狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

外間氏、町長選立候補表明!3期めざす

2013-06-22 06:33:23 | 県知事選

  ■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

与那国への自衛隊配備を、誘致派分断工作で阻止する目論見が失敗した沖縄マスコミ。

昨日の沖縄タイムスが淡々と事実を報じたのに対し、琉球新報はこのままでは引き下がれない様子。

社説だけでは怒りが収まらず、八重山教科書問題で無知を暴露し全国に恥晒しをした稲福政俊記者の署名入り記事で不満をぶちまけている。

ちなみに今朝の沖縄タイムスには次の見出しが・・・。

与那国町長選に

外間氏出馬表明

3期目めざす

一時は引退の噂さえあった外間市長は、立候補表明にあたり次のようにコメントしている。

「公約はほぼ実現したが問題も残っている。 後継者を探したが『もう一期頑張ってくれ』と多くの方に要望された」

問題は反対派が擁立した候補者の他に、与那国防衛協会が擁立する誘致賛成派候補の動向である。

一旦振り上げた拳を下ろす勇気を持たないと、反対派の思う壺に陥ることになるのだが・・・。

 
6月21日 琉球新報・社説
 与那国自衛隊配備 国境交流こそ深化すべきだ

 
与那国町の町有地を防衛省に貸し出す契約案が町議会に提出され、賛成多数で可決された。陸上自衛隊沿岸監視部隊などを配備するためだ。有権者の半数近くが反対に署名しており、意見が二分する中で計画が進むのは大きな疑問だ。町有地の農牧地21・4ヘクタールを年間約1500万円で貸し出す。防衛省は当初、年間500万円で借り上げる方針だった。ところが今月に入り、町が求めていた宅地並みの借地料での算定に応じ、3倍も引き上げた。農牧地に宅地並みの賃料を支払うことは公金支出上問題ないのか
 
防衛省が賃料引き上げに応じたのには理由がある。外間守吉町長は3月、賃料引き上げと「迷惑料」10億円の要求を掲げた。ところが今月14日、町長が防衛省に10億円の撤回を伝えている。これが賃料引き上げの呼び水になったのだ。外間町長はなぜ10億円要求を撤回したのだろうか。町長は4月、防衛省の提示額では十分な経済効果が得られないとの認識を示した上で、10億円要求は「一歩も譲らない」と断言していたはずだ。これにもからくりがあった。防衛省が振興策でごみ処理や漁業関連の施設整備の検討を始めていたのだ。外間町長は「10億円に近いハード事業の裏負担」と明かす。金の駆け引きで自衛隊が誘致されていいのか。
 
与那国島に自衛隊を配備する目的について、町は地元活性化など経済効果を挙げ、自衛隊は南西地域の防衛力強化を掲げている。同床異夢のまま物事が前に進むのは明らかに異常だ。町長は「産業と位置付けている」と説明するが、自衛隊基地のある対馬は人口減少に歯止めがかかっていない。自衛隊誘致による地域活性化は幻想そのものだ。防衛省は約100人の沿岸監視部隊を配備する計画だ。6月2日時点の町の選挙人名簿登録者数は1212人だ。隊員の一部が配偶者と島に渡れば、町の選挙人の1割が自衛隊関係者で占められることになる。政治意思を左右する勢力となり、地方自治の在り方として疑問だ。
 
むしろ町が05年に打ち上げた台湾交流の国境交流特区構想こそ健全だ。しかし国は構想を却下した。国が町を追い込み、町が自衛隊誘致にすがるしかない構図はいびつだ。「国境の島」は国境交流こそ深化させるべきで、「軍隊」配置で対立を生むのは不健全だ。

6月21日 琉球新報
議会が用地契約可決 与那国自衛隊配備
 
与那国島への自衛隊誘致に伴い、防衛省側が与那国町への振興策としてごみ処理施設や漁業関連施設などの施設整備を検討していることが20日、分かった。与那国町議会(前西原武三議長)は同日、陸上自衛隊沿岸監視部隊などの用地として町有地約21・4ヘクタールを年約1500万円で防衛省に貸し出す賃貸契約についての議案を審議し、3対2の与党多数で可決した。防衛省は今月中にも町と仮契約を結び現在、町有地を使用している農業生産法人南牧場(大嵩長史社長)と補償交渉を進める。南牧場の町有地は現在、南牧場社が借りており、本契約の締結は南牧場との契約解除が条件。南牧場社には自衛隊誘致に反対の意思を示す組合員もいることから今後、同社との交渉が焦点となりそうだ
 
