狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長外交、中国の沖縄工作に手を貸す

2015-05-11 06:25:08 | 普天間移設
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

お願い

人気ブログランキングのバナーに関し、一番下部の(最後の)バナーをクリックすると、順位が88位と表示され、それ以外のバナーをクリックすると、順位が20位と表示されます。投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
【沖縄時評】翁長知事の「朝貢外交」

中国の沖縄工作に手を貸す

安倍首相より李克強首相

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する翁長雄志沖縄県知事は4月17日、知事就任後初めて安倍晋三首相と会談したが、地元紙は「新基地絶対作らせない」(琉球新報)「知事決然 正面突破」(沖縄タイムス)との勇ましい見出しで報じ、翁長知事が沖縄に戻ると、まるで凱旋(がいせん)将軍のように称えた。

 この安倍首相との会談直前に、翁長知事は日本国際貿易促進協会の訪中団に加わり、河野洋平元衆院議長らと北京を訪問。同14日には人民大会堂で、中国側の配慮で会談相手としては「格上げ」(朝日)の李克強首相との会談に同席した。

 その席で翁長知事は、李首相に対して中国福建省と沖縄県との間の定期航空便開設を要請。アジアとの交流で栄えた琉球王国の歴史に触れ「アジアの発展が著しい中、沖縄が注目されてきていることを、ぜひご認識いただきたい」と述べた(共同通信)。

 いったい沖縄の何に注目してもらいたかったのか。観光なのか、それとも直後の安倍首相との会談での辺野古移転反対の「強硬姿勢」も念頭にあったのか。いずれにしても自国の首相と会う前に中国の首相と会談し定期便開設を哀願する姿は、何とも異様だった。

 折しも週刊文春(4月23日号)は中国が「琉球独立工作」を周到に進めている実態を特集したが、翁長知事の言動はその工作の進捗(しんちょく)を感じさせて余りある。

定期便で中国誘致

 なにせ翁長氏は親中派として知られる。那覇市長時代(2000~14年)には、友好都市の福州市(福建省都)との交流を活発化させ、11年秋には自ら団長となって“使節団”(那覇市・福州市友好の翼)を率いて福州市を訪れ、共産党幹部らから歓待を受けた。

 こうした姿勢が評価され、05年には「福州名誉市民」にもなった。それに気をよくしてか、翁長氏は那覇・福州友好都市交流シンボルづくり事業として総事業費2億6700万円を投入して「龍柱」の建設を計画。なんとその費用の8割を国からの一括交付金で賄った(現在、工事中断=本紙4月22日付参照)。

 龍柱とは、龍を彫った石柱のことで、横浜の中華街にあるように中国のシンボルと見なされている。

 計画によれば、それを大型観光船が入港する那覇の表玄関、若狭地区の幹線道路の両脇に2本そびえさせる(高さ15㍍)。観光客は龍柱の間を通り抜け、すぐ近くにある孔子廟や福州園(中国式庭園)を経て首里城に至る趣向だ。

 また、翁長氏は那覇市の都市計画マスタープランの中で、若狭地区に隣接する久米地区を「福州園や天妃(てんび)宮などを核とし歴史性を活かしたクニンダ(久米人)のまちづくり」と位置付け、中華街を作ろうとした。その手始めが龍柱にほかならなかった。

 久米人とは14世紀半ば、明から琉球王国に派遣された職能集団の末裔(まつえい)のことで、久米三十六姓とも呼ばれた。その人々が住んでいたのが久米地区だ。

 中国側の期待も尋常ではない。昨年、翁長氏が知事選で当選すると、中国の一部メディアは「福州名誉市民が沖縄知事に」などと歓喜した。そして安倍首相との会談を待たずに訪中。中国の首相に定期航空便の開設を願い出た。どう見ても朝貢の図ではないか。

 案の定、中国は恩寵(おんちょう)を下すかのように、那覇―福州の定期便の就航を認める方針を示し、中国東方航空が6月に新規開設する方向で最終調整に入っている(琉球新報4月25日付)。

 同紙によると、水曜日と土曜日の週2往復運航を予定。同社沖縄支店は「那覇市と福州市は姉妹都市を結んでおり、これまで沖縄と福建省の関係が非常に密接だ。県内に福建省出身の中国人も多く住んでいるため、那覇―福州線は非常に発展することが見込まれる」と話している。定期便の就航で中国人が沖縄に殺到するという算段だ。

 法務省の統計では沖縄に2000人近い中国人が在留している。11年7月に中国人観光客に数次ビザ(査証)が発行され、近年は円安もあって来沖中国人が増加。確かに中国人観光客が沖縄に押し寄せれば、観光収入は増えるだろう。

沖縄に領事館狙う

 だが、そこには“落とし穴”が待ち構えている。中国人に数次ビザを発行した際、西原正・平和安全保障研究所理事長(元防衛大学校校長)は、沖縄に中国人客が増えれば、それ目当てに、中国人富豪が土地やホテルの買収を進め、自国政府の情報収集に協力して、軍事基地近くの土地を買収したり、観光客に紛らせて情報工作員を沖縄に潜入させたりする、と警鐘を鳴らした(産経新聞『正論』11年6月30日付)。

 その危険性は那覇-福州の定期便就航で一層、現実味を帯びる。少なくとも中国は観光客増加を口実に領事館の設置を求めてくるに違いない。

 09年1月に日本が中国の青島に総領事館を開設した際、中国は沖縄に領事館設置を要求。これを外務省は断り、代わりに新潟に開設を認めた経緯がある。

 その新潟では、中国領事館は当初、ビルの一角を借りて設置されたが、10年に同市中央区西大畑町の大型邸宅に移転。総領事は中華街構想を新潟県に示し、同市中心街にある万代小学校跡地の買収に乗り出した。このため市民が反対運動を起こし買収は頓挫した。

 だが、11年12月に民間不動産会社から新潟市中央区の県庁から500㍍ほど西にある県公社総合ビル裏手の更地1万5384平方㍍の広大な土地を取得。総領事館移転に加え、総領事公邸、館員宿舎、市民との交流施設、駐車場整備などを計画。中華街構想も諦めていない。

 沖縄に領事館が設置されれば、同様の事態が生じるのは目に見えている。狙われるのは久米地区だ。すでに中国人による土地買収が進んでいるとの話もある。

 領事館は中国の対外工作の拠点だ。治外法権で中国の領土となり、ここを足場に諜報スパイ活動を行う。ラオスでは09年に大規模な土地を取得して5万人の中華街を作り、ラオスを親中化。アフリカのスーダンでは20万人規模の大中華街を作ってスーダンの属国化を図ろうとしている。こうした手法は当然、日本にも使われる。

 想起すべきは、中国が10年7月に施行した国防動員法だ。同法は中国国外に住む中国人にも国防義務を課し、中国の尖兵になるよう義務付けている。北京五輪の聖火リレーで中国人が動員され、チベット虐殺に抗議する人々に暴力を振るったが、それも本国からの指令で、領事館はそうした工作拠点に使われるのだ。

尖閣侵犯に触れず

 翁長知事は4月に沖縄を訪ねた菅義偉内閣官房長官に対して「私は日米安保条約に理解を示している」と述べたが、はたしてそうだろうか。

 中国は海洋を「青い国土」と称し、経済発展を背景に軍事力を強化し「核心的利益」を海洋にまで押し出し、尖閣諸島への領海侵犯を繰り返している。13年秋には東シナ海に「防空識別圏」を設定し、中国軍機の進出も際立っている。

 南シナ海では14年初めに海版「識別圏」を設け、「九段線」(南シナ海全域を領土とする9本の線)の実効支配に動いている。パラセル(西沙)諸島ではベトナムの経済水域圏で海底油田の開発を強行し、中国船はベトナム船舶との衝突を繰り返している。

 スプラトリー(南沙)諸島ではフィリピン漁船を拿捕(だほ)し、ヘリポートや港などを建設し軍事基地化を進め「砂の長城」を築き、力による実効支配を強めている。その矛先は東シナ海、沖縄諸島にも向かってくるのは必至だ。

 そうした安保環境の変化を翁長知事が認識しているとは到底思えない。知事に就任以来、中国の野心や軍事的脅威に対する発言は皆無に等しいからだ。李克強首相との会談でも沖縄県の管轄下にある尖閣諸島への中国船侵犯について一切触れなかった。これでは侵犯を容認するとの間違ったメッセージになりかねない。

 中国人観光客の増加といった経済だけの利を求める翁長知事の「朝貢外交」は危険このうえない。

 【おまけ】

翁長知事は連日「民意」「民意」と鬼の首を取ったように騒いでいるが、実は翁長知事に「民意」はなかった。
 
元自民党沖縄県連会長の照屋 守之さんがFBで「民意の実態」を暴露しています。 
 
 

その②

 民意の実態

選挙結果によって民意が示されたという、昨年11月の知事選挙と12月の衆議院選挙で、辺野古移設に相反する民意が示されたことを、実はマスコミも報道しないし、県民も知らない。

...

11月の知事選挙は、翁長が約36万票、仲井眞が約26万票で、約10万票の差がついた。このことによって辺野古移設反対の民意が示されたと言われている。

一方で、衆議院選挙の政党を選ぶ比例区の選挙では、沖縄県における政党への投票は、

  ① 自民党    約 140,000票
  ② 公明党    約  88,600票
  ③ 維新の党   約  77,200票
  ④ 民主党    約  49,600票 
  ⑤ 次世代の党 約   6,400票
  ⑥ 幸福実現党 約 4,300票
合計で約366,100票である。

自民党は政権公約で、普天間の移設先を辺野古と明記されているのである。
公明党本部は、自民党連立政権で辺野古容認。
維新の党は、以前から辺野古容認で、今回の衆議院選挙の公約で辺野古を否定していない。
民主党も民主党政権で、辺野古容認に変わっており、
次世代の党や幸福実現党も辺野古容認である。

一方で、辺野古反対は、

  共産党   約 79,700票
  社民党   約 81,700票
  生活の党  約 28,500票

計で約189,900票となり、政党別の県民の民意は、
 
辺野古容認が、約366,100票に対して、
辺野古反対が、約189,900票

その差は実に、  約176,200票がついて、圧倒的に辺野古容認の政党を県民は支持したことになる。

県知事選挙の約10万票差の辺野古反対の民意と、衆議院選挙の約17万6,000票差の辺野古容認の政党支持の民意、この相反する民意を問題解決にどう反映させるか。あとは県知事や政治家の交渉力に期待するしかないのでは・・・・・。

 

参考【動画】2015/5/1 辺野古ゲート近く 道路に飛び出す基地外オヤジ

 

■御知らせ■

[沖縄]5/17(日)沖縄県祖国復帰43周年記念大会 (講師 玉城有一朗氏)

と き:平成27年5月17日(日) 14:00開演(13:00開場)

ところ:JAおきなわ総合結婚式場ジュビランス4F (TEL  098-893-4433)
宜野湾市野嵩736 ※宜野湾市役所・市民会館道路向かい

◎第1部 沖縄県祖国復帰43周年記念式典 
基調講演

講 師:玉城 有一朗氏
演 題:「維新改革を遅らせたのは誰か?-琉球処分再論-」

◎第2部 記念シンポジウム 
「激論!防衛、基地、教育、憲法、沖縄のタブーを破る」

参加費:500円
主 催:沖縄県祖国復帰記念大会実行委員会
那覇市若狭1-25-11波上宮内  (TEL/FAX  098-867-4018)

★日の丸パレード行進 同日午前11時スタート!
(10時30分、普天満宮集合)
普天満宮からジュビランスへ向かいます。
※普天満宮の駐車場は使用できません。

                ☆

 

 

  
 購読を希望される場合は、下記の指定口座に代金(500円)+送料(82円)=582円を前納で振り込みください。1週間以内にご住所にお届け致します。 
kakubunnsya
 〒902-0068 那覇市真嘉比3-14-7(6F)

  TEL 098-885-4625 FAX 098-885-4570
 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイとドローンが合体... | トップ | 新・グレートゲーム、中・ロ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-05-11 08:38:19
>尖閣侵犯に触れず

石垣市に属する尖閣について、一言も中国で言及しなかった知事に、県民の命と財産を守る責任感無しでしょ。
東京都の大島大水害で、危機感の薄かった共産党出身の町長は、この度の統一地方選で落選した。


>翁長知事は4月に沖縄を訪ねた菅義偉内閣官房長官に対して「私は日米安保条約に理解を示している」と述べた

ならば、「2プラス2」で、尖閣を守るとアメリカに言明させてことに感謝があってしかるべし。
無いのは、日米安保条約が何であるか、理解できていないのでしょう。
というか、その前に、理解しているなら、そもそも辺野古移設反対を言わない。
あっ、翁長知事は保守は保守でも「沖縄の保守」と名乗っていますものね。
「沖縄の保守」は革新と同じことが主張できる保守ってことね。
そういう言葉に、うかうか惑わされたのが、36万人。
Unknown (東子)
2015-05-11 08:38:56
>衆議院選挙の政党を選ぶ比例区の選挙では、沖縄県における政党への投票

に関連して。


「県内6党、辺野古反対県民大会に賛同 公明は16日に独自集会 2015年5月10日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242756-storytopic-3.html

>琉球新報社は9日、県内8政党の代表者を那覇市の本社に招いて座談会を開き、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に対する考えを聞いた。

電話で聞き取りでなく、本社に「招いて」、考えを聞いた(お~~、怖っ)


>辺野古反対県民大会
>社民、共産、社大、生活の4党は開催を評価

実行委に関わるのに、否定したら、ブレブレ。


>参加の判断を保留している民主党

党本部は辺野古推進だけど、新報が怖くて「不参加」を言えない?


>公明党は大会には参加しないが移設反対を訴える演説会を独自に開く

公明党は共産党と支持層が重なるから、絶対に一緒にやらないもんね。
党本部は辺野古推進なのに、県本部は「反対」っと。


>維新の党は大会結果を見て判断する

タイムスのアンケでもすべて「その他」と回答。
江田代表も翁長知事との面会で「辺野古を否定するほど無責任でない」と言いながら、でも、「できることがあれば協力する」と、辺野古移設賛成を薄めた言い方。
支持者は逃げの姿勢にがっかりでしょうね。


>自民党は「普天間の固定化につながる」と否定的

やっと自民は、はっきり「普天間の固定化につながる」と否定的な意見を言えるようになった。
落ちるところまで落ちたから怖いもの無し?



「県内6党、辺野古反対県民大会に賛同」の6党とは?
社民、共産、社大、生活の4党+維新と民主?

うぉいうぉい、民主は参加の判断保留なのに「反対に賛成」にカウントされているし、大会結果をみてから大会の評価を下すといっている維新もカウントされているわ。
こういう膨らました書き方が、反対派はお好みなの?
反対派にしても、不本意なんじゃないかしら。

基地反対と言えば票になる沖縄だから、
  「県内4党、辺野古反対県民大会に賛同 自民明確に否定」
の方が、自民党に打撃与えると思うけど。
Unknown (宜野湾より)
2015-05-11 19:53:23
渡部亮次郎氏主宰のメールマガジン5月4日付「頂門の一針」3649号に掲載された池田元彦氏の文章で、先の安倍首相の演説について、アメリカ両院合同議会では日本人が演説すること自体が初のことだと知った。

そのうえでの池田氏の見解
引用開始~
因みに、米上下院合同議会での演説は、1874年ハワイ王以降115回あり、敗戦国ではドイツ歴代首相5回、イタリア6回、敗戦国でないが槿恵韓国大統領を含め、韓国は6回も演説している。
それは何故か。原爆・空襲の国際犯罪、FDRの陰謀、日本無条件降伏の嘘
等の米公認歴史が覆される懸念があったからだ。TV生中継と同じで取り返
しが付かない。
~引用ここまで

ここを読んでアメリカ議会の拍手の意味が少し解った気がした。
日本人だけが演説に呼ばれない理由があるとすればそれは、アメリカが負い目を隠し持っているからと考えるのが妥当だろう。
あの演説で、安倍首相はアメリカが内心恐れて来たことには触れなかったが、「深い反省」を「deep remorse」と言った。
remorseとは「良心の痛みによる自責」といった意味を持つから、あれを聞いて議会の各氏はドキッとしただろう。
あの言葉が演説の成功に繋がったひとつのように思う。

同じメルマガで平井修一氏が引用した石平氏の分析にあるように、あの演説が、アメリカを主戦場とした習近平の対日歴史戦を封じることになりそう。
歴史カードは使えない、軍事力も今は日米に敵わない、であればキンペ中共は、日本の中のやりやすい処から引き剥がしにかかる戦術を益々強める、くらいのことは誰でも予想がつく。たぶん翁長氏クラスでも。
中共としては、日本国民に「沖縄疲れ」をおこさせたり、スプラトリー諸島のサンゴ礁・岩礁埋立面積4ヶ月で4倍みたいな方法を、沖縄に対して土砂の代わりに人海でやりたくもなるだろう。
そこで翁長知事が何処を見ているのかという話なわけだけれど。

翁長知事の政府への態度が感情論に終始するのは、そうしていれば少なくともカメラの前では論破されなくて済むからかな。
しかしながら、「日本政府」「上から目線だ」「高飛車だ」と、面談時に直接そう言えばよいものを、それはしない。
好ましく思ってくれた人たちからの不興不信も買いながら、「日本政府」に対等あるいは優位な関係を望む翁長知事は、キンペ中共とそんな関係を築けているのかな?(遠い目
外国との友好は警戒と常にセットだと、相手がおそロシアでなくても解ることだが。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ルームバンド (ルームバンド流行中)
どれがいいの?アメリカでブームのファンルームを比較