狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

メア発言の真意、桜井よし子氏が語る

2011-03-10 09:08:54 | ★メア発言

 人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへ。

 

メア発言の真意 産経新聞 3.10 03:02 (2/3ページ)

米国務省日本部長で元沖縄総領事のケビン・メア氏の発言が非難されている。昨年12月、アメリカン大学での講演の重要点はざっと以下のとおりだ。

 (1)日米安保は非対称。米国が攻撃されても日本には米国を守る責務はないが、米国は日本人とその財産を守らなければならない。

 (2)集団的自衛権は憲法問題ではなく、政治問題だ。

 (3)沖縄の怒りや失望は米国よりも日本に向けられている。日本の民主党政権は沖縄を理解しておらず、沖縄とのパイプもない。

 (4)鳩山由紀夫前首相は左派の政治家だ。

 (5)日本政府は沖縄県知事に「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。彼らは合意と言うが、合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。

 (6)日本国憲法9条を変える必要はないし、変わるとも思えない。改憲で日本は米軍を必要としなくなり、米国にとってはよくない。

 問題にされたのは(5)の発言である。「ごまかしとゆすりの名人」などという侮蔑は決して許されるものではない。仲井真弘多(ひろかず)沖縄県知事の「沖縄に何年か総領事としていた外交官がああいう認識かというと、少し情けない」という不快感も、3月8日の沖縄県議会の抗議の決議も、至極当然である。

 それにしても、なぜこのような発言になるのか。氏の滞日歴は20年に及び、夫人は日本人だ。沖縄に赴任する前の福岡では博多の山笠祭りに魅せられ、締め込み姿で参加した。2009年までの3年間、沖縄総領事を務めた氏は一貫して親日家である。その人物が思いがけない非難を沖縄に浴びせた理由は何か。

 今回の発言とは無関係かもしれないが、私はかつて氏に大いに同情したことがある。09年4月のことだ。在日米海軍が掃海艦2隻を石垣港に寄港させたいと通知したとき、「八重山地区労働協議会」「九条の会やえやま」「いしがき女性九条の会」など8団体が「軍服を着て、市街地を歩くことは許さない」などと大反対した。当時の大浜長照(ながてる)石垣市長は日米地位協定で認められている入港を拒否し、寄港を「市民感情に配慮を欠いた一方的な押しつけ」「平和行政と相いれず、内政干渉」だとして強く非難した。

 当時、メア総領事は「米海軍の沖縄での活動自体が、日米安保の下で日本防衛の責任を果たす用意が米国にあると示すことになる。石垣港は南の海路の中心にあり、寄港の経験を通して同海域を知っておく必要がある」と述べたが、正論であろう。

 ところが大浜市長は米掃海艦入港に、なんと非常事態宣言で応じたのだ。4月3日、メア総領事は石垣港に入った掃海艦を訪れ、船長以下乗組員を歓迎した。

                   ◇

 同じ頃、市長の非常事態宣言に発奮した反対派約300人が港に押し寄せゲートを封鎖、メア氏らは7時間半も封じ込められた。

 この事件を沖縄のメディアはどう伝えたか。事実は同盟国の掃海艦が「乗組員の休養と地元との交流」を求めて寄港したにすぎない。ところが、「琉球新報」は8歳の小学生の「戦争が起きそうな気持ちになる」という言葉を引用して反米軍感情を煽(あお)ったのだ。中国の軍事的台頭で、沖縄を含む日本の周辺状況は非常に厳しくなっている。その脅威の実態と対処をこそ伝えなければならないとき、沖縄主要紙はどう見ても本来の報道の責務を果たしていない。米軍を嫌うあまり、客観的に考えられないのか、真の脅威である中国の蛮行に目をつぶるのだ。

2004年11月に石垣島周辺の日本領海を中国の潜水艦が侵犯したとき、大浜市長が強く抗議したとは、私は寡聞にして知らない。あるいは10年4月7日から9日まで、尖閣諸島沖の東シナ海で中国の大艦隊が大規模訓練を行い、10日に沖縄本島と宮古島の間を航行したとき、琉球新報や沖縄タイムスが中国の脅威を十分に報じたとは思わない。2紙の報道はいずれも200字から400字前後で、極めて控えめだった。同盟国と、脅威をもたらす潜在敵国が判別できていないと私は感じたが、メア氏ら米国側関係者が同様に感じたとしても不思議ではない。

 それでも沖縄には、国際社会における日本の立場も国防の重要性も米軍基地の必要性も全てわかっている良識派は存在する。その筆頭が仲井真知事である。民主党の鳩山由紀夫首相(当時)が普天間移転問題で年来の日米交渉の努力を水泡に帰したとき、知事はじっと耐えた。地元メディアの強硬論と愚か極まる本土政府の間に立たされたのは本当に気の毒だった。

 メア氏は鳩山氏を左派と断じたが、普天間交渉をとりまとめた氏であれば、愚かなる政治家によるぶち壊しは耐えられなかったのであろう。

 また、メア氏は、沖縄の基地問題におカネがついてまわりがちなこともよく知っているのだ。沖縄に基地が必要な理由を、日本政府は国防論、国際政治論から論じてこなかった。国防政策に基づいて説明し、沖縄の人々を説得すべきところを回避して、常に物、カネでごまかしてきた。沖縄県と県民がメア氏から不名誉な言葉を投げかけられる隙を作った責任の大半は、実は本土政府にある。

 メア発言の(1)(2)(3)(4)は大体当たっている。そして(6)についてである。氏は日本には憲法改正はできないと見る。自国の守りを他国に頼る日本への最も深い侮りはまさにこの部分だ。だからこそ、菅直人首相も民主党も、メア氏に抗議する前に、まず、日本の国防の無責任体制の是正に手をつけよ。

                ☆

>市長の非常事態宣言に発奮した反対派約300人が港に押し寄せゲートを封鎖、メア氏らは7時間半も封じ込められた。

筆者はこのときのテレビ映像を見たが、長時間左翼団体に封じ込められたメア総領事が港を出ようとしたとき左翼団体に小突き舞わされるという暴行を受けるシーンを見た。

同盟国の外交官が暴徒、(それも市長に率いられた)の暴力行為を受けたら、「外交問題」になってもおかしくは無い。

 

そのときも沖縄2紙は「平和団体」の当然の抗議だとベタ記事で報じただけであった。

さらには喫茶店でコーヒーを飲んでいるとき暴徒にコーヒーをかけられたり領事館に火炎瓶のようなものを投げられても、メア氏は「沖縄の人たちが、皆こんな考えだとは思っていない」と度量を示していた。

まるで戦争勃発!米軍艦の石垣寄港 市長・地元、反対の声

メア氏が学生たちへの講義で何と言ったのか沖縄4世の学生の講義メモでしか知る由はない。

だが、メア氏は沖縄の「プロ市民」と発言するところを、「沖縄人」と発音し、揚げ足を取られたのではないかと推測できる。

今回のメア騒動は、「反米・反日」をぶち上げれば英雄視される沖縄で「出世」しようと目論んだ沖縄4世のパフォーマンスを、沖縄2紙がうまく利用したという構図だろう。

ちなみに問題の沖縄四世のトーリー・ミヤギ氏(20)は今朝の沖縄タイムスで、いっぱしの外交評論家気取りで次のような顔写真付きのコメントをしている。

「『誤解された』というような発言で解決しようとするのは、沖縄の人が受けている犠牲に対して謙虚な態度ではない」等と。

さらに沖縄四世のミヤギ氏を英雄化しようとする動きが沖縄選出議員の中に見られる。

■地元議員のミヤギ氏へのコメント。

照屋寛徳民社党議員⇒「勇気をたたえる」

糸数慶子参議院議員⇒「行動に県民も答えたい」

玉城デニー民主党議員⇒「天は正論に信念と勇気を与えます」

山内徳信社民党議員⇒「知性と理性に敬意を表したい」

 

うーん、これでミヤギ氏の「英雄伝説」はキマリだ!

外交評論家として「デビューか!

少なくとも沖縄の大学では将来の教授候補として大歓迎でしょう。

 

人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへ。

 

ウソつきは誰だ!疑惑の銃弾 メア総領事とコーヒー

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5日連続の沖縄紙の集団発狂... | トップ | メア発言は正しい!守屋元事... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メア氏について (保守@沖縄)
2011-03-10 10:15:45
メア氏にインタビューを申し込んだテレビ局があったようですが、『反論したいが、上から止められている』ということのようですね。

第一報では、ちょっとムッと来ましたが、こうしてみているとなんだかメア氏が可哀想に思えてきました。

ソースの信びょう性も怪しいですしね。

それにしても、沖縄ともアメリカともパイプを作ろうとしていたように見えた前原氏の辞任も、このニュースも、日米同盟自体にはマイナスに働くのではないでしょうか?

前原氏を擁護しようというのではありません。(TPP推進や外国人参政権問題もありますので、私は彼を評価していませんので)

ただ、このタイミングで立て続けに日米同盟にマイナスな事が起こるのは、なんか日米同盟を破棄したい勢力にとっては有利な流れなんじゃないか、仕組まれているのでは?と思っているのです。

ここのところ、2~3週間にいっぺんくらいの割合で、琉球新報や沖縄タイムスが、アメリカがソースの反米記事を大々的に一面に持ってくる、という流れが出来上がっているように思います。

気のせいかな?
Unknown (とおる)
2011-03-10 10:19:44
メア氏の発言と、土肥隆一衆院議員の発言・行動と比べて、主権に関する侵害とも考えられる土肥議員の方が、はるかに問題です。(管首相のグループ員でもあり)
しかし、マスコミは、得意の言葉狩りでメア氏を攻めています。
また、管政権も、自分らの失言には、「誤解を与えたなら、遺憾」という積極的では無い誤り方をしていながら、米国の官僚には、強くでています。(中国・南北朝鮮には、強く出れないのに)
Unknown (とおる)
2011-03-10 10:24:09
これから、「(沖縄の)プロ市民」を、「ごまかしとゆすりの名人」をいう称号を付けて呼ぶことにしましょう。
Unknown (とおる)
2011-03-10 10:40:19
・たむたむの自民党VS民主党メア日本部長発言録全文 - livedoor Blog(ブログ)
 http://tamtam.livedoor.biz/archives/51762221.html
より、
 僕も良く知るケビン・メア米国務省日本部長(前在沖米国総領事)が、昨年12月にワシントンで行った大学生に対するオフレコの講義において、「沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」、「沖縄の人は怠惰でゴーヤーも栽培できない」と発言するとともに、…

オフレコの話を文字にして公開してしまった学生は、常識外れ。
それに知らない顔をして、オフレコ発言を報道するマスコミは、何?
現知事をよりも、、、元知事と懇談、? (義挙人)
2011-03-10 11:46:06
おはようございます。
沖縄二紙大活躍です。そして、二十歳の英雄誕生です。来月から、各、市町村で、引っ張りだこの講演会がスタートするでしょう。
テーマは「メア氏のアメとムチとゆすり名人について、、」

元海保の一色氏の講演会に対抗するように、沖縄二紙およびマスゴミは大題的に、公開するでしょう。

沖縄四世のミヤギ君、もしかして、彼を想定して英雄伝説をしていたかも、(私見です)

それにしても、真っ先に懇談したのが、「大田元県知事」とはな、、、、、、、。

現知事の仲井真さんじゃなく、、、(仲井真さん可哀相)
ミヤギ君も大変です (ayataro04)
2011-03-10 12:43:24
狼魔人さま

沖縄の左翼マスコミが、また元気に成ってきましたね。

私は以前に、沖縄は独立すれば良いと書いた事がありました。
あまりにも酷い県民意識に絶望的に成っているからです。

民主主義の最大の欠陥が、選挙では51%が正しくて49%が正しくないと言う時、
49%はその結果を飲まなくては成らないと言う事です。
名護の市長選挙の当落の差は僅かでしたが、名護ではそれが民意だとされます。

県会議員も大多数が、基地反対ですから、それがいわゆる「民意」なんでしょう。
民主党が政権を取ったのも、安易に踊らされた国民の結果で、民意なのでしょう。

タイムスと新報の2紙に煽られ、洗脳されるている現実は悲惨ですが、沖縄で是正されるきざしは見られません。
再選された「仲井真」知事の挙動にも疑問を感じます。
彼は純粋の沖縄人なのでしょうか?
彼は沖縄にどのようなビジョンを持っているのか解りません。
今は、4年の任期を無事に終えて、多額の退職金を手にするため、のらりくらりと県政をやろうとしている様にしか見えません。

唯一の救いは石垣市長ですが、・・・
メアが言う事の殆どは正しいと思います。
それに引き換え、米国籍のミヤギ君はアメリカの国益を毀損し、アメリカでは就職も大変かも知れません
Unknown (とおる)
2011-03-10 13:19:39
・メア氏発言:「オフレコ指定なし」聴講の学生と教授が反論 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/today/news/20110310k0000e030018000c.html?inb=tw
 この講義を聴講した米アメリカン大学の学生の一部と指導教授が毎日新聞の取材に応じた。メア氏側が「講義はオフレコだった」と主張しているのに対し、「オフレコの指定はなかった」と反論。また、「発言録は不正確」と語るメア氏に対し、「極めて正確」と双方の言い分は完全に食い違っている。
Unknown (モノ言うサラリーマン)
2011-03-10 17:47:43
>彼らは合意と言うが、合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。
まさにその通りですね。沖縄県庁ビルを見ましたが、凄いですよね。どこの大企業かと思いました。
ついでに辺野古へのこれまでの補助金も返してもらいたいですね。ググると沖縄県で総額、10年間で1000億円だとか。
まさにたかりの達人ですね(沖縄の左翼&地権者&それらのサポーター)。
Unknown (涼太)
2011-03-10 20:07:17
狼魔人様


モノ言うサラリーマン様に同感です。
メア氏は特におかしい事は発言していません。
メア発言さえゆすり、たかりの材料にされそうです。
でも、この問題も11万集会と同じく、またブーメランになりますよ。
騒ぐなら覚悟して騒ぐべきです。相手を一方的に攻撃して反論は許さない。
延々と続く沖縄の馬鹿左翼のパターンです。
なんと分かり易い人達でしょう。
Unknown (涼太)
2011-03-10 21:17:01
狼魔人様

何度も言わせてください。
私は今でも週末は沖縄居酒屋に通う人間です。
それは、沖縄勤務時代の友人たちとの語らい、ひいては沖縄文化、音楽が楽しいからです。
子供たちは今でも連絡を取り合っています。
泡盛飲んで、ジンジンとかキジムナー、オジー自慢のオリオンビール、ヒヤミカチ節などを聞いていると、幸せな気分になります。毎年夏はエイサーを追っかけては写真に納めています。
それだけ沖縄の文化、音楽は魅力的です。
沖縄の人達がウチナンチューのアイデンティティーを大事にする気持ちも十分理解できます。
しかし、ウチナンチューのアイデンティティーを大事にする心と、ゆすり、たかり、そのための反日行為は別です。
今でも、沖縄時代の友人たちが出張で上京すると一緒に飲んでいます。
彼らは言います。
「あいつら(沖縄の極左左翼団体)の言うことはみんな嘘だ。」
その言葉は私には痛いほど理解できます。

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
行き過ぎた男女平等が市場や生活の利便性を破壊する (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet Women and older drivers' insurance costs set to soar Women drivers and the elderly are set to be charged much more for their car insurance after the European Court of Justice ruled that risk assessment could not be bas...
青山繁晴「ワイスク」3月9日 米国務省メア日本部長「沖縄 ごまかしとゆすりの名人」発言 You Tube (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
青山氏は腸閉塞で入院中の病院からテレ朝「ワイド・スクランブル」に出演。 青山氏が解説したのは12分ほどのコーナーですが、この動画はその一部(約6分)です。 番組サイト テレ朝「ワイド・スクランブル」出演者紹介コーナー http://www.tv-asahi.co.jp/scra...