狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【速報】違法確認訴訟、アメはいらぬ!リンクで錯乱の「県民」

2016-08-05 07:06:29 | 普天間移設

 

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 沖縄お悔やみ情報局

【速報】

<辺野古違法確認訴訟>次回19日に結審、9月16日判決へ

 名護市辺野古の新基地建設を巡って石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」の第1回口頭弁論が5日午後、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で開かれた。翁長知事と国側の定塚誠法務省訟務局長が意見陳述した。

次回、8月19日の第2回口頭弁論で結審、判決は9月16日午後2時に言い渡される予定。次回口頭弁論では翁長知事の証人尋問を45分実施し、国側は内容次第で反対尋問を45分実施する。

                 ★

 

政府と沖縄県は現在辺野古移設を巡る「戦い」の真っ最中。

きょう福岡高裁那覇支部で違法確認訴訟の第一回口頭弁論が行われる。

戦う相手を兵糧攻めにするのは古今東西、勝ち戦の鉄則。

 

ここに来て政府は「リンク論」という奥の手をもちだし、必勝の構えを示した。 従来「アメとムチ」と揶揄されてきた沖縄振興費(アメ)を、支給しない減らすというのだ。

本音では「基地負担と沖縄振興政策はリンクしている」と知りながら、建前では「リンクしていない」と主張し続けてきた革新勢力。 こんなインチキが続くはずがない。

政府が「リンク論」を公言したのを受け、今朝の沖縄タイムスは合計7面を詰まって久々の大発狂である。

そりゃそうだろう。

これまで支援してきた翁長知事が「高江ヘリパッド建設」で、工事そのものに対して曖昧発言を続け、共産党らに「反対」を迫られ窮地に立たされていた矢先の「リンク論」。 首吊りの足を引っ張るようなものだ。

政府が「リンク論」を採用すれば、復帰以降続いてきた沖縄振興政策の大転換となる。

政府はこれまで沖縄振興の根拠を、本土との格差是正や、沖縄の経済発展を通じて日本の経済成長のエンジンとするなどと位置づけ、「基地の見返り」との認識を否定してきた。

一方、安倍政権は、知事が辺野古の新基地建設阻止を掲げていることに「基地を認めなくても予算を取れると思っている」(政権幹部)と問題視していた。

3日の組閣を前に、内閣府沖縄担当部局の幹部が政府高官に、沖縄振興と基地問題を従来通り切り離すか確認したところ、高官は「それでは駄目だ」と否定的な考えを示した。(4日付沖縄タイムス)

                  ★

■沖縄タイムス一面トップ

基地・振興リンク容認

辺野古遅延なら予算源

菅氏見解 県側は反発

違法確認訴訟

きょう初弁論 高裁那覇

■二面トップ

リンク明言 政策転換へ

県幹部強い不快感

経済界と分断警戒

県議会与党 一斉に反発

自民、大幅予算減を否定

名護市長 「沖縄差別」

驚き・失望繰り返す

■三面トップ

基地絡み 過去にも減額

98年大田知事が反対表明

沖縄予算 900億円減

■第二社会面

振興を縦 政府に焦り

子の貧困対策 懸念

政策関わった識者に聞く

■社会面トップ

「本音」露骨 怒る県民

闘争宣言だ■アメいらぬ

リンク論に批判続出

      

辺野古移設と沖縄関係予算「リンク」 菅官房長官が認める

 【東京】菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設の進展が内閣府沖縄関係予算の査定に影響を及ぼすとの考えを示した。これまで政府と県が否定してきた基地問題と沖縄振興の「リンク論」を認めた。

 菅氏は「工事が進まなければ予算が少なくなるのは当然でないか。米軍との間では嘉手納以南の土地の約7割が返還されることが決まっている。(普天間飛行場や嘉手納以南の)跡地利用が遅れれば、予算が少なくなっていくのは、それはそうでないか」と述べた。

 政府による沖縄振興の目的に関し「返還された基地の跡地利用と基地の負担軽減が含まれる。両方の課題を全体的に総合的に推進していく意味ではリンクしているのではないかと思う」とした。

 その上で、安倍晋三首相と仲井真弘多前知事で合意した2021年度まで毎年3千億台の沖縄関係予算の確保は「ここはしっかり約束通り守っていきたい」と強調した。

                            ☆

 

菅官房長官 基地負担と振興予算は「リンク」

 

振興予算と基地問題はリンクする。菅官房長官が明言しました。(QABテレビ)

 

県議選で敗北し、参院選では現職沖縄担当大臣が落選など、このところ沖縄の選挙に関する限り政府側は連戦連敗。

もはや失うものはないと開き直ったのか、安倍政権は沖縄と政府のクッション役を任していた沖縄担当相に沖縄に何のかかわりもない人物を選んだ。

だからと言って実力者の菅官房長官が「反対するから金はやらない」などと露骨な対応をするはずはない。

新聞の発狂報道に比べ、きわめて冷静かつ論理的に「リンク」の必然性を述べている。

>菅氏は「工事が進まなければ予算が少なくなるのは当然でないか。米軍との間では嘉手納以南の土地の約7割が返還されることが決まっている。(普天間飛行場や嘉手納以南の)跡地利用が遅れれば、予算が少なくなっていくのは、それはそうでないか」と述べた。

>政府による沖縄振興の目的に関し「返還された基地の跡地利用と基地の負担軽減が含まれる。両方の課題を全体的に総合的に推進していく意味ではリンクしているのではないかと思う」とした。

なるほど、言うことを聞かないから金を出さないのではなく、(反対の結果)「工事が進まなければ予算が少なくなるのは当然でないか。米軍との間では嘉手納以南の土地の約7割が返還されることが決まっている。(普天間飛行場や嘉手納以南の)跡地利用が遅れれば、予算が少なくなっていくのは、それはそうでないか」と、論理的だ。

唐突に見える「リンク論」に関しても、(沖縄振興の目的は)「返還された基地の跡地利用と基地の負担軽減が含まれる。両方の課題を全体的に総合的に推進していく意味ではリンクしているのではないかと思う」と説明責任を果たしている。

 

 

法の理念と乖離 安倍政権の沖縄予算減額方針

 菅義偉官房長官が沖縄の米軍基地と沖縄振興政策の「リンク論」を認め、従来の政府方針を撤回したのは、沖縄関連予算の大幅な減額や、沖縄関連の税制優遇制度延長を厳格に判断することを見通しているからだ。基地と振興を切り離すとしてきた従来の政府方針を撤回し、完全に沖縄を組み敷く姿勢を明確に打ち出した。県に対する再提訴に加え、東村高江周辺のヘリパッド新設強行、名護市辺野古陸上部の工事再開と三正面攻勢の姿勢を見せる政府だが、さらに基地と振興のリンク論で追い打ちをかける格好だ。

 関係者によると、前沖縄担当相の島尻安伊子氏が落選したことで、政府・与党内に「これ以上沖縄を優遇する必要はない」との意見が強まり始めている。本年度の予算は3350億円だが、政府内には「300億円の上積みはいらない」(自民党関係者)との声があり、那覇空港滑走路増設の工事費を含めて3千億円台をわずかに超えればよいとの見方もある。振興策を切り詰めることで、県内での翁長雄志知事の求心力を弱める狙いがある。
 8月末に次年度の概算要求を控え、5日には米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を巡り、国が提起した不作為の違法確認訴訟の第1回口頭弁論が開かれる。それを前にリンク論を認めて、知事に“脅し”をかけることで、県との折衝で優位に立ちたい思惑も透けて見える。
 一方で菅氏は、沖縄振興計画に明記された沖縄の「社会的事情」に跡地利用や基地負担軽減も含まれているとして、リンク論の理屈付けを図った。だが、振興計画の根拠法となる沖縄振興特別措置法は法律の目的として、沖縄の特殊な事情に鑑みるとともに「沖縄の自主性」を尊重することも理念化されている。
 鶴保庸介沖縄担当相は4日の会見で、基地に対する翁長知事の姿勢が振興策に影響を与えるかを問われ「基地の問題に対する態度をリンクさせようとする情勢を私はつくりたくない」と否定した。だが、菅氏らが振興を盾に米軍基地に反対する翁長知事の姿勢に揺さぶりをかけていることは事実であり、その姿は沖縄振興特別措置法の理念とは大きく懸け離れたものだと言わざるを得ない。(池田哲平)

                       ☆

>基地と振興を切り離すとしてきた従来の政府方針を撤回し、完全に沖縄を組み敷く姿勢を明確に打ち出した。県に対する再提訴に加え、東村高江周辺のヘリパッド新設強行、名護市辺野古陸上部の工事再開と三正面攻勢の姿勢を見せる政府だが、さらに基地と振興のリンク論で追い打ちをかける格好だ。

事実上、安倍政権で沖縄米軍基地問題の最高責任者である菅官房長官は、2014年の沖縄県知事選の前「どちらの候補者が当選しても辺野古移設は終わった案件で、埋め立て工事は粛々と進む」と何度も明言していた。

ところが、埋め立て工事を断行できなかった理由は、沖縄2紙が扇動する「民意」に気兼ねする面もあった。

>前沖縄担当相の島尻安伊子氏が落選したことで、政府・与党内に「これ以上沖縄を優遇する必要はない」との意見が強まり始めている

いくら政府が「民意」に気兼ねしても沖縄2紙の政府に対する敵意を緩和することは出来ない。

県議選、参院選の敗北が何よりの証拠だ。

沖縄2紙の顔色を見る必要がなくなった結果が、「リンクする」という本音の吐露だ。

追い詰められた翁長知事を沖縄2紙はどこまで支え続けることができるのか。

お手並み拝見である。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基地と振興策、「リンク」の... | トップ | 内定!国が勝訴、違法確認訴訟 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-08-05 08:05:30
2021年までは3000億円を確保する?
馬鹿か、このクソ政府は?(笑)
2021年までは少なくともハゲ頭と左翼が選挙で勝ちまくりやさに(笑)
名護市長選もまた稲嶺が圧勝だな(笑)

来年から2000億円、その後毎年100億円ずつ減らせよ馬鹿政府(笑)
Unknown (心配性)
2016-08-05 08:52:41
政府としては仲井真前知事との約束は守りますよ、ただし基地返還が遅れれば上積みは無しということでしょう。
基地移設が遅れれば2022年度以降は大幅に減らせれるのは間違いない。
Unknown (ジュゴン)
2016-08-05 09:22:46
沖縄の「民意」を無視して造っているんだから、サヨクが勝っても、全然かまわん by 政府。
左翼が勝っても、辺野古、高江は、止まらないことを見せつけているのサ。
左翼の無能さ、アピール。

左翼は、3000億円もらって辺野古、高江をしっかり止めよ。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:29:18
「露骨な「兵糧攻め」 政権、島尻氏落選で方針転換 沖縄県は冷静さ保つ 2016年8月5日 05:02」
安倍政権 米軍基地 沖縄振興 リンク
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-329684.html

見出しは、「沖縄県は冷静さ保つ」だが、1行目の文章は、

>菅義偉官房長官らによる米軍基地と振興政策の「リンク」容認発言で4日、沖縄県内に激震が走った。


そして、リンク論については、新報は、まだ「基地の見返り」に混同しきれていない。
正直にリンク論の中身を書く↓。

>リンク論容認への転換の背景について、官邸関係者は「基地とリンクするとか、しないということが厳密には問題ではない。予算を減らすことが目的だ」と解説する。


>こうした国の強硬姿勢にも県は冷静さを保っている。
>県幹部は「原発を受け入れる自治体への電源交付金はまさに振興策とリンクしている。だが、沖縄振興特別措置法はそういう事情でできたものではない」と沖振法の性格を指摘する。
>その上で「一つ一つに批判して声を上げるよりも、しっかり法の趣旨に基づいて必要額を訴えることが大事だ。政府も冷静になって考えて正常化を考えた方がいい」と語った。
>翁長知事は10日、次年度予算と税制改正の要請で上京し、政府と折衝する考えだ。

はぁ?
自治体?
沖縄は植民地でなく、日本国の一部であると思っているから↑の発言でしょ。



【参考】
「菅氏、沖縄振興予算の減額示唆 「基問題地とリンク」」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016080502000141.html

>菅氏は、米軍基地の再編に伴う跡地利用の事業費などが振興予算に盛り込まれているとして「工事が進まなければ費用は当然減る。跡地利用の工事が遅れれば、予算が少なくなっていくというのも現実問題だ」と述べた。基地問題と振興予算は「政府として総合的に推進していくという意味合いにおいて、リンクしている」と説明した。
>これに関連し、鶴保庸介沖縄担当相は同日の就任記者会見で「県や市の事情で消化できない予算を無理やり計上すれば、血税の無駄遣いという国民の批判に耐えられない」と菅氏に同調した。
>稲田朋美防衛相も報道各社のインタビューに対し「基地問題と振興策のリンクは菅氏が述べた通りだ」と語った。

鶴保庸介沖縄担当相は、「未執行率の高さ」から。
稲田朋美防衛相は、「跡地利用の工事が遅れれば、予算が少なくなっていく」。

「基地の見返り」とは、3人共、言っていない。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:31:37
「沖縄予算の大幅削減、税制優遇の延長厳格化… 政府が基地と振興策のリンク検討へ 2016年8月4日 08:01」
沖縄振興 普天間爆音訴訟 普天間移設問題・辺野古新基地
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/55818

タグを見れば、タイムス自身が「予算と基地」がリンクしていると考えていることが、バレバレ。


>沖縄関係予算は、内閣府沖縄担当部局が各省庁の予算を一括計上しているが、他県では「沖縄だけが通常予算と別枠で振興予算を得ている」との誤解がある。
>こうした認識から、知事は「沖縄関係の予算が突出しているわけではない」と発言しているが、政権は「公共事業の高率補助などの優遇措置を無視している」(幹部)と不快感を強調。
>沖縄関係予算のうち、未執行率の高さが問題になった一括交付金のソフト関連予算を大幅に削減したり、本年度末で期限が切れる特例制度の延長基準を厳格化したりするなど、県への対抗措置を講じる考えだ。


「<内閣改造>「すべては振興」鶴保沖縄相、近く知事と会談希望 2016年8月4日 07:47」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/55814

>限られた予算の中で全国民の理解を得ながら進めていくことが唯一の解決策だ

他県にある「『沖縄だけが通常予算と別枠で振興予算を得ている』との誤解」を鶴保沖縄相が解いてくれるでしょう。
おまけで「公共事業の高率補助などの優遇措置」も、知れるでしょう。



【参考】
沖縄県のHP「沖縄振興予算」
http://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/kikaku/documents/q7okinawasinkouyosannosuii.pdf

依然として残る特殊事情
○東京から1,500㎞、南北400㎞、東西1,000㎞の広い海域に多数の離島が点在し、本土から遠隔にある地理的不利性
○我が国でも稀な亜熱帯気候に属する自然的特性
○戦後27年間の米軍統治下にあった歴史的事情
○米軍施設・区域が集中している社会的事情

地理的不利性…東京都の小笠原諸島は?
自然的特性…世界でも有数の豪雪地帯、台風銀座、地震多発、色々日本中に自然特性あり
歴史的事情…本土との差20年、復帰後42年
社会的事情…基地とは連動させるな、でしょ?

さて、沖縄の「依然として残る特殊事情」を、日本国民のどくらいが、納得するかしら?
長崎県日本一離島を多く抱える県だが、連絡船等の燃料費の軽減税措置はない。
長崎県は、米軍施設も多い。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:32:26
「沖縄予算の大幅削減、税制優遇の延長厳格化… 政府が基地と振興策のリンク検討へ 2016年8月4日 08:01」
沖縄振興 普天間爆音訴訟 普天間移設問題・辺野古新基地
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/55818

>縄関係予算のうち、未執行率の高さが問題になった一括交付金のソフト関連予算を大幅に削減したり、本年度末で期限が切れる特例制度の延長基準を厳格化したりするなど、県への対抗措置を講じる考えだ。

今年度予算案では、

「沖縄予算16年度3350億円 前年度当初比10億増 2年連続要求届かず 子の貧困対策費確保 2015年12月22日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-192554.html

>山口俊一前沖縄担当相や山本一太元沖縄担当相、自民党沖縄振興調査会、県選出・出身自民党国会議員などが上積みを要望していた。
>県選出の島尻氏が水面下で予算確保に動いていたことなどから、本年度比10億円増額で決着した。
>不用額の発生が常態化している一括交付金のソフト事業(806億円)
>内閣府関係者によると、全国的に厳しく査定されている公共事業関係費は減額される見込み。

沖縄応援団が居た。
去年いた応援団は、今年は、いない。

うりずんの会(全員野党)
  ・照屋寛徳衆議院議員(社会民主党) - 会長
  ・赤嶺政賢衆議院議員(日本共産党) - 会長代行
  ・玉城デニー衆議院議員(生活の党と山本太郎となかまたち)- 事務局長
  ・仲里利信衆議院議員(無所属)
  ・糸数慶子参議院議員(沖縄社会大衆党、国政では無所属)
  ・伊波洋一参議院議員(無所属)
が、どれほどの力を発揮できるのか?


未執行率の高さが問題になった一括交付金のソフト関連予算を大幅に削減は、今年度予算決定から、芽はあった。

「沖縄振興費5年ぶり減額 政府、3000億円台維持も、翁長氏を牽制 2015.1.14 18:05」
http://www.sankei.com/politics/news/150114/plt1501140030-n1.html

>菅義偉官房長官は記者会見で減額理由を「不用額や繰り越しが発生しているので精査した」と説明した。
>今回、主な減額対象となったのは一括交付金で、26年度から141億円減の1617億円。
>25年度の一括交付金は1639億円を計上したが、執行は1004億円にとどまり、26年度への繰り越しは594億円、不用額も41億円だった。
>菅氏が指摘したように繰り越しや不要額は多い。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:32:44
沖縄県「(よくある質問)沖縄振興予算について」
http://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/kikaku/yokuaru-yosan.html

>沖縄振興特別推進交付金は、これまでの国庫補助制度のような限定された補助対象事業のメニューの中から事業を選択するのではなく、沖縄振興に資する、沖縄の特殊性に基因する事業を自主的に企画・立案することが可能な交付金であり、全国一律の既存の国庫補助制度では、対応が困難であった住民ニーズの高い離島振興や人材育成、交通コスト対策、医療、教育、福祉など広範囲な分野を対象としています。

一括交付金のソフト関連予算=沖縄振興特別推進交付金


内閣府HP「政府の沖縄政策」
http://www8.cao.go.jp/okinawa/siryou/singikai/sinkousingikai/23/23-03-1.pdf
沖縄振興特別推進交付金
  内閣府から交付←他県は地方創成予算から
沖縄振興公共投資交付金
 各省庁に移し替えて交付←他県と同じ


官邸HP「沖縄振興予算と主な施策」
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/okinawa_shinko/yosan_sesaku.html
・沖縄振興予算については、公共事業を中心とした関連事業の全体的把握や事業間の進度調整のため、一括計上がされています。また、補助率についても、他の都道府県と比べて高率となっています。
・平成28年度沖縄振興予算については、那覇空港滑走路増設事業や沖縄振興一括交付金、沖縄科学技術大学院大学を中心とした知的・産業クラスターの形成など総額3,350億円を確保しました。
・さらに、平成33年度まで毎年3,000億円台の予算を確保し、沖縄の成長を後押しします。
平成28年度沖縄振興予算 総額3、350億円
沖縄振興一括交付金  1,613億円
那覇空港滑走路増設事業  330億円
沖縄科学技術大学院大学  167億円
公共事業関係費等  1,423億円 ※那覇空港滑走路増設事業を含む
北部振興事業  51億円
駐留軍用地跡地利用の推進  12.5億円
沖縄子供の貧困緊急対策事業  10億円
鉄軌道等導入課題詳細調査  1.5億円
沖縄県北部地域大型観光拠点推進調査(仮称)  1.2億円
2021年度まで毎年3,000億円台の予算を確保するとした沖縄との約束を重んじ、その実施に最大限努めてまいります。

沖縄振興一括交付金1,613億円=沖縄振興特別推進交付金(ソフト事業)+沖縄振興公共投資交付金(ハード事業)
Unknown (東子)
2016-08-05 10:33:02
「沖縄に対する誤解:「沖縄振興予算」は基地の「見返り上乗せ」ではない 2016年02月23日」
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1052643234.html

>どうも、「地方交付税交付金」とは別に、「沖縄振興予算」をもらっているから、沖縄は優遇されているはずだ、と言いたいようです。
>完全な誤解です。
>結論から言うと、「沖縄振興予算」というのは「地方交付税と国庫支出金の別称」であり、上乗せ予算ではありません。これについて説明したいと思います。

と言うが

「沖縄県、3000億円台要望へ 17年度予算 那覇空港滑走路増設も 2016年8月2日 11:33」
沖縄関係予算 概算要求 振興予算 那覇空港滑走路増設 沖縄科学技術大学院大学 OIST 沖縄振興一括交付金 」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-327831.html

>沖縄県は1日の庁議で、政府の2017年度予算の概算要求に向けた沖縄関係予算について、本年度に引き続き3千億円台を要望することを了承した。
>振興予算とは別に、那覇空港滑走路増設や、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の充実、駐留軍用地の跡地利用推進予算の所要額を確保することも要望する。
>また子どもの貧困対策の取り組みの推進も求める。

「振興予算とは別に」という書き方は、誤解を生む。
沖縄のマスコミが誤解を作っている。
電子版だから、全国の人が読む。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:33:19
「政府、抑止力論争決着の構え きょう第1回弁論 沖縄知事の違法確認訴訟 2016.8.4 22:00」
http://www.sankei.com/politics/news/160804/plt1608040057-n1.html

>違法との確認を求める訴訟は5日、第1回口頭弁論が福岡高裁那覇支部で開かれる。
>政府は訴状の中で、埋め立ての合理性の根幹をなす海兵隊の抑止力維持や沖縄の地理的優位性について、これまでの県の主張を逐一論破しており、抑止力論争に決着をつける構えだ。
>論点は(1)在沖縄海兵隊の任務(2)沖縄の地理的優位性(3)戦略的要衝-の3つだ。
>海兵隊の任務について、県は海兵隊員やヘリコプターを運ぶ強襲揚陸艦が佐世保(長崎県)に配備されているとし、普天間飛行場の代替施設を佐世保から離れた沖縄に設ける必要はないと主張してきた。
>これに対し、政府は強襲揚陸作戦だけが海兵隊の任務ではなく、離島防衛や紛争地からの民間人救出では普天間飛行場の航空部隊が陸上部隊を輸送し「必ず強襲揚陸艦が使用されるわけではない」と指摘。
>揚陸艦との近接性より重視すべきなのは、海兵隊各部隊との近接性だと強調した。
>また、政府は地理的優位性をめぐっては沖縄からは朝鮮半島をはじめ、中国の脅威を念頭に南西諸島や台湾、東南アジアにもにらみを利かせられる利点を挙げた。
>沖縄は本土よりも朝鮮半島から遠いとする県の主張は、潜在的紛争地域に最も近接する場所に軍事施設を置くことが合理的という「現実性を欠く」前提に基づくとも断じた。
>基地が集中していることで攻撃対象になるとの県の主張には、政府は「沖縄本島が戦略的要衝であることに変わりはない」との認識から自衛隊を増強している現実を指摘。
>海兵隊も「沖縄県民を含む国民全員を守るためのものだ」と反論した。

2時から口頭弁論だが、その前の1時に裁判所向かえの公園で、翁長知事の壮行会。
その後、今夜から山場を迎える高江に泊まり込みだろう。
反対派は、同じようなメンバーが活躍しているから、大忙しね。
Unknown (東子)
2016-08-05 10:34:08
>追い詰められた翁長知事を沖縄2紙はどこまで支え続けることができるのか。
>お手並み拝見である。

ほんと、お手並み拝見。
高みの見物。


タイムス、新報が翁長知事を批判したら、どうなるか、少し想像してみる。

翁長知事が要(神輿)だから、それが壊れて担ぐ集団(「オール沖縄」)も、瓦解する。
翁長知事を批判したら「オール沖縄」は瓦解すると、クルサリンドー山城も、認めている。

タイムス、新報は、「オール沖縄」が瓦解したら、何を根拠に政府批判するのか。
その前に何のために政府批判をしていたのか。
安倍政権打倒のため?
安倍政権打倒して何をする?
中国が狙う「日米安保破棄」を前面に出していくのか?

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL