狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「反戦平和」は免罪符か!続・某重大事件

2011-12-12 08:14:19 | 八重山教科書採択問題

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

「反戦平和」は免罪符である。

当日記で何度も述べてきた事実である。

これを証明する例は枚挙に暇がない程である。「反戦平和」を叫ぶ人物は政治家は言うまでもなく、日頃新聞などで「識者の意見」を述べている大学教授を含むが、「反戦教育」には特に縁の深い教員が、「淫行条例違反」を犯しても地元紙が、これを実名報道することはない。

それどころかこの破廉恥教師、実名を間違って報道したテレビ局に逆切れした挙句、実名を公表した県を相手取って名誉毀損で訴えた例もあるくらいだから、「免罪符」は現在のところ健在である。

地元テレビ局はともかく、地元紙は「免罪符」が「霊験あらたか」なことを証明したかったのだろう。

教師の「不祥事」には甘い報道の地元新聞に昨日、次のような読者の投稿が掲載された。

■沖縄タイムス 12月11日 オピニオン面

不祥事の続発

教員は自覚を  O・Mさん=60歳 (那覇市)

教員の不祥事は今に始まったことではない。 今年は高校教諭の児童買春、教諭のみならず教頭、指導主事の飲酒運転など、例年より目立っている。 この件で県教委は11月25日に「不祥事防止の徹底を求める通知」を関係機関等に送付している。 この種の通知は過去にも出されたと思うが、一向に改善されていない。(略)
不祥事の防止は教育再生の一歩である。

          ☆

「反戦平和」が免罪符といえば、地元紙が徹頭徹尾「報道しない自由」で黙殺した「大浜石垣市長婦女暴行疑惑」の例や、学生にセクハラをして訴えられた教授の実名を報じなかった例を思い出すが、冒頭に述べた実名報道で県を訴えた破廉恥教員の例を、過去エントリーを引用して振り返ってみる。

この破廉恥教師、最高裁まで争って結局は敗訴したが、それを報じる新聞は実名を伏せるという義理堅さである。

 

破廉恥教師が名誉毀損だって

≪「淫行条例違反」容疑で逮捕された現役教師が実名を公表されたのが名誉毀損に当たるとして裁判沙汰に持ち込んだというから呆れてしまう。

盗人猛々しいと言いたいところだが、盗人が怒り出すような恥知らずな教師である。

免罪符の効力が残っているのか、沖縄タイムスのウェブ記事には載っていないベタ記事なのでしつこく文字お起しをしておいた。

淫行容疑で教諭逮捕 2010年6月9日

実名発表は許容内   最高裁で確定

県内で2007年、女子中学生にみだらな行為をした疑いで県警に逮捕された公立中教諭の男性(37)が、実名発表で名誉を傷つけられたとして、県に500万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷

(竹内行夫裁判長)は8日までに教諭側の上告を受理しない決定をした。 教諭側敗訴の1、2審が確定した。 決定は4日付け。 昨年3月の1審那覇地裁判決は「教諭がみだらな行為をした容疑であり、県警が実名発表をしたことは社会的に許容される」と判断。 昨年11月の2審福岡高裁那覇支部判決も支持した。 
判決によると、教諭は07年3月に県青少年保護条例違反(淫行)容疑で逮捕されたが、那覇地検は同11月、起訴猶予とした。

                                                 ◇

事件の詳細を知るため事件の発端を報じる古い琉球新報を以下に引用する。

どうやら、沖縄2紙が「免罪符破り」をして実名報道をしたわけではなく、ローカルテレビが勇み足をしたというのが真相のようだ。

沖縄タイムスと琉球新報はしっかり匿名報道をまもって、免罪符には律儀なところを見せていた。

また、この恥知らずな教師、当初は「免罪符破り」をしたローカルテレビ局を訴えていたようだが、一審で敗訴するや今度は訴訟の対象を実名発表した警察に変更したようすである。

県条例違反で処分保留の教諭 実名報道は名誉棄損

2008年3月5日        
 中学3年生の女子生徒=当時(15)=にみだらな行為をしたとして県青少年保護育成条例違反の容疑で逮捕され、処分保留で釈放された中学校教諭(35)=休職中=がマスコミの実名報道で名誉を傷つけられたなどとして、県内放送4社を相手に総額約4400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、那覇地裁(大野和明裁判長)は4日、教諭の請求を棄却した。
 訴えられていたのは琉球放送、沖縄テレビ、琉球朝日放送、NHK。
 大野裁判長は実名報道について「被疑者の名誉を棄損し、事後的に無実が判明してもその名誉を回復することは極めて困難」などと指摘。「(被疑者の実名報道は)刑事裁判の無罪の推定原則からも議論が存する」と述べ、教諭の逮捕をめぐる実名報道にも「名誉を棄損することは明らか」と言及した。一方で被疑事実の重大性から実名報道は「社会的に許容される」として教諭の訴えを退けた。
 大野裁判長は、報道が公益を図る目的で、報道機関がその内容を真実と信じる相当の理由があれば違法性は阻却されるとする最高裁判例を挙げ「報道機関が警察の公式発表を信頼するには相当の理由がある」とした。
 教諭は精神疾患で休職中だったにもかかわらず4社が実名報道したのは違法だとも訴えていたが、判決は「教諭の精神疾患が刑事責任能力を疑わせる程度のものとは認められない」と判断した。
 教諭の代理人は「記者が警察発表をすべて信用するなら、国民の知る権利はどうなるのか不安だ。実名報道で原告は教師としては再起不能になっている」とあらためて実名報道のあり方に疑問を呈した。教諭は控訴する方針。
 琉球新報は女子生徒が特定されるおそれがあるなどの理由で、教諭の逮捕を匿名で報じた。

                         ◇

琉球新報は女子生徒が特定されるおそれがあるなどの理由で、教諭の逮捕を匿名で報じた。

恥もなく自己弁護をしているが、琉球新報のこれまでの報道姿勢を見れば、「反戦平和」の免罪符に忠実に従ったに過ぎない。

そもそもこの教師、訴訟に持ち込んで最高裁にまで上告したから、ベタ記事とはいえ沖縄紙が続報を掲載せざるを得なかったわけであり、

名誉毀損の訴訟なんて恥知らずなことをしなかったら、今頃転勤でもして何食わぬ顔で「平和学習」でも教えていたはずである。

教師の「免罪符」については県議会でも問題にはなっていたようである。

県議会で元高校教諭わいせつ事件を追及

 

【追記】

「婦女暴行疑惑」で告発を受けた前石垣市長が、名誉毀損で「ブログ発信者」を刑事告訴した件は、まだ記憶に新しいが、同じ名誉毀損でも民事訴訟ではなく、あえて地検への刑事告訴にした理由が、これで明らかである。

つまり本件の破廉恥教師のように名誉毀損の「民事訴訟」に持ち込んだ場合、間違いなく訴訟は成立し、たとえ敗訴しても本人が控訴や上告をすれば今回のように最高裁の判断にまでいたることになる。 そうなると例え法律上は時効になっていても、裁判の過程で「旧悪」が白日の下に晒されることになる。

従って、それを避けながら、しかも市議会の「事実無根なら何故訴えないのか」という追及をかわすためには、「告訴不受理」の可能性の高い「刑事告訴」にし、アリバイ作りをしたのだと言われても仕方がない。

結局、思惑通り刑事告訴は不受理に終わり、「事件」は本人の落選と共にウヤムヤとなりメデタシメデタシということになった。

人の噂も七十五日とはよく言ったものである。≫

           ★

 

【おまけ】

続・南の島の某重大事件

南の島のさらに小さな離島である竹富島が、教科書問題で全国の注目を浴びている。

慶田盛竹富町教育長は、国が検定合格させた教科書を「戦争賛美の教科書」などと主張して「子どもたちには触れさせない」などと豪語しているが、子どもたちについては、島の中学生が人権を踏みにじられる状況にあっても無関心のようである。

昨日の「おまけ」で紹介した竹富町の保護者の方からのメールについて情報も含めて多くのメールを頂いた。

なかにはこんなのもあった。

≪ブログで拝見した竹富町立船浦中学校の教頭のセクハラについてですが、明らかに「強制猥褻」に当たります。沖縄地方検察庁に直接告訴されるのをおすすめします。(略)被害届の提出を妨害すれば、「公務員の職権濫用」と「恐喝」に当たります。告訴状の提出をおすすめいたします。≫

他にも途中から省略した保護者のメールの後半部分を紹介して欲しいという声もありますので、子どもの人権に掛かるという事の重大さに鑑みて省略部分を含め、全文公表いたいます。

こんばんは。
ブログ拝見しております。
私は竹富町民です。
八重山での教科書問題についてですが、
先日、近所の方が署名を集めに回ってきました。
教科書問題での署名で、文科省に出すものだということでした。
詳しい内容の説明は一切ありませんでしたが、
日ごろお世話になっている方で、断ることができず、仕方なく署名しました。
ご主人の名前もお願いしますと言われたのですが
これは断りました。
小さな島で、近所との付き合いなどで仕方なく署名ということはよくあります。
署名された人が本当にこの問題の詳細を知っているとは思えません。
 
私は、教科書の中身より、それを使って教える教師の方を選定してほしいです。
なぜなら、昨年竹富町の船浦中学校で、当時の教頭が校内体育館で
生徒の身体をさわるなどのわいせつ行為を行った事件がありました。
被害生徒と保護者が何度も学校長、教育委員会に抗議し、
謝罪を求めていましたが、何も回答がないため
被害届を出すと言うと、
学校長、加害教頭、竹富町町長の実弟、その知人が
学校に母親を呼び出し、「お前の教育が悪い」「親が悪いから子供がやられる」
(大きな問題にした)「お前を絶対に許さない」などと、恫喝しました。
そして、被害生徒を校長室に呼び出し担任教師と2人で
「教頭は謝ったのに(実際には一言も謝っていない)訴えるといっているがどう思うのか」「高校受験に影響する」などと脅されるようなことを言われたそうです。
会話はすべて録音されていて、教頭のわいせつ行為があったことを認める内容で
あったため、現在調停で話し合いが行われているようですが、
謝罪はしないと回答しているようです。
教育長は、わいせつ行為があったことをわかっていながら
処罰をあたえないまま、
この教頭は4月から石垣市教育委員会に移動し勤務しています。
石垣転勤後も、度々この被害生徒へのつきまといと思われる行為をしています。
このような人がいつか校長になれば、さらなる被害者が増えるだけです。
 
教科書問題は非常に重要なことだと思いますが
教科書より教師の選定をもっとしっかりやってほしいと思います
 
現在被害者の家族は、学校側、教育委側によって「モンスターペアレンツ」という
不当な扱いを受け、高校受験を目前に控え二重の被害に苦しんでいるとのこと。

 人気blogランキングへ クリックお願いします 


八重山毎日新聞 2006年4月30日
青少年健全育成に協力を」 石垣市青少年センター

街頭指導員30人に委嘱状

Pic1  2006年度石垣市青少年センター街頭指導員委嘱状交付式(市教委青少年センター主催)が28日夕、市立文化会館ホールで行われ、本年度の新しい街頭指導員30人に委嘱状が交付された。指導員の任期は1年。
青少年の健全育成と非行防止を図ることなどを目的に設置されており、毎月1回、街頭指導を実施している。

式では内原英忠教育長が「問題を抱える子どもたちや青少年問題は親や地域の責任とも言える。温かい気持ちで子どもたちに声をかけてほしい」とあいさつし、委員30人に委嘱状を手渡した。
このあと、街頭指導についての説明が行われたあと、指導員たちは各班に分かれて街頭指導に出かけた。

委員は次の各氏。
【石垣中校区】高原直樹(石中)島仲信秀(同)石垣信治(同)花城誠(石小)豊見山孫令(同)伊波勇史(真喜良小)玉城靖(同)宮城隆二(新川小)国吉仁英(石子連)

【石垣第二中校区】宮良篤(二中)石垣信功(同)加屋本洋子(青少年育成アドバイザー会)花城裕子(登小)崎原毅(同)大浜雅茂(八島小)玉城政高(八重農)伊波真吏(同)簑田成範(八重高)宮良顕次(同)桃宇大志(八重商工)白玉精喜(同)

【大浜・白保中校区】宮良知治(大浜中)山城一夫(白保中)米盛聡(同)

【青少年センター】真志喜浩三(青少年センター)友利直衛(同)金城賢(同)半嶺君子(同)田福雄市(同)前花雄介(同)

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな島の某重大事件 | トップ | 教科書問題は尖閣問題である! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてプリーズw (衆愚代表)
2011-12-12 11:45:26
>>琉球新報は女子生徒が特定されるおそれがあるなどの理由で、
教諭の逮捕を匿名で報じた。

「女子生徒が特定されるおそれがあるなどの理由」で加害者を匿名にするんだったら、海兵隊が小学生をレイプしても匿名で報道するのが筋ってものですよね。

 とはいえ、このインラン教師ってどんな人?
 基地反対イベントが開かれたら、欠かさず参加する人だったのでしょうか?
 または、若い人の加入者激減中の沖教組の中で、数少ない若手の一人だったのでしょうか?

 どなたか一県民の「知る権利」に、応えてくれる方はいらっしゃいますか?

恥知らずの新報 (無法者キラー)
2011-12-12 12:01:21
衆愚代表様

>>琉球新報は女子生徒が特定されるおそれがあるなどの理由で、
教諭の逮捕を匿名で報じた

琉球新報の弁解記事は、ウェブサイトから削除されていますね。www

恥知らずの新報でも、こんなミエミエの弁解は恥ずかしいのでしょうか。www


わいせつ教頭を庇うケダモリ教育長は同じ穴のムジナ、即刻辞任せよ!
Unknown (涼太)
2011-12-13 08:11:23
狼魔人様

私が住んでいるところは、前回も書きましたがディジタル社会です。良い、悪いはハッキリしています。その判断基準は社会的常識であり、それを単に明文化したのが町内会規則です。
規則を破れば、それこそ社会的地位、職業に関係なく非難されます。
翻って、似非琉球王朝は、何処までもアナログですね。
県の義務教育課長が「許しませんよ。」と恫喝するのにはびっくりします。
逆に、国が沖縄県知事に「許しませんよ。」と恫喝したなら、ハチの巣を突っついた様な騒ぎに成るでしょうね。
Unknown (涼太)
2011-12-13 23:52:44
狼魔人様

反戦平和が免罪符なんて、今時そんなアナログ社会が存在すること自体が異常です。
私が住んでいる近くには、米軍基地も自衛隊基地もありますが、赤鉢巻で「米軍基地反対」、「自衛隊反対」などという光景も、まったく見ないですね。今や天然記念物でしょう。
その裏で、補助金とか金銭が飛び交っているのは、最近では公然の秘密です。
1995年の少女暴行事件をきっかけに盛り上がった、普天間移設問題。
国から目一杯補助金を引き出し、話が具体化すると一転反対する。
太田元知事以降同じ手法が続いています。
逼迫感に欠けます。
私は思うのですが、古今東西。国民の理解を得られない運動は成功した例がありません。
通りすがり (通りすがり)
2012-03-04 22:31:26
・この原告教師は結局起訴猶予(実質無罪)だった。
・逮捕された時点で無罪の可能性があり、不当な逮捕である可能性があ
 った(逮捕せず書類送検が妥当だった)。
・中学生の方も本気で原告を愛しており、純愛関係にある可能性が高か
 った。純愛による性行為は禁止されていない。
・中学生との性行為は違法とは限らない。
・教員と生徒との性行為は校則以外で特に禁止されていない。

以上のことを確認していたでしょうか。感情論で「何となく悪そう」で
はなく、論理的で客観的な思考を希望します。性行為の法律論としては

13歳未満…いかなる理由があろうと強制わいせつ罪 or 強姦罪
13歳~18歳…青少年保護条例違反だが、その条例は婚約関係にある男女
 は例外と述べている(婚約は書面でなくてよい)ため、実質純愛
 関係にある男女なら許されるというのが弁護士団体の主張

例えば、これが高校生同士の性行為だったらあなたはこれほど騒いだで
しょうか?法律的には何の違いもないのですが。

警察は理由も考えずやたらめったら逮捕しますが、逮捕された人間が
必ず犯罪者になるとは限りません。実際逮捕者は割合として半数近くが
起訴猶予(実質無罪)となっています。

しかし現在日本の報道としての「実名報道の境界」は「逮捕」だとされ
ていますので、50%の確率で無罪なのに実名報道しているわけです。

その日本の報道倫理について疑問を投げかけるための裁判だとまで
きちんと読んでいたでしょうか?
お門違い (狼魔人)
2012-03-04 22:53:26
通りすがりさん

日本は法治国家です。

最高裁で、実名発表は許容内と確定したことですよ。

異議を唱える相手を間違えてはいませんか。

あなたの相手は最高裁ですよ。

Unknown (通りすがり)
2012-03-14 14:57:58
実名報道が不当だと書いたのではなく、違法かどうかも考えず
「なんとなく悪そう」のみで犯罪者扱いするあなたの脳みその
低レベルさを非難したのですが。

文章の趣旨も読めない知能の人間に法律論を話したのが間違い
でした。申し訳ございませんでした。
知能の高い?お方へ (狼魔人)
2012-03-14 15:36:43
通りすがりさん


>文章の趣旨も読めない知能の人間に法律論を

上記文を、そっくりお返しいたします。

「実名発表は許容内」と最高裁で確定しているのですよ。

「知能の低い人間」の書いたブログにいちゃもんをつける暇があったら最高裁に抗議したらどうですか。
お得意の「不当判決」のプラカードかなんかを掲げて。(爆)



コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL