狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

藤井氏辞任の真相!故松岡氏と藤井-小沢の関係

2010-01-06 12:00:11 | 県知事選

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

藤井財務相:辞任へ 予算審議に影響 民主、後任人事急ぐ 小沢氏との関係指摘も

<世の中ナビ NEWS NAVIGATOR 政治>

 藤井裕久財務相の辞任が避けられない情勢になったことにより、鳩山政権は次期通常国会で新たな火種を抱え込む事態となった。国会の召集予定日は18日に迫っており、予算編成の責任者交代で、国会審議への影響は避けられない。10年度予算案の年度内成立を急ぐ政府・与党にとって、鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件に、財務相の交代という不安材料が加わり、国会運営は不透明感を増している。【近藤大介】

 首相は5日夜、首相官邸で記者団に「まだ仮定の話。お医者さんの判断もまだで、結論を出す必要はない。それ以上の答えを申し上げるつもりはない」と強調。財務相のサポート体制についても「まだそういうことは考えていない」と述べるにとどめた。

 首相が財務相交代を否定したのは、次期通常国会での予算審議への影響を最小限に抑えたかったためだ。政府は次期通常国会で、09年度第2次補正と10年度の両予算案を提出予定。2次補正提出に伴い、召集日の18日には財務相の財政演説が予定されており、首相と並び財務相の答弁力が問われる国会になる。

 政府・与党は国会審議への影響を抑えるため、国会召集までに後任人事を急ぐ必要がある。財務相交代が国会召集日以降にずれ込むと、野党側は衆院財務金融委員会など関係委で、新大臣の所信表明と質疑の実施を要求する可能性が高い。その分、予算審議が遅れ予算の年度内成立に影響する。

 「年明けから株価が高い。株価は半年後を見ているから、日本経済が立ち直っている証しだ。自信を持ってやっていこう」

 藤井氏は5日の閣僚懇談会で、景気回復に向けた手応えを強調した。いつになく雄弁に語る藤井氏を見ながら、閣僚の一人は「本当に病人なのか」と疑ったという。体調不良が理由とされる藤井氏の辞意表明だが、政府・民主党内には同党の小沢一郎幹事長との関係を指摘する声もくすぶっている。

 藤井氏は自民党議員だった93年、小沢氏らと離党し、旧新生党結成に参加。同年発足した細川内閣で蔵相に就任。その後も小沢氏と政治行動をともにしてきたが、小沢氏は藤井氏の財務相就任に難色を示すなど、近年は両者の疎遠な関係が指摘されていた。藤井氏辞任の情報に、民主党幹部は「藤井さんが辞めても、民主党がなくなるわけじゃない」と冷ややかに言い放った。

 ただ、予算審議を抱える財務相を務められる議員は党内にそういない。党幹部は「鳩山政権にとって、かなり大きなピンチだ。据わりがいいのは菅直人副総理兼国家戦略担当相しかいない」と漏らした。首相周辺からは、重要閣僚である藤井氏を慰留し切れなかった首相官邸の調整力不足を指摘する声も上がっている。

 一方、自民党の大島理森幹事長は5日、記者団に「(藤井氏は)自身の手で作った(予算案の)趣旨をきちんと説明される責務がある」と強調。田野瀬良太郎総務会長も同日の会見で「(予算編成過程で)マニフェストはずいぶん変質し、マニフェスト詐欺だ。国会論戦で戦う前に負けを認め、退陣するのではないか」と皮肉った。(略)

                                            ◇

■故松岡元農水相と「藤井ー小沢」の関係

次期通常国会を目前に控え、国民の生活に直結する予算案の総責任者が辞任。

鳩山首相としては最も辞めてほしくない時期に、最も辞めてほしくない人物の突然の辞任は大きな打撃だろう。

国会召集日の18日には財務相の財政演説が予定されている。

藤井財務相の答弁力が問われる国会のはずだったから、民主党きっての財政通といわれる藤井氏の辞任によって、

鳩山首相が答弁に詰まり立ち往生することも考えられる。何しろ官僚の答弁を自ら禁じているのだから。

昨年末以来、首相と幹事長という二枚看板の「政治資金疑惑」がマスコミを賑わしているが、

特に小沢氏の疑惑については、毎日新聞が頑張っていると、産経新聞の阿比留記者も感心してこんなブログを書いている。⇒小沢氏政治資金問題・毎日新聞が頑張っています

上記引用記事も毎日だが、自民党離党以来行動を共にしてきた藤井氏と小沢氏のことに触れ、辞任の理由を小沢氏の関係が上手く行っていないからだと臭わしているが、果たして辞任の理由はそれだけだろうか。

折りしも、同じ日のビッグニュースを毎日はこのように報じている。

陸山会資金移動:小沢氏に聴取要請へ 東京地検

藤井氏が辞任の理由に挙げている「高齢、持病の高血圧、過労による疲労」は、いずれも大臣就任前から解っていたこと。

だとしたたら、予算案編成前の過労を伴う財務相は当初から引き受けるべきではなかった。

藤井氏は長く行動を共にした小沢氏に事情聴取等検察の捜査が及んできたのを事前に察知し、

通常国会で予算案はともかく、財務大臣という内閣の要職の立場で小沢氏の「旧悪」を自民党に追及されるのを恐れたのではないか。

そして早々に敵前逃亡を図ったのではないか。

これは、前述の産経新聞・阿比留記者が新政権成立前の9月の自ブログで、予見している。

何と、藤井氏の小沢氏にからむ「旧悪」を追及したのは、「なんとか還元器発言」で連日マスコミの猛バッシングを受け自殺するという悲劇に陥った故松岡議員であった。

松岡議員の自殺によってこの問題はウヤムヤになったようだが、当時は野党だった藤井氏も現在は巨大与党の財務大臣という要職にあるわけだから、通常国会では自民党は故松岡議員の追及を引き継いで藤井氏に猛攻撃をかけることは必至と阿比留記者は予測していた。

もっとも阿比留記者が、この記事を書いた時は藤井財務大臣は正式に決まっていたわけではないが「与党、まして政府高官や閣僚級の大物の問題は「権力」の監視だとして大きく取り上げる場合が多いのはご存じの通りです」と、藤井氏が少なくとも閣僚級の大物であることを前提に書いている。

それが阿比留記者の前提を上まわる財務大臣という飛びぬけた要職に就いたわけだから、

昨年来の小沢氏の「政治資金疑惑」報道を見て、藤井財務相が敵前逃亡を図る時期が、通常国会前の微妙な時期というのは納得できる行動である。

以下は産経新聞・阿比留記者の自民は当然ですが民主も前途多難だとみています から該当部分を抜粋したもの。

◆以下引用

平成17年2月2日の衆院予算委員会で、自民党の松岡勝利氏(故人)は次のように質問しています。国会は政府に向けての質問の場なので、これは直接、相手(当事者)に聞いているものではありませんが、今後はこういう質問が直接、藤井氏なり鳩山氏なりに飛んでくるわけです。

松岡委員 (前略)

 つきましては、政治資金に関し、民主党にかかわる不明瞭な点につきまして、二、三、質問をしたいと思います。<O:P></O:P>

 まず、政党助成金の趣旨と個人に対する支出についてでございますが、自民党は、国民の税金である政党助成金の使い道に関しましては厳格に取り扱っております。政党助成金は国民の税金でございますし、その使い道について我が党は厳しい内規を策定しております。この内規に従って、党本部も選挙区支部も厳格に助成金を取り扱っているところであります。<O:P></O:P>

 国民の税金であることにかんがみ、我が党の内規では、助成金を使って、支部から他の政治団体に寄附したり、また飲食費の支払いに充てたり、政策活動費の支出に充てることは禁止しているわけであります。<O:P></O:P>

 民主党の議員が衆参両院の予算委員会で口をきわめて小泉総理に迫っておりましたが、同党の収支報告書によりますと、民主党の代表代行でいらっしゃいます藤井裕久議員が民主党と自由党が合併する前の自由党幹事長のとき、平成十四年に限っても、国民の税金である政党助成金から約十五億二千万円が組織活動費として藤井氏個人に支出されております。

 ちょっとパネルを、お許しをいただいておりますから出していただきたいと思うんですが、これは、総務省の情報公開で求めていただきました資料でございますが、それをパネルにしたものであります。

 まず、上の方でありますけれども、平成十四年七月三十一日、九億七千九百万円、平成十四年の十二月の二十五日が五億四千百九十万円、合計十五億二千九十万円、こういうことであります。自由党の助成金から民主党代表代行の藤井氏個人へ支出されたことがわかります。しかし、この十五億円余は、その後どう使用されたのかわかりません。》

 …ここで指摘されている15億2000万円もの組織活動費とは一体何でしょうか。組織活動費は、行事費や交際費など一般的な政治活動に充てるいわば「党の機密費」なわけですが、それにしても金額が大きすぎますね。で、これは当時の民主党議員(現在は他党議員)から聞いた話ですが、国会でこの松岡氏による疑惑追及があった後、民主党の控室に戻ってきた藤井氏は、そこにいた複数の議員たちに「オレ、アレ知らないんだよなあ」とこぽしたそうです。

 つまり、政治資金収支報告書上は自分に15億円以上のお金が支出されたことになっているけど、実はそうじゃないんだ、ということだったようです。自由党の政治資金はみんな小沢氏が仕切っていたので、名義借りをされただけなのだということを婉曲的に言いたかったのかもしれません。金額の大きさもさることながら、国民の税金の使途がこれかよ、という話です。

 

 (※平成14年分は手元になかったので、15年分の自由党の政治資金収支報告書で藤井氏への組織活動費の支出額をみると6600万円余でした)

 マスコミは、野党や、無役の政治家の発言や問題については割と優しいというか知らん顔しますが、与党、まして政府高官や閣僚級の大物の問題は「権力」の監視だとして大きく取り上げる場合が多いのはご存じの通りです。「政治とカネ」の問題は、国民はもういい加減うんざりしているとは思いますが、鳩山政権ではやはり繰り返し提起されていくだろうなと思います。野党となった自民党側も、それが野党の役割とばかりに追及することでしょうし…。

 (※この写真に小沢氏の名前が入ったのはたまたまで、決して刷り込み効果を狙ったわけではありません)

 おまけに、以前も書いたことがありますが、同じ15年分の自由党政治資金収支報告書からもう一つ。自由党は民主党と合併のため解散する2日前になぜか民主党(菅直人代表)から3億円近い寄付を受けています。で、解当日にはそれも含めて小沢氏の関連政治団体などに寄付してしまい、国庫には一銭も返納しなかったということも、きちんと記憶しておいた方がいいと思うのです。

 ◆引用終了

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米同盟の終焉?日本が米の... | トップ | 嘉手納町長が基地内で忘年会... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2010-01-07 01:12:40
狼魔人様

新政権の中で、良くも悪くも政治家と呼べるのは、藤井大臣と亀井大臣ぐらいで、あとは公私のけじめもつかない素人集団。後は亀井大臣を粛清すれば、いよいよ今太閤の誕生です。亀井大臣も瑞穂タンをたらし込んで存在感をアピールしていますが、それも夏の参院選まで。もし来年の参院選で民主党が単独過半数を獲得すれば、小沢幹事長は私利私欲のため、思う存分日本をぶっ壊すでしょう。
夏の参院選挙も、元プロレスラーや女優を立候補させる予定です。思えば小沢チルドレンは元女子アナなど知名度抜群の人が多いですね。集票には役立つが、彼女らが政治を知っているとも思えません。
それが日本の実態ですから仕方ないですが、国民もとことん落ちぶれないと目が醒めないようです。
政治が馬鹿だから、経済界も逃げ出す。日本人の平均年収もここ15年で200万も減っているそうです。減った分は中国などに移転しているのでしょう。民主党の支持母体の連合や自冶労は、そんなの関係ない。と思っているかもしれませんが、ここまで地盤沈下が進んでくると聖域は無いと思います。
Unknown (涼太)
2010-01-08 01:55:40
狼魔人様

去年、民主党が自民党攻撃の対象にした、年越し派遣村。今年は結局民主党にブーメランで帰ってきて、宿と豪華な食事と金をばら撒いています。ばら撒いた金も酒と煙草に消えたようです。派遣村周辺のコンビニは昼間から、酒を買う村民が行列を作ったそうです。鳩山総理は何かというとすぐセーフティーネットと言いますが、聞き様によっては金持ちが貧乏人に恵んでやる。とも聞こえます。
根本の問題は仕事が無いのです。
比較的富裕層に、26000円の子供手当てを、ばら撒くなら、その金で経済対策でも打ったほうが、派遣村対策になります。いくら一箇所で就職相談から、生活相談までやります。と言っても肝心の求職が無くては、派遣村村民も真剣に仕事を探さず、支給された金で、正月位は酒でも飲もうと思いますよ。鳩山総理も相変わらずのパフォーマンスで派遣村に行き、罵声を浴びせられたそうです。
賞賛の声でも期待したのでしょうか。
綺麗事だけのパフォーマンスだけでは、沖縄の民意が理解出来ないように、本当の問題は何処にあるのか、見えないと思います。

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
反日スポーツライターの正体 (日本の狂った反日スポーツライターたち)
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の七つのエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ?武士道とスポーツ ?丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ?歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ?バス....
わたくしラサ#lhasaが日本の独裁者になったら【2010/01/12更新】 (ラサ#lhasaのブログ)
この記事では、おいらが日本の独裁者になったと仮定して、 具体的にどのような政策を打ち出していくかを考えて、日々更新する記事です。   2009/09/30追記 わたしが考える適任の大臣も挙げてみようかな ・総理大臣候補:安倍晋三・防衛大臣候補:田母神俊夫、兵藤二...