狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

もう一つの県民大会で  900人を3500人に数字捏造

2008-01-29 13:06:23 | 教科書

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄タイムス 2008年1月29日(火) 朝刊 25面   
 
「超党派維持」訴え/文科省対応に抗議

 沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐる教科書検定問題で「6・9沖縄戦の歴史歪曲を許さない!県民大会」実行委員会は二十八日、「集団自決」への日本軍の強制を明示する教科書記述を認めなかった文部科学省の訂正申請への対応に抗議する集会を、那覇市の教育福祉会館で開き、約百五十人が参加した。
 集会では琉球大の高嶋伸欣教授が、訂正申請で文科省から四回の書き直しを命じられた教科書会社があったことを紹介、「あいまいな規則を文科省が意図的に運用している。教科書検定制度を大きく改善させなければならない」と話した。

 同大の山口剛史准教授は「集団自決」への軍強制を認めない教科書検定意見が残された影響で「訂正申請後の記述でも、軍強制と『集団自決』の関係があやふやにされた」ことを説明し、「四月からは新学習指導要領で愛国心教育が始まり、教科書への悪影響や攻撃が続く」と懸念を示した。

 会場からは、自民党県連が、九月二十九日の「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員会に解散を求める方針を決めたことを疑問視する声が相次ぎ、「県民は『沖縄戦の真実を教科書に』という一致点のもと、超党派でのとりくみをすすめよう」との集会アピールが採択された。

 集会に参加した青春を語る会の中山きく代表(白梅同窓会長)は「沖縄戦を体験した者として、軍命がなかったとは言わせない。今後も同じ県民として超党派の立場で運動できるよう頑張りたい」と訴えた。

                                             ◇

ひところに比べておとなしくなったかと思っていたら、立春もまじかで春遠からじと思ったのか、またぞろ左翼集団が啓蟄を待たずに蠢動を始めた。

>「6・9沖縄戦の歴史歪曲を許さない!県民大会」実行委員会?

え? 「県民大会」といえば「11万人」の捏造で政府を脅した「9・29県民大会」ではなかったのか。

事情を知らない人は沖縄タイムスの誤植と勘違いしたかも知れないが、沖縄タイムスは意図的誤報はあっても誤植はめったにない。

実は同じ目的の「県民大会」去年二度開催されていたのだ。

琉球大の高嶋伸欣教授を中心にした沖縄教職員組合を実行委員にして6月9日、那覇の県民広場で「6・9沖縄戦の歴史歪曲を許さない!県民大会」が開催されたが、左翼教師集団以外の県民にはそっぽを向かれ動員人数は約900人で(世界日報敷田記者が確認)、9月29日の「11万人」と比べてあまりにも県民は無関心だった。

それでも共同配信は1000人と報じたが沖縄タイムスと琉球新報は3500人と5倍も誇大に報道した。

歴史歪曲 3500人抗議/63団体が県民大会(沖縄タイムス1面)

 実数を5倍に捏造する「県民大会実行委員」の癖はこの頃から芽生えていたようだ。

>自民党県連が、九月二十九日の「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員会に解散を求める方針を決めたことを疑問視する声が相次ぎ、「県民は『沖縄戦の真実を教科書に』という一致点のもと、超党派でのとりくみをすすめよう」との集会アピールが採択された。

元々自民党は共闘には躊躇していたし「一定成果」でやっと左翼運動に訣別できると思っているので左翼運動を継続するはずはないだろう。

「記述修正に一定成果」/自民「検定撤回」実行委解散提起(総合2面) 

「6・9県民大会」実行委員会が蠢動しているのは開店休業状態の「9・29県民大会」実行委員会を再活動させようという意図だろう。

だが、県知事が抜け、自民党会派や県選出自民党国会議員が抜け、そして実行委員長の仲里議長が抜けたくて浮き足立って居るのでは解散するのが自然の流れだろう。

「6・9県民大会」については以下のエントリで触れています。

三ヶ月ごとの「県民大会」は多すぎるでしょう

                     ◇

「11万人」集会が物理的に不可能だと分かった現在でも、沖縄では「11万人」が「主催者発表」の但し書き抜きで堂々と紙面に踊っている。

以下は今夜も、さ~ふ~ふ~さんの引用です。

「すべて軍命令」  2008/01/27 15:39

今日の沖縄タイムスのオピニオン面です。
投稿者がどんな意見を持っていてもいいんですけどね、
「戦隊長命令の有無にかかわらず、(略)、戦場の行為はすべて軍の命令になる」って、意味をなしません。
これじゃあ、兵士が個人的に犯した犯罪も軍命になっちゃいます。
こういう投稿を掲載する以上、面担デスクは、プロの仕事として、
投稿者と相談してわかりやすく書き直ししなくちゃダメだと思いますよ。
たとえば、「戦隊長の監督責任が問われる」とするとかね。

                    *

現在進行中のニセモノです  2008/01/28 08:40

本日の沖縄タイムスのオピニオン面。
もう断定されてます。
10年後には歴史的事実になっていることでしょう。
「メーカー希望小売価格」みたいなものなのにね。


 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリジストン三ツ星の店? | トップ | 司馬遼太郎も読んだ『鉄の暴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
縁起のレイヤーからみた国のかたち(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その1) (日比野庵 本館)
当、日比野庵からリンクしている「マルコおいちゃんのシナにつける薬」の二つのエントリー「シナとヨーロッパという二つの異なる理念」と「シナにモラルがない、とは誤解である」から、ヒントを得て今回は、以前エントリーした、縁起のレイヤーと六道輪廻からみた国と世界...
六道輪廻と縁起レイヤーの関係(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その2) (日比野庵 本館)
国の発展段階は六道輪廻の世界観と比較してみるとなかなかよく当てはまる。
縁起の縦糸と横糸(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その3) (日比野庵 本館)
縁起のレイヤーでは、縦糸が時間軸で繋がる縁だし、横糸は空間軸で繋がる縁になる。これを国に当てはめれば、縦糸の長さは国の歴史になるし、横糸の長さは国土の広さにあたる。
日本の縁起レイヤー構造(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その4) (日比野庵 本館)
縦糸が途中で切断されずにずっと続いているような国は、世界でみても数少ない。単なる時の政権の交代というレベルではなく、その民族や伝統が断絶しないということが条件になるから。
中国の縁起レイヤー構造(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その5) (日比野庵 本館)
日本はしっかりした伝達損失の少ない縁起の織物で出来た国なのだけど、これが中国だとまったく反対になる。
多民族国家の縁起レイヤー構造(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その6) (日比野庵 本館)
ある意味中国もそうなのだけど、多民族国家、つまり母国語や伝統文化が異なる集団を持った国家を纏めていくのは難しい。下層レイヤーでは、それぞれ異なる色合いの縦糸で出来た布があって、それを寄せ集めて、互いにツギハギして下位レイヤーが出来ている。それら「こま...
中世化する世界(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その7) (日比野庵 本館)
国が人間道・天道の段階までくると、民衆レベルで上位レイヤーが十分活性化している。だから国が各レイヤーを活性化させるために口出しする必要がだんだん無くなってくる。横糸的には生命と財産の安全保障ができて、縦糸的には国民文化の維持・拡張政策ができれば十分。黒...
各レイヤーの接続問題(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その8) (日比野庵 本館)
縁起のレイヤーでは、個人個人の繋がりは一本一本の糸を編んでいくことになるのだけれど、国同士でレイヤーを接続することになると少し事情が異なる。
縁起レイヤー内通信の問題(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その9) (日比野庵 本館)
各縁起レイヤー内の通信は何を媒体にして行われるかというと、テレビ、新聞、書籍、ラジオやネット、あとは口コミとか色々あるけれど、それらに共通しているものは「言語」。言葉を介してデータをやりとりしている。言語が伝達媒体の中枢なのは変わりない。
言語と国は一致するか(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その10) (日比野庵 本館)
同一言語を使う相手同士では、知・情・意の伝達に関してそれほど問題は起こさないケースが多いけれど、言語やその背景となる伝統や文化、思考が異なる相手同士を接続するケースになると、更に考慮しないといけないことがある。翻訳の問題がそれ。
『情』と『意』の翻訳と相互理解(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その11) (日比野庵 本館)
建国神話があって、歴史が断絶せずに長く続いている国は、神話は単なる知識としての『知』だけではなくて、『情』や『意』の部分にまでしみこんでいく。
思考のオーケストラ(縁起のレイヤーが結ぶ世界 その12) (日比野庵 本館)
思考は言語と言葉で構成されるから、言語の種類が沢山あるということは、それだけ思考の類型が沢山あるということを意味してる。
世界調和の交響曲(縁起のレイヤーが結ぶ世界 最終回) (日比野庵 本館)
世界にはいろんな思考の型をもった文明圏が存在していて、それぞれの音色には特徴がある。