防衛予算での施設整備に関し、町側は沖縄振興特別措置法並みの9割負担を求めており、防衛省側は町の費用負担軽減を模索している。また、防衛省が町も使用できる光回線を島内に整備し、敷設費や維持管理費を負担する方向で調整していることも判明。町内のインターネット回線は現在、町が年間約260万円の維持管理費と台風などによる修繕費を負担するが、防衛省の整備後は回線使用料の負担だけで済むという。
 
外間守吉町長は決議後、記者団に「市町村協力費」10億円の要求を撤回し、町有地賃貸の議案を提出したことについて「諸官庁にそういう項目がなかった。内外で批判を浴びた」と説明。「10億円に近いハード事業の裏負担について面倒を見てくれることで話が進行している」と述べ、振興策に期待した。

 

 
 

 

 
(琉球新報6/21、記事原文はこちら



【動画】琉球朝日放送
2013.06.21 与那国町議会 町有地国との賃貸契約案可決


「八重山毎日新聞」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/22696/


 
(琉球新報6/21)



 

6月21日 八重山毎日
町有地賃貸議案を可決 町、月内にも防衛省と仮契約

開会中の6月定例町議会(前西原武三議長)は20日、本会議を開き、同島への陸上自衛隊沿岸監視部隊配備に関連して、町有地21万4000平方メートルを防衛省に賃貸する契約を賛成3、反対2の賛成多数で可決した。賃貸する土地は農地だが、賃貸料は宅地として算定し、1平方メートル70円。年間約1500万円が見込まれる。外間町長は、今月中にも仮契約を結ぶ意向を示し、本契約については「防衛省側と南牧場などの関係者の話し合いや補償などで手続きが進む」とした。

配備予定地に含まれる南牧場は、農業生産法人南牧場組合(大嵩長史代表取締役)が町から賃借しており、今後、防衛省側が同組合に対して契約の解除について理解を求めていくことになっている。大嵩代表取締役は「町側からも説明がなく、防衛省に来られても、対応できない」と話している。審議は4時間半にわたり、町議5人全員が討論を行った。

反対討論を行った田里千代基氏と崎元俊男氏は「拙速」「南牧場の関係者に説明がないまま進めるのはおかしい」と反発。嵩西茂則氏と糸数健一氏、崎原孫吉氏は賛成討論を行い、陸自配備に伴うインフラ整備や安全保障問題などを挙げ、「(賃貸契約には)防衛省が地域振興に寄与する形で最大限の努力をすると記載されている」などと主張した。
 
外間町長は今年3月、町役場を訪れた防衛省職員から町有地の賃貸料として500万円の提示を受けたが拒否。逆に「市町村協力費」として10億円を要求。防衛省側もこれに応じられないとして物別れに終わっていた。その後、外間町長が「インフラ整備にも活用できる別の項目で要求していきたい」と事実上、方針を変更し、10億円に代わって賃貸料と特別交付税の増額を前西原議長などを通じて防衛省や沖縄防衛局に伝えていた。

Yae2013_06212

6月21日・八重山毎日

意外とあきらめの早い沖縄タイムスに比べ「発狂3紙」の構成員の球琉新報と八重山毎日は、このままでは憤懣やる方ない様子が見え見えの記事である。

与那国防衛協会が町長選に独自の候補者を擁立することに最後の望みをかけているようなので、まだまだ分断工作には油断禁物である。

【おまけ】

沖縄メディアの分断工作に一時は筆者も片棒担がされる羽目に陥っていたことを恥じ入る。(汗)

「過ちと知りて改めざるを過ちという」

過ちと知って改めた方の例を紹介する。

 

大阪市の○○○○です。

実は、過去に「迷惑料」のニュースが出た時に、与那国町へ直接メールを送っておりました。

自衛隊誘致に関して期待している事、「迷惑料」というネーミングが悪すぎる事など、
大阪からは現地の事が見えない事もおかまいなしに、意見を送りました。

すると、丁寧な回答を頂きました。

10億円には交渉の余地があり、決定ではなかった事(後に双方に誤解とのニュースが出ました)
「10億円」で反対派を説得してまわった事、
自衛隊への借地を農地レベルで扱うには逆に失礼であると考えている事などなど、

でも一番申し訳ないと思ったのは
「自衛隊誘致に関して、反対の声ばかり届き、応援してくれる声がほとんどなかった」という部分でした。

その後のニュースで、「迷惑料」というネーミングは違うモノに変わりましたが、後の祭。
町長も次は出馬しないなどのニュースに、なんとも複雑な気持ちでおりました。


初めて与那国町へメールを送った際には、町長の施政方針も読みました。
限界集落問題が最優先の課題であると締めくくられているのを見て、町長の本気度も
勝手に信用しておりました。

与那国町の「自衛隊誘致」に関して、本当に一部しか知らないので間違った事を書いているかもしれませんが
個人的には、与那国島に自衛隊がある事は大事だと思っています。

そして、恐らく反対派が色々言ってくるのではないかと思うと、
今以上に応援する必要があるのではないかと思っています。


与那国町HP
http://www.town.yonaguni.okinawa.jp/

私は以下のアドレスから応援メールを送りました。

問い合わせ先
与那国町役場 総務財政課
TEL  0980-87-2241 
FAX 0980-87-2079
E-mail : soumu@town.yonaguni.okinawa.jp


もし、私が大きな間違いをしていましたら、ぜひご指摘ご教示、よろしくお願い致します。

 

■八重山地区が反日サヨクの「最後の楽園」になりつつある証拠です。

 

Yae2012_0916iken

2012年9月16日の八重山毎日・八重山日報に掲載
意見広告賛同総数1725件、内掲載1385件、匿名希望340件。

 

チーム沖縄のブログ

 

■■第三回「島守・防人に感謝する集い」■■

 

6月23日(日)の慰霊の日に、沖縄県護国神社にて、「殉国沖縄学徒慰霊祭」という慰霊祭を斎行いたします。

 

沖縄戦で亡くなられた学徒隊は郷土を守るため自らの意志で戦ったのであります。 しかし現在の平和教育ではこれら学徒隊の方々を犬死などと貶める教育がなされているの残念なことです。

 

来る6月23日、私たち沖縄の大学生が主催し、沖縄戦で郷土防衛のため散華された学徒隊の御霊に、「感謝する」お祭りを、私共沖縄の大学生の義務だと考えます。

 

当日はお誘い併せの上ご参加くださいますようご案内申しあげます・

以下、詳細でございます。

 



第三回「島守・防人に感謝する集い」

6月23日(日) 13:30開会 沖縄県護国神社・大ホール

「殉国沖縄学徒顕彰祭」
   同日    14:30開始 沖縄県護国神社・本殿

 

主催:サークル「 沖縄から日本を考える学生の会 」

 

代表: 琉球大学法文部 三年次 外間 完信
お問い合わせ:tj.from.okinawa@gmail.com

 

お気軽にメール下さい

 

 

 

 

『正論』7月号は、沖縄特集第2弾です

 

筆者も寄稿しました。

 

沖縄での発売は6日頃とのことです。

 

月刊正論2013年7月号6月1日発売 定価740円

 

 

 

 

沖縄異常事態 第二弾

 

重大資料発掘!

 

地元メディア反日偏向報道の淵源

 

ジャーナリスト 井上和彦

 

緊急報告!

 

尖閣領海で中国公船に包囲された緊迫の6時間

 

八重山日報編集長 仲新城誠

 

【新連載】対中最前線 国境の島からの報告①

 

中国領海侵犯と教科書採択事件の深い関係

 

仲新城誠

 


 

ついに牙を剥き出した中国-沖縄併呑計画の先兵は誰だ

 

琉球独立論の空虚

 

ジャーナリスト 大高未貴

 

「天皇メッセージ」の悪用に反駁せよ

 

ライター・ブログ「狼魔人日記」管理人 江崎孝

 


 

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつくⅡ 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

 

 航空自衛隊那覇基地見学会のお知らせと希望者の募集

 

 

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「迷惑料という言葉が独り歩... | トップ | 「慰霊の日」、集団発狂の沖... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宜野湾より)
2013-06-22 23:34:23
「国境の島は国境交流こそ深化」すればノーガードでよい
自衛隊員と配偶者が来れば政治意思を左右する勢力となってしまう

琉球新報は社説のハイライトで誰目線なのか自己紹介するお約束を裏切らない。
なにしろ自衛隊員と家族を自分と同国人だとは思っていないんだもの。
「朝生in沖縄」でQAB三上が「自衛隊と家族が来たら島の民意が歪められる!」と文句垂れてヴァカを晒したのに、いまだにこんな社説で通用すると思っちゃえるってどれだけ学習能力が無いんだか。

経済交流や人的交流があれば攻撃されないって考える人もいれば、その考えに乗じて喰い込んでやろうって考える人もいる。
基地があるから攻撃されるわけじゃなくて、喰い込みたい者が欲しいのはこちらの領土・領海・資源なのだから、隙があればやって来る。
交流上等、だったら尚更警備防衛が必要でしょって話。

与那国島に必要なインフラが整い、安心して教育が受けられ、島で血液=お金がぐるぐる廻って、島にいる誰もが仕事や子育てや余暇で毎日を心穏やかに暮らせることを希望。
ただ、離島に限らずなにかと利点のある所には敵対国の資本や人が流入し、土地が買われ、気付いた時には致命的な状態にもなり得るので、そこへの対策を政府が講じる必要があるとも。
沖縄本島や本土各地には既にその心配があるようなので。


Unknown (涼太)
2013-06-22 23:56:03
狼魔人様

前にも書きましたが、米ソ冷戦時代には三沢、千歳基地からガンガンスクランブル機が飛んでいました。
三沢、千歳からいち早くスクランブル発信出来たのも稚内レーダーサイトを始め各地に情報収集基地があったからです。
ソ連による大韓航空機撃墜事件の一部始終を記録し、ソ連を追い詰めたのも自衛隊です。
当事の首長達も、国防に協力もするが言う事も言うと言う姿勢でした。
与那国に自衛隊基地が出来れば、稚内レーダーサイトの様に中国には無言の圧力になりますね。
Unknown (涼太)
2013-06-23 06:43:38
狼魔人様

おはようございます。
本日は沖縄の慰霊の日ですね。
沖縄戦で犠牲になった方々に哀悼の誠をささげます。
その方達の犠牲の上に現在の日本の繁栄があると思います。
しかし毎年思うのですが、NHKなどは

沖縄戦で20万人以上の住民が犠牲になった。
沖縄県の住民の4人に1人が犠牲になった。

と言う報道です。
沖縄戦の犠牲者は正確には

沖縄戦の日本側死亡者:18万8136人
A:県外出身日本兵戦死者 6万5908人
B:沖縄県出身軍人・軍属(現地召集を受けた正規兵のほか、防衛隊・鉄血勤皇隊など) 2万8228人
C:戦闘参加者(戦傷病者戦没者遺族等援護法(援護法)との関係で日本軍に協力して死亡した準軍属と認定された人数[注 7]) 5万5246人
D:一般住民(県の避難勧告を拒否したものが多数と証言する昭和29年生まれの沖縄県出身者もいる[62])3万8754人(推定)

上記C+Dが住民犠牲と考えても10万人弱です。
昭和20年当事の沖縄県の人口が約59万人。
住民の4人に1人が犠牲になったと言う表現もおかしいと思います。
先日も、平和の礎に犠牲者が追加されたそうですが、広島での原爆被害の方達です。平和の礎に刻まれた犠牲者はこれで24万人だそうです。
NHKの放送はおかしいと思うのです。
何でチャント沖縄戦では日本軍、一般住民合わせて18万8千人の方が犠牲になったと報道しないのでしょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL