狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

教科書問題、訴訟合戦か

2014-02-14 05:58:21 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

八重山教科書問題で、菅官房長官もついに我慢の限界に達したようだ。

今朝の沖縄タイムス社会面にこんな見出しが・・・。

菅氏「是正要求を」

八重山教科書問題 県教委に促す

 教育問題に関しては県知事といえども「政治が教育に介入するのは・・・」などの常套句で逃げていたが、沖縄県教委のあまりにも見え透いた「先送り作戦」に,安倍内閣の大番頭も、さすがに堪忍袋の緒が切れたのだろう。

菅官房長官、Gjである。(拍手)

教科書問題 文科省、月内に是正要求へ 竹富町と県教委にも

琉球新報 2014年2月13日 

 【東京】八重山教科書問題をめぐり文部科学省が竹富町に是正要求するよう県教育委員会に指示した件で、文部科学省は月内にも地方自治法に基づく是正要求を竹富町に出す方針を固めた。さらに、12日の定例会議で判断を先延ばしにした県教育委員会に対しても、是正要求を出す方向で検討に入った。県教委が指示に従わなかった場合の措置。
 文科省はこれまで、県教委の判断を待って対応するとしていたが、県教委が12日の定例会議で指示に従うかの結論を持ち越したことで「県教委が速やかに指示に応じる見通しはなく、新年度に間に合わない可能性が高い」と判断した。国が市町村に是正要求を出すのは初めて。
 また、県教委に対しても「国の指示に従う義務を守らないのは問題だ」(文科省関係者)として、故意の不作為による違法行為などを指摘して是正要求することも検討している。
 諸見里明県教育長は「最善策を模索していただけに残念だ。もう少し見守ってほしい」と話した。

                                     ☆

県教委がこれほど頑なに文科省の是正要求に反抗し、先送り作戦に徹する理由は何か。

県教委が竹富町教委を「違法である」として是正要求したら、竹富町教委は、次のように反撃してくるだろう。

「県教委の指導で行った結果が違法行為となり、竹富町教委だけが違法呼ばわりされるには納得できない」

県教委を襲う巨大ブーメランは竹富町教委だけではない。

これまで極悪複合体の構成員として竹富町教委を支援してきた沖縄メディア、大学教授、沖教組らの意見をを全て違法として是正することになる。

県教委は違法行為を指導した大城浩前教育長や狩俣義務教育課長を結果的に断罪することになるだけでなく、全沖縄の極悪複合体を敵に回すことになる。

結局、県教委は文科省に従がうこともできず、だからといって文科省に正面から立ち向かすことも出来ずうやむやな態度でやり過ごそうとするだろう。

次に文科省が打つ手は、県教委に対し「違法確認訴訟」を提訴するだろう。

訴訟合戦となったら、対抗する勇気も知見もないバカの集まりの県教委は危機に面したダチョウのように砂に頭を突っ込んで右往左往するのが関の山とだろう。

散々「違法行為」を煽った手前、何か発言しなけりゃ面子が立たないとでも考えたのか、沖縄タイムスが社説で、こんな寝言を言っている。

「是正要求 教育現場の混乱避けよ」

沖縄タイムスさん、寝言は寝てから言ってほしいね。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

以下は石垣市長婦女暴行疑惑のサルベージ記事です。 

この事件に登場する破廉恥ペンギン市長とは、大濱長照前石垣市長のことであり、現職の中山市長のことではない。

大濱前市長は16年にも及ぶ極左独裁政権に胡坐をかき権勢を振るった。

その行き着く果てが市職員を婦女暴行したとしてネットで告発された。 これが当時のいわゆる「石垣市市長婦女暴行疑惑」である。

 

 ブログ発信者を刑事告訴すると息巻いていた現役当時(2009年)の大濱長照前石垣市長。

                          ☆

 

「石垣市長暴行疑惑」 映像はウソつかない!

 

2009-11-16 資料保管庫

 

石垣市に本拠を置く八重山毎日新聞は、地元の市長のスキャンダルに関するコメントは一切削除で応じていた。

だが、最近削除をしなくなったようだ。

弁護士同席で、「婦女暴行疑惑は事実無根」と主張した市長の記者会見以降、逆に市長を批判するコメントが増えだしたのは皮肉である。

記者会見会場でオドオドと会場の外を警戒し、息のかかった地元マスコミのみを入場させ、

チャンネル桜など本土マスコミを締め出す映像や、

裏口からコソコソ会場を出る姿の映像を放映され、

石垣市民という「裁判員」の心証は、

限りなくクロに近づいた。

映像は真実を物語る。

以下は八重山毎日新聞ウェブサイトのコメント欄の引用です。http://www.y-mainichi.co.jp/news/14735/#c3940

 

                      ◇

巷で話題のブログ騒動 → ブログの内容を流すCS有料チャンネルで石垣市議会議員が登場 → 「保守側、予定候補者絞り込む 来年2月の石垣市長選」

一連の流れが、不自然(意図的)に感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

 TaroJiro: [2009-10-31 18:04:56]  

 

これだけの騒ぎになり、地元が何かアクションを起こさない方が
大変不自然な事だと思いますが・・・
 
11月2日の午前11時30分、市庁舎の会議室で十数名の市会議員が市長を問いただすアポイントを取ってあるそうです。
複数メディアも同行。
これが地元でどのように報道されるのか、全国から注視されています。

 

 

 eikeiyu: [2009-11-02 02:30:27]  

 

新聞や石垣市のホームページでまだ公表されていない市長の動静(市議会議員とのアポ)を、騒動元の一つであるブログがいち早く知り、掲載していることが、一般市民の私には不思議に感じます。

これって、当事者である十数名の市議会議員の誰かから直接・間接的に連絡が入る関係があるということ?

どっちにしたって、イヤな騒ぎです。

 

 TaroJiro: [2009-11-02 06:36:05]  

 

なんとも、弁護士さんに伴われた会見でしたね。
心臓病を患われている一市民であるご夫人の告発に対して、
市長さんが、なんとも・・・・
ほとんど、その弁護士さんたちが質問に答えてらしてたようですよ。
「事実無根」だと・・・・
潔白なら、2回も逃げたりしないで、堂々としていてください。

どんどん、事実を明らかにしていって下さい。
ほんとのところを明らかにしてくれればいいんです。

ただ、もし、大濱市長さんがこんな卑劣なことをやっていたなら、
市長どころか、人間として恥ずかしいです。

また、この騒ぎは、「イヤな騒ぎ」なんかではありません。
石垣にとって、間違いなく必要な自浄作用です。

 

 tetsutaro: [2009-11-04 08:04:36]
 

 

八重山毎日新聞殿の公平な取材態度に敬服しております。

この度の大濱市長の「疑惑」に対して、
「沖縄タイムス」が片方の大浜市長の主張のみを一方的に記事にし報道しているのに対し、
「八重山毎日新聞」殿は、大浜市長を告発をした夫人に対しても電話で取材され、
その意見も聞いたうえで、これを記事にしている。

誠にすばらしいと思います。
何か、希望の光を見たようです。

 

tetsutaro: [2009-11-04 20:07:01]  

 

tetsutaroさんこの記事のことですよね?
http://www.y-mainichi.co.jp/ne
しかし、タイムスは沖縄本島にあるのになぜ女性側に取材しないのだろう。

 

 gurumon: [2009-11-06 10:56:42]
 

 

「タイムスは沖縄本島にあるのになぜ女性側に取材しないのだろう。」

gurumonさん!、ほんとにそうですよね。
でも、当然かもしれません。
大濱市長と「沖縄タイムス」、の関係、持ちつ持たれつじゃないんでしょうか。
「沖縄タイムス」としては、
「大濱市長の都合の悪いことを書くのはちょっと・・・。」ってことでしょうね。
まあ、「沖縄タイムス」ってこの程度ですよ。

チャンネル桜を締め出している動画がアップされましたね。
http://www.youtube.com/watch?v

この事実、恐ろしい。

 

 tetsutaro: [2009-11-06 12:13:24]  

 

大濱市長の退職金を全て返納させましょう。

 

 tetsutaro: [2009-11-06 23:58:24]  

 

大濱市長は怯えておられるようですね。
一般の主婦の方に対して
重装備で立ち向かわないと
崩れてしまいそうなのですね。

当該女性の言われるように
一人で立つ事が出来ないようですね。
島の未来を任せられる方なのかどうなのか
判断材料にさせていただきます。

自治労の方がたの立ち位置も、確認させていただきました。

 

 eikeiyu: [2009-11-07 06:56:07]

 

 大浜さん、あなたは本来誰からも尊敬を受けるべき人間なのです。今回の出来事は、誰が見ても結末は自明、断定的に社会規範に背く行動と判断します。あなたは、社会的に大きな責務を果たしてきました。だれもが認める事実です。残念なことにあなたは、長期政権のおごりからか、過ちを犯してしまいました。魔が差したのでしょう。医師として、多くの市民を病魔から救ったのが、本来のあなたの姿です。
 頑固な衣を脱ぎ捨てて、謝罪し、善良な一市民に戻るのです。頑張るほど、底なし沼に吸い込まれます。今が、決断の時です。市民は待っている。

 

 s19an48g: [2009-11-07 10:35:11]

 セクシャルハラスメントをしたというだけで、政治的な打撃を被る近年の傾向なのに、それをさらに上回ることをしておいて、真っ向から立ち向かう、地方自治体の首長と弁護士。
厚顔無恥と日本全国で評判になっている南の島の首長。
しかし、男女平等のこの世の中で、よくもまあ酒の席で女性を配したものですね。
お酒の席で夜遅くまで女性を当然のように同席させること自体が、石垣島の社会的な暗部と思います。
もっと女性に配慮した社会にならなければ、世界の知的レベルからも遠く離れた孤島になってしまいます。
もっと市民レベルで話し合うべきと思います。
次の市長には女性がなったら良いと思います。

 ynkt: [2009-11-08 13:06:09]

事実無根として、刑事告訴するといえば、誰でもひるむと思っている弁護士が多いようですが、最近は殆んどの人が法学を経験してきているので、かえって反発を招くもとになっていることに、まだ気づいていないのでしょうか。
反対告訴の応酬によって、弁護費用は嵩み、弁護士は当然のように利得を得る図が出来上がっています。
内容は不明確で、最高裁判所までいくでしょう。そのうち、市民オンブズマンが動き出し、その他の既得権益など、市長が今まで得てきたものも、暴露されていくでしょう。
確かに事実無根と裁判の上では裁決される可能性も高いでしょう。しかし、市民の耳には、市長の日頃の酒席の行いが充分に広がり知れ渡っています。
恐らくオンブズマンが動き出す前に、弁護団は和解に入ると思われます。
次期市長候補は、宗教色のない、法律知識豊富な女性になって頂ければ良いと思います。
自民党でもなく民主党でもなく、ナショナリストでない、宗教色のないバランスの取れた女性候補を待ち望んでおります。

 

ynkt: [2009-11-10 20:28:24]


 

                      ◇

【付記】

心臓に病を抱えたサラさん(サラの日記 )が、石垣市に巣食う「全体主義」を告発しています。

はじめてご覧になる方には、

にわかには信じられないビックリ映像です!

ですが、見ているうちに、命がけで語るサラさんの言葉が胸を打ちます。

映像はウソをつきません。

1/3【石垣島の闇】沖縄・石垣市長レイプ疑惑を問う[桜H21/10/26]

2/3【石垣島の闇】沖縄・石垣市長レイプ疑惑を問う[桜H21/10/26]

3/3【石垣島の闇】沖縄・石垣市長レイプ疑惑を問う[桜H21/10/26]

 

【大高未貴】沖縄・石垣市長レイプ疑惑について[桜H21/10/29]

【大高未貴現地報告】「石垣市長強姦未遂」疑惑を問う[桜H21/11/2]

 

【追記】

大浜市長の記者会見の映像

1/2【大高未貴現地報告】「石垣市長強姦未遂」疑惑を問うPart2[桜H21/11/5]

2/2【大高未貴現地報告】「石垣市長強姦未遂」疑惑を問うPart2[桜

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重山教科書問題、文科省、... | トップ | 公明党が中山支持に回った理... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-02-14 09:16:43
文科省も、遅い。
さっさと措置していただきたい。


罰則規定がないから平気というようなことを沖縄マスコミ、識者は言って県教委を応援しているが、公式の記録に残るということが、意味を持つ。
記録に残る重要性を理解しているから、不服申立書を出さなかった県教委。


政府は尖閣中国漁船に補償を請求する裁判を起こすが、起こしても補償金は支払われないだろう、訴訟費の無駄使いと、訴訟は中国に不利になるとみて取り下げを勧めるマスコミ。
が、裁判を起こせば、記録が残り、日本の主張が公式文書に残せる。


翻って、大浜元石垣市市長。
s日記がデマなら、なんと酷い名誉棄損。
しかし、訴訟の準備はしても訴訟はしなかった大浜元市長。
名誉挽回より記録に残るのを恐れたとしか思えない。
追加 (東子)
2014-02-14 09:29:01
>訴訟の準備はしても訴訟はしなかった大浜元市長。

新聞発表によると、(刑事)告訴の準備はしても告訴はしなかった大浜元市長。
もちろん、民事の訴訟もしていません。
Unknown (東子)
2014-02-14 11:39:29
スレ違い、失礼します。

「中国の防空圏撤回を 県市議長会全会一致で可決  2014年2月14日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=62696

えっと、これ↑何でしょ?
昨年12月6日に、民主党は「特定秘密法案」を優先しろと言って、衆院での「中国防空識別圏撤回求める決議」に欠席したあれと同じもの?
なぜ、今頃?
「日本政府に対し、識別圏の撤回を中国に働き掛け、航空機や漁業者の安全を確保するよう求めた」って、現実に脅威を感じるようになって、中国のおかしさに気づいたってこと?
安全確保を要求するなら、PAC3や自衛隊の配備、米軍の基地の存在が視野に入ってくるが、それらが必要だと思ったのか?
「漁業者の安全を確保」って、思いっきり石垣の漁民に関係することですよね。自衛隊の駐留に反対な大浜氏は、中国は脅威でないと言うのか?
石垣市民は、中国をどう思っているのか?

「中国の防空圏撤回」可決と同時に「日米地位協定の抜本改定」と「鉄軌道を含む新公共交通システムの早期導入」も全会一致で可決したらしいが、あの沖縄タイムスの記事なのに、なぜ「日米地位協定の抜本改定」が第1位に来ないで、「中国の防空圏撤回」が、上位に書かれているの?
Unknown (狼魔人)
2014-02-14 17:23:38
同じことを繰り返し書きこんで嫌がらせをする荒らしを削除しました。

以後「終わった問題」を繰り返すハエの一群は通告なしで駆除いたします。
Unknown (Unknown)
2014-02-14 17:44:28
是正要求ですが、
竹富町は素直に従うと思いますよ。
今回の是正は竹教委に出されるのではなく竹富町に出されることから町長に責任が問われることになり、そこまで事を荒立てることはないでしょう。
国地方係争処理委員会に不服申立てするのも違法確認訴訟されるのも竹富町には荷が重すぎます。
ケダモノの首は取らないようです。どのツラ下げて教育長やるのかは知りませんが、経歴に傷を付けたくないみたいですね。
極悪複合体完全敗北とはいかないようですが、落とし所としたら悪くないんじゃないですかね、どの道学習指導要領も改定がありますから尖閣は日本の領土だと教えなくちゃならないわけですから教科書検定も大幅に変わりますしこれ以上突っ張っても意味ないですもんね。国との関係も悪化させると色々まずいようですし。

もちろん先のことなのでどうなるのかは本当のことはわからないですが、少なくともそういう勢力も竹富町にはいるってことは確かなようです。
Unknown (東子)
2014-02-14 19:13:09
先月21日に、石垣市議会の伊良皆高信議長は、尖閣戦時遭難事件について「戦後70周年を迎える来年に向け、慰霊祭をぜひ開催したいという声があり、市議会としても取り組みたい」と述べ、現地の尖閣諸島魚釣島で慰霊祭を開催したい意向を示した。
この慰霊際について、2014-02-14 11:39:29コメントに書きました県市議長会全会で、議題になった模様です。

「石垣市議会議長、尖閣遭難事件の慰霊祭開催に意欲 2014年2月14日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2014/02/14/

>石垣市議会の伊良皆高信議長は13日の県市議会議長会で、尖閣戦時遭難事件について「戦後70周年を迎える来年に向け、慰霊祭をぜひ開催したいという声があり、市議会としても取り組みたい」と述べた。
>現地の尖閣諸島魚釣島で慰霊祭を開催したい意向を示したものとみられる。

伊良皆氏は報道陣に対し、石垣市が1969年に建立した慰霊碑について「今、どうなっているかもわからない。遺族も高齢化している。 ぜひ、慰霊祭の実現に向けて取り組みたい」と強調した。

慰霊祭が中断されたのは、中国の反発に配慮してだった。
伊良皆議長は「死者を悼む気持ちは万国共通であり、他国による慰霊祭の批判は人道的に許されない」と言う。
当たり前だ。

この当たり前のことを言えなかった。
「中国の防空圏撤回要求」といい、「尖閣諸島魚釣島で慰霊祭」といい、中国を思いっきり不快にすることを、沖縄の県市議会議長が、話し合う。
どういう風向きなのかしら。

「中国の防空圏撤回要求」「尖閣諸島魚釣島で慰霊祭」は、領土を意識した発言。
石垣市に良い風が吹いているなら、嬉しい。
Unknown (東子)
2014-02-14 19:22:00
「公明 中山氏推薦を決定 今選挙も自公協力へ 市長選 2014年2月14日」
http://www.yaeyama-nippo.com/%E6%94%BF%E6%B2%BB-%E8%A1%8C%E6%94%BF/

>3月2日の石垣市長選で、公明党県本部(糸洲朝則代表)、公明党沖縄方面議会(議長・遠山清彦衆院議員)は13日、現職、中山義隆氏(46)を推薦すると発表した。

名護市長選では、基地反対と言って辺野古移設を認めなかった公明党県本部だが、これまた、どうして、中山市長を推薦?
大浜候補は、市長時代「石垣港への軍艦寄港反対」した徹底的な反米、反基地です。
自衛隊の配備についても、「あえて小さな島に持ってくる必要があるのか。専門家の意見を聞く必要がある」と述べて、不要という考え。
名護市の流れなら、公明の推薦は大浜候補だが。
大浜候補に勝ち目はないと思って、中山市長(勝ち馬)に乗った?
都知事選を振り返って。今後の展望、天下大乱の様相。 (町工場の親方む)
2014-02-14 22:44:30
都知事選の結果について書かせていただきます。

政治経済ブログの東の正横綱、今回の都知事選において、田母神陣営で中心的役割を果たした三橋貴明氏のブログ、「新世紀のビツグブラザーへ」、より。

 自民党、公明党、連合に支援された舛添要一候補、共産党、社民党に支援された宇都宮健児氏、民主党、そして小泉純一郎氏に支援された細川護熙しを相手に、政党、組織、団体の支持一切なしで戦いを挑んだ田母神俊雄氏ですが、投票率が史上三番目に低い状況においておよそ61万票を獲得したものの、敗北しました。とはいえ、当初は「泡沫」扱いされていた田母神候補に、60万人を超える都民の皆様が投票して下さったのです。

 ご支援して頂いた皆様に、心から感謝申し上げます。特に、寒い中ボランティア、ポスティングのためにご協力いただいた皆さん、本当に、本当に感謝しています。ありがとうございました。

『田母神氏「泡沫候補からここまでこれた、満足すべき結果かな」
 健闘をたたえる支持者らの拍手の中、「こんにちは」と笑顔で手を振りながら選挙事務所に入ってきた元航空幕僚長の田母神俊雄氏、手を振りながら「泡沫候補からよくここまで来た満足すべき結果だったかな」とすっきりとした表情だった。
・・・ 
 今回の選挙結果に、意気消沈された方が少なくないと思いますが、実は上記は凄い話なのです。リベラル色が強い東京で(いわゆる)保守的な候補が、自民党と無関係に60万票を獲得するというのは、恐らくほとんどの方々が想像していなかったほど衝撃の結果です。何しろ、国政選挙で考えると7、800万票を獲得する可能性があり、参議院選挙の全国比例にチャレンジした場合、7、8人が当選するほどの数字なのです。
 
大雑把に書くと、共産党や公明党クラスの政治力を持つ可能性があるという話になります。
・・・以上引用。
今回の選挙結果に、意気消沈された方が少なくないと思いますが、
実は上記は凄いはなしなまです。リベラル色が強い東京で(いわゆる)保守的な候補が、自民党と無関係に600万秒を獲得するとちいうのは、恐らくほとんどの方々が想像していなかったほどの衝撃の結すです。何しろ
国政選挙で考えると、7~800万票を獲得する可能性があり、参議院選挙の全国比例にチャレンジした場合、7~8人が当選するほどのすうじなのです。
・・・
以上引用

今回の戦記結果を非常に深刻に考えているのは、自民党、及び民主党、共産党の首脳陣と左翼マスコミであるのは間違いありません。
田母神候補の60万を超える得票数は、それほど従来の常識を覆す結果でした。

平成20年、現役の航空幕僚長の時発表した論文のため、日本のメディアにより袋叩きにされ国会に呼びつけられても、与野党議員により自己の意見を陳べる発言を許されず、NHK、クローズアップ現代においても叩きまくられました。[田母神氏はこの件につき、国谷という女が話を聞きたいといって来たので、何時間にもわたり、詳しく説した。しかし、番組では私の話したことについて、肝心なことは何も伝えず、どうでもいいようなことを2~3分紹介した後、何人ものコメンテーターによって叩きまくられた]、と語っています。

母神空幕長はどんな悪いことをしたのでしょうか、田母神空幕長は、
「先の大戦はすべて侵略国家・日本が一方的に悪い」、という東京裁判史観、日本極悪侵略国家史観、に異議を唱えました。
私に言わせれば、東京裁判史観というより、マルクス・レーニン教信者たちの、コミンテルン史観に異議を唱えたので、戦後の言論界を支配した、「朝日」、はじめ左翼メディアが逆上し、あれだけなりふり構わず叩きまくったと考えます。
東京裁判を行なった親玉、ダグラス・マッカーサーは、トルーマンに解任されて帰国した後、1951年、(昭和26年)、5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会で、以下の証言を行っています。

1.日本の戦争は自衛戦争であった
2.アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである

日本の左翼マスコミは当然、この証言を黙殺しました。
都知事選、2. (町工場の親方)
2014-02-14 22:51:31
田母神航空幕僚長が問題となった論文で述べた主旨は、
「大東亜戦争に至る、当時の国際情勢、スターリンのコミンテルンによる世界共産革命の謀略

、蒋介石、毛沢東、張作霖、張学良親子等、が各々軍隊を持ち、統一国家とは到底言えない支那大陸における、排日、侮日活動の激化、日本との協定破り、スターリンに親近感を抱き、側近にクレムリンのスパイが数多く潜り込んでいる中で、日本を憎悪するF・D・ルーズベルトが行なった蒋介石支援、アメリカの日本資産凍結、石油禁輸等、日本を敵視し、滅ぼす行動を次々やり、挙げ句の果て絶対日本が飲めない、《ハルノート》、(この原案を作成したのは、ルーズベルト大統領の側近で、コミンテルンのスパイであった、ハリー・デクスター・ホワイト)、を突きつけられ、日本が戦争に踏み切らざるを得ないようにした。
というものです。

この件に関連して、私が怒りとともに思い出すのは、田母神事件の10年前に行われた、福地淳・文部省主任教科書調査官、更迭事件の時のチョーニチをはじめとするマスコミの、《集団ヒステリー》、と言える叩き方です。
ご存知とも思われますが、あらましを述べますと、

平成10年、高知大学教授から文部省・主任教科書調査官に任命された福地氏が、黙出版という出版社の出している、世間一般にはほとんど知られていないような雑誌、「MOKU」、から座談会への要請があり、《5月26日》、に外交評論家、岡崎久彦氏が主宰する座談会に勝部真長お茶の水女子大名誉教授と共に出席鼎談をされました。
福地調査官は雑誌に掲載された座談会の中で

 「検定のときに、[近隣諸国条項]、というのがあって、日本は侵略戦争をして悪かったと書いていないとまずい、がんじがらめの体制になっている。」
  
「戦前から戦後の日本をあまり貶めて書きたくないと思っても、それが出来ない」
と語り、小学校六年生の社会科教科書の近代史についても「近代史が幕末から現代までの半分ぐらいあって、ほとんど 戦争に対する贖罪のパンフレット」 と心情を吐露しました。

この至極正当な発言に対して、6ヶ月も後になって、江沢民の来日に合わせて、共同通信が配信し、マスコミが騒ぎ立て、文部大臣は福地調査官を更迭しました。
騒ぎを煽りたてたのは例によって、「朝日」、(憎日築地カルト)でした。

今後、中共並びに共産党は新聞・テレビ、メディアに潜り込んでいる工作員に指示し、いかにしたら田母神陣営の力を少しでも削げるか、あの手この手を考えているのは確かです。

昨年の参院選で、落選ほぼ間違いなし、と思われた、赤池誠章候補が開けた途端に「当確」が打たれチャンネル・桜に集まった人達がびっくり仰天しました。

もし次の国会議員選挙で、チャンネル・桜、及び全国のネット愛好者が結束して支援すれば、三橋さんの言うとおり、三橋貴明、田母神俊雄、一色正晴、氏はいうに及ばず、その他の候補者も何人か当選し、一つの強い政治的勢力になると考えられれます。

新聞と言うより、侮日・憎日アジビラ、と言ったほうがよい、「朝日」、はコミンテルン信者としての自分の左翼偏向はすっかり棚に上げ、極右の台頭を懸念するとか書くでしょうが、名作曲家、すぎやま・こういち氏が常々述べておられるように、現在、日本国内では、「日本軍、対、「反日軍」、の熾烈な内戦状態てある、という事実を認識することが大切と考えます。

都知事選、3. (町工場の親方む)
2014-02-14 23:10:03
田母神元航空幕僚長が
「私は「日本はよい国だ、悪い国ではなかった」、
と言ったら日本のマスコミ、与野党の政治家によって、袋叩きにされた」、の考えを根底に、

「日本軍」、は、憎日・侮日国家、中共・韓国好き、日本嫌いの、「朝日」、を首魁とする、左翼と罵り合いをするより、(彼らが行なった過去の言動、ソ連、中共、北朝鮮賛美と現在の状態を対比した批判は時に応じて必要)、「日本の国家とそれを支える、勤勉、善良な日本国民及び、我々の父母祖先が好きです。」、という人たちに、日本のマスコミが意地にも伝えようとしない、日本の多くの恵まれた点、国民の優れた面を諄々と国民に知らせ、訴えて、さらに改善を加え、より良い国にしていこう、と常識的な人たちの理解を得るよう努めていくのが大切と考えます。

多少なりとも外国を知る人間として。

○、飛行機でも列車でも旅館、ホテル、デパート、商店等でも、日本特有の相手に対する、キメの細かい親切なサービス、相手への思いやりの気持

○、乗り物、タクシーへ置き忘れたものでも、かなり持ち主に帰ってくる日本人の道徳心の高さと親切さ

○、鉄道、航空機の時間の正確さ

○、二時間刻みで集荷、配達時間を指定できるという外国では絶対に考えられ宅急便サービス

○、年間停電時間が世界最低。これがいかに素晴らしいことか。一回でも長時間停電を経験した人間にはよくわかる。

○、世界でも僅かな基軸通貨国あるため、自国の通貨を現金、トラベラーチッエク変え、どこの国でも自由に現地通貨に変え使うことができる。自国通貨を海外に持ち出しても紙屑扱いされる国とは全く異なる恵まれた点。
※、チョーニチの大好きな中共では、
ある日本人留学生が大手銀行のATMで3千元(100元札30枚)を降ろしたところ、うち700元、つまり100元札7枚が偽札だった。日本では考えられない事態だ。
別の留学生も同様の体験をしており、決して特殊なケースではない。
いうなれば、中国13億人が日々ババ抜きをやっているような状態なのである。

○、国民健康保険制度が完備しているため、外国に比べて貧しい者でもレベルの高い医療を廉く受けることができる。(特にアメリカとは全く異なり、その点日本国民は非常に恵まれている)

○、国民の道徳レベルが高いため、治安が非常に良い。夜遅く若い女性が盛り場を歩ける。
タクシーにも安心して乗れる。
※、中南米から日本に研修に来た人間が語ったこと。
朝夕の満員電車の中で、通勤客が鞄を網棚に放り出して居眠りしているのが、理解できない。

○、水道の蛇口を捻れば、そのまま飲める水がいくらでも出てくる、その水で顔を洗い風呂もわかせるし、下水にも使用する。
※、中近東から六月に日本に来た、研修員
「こんな毎日雨の降る、水に恵まれた国が地球上にあるのかと思った」

○、菊の御紋章のついた、日本のパスポートは、国内にいてはよく分からないが、外国における信用度は非常に高く、価値がある。

○、衛生的で、食品が安全、街も綺麗。

思いつくまま挙げましたが、まだまだいくらでもあると思います。

今回の都知事選における、田母神候補へのネット愛好者の圧倒的支持、若年層の支持
(皆、日本の国と国民の好きな人たちです)、近い将来における、中共、韓国の崩壊に伴う、予想される悲惨な社会の大混乱

「日本軍」、の前途は明るくひらけています。

参考文献を幾つか挙げます。

三橋貴明・著ーーー「ぼくたちの日本」

池間哲郎・著ーーー「日本はなぜアジアの国から愛されるのか」

馬淵睦夫・著ーーー「国難の正体」

田中英道・著ーーー「戦後日本を狂わせた、OSS、『日本計画』」

江崎道朗・著ーーー「コミンテルンとルーズベルトの時限爆弾」

西尾幹ニ+福地淳・柏原龍一・福井雄三・著ーーー「自ら歴史を貶める日本人」

渡辺昇一・田母神俊夫・著ーーー「日本は、『侵略国家ではない!』」

酒井信彦・著ーーー「虐日偽善に狂う朝日新聞」

山際澄夫・著ーーー「 すべては朝日新聞から始まった、《慰安婦問題》 」

倉山満・著ーーー「嘘だらけの日中近現代史」

中川八洋・著ーーー「歴史を偽造する韓国」

日下公人・伊藤貫・著ーーー「自主防衛を急げ」




Unknown (宜野湾より)
2014-02-14 23:18:28
あの人はオカシイ、あっちが間違っているとは言うけれど、私は潔白である、我々は正しいとは言わないし、あの人は潔白だ、あの人たちは正しいと言ってくれる他人も無い。
守られているようでうら淋しい感じ。

一般的に、正論筋論で圧力をかける時でも、それを嫌がって抵抗する相手には併せて他に何を投下すれば効くのかを考えます。
相手に不法行為がある時は問題外ですが、先へ、より大きな目的へ進むためのギブアンドテイクは在ります。
それは政治の世界だけでなく、一般ビジネスパーソンの立場でも有権者の立場でも在ります。
票が欲しい人には票を、ポジションが欲しい人にはポジションを、金が欲しい人には金を、名誉が欲しい人には名誉を、弱みがある人には助力や庇護を与えて呑んでもらいます。
時にその過程に法や公序良俗からの逸脱があれば、嘘や不正はどこかで暴かれ誰かが法的責任や社会的責任を取ったりします。
正論筋論を持たずに圧力をかける人たちならば、必然的にリスクを取らざるを得なくなります。
危険度の高い嘘や不正が用いられることがありがちになり、その際には自らの仲間にもリスクを負わせ、互いに担保を取り相互監視の輪をつくるでしょう。
結局どこかで破綻があるのが大抵でしょうけれど、とにかく「俺がだめになればお前もただでは済まない」希望無き一蓮托生の輪をつくらずにはいられないはず。
そういう輪と縁なくいられることは幸せですし、そういう輪の中の人もそこから抜け出す選択肢が全く無い訳ではないでしょうにと思うのですが。
いや一般的な話。
訂正させて下さい。 (町工場の親方)
2014-02-15 09:07:39
昨夜の書き込みの中で、参考文献

三橋貴明・著ーーー「ぼくたちの日本」

は三橋氏の著書、二冊

「僕たちの国家」、と「僕らの日本」、を混同してしましました。

正しいのは、先月下旬に出た、「僕たちの国家」、のことです。

失礼いたしました。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL