私たちから見ると、沖縄県知事が先頭に立って、中国に占領されることを望んでいるかのように見えます。中国が沖縄を侵略できないのは米軍がにらみを利かせているからです。米軍を撤退させたら現在の自衛隊だけでは沖縄を守ることはできません。そのことを沖縄の人たちはどう考えているのでしょうか。


 沖縄は日本なのに、日本を毛嫌いしているように見えます。沖縄でたびたび行われている基地やオスプレイなどの反対運動は、沖縄を窮地に追い込むものであると、台風が沖縄を守りつつ、警告を発しているように思えてなりません。元寇の時のように、台風などの自然現象から天意を読み解く謙虚な姿勢が必要なのではないでしょうか。(神奈川県横浜市)

 


 よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白旗上げた琉球新報!和解を... | トップ | 八万余のアクセス!孫子の兵... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
左翼は (沖縄病)
2012-09-25 09:18:22
沖縄の左翼って、勝つまでジャンケンを続けるんですか?
国家防衛にかかる問題を、中学生にも投票させようなんて、気が狂っているとしか思えない。
恥ずかしくないのかな、与那国のプロ市民さん?
ホントは自衛隊が来て、キミたちが議員を続けられなくなるのが怖いんでしょう。
そうしたらまた、中学生に参政権をと、火傷するんでしょうね。
日本国全体のため、早く消えてください。
Unknown (とおる)
2012-09-25 09:24:45
昨夜のNHK「クローズアップ現代」にて、反オスプレイ番組をしていました。
沖縄県には、
・又吉進 知事公室長
・地域安全政策課(映像で見ると、おおよそ、管理職2名、課員6~7名): 地方自治体で安全保障を独自に研究する部署
 吉川由紀枝 主任研究員(オスプレイ情報収集)

海兵隊の現行ヘリに比べて、酷い事故率では無いものに関心を寄せて、尖閣諸島での中国船の領海侵犯には無関心かのような変な部署。
米国相手には、強請りネタで成果が上がっても、中国相手では成果が上がらないので、石垣市の漁民の安全は無視?
Unknown (古鉄897)
2012-09-25 16:43:26
自衛隊配備をめぐる住民投票条例案否決について、今日の琉球新報では、次のような見出しもおどってました。

          反対派「数の暴力だ」

数の暴力!?
教科書採択では、その数の暴力による育鵬社版の中学公民教科書を逆転不採択にしたのに狂喜乱舞した人たちが(笑)!?
しかも、数の暴力で逆転不採択にするのを、数の暴力で決めて、二重に数の暴力を行使しましたよね(笑)!?

ドゥーカティー(自分勝手)・ジーママ(わがまま)にもほどがありますよ(笑)。


しかも、住民投票条例案否決されて「数の暴力だ」なんて言ってるのと、教科書採択における「数の暴力」の二重行使による逆転不採択に狂喜乱舞した人たち・・・、

↓下の琉球新報の記事や、
・教科書採択「再考を」 与那国保護者の会、町教委に要請
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-181315-storytopic-7.html

すでに閉鎖された「八重山教科書裁判」というブログで、
↓下の「市民」団体との「連帯」の事実が確認できたことから考えて・・・、
・「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」与那国島の明るい未来を願うイソバの会 + 与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/

まったく同じ、なんですけど(笑)。

ちなみに「イソバ」というのは、与那国島の伝説上の女傑、「サンアイ・イソバ」のことですが、実は文法的に間違ってる与那国方言を使って、与那国の「住民」を騙る連中の集まりの名前に、自分の名前を冠されるとは・・・、

イソバ・・・、いや、
クサマ(草間)の陰で泣いていらっしゃることでしょう(笑)。


ちなみに↓下は、おまけ。
・「八重山教科書裁判」のブログ管理者が、原告の1人は自分の友人で、かつ東京出身のアカの他人であることをバラしたコメントのあるブログ
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/2700995.html
Unknown (宜野湾より)
2012-09-25 18:29:40
で、与那国改革会議はどういう論点で与那国島の自衛隊配備に反対なんでしたっけ?
もはやそこを思い出せないので調べてみましたが、「与那国島に自衛隊がいない方がいい」ことを明解に説明してくれるものが、今この状況でも見つかりません。
反対するのは自由ですが、望みが叶わなくてもそれは支那のせいが多大ですから、与那国改革会議の皆さんは文句があるなら支那へ言った方がいい。
すぐ忘れちゃう鶏頭の私でも、QABの赤い看板・三上サンが朝生で、キャスターでありながら「(与那国島に自衛隊員とその家族が来たら)島の自治が変わる」って口走ったことは覚えています。ああこの人の脳内では、自衛隊員とその家族のことを同国人だと考えていないんだなと。
念のために白河夜船さんのところからおさらい。
http://blog.goo.ne.jp/shirakawayofune001/e/5c74dbabb28ed110564347015a0c0d8f

対米従属について書かれた池田信夫ブログによると、孫崎享の「戦後史の正体」が売れているらしいです。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51811945.html?_f=jp
確かにジュンク堂でも場所を作って積まれてたっけ。
すべてはアメリカの陰謀。やっぱり孫崎ウケる~。とはいえ、沖縄の反米言論には孫崎論のそっくりさんも多いかも。
陰謀なんて証明しないで言いっ放しできることを語る時はたいがい、陰謀を持つとする側と持たれる側として離間を意図するか、なにか抗えない強大な力があるんだと諦めさせるか、自分で諦めるエクスキューズにするか、でしょう。
別に陰謀にしなくても、「偶然などない」って前提で事実を見て予測して備えているのが防衛や安全保障や危機管理でしょうし、国防・軍事費を増やせるようになることは即ちデフレ脱却・GDP増大ですから、陰謀論を語ってる場合じゃないと思うのですが。
反米・反日主義のみなさんも「偶然などない」という考えの下に主張していらっしゃるようですが、しばしば説明不能な脳内陰謀史観が入っているので結局、利敵行為の一種もしくは敵方そのものに見えちゃうんですよねぇ。
疎開・避難計画について (shu)
2012-09-26 01:12:38
軍事評論家の小川和久氏にツイッター上で「石垣・八重山諸島及び沖縄本島の住民の疎開・避難計画を耳にしたことがありますか?」と質問したところ、無いとのことです。

自衛隊増強及び配備、日米同盟の重要さは、マスコミ上やネット上で議論になってますが、疎開・避難等は、ほとんど議論にもなっていない現状です。

沖縄現地では、どうでしょうか?

確認はできませんが、ネット上において、八重山諸島の住民の一部家庭では、子供を沖縄本島に住まわせたり、疎開の準備に入っている家庭があるとの書き込みも見受けられます。
Unknown (金山老人)
2012-09-26 02:39:32
与那国の住民投票の件では、一方で、こんな話題も。

与那国 住民投票の署名流出 職業など追記、リスト化
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-197195-storytopic-1.html


この署名流出の件、一応RBCが取り上げてはいますが、取り上げてるのはニュース映像内のみで、なぜかホームページではそのことに触れてません。

与那国島自衛隊配備 住民投票条例否決
http://www.rbc.co.jp/rnews.php?itemid=41143


ちなみにこの署名流出の件、どちらかというと、これで得をする方を考えた方が速そう。

この件で得をするのは・・・、

今度は議会リコールなどという気勢・・・、奇声を上げ始めた、
署名を集めた張本人の反対派です。

上の琉球新報の記事では、流出した署名の投函先の一つは「神戸北」で、RBCのニュース映像にも出てる反対派町議の経営する酒造所には、下の過去記事にある沖縄タイムスの記事から、その「神戸北」にお仲間がいそうな人が従業員として働いてますから、この流出騒動・・・、

反対派の自作自演、ってことで終了、かな(笑)。

労組の「政治集会」を「県民集会」だって!!
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/b6188854e33f85d2932dd03c124ad8ce
>与那国保護者・稲川宏二さん
>大阪府出身。サトウキビ収穫のアルバイトで18年ほど前に来島し、北海道出身の妻(45)との結婚を機に本格移住。
Unknown (涼太)
2012-09-26 06:03:38
狼魔人様

1970年代の旧国鉄や日航などもそうですが、最近の沖縄反米基地闘争も酷いですね。特に日航などはフライトアテンダントにも一千万近い年収を払っていました。経営が成り立つはずもありません。
結局国民の逆鱗に触れ、国鉄も日航も民営化されました。1970年代には日本本土にも、米軍基地は沢山ありました。元々旧日本軍の基地は敗戦と共に米軍が占領したものです。
それを自衛隊への移管、共同使用、沖縄の様に一部移転などの経過を経て返還されました。
交渉ごとで100パーセント主張が通ることはまずありません。
沖縄県の様に無条件全面返還では、未来永劫普天間は1cmも動きません。
それが本音かも知れませんが。
辺野古のテント村住民の活動資金も、普天間の軍用地地主が出しているようですし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL