狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「松本旋風」の衝撃!by沖縄タイムス

2013-02-13 08:01:39 | オスプレイ

 ■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

 
今朝の沖縄タイムス第一面、社会面のトップは北朝鮮の核実験によ独占されたが、本音では、核実験より衝撃だったのは浦添市長選挙だったようだ。
 
沖縄タイムスを含む「オール沖縄」で支援した西原候補が、「完全無党派」で無名の新人松本候補に敗退した衝撃は、沖縄の政界に大きな後遺症を残しそうである。
 
各紙面のトップは北朝鮮の核実験で飾ったものの「オール沖縄敗北の衝撃」は「『松本旋風』の衝撃」題する連載特集の第一回が一面左トップに掲載され、その衝撃の深さを物語っている。
 
浦添市長選挙に関しては昨日の衆院予算委員の最終質問で沖縄県選出の玉城デニー議員(生活)が、取ってつけたように浦添市長戦の結果に触れ、あたかも当選した松本氏が「軍港移設」に反対したことが勝因であるかのように述べた。
 
いつも情報を提供して下さる読者のHさんから同じ趣旨の次のメールを頂いた。

<今、国会で玉城デニーが出鱈目ばかり言っていました。ご覧になりましたか?軍港移設反対で浦添市長が選任された→ねじ曲げて→保守革新一体で基地反対とか意味不明な事を言っていますが?恥ずかしい汚長の妄言を引用したり?生活の党は松本氏を支援したのですかね?沖縄の今の混迷を作った張本人の癖にゾンビ復活した癖にしかも明け方にやっとこさ( ̄∀ ̄)
 
「松本旋風の衝撃」とは、言葉を換えれば「オール沖縄敗北の衝撃」となる。
 
沖縄タイムスの元記者の屋良某氏の衝撃も大きかったようで、その動揺振りを読者のくろとんさんが次のようにコメントされている。
 
普天間基地へのテロ行為をけしかけている、元沖縄タイムス論説委員の屋良某氏が、浦添市長選挙での松本氏の勝因をこう述べています。
以下、彼がFacebookに掲載した言葉。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
松本さん、やっちゃいましたね。凄い。どのような手腕を振るうのか期待したいです。
 那覇軍港移設問題を前面に打ち出したのがよかったのかな。
松本さんの陣営はそこを意識してアピールしていたような気がします。
そもそも普天間県外を言うことと軍港移設容認、高江のヘリパットを容認するのは論理矛盾です。
 お隣宜野湾市の市長は県内移設に含みを持たせているため、両市の主張の違いが今後みどころでしょうね。
 なんといっても天王山は来年1月の名護市長選挙ですから、そこへ向けてひとつステップアップということでしょうか。

...............................................................................

街頭演説でも、軍港の話はしなかったよ。
パンフレットにもないし。
新聞に訊かれた時に、答えただけではないか?
己らは、オール沖縄の候補を押したはずだがね。
新市長は、テロには無関心。
タコテロ屋良クン、取り入ろうたって、無駄だよ
 
               ☆
 
屋良某氏は、松本市が「オール沖縄」推薦の西原氏に勝利したことを「那覇軍港移設問題を前面に打ち出したのがよかったのかな」などと自分に都合の良いように解釈しているが、くろとんさんが指摘するように松本氏「軍港移設の是非」は政策の争点にしておらず、地元テレビに問われ次のように応えているにすぎない。
 
「嘉手納以南の米軍基地返還が合意されているので、(嘉手納以南に当たる)浦添市の軍港移設は反対」(趣旨)
 
何よりの証拠は松本氏の政策パンフレットに「軍港移設」は一行も触れていない。
 

沖縄タイムスも自分たちが応援した「オール沖縄」支援の西原氏が主張する「県民の総意」が幻だったことを糊塗するように松本氏へのインタビュー記事でも、タイトルは争点にもなっていなかった「軍港移設」を前面にうちだして、こんな見出しを・・・。

浦添市長松本市哲治氏当選インタビュー

軍港移設・埋め立て凍結

これでは、まるで沖縄タイムスが応援したような印象だ。(爆)

特集記事「『松本旋風』の衝撃」の第一回を沖縄タイムスは、次のように結んでいる。

浦添市長選は、組織や政党に頼らない45歳の松本哲治氏が初当選した。 2010年以降の市長選で、石垣、豊見城、宜野湾に次ぐ40代のリーダーの誕生となり、県内政界の世代交代が加速しそうだ

そう、「組織や政党に頼らない」松本氏が「組織や政党に頼った」西原氏に勝利した意義は大きい。

タイムスが指摘する「石垣、豊見城、宜野湾の40代のリーダー(市長)」は、一時は「組織や政党で校正した『オール沖縄』」に恐れをなして、東京行動に賛同はしたが、元来は3市長とも保守系市長である。 

今回の「松本旋風の衝撃」を」目の当たりにして、そろそろ新聞の顔色を窺う沖縄政治家の悪弊から脱皮すべき時期が到来したことに気がつくべきである。

今後の政治の行方は思考停止した新聞の論調にとらわれることなく、ネット上の若者の論調を考慮に入れなければ、「オール沖縄」敗北の轍を踏むことになる。

           ☆

 
 
沖縄タイムスのもう一つの衝撃はこれだ。
 
 
沖縄2紙が米軍基地内の県民向けのフェスタ(お祭り)などを記事にすることは決してない。
 
だが、当日記は既に昨日のエントリーで紹介しているし、NHKなどテレビ媒体が報道したとなれば無視するわけにも行かないのだろうか・・・。
 
悔しそうな見出しが、社会面の左トップを飾っている。
 
「米軍の狙い みえみえ」
 
オスプレイ見学会 市民ら警戒
 
沖縄タイムスの歯軋りが聞こえるような見出しである。(笑)
 
 もっと大きく発狂したい気持ちは山々なれど、さりとて「オスプレイ見学会」の宣伝の片棒担ぎ癪だ。
 
痛し痒しの沖縄タイムスである。(爆)

米軍 オスプレイを沖縄県民に公開へ

NHKニュース 2月12日 6時5分
米軍 オスプレイを沖縄県民に公開へ
 
沖縄のアメリカ軍普天間基地に配備されている新型輸送機「オスプレイ」について、アメリカ海兵隊は来月3日、沖縄県民を対象に、安全性などを説明する見学会を開くことを決めました。
反発が続く地元の理解を少しでも得たいという思惑があるとみられます。

アメリカ軍の新型輸送機「オスプレイ」を巡っては、人口密集地の上空の飛行を避けるなどとした運用ルールが守られていないという指摘が相次いでいるほか、先月には、沖縄県内のすべての市町村の代表などが上京して、安倍総理大臣に直接、配備の撤回を訴えるなど、地元の反発が続いています。
こうしたなか、アメリカ海兵隊は、普天間基地で来月3日、沖縄県内に住む子どもたちとその保護者を対象に、オスプレイの見学会を開くことを決めました。
事前に申し込んだ300人が対象で、見学会では、機体の安全性や性能、それに日米同盟と日本の安全保障にオスプレイが果たす役割などについて説明するほか、訪れた家族がパイロットや乗組員などに直接質問する機会も設けるということです。
海兵隊がオスプレイを公開する背景には、安全性や運用の透明性などをアピールすることで、反発が続く地元の理解を少しでも得たいという思惑があるとみられます。

           ☆
 
沖縄タイムスが悔しさで歯軋りをする要因。
 
1)「松本旋風の衝撃」で「オール沖縄」の幻が空中分解したこと。
 
2)米軍 オスプレイを沖縄県民に公開等により、オスプレイの「不安感の払拭」のが、日に日に実現しつつあること。
 
 
 
3月3日、ファミリーのためのオスプレイ見学会が開催されます。
詳しくは↓をどうぞ。
http://www.okinawa.usmc.mil/Documents/MV22%20Family%20Day.pdf

ファミリーのための MV-22 見学会 オスプレイを沖縄県民に公開!
「MV-22 オスプレイ」をニュースで聞いたことがありますか?オスプレイについてもっと知りたいですか?
第三海兵遠征軍及び海兵隊太平洋基地は沖縄在住の子供たちと保護者の皆さんを、オスプレイの沖縄への配備、 日米同盟や日本の安全保障における役割、性能や安全性などについて知っていただくために、普天間海兵隊航 空基地で、2013年3月3日、ファミリーのための見学会を開催します。
ご参加のご家族の皆様には、オスプレイの実機を見学の上、機能を説明し、パイロット、乗員、専門家らに直 接質問する機会を設ける予定です。この見学会は、ユニークで高性能な航空機、オスプレイについて、県民の 皆様に直接ご説明することを目的としています。

見学時間は約1時間で、事前の申し込みが必要です。申し込み者多数の場合、先着300名様に限定させてい ただきます。
時間帯 1- 1100-1200
時間帯 2 - 1200-1300
時間帯3 - 1300-1400
時間帯4 - 1400-1500
時間帯5 - 1500-1600
参加希望のご家族(保護者及び 20 歳以下の未成年)全員のお名前、年齢、住所、電話番号(携帯も)、メー ルアドレス、ご希望の時間帯(第一希望と第二希望)を下記のメールアドレスまでお送りください。
mv22familyday@usmc.mil
選ばれたご家族には、見学時間帯、駐車場、集合時間・場所などの情報を E メールでお送りします。普天間航 空基地を訪問する方々や車両は、憲兵や警察による検査の対象となる場合があることをご了承下さい。


オスプレイが好きな方は是非ご応募下さい。





 
 
 
沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

    人気blogランキングへ クリックお願いします

 

沖縄の出版界に衝撃!
沖縄の出版界が出版拒否した問題の書!

 

季刊誌「かみつく」
「かみつく」を紹介するHP

 

価格 1420円(税・送料込み)
(1260円(税込み)+送料160円=1420円)

 

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp
住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします

<送金方法等詳細はここ>

 

*************************

 

 
 
沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)
著者:又吉康隆
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイ見学会ー普天間基地 | トップ | 米海兵隊幹部の叫び! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オスプレイ賛成)
2013-02-13 14:01:34
「オール沖縄」がこういう形で綻びをみせるとは正直思いませんでした。「オール沖縄」の先頭にたって一気に知事選になだれ込みたかった翁長市長はさぞショックでしょう。
それにしても自民党県連はなにを考えているのやら。
先日のマスゴミ打倒デモに参加 (安仁屋正昭)
2013-02-13 14:24:20
浦添市長選挙が物語るように、ウチナンチューは目覚めはじめています
県内発狂紙が如何に煽ろうとも、現代の通信機器の発達には叶うはずがありません
インターネットはもとより、最近はファイスブックとやらがその威力を増しているようです
もとより信頼する知人友人等から発信された情報の方が
又吉カレーやヘンナ純代の様な発狂紙のトンデモ記者が報じるガセ、デマよりはるかに信頼するに決まっています
ましてや、読み比べて見れば、一目瞭然
ガセ・デマ記事はどうしてもつじつまが合おうはずもありません
前置きが長すぎましたが、
先日、チーム沖縄の主催する抗議デモに参加してまいりましたが、沿道の人々の驚きようと、賛同して拍手を下さる方が沢山おられたことには感動すらいたしました。
幾つものデモに参加して参りましたが、拡声器の音量より参加者の肉声の方が大きいのは初めてでした
正に県内の有志が、狼魔人日記等の呼びかけで集まったもので、草莽崛起そのものでした
新報・タイムスは中国によるチベット、ウィグルの虐殺を報道しろ!オスプレイ、オスプレイと煩いぞ!軍人差別をやめろ!など等、
皆さん心底から叫んでおりました
この流れは大きくなることはあっても、誰にも止めることはできないでしょう
保守? (くろとん)
2013-02-13 14:32:46
自民党沖縄県連は、今回の選挙で推薦願いを提出した松本てつじ氏を袖にし、チュチェ思想を崇拝する極左政党が推薦する候補者に相乗りし、浦添市を「オール沖縄」の実験だったと公言するに至った。
思うのだが、浦添は選挙にさえ勝てばいいと思う自民党沖縄県連や、黄色軍艦の再来を願う極左の実験場ではない。
彼らは浦添市民を、モルモットと思っていたのだろう。
選挙に破れ、近々カツラの正体も暴かれるに違いない。
エセ保守の県知事などもっての他である。
さて、自民党沖縄県連だが、党名を変更したほうがよろしいのではないか?
「琉球自民党」はいかが?
メディアと左翼に阿ねて、何を守るのかを忘れた者たちに相応しい名称だと思う。
自民党の街宣車に、黄色い運動員が乗っているのを見かけたが、よもやこんな時代が来るとはね。
最近、私の周囲でよく話題になるが、自民党本部は、とっとと県連に踏み絵を踏ませたらいい。
理念無き者は、自民党から退場していただこうじゃないか。
売国左翼と一緒に拳を振り上げる者は、保守ではない。
所属議員は胸に手をあててよく考えるべきだね。
Unknown (Unknown)
2013-02-13 17:38:34
「琉球自民党」はいいネーミングです。自民党をずっと応援してきたものとしては、残念ですが、事ここに至っては自民党県連もマスコミを恐れない真の保守政治家によって再編されるべきです。

カツラ市長は市職員採用に方言の試験を課したりのくだらない沖縄ナショナリズムやオスプレイ反対の先頭にたっての媚マスコミ、その他もろもろがすべて次期県知事狙いなのはみえみえ。かりゆしウエアが正装と勘違いしている県知事もカツラを後継者と思っているのか、あるいは何か弱みを握られているのか。

マスコミが作った似非沖縄世論に敢然と立ち向かう政治家がほしい。
Unknown (涼太)
2013-02-13 21:31:34
狼魔人様

北朝鮮の核実験に抗議し、神奈川、埼玉、福岡が朝鮮学校への援助を打ち切ると発表しました。
日本人のお情けで続いた援助の打ち切りです。瀬戸際外交で数々の譲歩を引き出した北朝鮮外交の終焉です。何処まで突っ張れるか勝手にやれば良い。
北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮学校がズブズブなのは国民も知っていますからね。
祖国で飯が食えなくて日本に来た人達も、今度ばかり「強制連行だ。補償しろ」の恫喝も使えないでしょう。
何故なら日本人の逆鱗に触れたからです。
どこかの某市長も、あまりにお戯れが過ぎると同じ運命ですよ。日本人は静かで我慢強い民族ですが、逆にその蓄積されたエネルギーが爆発したときは怖い民族でもあります。
社民党や民主党がやっと息をしているだけまで凋落したのもその証明です。
よく沖縄のマスコミが沖縄のマグマが爆発すると報道しますが、そんなの日本民族1億3千万人のマグマに比べたら微々たるものです。
あとは、愛国心があるのなら北朝鮮の資金源であるパチンコに行かないことですね。
パチンコ通いは、沖縄に巣食うチュチェ思想と同じ位の売国行為です。
Unknown (涼太)
2013-02-13 22:13:48
狼魔人様

「ヒヤミカチ」節を奏でる多分アメリカ人。
こういう沖縄も知って欲しいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=I0Z4QASNVfA&feature=player_detailpage
Unknown (宜野湾より)
2013-02-13 23:07:15
松本新浦添市長が政治的素人だと見込んで、なんとかして言質を取って雁字搦めにしてやろうっていう人たちはこれからもやるはず。
ご本人や周囲の方々もそれは解っていらっしゃるでしょう、きっと。

へぇぇ、実験なんて言ったのですか。
実験してみるのに「自民党/保守テッパンの主張をしよう」という方向じゃなく革新と同化を選ぶとは。
惠さんのブログに、2月5日でしょうか、東京での自民党会議でひと揉めあったような記述があります。
http://www.ryunosuke-megumi.com/article/14713853.html
「実験」も有権者を舐めた話。とことん揉めればいいですよ。

テレビ朝日系列は「日曜洋画劇場」枠で1月20日「トランスフォーマー」(2007)、1月27日「特攻野郎AチームThe Movie」(2010)と2週続けて、オスプレイが登場するシーンがある作品を放映してました。「特攻野郎」では僅かですが「トランスフォーマー」は冒頭シーンで派手に飛んでます。
見学会にも文句たれる「オール沖縄」はこれに苦情を言ったとかは聞かないな。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL