狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

日本一の無責任男!抑止力は方便だった

2011-02-13 15:01:48 | 普天間移設

   人気blogランキングへ クリックお願いします 

    ブログセンターランキングへ。 

昨日の沖縄2紙の誇大報道には驚かされた。

驚いた理由は二つ。

先ず一つは普天間問題がまだ解決もしていないのに、自分の首相時代の言動を「嘘も方便」だったと暴露したこと。 しかもその暴露も、すべてか「官僚が悪い」と自分の無能ぶりは棚に上げ、全てが責任転嫁のオンパレード。 

首相経験者は辞めたら影響力を及ぼしてはいけないと言ったのはコロッと忘れて、いつまで影響力、いや害毒を撒き散らすのか、という驚き。

そしてもうひとつは、クルクル発言を変えていた「迷走男」の発言を、鬼の首ならぬ鳩の首でも取ったように大騒ぎする報道姿勢だ。

それがこれ。

 

 

「抑止力は方便」で狂喜乱舞したのは、沖縄タイムスも負けてはいない。

一面トップと社会面トップも含んで計四面を使って前首相の軽い発言に大喜びである。

鳩山氏「抑止力は方便」本紙インタビュー
辺野古回帰 理屈付け
普天間移設 戦略の欠如 陳謝
 沖縄タイムス 2011年2月13日

 【東京】鳩山由紀夫前首相は12日までに沖縄タイムス社のインタビューに応じ、米軍普天間飛行場の移設をめぐる政権時の取り組みや対米交渉の全容を語った。移設先を名護市辺野古と決めた理由に挙げた在沖海兵隊の抑止力について「辺野古に戻らざるを得ない苦しい中で理屈付けしなければならず、考えあぐねて『抑止力』という言葉を使った。方便と言われれば方便だった」と弁明し、抑止力論は「後付け」の説明だったことを明らかにした。

沖縄紙が「抑止力は方便」発言で欣喜雀躍する理由は、これで「海兵隊は抑止力にならない⇒県外・国外移設」と、前首相から言質を取ったことになるからだ。

しかし、いまごろ鳩山氏の発言を「海兵隊不要説」の補強にすること自体がおかしなこと。 

 そもそもこの男、総理を辞めたら次の選挙には出ないと言ってみたり、総理経験者が影響力を行使しすぎてはいけないと言ったかと思えば、その一方で世界を飛び回り国益を損なう約束を取り付けたり、ロシアを刺激し北方領土問題を悪化させたりと、影響どころか害毒を撒き散らしてている無責任男ではないのか。

しかも「抑止力は方便」発言も、質問されて思いついただけの確信の無い発言であるようだ。

 そのうちこんなことを言い出しかねない。

「『抑止力は方便』は、沖縄2紙に問い詰められたときに出た『嘘も方便』だった」と。

鳩山前首相一問一答 見通しなく「県外」発言  琉球新報 2011年2月13日      
 ―2009年衆院選で移設先は「最低でも県外」と発言した際の見通しは。
 「民主党は沖縄ビジョンの中で、過重な基地負担を強いられている沖縄の現実を考えた時に、県民の苦しみを軽減するために党として『最低でも県外』と決めてきた。鳩山個人の考えで勝手に発言したというより党代表として党の基本的考えを大いなる期待感を持って申し上げた。見通しがあって発言したというより、しなければならないという使命感の中で申し上げた。
しっかりと詰めがあったわけではない」
 ―首相就任後もなぜ「県外」が党内、閣内で浸透しなかったのか。
 「政権を取った後の難しさで、簡単じゃないとの思いから腰が引けた発想になった人も多かった。閣僚は今までの防衛、外務の発想があり、もともとの積み重ねの中で、国外は言うまでもなく県外も無理だという思いが政府内にまん延していたし、今でもしている。その発想に閣僚の考えが閉じ込められ、県外の主張は私を含め数人にとどまってしまった」
 ―当初、大きな問題になると考えていたのか。
 「最終的に首相を辞する大きなテーマになるとは予測していなかった」
(略)

◆密使、候補はいた
 ―味方はいたのか。
 「平野博文官房長官(当時)は(望みをかけた)徳之島をいろいろと模索してくれた。少なくとも1人はいた」
 ―密使を使う考えはあったのか。
 「やりたい発想はあり、やってくれそうな方もいて検討はしたが、非常に難しかった」
 
―県内移設理由として在沖米海兵隊の抑止力は唐突感があった。
 「徳之島も駄目で辺野古となった時、理屈付けをしなければならなかった。海兵隊自身が(沖縄に)存在することが戦争の抑止になると、直接そういうわけではないと思う海兵隊が欠けると、(陸海空軍の)全てが連関している中で米軍自身が十分な機能を果たせないという意味で抑止力という話になる。海兵隊自身の抑止力はどうかという話になると、抑止力でないと皆さん思われる。私もそうだと理解する。それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った

