狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

不幸中の幸い、沖縄・米軍ヘリ事故

2017-10-12 06:40:40 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

クリック⇒名刺広告のお願い

 

 

百田尚樹先生の講演会を開催するにあたりご協賛のお願いをしております。県民意識を沖縄2紙の洗脳から解く為の講演会を成功させる為皆様どうかご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。
講演会の特設HPからも申し込みできるようになっています。https://t.co/aNPNwOiYv2

自動代替テキストはありません。
 
 
今朝の沖縄タイムスは合計6面を使って米軍ヘリの「炎上」「大破」で大発狂!昨日の号外発行では狂い足りないようである。
 
神ならぬ身の人間が作る機器である以上、航空機に故障がないはずはない。
 
自動車だって「炎上」はよく聞く話。
 
 
沖縄タイムスの紙面に躍る「空飛ぶ凶器」など「狂気」に満ちた見出しは省略して、午後9時に米国海兵隊が発表した最新情報はこうだ。(「空飛ぶ凶器」はオスプレイの専売特許ではなかったのか)
 
「海兵隊に所属するヘリコプターが通常の訓練中、午後5時20分ごろ、機内火災が発生し、北部訓練場の外への緊急着陸を強いられた。乗組員や住民にけがはない。地元の第1発見者たちが消火のために素早く動いてくれた。原因は、調査中だ」というコメント。
 
沖縄2紙は「墜落」と騒ぎ立てたが、実際は緊急着陸であり、墜落ではない。 その証拠に死傷者は一人も出ていない。
 
衆院選の直前の米軍機事故に、翁長知事は喜びを抑えられない表情で「怒り」を表していたが、稲嶺名護市長は「怒りを通り越した」とのこと。
 
おそらく「怒りを通り越して」、喜びに変わったのであろう。
 
今回の事故が衆院選に影響を及ぼすことは否定できないが、保守側に取って不幸中の幸いだったことを列挙してみよう。
 
1)米軍機ではあったがオスプレイではなかった。
2)緊急着陸(不時着)であり、墜落ではなかった。
3)死傷者はいなかった。
4)衆院選投票日まで10日間の間がある。
 
1)~3)は納得できても、4)には理解できない人もいるはずだが、いくら沖縄2紙の狂気にスタミナがあっても、10日間も発狂報道を持続するのは困難だろう。そのうち発狂報道も免疫になってくる。 
 
メディアの異常な支援で知事選に圧勝した小池知事が、最近パフォーマンス過多で化けの皮が剥げ、メディアの支持がソッポを向いた。
 
それに比例して希望の党の支持率が急落した。
 
 
 
緑のタヌキに騙される者など馬鹿なテレビコメンテーターぐらいだろう。
 
メディアの追い風など、その程度のものである。
 
【追記】
 
今回の米軍機の不時着が、人家の少ない高江地区だったので、幸いにも死傷者が出なかった。
 
だが、仮にこれが住宅密集地に隣接する普天間飛行場界わいだったらどうなっていたか。
 
死傷者が多数出ても不思議ではない。
 
その場合の責任は誰が取るのか。
 
辺野古移設に反対し、「普天間の固定化」を促進する翁長知事や稲嶺名護市長の責任だ!
 
両氏は、笑いを嚙み殺しながら「怒り」を表す前に、辺野古移設に賛成すべきだ。(怒)
 
 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速報【号外】高江 米軍ヘリ墜... | トップ | 米国が軍事行動!安倍首相「... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歓喜に満ちた左翼ども (清島清)
2017-10-12 08:14:55
乗員が無事で ひとまず安心しました。
ブログ主様、詳細な情報をありがとうございます。

-----

〉4)衆院選投票日まで10日間の間がある。
いくら沖縄2紙の狂気にスタミナがあっても、10日間も発狂報道を持続するのは困難だろう。そのうち発狂報道も免疫になってくる。
----

いやいや、オール沖縄勢などのキチガイ連中は、得意の県民大集会を開きますよ。
または、オール沖縄候補者4者合同の総決起大会で盛り上がります。


そして、投票日間近に、紙面でまた大発狂。選挙には大きな影響を与えると思います。
紙面では (清島清)
2017-10-12 08:44:45
紙面で、米軍の事件 事故シリーズなどを10日間継続して載せて、県民をたっぷりと洗脳煽動して、投票日には、反米反基地として県民の意識を最高潮に導く。

この様な事を今、極悪犯罪者集団 琉球新報 沖縄タイムスの社員連中は、ワクワクしながら作戦を練っている事だろう。
Unknown (東子)
2017-10-12 08:56:34
集会開いて、「市民」が、
  ・訓練場と隣り合わせの世界自然遺産は危険なことが証明された
  ・自然遺産に相応しくないから、登録を見合わせよ
と言えと、「北部訓練場の返還を歓迎しないと言いながら、登録を進めたいと考えている」翁長知事に迫るのが、見たいなぁ。

国際自然保護連合(IUCN)の県内調査が15日から始まる。
グッドタイミングよん。
空港、高江に通じる道などIUCN調査員の目につきそうなところにプラカードや立看立てて、アピール時ですよ~。

「やんばるの森」をIUCN調査員が問題視したら、「やんばるの森」だけ外して登録してと、鹿児島県、政府は言い出すかも。

そうしたら、翁長知事は、「市民」に「まぁ、まぁ」となだめに回るのか。
それはできないでしょ。
板挟みが見たい。
あぁーー、見たい。
早く見たい。

ちなみに、長くやんばるの村に住み、
これからも住み、
良い故郷にしようと考えている
村民の思いは↓

「世界自然遺産登録でどう変わる? 森と生きる、やんばる3村の思い 2017年10月10日 05:00」
やんばる 世界自然遺産
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/153318
Unknown (島ないちゃー)
2017-10-12 10:07:07
搭乗員・住民ともに人的被害がなかったのは何よりでした。(搭乗員の怪我については不明ですが)
とは言え、やはりタイミングとしては非常によろしくない…。日ごろ抑止力としても米軍は絶対必要と思っている私ですら、一瞬「何やってるんだよ!」と思ってしまいました。
連中は怒りどころか小さくガッツポーズぐらいの感じでしょうねぇ…。
「だからアベ政権を許さない!」なんて論調にだけは持って行かせたくないですが。
Unknown (amai yookan)
2017-10-12 10:48:28

地元住民・米軍人に人的被害が無かったのは、何よりだ。


「航空機事故は、再発を防ぐ」事が使命で「いたずらに騒いで(タイムスや新報みたいに・・・)・風評被害を起こし・国益を損なう」事、をしてはならない=御法度だ。

「速やかに調査し・結果を公表し・県民の不安・不満を解消する事が責務」で、米軍・防衛省・防衛局は、スピード感を持って対処し・周知徹底を計らねばならない。でしょう。

     
だから老朽化した機体は (安仁屋 正昭)
2017-10-12 11:01:00
CH53 はベトナム戦争から50年間も現役配備されてきた機体で、現在機体は生産は中止されています
この後継機が、オスプレイ
オール沖縄とその支持者等がオスプレイの配備に反対するのは
老朽化した機体に今回のような故障による事故を起こさせ、それをネタに県民に対し基地撤去運動を扇動したいからです
自称平和主義者がこんな事どうしてやるんでしょう?
Unknown (宜野湾より)
2017-10-12 14:15:39
乗り物の不具合・事故は宿命だし、この世に絶対の安全などないけれど、怒ってもいいと思う。
ただ、全員が怒らねばならないわけでもない。
怒りはしない人もいるし、怒るにしても皆が同じテンションで、同じポイントで怒らなければならないわけでもなく、同じ結論に至らねばならないわけでもない。
アメリカ軍の事故調査や実力のある人が提供する事実を拾って何処に目をつけるか、どう考えるか何処まで考えるか、もし何も考えなくてさえ、それは人それぞれ。
人は多様なはずなので。

ただし、これまで事実を隠したり曲げたり虚偽を公に発信した実績がある者で、それが指摘されても社会的責任のけじめをつけさせられた事がない者は、それを人々の多様さのお陰で運がよかったと考えなさいよ、とは思う。
そしてそのような者が大声でしつこく叫ぶ事は、よく警戒して聞くのがよかろうと思う。


一点だけ、安仁屋さん
差し出がましくて大変に恐縮なのですが、CH-53Eスーパースタリオンの後継機はCH-53Kキングスタリオンで、開発が遅れているとのことです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20171011-00076814/
ちなみに、この記事を書かれたJSFさんのツイートによると、
「CH-53Eの事故の背景に付いては簡単に解説すると「後継機の開発が遅れ、老朽機を無理して飛ばしている」「5年前から事故が急増」「2年前に海軍航空システム軍団が問題点検を指示」…比較的原因が分かりやすい案件では。」
とのことです。

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL