狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

宮村「侘び状」の衝撃!沖縄タイムスが村長に圧力?

2009-08-22 01:14:03 | ★集団自決
《 証言  座間味村遺族会長

昭和20年3月26日の集団自決は梅澤隊長の命令ではなく当時兵事主任(兼)村役場助役の宮里盛秀の命令で行われた。之は弟の宮村幸延が遺族補償のためやむを得ず隊長命令として申請した、ためのものであります

右 当時援護係 宮村幸延 捺印

 

梅澤裕 殿

昭和62年3月28日 》(『沖縄戦「集団自決」の謎と真実』(秦郁彦編著 PHP研究所)より)

                    ◇

この「侘び状」を自筆捺印して書いた宮村幸延氏は、後に「泥酔させられて書いた」ので記憶にない。従って無効であると主張し判決もその主張を認めた。

もしこの「侘び状」を有効と認めたら、援護係りの宮村氏は死んだと思われていた梅澤隊長の命令を、30数年間もの間偽造し、「公文書偽造」、「公金横領」を島ぐるみで行ったことを認めたことになる。

どんな理由を見つけてでもこの「侘び状」の内容を無効にする必要に迫られた宮村氏と村当局は、苦肉の策で「泥酔云々」と強弁し、それはめでたく判決で認められることになる。

同じく、この「侘び状」の存在で当初衝撃を受けた沖縄タイムスは、「侘び状の無効化」で座間味村当局と共同戦線を張る。

■水掛け論の決着には一枚の文書が・・・■

人間社会に争いは付き物である。 中でも「言った、言わない」の決着には、証言、証拠を準備せねばならず、一筋縄ではいかないのが世の常である。

一旦謝罪をしておきながら、後に都合が悪くなり前言を翻し、「謝罪した覚えがない」と開き直られると、「詫びた、詫びない」の水掛け論となる。

だが、そこに一枚の自筆捺印の「侘び状」があれば、水掛け論は一件落着する話である。

裁判の証拠物としても自筆捺印の書類が有効であることは論を待たない。

日本のお役所は書類重視主義である。

■官僚無謬の神話■

一昔前までの日本には「官僚は無謬」という奇妙な神話があり、官僚は融通は利かないが任せておけば間違いはないともよく言われた。 「日本は政治家はダメでも官僚がしっかりしているから大丈夫」というのもこの神話の亜流である。

だが、いくら優秀な官僚でも神ならぬ身の人の子。無謬があり得るはずはない。 過ちは過ちとして素直に認めれば済むことを、それを認めないところが「官僚無謬論」の神話の所以である。

最近の例でいえば、日本が核の傘で守られている安保体制の元では明らかに米軍の「核の持込」は事実であるにもかかわらず、そのような密約は存在しないと言い張る外務省。

更に遡ると、菅直人厚生大臣の頃、薬害エイズの処理に当たり、官僚が無いと主張していた行政の過ちを証明する“郡司ファイル”を菅直人大臣が発見し、官僚の抵抗を押し切って、エイズ被害者たちに対して、初めて行政の責任を認めた厚生省の例が記憶に新しい。

このような場合でも官僚が「問題のファイルは無い」と発言していたら過ちになるが、「所要の調査を行った結果当該ファイルの存在は確認できなかった」といった官僚用語を駆使して煙に巻き、自己の過ちになるのを逃れていたのだろう。

                    ◇

■三位一体の公金横領■

さて、『渡嘉敷島「集団自決」の真相』の後書きの石川水穂氏の解説に話題が飛ぶ。

また昭和六十二年三月、集団自決した助役の弟が梅沢氏に対し、「集団自決は兄の命令で行われた。私は遺族補償のため、やむを得ず、隊長命令として(旧厚生省に)申請した」と証言した。 (略)

 後に、この問題に興味を持った私は平成十五年三月、中村教授とともに、厚生労働省援護課を訪ねた。担当者は「昭和三十二年の現地聞き取り調査で、軍命令によって集団自決したという裁定を下し、犠牲者全員を援護法の対象にした。最近、一部報道などで、軍命令がなかったという話も聞いているが、再調査はしない」と回答した。行政側がいったん下した決定を容易に変えようとしない日本の官僚の姿を思い知らされた 》(『渡嘉敷島「集団自決」の真相』)

                     ◇

■政府主導の「公金横領」■

当時の厚生省は「援護法」申請者に可能な限り許可を与えるため、度重なる政令を連発して軍命を暗示、誘導して申請書を書き換えさせた。

無謬性を誇るはずの官僚のこれらの措置は、今から考えれば違法性の疑いも充分考えられる強引な拡大解釈をしている。

違法性の疑のある「隊長命令添付」の申請書の存在を、無謬性を信じる厚労省が認めるはずは無い。

当然「そのような書類の存在は確認できない」といった官僚的言辞で、当該書類(軍の命令書付き申請書)の存在を事実上否定したのだろう。

研究者の調査によると、拡大解釈してでも何とか「援護法」申請を受理しようとした当時の厚生省は、「軍命があれば受理出来る」と何度も誘導の文書を村役所の担当者に送っているという。

■援護金業務での宮村幸延氏の功績■

座間味村役所の援護係・宮村幸延氏は、援護法の折衝のため何度か上京しており、その結果、軍の命令を聞き分けられないと判断される6歳未満児から0歳児でも、63年以降準軍属として確定することになったようである。

そしてそのときの宮村氏の努力は現在も座間味村役所に宮村氏の「功績」として記録に留められていると言う。

現在公式には厚生労省に「軍命を付した援護法の申請書」の存在はないということになっている。

当時の厚生省の「拡大解釈」は、拡大を通り超して「違法解釈」と言われても仕方がない。 

つまり当時の厚生省の措置は、村役場と遺族を含む三者が口裏を合わせて公金を横領したと言われても仕方のない強引な処理である。

■宮村が「侘び状」を書いた理由■

元座間味村遺族会会長宮村幸延氏は、座間味島の自分が経営するペンションに訪ねてきた梅澤元戦隊長に「軍命を出した」と濡れ衣を着せたことを謝罪し、自筆捺印の「詫び状」を梅澤氏に書いた。

おそらくは『鉄の暴風』に死亡したと記述されていることを良いことに、援護担当の宮村氏は梅澤氏の署名捺印を偽造して厚生省に「命令書付き申請書」を提出していたのではないか。

そして、宮村氏は、死んだはずのお富さんならぬ梅澤さんが生きていると知って驚天動地の心境だったのではないか。

何しろ、梅澤氏の署名捺印を偽造していたとしたら、「公金横領」は厚生省の指導による共同責任だとしても、公文書偽造の個人責任はまぬかれない。

梅澤氏に対する「侘び状」は、そんな宮村氏の個人的な後ろめたさも加わって書いたのではなかったのか。

ところが、その後突然、「梅沢氏に無理やり泥酔させられて書いた」として前言を翻すことになる。

その態度豹変の裏には沖縄タイムスの強力な圧力が推測される。

■「侘び状」による沖縄タイムスの衝撃■

それには、その後の梅沢さんの行動から、宮村氏の心の動きは容易に推定できることである。

その時点(1987年)で、沖縄タイムは『鉄の暴風』の「梅澤死亡」の誤記を、口止め料を富村順一氏に払った上、人知れず削除している(1980年版から削除)。

ところが、梅澤さんが沖縄タイムスを訪問し、「侮辱的誤記」に関し謝罪を求めたため、事態は思わぬ方向へ進展していく。

梅澤さんは昭和63年(1988年)11月1日、沖縄タイムスで対応した新川明氏に「誤記」の謝罪を求め、宮村幸延氏の「侘び状」を見せる。

「軍命派」の総本山の沖縄タイムスとしては、「誤記」に対する謝罪要求に動揺はしたが、謝罪はともかく、軍命を否定した「侘び状」をそのまま是として受け入れるわけにはいかなかった。

沖縄タイムスは次のように考えた。

富村氏の恐喝による口止め料支払いは、万が一露見してもあくまで「誤記」という些細な問題であるが、梅澤氏の示した「詫び状」を沖縄タイムスが認めて、梅澤氏に謝罪文を書いたとしたら、戦後40年近く主張してきた『鉄の暴風』の歴史観が完全に覆ってしまう。

そうなれば沖縄タイムスの屋台骨を揺るがしかねない重大事件になる。

そこで、タイムスは確認の時間稼ぎのため次回の面談を約束し、座間味村当局に「侘び状」の件と村当局の「軍命の有無」についての公式見解を問いただす。

驚いたのは座間味村当局。 宮村幸延氏の「侘び状」をそのまま認めたら、村ぐるみで「公文書偽造」をして「公金横領」したことを公的に認めたことになる。

そこで苦労の結果考え出した結果はこうだった。

最初は「侘び状は偽物」と主張したが、本人の筆跡だと分かると急遽「泥酔させられて書いた記憶がない」という苦し紛れの弁解を考え付く。

沖縄タイムスの問い合わせが同年の11月3日なのに、座間味村の回答が半月も遅れた理由は「侘び状」の言い訳を考えるため、宮村氏と座間味村長宮里正太郎氏が四苦八苦したことが推測できる。

結局、同月18日付けの宮里村長の回答は「村当局が座間味島の集団自決は軍命令としている」と主張、沖縄タイムス史観を踏襲したので、新川明氏を安堵させることになる。

約10年前、富村順一氏に梅澤死亡の記事で恐喝された沖縄タイムスにとって、宮村氏の「侘び状」を座間味村当局が認めてしまったら、『鉄の暴風』の最重要テーマの「軍命説」が一気に崩壊してしまう絶体絶命の危機であった。

そこで、「公金横領」や「公文書偽造」で村の弱みを握る沖縄タイムスが座間味村当局に強い圧力を加えたことは容易に想像できる。

沖縄タイムスは社運をかけて宮村氏自筆の「侘び状」を無効化させるため、座間味村と宮村氏個人に圧力を加え、最終的には運命共同体として共同戦線を張ったのだ。

「泥酔して書かされた侘び状は無効だ」という口実で。

一方の梅澤氏は、その頃既に宮城初枝氏の「梅澤さんは命令していない」という証言を得ている上、宮村氏の「侘び状」まで持っている余裕からなのか、

座間味村や宮村氏を苦しい立場に追い込むことは避けたい様子が、タイムス訪問時の次の発言から垣間見ることが出来る。

「座間味の見解を撤回させられたら、それについてですね、タイムスのほうもまた検討するとおっしゃるが、わたしはそんなことはしません。あの人たちが、今、非常に心配だと思うが、村長さん、宮村幸延さん、立派な人ですよ。それから宮城初枝さん、私を救出してくれたわけですよ、結局ね。ですから、もう私は、この問題に関して一切やめます。もうタイムスとの間に、何のわだかまりも作りたくない。以上です。」(梅澤氏の沖縄タイムスでの発言)

その時、梅澤氏は後年宮城初枝氏の実の娘晴美氏が母の遺言を否定したり、「侘び状」を書いた宮村氏が前言を翻すなどとは夢想もせずに、このような余裕の発言をし、

村当局や宮村氏を窮地に追い込むくらいなら、沖縄タイムスとの謝罪交渉を打ち切っても良いといったニュアンスの発言をしている。

事実その後交渉は打ち切られている。

■厚生省の担当者に沖縄出身者を配属■

当時の厚生省は、校長など地域のリーダーがほとんど無条件に署名した現認証明書をそのまま受け付けるという極めて大雑把な審査をしていたという。

政府側は今から考えると違法性を問われかねない措置をしていたが、何とか沖縄側の申請に対応しやすいように、東京側の厚生省担当者にわざわざ沖縄出身者を配属して、出来るだけ援護法の適用の拡大を計った。

その当時東京側の厚生省担当に配属された沖縄出身者の証言が沖縄タイムスの2005年3月5日付朝刊に掲載されている。

 沖縄戦の住民犠牲者が、援護法の対象となる「戦闘参加者」として、「該当」するか否か。最終的に決定したのは厚生省だ。その決定に携わっていたのが、沖縄県出身の祝嶺和子さん(77)=静岡県=だ。

 一九八九年に厚生省を退職するまで、中国残留孤児問題を含めて、援護畑一筋に働いた。

 沖縄戦当時、女子師範本科に在学していた。四五年三月、女師、一高女の学生が、看護隊として出陣する集合に、空襲に遭い、祝嶺さんは間に合わなかった。

 大勢の同級生や後輩が「ひめゆり学徒」として、亡くなった。戦後、そのことは「ずっと、頭を離れることはなかった」という。

 多くの友人を亡くし、生き残った元特攻隊員の祝嶺正献さん(故人)と結婚。沖縄から密航で日本本土へ渡った後、五四年、厚生省に入省した。

 沖縄出身ということで「『沖縄のことをこれからやるからね、援護局につくられた沖縄班に来なさい』と上司に言われ、決まっていた配属先から異動させられた」。

 前年から、米軍統治下の沖縄でも、軍人軍属に対して、日本の援護法適用が始まっていた。祝嶺さんの異動は、援護法の適用拡大に向けた動きだったようだ。

 「援護では最初に、軍人軍属の、その次に沖縄では学徒たちも戦ったらしいな、ということで、私が引っ張られたのだと思う」

 当時、沖縄班の人員は七、八人。祝嶺さん以外に、もう一人県出身で、後に国民年金課長を務めた比嘉新英さん(故人)がいた。

 沖縄の市町村が受け付け、琉球政府を経由して、厚生省に送られる援護の申請資料。防衛隊など軍人軍属への申請書類に目を通していた同僚が、祝嶺さんに、尋ねた。

 「普通のおじさんやおばさんも、軍のために働いたのか」

 沖縄戦では、一般住民が、武器らしい武器もなく、米軍への切り込みを命じられ、日本軍のために弾薬を運び、「集団自決」を強いられた。・・・ (社会部・謝花直美)

                    ◇

「集団自決」は戦時中の特殊な状況の下で行われた事件であり、金城重明氏の例のように、たとえ他人の「自決」に手をかして、本人が生き残ったとしても現在の価値観や法律でこれを裁くことは出来ない。

同じように、実際には存在しない軍の命令を政府指導で捏造し、「援護金」と言う形の公金を横領したことも現在の価値観や法律で断罪できない。

ただ、これらの「犯罪」を事実上指導・誘導した当時の厚生省、そして現在の厚労省が先輩の行った「過誤」を認めるはずはない。

従って「捏造命令書付き申請書」の存在を認めるはずはない。

 

【おまけ】

政府が援護法認定のために、実際は存在してない「軍命令」を、「軍命令があった」と申請するように示唆した。

その「政府の書き換え指導」を調査した石原昌家沖国大教授の論文はこれ。

政府が書き換え指導  援護法認定、「軍命」基準に

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュゴンを人命より尊ぶ左翼... | トップ | 「軍民一体化」の意味変更!... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-08-22 02:50:40
狼魔人様

同感です。
会社の同僚にも思い切って聞いてみました。
ほとんどは、沖縄戦の悲惨さに理解を示しながらも、「でも、沖縄だけの問題でもないし。」と言います。謝花直美の記事もとても信じられません。
何より信じられないのは、酒を飲まされて詫び状を書いた。です。そしてそれを認めた異常な判決です。もしそんなことが認められたら、契約社会そのもが崩壊します。人を殺しても酒を飲んで覚えていない。婦女暴行しても酒を飲んで覚えていない。こんな言い訳が通用するような判決です。裁判長にはそれを認めるなら、本来民間人に適用されない援護法がどうして沖縄にだけ適用されたかも説明して欲しかったですね。
この判決文は、今後いろんな研究者が研究すると思いますが、歴史に残る判決になるでしょう。
本音は、、、 (義挙人)
2009-08-22 07:24:58
おはようございます。
ジュゴンのテーマ いろいろなコメントで賑やかになってますね。

ところで、「詫び状」の件は、
私も >>昭和62年3月28日 》(『沖縄戦「集団自決」の謎と真実』(秦郁彦編著 PHP研究所)より)

勉強させていただき、浪魔人さんのわかり易い説明で 十分理解しました。
「命どう宝」は本音は「銭どう宝」ではないでしょうか。
座間味村の遺族を救うために動いた、宮村氏、村長の気持ちもわからない訳ではない。十分過ぎるほど分かります。「銭どう宝」と言えないところを「命どう宝」と言う、黄金言葉に代えて気持ちを慰めているんじゃないでしょうか、、、。
Unknown (狼魔人)
2009-08-22 08:51:34
涼太さん

前のエントリーで活発な議論が行われているようですが、今回はレスをスルーさせていただきます。

沖縄タイムスの報道を絶対と信じる方々を説得するには「新聞購読を止めろ」と言うしかありませんが、
そうなれば営業妨害になりますし、言論封殺にもなりますから。(笑)

辺野古の反対派を支援する方々は、「普天間で大惨事が起きたら全責任を負う」と宣言してから行動すべきですね。

本文で、宮村「侘び状」で重要なことを書き漏らしました。

侘び状には「遺族補償のためやむを得ず隊長命令として申請した」とありますが、これには二つの意味があります。

①沖縄タイムスにとっては、「隊長命令論」の崩壊。

②座間味村にとっては、「死亡者・梅澤氏」の偽造署名捺印を利用した「公文書偽造」と「公金横領」を認めること。

これでは「泥酔していてわからない」とでも言わなきゃ仕方なかったでしょうね。

>この判決文は、今後いろんな研究者が研究すると思いますが、歴史に残る判決になるでしょう。

同感です。 

裁判長は歴史の汚点として永久にその名を刻まれ、「戦後民主主義に毒された裁判官」として研究の対象となるでしょう。



義挙人さん

宮村氏が行ったことを、現在の価値観で批判は出来ませんが、沖縄タイムスや大江健三郎が声高に「隊長命令」を喧伝しなければ宮村氏も反対派の攻撃を受け、窮地に立つこともなかったと思います。 
まぁ、判決では「泥酔説」を認めたようですので、ご本人ももって瞑すべきだとは思いますがね。
Unknown (義挙人)
2009-08-22 09:30:25
無条件返還を叫ぶ方は、無責任ですね、、、、
基地で仕事している、基地従業員、関係業者、軍用地料で生活している方に対して、失礼な言い方です。返還後の補償等を条件すべきではないでしょうか、、、無条件で即時返還トンデモないです。
Unknown (なお)
2009-08-22 10:52:11
NHKがまた沖縄戦を特集しましたね。
重症の日本兵を銃殺したとか、2歳以下の子供を連れた者はガマから出て行けと命令されたとかいう証言を切り貼りして放送していました。
一応全部見ましたがとにかく日本兵を悪者に仕立て上げる証言だけを採用しているように思えました。
左翼?の勤勉さを見習うべき? (モノ言うサラリーマン)
2009-08-22 22:23:39
こんにちは、いつも興味深く読ませて頂いております。最近南京大虐殺について調べていますが、肯定派いわゆる左翼の勤勉さには舌を巻きます。すごく緻密なんですよね調査が。しかし致命的なのは、先入観があること。日本軍憎しのあまり所々おかしなところがあります。

思うに、その勤勉さを少しは日本のために使ったらどうかと。他にあるでしょうやることが。例えば、本件とか、シベリア抑留とか、東京大空襲とか。少しはマシな左翼はおらんのか?
Unknown (狼魔人)
2009-08-23 09:15:26
義挙人さん

>無条件返還を叫ぶ方は、無責任ですね、、、、

沖縄返還時にも同じようなことを叫ぶ無責任な人がいましたね。

彼らの意見を聞いていたら、沖縄はまだ返還されていないでしょう。

こちらの要求が100%通るのが理想でも、相手のあることでは、ベターの策を考慮しなければ何事も交渉ごとは成立しません。


なおさん

その番組は見ていませんが、NHKは切り張りによる情報操作が得意のようですね。

今日のエントリーの「おまけ」で勝谷氏がNHKの切り張り体質はを鋭く糾弾しています。

NHKのドキュメンタリー番組の信頼度はますます下がってきますね。



モノ言うサラリーマンさん


>勤勉さを少しは日本のために使ったらどうかと

今回の裁判でも裁判所に圧力を加えるための署名運動や各種集会などで見せる彼らの勤勉さには驚きますね。

目的は「反日」となると勤勉になるようです。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【鳩山民主党】やはり国旗を切り裂くのは如何なものだろうかと。 (帝國ブログ)
まずはこちらの動画をご覧下さい。 YouTube⇒http://www.youtube.com/watch?v=Ks9n03Cidmk 【ニコニコ動画】切り刻まれた日本国旗 自民と民主の動画で安全保障編を考えており、ニコ動で動画を集め始めていた矢先にネットではタイトルのような話題で盛り上が...