狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

続・沖縄に海兵隊は不要!軍事オタクの高等詐術?

2010-05-11 11:46:10 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

■ペリー提督も沖縄の戦略的価値を認めていた

那覇の国道58号を北上し泊高橋交差点を左折して海側に向かいしばらく進むと、左手に慶良間諸島への発着港である泊港北岸待合所がある。 道路を挟んだ右側に外人墓地があるが、その一角に墓標にしては一際大きな記念碑が目に付く。

碑にはこう刻まれている。

「一八五三年六月六日ペルリ提督上陸之地

1853年、ペリー提督が浦賀に来訪した際、その主要な目的は、燃料補給のためと教科書では習った?が、実際は米国の中国侵略の足がかりとなる中継点を確立することにあった。

日本への 航海に先立ち、ペリー艦隊は、燃料の補給点を確保するために沖縄に数回寄港している。

結果的にペリーは大砲で恫喝し日本の開港に成功するのだが、仮に日本が開国を 拒否した場合に、米国は当時琉球王国であった沖縄を日本の代替港として確保することを狙いとしていた。

アメリカはペリー提督の浦賀来訪時から、沖縄の戦略的優位性を認識していた。

モンロー主義のため東アジア進出に遅れを取ったアメリカが南北戦( 1861年 - 1865年)でさらに遅れを取り、中国分割を行うヨーロッパ列強に対し、門戸開放と機会均等を提唱したのは明治維新に約20年遅れの1899のことである。
 
第二次大戦における、沖縄の戦略的意義がいかに大きいかは、日米両軍が壮絶な地上戦を行った沖縄戦、そして戦後の米軍基地の集中をみれば一目瞭然である。

沖縄タイムスが「海兵隊不要論」を展開するのには先ず、沖縄の戦略的価値の否定に始まる。

それは同時に沖縄宿命論の否定でもある。

何故なら沖縄タイムスは沖縄に基地が集中する理由は沖縄の地政学的有利性に基づくものではなく、沖縄差別に基づくと主張しているからである。

それには「沖縄が悲惨な戦争被害を受けたのは、宿命的に現在の場所に存在したからであり、そのため北上する米軍の攻撃を真っ先に受けたのであって、何も日本が「捨石」にするためわざわざ沖縄を現在の位置に他から移動させ、日本防衛の盾にしたわけではない」という論を、否定せねばならない。

その結果として次の論も否定せねばならない。

「“唯一の地上戦”を経験した沖縄戦で日本軍が敗北したわけだから、被占領地の沖縄に米軍基地が多いのは仕方が無い」という論。

かくして沖縄タイムスのなりふりかまわぬ「海兵隊否定論」が強引な形で展開されるのである。

 

手元に沖縄タイムスの屋良朝博記者が書いた『地理的優位性はもう通用しない』と題する米軍基地に関する小論がある。

そこで屋良記者は、お得意の「米軍基地の75%が沖縄に集中」説を披露し、沖縄の地理的優位性についてこう述べている。

米国にとって差し迫った脅威は、冷戦時の固定した敵対関係から、対象を特定することすら難しい国際テロリストに変った。 すると「地理」を理由に在日米軍施設の65%を沖縄に押し付ける論理が行き詰る。
そもそも「地理的優位性論」は説得力が弱い。 沖縄で最大の基地ユーザーである海兵隊は岐阜県と山梨県に駐留していた事実はあまり語られない。》

そして、返す刀で保守系有名ジャーナリストの日高義樹氏の著書を次のように切りつけてみせる。 

日高氏は「勘違い」していると。

《■イルージョン

著書で、沖縄の米軍基地について良く見かける記述がある。
「アメリカ海兵隊が第二次世界大戦中、最も効果的に使われ、勇敢にだったのは太平洋における戦闘である。 南太平洋の島々の日本軍と戦闘を繰り返し、1945年6月6日、沖縄を防衛していた日本軍を破ったあと、沖縄に広大な基地をつくり、以来、アメリカ本土並みの駐留体勢を取り続けている」(日高義樹著「日本人が知らないアメリカひとり勝ち戦略」、162頁 PHP研究所) 
おそらく著者は海兵隊が沖縄を占領し、現在に続く基地建設の主役を演じてきた、と認識しているのではなかろうか
典型的な勘違いだが、日米両政府にとっては好都合だ。 基地集中の合理的な説明を免責されるからだ。

「“唯一の地上戦”を経験した沖縄戦で日本軍が敗北したわけだから、米軍に占領された沖縄に米軍基地が多いのは仕方が無い」という論に反論するため、

屋良記者は日高氏の著書をわざわざ引用し『勘違い』だとして切って見せているが、屋良記者ほどの軍事オタクが沖縄戦での米海兵隊の活躍を知らぬはずは無い。

これは知らぬ振りをして意識的に日高氏の著書を誤読し、読者をミスリードする沖縄タイムス独特の高等戦術と見るが、穿ち過ぎだろうか。

屋良記者の論考には、「おそらく」等の文言を使って自身の憶測を述べ、結局それで重要部分を結論付けをするのが、特に目につく。

屋良記者が本当に無知なのか、或いは無知な振りをする高等戦術を使ったかはさておいて、太平山さんが見事に反論してくださっているので以下に引用する。

 狼魔人さま

>沖縄タイムスの軍事オタク・屋良
朝博記者を投入して反論しているようだが・・さらに彼は「沖縄海兵隊不要論」の根拠として次の事実を挙げている。

(1)沖縄の海兵隊は沖縄戦時には沖縄には存在しなかった<

上記に関して、屋良朝博記者は本当に軍事オタクなのでしょうか?私は「沖縄の海兵隊は沖縄戦時には沖縄には存在しなかった」を聞いて、ハァ~ッと開いた口が塞がらず、このドアホが!とステッキで脳天を一撃したい衝動にかられましたよ。

地元沖縄出身でしかも新聞記者をやっていて、今まで沖縄戦の何を学んできたのでしょうか、屋良朝博記者は。

米海兵団に配属され、太平洋戦争に従軍した戦史家ビーニス・フランクが著した「Okinawa」ではこう記されています。

>・・沖縄は、位置からいって戦略的に重要な場所である。連合軍にしても、日本軍にしても、作戦を考えるとき、かならず、この沖縄の位置が基本になっていた。(略)

統合参謀本部は”氷山“作戦のために、史上最大の海軍兵力を集中した。(略)この島が占領されるまでに、合計54万8000人の陸軍、海軍、海兵隊員、318隻の戦闘艦艇と、人員揚陸用の舟艇をのぞいた補助艦船1139隻が使用されたのである。<

ちなみに、1945年4月1日に読谷海岸に上陸した海兵団は第10軍バックナー中将麾下の第3海兵軍団(ガイガー少将)指揮下の第6海兵師団、第1海兵師団である。上陸開始後1時間内で海兵隊を含む1万6000人以上の戦闘部隊が上陸したと記されている。

太平洋の島々での戦いはアメリカ海兵隊と帝国陸軍の戦闘であると言っても過言ではなく、ガダルカナル、マキン・タラワ、ペリリュウ・アンガウル、硫黄島の戦いは特に有名である。軍事オタクでなくともそれは常識であるからして屋良朝博記者がそれを知らないはずがない。

知っていて嘘をついたか?ついでだが10~13年ほど前だったか、慰霊の日の教材に使用された沖大か沖縄国際大か知らないが、沖縄戦に詳しい有名なA教授の沖縄戦記述に関して、戦艦大和は潜水艦攻撃により撃沈されたとあった。沖縄の反戦教授の軍事知識レベルが知れるというものである。


よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海兵隊に抑止力はない!沖縄... | トップ | 無知な総理大臣へ、海兵隊講座 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
軍事レベル? (猪)
2010-05-11 09:56:10
軍事能力より常識が先ず在りませんから、軍事知識など有ろう筈が有りません。
テレビ番組 (アイゼンシュタイン)
2010-05-11 10:13:42
5月9日、テレビ東京系で日高さんの海兵隊レポートを放送していました。
非常にわかりやすく、海兵隊が単なる戦闘部隊ではなく、周辺各国を回って、各国の軍隊と訓練を重ねることで、それらの部隊の練度を上げ、組織としての範を示して行くというものでした。
そして、そのローテーションを行う出撃基地が沖縄や佐世保であるという論調でしたね。
この番組を見て駐留している隊員数というより、周辺国へのプレゼンスという政治的な役割が大きいことがよくわかりました。
在京の新聞では、一斉に5月末決着の先延ばしが報じられていますが、個人的には、なぜ前政権が米国と合意した現行案では問題があるのかがよくわかりません。
この点を、現政権は明確に国民に説明する責任があると思います(内心は自民党政権がつくった案だから気にくわないというのがあるのかもしれませんが)。
毎日が勉強になる、、、 (義挙人)
2010-05-11 10:25:45
狼魔人さんおはようございます。

本ブログにコメントされる皆さんは、本当に勉強されてますね。真剣にに考えてますね。
ただ、タダ、頭が下がります。
本ブログ読むだけで、大変な勉強になります。
コメントされる皆さん、本当ありがとうございます。
防衛セミナー (のび太)
2010-05-11 11:16:02
先日、自衛官の知人に伺ったのですが、沖縄の自衛隊では、年に6回ほど、防衛に関するセミナーを開催しているとの事です。最寄の自衛隊に問い合わせしたら細かい事お知らせしてくれると思います。現場の声や様子を勉強する事も大切です。
Unknown (石垣)
2010-05-11 12:27:15
たびたびサラさんの件です。
狼魔人さんはサラの被害届の取り消しはなかったと言っていましたよね!
レイプ未遂暴行未遂なんですが、時効は7年です!ブログ告発した時は既に7年たった後なんですよ。
しかもサラさんは時効を知っていましたね!狼魔人さんと会って話をしているのに、狼魔人さんは時効を知らなかったんですか?

時効になったら被害届は受理されませんよ!
弁護士にでも相談したら (狼魔人)
2010-05-11 13:52:50
石垣さん

貴方も「告訴」と「被害届け」を勘違いしています。

一旦告訴状を受理したら捜査が伴います。

一方、被害届けを受理しても捜査の義務は伴いません。


刑事訴訟法上は、警察署は被害届けの受理を拒否する権限はありません。
従って時効経過後の「告訴」は受理しませんが、「被害届け」の受理は拒むことは出来ません。

前回も言いましたように私は法律家ではありません。


これ以上の「法律相談」はお断りいたします。

そんなにご不審だったら弁護士にでも相談したらどうですか?
メダカ記者 (太平山)
2010-05-11 14:51:07
狼魔人さま

こんにちは。以下の件について

>そして、返す刀で保守系有名ジャーナリストの日高義樹氏の著書を次のように切りつけてみせる。日高氏は「勘違い」していると。<

そうですか、屋良記者はそう言ったのですか、もはや常人ではないですね。メダカがクジラに向かっておまえより俺のほうが大きいと言っているようなものです。無知であっても詐術であってもどちらに転んでも、記者としての資質や信用を失いかねない発言ですけれども、沖縄だから通用するのでしょうね。ダメですね本当に沖縄は。

彼に比べれば「沖縄戦シークレッド」の上原正稔さんははるかに信用できますね、人間的にも。しかしシリーズを中止した琉球新報も今や沖縄タイムスに劣らず独裁、独善、偏向の塊となりました。沖縄の将来が案じられます。

涼太さんが言う

>ただ普通に常識で考えて、今の日本の国防力で、世界最強の軍隊が日本に居た方が良いのか、そうでないのか位は分かります<

子供でも判るその常識が通用しないのが沖縄の指導者達であり沖縄の言論界ですね、「軍事能力より常識が先ず在りませんから、軍事知識など有ろう筈が有りません。」まさに猪さんが仰るとおりでこれには笑ってしまいました。

ちなみに私が昨日紹介したA教授は沖縄国際大学の名誉教授でした。すばらしい常識の持ち主です。感服しました。

Unknown (石垣)
2010-05-11 15:41:16
時効だからサラさんは告訴しなかった!…出来なかったんですね!
被害届は受理されても時効ですから、警察による捜査は行われない訳ですね!

サラさんは事情聴取を最後まで受けずに、自ら被害届を取り消したと言っていました。
ブログ告発する前に狼魔人さんに相談したんですし、サラさんも初めっから時効を知っていたんですよ!

・決定的な証拠品がある。
・告訴した、取り下げた。
・被害届を出したけど体調不良で取り消した、大浜の返答次第で、被害届の続きを行う。

そう訴えていたんですが、狼魔人さんが支援していたのに、サラは被害届を出しても意味がない事を知らなかったで終わるんですね!

もう連絡が取れない状態だし、市長選も終わったし、サラ本人がブログを閉鎖したから戦いは終わり!

※サラは時効を知っていた!そして時効になった後にブログ告発した。
初めっからネット上だけの戦いだった訳ですね!
Unknown (涼太)
2010-05-11 22:02:52
狼魔人様失礼します。

大平山様ありがとうございます。
難しいことは分からなくても、自分の頭で考える事が大事ですね。私が社会人になった1970年代はベトナム戦争などの影響もあり、日本中が反戦平和一色でした。それに乗じ革マル、中核派などが、企業の労働組合に入り込み、猛威をふるっていました。しかし私達はマルクスレーニンとかの難しい事はわかりませんが、当時は日本も貧しく多くの地方出身者は実家に仕送りしていました。
そんな中で一番大事なのは、自分の生活基盤であり、夜遅くまで残業し、少しでも多く実家に送金する。そんな時代でした。従って何とか派などの過激な主張に耳を傾ける暇も無く、いつのまにかそんな連中も居なくなりました。然るに当時の過激な反戦運動が時代を超えて、沖縄で再現している姿に驚愕しています。しかし1970年代の私達がそうであったように、多くの県民は何が一番大事なことか、良く分かっています。いずれ沖縄でも過激派の住む場所はなくなると思います。
若干1名粘着質がいるようですが (KOBA)
2010-05-11 23:44:16
 「チャンネル桜掲示板」でも石垣市長選挙が終わったら狼魔人氏を糾弾?していたコーナーが止まったままなんですが。

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事