◆オバマ大統領の手紙
 ―日米首脳会談での発言が物議を醸した。
 「沖縄県民に理解されながら、米国にも合意してもらえる案が必ず作れるという気持ちは持っており、私という人間を信じてくれという意味で『トラスト・ミー』という言葉を使った。昨年7月にオバマ米大統領から手書きのレターが来て『あなたは自分の言葉に忠実だった』と書かれていた。日米関係が大変毀損(きそん)したと(メディアに)書かれたが、少なくとも7月の段階ではそうではない」
 「残念ながら沖縄の皆さんに理解してもらえる案にはなっておらず申し訳なく思っている。政府と沖縄との信頼関係が大きく毀損したのは事実で本当に申し訳ない。大変残念だ」
 ―09年末までに一度、県内移設を決断したのではないか。
 「トラスト・ミーという言葉まで使い、県外移設のめどが立たない現実があった。一方で(09年12月段階で)最終的に昨年5月28日に発表したもの(沖縄の負担軽減策)と同じようなものが既に(了解を)取れていた。ここを前面に出し、沖縄の理解をいただき辺野古は仕方がないと感じた瞬間はなかったと言えばうそだ」
 「しかし仲井真弘多沖縄県知事の意向なども伺いながら、沖縄県民に対する裏切りで政治的に持たないと判断し決着時期を延期した」(略)

                                           ☆

新聞の見出しだけ見ると、鳩山前首相が、海兵隊の抑止力を否定しているように思えるが、一問一答を呼んでみると次のくだりでは必ずしも抑止力を否定しているわけではない。

海兵隊自身が(沖縄に)存在することが戦争の抑止になると、直接そういうわけではないと思う海兵隊が欠けると、(陸海空軍の)全てが連関している中で米軍自身が十分な機能を果たせないという意味で抑止力という話になる海兵隊自身の抑止力はどうかという話になると、抑止力でないと皆さん思われる。私もそうだと理解する。それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った

まぁ、抑止力の意味をよく理解できていない人物の発言を言質と捉えて大騒ぎする新聞が可笑しいのだが、早速沖縄紙は左翼学者を登場させ「識者の意見」として「海兵隊不要論」をぶち上げている。

普天間問題が暗礁に乗り上げたままで、まだ何の解決策も見出せない状況で、まるで過去の歴史を回顧するように、こんな話をするなんて、自分が問題の火を点けた責任者であることは宇宙の彼方に忘れ去ってしまったようである。

今にして思えば、「抑止力」どころか「腹案」も方便だったし、

民主党のマニフェストそのものが、政権強奪のための嘘も方便」だったということになる。

 

                                       ☆

 

    人気blogランキングへ クリックお願いします 

    ブログセンターランキングへ。 

沖縄紙が決して告知してくれない講演会のお知らせです。

軍人アレルギーの沖縄では、賛否がわかれる講演会かとは思いますが、「開戦前夜」興味のある方には大変参考になると思います。

大東亜戦争を検証頂くきっかけに出来ればと考えております。

                                                       ☆

 東條由布子憂国講演会のご案内

演題:語る「開戦前夜」

東條英機は戦犯なのか、昭和殉難者なのか。今だから語れる、家族のみが知る開戦を決断した祖父東條英機の知られざる真実。

講師プロフィール

東條英機の長男・英隆の長女。NPO法人環境保全機構理事長

日時:227日(日)

開場:1800  開演:1830

場所:県立博物館・美術館(博物館講座室)

入場料:1,000

主催:東條由布子講演会実行委員会

お問い合わせ:運営事務局 仲村雅巳 09019421675

 

ジャンル:
災害
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訴状の公開、言論封殺訴訟 | トップ | 「海兵隊は方便」の余波 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流行語大賞? (ヒロシ)
2011-02-14 08:38:18
今年は「方便」がはやりそうですね。
「最低でも県外」「友愛」「国民の生活が第一」
民主党の発言はすべて「方便」
まあ「「集団自決は軍の命令」や「日本軍は住民を守らなかった」も方便と言い出しかねない左翼や沖縄マスコミには批判する資格がありませんけどね。
「日本という国家を転覆させる為の方便だった」というのでしょう。
我が家でも、大騒ぎ、、、に (義挙人)
2011-02-14 08:58:49
おはようございます。

(ハトヤマは)以前から、バカだと思っていたが、、、、、
本当にバカだて事がわかりました。

昨日の朝、新聞を広げて読んで、いきなり「バカタレ、アンポンタン」と叫んで、新聞を叩いたら、妻がびっくりして、「どうしたの?」て
聞かれて、新聞見せたら、普通でした。
妻曰く「あんまり真剣に、読むと、寿命が短くなるよ」と言われれました。
なるほど、鳩の首を取ったように大騒ぎする報道姿勢と同じように、やがてなりそうでした。

上原正稔氏を全面的に応援します。
Unknown (タマ)
2011-02-14 12:45:35
全てを敵に回しましたね。沖縄県民だけでなく民主党や政府、アメリカも。思いつきで喋るもんだから信用性なんて全然ないし、何故議員になれたのだろう(そして何故まだ議員を続けてるのだろう…)。

あと、新報も興奮しているのか
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-173465-storytopic-11.html
「万死に値する大罪」ということらしいですが新聞がこんな物騒な言葉を使うなんて驚きました。
Unknown (狼魔人)
2011-02-14 13:19:25
ヒロシさん

年末だったら「方便」は流行語大賞ものでしたね。

今後は民主党の正式ネームは「民主方便党」に変更することを勧めたいです。


義挙人さん

>妻曰く「あんまり真剣に、読むと、寿命が短くなるよ」
前言を翻すのが得意の鳩山の言葉に対しては、奥様の方が正解のようですね。

いちいち反応していたら命がいくつあってもたりません。 


タマさん

紹介していただいた信奉のビックリ一面を使わせて頂きました。

昨日の反動で今日の沖縄2紙は、鳩山氏への罵詈雑言ですね。(爆)

自分たちで政権を取らしておいて、裏切られた恨みは百倍なのでしょう。

>「万死に値する大罪」ということらしいですが新聞がこんな物騒な言葉を使うなんて驚きました

上原さんに訴えられて頭に血が上っているのでしょうかね。

これまでの嘘八百の新報の報道から言えば、万死に値するのは新報とタイムスだと思いますが。
Unknown (通りすがり)
2011-02-14 14:34:40
はじめまして。ポッポは酷すぎま。イライラします!
左の主張もたまには知る必要があるだろうと、右から売国議員筆頭と揶揄される、村山富市元総理が出版した「村山談話とは(田母神論文の嘘を暴く)」を少し前に読んだのですが、社会党崩壊後、元総理としての在り方など、極めて日本人的で、政治を見る目も鋭い。右も左も、昔の政治家は背骨があったと思います
しかしポッポは話にならない軽さ。元総理と呼ぶことさえ憚りたくなる。院生でも作り、元総理は裏方で収まるようにしないとダメですね。

鳩発言は、「五人揃ってゴレンジャー」という事ですよ極左新聞様 (石原昌光)
2011-02-14 14:54:16
狼魔人さま、こんにちは
鳩ポンは、要は、海兵隊だけで抑止力になる訳ではない、陸海空と4軍揃わないといけない。
と言ってる訳ですよね。
つまり、五人揃ってゴレンジャーって話
だったら尚更海兵隊不要という理屈は成り立ちませんけど、支那タイムスも琉球珍宝も、話の辻褄合わせが出来ていません。
さすが、虚言癖と健忘症では鳩ポンと同類の極左2紙、鳩発言で大騒ぎする訳です。(笑)
Unknown (涼太)
2011-02-14 18:51:11
狼魔人様

取りも直さず、こんなのが日本の総理だった時期が8ヶ月もあったのです。
それを選んだのも国民であり一番反省すべきは国民です。
ルーピーを馬鹿だというのは簡単です。
ただ、自分たちの命を馬鹿に託したのは国民です。
昔見た映画に「荒野の七人」という映画がありました。ユルブリンナーが最後に言った一言が今でも記憶に残っています。
「結局この連中が最後まで生き残るのだろう。」
自ら戦うこともしないで、権利ばかり主張し、義務を忘れた国民が選んだ政権が民主党です。
国民が目覚めないと、国難は続くと思います。
Unknown (涼太)
2011-02-14 18:59:12
狼魔人様

パチンコでわが子を殺し、サラ金に走る主婦。
投資詐欺に引っかかり「老後の資金を奪われた、許せない」と泣く老人。
はたして、パチンコが悪い、投資詐欺が悪いで被害が無くなるでしょうか。
無くならないと思います。
Unknown (涼太)
2011-02-14 19:27:12
狼魔人様

本日もしつこくて申し訳ありません。
先の戦争も国民もマスコミもそれこそ日本国民が受け入れた戦争にも関わらず、国民は軍部にすべての責任を押し付けています。
はたしてそれで良いのでしょうか。
かと言って、九条やお花畑思想で答えが出るものでもないと思います。
自分の家庭に置き換えて考えたとき、守るべきときには自分のすべてを投げ打ってでも守らないときもあるでしょうし、かと言って無用な争いは避けるべきです。私は国益に関しても同じことが言えると思います。
自分の家庭より他人の家庭など大事に出来ません。そのときはもう家庭崩壊だと思います。
いつの間にか (KOBA)
2011-02-15 03:21:39
 琉球新報の見出しが見られなくなっていますが、早速彼らが手を回したのでしょうか?

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「プライド 運命の瞬間」完全版 戦争責任を敗戦国に全て押し付けようとする連合国に対し、東條英機が法廷にて「たったひとりの... (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
「PRIDE (プライド)」という貴重な動画(完全版)を見つけましたので、とりあえず貼り付けます。 この情報は下記のブログで知りました。一部転載させて頂きます。   ↓ 花うさぎの「世界は腹黒い」 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/ 「プライド 運命の瞬...