狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

広義の強姦? 県民大会来月23日

2008-02-27 14:19:20 | ★米兵事件

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

県民大会は3・23、北谷で   2008/02/26 16:39


               茲新報、蕕魯織ぅ爛  

県民大会来月23日 米兵女子中学生暴行事件  (琉球新報 2/26 16:00)

 米兵女子中学生暴行事件に抗議する県民大会について、県婦人連合会(沖婦連)と県子ども会育成連絡協議会(沖子連)などは26日午後、那覇市の県婦連会館で会合を開き、大会を3月23日午後2時から北谷町で開催することを決めた。会場は北谷公園野球場前広場で調整中。雨天時には北谷町のちゃたんドームで開催する
 大会名は「米兵による少女・婦女子への暴行事件に抗議する県民大会」に決定。大会終了後に会場周辺をデモ行進する。
 会合には沖婦連と沖子連のほか、県老人クラブ連合会、県高校PTA連合会、青春を語る会、県青年団協議会、沖教組、高教組の各代表が出席した。
 19日の初会合で、県民大会の開催期日について参加者から4月以降の開催の意見が出たが、「期日が延びれば、被害少女への負担が大きい」との意見もあり、その後、早期開催を目指していた。
 26日の会合後、玉寄哲永沖子連会長らは県議会を訪ね、県議会が中心となって県民大会を実施するよう求める陳情書を提出する。


(2/26 16:00)

                                             ◇

会場は北谷公園野球場前広場で調整中。

米兵女子中学生暴行事件は、県議会の議決⇒各市町村議会の議決⇒各左翼団体の抗議決議、・・・

そしてついに「県民会議」開催!

これこそ被害者少女の心を傷つけることになると思うのだが・・・。

まさに左翼勢力が「教科書問題」で示した左翼運動のパターンだ。

このような政治集会では当然のことながら動員人数の多寡が問題になる。

知名度や交通の便からいって、会場は普通に考えれば宜野湾海浜公園で開催した方が参加動員には有利だと思うが、

それは絶対にありえないと予言したら案の定別の会場に決まったようだ。⇒北谷公園野球場前広場

それもそうだろう。

昨年の「11万人」集会と同じ会場にしたら、今回は主催者発表のカラクリがバレテしまうし、

13年前に同じ会場で行われた「少女暴行事件」の「8.5万人」さえ信憑性が崩れかねない。

まぁ、宜野湾海浜公園を今回の会場にしなかったことは「君子危うきに近寄らず」ということだろう。

今後の左翼集会にとって宜野湾海浜公園は「危うき場所」になったようだ。

米兵の婦女暴行罪は未確定■

「米兵女子中学生暴行事件」は既に確定したかのように、ことは進行しているが、

27日現在、容疑者の婦女暴行(強姦)容疑は未確定である。

容疑者が犯行(強姦)を自供したとも、押収証拠の裏付けが済んだとの報道もない。

従って未だ起訴もされていない。

だが、拘留期限の切れる日の22日の沖縄タイムスの「海兵隊員 容疑認める/暴行事件」という報道で左翼勢力は色めきたった。

記事の中の「タイロン・ハドナット容疑者(38)が逮捕容疑を全面的に認める供述をしている」の記述に勝利宣言をしたグループもいたと聞くから驚きだ。

いやはや、被害者の人権や心のケアを叫ぶ連中に限って「強姦があった」という記事に喜んで勝利宣言などするとはとんだ人権派だ。

彼らが言う人権は見せ掛けの人権であり事件の政治利用が人権に優先することを、はしなくも暴露する結果になった。

だがタイムス記事もよく読んでみると、逮捕容疑といっても強姦を全面自供したわけではなく、「体にさわった時相手が嫌がっていた」ということを認めたに過ぎないし、証拠物の裏づけも済んでいない。

琉球新報のフォロー記事でもこの通り。

海兵隊員、容疑認める 女子中学生暴行  (2/22 16:03)

 <米兵女子中学生暴行事件で、女性暴行容疑で逮捕された在沖海兵隊キャンプ・コートニー所属の二等軍曹タイロン・ハドナット容疑者(38)が県警の調べに対し「少女が嫌がっているのを知っていた」と容疑を認める供述を始めたことが22日関係者の話で分かった。>
 (2/22 16:

全国紙の報道を見たらこんなのもあった。↓ 

2008/02/22-12:05 時事通信

 米兵、容疑認める供述=女子中学生暴行−沖縄県警  

米海兵隊二等軍曹タイロン・ルーサー・ハドナット容疑者(38)が県警沖縄署の調べに対し、容疑を一部認める供述をしていたことが22日、明らかになった。同署は裏付け捜査を進めている
 関係者によると、ハドナット容疑者は「暴行に及んだが、少女に激しく拒否されたのでやめた」といった内容の供述をしているという。>


>容疑を一部認める供述をしていたことが22日、明らかになった。同署は裏付け捜査を進めている

>ハドナット容疑者は「暴行に及んだが、少女に激しく拒否されたのでやめた」といった内容の供述をしているという。

やはり容疑の一部は認めても強姦は否認している。

ちなみに大会名は

「米兵による少女・婦女子への暴行事件に抗議する県民大会」に決定。

こうなったら

「やったか、やらないかは問題ではない!」

「体を触ったのなら広義の強姦だ!」

と「県民大会」では拳を突き上げるのだろうか。

バイクの誘いに乗って後部座席に跨(またが)り、米兵に抱きついて行ったのなら最初に相手の体を触ったのは少女の方になると思うのだが・・・。
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
沖縄タイムス 少女暴行事件 教科書問題 市町村議会 老人クラブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 日教組拒否は「安全安心のため」... | トップ | 「知事はセカンドレイプ」 県議... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参加人数は? (ヒロシ)
2008-02-28 12:43:54
海浜公園で県民大会を催せば人数が比較されるから、、、ですよね。
北谷公園で開催した場合はジャスコやらに来ている人たちもカウントするつもりなのでしょうか?
沖縄市運動公園ならきちんと人数が数えられると思うんですけれど、、、ミュージックタウンも近いし。

触った=強姦はいくらなんでも歪曲でしょう。
県民の犯罪率の方が高いし。
Unknown (狼魔人)
2008-02-28 19:16:05
ヒロシさん

>触った=強姦はいくらなんでも歪曲でしょう。

容疑者の拘留期間は後三日くらいですが、もし不起訴の場合でも本当にこのまま暴走するつもりでしょうかね。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL