狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

続・詐欺師を知事にしてはいけない

2014-11-15 07:42:59 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

当日記は今回の知事選は事実上「仲井真vs翁長」の一騎打ちになるが、「新聞vsネットの代理戦争」の側面を持つと評していた。
 
選挙戦が開始された当初は新聞のアンケート調査などで流され記事では、「翁長氏圧勝」の情報が乱れ飛んでいた。
 
ところが、10月28日の9市長の記者会見以後状況に変化が見えてきた。
 
新聞は必死で隠蔽を試みたが、記者意見で公表された「裏建白書(確認書)」の存在がネット上を駆け巡り始めると悪事千里を走るのたとえ通り、翁長氏の「悪事」が支援者の間にも広がっていった。
 
断末魔の沖縄2大紙はもはや、仲井真氏の急追を止めることが出来ず、昨日の三日攻防の中日の段階では、仲井真氏逆転の段階にまで翁長氏は追い詰められた。
 
一番焦るのは翁長氏本人だが、本人以上に困ったのが沖縄2大紙だ。
 
恥も外聞もかなぐり捨て、新聞としてのは誇りさえ犠牲にして支援する翁長氏。
 
翁2大紙が社運を賭して支援した翁長氏が敗北するのは自身の信頼の失墜を意味する。
 
を拱手傍観しているわけには行かない。
 
そこで考えた必殺技が、「苦しいときのアンケート」だ。
 
14日付沖縄タイムスの二面トップにこんな大見出しが躍った。
 
40市町村長本紙アンケート
 
仲井真氏支持19人 翁長氏7人 下地氏1人
 
現在41市町村長の大部分が仲井真氏支援に回っており、市長に至っては11市長のうち実に9人の市長が仲井真支持というのが「オール沖縄」の嘘を攻撃する根拠だ。
 
翁長氏の金看板「オール沖縄」の信頼性を取り戻すために仲井真氏に反撃するには、仲井真支持の市町村長が少なくとも過半数以下でなければならない。
 
そこで沖縄タイムスが知恵を絞って考えたのが上記アンケート結果の捏造である。
 
先ず質問先の40市町村長のうち実に11人の首長が回答を拒否している事実に注目すべき。
 
閉鎖された言論空間の沖縄で2大紙から質問され、新聞の意図とは反対の回答をすることは選挙の洗礼を受ける首長にとっては大変勇気の要ること。
 
そこで新聞と反対の意見を持つ首長はいろんな理由をつけて回答を拒否するのが慣わしだ。
 
したがってアンケート調査の結果を公表する場合、回答拒否は母数の40からマイナスするのが公平といえる。
 
今回のアンケートの場合、実際はどうだったか。
 
母数は29人となり、仲井真支持の19人は過半数を大幅に上まり、「オール沖縄」の嘘を強調したのは皮肉である。
 
沖縄タイムスの小細工は他にもある。
 
辺野古移設に反対を唱えている首長のリストの中に、「渡嘉敷村長・座間味昌茂」と記載されているが、10月14日現在の渡嘉敷村長は座間味氏ではなく、松本村長である。
 
そもそも知事選の投票日を二日後に控え、このようなアンケート調査をの結果を公表することにも疑問が有る、
 
だが、これは新聞の持つ「編集権」としてさておいても、アンケート調査の実施日も公表せず、記事掲載日の首長も前の首長を記載するといったデタラメなアンケート結果で、読者・有権者を混乱させることは「編集権」の逸脱ではないのか。

沖縄2紙の必死の支援にも関わらず、翁長氏の「悪事」はネットを駆け巡っている。
 
前にも紹介したが、一時は沖縄での農業を志して沖縄移住も考えたことが有るといわれるブログ農と島のありんくりんさんが、愛する沖縄のために怒りを込めて、翁長氏の背信行為を告発している。
 

 


以下ブログ「農と島のありんくりん」の引用です。
 
「信」なき背信政治屋翁長氏に一票を入れるな!
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-73d6.html

翁長雄志氏が登場したことでマスコミは「保守分裂選挙」という言い方をしています。それは正しくはありません。
まずは支持団体からみていきましょう。

・仲井真弘多(無所属)・・・自民推薦
・翁長雄志(自民党) ・・・共産・社会社民大衆・生活・自治労・沖教組支持
・下地幹朗(そうぞう) ・・・維新・そうぞう支持
・喜納昌吉(民主除名)・・・なし

これで見る限り翁長氏は、共産党まで含んだただの革新候補ですが、実はこれだけ見ても何も語ったことにはなりません。

というのは、翁長氏の支持団体に革新が名を連ねていることは、革新系が統一候補を立てられないほど衰弱しただけのことに過ぎないからです。

これについて元県知事の稲嶺恵一氏がいみじくもこう語っています。

「これは保守分裂ではなく、基地運動に頼ってきた革新が自前候補を出せないほど衰退したということ。保革対立がパッと消えたら(日本の一部を担う)沖縄県人的な意識と、(本土と対抗する)琉球人的な意識の矛盾点が浮かび上がった」
(『沖縄県知事選と「国場組」』(「新潮45」11月号常井健一)

間違いなく、沖縄の革新陣営はどん詰まりの衰弱期に入っています。

それは太田秀昌元知事が推す高良鉄美氏を革新統一候補としてまとめ切らずに、結局うさん臭さ一杯の背信政治家・翁長氏に相乗りすることを選択せざるを得なかったことを見れば分かります。

表面的には革新陣営が支持母体ですが、あくまでも革新陣営は「翁長党」に相伴する脇役でしかありません。

彼ら革新の無力さは、「承認拒否」を最後まで掲げられなかった所に象徴されています。

それは、長年に渡って官公労と教組にのみ頼った運動構造が硬直化し、いつの間にか島内勝ち組だけによるイデオロギー闘争に明け暮れてしまったためです。

おそらく革新陣営の選対責任者たちの集まりでは、翁長氏をどこまで信じるかについて激論があったはずです。

それは、立候補表明してもなお、「承認撤回」を言い切らず、ああ言い、こう言いしているヌエ的な翁長氏の態度をみれば、不信感を覚えて当然です。

翁長氏は支持母体の革新陣営からも責められ、対立する仲井真陣営からも公開質問状を突きつけられてもなお、厚顔にも公約を変えようとしませんでした。

改めて翁長氏の公約と称するものを見ればこの調子です。まるで中学生の作文です。

「県民は埋め立て承認の撤回や取り消しを望んでいると思う。知事選に勝ってから、相談しながら撤回や取り消しのあり方を考えていきたい」

つまり、翁長氏が知事に当選したとしても、承認撤回はしないということです。

もし、翁長氏が知事になりさえすれば普天間は閉鎖され、辺野古移設は拒否されるという期待を持っておられる方がいるなら、その望みは残念ながら叶えられません。

その理由は、「翁長党」のスポンサーは革新団体ではなく、沖縄財界反主流派だからです。

今回の知事選で翁長陣営についた沖縄財界のメンツを見てみましょう。

・金秀グループ会長   ・・・呉屋守将
・かりゆしグループCEO・・・平良朝敬
・沖縄ハム会長     ・・・長濱徳松

これらの人々がどのような人達なのかと言えば、沖縄財界反主流派です。それは代表格の金秀グループ会長の呉屋氏をみれば納得がつくでしょう。

呉屋氏は、「スーパーかねひで」を県内40店舗持つかたわら、県内4位の土建屋でもあります。

そして呉屋氏は、国場幸之助氏(自民党衆議院議員)の出身である国場組と激しい対抗意識を燃やしていることで知られています。

国場組はいうまでもなく県内1位の大手土建業ですが、呉屋氏の金秀はその下請けでした。

そして呉屋氏の父親は、国場幸昌社長の選対責任者をしながらも国場組からは「金秀は選挙のおかげで大きくなった」と嘲笑われたといいます。

この屈辱を舐めた金秀が、スーパー部門が当たって、今や国場組を凌ぐ力をつけ、それがこの知事選において、国場氏が推す仲井真氏に対して翁長氏をぶつける沖縄財界の下克上につながっていきます。

那覇市内で開かれた翁長氏の激励会は千人を越える盛況ぶりだったそうですが、来客はもっぱら呉屋氏との名刺交換にいそしみ、翁長氏の演説は添え物だったそうです。

そこには革新陣営の顔ぶれもあったわけですが、主賓はあくまでこの金秀を率いる総帥の呉屋氏でした。

翁長激励会に集まった人達にとって翁長氏すら添え物で、今後沖縄財界を率いていくであろうと期待した呉屋氏や平良氏、長濱氏となんとかコネを作りたいというのが本音だったのでしょう。

ここにあるのは、かつての革新候補の決起集会にある赤旗とシュプレッヒコールではなく、国策として今後も移設事業で落される巨額のカネの匂いを嗅ぎつけて群がる欲に目が眩んだ蟻たちの光景です。

彼ら欲ボケ蟻が望むのは、沖縄利権の新たな胴元に金秀が座り、ゼニをバラ撒いてくれることです。それが彼らを選挙へと駆り立てているのです。

なんのことはない、保守分裂ではなく、ただの財界の勢力争いです。

島内の数少ない産業である建設業では国場組と金秀の、観光業では沖縄観光コンベンションビューローとかりゆしグループとの、勢力図をかけた戦いの場が、選挙戦へと変わっただけともいえます。

だからこそ、翁長氏は革新陣営の不信を尻目に涼しい顔をして「承認拒否」の一項を公約に入れることを頑として拒んだのです。

したがって、翁長氏が、知事になってまずすることは、いままでの土建の割り当てのメーンを占めていた国場組傘下から、金秀へとシフトすることでしょう。

そして国に対しては、あくまでも「反対の声を伝える」に止まり、革新陣営が強く望む「阻止」などは間違っても口にすることはありません。

翁長氏がしたいのは辺野古移設「阻止」などというヤボなことではなく、それをネタにした振興予算のさらなる上積みと、基地の返還交渉条件の獲得でしかありません。

これこそが彼がいう「政治とは結果」の意味です。それは彼が、「オール沖縄」とやらの署名を首長たちの間で集めた時の言葉でわかります。

「南城市の古謝景春市長は、翁長氏が41市町村の代表が政府に提出した建白書をまとめる際に『反対することで振興策が多く取れる』と発言したと主張し、『さまざまな疑念がある』とした」(沖タイ10月29日)

翁長氏、いや「翁長党」と呼ぶべきでしょうか、彼らにとっては辺野古移設問題は金のなる樹、金の卵を生むガチョウでしかありません。

彼ら「翁長党」は反対を唱えれば高く売れると思っている連中です。

彼らの眼中に写るのは、尖閣沖の中国公船でもなければ、中国の防空識別圏でもなく、ただひたすらカネ、カネ、カネしかありません。なんともやりきれない利権亡者の連中です。

だからこそ、その原資である移設工事を白紙にしたら元も子もないわけで、口先では県民の民意をダシにして「反対」しながら、内実では容認することになります。

当初の期待を裏切られた共産党や社民党は与党会派として、猛然と抗議するでしょうが、もはや翁長氏にとって彼ら左翼は用済みであって、むしろ彼らのハネ上がりは目障りなものにすきません。

ここに至ってようやく革新陣営は翁長氏の正体に気がつくはずです。すなわち、これは保守分裂ではなく「沖縄財界分裂」だったことを。しかし、その時はもう遅いのです。

まずは共産党が憤然として与党会派に離縁状を叩きつけ、次々と革新陣営は櫛の歯が欠けるるように脱落していきます。

そして生粋の「翁長党」である新風会の那覇市議たちが、沖縄県政の中核を担うはずです。

私は、「沖縄一危険な男」は翁長雄志氏であると思っています。彼には政治家が依って立つべき理念がありません。

しかしこのような人物に特有の時代を読む嗅覚だけは鋭敏です。

翁長氏は、次の時代が中国から吹いてくると読み、中国に媚びる龍柱を建て、娘を中国の大学に送り込み、中国要人と太いパイプを作ったと豪語し、尖閣など見向きもしません。

むしろ、尖閣は県との共同開発をしたらどうかていどに考えているかもしれません。

その一方で、新興の財界人に下克上を勧めました。

そして新たな対立軸は保守と革新ではなく、内地とウチナンチューの対立だと煽りました。

さらには一国二制度でも作って「琉球独立」も悪くない、その時は中華帝国が助けてくれるさぁ、と考えている節すらあります。

私は翁長氏がいずれ沖縄県の住民投票条例でも作り、「高度な自治権」を要求をする日が来ると考えています。

彼は出身母体の自民党を裏切って新風会という「翁長党」を作り、「建白書」を裏切って県内移設容認をささやき、革新陣営の支持母体を裏切って最後まで「承認拒否」を掲げませんでした。

この人物には「信」という言葉はないようです。

「翁長党」が唯一誠実なのは、ひと握りの沖縄財界の面々に対してだけです。その裏切りを代償として翁長氏は「琉球王」の座につく野望を持ったのです。

県民の皆さん。お願いがあります。県知事の権限は、政令指定都市がない限り、県内では一国の首相よりも大きいといいます。

そのような強力な権力を翁長氏と「翁長党」に与えないでください。大変に危険です。

あさっての投票において、移設賛成、反対の別なく、この裏切りの常習犯、詐欺師のような人物にだけには絶対に一票を与えてはなりません。

「無知とは、知識がないことではなく、疑問がもてないこと」
カヌーチームの練習再開辺野古の海を彩るカヌー20艇
やんばるの地にこれ以上の軍事基地は造らせたくない。

 

チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」

 

 

 

チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」

 

【アーカイブ】沖縄の声-振り返る、翁長前那覇市長の観光マニフェスト不参加の理由、新聞のデタラメの歴史観、オール沖縄の嘘[桜H26/11/5]

平成26年11月4日火曜日に放送された『沖縄の声』。県知事選挙立候補者の翁長前那覇市長、本日は過去の新聞記事を振り返り、いかに・・・

 

 

 

                              ☆

 

 観光産業は沖縄経済の柱ですけど? 何故か翁長氏逃亡!

 

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏建白書、世界日報が報道 | トップ | 【緊急速報!】「日中合意文... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-11-15 08:15:43

なるほどそうですね。
最近は左翼新聞だけが「識者」と信奉する三流の大学教員ども(特に琉大の島袋純はひどい)に腹を立てていましたが、沖縄財界の分裂もありますね。
しかし、仲井真さんが勝ったらこの人たちはおしまい。


翁長雄志の歌(オジー自慢のオリオンビール替え歌) 修正

保守でもなければ革新でもない
地元の利権が大好きよ
吹いて フかして また吹いて
知事になれれば美味しいさー

公約かざして高々と
翁長に託した革新の
夢ははかなく消えていく
左翼自慢の反対運動
左翼自慢の反対運動

Unknown (那覇市民より)
2014-11-15 09:27:12
新聞を読んでは、偏った報道にがっかりしてます。

明日はぜひ仲井真さんに勝ってほしいです。

今日、期日前投票行ってきます!

>Unknownさん

替え歌笑っちゃいました!まさしくそうですね!!

本土組w (やもり)
2014-11-15 09:40:08
みなさん、がんばってくださいよ~~^^♪

ほんとは私も投票に行きたいです。
(替え歌歌いながらw)

自分が行けない代わりに?地元の友達にメールしましたよ。
投票サボらず行ってきてねとw


Unknown (Unknown)
2014-11-15 10:48:54
美浜の開発が始まったのは1998年頃。
新都心の開発が始まったのは2001年頃。
左翼は、美浜、新都心が発展したから基地は経済の阻害要因などと仰っているが、1998年の一人当たり県民所得は213万円。最新平成23年の一人当たり県民所得は201万円と12万円も下がっている。

つまり、基地は経済の阻害要因とか、基地返還したら大発展するは大嘘である。
Unknown (久茂地狂歌)
2014-11-15 10:52:19

偉そうに ジュゴン守れと 言う輩(やから)
 
  サンゴ守れと シナには言わず

Unknown (Unknown)
2014-11-15 10:59:21
美浜、新都心が発展したから基地は経済の阻害要因などと仰っているが、1998年の一人当たり県民所得は213万円。最新平成23年の一人当たり県民所得は201万円と12万円も下がっている。
つまり、基地は経済の阻害要因とか、基地返還したら大発展するは大嘘である。

だから、普天間を固定させよ、ですか?
Unknown (誇りある沖縄県民)
2014-11-15 11:10:04
皆さん、
今回の選挙間違ったら近い将来日本国沖縄が無くなってしまうかもしれないですので
県民一丸となって一人ひとりが良く考え沖縄を反日精力から守らねばなりません。
県民の生命財産を守り誠実に仕事が出来る人はただ一人、仲井眞氏だけです!!!
Unknown (久茂地狂歌)
2014-11-15 11:14:41

平和とか 市民とか言う テロリスト
 
  元公務員 山城博治


Unknown (S)
2014-11-15 11:19:21

「中南部の」基地を返還させれば「政策の打ち方次第で」発展する可能性がある。
しかし「北部の」基地を返還させてもそれはほぼ無理。
(名護市長も、キャンプハンセンの一部が名護市に返還されそうになったとき、「使えない土地を返さないでくれ。これまで通り地代を払い続けてくれ」と防衛局に泣きついたことがある。)

一方、県外に普天間の移設先を探してもどうしても見つからない。
県外に行けば、行った先々で市民団体が猛反発する。
県外移設にこだわっていては、あと何十年普天間が放置されるかわからない。
(翁長陣営は、事故が起こって安保体制が動揺するのを待っているかのようなことも言っているが。)

だから、中南部の基地をなるべく早く返還してもらうために、やむなく辺野古移設を認めた。
政府からの具体的な基地負担軽減の確約つきで。

これが「政治家」仲井真さんの政策。
「政治屋」翁長さんは、論理的に肝心なところを全部ごまかしている。

Unknown (ななし@那覇市)
2014-11-15 11:50:31
仲井真知事再選の願いを込めて、明日投票に行きます
沖縄の発展は、確かな実績のある仲井真知事だからこそできることです
Unknown (Unknown)
2014-11-15 12:00:04
今後の沖縄の未来を任せるのは仲井眞さんだけです。反対!反対と言うだけなら私でもできます。
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-15 13:18:22
昨日の記事でふれてた、「建白書」がらみのベタ記事について、これが“ハヤオの御乱心”についての記事だとご紹介しましたが、沖縄タイムスもこれを認めちゃいました。


宮崎駿さん「沖縄の非武装化必要」直筆のメッセージ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=90595

>「千と千尋の神隠し」や「となりのトトロ」で知られるアニメ映画監督の宮崎駿さん(73)が、オスプレイの配備撤回や米軍普天間飛行場の県内移設断念を政府に求めた「建白書」に賛同し、14日までに直筆のメッセージを沖縄に送った。


三日攻防のこの時期に、“不幸の手紙”ならぬ“不幸の往復ハガキ”にハヤオから返信があったことをニュースにしたのは、やっぱ…、

票を仲井眞さん以外の候補(まず翁長)に投票させる、いわば“票の振り込め詐欺”にハヤオの映画人気を利用してやろうって魂胆があってのことなんでしょう。


この記事に対する、ネットの反応は↓こちら。

おおむね、“ハヤオの御乱心”への批判が大多数です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000016-okinawat-oki
Unknown (Unknown)
2014-11-15 13:53:21
県知事選挙もそうですが、衆院の選挙も濃厚になってきましたね。
という事は人海戦術で沖縄入りしていた反日組織は急な対応を取るより沖縄だけは抑えにくるのでは?
沖縄、踏ん張りどころではないでしょうか?
昨今注目されている法案が施行されれば、紆余曲折あっても住みやすい国になるのは有難いですね。
往復はがきの手口 (沖縄県民)
2014-11-15 14:03:50
 琉球大学元教授とマスコミの結託方法の一つは「往復はがき」だったか。勉強になりました。さすが元大学教授、目の着け所が違う。

 ある県内大学で行われたシンポジウムで琉球新報記者がパネリストとして登壇、「我々も反基地の姿勢で臨む。皆さん一緒に頑張りましょう。」と呼びかけていたのを思い出す。これもマスコミ・大学・活動家の結託の手練手管の一つ。アジビラと評されるのも無理はない。

 ニコ生の知事選討論会を見ていたら、テロップの中に「琉球大学は真っ赤だぞ」というのがあった。それは間違いで「琉球大学は真っ赤っかだぞ」が正解。
 「真っ赤っか」が「真っ赤」を量産し、それが小・中・高に行き、何の疑いもなく「真っ赤っか予備軍」を作っているのではないか懸念する。
思いを (てぃだかんかん)
2014-11-15 14:21:17
沖縄が独立する前に奄美諸島は独県すべきです。
Unknown (東子)
2014-11-15 14:50:25
ゆすりたかりの沖縄と言われない知事を選んでください。
吉報を待っています。
琉球弧 (てぃだかんかん)
2014-11-15 15:02:46
沖縄の人間も鹿児島の人間も笑ってる
琉球弧 (てぃだかんかん)
2014-11-15 15:02:47
沖縄の人間も鹿児島の人間も笑ってる
避けては通れぬ裏建白書 (狢)
2014-11-15 15:05:00
翁長支持派の皆さんから終に一度も「裏建白書」の反論が聞けなかったですね。

沖縄タイムスと琉球新報も「裏建白書」を隠蔽したまま投票日を迎えるようですね。

これは犯罪ですね。
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-15 15:35:53
昨日の記事のコメントで、東子様がご紹介の↓この記事。

名護、翻弄の18年 知事選で市民の思い交錯
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234514-storytopic-1.html


この記事で、1996年当時名護高校の高2で、普天間移設反対の「市民」総決起大会で高校生代表としてアジ演説させらてたってヤツのコトが載ってるんだけど…、

アジ演説で「移設反対」って言わなかったから、“外来種”の“カミツキザル”の群れに襲われたそうな。

>降壇後、大人たちに囲まれ「ここは反対する場所。何しに来たのか」と詰め寄られた。


こんな災難に遭ったこいつ、少しはマトモになったかと思いきや…、

以下のくだりからも分かるように、まったく目が覚めてないご様子。


まるで、ほぼ答えの大ヒントをえられてるのに、まったく正解できないみたいなもの…(笑)。

>しかし翌年、名護市民投票の結果とは逆の基地受け入れを表明した。「大人って怖いと思った」と振り返る。

>「当時は大人の言葉をうのみにしていたが、今はウチナーンチュが対立する理不尽さや矛盾も見えてきた」と話す。

>今回の知事選は「どうせ変わらないとも思うし、自然を守りたい気持ちもある」と心は揺れ動く。


…そもそもこいつ、自分がアジ演説させられたのは、親が軍雇用員だからで、“外来種”の“カミツキザル”の群れの慰みモノにするためだったってコトにすら気づいてないんだから、ムリもないわ~…(笑)。

>基地で働く父親…


こいつになにか物申したい方は、各自の御判断で、以下まで。

https://twitter.com/cheerfultaka
http://star.ap.teacup.com/k-taka/2561.html
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-15 15:42:55
上のリンク先、少し訂正。

http://star.ap.teacup.com/k-taka/
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-15 16:08:36
そうそう。忘れるトコでした。

幼児的心性全開な、与那国の自衛隊配備反対派どもの悪あがきを(笑)。


与那国陸自配備 住民投票17日に条例可決へ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234547-storytopic-3.html


「中学1年以上が対象」ってコトなんだけど…、

反対派町議の父親に握らされた署名用紙で同級生から署名集め、校長に没収されて大発狂な当時中2の肉の塊やら、

中学校の先生の父親がゴーストライターとみられる、自衛隊ヘイトな「詩」が絵本になって狂喜乱舞な小1のガキやらのいた現状で、

子どもたちがこの件について、中立公平に判断できるとはとても思えないんだけど~。


…まっ、名護の「市民」投票の二の轍を踏ませたいってわけね。子どもらに。

…とんだ鬼畜外道だわ。自衛隊配備反対派。
Unknown (東子)
2014-11-15 16:39:09
越来のK本S子さま

>一方、与党議員は「既に造成工事は始まっている。混乱を招くだけだ」と批判している。

反対の意見が通るまで、何度も蒸し返す。
牧場を利用していた人達に当初より補償費をはずんで、契約も済んで、工事が始まっていても、まだ、反対運動をする。
与那国の人にとって契約、約束とは、どういうものなのでしょうね。
裏建白書について (縁側)
2014-11-15 16:40:23

 狼魔人様こんにちは、ご無沙汰しております。

 どなたかが、裏建白書について翁長側からの反論がないとのことでしたので、もしよろしかったらお読みください。

 ご意見などございましたら幸いです<(_ _)>

 
相変わらず小汚いTBS「報道特集 沖縄知事選」 (AD)
2014-11-15 18:12:24
11月15日(土)

なんと左翼の劇の上演映像まで使って「基地問題」と反対運動側に誘導しようと、
「アイデンティテイ」と称して沖縄の人に「あなたはウチナンチュウですか日本人ですか」と聞きまわるTBS、金平。
裏建について (やもり)
2014-11-15 20:34:14
普通に、立会人としての立場ですよね。
おながさん支持者が反論できないのは、そのあたりも理解できてないからかな?
Unknown (誇りある沖縄県民)
2014-11-15 23:03:11
今日仲井眞さんの打ち上げ式に友人多数と参加してきました。
思っていたよりずっとずっと沢山の支持者が集結していて熱気がすごかったです!!
明日の勝利を確信しました
公明党も推薦するよせださん(那覇市長候補)も一緒でしたし仲井眞さんに対しては表向きは自主投票でも水面下では支持しているのではという感じですね。
解散もほぼ決まった事も追い風になるでしょう
明日投票箱が閉まるまでみんなで頑張りましょう~
Unknown (涙目)
2014-11-15 23:15:42
皆さんの負けた後のコメントを楽しみにしておきます。
Unknown (久茂地狂歌)
2014-11-15 23:20:54

シナ来れば 自分も粛清 されるのに

   分からぬ左翼 中共を褒む


シナ来れば 自分も首を 切られよう

   気付かぬオナガ 龍柱欲す

Unknown (うちなーんちゅ)
2014-11-16 00:32:08
ああ、翁長の事ね ウフフ♪
↓↓↓
Unknown (涙目)
2014-11-15 23:15:42
皆さんの負けた後のコメントを楽しみにしておきます。
越来のK本S子さん (沖縄市民)
2014-11-16 01:05:30
いつも批判してばかりですね。

前向きと言うか、建設的な事は書けないのかな?
そしてまた、個人攻撃
宮崎さんも幸地さんも
そして二言目には暴言をはく。

辺野古もそうだけど、K本さんや江崎さんが子どもの頃の沖縄の海は今以上にキレイだったんじゃないんですか?
今の沖縄県の産業の柱のひとつは観光で他の産業の発展が早急に望めないのなら、今後の沖縄県の事を考えて、自然や海を守りその上での基地との共存共栄を考えていくのが筋だと思うけど。
5年後10年後は本当にどうなるかわからないけど、人の批判や自分と考え方が違う人を、排除したりするだけでなく、話合ったり歩み寄ったりして協力する事は思いつかないのかなと思います。

よほど、左側の人たちから嫌な思いや嫌な事されたのかとも思いますが、人間生まれた時は右も左も無かったと思うし、よっぽどの事があったんでしょうね。
もしくは60年代左側に行こうとしたけど相手にされないとか排除されて恨んでいるのかなとも思います。文章から憎しみや妬みとかしか感じられないのはそんな過去があったんでしょうか?

どちらにしても楽しくない人生だし、人の悪口とか批判とかばかり言ってたら、どんどん荒んでいくと思います。
普天間にいるおじいちゃん、おばあちゃんも同じだと思いますがね。

どうか江崎さん、K本さん、たまには沖縄の今後とか将来とかこうしたら良くなるとか、こういう事をしてほしいとか書いて下さい。

保守とか革新とか右とか左とかはどうでもいいです。
仲井眞さんだろうが翁長さんだろうが。
沖縄で一生懸命生活している母子家庭・父子家庭、安い給料で働いている20代の子たち、定年を迎えてからも年金だけでは苦しいから、シルバーやパートへ出ているおじいやおばあ。
どうしたら生活が良くなり、キツい思いをしなくてもいいか、一度教えて下さい。





Unknown (KOBA)
2014-11-16 01:16:28
 >前向きと言うか、建設的な事は書けないのかな?

 そう言うセリフはむしろ基地反対派の活動家に行った方がいいんじゃないんですか?
 飛行妨害の凧揚げはする、基地フェンスにガラス片を貼りつけたテープを巻く、ゴミだけでなく糞尿(!)を投げ入れる、辺野古住民の苦情を無視して勝手に「テント村」を立てる・・・
 常識のある人なら誰に対して物申すかは一目瞭然の筈ですが(苦笑)?
KOBA (Unknown)
2014-11-16 01:37:48
KOBAさん、だからその部分も書いてますよ。
同じだって。
凧揚げやガラスや糞尿なんて論外です。
その人たちとも辺野古の人とも話しましたが話にならなかった。でもぜんぶがぜんぶではなくわかる部分もありました。
江崎さんの記事も皆さんのコメントも、ん?ってのもあればなるほどってのもある。
まだ、まともかなと思いますよ。

かといって普天間や辺野古にいる人を排除するにも難しい事だし、ただ否定するだけもなんだかなと思ってコメントかきました。

KOBAさんもたまには前向きと言うか沖縄の将来の事も見てみたくないですか?
沖縄の2紙も変だけど、中にはいい事書いてる記者もたくさんいますよ。
Unknown (東子)
2014-11-16 07:48:45
本人でないお前が勝手に代弁するな!と言われるのを覚悟して。

〉どうか江崎さん、K本さん、たまには沖縄の今後とか将来とかこうしたら良くなるとか、こういう事をしてほしいとか書いて下さい。

マスコミがきれいな言葉で書くことの裏に実はこんな事が隠されていますよ
と言うことを伝えることを主目的にしているように思います。
勿論、沖縄の将来あるべき姿について見識はお持ちと思いますが、それを述べる前に事実を知らせて共通の土壌を作らねば、いかに先見の明のある論だろうと受け入れてもらえないのではないでしょうか。
今回の仲井真知事の埋立承認を例にとれば、承認してしまえば国にハンドルは移って県に出来ることは何もないと仲井真知事が言っても、「それは逃げだ」とマスコミは報道し、何とかして移設を止めたいと思う人達の「止める手段はあるはずだ」と思いこんでいる人たちに夢を与え続けてる環境では、「移設は止められない」を前提にした将来論を熱く語っても、内容を歪められて伝播され、潰される材料にされるだけと思います。
旗艦は事実を伝え、コメントを書く者がそれを材料にあーでもないこーでもないと言い合ううちに共通認識が形成され、旗艦の事実を補強していくのが、現状のマスコミの状態ではベストではないでしょうか。

狼魔人さまが、「本文よりコメントが面白いと言われる」とよく書かれていますが、こんな意図があっての煽り(笑)と解釈しています。

その煽りに調子に乗って書いている東子の独り言でした。
訂正 (東子)
2014-11-16 07:53:31
× 旗艦の事実
⚪︎ 旗艦の伝える事実
東子さん (沖縄市民)
2014-11-16 13:49:58
東子さん、なるほどです。
このブログの趣旨がわかりました。
ありがとうございました。
ある意味、皆さんで作ってるブログなんですね。

今回、タイムスはOさん寄りの報道がとちゅうから少なくなったと思います。
時期的に電通が沖縄入りしてから。
その辺の偏りについてもわかっていれば、教えてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL