狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

違法確認訴訟、敗訴の準備、上告探る動き

2016-08-22 07:12:11 | 普天間移設

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 
「脱原発テント」の強制執行始まる 経産省の敷地(8/21朝日)
 東京・霞が関の経済産業省の敷地に建てられた「脱原発テント」の強制執行が21日未明に始まった。最高裁の決定に基づき、国側が着手した。
 21日午前3時半過ぎ、国の執行官らが強制執行を開始。バリケードを築いてテントが設置された交差点の一角を封鎖し、作業に取りかかった。大きな混乱は今のところ、起こっていない。
 東日本大震災から6カ月後の2011年9月11日、国の原子力政策に反対するグループが経産省の敷地内にテントを設置。脱原発を訴える活動拠点として使ってきた。
 国は13年にテントの撤去と損害賠償などを求めて訴訟を起こし、最高裁は今年7月28日付の決定で、グループ側の上告を退けた。グループ側の敗訴が確定したため、テントの撤去と土地の明け渡しが強制執行される見通しになっていた。

                                ☆

最高裁の決定は、判例となり法律とみなされる。

当然沖縄の辺野古や高江のテントにも適用される。

国が強制執行でテントを撤去するのは法治国家として当然の措置だ。

東京のプロ市民たちは、5年も不法占拠を続け、最高裁で反原発団体側の敗訴が確定して以降も居座り続けていた。

だが国の強制執行により、ようやく正常な状態に戻る。

これに対して「国家権力の横暴だ」「政権批判の封殺」なと言っている向きもある。

だが意見を主張する手段は「不法占拠」だけではない。他にも手段はあるはずだ。

違法行為をして他者を批判しても、説得力はない。

どうしてプロ市民は東京も高江も同じように法令無視を恥と思わないのだろうか。

目的のためには手段を選ばない、ということか。

おー!コワッ! 

 

東京地裁

「脱原発テント」を経産省敷地から強制撤去

 
撤去される脱原発運動をしている市民団体のテント=東京都千代田区で2016年8月21日午前3時58分、宮武祐希撮影

 東京・霞が関の経済産業省の敷地内にテントを設置して脱原発を訴えている市民団体のメンバーに対し、東京地裁は21日未明、テントを撤去して敷地から退去させる強制執行に着手した。市民団体側は大きな抵抗は見せず、約1時間半でテントは撤去された。

 東京地裁の執行官と経産省の警備員ら100人以上が午前3時半過ぎ、テント周辺に集まり、人垣を作るなどして周囲を立ち入り禁止とした。テント内には市民団体の男性5人がいたが、執行官らに促されて退去した。午前5時過ぎにテントや脱原発を訴える看板などが全て撤去された。

 市民団体は2011年9月からテントを設置して国の原発政策に抗議しており、国が13年3月、立ち退きを求めて東京地裁に提訴した。1、2審判決はテントの撤去と土地の明け渡し、土地の使用料の支払いを命じ、7月に最高裁で確定した。経産省によると、土地の使用料は一部を回収したが、未回収の金額は今月1日現在で約3800万円に上る。【島田信幸、堀智行】

 >土地の使用料は一部を回収したが、未回収の金額は今月1日現在で約3800万円に上る。

法令無視を恥とも思わない無法者たちが土地使用料を支払うとは思えない。

使用料を回収するためには、経産省は代金回収の民事訴訟を提訴せねばならぬ。

ところが勝訴しても、判決に従がわなければ骨折り損だ。

経産省もケイサンが合わないとして提訴をあきらめるだろう。

沖縄タイムス+プラス ニュース


<辺野古・違法確認訴訟>沖縄県は全面的に争う姿勢 上告探る動きも


2016年8月20日 16:55

 辺野古違法確認訴訟の第2回口頭弁論で、提訴の正当性を訴える国側に対し、翁長雄志知事はこれまでの国の協議に望む姿勢がいかに不誠実だったかを訴え、問題解決に向け中身のある実質的な協議を求めた。だが、来月16日の判決というスピード審理は決まっており、県内部では敗訴も想定し、上告のタイミングを探る動きも出始めている。(政経部・大野亨恭、東京報道部・上地一姫)


 「国は幾つもの落とし穴を仕掛けてきた」。県幹部は弁論をこう評した。

 “落とし穴”とは何か。訴訟に携わる県関係者は、訴訟と協議を「車の両輪」で進める国の手法を正当化するために、国側が和解条項ではなく、代執行訴訟で裁判所が示した「和解勧告文」を持ち出したことをその一つに挙げる。

 ただ、知事は「勧告」と「条項」では前提とする訴訟が異なることなどを冷静に答弁。県関係者は「知事は国の仕掛けをうまく回避した。国は知事が訴訟の基礎を理解していないと、高をくくっていたのではないか」と話し、「国の反対尋問はわれわれの想定内だった」と余裕の表情すら見せた。

 一方、裁判所による訴訟指揮の「軌道修正」とも取れる場面もあった。

 多見谷寿郎裁判長は5日の第1回口頭弁論で事前に裁判所が県に求めた釈明事項を確認する形で「県は判決に従うか」と何度もただした。これに対し、県側代理人は「正当な訴訟指揮とは思えない」(松永和宏弁護士)と痛烈に批判した。

 この日の弁論の冒頭、多見谷氏は前回繰り返し問うた理由を「確定判決に従うつもりがなければ無駄な裁判になる」と“釈明”した。県側の竹下勇夫弁護士は「長い間弁護士をしているが初めての経験。釈明理由は判断し難い」と真意を測りかねる。県幹部は、「あまりに偏った訴訟指揮だとの声を裁判所が気にしたのではないか」といぶかる。

 ただ、県内部では弁論で知事の尋問が代執行訴訟から今回までの経緯など3事項しか認められなかったことなど、これまでの訴訟指揮から、来月16日の判決は「県側に厳しいものになるのでは」との見方が強い。

 地方自治法の定めにより、来月16日の判決で、最高裁への上告期限は7日後の23日までとなる。県関係者によると、既に県幹部の間で上告のタイミングの検討にも入っているといい、辺野古新基地建設阻止のために「あらゆる手段を尽くす」と全面的に争う姿勢だ。辺野古沿岸部の岩礁破砕許可が2017年3月に期限を迎えるため国が更新申請や協議をしてくるものとみられ、県内部ではその対応への検討にも入っている。

 一方、防衛省関係者は仮に、最高裁判決が出ても知事があらゆる手段を講じ続ければ「判決が出たのに駄々をこねているとして県民の支持は離れていく」と余裕の表情を見せる。

 だが、「弁論で出た『協議』を、裁判所がどう認定してくるのかは気になる」と一抹の不安も口にする。

                  ☆

>県内部では敗訴も想定し、上告のタイミングを探る動きも出始めている

まともな判断力のある県職員なら、翁長知事の「埋め立て承認取り消し」が無理筋であることは先刻承知である。

この裁判の敗訴は想定内だっただろう。

翁長知事は大口を叩いた来た手前、敗訴になっても上告するだろう。

だが、最高裁は個別の事実認定などはせず、憲法違反などがないかなど、適法かどうかのみを判断するという。

つまり翁長知事が強調する「民主主義論」や「米軍基地の歴史」などは判断の対象外ということになる。

そもそも外交・安全保障事案は国の専権事項であり、憲法93条に「外交は内閣の職務」と記されている。 最高裁で県(翁長知事)が敗訴が確定することは、ほぼ間違いない。

翁長知事は、敗訴が確定し、国の是正支持に従がって「埋め立て承認取り消し」を取り消しして一応約束通り判決に従がう。

だが、その一方、「あらゆる手段で辺野古阻止」を続けるという。

やはり、沖縄は「無法特区」ということか。

無法特区といえば、高江の違法テント撤去の件で、「法的根拠がない」と扇動していた小口弁護士。

依然として高江の暴徒を扇動しているようだ。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 

 

 東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民ら約30人は20日、工事車両の搬入を阻止するため、高江橋で座り込みを行った。その際、機動隊に排除されたが、機動隊バスとバスの間に押し込まれて計約30分間拘束された。

座り込む市民を3人がかりで持ち上げ、強制排除する機動隊=日午前時分、東村高江

 午前10時26分、工事車両をN1地区に通すため、機動隊が座り込みを続ける市民ら約15人を排除。市民らは3台が並んで停車している機動隊バスとバスの間に押し込まれた。午前10時41分にも、機動隊は座り込みを続ける約15人を排除し、バスの間に押し込んで出られないようにした

 市民らはバスから出る排ガスを吸い、トイレにも行けないまま拘束された。「ここから出せ」「拘束の法的根拠は」などと怒号が飛び交った。

 機動隊は工事車両8台が高江橋を通過後の午前10時58分、押し込めていた計30人を解放した。けが人はなかった。

 市民の拘束に抗議の声を上げた小口幸人弁護士は「本土の抗議行動への対応と比べ、扱いがひどい」と憤った。

 

>小口幸人弁護士

そうそう、この弁護士先生が違法テントの撤去に対し、「法的根拠がない」などとプロ市民を扇動していた。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 

 

 本紙記者は午前10時26分すぎ、排除の様子を取材していたところ、機動隊4人に囲まれた。背中を強く押されながらバスとバスの間に連れて行かれ、すでに拘束されていた市民ら15人と一緒に押し込められた。

 県警に「取材中である」ことを訴えると、一度は解放された。だが午前10時41分すぎ、別の機動隊に再び拘束され、バスとバスの間で身動きが取れず、取材活動を制限された。他社の記者も同じく拘束された。

 小口幸人弁護士は、記者の拘束について「主権者が知るべきことを報道する権利を侵害する行為で許されない」と話した。交通を妨げるなど、排除される理由がなかった中での拘束に「法律に基づいた行動だとは思えない」と述べた。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「マスコミを萎縮させることにつながりかねない行為で、あり得ない」と語気を強めた。

 県警警備2課は、バスとバスの間に市民や記者を拘束したことについて「危険防止や安全確保のため。取材を規制する目的ではない」と答えた。

                     ☆

一読して感じるのは機動隊を「悪玉」に仕立て上げようという記者の印象操作だ。

さらに目に付くのは、報道するためには違法行為しても許されるという新聞記者の傲慢な態度だ。

記者であることを名乗れば違法行為も許されると思っているのだろう。

そもそも、彼ら記者たちに報道は嘘八百の捏造報道の拡散ではないか。

>沖縄平和運動センターの山城博治議長

くるさりんどー山城氏が米軍基地立ち入り禁止区域内に新入し、刑特法違反で逮捕されたとき、沖縄2紙の記者も同じように立ち入り禁止区域に侵入し、「不当逮捕」などにデマ記事を垂れ流していたではないか。

 

【おまけ】

機動隊は「悪の権化」、抗議する市民は「正義の一般市民」という先入観の記者が書き散らした捏造新聞の記事は、眉に唾して記事の裏を読みましょう。

 

機動隊の強制排除、根拠説明なし 羽交い締め、記者の抗議聞かず

 

 

 ヘリパッドの建設作業とこれに反対する市民らの取材をしていた本紙記者らは、座り込みの排除の現場にカメラのレンズを向けている際、機動隊員に両腕を抱えられて強制的に移動させられ、車両と隊員らで囲われた道路脇のスペースに閉じ込められ、この間も続いていた排除の現場を取材することはできなかった。

 午前10時25分、県道70号の高江橋で機動隊による強制排除が始まった。開始直後、機動隊員の1人は本紙記者に「プレスの方ですよね」と確認すると、その場から動かすことはしなかったが、対応は隊員によって違った。
 市民が排除される様子を撮影していると、何の確認もないまま、後ろから羽交い締めにされた。2人の機動隊員に両腕をつかまれた記者は「やめてください」と声を出したが「移動してください」とさらに背中を押された。約40メートルほど移動させられた際、近くにいた小口幸人弁護士が「新報の記者だぞ」と大きな声で指摘。このタイミングで機動隊員は記者を放した。
 同10時45分ごろ、記者が高江橋に戻り、写真を撮影していると、沖縄県警の腕章を付けた警察官が「危ないですよ」と言いながらカメラの前に立ち、両肩をぐっとつかんだ。本紙記者であることを告げると「はい、移動して」とだけ答えたが、そのまま別の機動隊員2人に両腕をつかまれ、さらに背中を1人に押される形で排除され、約40メートル離れた場所で機動隊員の人垣の中に閉じ込められた。
 記者は琉球新報の所属であることを告げ、排除の根拠を聞いたが、隊員らは終始無言のまま。約15分後に解放されるまで、橋上では排除が続いていたが、記者はその現場を見ることはできなかった。

 

                                                                              ☆

沖縄・高江 ヘリパッド建設強行現場

 

監視テント守った

 

前日夜から泊まり込み…市民ら500人集結 強制撤去させず

 

 

 

写真

(写真)「N1裏」テントを守り、ヘリパッド建設を止めようと声をあげる県民ら=6日、沖縄県東村

 

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場ヘリパッド(着陸帯)建設で、沖縄防衛局が通称「N1裏」テントを強制撤去するのではないかとみられていた6日、「ヘリパッドいらない住民の会」などの呼び掛けにこたえて前日夜から泊まり込んで監視を続けた人、未明に駆けつけた人など、テント前には約500人が集まり、抗議の声を上げました。

 


 

 防衛局職員が“偵察”をしていましたが、機動隊の出動は無く、強制撤去は行われませんでした。県民らは「みんなの力で止めたぞ」とこぶしを突き上げ、「高江の森を守ろう」と気勢を上げました。

 

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員や福島瑞穂(社民党)、山本太郎(生活の党)両参院議員をはじめ、県議、市町村議らも多数、参加しました。

 

 朝6時からの集会で、小口幸人弁護士が改めてテントの撤去に法的根拠がないことを指摘しました。

 

 赤嶺議員は「政府の横暴な、憲法も法律も踏みにじったやり方には絶対に負けない」と述べ、福島議員は「オスプレイパッドの建設は基地機能強化でしかない」と強調しました。

 

 「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の阿部悦子共同代表も駆けつけ連帯あいさつしました。

 

 2年前のテント設置から泊まり込みをしながら座り込みを続けてきた男性(68)は「大勢の人が昨日から集まってくれて心強く、たたかう意欲が湧いた」と話しました。

 

 午前0時からテントに詰めていた豊見城(とみぐすく)市の女性(34)は「自分にできることは何かと考えて来ました。基地を返すからと言って、新しくヘリパッドを造るなんて意味がわからない」と話しました。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この裁判は「政治的裁判」、... | トップ | 高江の暴徒を支援する大学教員! »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-08-22 08:23:59
保守速報「【炎上】社民・福島みずほ「脱原発テントの強制撤去に抗議する」⇒ 識者「弁護士の癖に最高裁判決を無視するのか」 2016年08月21日19:00」
http://www.honmotakeshi.com/archives/49356504.html

>福島みずほ@mizuhofukushima
>脱原発テントの強制撤去に抗議する。原発事故は、終わっていない。続いている。
>今こそ脱原発であり、原発がなくても電気は足りている。

最高裁まで判決を仰いだ結果を、「強制撤去に抗議する」という弁護士資格をもつ国会議員が言う。
ネットのどこの誰かわからない者の世迷言じゃない。

この瑞穂議員、N1裏テント撤去をさせないぞーと、応援に来ていた。
彼女の秘書は、泊まり込みにも参加していた。


小口弁護士、8.19集会で面白いことを言っていた。
「我々(弁護士)は、法の範囲でしかできないので、自ずと範囲があり、(反対派の行動)すべてを守ることはできない。が、出来る範囲で、全力を尽くす」。

(反対派の行動)すべてを守ることはできない
→どう見ても、どう屁理屈つけても違反行為でしょっていう行動を反対派はしていると、応援の弁護士が認めている。
Unknown (東子)
2016-08-22 08:24:58
高江橋にてIWJ中継中 2016.8.22 7:00
http://twitcasting.tv/iwj_okinawa1

高江集落の人達の生活に支障をきたさないようにするには、6:30までに高江集落を抜けて、集会やバリケードはメインゲートとN1ゲートの間でしかない。
今日は、メインゲートとN1ゲートの間の高江橋の上。

道路に駐車して通行妨害しておきながら、防衛局の車が来たら市民の車が通れないから、さがれ!と怒鳴る。
クルサリンド山城が交通整理をしていると、クルサリンド山城がいなければ、現場は大混乱するかのように持ち上げる。
日常生活で普通、交通妨害していたら、妨害している方が、すみませんと即車に駆け寄って、邪魔にならないような場所にどかすのが、正常な精神だと思う。

橋のたもとに警察車両。
積極的に交通妨害をしているのを確認中。

交通妨害を誇っているが、積極的に道交法違反をしているのを誇っているだと、気づいているか? IWJ。
封鎖を良きものとして出発してしまっているから、日常生活での正常な感覚を忘れてしまうのね。
怖いですね。
Unknown (東子)
2016-08-22 08:26:34
ツイキャスでクルサリンド山城の演説を聞いていて感じたこと。
上手いのよ、絵になる配置、演説。
演出家であり、プロデューサー。

同じことをしても「市民」には声を荒げないが、防衛局員や機動隊員には口汚く怒鳴る。
「悪である巨大な権力に立ち向かう」姿と、惚れ惚れする人も多いだろう。
演説は、涙調、冷静な口調、早口&怒鳴るなど、演技力があるなーと思わせる。
ああいう閉鎖的な場所で聞いていると、そこにだけに集中するから、こりゃ、ころっと参るわと、感じた。

で、いつか、クルサリンド山城の指示通り動くことになる。


今も高江橋の上で、クルサリンド山城の指示で、車を道路いっぱいに並べて封鎖を開始している。
なぜ、橋の上か。
もう少し先の道路でないのか。

橋は、道路ほど余白がない。
「市民」を道路端に寄せようにも、余白がない。
しかも、橋の欄干が低いので、落ちそうになる。
危険を回避しようとすれば、橋を渡り切ったところまで「市民」を追いやるしかない。
だが、そこに車が点在しているので、7.22排除のときのように機動隊が横一列になろうにもなれない。
車と車の間は、わざと人が通れる隙間を空けてある。
排除されても、機動隊の隙を縫って、また戻れるにようにだろう。

ただ、このような妨害も週2回が限界らしいから、妨害の日は、休工日にしたらどう?
特に土日は避けたいようだから、土日仕事も良いのでは?
Unknown (坂田)
2016-08-22 10:08:47
>「脱原発テント」の強制執行

脱原発騒動とは、或る政治勢力が無理解の大衆の支持と新規党員を得んが為のオルグにしか過ぎません。
福島県民を傷付けた福島放射能惨禍表現、連中は県内59自治体に赴き県民一人一人に放射能禍を説法し県民の意見を伺って来たとは到底思えません。

熊本地震の余震速報TV九州地図震度表示で判った
のは、原発の在る玄海町と川内市でも原発の震度は
2度程低く表示されてます。震源地から100km乖離地は震度が2度低く成ります。以前、大宰府九州国立博物館は収納文化財保護目的で耐震構造装置を巡らしたと聞きました、結果、玄海直下地震では震度5が
3に減衰していました。原発は更なる震度減衰構造に
成ってると察するのは当然と思います。然し、メディア
は決して耐震の原発とは報道しません、日本の原発を
木造と見做してるのだろうか、大衆の不安を煽る為には原発反対派も耐震原発とは一言も言及してません。

福島放射能惨禍を、世界はどの様に日本を見つめて
来たでしょうか。実は、世界の日本評価視線は震災前も後も変わりません、むしろリーマンショック後から最大の投資が日本に流入し、東京は依然とアジア最大の投資受け入れ都市の地位を保っています。
結局、世界が日本を評価する視線は放射能はまったく
無関係だったのです。関係したら投資は激減します。

むしろ、海外視線と同じく日本政府の復興を賛辞すべきですが、メディアと原発反対派は日本経済興隆現況
と東北6県の復興経済指標にはサッパリ無関心です。

いま、仙台市は中心地がミニバブルに成っていて収益マンションやオフィスの市場供給が足りて居ません。
6県は緩やかですが確実に経済成長=内需拡大を成して来ています。仙台銀行は昨年公的資金を完済しま
した。2年前には、あくまでも震災特需に依りますが6県は被災前主要経済指標項目を全て上回りました。

海外の投資家が観る日本の評価とは経済動静です。
その根幹がないと、放射能に関係なく投資は海外流出
し国はやせ細ることに成ります。復興とは放射能もそうですが、生きて行く力強い証が国にないと本当の惨禍
に見舞われます。そう言う復興への観点がメディアと
原発反対派には一切在りません。何も原発推進に賛成する訳ではないが、連中には論拠と大局観がない
から放射能を何かに活用してる魂胆が明々白々です。

Unknown (amai yookan)
2016-08-22 10:26:07
「われらの 偉い やましろさん」って、事になっているのでしょうか? 

そーいえば戦後 「われらの 偉い 吉田さん」って、標語があったような気がします。

何になのでしょうか、これ??狂気の世界??



  
Unknown (東子)
2016-08-22 10:32:42
「着陸帯着手1ヵ月 国の強行 際立つ 手続き軽視 進む工事 2016年8月22日 05:01」
着陸帯 高江 ヘリパッド
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-341367.html

>市民らは連日抗議の声を上げるが、大型トラックは、機動隊などに守られながらゲート内に続々と進入し、政府の圧倒的な力を背景に工事作業は進んでいる。

反対派は、「今日もダンプを止めれた」「半日止めれば、工事はできない」と毎回勝利宣言をしているが、実際は、工事進んでいるのね。


>東村の伊集盛久村長はヘリパッド建設は容認だが、オスプレイ配備は安全が確認されるまでは「反対」との姿勢は変えていない。

東村に造る2基は、もう完成して使用開始している。
連日反対派が建設反対と騒いでいる4基は、国頭村安波区だ。
なぜ、国頭村村長のコメントを取らない?


>ヘリパッドの運用で地元の騒音被害への補償として、高江区への交付金制度の創設を自民党県議団に要請。

もう、運用されているからね。
だから、オスプレイの騒音が酷い(本当に酷いかどうかは、おいておいて)と言える。


>沖縄防衛局がN1ゲート前の県道70号に県の許可を得ず金網を設置するなど法的根拠が乏しい中、工事を進めているケースがあることも明らかになった。

と言いながら、反対派弁護士は、対抗できる法的措置を取れていない。


N1ゲート前の県道70号の路側帯は、下記の流れで、「米軍専用」になっていないか?
もし、「米軍専用」になっていて日本の法が適用できないのに、弁護士らが「法的根拠が乏しい」と言って「国が強行している」ように、反対派もマスコミも思わされているとしたら……。

「高江・県道路側帯 「米軍専用」に近く変更 反対住民ら排除へ 2014年9月13日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-231535-storytopic-3.html

>日米両政府が、東村高江でヘリパッド工事反対の座り込みをする住民らを排除するため、工事車両の出入り口となる県道70号沿いの路側帯を「日米共同使用」から「米軍専用」に近く変更することが分かった。
>路側帯はヘリパッド建設に反対する住民らがテントや車両などで封鎖している
>住民らがテントや車両の撤去を拒んだ場合、裁判所に仮処分を申し立て強制的に排除する方針。
>訓練に支障がないとして1990年に「米軍専用」から「日米の共同使用区域」に変更された。
>市民の通行は制限されず、住民らが車両やテントで工事車両の出入りを阻止しており、「共同使用」から「米軍専用」に戻し、立ち入りを制限する。
>その後、住民らが撤去に応じなかった場合は「不法占有」として裁判所に撤去を求めて仮処分を申し立てる方針で、国有林側の阻止行動についても同様の対応を行う。
>従わない場合は強制排除のほか「占有権のない場所の無断使用」として損害賠償を請求することも検討している。


「高江ヘリパッド、年明け抗議排除へ 米が路側帯管理 2014年12月31日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=96944

>工事車両の出入り口となる県道70号沿いの路側帯の日米共同使用を解除し、米軍専用に戻す手続きを始めた

訓練に支障がないとして1990年に「米軍専用」から「日米の共同使用区域」に変更されて市民の通行は制限されていなかったのに。


「【国が沖縄県提訴】 共同通信(記事) 沖縄タイムス(記事) 琉球新報(社説)2015/03/07」
http://www.47news.jp/47topics/e/262801.php

共同通信(記事)

>日米両政府が沖縄県と結んだ道路の共同使用に関する協定書などの文書を両政府の同意なく、県が情報公開条例に基づき開示決定したのは違法として、国は4日、県に決定取り消しを求める訴訟を那覇地裁に起こし、開示の執行停止を申し立てた。
>沖縄防衛局が5日明らかにした。
>文書は6日に開示予定だったが、那覇地裁の 井上直哉 (いのうえ・なおや) 裁判長は5日、国の申し立てを認め、判決が確定するまでの開示の執行停止を認めた。
>法務省が明らかにした。


沖縄タイムス(記事)

「県道70号使用の日米協定文書開示を停止 国が沖縄県提訴 2015年3月6日 13:30」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/11651

>国は県道70号路側帯を米軍専用に戻す手続きを進めている
>住民請求を受け、県は情報公開条例に基づき開示を決定した
>国は「日米双方の同意が必要」と取り消しを求め提訴した
>防衛省は北部訓練場内のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設事業に関連して、反対する住民らが座り込む県道70号沿いの路側帯の共同使用を解除し、米軍専用に戻す手続きを進めている。
>そのため、この手続きでの県の関与を調べようと、沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんが1月6日に情報開示を請求した。
>県は1月9日、沖縄防衛局に意見を照会。
>回答期限を延長した上で、防衛局は2月18日、「他国との信頼関係を損なう恐れがある」と不開示にするよう求める意見書を提出した。
>県は翌19日、開示を決定した。
>米軍は決定後に、「関係者以外に開示すべきではない」と県に反対意見を伝えた。


琉球新報(社説)

「<社説>不開示求め提訴 知る権利に逆行する愚行 2015年3月7日 06:02」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/prentry-239940.html

>県が情報公開条例で開示決定した公文書について、国が決定取り消しを求める訴訟を提起した。
>文書は米軍北部訓練場や東村などを通る県道70号の共同使用を取り決めたものだ。
>県道利用の文書をなぜ開示してはいけないのか。


「北部訓練場の着陸帯工事 来月再開へ 2015年6月26日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121489

>防衛省がノグチゲラの営巣期間で中断していた作業を、7月初めにも再開する準備を進めていることが分かった。
>工事車両の出入り口となる県道70号沿いの路側帯を、日米共同使用から米軍専用に戻す手続きについて、政府関係者は「工事に必要で、近く沖縄森林管理署から県へ届け出が出る」との見通しを示した。
>工事車両が訓練場内の建設予定地に出入りするのを阻止するため、幅2~3メートルの路側帯に座り込んだり、車を止めたりしている。
>関係者によると、防衛省と調整した上で、米軍が国有林を管理する沖縄森林管理署へ日米共同使用を解除すると通知。
>同署が路側帯を使用する県へ届け出ると、手続きは完了する。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-08-22 13:34:44

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「市民強制排除 主権はどこに」の那覇市・久貝英世さん(66)は、4月17日、6月7日、7月19日に続き今年4回目の掲載。
「宮城さん人生 あやかりたい」の那覇市・山根光正さん(72)は、1月8、22日、2月7日、3月13、28日、4月11、25日、5月9、23日、6月8日、7月6日に続き今年12回目の掲載。
「力を振り絞り 花咲かせた木」の浦添市・宮里直子さん(66)は、7月10日に続き今年2回目の掲載。
「熱気に満ちた 座喜味運動会」の読谷村・長浜ヨシさん(88)は、2月9日、5月7、29日、6月13日、7月11日、8月3日に続き今年7回目の掲載。
「市民の表現活動尊重を」の名護市・大城渡さん(45)は、7月21日に続き今年2回目の掲載。
「交番に魂の拾得物」の浦添市・安東民夫さん(63)は、1月15、31日、2月21日、3月5、19、29日、4月11、16、27日、5月10、28日、6月13、30日、7月20、26、30日、8月10日に続き今年18回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


基本的に投稿内容には容喙しないが、名護市・大城さんの主張は「表現の自由」を理由に違法行為を容認せよという暴論。こういう投稿を新聞に載せてはいけない。


Unknown (宜野湾より)
2016-08-22 20:42:53
一度、解散したはずの男組が、沖縄まで進出してますね。連中は無職集団のはず。誰かスポンサーがついたんでしょうね。時々、豪勢な宴席の料理画像もアップしている。韓国の番組でも特集されていたし、資金源を洗ったら、凄いところに繋がりそう。

—CatNA@CatNewsAgency 8月20日


フロントを張るのは男組やらしばき隊やらで、それを莫迦も安身安身…でおなじみのIWJが堂々とツイキャスとかww
笑えないのは、盾に使う車の中に子供を乗せておくという…
http://togetter.com/li/1014630

テロリスト以外の世界中の誰もが虐待と断じること、誰の弁護士でも黙っているべきではないやり方がそこにあってなお批判無しとは、
1.タイムス・新報の記者もそんなことがわからんようになった
2.タイムス・新報の記者もテロリストである
3.タイムス・新報の記者は反対運動側から言論統制を受けている、または忖度し過ぎて自主規制している

好きなの選んで。
Unknown (東子)
2016-08-22 21:57:37
>基本的に投稿内容には容喙しないが、名護市・大城さんの主張は「表現の自由」を理由に違法行為を容認せよという暴論。
>こういう投稿を新聞に載せてはいけない。

一部の隙も無く、賛成。

「表現の自由」を旗印に違法行為をすることに駄目だしをしたのが、「経産省前の違法テント」。
辺野古移設賛成というテントを県庁の敷地に建てても容認するかということ。
ひっくり返してみれば、変だということが、わかろうというもの。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL