狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

国連の晒し者、山城被告!沖縄の恥さらし!

2017-06-18 12:48:38 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

山城被告が国連で「くるさりんどー山城」という正体を暴露され、恥さらしになった事実を隠蔽した沖縄タイムス。

「山城博治 くるさりんどー山城」の画像検索結果

山城被告の「国連演説」が、あたかも拍手喝采で世界の共感を得たかのような嘘八百記事を拡散した捏造記者がこの人物。

「阿部岳 沖縄タイムス」の画像検索結果

沖縄タイムス 北部報道部長 阿部岳記者

ところが現地に行った読者により山城被告の惨状が暴露され、同じメディアである産経新聞も沖縄タイムスの大嘘記事を暴露してくれた。
 
沖縄タイムス・琉球新報は、沖縄の恥である。
 
 
産経新聞2017.6.18 00:18

更新
国連利用に聴衆冷ややか 人権理事会で「抑圧」アピールの山城博治被告

国連人権理事会関連のイベントで発言する山城博治被告(左から2人目)=16日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部(原川貴郎撮影)国連人権理事会関連のイベントで発言する山城博治被告(左から2人目)=16日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部(原川貴郎撮影)
 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の抗議行動で傷害などの罪で起訴された山城博治被告(64)が、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で2日間にわたり「日本政府が人権侵害を止めるよう求める」と主張した。「被害」をことさらアピールした山城被告に、チベットで中国当局の弾圧により同胞が命を落とす深刻な人権侵害を訴える団体は冷ややかな視線を送っていた。

 「はいさい、ちゅーうがなびら(皆さん、こんにちは)。私は沖縄における米軍基地による人権侵害に対し、平和的な抗議行動を行っている山城博治です」

 山城被告は15日夕(日本時間16日未明)の国連人権理事会で、沖縄方言を織り交ぜながら自身の“惨状”を約90秒、英語で訴えた。

 山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。

 「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」

 山城被告の前には、ドイツに拠点を置く国際NGOの女性がチベットの人権弾圧について演説した。2009年以降、チベットで150人以上が中国の弾圧に抗議して焼身自殺し、その家族らが処罰されたことを挙げ「中国に監視団の受け入れを迫るよう人権理事会に要請する」と主張した。深刻な人権侵害を訴えるためジュネーブに来た人々には、山城被告の発言は別世界の話に聞こえたようだ。

 山城被告は人権理事会関連のイベントでも、約50人のメディアやNGO関係者らを前に「私たちへの不当な処遇は政府の圧政にあらがう県民への見せしめ、恫(どう)喝(かつ)であったことは言うまでもない」とアピールした。沖縄タイムスの記者も登壇し、同紙と琉球新報の地元2紙が「政府から言葉による攻撃を受けている」などと主張した。

 ところが、山城被告らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面の動画に関する質問が飛び出すと、山城被告は「私は日本一のテロリストのように喧(けん)伝(でん)されている」とはぐらかした。「加害者」だったことが暴露され、居心地の悪い思いをしたようだ。国連を利用して日本人が発信する“嘘”が封じ込められた瞬間だった。(原川貴郎)

                     ☆

東子さんのコメント


国連利用に聴衆冷ややか 人権理事会で「抑圧」アピールの山城博治被告 2017.6.18 00:18」
http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180005-n1.html

 

>山城被告は15日夕(日本時間16日未明)の国連人権理事会で、沖縄方言を織り交ぜながら自身の“惨状”を約90秒、英語で訴えた。
>山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。
>「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」

 

弾圧に苦しむ人達は人権理事会にたどり着けない。
だから、代わりに誰かが、それを告発する。
しかし、山城被告の場合は、自身が人権理事会で「自身の弾圧」を語る。
こんなことができるののどこに「弾圧」があるか、分からないと思われるのは、当然だ。

 

山城被告らがしたのは「弾圧の解消のため」ではなく、「世界も共鳴した」「世界が日本を批判している」の「素材作り」のために「国連で発言した」だけ。
真剣に「弾圧の解消」を目指している人達に、そこを突かれた。
国連の体たらくが指摘されるが、それでも世界が一同に会して「弾圧の解消」向かう場であることには違いないのだから。

 

伊藤和子氏の「感想」と、産経の記事、「【山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に】【国連ミッション•コンプリート】を読み比べれば、色んなことが浮かび上がってくる。
 

 


新報「「政府、沖縄で人権侵害」 山城氏、国連で声明発表 2017年6月16日 06:30」
人権 人権侵害 山城博治 沖縄平和運動センター 国連人権理事会 国連 長期勾留 ジュネーブ
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-515759.html

 


タイムス「沖縄平和運動センター・山城博治議長 国連人権理事会での声明全文 2017年6月16日 10:10」
山城博治 沖縄平和運動センター
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/102707

 


ちなみに、2年前の翁長知事のは、新報は「演説」。
タイムスは、既に「声明」。
ただし、まだ遠慮があったのか、タグは「翁長知事国連演説」となっている。

 

新報「新基地は「人権侵害」 知事、国連で演説 辺野古阻止訴え 2015年9月22日 11:37」
普天間飛行場移設問題
http://ryukyushimpo.jp/movie/prentry-249254.html

 


タイムス「辺野古の状況を見てください」国連での沖縄知事声明全文(日本語訳) 2015年9月22日 11:42」
翁長知事国連演説
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/18960

 


翁長知事で乱れがあったのを、山城被告のは、タイムス、新報は「声明」と揃えた。
八重山日報は、翁長知事、山城被告、いずれも「演説」としている。

 


ちなみに、JapanTimesに載った、山城被告の記事↓を見てみると、

 

「Okinawa base activist describes five months of alleged Japanese oppression to U.N. rights council Jun 16, 2017」
http://www.japantimes.co.jp/news/2017/06/16/national/okinawa-base-activist-describes-five-months-alleged-japanese-oppression-u-n-rights-council/#.WUWl5LFcWhB

 

>in a speech to the council in Geneva.

 

演説を意味する「speech」。
声明を意味する「statement」は、ない。
でも、タイムス、新報は「声明発表」と書く。

 

「声明」は「政治・外交上の意見の発表」に使う。
翁長知事の場合は、政治家だからまぁ良しとしても、山城被告が?
「琉球国」を代表してってか?
「沖縄独立」の布石?

 「国連事務所「今後も見守る、情報提供を」 沖縄の人権状況改善を注視 2017年6月18日 11:25」
国連 山城博治 沖縄平和運動センター 人権
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103245

>加盟国が互いの人権状況をチェックする「普遍的定期審査(UPR)」で日本が11月に対象になることから、日本に対する質問を準備するよう要請した。

UPRをさも権威あるように書いているが、これも法的拘束力はない。


「<社説>国連審査報告書 基地の非人道性が暴かれた 2015年5月21日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243189-storytopic-11.html

>国連人権理事会の普遍定期審査(UPR)対米審査報告書が、米国外の米軍基地が現地の人権を侵害していると明記し、改善を勧告した。
>勧告に法的拘束力はない

と、新報が書いているほどだ。
が、「法的拘束力はない」としても、山城被告の逮捕を「弾圧」とする虚構を作った人達は、UPRを利用して、日本人の謙虚さと国連至上主義に付け込んで日本を貶めようとする気満々。


「沖縄の人権侵害告発 国連宛て報告公表、研究会がシンポ 2017年5月22日 06:30」
人権 沖縄国際人権法研究会 国連人権理事会 辺野古新基地 沖縄大学 自己決定権 環境権 表現の自由 女性・子どもの権利
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-500087.html

>新基地建設など基地問題を中心に、日米両政府によって自己決定権、環境権、表現の自由、女性・子どもの権利の4分野で人権が脅かされている

「先住民と自己決定権」を理由に米軍基地撤去を言い、その先に、琉球独立を目指す人達。
↑の主張に反論する者は「弾圧者」であり、「差別主義者」であるとレッテル貼りして、排除するつもり。
レッテル貼りがしやすいメディア環境と「差別主義者」を取り締まる法を作ろう。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山城の「公開処刑場」!国連... | トップ | 山城被告が「泣き落とし」?... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-06-18 14:58:15
2年前の翁長知事の国連演説も、今回の山城被告の演説も、狙いは、同じ。
UPRの報告書に
 沖縄の(1)自己決定権と土地権(2)環境権(3)女性の権利(4)表現の自由
の「4つの権利」が侵されていると書き込ませること。

「辺野古が唯一」と言って一歩も譲らない日米政府
 ↓
民主主義のアメリカが沖縄で民意無視の弾圧を行っている
 ↓
日米政府は、沖縄県民の「4つの権利」を侵している
 ↓
日米政府の共通の価値観は、沖縄弾圧だー。
 ↓
米政府のUPRの報告書に沖縄県民の「4つの権利」が侵されていると書き込ませる
 ↓
米政府のUPRの報告書に「先住民族の自己決定権の尊重や自治、権利を守ることを促す文言」は盛り込まれたが、「沖縄の」は無かった
 ↓
2年経って今度は日本のUPR
 ↓
日本政府のUPRの報告書に沖縄県民の「4つの権利」を侵していると書き込ませる
 ↓
前段階として、山城議長らは海外政府の国連代表部と面会して、日本に対する質問を準備するよう要請


海外政府の国連代表部と面会。
どこの海外政府の国連代表部でしょうねぇ。



【参考】
「沖縄の人権侵害告発 国連宛て報告公表、研究会がシンポ 2017年5月22日 06:30」
人権 沖縄国際人権法研究会 国連人権理事会 辺野古新基地 沖縄大学 自己決定権 環境権 表現の自由 女性・子どもの権利
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-500087.html

>島袋純琉球大教授は自己決定権に関し、新基地建設に伴って大浦湾への立ち入りが規制されたことに「国連の先住民族権利宣言に定められている『先祖伝来の領域』に関する権利を侵害している。漁業権のみを問題にし、他の人々の権利を無視して立ち入り禁止にする権限は日本政府にはない」と強調。
>報告書では琉球/沖縄を「先住の人民」として承認し、権利を保護するための具体的措置をとる―などを政府に求めた。


「国連事務所「今後も見守る、情報提供を」 沖縄の人権状況改善を注視 2017年6月18日 11:25」
国連 山城博治 沖縄平和運動センター 人権
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103245

>山城議長らはこの日、海外政府の国連代表部とも面会した。
>加盟国が互いの人権状況をチェックする「普遍的定期審査(UPR)」で日本が11月に対象になることから、日本に対する質問を準備するよう要請した。
Unknown (東子)
2017-06-18 14:58:57
ちなみに、2年前の米政府のUPRの報告書に「島ぐるみ会議」の島袋純琉球大学教授らが、
  沖縄の(1)自己決定権と土地権(2)環境権(3)女性の権利(4)表現の自由が侵害されている から
  人権理事会の48理事国にUPRにこのことを盛り込んでアメリカを叱ってくれるよう頼んだら、
  中国、アルゼンチンなど6カ国が賛同
だが、結果は、実際の勧告に当たっては「米国外の米軍基地に関連するとみられる記述」は書き込まれたが、沖縄の地名は書き込まれなかった。


「在沖米基地に改善勧告 国連審査報告書、人権侵害など指摘 2015年5月20日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243140-storytopic-3.html

中国が「島ぐるみ会議」の「日米政府に沖縄は人権侵害されている」に同調したのは、アメリカに影響を及ぼさないから(慣例の勧告で表面的な指摘だから)。
もし、影響を及ぼすなら、アメリカが追求している中国の「天安門事件」で返り討ち会うと、気を使った中国だったが、2週間後には、アメリカ議会で「人権侵害している」と調査が始まった。


「米議会特別委「中国の人権状況一段と悪化」 2015年6月4日」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150604/k10010102391000.html

>中国の人権状況などを調査するアメリカ議会の特別委員会は、3日、公聴会を開き、中国の人権問題に取り組む弁護士らが証言しました。
>この中で、現在、アメリカに滞在中の中国人弁護士の滕彪氏は「習近平主席が政権に就いて以降、国民への弾圧はひどくなっている。1500人を超す人権活動家が逮捕されたり、拘束されたりしている」と述べ、中国国内で人権を侵害した人物に対して、アメリカへの入国を禁じる法律を制定するよう求めました。

日本政府の人権侵害についてのUPRだが、沖縄の人権侵害の原因は米軍基地と書いて欲しいのだから、米国政府批判である。
オバマ大統領だったから「中国の人権問題」は尻切れトンボだったが、トランプ大統領なら、どうするか、分からないわ。
現在、日本は理事国だが、中国も理事国だ。
トランプ大統領にビビる中国が、「沖縄のー」を入れる勇気があるか。
興味津々だわ。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-06-18 16:28:08

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「亡くして思う 親の恩は子に」の恩納村・東江義昭さん(64)は、1月3、20日、2月10、27日、3月11、31日、4月23日、5月10日、6月13日に続き今年10回目の掲載。
「想像しわびる 亡父の悲しみ」の糸満市・岸本定政さん(69)は、1月6、27日、2月15日、3月8、26日、4月19日、5月1、15、25日、6月1、10日に続き今年12回目の掲載。
「民謡を聴いて 毎日感謝の日」の那覇市・照屋美代子さん(67)は、3月5日に続き今年2回目の掲載。
「世の中で普遍 子を思う親心」の沖縄市・仲宗根栄一さん(84)は、3月9日、4月13日、5月21日に続き今年4回目の掲載。
「影の薄さ当然 母の日は納得」の北中城村・安里一三さん(84)は、昨年12月26日以来の掲載。
「血縁より濃い 父としての愛」の中城村・安里勝江さん(66)は、2月5日、3月24日に続き今年3回目の掲載。
「道州制 県民議論を望む」の北海道函館市・畠山大さん(41)は、今年初掲載。
「戦争の愚かさ 沖縄から発信」の那覇市・山根光正さんは、1月4、12日、2月1日、3月28日、4月13、24日、5月20日、6月3日に続き今年9回目の掲載。
「老人川柳の楽しさ」の沖縄市・比嘉典子さん(73)は、1月9日、2月12日、6月2日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

(おまけ)
このブログの人気者・山城博治氏は、2014年6月13日、同年7月1日の投稿欄に沖縄平和運動センター議長の肩書きで掲載。


よくもおめおめと (HM)
2017-06-19 13:33:07
この男、よくもおめおめ、のこのこと国連の場などに出かけて行ったもんだ。恥知らず、いや盗人猛々しい。

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事