狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

中国の核ミサイルは平和の兵器?

2006-10-31 19:45:10 | 普天間移設

◆琉球新報  金口木舌  

今年4月に来県した中国の王毅駐日大使は、沖縄の青い海、青い空に感動し「中国の3200万人の海外旅行者のうち1%の32万人でも沖縄に入ってほしい」と語っていた ▼経済成長著しい中国は海外観光ブームが続き、ASEAN諸国に巨額の観光収入を落としている。2010年には海外旅行者数が5000万人に達するとの推計もあり、旺盛な旅行需要をいかに沖縄へ呼び込むか、知恵の絞りどころだ ▼その沖縄は、パトリオット・ミサイルの嘉手納基地配備や、宮古島への陸上自衛隊の新基地計画などきな臭さが漂う。中国の動向を視野に置くものとみられており、中国の反応が気になる ▼自国に向けて軍備を増強する国や地域に、旅行に行きたくないと思うのが自然な心情ではないか。沖縄の軍備強化は観光誘客に水を差すことにならないか ▼来県した中国出身の朱建榮東洋学園大学教授は、「封じ込めでなく、中国と対話し、信頼醸成の措置を取ることが抜本的な道」と指摘した ▼同教授はまた、「沖縄県民は軍備競争に反対し、平和を望む気持ちをもっと世界に表明すべきだ」とも。かつて沖縄は「武器を持たない平和の民」と西洋社会に伝えられた。平和ゆえの観光産業であり、観光の島に軍事基地は似合わない。 (10/30 9:41)

上記琉球新報コラムで「沖縄県民は軍拡競争に反対しろ」と平和論を述べる中国人の朱教授は、韓国の呉在一全南大教授とユン・ソンシク高麗大教授、そしてジャーナリストの高野孟氏等と「沖縄の二国二制度」講演のため来県していた。(沖縄を覗う中国の影.

同紙のインタビューに答えて「パトリオットの早期配備、ミサイル防衛構想前倒し実施などは、日本に中国への一定の警戒心があるのは分かる。」と本音を漏らした理由は、中国が500基近くのミサイルの照準を日本も含む台湾海峡に向けている事を知っているから。

そして中国が核装武装大国である事実を知っているからだ。

琉球新報コラムはこの事実を知ってか知らずか、日・米両政府の安全保障政策にはことごとく反対する一方、中国大使や、中国人教授、韓国人教授の意見にはまことに素直で武器を放棄せよと言う。

最近、在日でありながら日本名でマスコミにもぐりこみ反日を煽る記者が多いと言う。

そういえば沖縄のメディアも気のせいかヤマト名前の記者が増えたようだ。

この伝でいくと、天皇皇后両陛下に侮辱的発言をした毎日新聞社に勤務する「朴鐘珠」なる記者は本名を使っているだけまだ分かりやすい。(★下記リンク参照)

 中国の日本に向けたミサイル配備や、沖縄近海の度重なる領海侵犯を考えても、琉球新報は≪自国に向けて軍備を増強する国や地域に、旅行に行きたくないと思うのが自然な心情ではないか。≫と主張するのか。

中国の弾道ミサイルや核爆弾は平和の兵器だとでもいうのか。

一体この新聞どこの国の新聞?

 2005/07/20(水) 09:10:27 ID:???産経新聞

 PAC3 岐阜・福岡へ配備 ミサイル防衛、首都圏に続き導入

 北朝鮮と中国の弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)で、地対空ミサイル、 パトリオット(PAC3)の配備計画の全容が十九日、分かった。新たに航空自衛隊 岐阜基地の第四高射群と、春日基地(福岡)の第二高射群に導入する方針で、 首都圏をカバーする入間基地(埼玉)の第一高射群に続く実戦配備となる。
 (略)

在日記者の天皇皇后両陛下への侮辱発言関連ブログ

極右評論
[緊急ご報告!

博士の独り言

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性を敵に廻すことは・・・・ | トップ | 核の疑惑は抑止力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL