狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

聡明なる有権者が民主主義の根幹

2014-03-31 06:36:50 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 新聞のみから情報を得る人と、ネットから情報を得る人の間には著しい情報格差が生まれている、と何度も書いた。

一般の人が新聞情報を鵜呑みにするのは、ある程度やむをえないとしても、政治を付託された首長や県議らが新聞の垂れ流す捏造記事を鵜呑みにして議会決議などを行うのは一種の罪だとも書いた。

情報音痴の政治家が犯した罪の典型がこれだ。

新聞の捏造記事である「危険な欠陥機オスプレイ」を妄信し「オスプレイ配備に反対」を記した建白書に署名し、「オール沖縄」を騙って東京行動をした首長や県議らの軽薄な言動は県民を混乱させたという点では一種の犯罪として断罪することもできる。

沖縄の政治家が地元紙の顔色を窺う性癖を充分承知の沖縄2紙は、自分の論調を押し通すときに決まって首長たちに踏ます踏み絵がある。

今朝の沖縄タイムスは一面トップを含む合計三面を使ってアンケートという名の踏み絵を県内市町村長に踏ましている。

各面の見出しは

一面トップ

集団自衛権 18首長認めず

本紙首長アンケートで最多

憲法解釈 「不支持」6割強

9条改定「反対」過半数

二面、三面トップの関連の見出しはあまりにもオドロオドロシイので省略。

で、アンケートの質問はこうだ。

Q1 集団自衛権の行使について

Q2 安倍首相が行使容認の表明を検討していることについて

Q3 安倍首相が閣議決定など内閣の判断で憲法解釈の変更を検討していることについて

Q4 憲法9条の改定について

Q5 集団自衛権が行使された場合の沖縄への影響について

 

【追記】

 

集団自衛権18首長認めず 沖縄県内首長調査

沖縄タイムス 2014年3月31日 05:37

集団的自衛権の行使について

集団的自衛権の行使について

 
内閣の判断で憲法解釈を変更することについて

内閣の判断で憲法解釈を変更することについて

 

 安倍晋三政権が憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認を検討していることを受け、沖縄タイムスは30日までに、県内41市町村長に行使の是非などを聞くアンケートを実施した。集団的自衛権の行使は「必要ない」との回答が18人(44%)で最も多かった。首相が内閣の判断で憲法解釈の変更を検討していることには、63%に当たる26人が「支持しない」と答えるなど、行使容認への根強い慎重姿勢が示された。

 41市町村中、石垣、宮古島、金武、与那国の4市町長を除く37人が回答した。

 集団的自衛権を「行使する必要がある」と答えたのは、伊平屋村の伊礼幸雄村長だけだった。

 ただ、南城市の古謝景春市長、久米島町の平良朝幸町長、竹富町の川満栄長町長、伊江村の島袋秀幸村長、伊是名村の前田政義村長は「条件付きで行使すべき」と回答しており、条件付きを含めると6人が行使を容認した。

 内閣判断による憲法解釈の変更検討について「支持する」と回答した首長は一人もおらず、時の政権が憲法の解釈変更権を握ることへの抵抗感が浮き彫りになった。11人は「どちらともいえない」とした。

 「支持しない」「どちらともいえない」と答えた人に、その理由を複数回答で尋ねたところ、約7割に当たる29人が「時の政権の判断で憲法解釈が左右され、憲法の安定性を損なう」と回答。15人が「立憲主義の根幹を損なう」、10人が「内閣だけでなく国会承認を経るべき」と答えた。

 島袋俊夫うるま市長は「国民投票に付されるべき重要案件だ」と回答した。

 集団的自衛権の行使と関連が深い憲法9条の改定は、全体の56%を占める23人が「改定すべきでない」と反対した。

 集団的自衛権が行使された場合の沖縄への影響は、過半数の21人が「悪影響が懸念される」と表明。

 理由として「沖縄の基地が標的になる」「沖縄の基地機能が強化される」との趣旨の回答が相次いだ。「良い影響が期待できる」とした人はいなかった。

政治家や新聞は「国民はバカだ」とは、口が裂けても言わない。

言ったが最後政治家は落選という仕返しを受けるし、新聞社は不買運動で読者を失うからだ。

だが、心中で一番国民をバカ扱いしているのは政治家と新聞社なのだ。

彼らは心中とは裏腹にこう言うのが常だ。

「国民(読者)はそれほどバカではない」

 

沖縄紙がアンケートという名の踏み絵を首長に踏ませる時には、事前にキャンペーンを打って「新聞社の論調」を斯く斯く云々であると事前告知をするのが常套手段。

各首長は新聞社に迎合するような回答をすれば新聞に睨まれる事もない。

かくして沖縄の首長は新聞の見出しを鵜呑みにする操り人形と化していくのである。

 新聞社のアンケートの多数をもって新聞社が言うところの「民意」は造られていく。

新聞の新聞による新聞のための「民意」といわれる所以である。

民主主義の根幹なす多数決。

その多数決を成功させるためには有権者が聡明であることが不可欠。

当然、新聞社のアンケートに答える政治家はより聡明であるはず。

聡明な有権者が選択した政治家は聡明であるはずだから。

つまり民主主義の成功の条件は、有権者全体が知的教育を受けられることが不可欠だが、さらに重要なのは、メディアによる情報操作やプロパガンダなどに惑わされず理性的な意思の決定ができる社会が不可欠である。

逆説的にいえば、民主主義を妄信し無条件に広めると、知的教育を受けていないもの、人の感情や利害損得、あるいはメディアによる情報操作などに影響されやすい非理性的な人々が有権者の大多数を占めることとなり、結果として衆愚政治となりかねない危険がある。

我々は四年前に衆愚政治の悪夢を身をもって体験した。

メディアの捏造報道に踊らされて雪崩現象で起きた「民主党との政権交代」である。

現在では悪の権化のように言われていナチスだって民主主義により有権者が合法的に選択したものだ。

ナチスは1932年7月の議会選挙で第一党になる。

1933年1月にヒンデンブルク大統領からの任命で政権獲得、3月の議会選挙で連立過半数、全権委任法で国会が「自主的」に権限委譲、大統領権限のヒトラー個人への委託が1934年8月の国民投票で投票率95.7%、賛成89.9%で承認され「総統」となった。

ナチスの政権奪取と民主党にの政権交代は大同小異。

衆愚政治の結果である。

 

 

 

【おまけ】

サービス貿易協定による中国人の大量流入を危ぐする学生デモはついに台湾の一般人に飛び火した模様。

今朝の沖縄タイムスによると学生の数は50万人(学生側)といわれるが、警察発表が11万人なので少なくとも銃数万人のデモに発展したことは間違いないようである。

香港で台湾の学生に呼応する学生デモが起きているようだが、沖縄の学生に台湾の学生に呼応する勇気のものは期待できないだろう。(涙)

黒シャツで「密室協定」批判 台湾の学生デモ、11万人超 

2014.3.30 20:48

 

  【台北=吉村剛史】台湾が中国と結んだ「サービス貿易協定」に反対する台湾の学生らが立法院(国会に相当)議場を占拠している問題で、学生らが全土に呼びかけた大規模抗議デモが30日、台北の総統府前で行われた。警察当局によると11万人超が参加。同協定の承認をめざす馬英九政権にとって打撃となりそうだ。

 学生側は35万人以上が参加したと主張している。

 「弱小産業の切り捨てにつながる」と同協定に反対している学生らは、委員会審議を打ち切った与党、中国国民党を非難。協定は事前協議を経ていない「黒箱(密室)協定だ」と批判するなど、デモ参加者の多くは黒シャツ姿で臨んだ。

 最大野党、民主進歩党の幹部らも姿を見せ、反対運動の象徴となっているヒマワリの花を手に「民主主義を守れ」「サービス貿易協定反対」と連呼。学生らのリーダー、林飛帆氏(25)は、中台の協定を監視する「新法の下での再審議」などを要求し、立法院の占拠継続を表明した。

 一部学生が23日夜に行政院(内閣)庁舎に突入した際は強制排除で多数の負傷者が出たため、当局はデモを「理性的、平和的」に行うよう呼びかけつつ、不測の事態に備え警察官数千人を投入した。

 一方、協定承認をめざす国民党関係者も、台北市内でデモを行い「議場を返せ」と訴えた。

 馬英九総統は29日夜の記者会見で、改めて協定撤回を拒否したが、中台協定を監視する制度については「(5月末の立法院の)会期終了前の法制化を支持する」と学生らの要求に一部応じる姿勢を示した。だが、占拠を続ける学生らは不十分だと主張、混乱収束のめどは立っていない。

 

 

「かみつく4」は「沖縄民主主義4」と改題しました。

 書店発売のお知らせとお詫び
発売日
A4版「沖縄内なる民主主義」(600円税抜)は2月3日(火曜日)、県内書店で発売します。
お詫び
「かみつく」から「沖縄民主主義4」に改名しましたが、勝手ながら、さらに普及版としてA4版「沖縄内なる民主主義4」にしました。
狼魔人日記でネット発売
書店ではA4版「沖縄内なる民主主義」(600円税抜)のみの発売ですが、狼魔人日記ではA5版の「沖縄民主主義4」も600円で発売します。ご了承お願いします。

 

ヒジャイ出版 代表者 又吉康隆

 


 

新発売・「かみつく3」は県内書店で発売中

狼魔人日記でネット全国販売しています。
申し込みはメールでできます。
ブログ 狼魔人日記
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和憲法が平和を守る? | トップ | オスプレイの次は集団自衛権 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-03-31 08:17:48
まだ、新聞しか読まない時期、新聞の論調に違和感を感じても、新聞がこう書くのだから、自分だけが違う考えを持ってりるのかな、と思っていた。
ネットが発達すると、自分と同じ考えの人が、思いのほか多いことに気づいた。
不思議なもので、多いと自信を持つ。
ネットに接した多くの人が同じ体験をなさっていると思う。
左翼もネットを無視できなくなってネットに意見を流すが、検証に耐えられなければ、浸透しない。
無条件に信じて従っては、くれない。



「党派を超えて広がる「慰安婦」再検証論 2014年3月13日」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/03/post-3213.php


>第二次大戦中の慰安婦募集の強制性を認めた93年の「河野談話」について、66.3%が「政府や国会は調査のあり方や談話の経緯を検証すべきだ」と回答。
>談話自体を「見直すべきだ」という答えも58.6%に上った。
>調査結果によれば、共産党支持層の64.1%、無党派層の68.5%など、すべての政党支持層で「検証すべき」が「思わない」を上回った。
>「検証すら許さない」という空気こそが河野談話への不信と見直し論に拍車を掛けてきたのだが。

↑の結果を知って組織引き締めのために出したと思われる共産党の日本軍「慰安婦」問題についての見解。
前日の記者会見↓は、順調。


「歴史の偽造は許されない 「河野談話」と日本軍「慰安婦」問題の真実 志位委員長が見解 2014年3月15日 赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-15/2014031501_01_1.html

>「談話」への不当な攻撃に反論するとともに、「慰安婦」問題の真実を明らかにしたものです。
>見解発表の場には、11カ国13人の大使館関係者、学者・研究者、市民団体代表ら150人が参加、海外メディア8社を含む32社が取材しました。
>インターネットを通じて会見が中継されました。

ネットを利用していますが、テレビがネットに代わっただけの使い方。
「『慰安婦』問題の真実を明らか」と言いながら、書かれているは『慰安婦』問題の真実」と題した見解を発表している姿の報道だけ。
真実については触れていない。

では、発表された肝心の「見解」はどうか。
ネットにアップされた途端、批判殺到。
事実が書かれているのではなく、委員長が真実と信じるから真実なんだ、という論調。
批判がくるのは、当然。


「志位和夫氏の河野談話・慰安婦見解に意見多数来る 2014年03月16日」
http://yukan-news.ameba.jp/20140316-87/

>昨日発表した日本軍「慰安婦」問題についての見解は、私なりに冷静に事実と論理を積み上げて真実を明らかにしたものです。
>根拠のない非難や悪罵の類は一切行っていません。
>この見解への賛否は様々でしょうが、批判される方はどうか見解全文をお読みいただき、事実と論理で批判されることを望みます
>基本的には、慰安婦問題はあったとしたうえで、『元「慰安婦」証言から強制性の認定を行った「河野談話」の判断は公正で正当なもの』と河野談話を認めたものになっている。
>さらには『「河野談話」の真実性は歴史によって検証された』ともしており、「軍や官憲による強制連行を直接示す記述はなかった」という政府答弁書の撤回も求めている。
>だが、これに対し、志位氏のツイッターに多数の反論が寄せられているのである。

事実と論理で批判されることを望みますwww
「元「慰安婦」証言から強制性の認定」に疑問があるから「事実と論理」で検証しようとしているのに、検証を否定する声明を出すから、反論・批判が集中する。
自分は「事実と論理」を無視し、それを批判する相手には「事実と論理」を求めるという身勝手さを自らが明らかにしている滑稽さ。




今、共産党党員も含めて国民が求めているのは、「(強制性を)真実とした根拠」である。
えらい人や新聞、テレビが真実だと言っているから真実なんだと同調してもらえる時代は、去った。
Unknown (宜野湾より)
2014-03-31 20:21:47
ある見立てに納得しそうになると、誰かが「アレは◯◯と繋がってるから」と注進し、すると誰かがその注進を「◯◯の工作員必死w」と言う。
「もう何を信じていいのかわからない(泣)」そんなあなたの心のスキマを埋める、証明要らずの陰謀論w
というわけで我々のうちネットを駆使できる世代から、調べグセをつけてできるだけ一次ソース他芋蔓式にたくさんの情報にあたって裏を取ったり、失敗もしながら次々現れる情報の重要なところやおかしいところを見抜ける直観力をつけて…という風になって来ている中。
忙しい政治家の皆さんには、リサーチ力を既にお持ちの方を除けばそんな時間が無いでしょうから、秘書、ブレイン、取り巻き、付き合う人間の質が、助けにも命取りにもなりそうな。

集団的自衛権に関する国民の付託は自民党政権が選ばれた時点で既に出ているし、市町村長が有権者に預けられた事項じゃないから、沖縄タイムスのアンケートは我々にはどうでもいい話だけれど。
意味ないアンケートをやる意味はエントリーにある通り、各首長たちから言質を取って自社の主張に沿った雰囲気作りキャンペーンの一環にすることだろうから、
「行使する必要がある」伊平屋村
「条件付きで行使すべき」南城市、久米島町、竹富町、伊江村、伊是名村
の各首長は、公人私人の確認・前置きもしないで答えたのかと思うものの、現実が見えていて正直なようだと受け取れるし、
「無回答」石垣、宮古島、金武、与那国
の各首長は立場を弁えられているようだと受け取れる。

ま、「認めないのが最多!」といってみたところで、いわゆる「極悪複合体」が都合の悪い相手、敵意を持つ相手に普段からやっていることを見れば、彼らこそけっこうガチに集団的自衛権を行使しているわけなんだけれど。(最近もこんな集団的自衛権行使がhttp://blog.kajika.net/?eid=1006748

全国からの強制動員や数のメガ盛りが常識のモノサシで見れば、義家議員の講演に350人は「少ない」のだろうし、この前の「琉球独立パレード」60人だっけ?あれなんてしょっぱい通り越して絶望的な少なさってことに。

9条護持の人は「地球の裏側まで行って戦争する」可能性は言うけれど、「割りと近くからやって来る」可能性は考えつかないらしいw
「あなたの身に起こったら許せるんですか!」と庶民感情とか家計とかに落とし込むのが好きだけれど、「我が家は無施錠、誰でもウェルカム!命も金も土地も家もよこせと言われたら渡す!」って言う人を見たことがない。

ブーメランってやつはどうも電波出す側に多いようだなと、そのくらいは忙しい政治家の皆さんも気付けないと困るよね。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL