狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

自民“鳩山化”の悪夢! 党沖縄県連、選挙公約に普天間「県外移設」明記

2013-06-02 06:56:10 | 県知事選

 ■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

自民党が「鳩山化」の悪夢に悩んでいる!

「鳩山化」とは「県外」を叫んで普天間移設を混迷の極地に陥れたルーピー鳩山の道筋を辿るということ。

参院選での圧勝を狙う安倍政権にとって沖縄は、支持率急落の種となりそうである。

橋下氏と同様、安倍政権にとっても沖縄は鬼門になりそうな雲行き。

自民“鳩山化”の悪夢! 党沖縄県連、選挙公約に普天間「県外移設」明記

2013.06.01
 


米軍普天間飛行場の移設で安倍自民党が迷走の懸念=沖縄県宜野湾市【拡大】

 安倍晋三首相率いる自民党が、鳩山由紀夫元首相が招いた“悪夢”を繰り返そうとしている。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、党沖縄県連が参院選の地域版公約で、党本部の意見に反して「県外」と明記する方針を固めたのだ。日米同盟を危ぶむ声も広がっている。

 この問題をめぐっては先月30日、石破茂幹事長と沖縄県連の翁長政俊会長が都内で激論を交わした。翁長氏の「県外」との主張に対し、石破氏は「日米合意通り、名護市辺野古への移設を推進する」という政府・与党の方針を説明し、「県外」の取り下げを求めた。

 議論は平行線だったが、NHKは「県連は『県外』を掲げて参院選を戦い、党本部は黙認する形になりそうだ」と報じた。

 もし、「黙認」が事実となれば、重大な禍根を残しかねない。

 普天間移設問題は、2009年衆院選で、民主党代表だった鳩山氏が「最低でも県外」と発言したため、沖縄県内で「県外」への期待感が高まった。辺野古案の実現は困難になり、日米同盟の根幹を揺るがせた。

 民主党政権下の外交・安全保障について、安倍首相は昨年末の衆院選後、夕刊フジのインタビューで、「民主党政権は『日米同盟の絆』を壊した。このため、中国や韓国、ロシアが日本の主権を侵害してきた」と断じている。

 ご都合主義で、県連と党本部のねじれを放置すれば、野党やマスコミの格好の攻撃材料となり、自民党の参院選優勢の情勢は変わりかねない。

 沖縄の政治団体「政党そうぞう」代表である下地幹郎前衆院議員は「県連と党本部でねじれるのは民主党と同じだ。党県連をまとめられずに、国をまとめられるのか。オバマ米政権は『安倍首相の指導力は民主党並み』と受け止めるだろう。                          

自民党県連は目先の当選者獲得のため、後先を考えていない。

仮に7月の参院選で勝利したとしても来年1月の名護市長選では、さらに極端なねじれ現象が起きることを予測しているのか。

現職の稲嶺進名護市長は、既に「県外」を掲げて立候補声明を出している。

前回僅差の敗北を喫した島袋吉和前名護市長を中心にした北部振興会や名護市議会の礎之会(長山隆会長)が「辺野古容認」を」掲げる統一候補を擁立したらどうなるか。

政府自民党は「辺野古容認」の候補者を支援するだろうが、自民党県連は「県外」を掲げる稲嶺候補を支援するのだろうか。

こんな「鳩山化」が沖縄中に蔓延したら、民主党が瓦解したように県民の自民党離れは必至である。

その結果沖縄はどうなるか。

漁夫の利を社民党ら反日サヨク複合体に奪われ、照屋寛徳氏の「沖縄独立」が現実味を帯びてくることになる。

自民党本部は、ここまできたら県連の「県外明記」を黙認するなど絶対避けるべきだ。

>民主党政権下の外交・安全保障について、安倍首相は昨年末の衆院選後、夕刊フジのインタビューで、「民主党政権は『日米同盟の絆』を壊した。このため、中国や韓国、ロシアが日本の主権を侵害してきた」と断じている。

国の専管事項である日米安保の合意事項を県連のわがままのためおろそかにしたら、国民に二枚舌謗りを受けることになる。

自民党本部に警告する。

上記記事が指摘するように、ご都合主義で、県連と党本部のねじれを放置すれば、野党やマスコミの格好の攻撃材料となり、自民党の参院選優勢の情勢は変わりかねない。

自民党本部よ、今からでも遅くないから、沖縄県連の8人の「県外派」を除名せよ。

さもなくば、下地幹郎氏の「鳩山民主党と同様、普天間問題が安倍自民党が崩壊するアリの一穴になる可能性もある」との談話が真実味を帯びてくる。

『正論』7月号は、沖縄特集第2弾です

筆者も寄稿しました。

沖縄での発売は6日頃とのことです。

 

月刊正論2013年7月号6月1日発売 定価740円

 

 

沖縄異常事態 第二弾

重大資料発掘!

地元メディア反日偏向報道の淵源

ジャーナリスト 井上和彦

緊急報告!

尖閣領海で中国公船に包囲された緊迫の6時間

八重山日報編集長 仲新城誠

【新連載】対中最前線 国境の島からの報告①

中国領海侵犯と教科書採択事件の深い関係

仲新城誠


ついに牙を剥き出した中国-沖縄併呑計画の先兵は誰だ

琉球独立論の空虚

ジャーナリスト 大高未貴

「天皇メッセージ」の悪用に反駁せよ

ライター・ブログ「狼魔人日記」管理人 江崎孝


人気blogランキングへ クリックお願いします

「かみつくⅡ」

目下全県の主要書店で好評発売中です。

かみつくII表
お急ぎの方、沖縄県外の方は
ネットから御注文をお願いします。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>


沖縄のの出版界に衝撃!
沖縄の出版界が出版拒否した問題の書!

「沖縄に内なる民主主義はあるか」も沖縄教販での売り上げ順位が上昇してきています。

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)
著者:又吉康隆
かみつく
季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)
(1260円(税込み)+送料160円=1420円)

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 混迷の自民県連!辺野古漁協... | トップ | 再度、自民党県連批判する! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (危険)
2013-06-02 11:16:45

>自民党本部よ、今からでも遅くないから、沖縄県連の8人の「県外派」を除名せよ。

その通りだ。
除名すべきです。
そしてその任は石破氏が行わねばなりません。

お前ら 関係ないだろうに! (安仁屋正昭)
2013-06-02 12:48:43
県外を主張している除名すべき県議達

翁長 政俊 那覇市選出 県連会長
浦崎 唯昭 那覇市選出 副議長
照屋 守之 うるま市選出 県連幹事長
仲田 弘毅 うるま市選出
桑江 朝千夫 沖縄市選出
具志堅 透 国頭郡(本部町)選出
新垣 良俊 島尻郡(八重瀬町)選出
座喜味一幸 宮古市選出
砂川 利勝 石垣市選出

普天間基地の危険性に直接関係していない議員共が
何故、固定化になるような「県外」を主張するのか!
腹立たしい限りだ
Unknown (ま゛)
2013-06-02 13:13:51
わたしは部外者ですが、普天間が危険というなら一番現実的な選択は辺野古移設だと思います。

県外移設などと目標を掲げるのは良いが、具体的にどのように実現するつもりなのか?順調に進めば10年後には実現する辺野古移設よりも早く県外に移設する方策や手段を持ち合わせているのか?

沖縄県民はどうなのでしょう。これだけ長い間いろいろと騒がれてきている状況の中で、やっぱり県外移設が現実的なものとしてみているのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2013-06-02 18:32:41
普天間固定の方が儲かると分かりました。これは辺野古大賛成派の私でも分かります。
自民党県連は金が欲しいのでしょう。
Unknown (宜野湾より)
2013-06-02 22:21:01
待ってました。
最低でも2度は設けられたチャンスを沖縄自民党は掴みませんでした。
県外移設実現プランも言わなかったし腹案があるwとも言わなかったし、辞める気もないようです。
歩み寄りをされて拒否したのは沖縄側ですから、自民党本部はこれで歩み寄りの必要なし。県外公約派への離党勧告、候補者公認取り消し、辞めないなら除名で誰も文句言いません。
国の安全保障をローカル・イシューにしてしまうより、損して得取れの精神で臨まなければ何も先へ進みません。
全員成人でフェンスのすぐそばだけれど気に入ってここに住んでいる我が家は普天間固定でも別に構わないのですが、第2小が危険ならば近くの児童センターや保育園だって同じなわけで、小学校だけ移せばいいわけでもなく。
辺野古の皆さんのご厚意、直近ではとりわけキモチワルイ人たちからの嫌がらせに耐えておられる名護漁協の皆さんとご家族のご厚意に縋らせていただき、少しでも気持ちよく投票に行きたい。
なので自民党本部と沖縄自民党に残る皆さんで「辺野古移設」のもとに新たな候補を立てていただければ幸い。
というわけで、官邸から心当たり何名かの議員さんまで、意見を伝えさせていただいております。
心ある国民、必見の番組 (町工場の親方)
2013-06-15 08:49:25

チャンネル・桜の看板番組、として、とくに最近その評価を高め、多くの国民に視聴されている、(ここのブログ主、狼魔人さんも何回も出演)

日本よ今、・・・
『闘論!倒論!討論!』、ですが

今夜は大変なゲスト二人を迎えて放映されます。
これは絶対に見逃せません。
是非、視聴をお奨め致します。今晩都合が悪く見られなくとも、明日ネットで見ることができます。
題名及び出席者は下記の通りです。

【発足から6ヶ月!安倍政権の評価】

パネリスト:
  片桐勇治 (政治アナリスト)
 
  上島嘉郎 (別冊「正論」編集長)
 
  倉山満 (憲政史家)
 
  田村秀男 (産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
 
  中山成彬 (衆議院議員)
 
  西川京子 (衆議院議員)
 
  三輪和雄 (「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)
 
  山村明義 (作家・ジャーナリスト)
 
  司会:水島総

中山成明、西川京子、二名の代議士を呼んで、優れた保守の論客と共にテレビで討論を行うなどということは、チャンネル・桜、しかできることではありません。

中山成彬、西川京子代議士は、昨年の総選挙において、私が何としてでも当選してほしい、と願った候補者でした。
当選してほしい、と願っても、稲田朋美・候補のように開ける前から、当選が決まっているような人と異なり、当選は非常に厳しい、という状況だっただけに、二人の当選が決まった時は、本当に喜びました。

私の期待に違わず、どころか、期待を遥かに上回る、活躍、実績を上げられ、国民から賛同の電話、メールが殺到したにもかかわらず、マスコミはその内容について報道しません。

平成20年11月、田母神・前航空幕僚長が、国会に呼びつけられたものの、全く発言できず、
「これでは、言論の自由に関して、日本は北朝鮮なみではないか」、と語った言葉を思い出します。

言論に関して、築地・チョーニチを始め、日本の大新聞、テレビ等、メディは、

「それは絶対に喋ってはならぬ!」、という、マフィアのような、恐怖政治の組織でないかと思えてきます。

そのような惨憺たる、言語・思想空間の中で、チャンネル・桜、の存在が、如何に貴重であるか、痛感します。

今晩が実に楽しみです。


上記文章をチョット変えます。

「これでは言論の自由に関して、沖縄は北チョーセンんなみではないか」

言論に関して、新報・タイムス、沖縄の新聞、テレビ等、メディアは、

「それは絶対に喋ってはならぬ!」、という、マフィアのような、恐怖政治の組織でないかと思えてきます。



コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL