狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

捨て身の男は最強だ!島袋氏の出馬!

2013-10-31 07:22:27 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします  

  『かみつく Ⅲ』、発売中!
価格1735円(税・送料込み)

 ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ> 
 

昨日の島袋吉和氏の名護市長選の記者会見。

予定の午前11時より約1時間ほど早く会場に到着。

既に琉球新報の女性記者が会場入りしており、記者会見の注目度がうかがわれた。

定刻十分前に島袋氏が姿を現したが、詰め掛けた記者団の注目を浴びたのは、お馴染みの風貌をいくぶん緊張させた島袋氏本人ではなく、同氏に続いて登場した33名にも及ぶ美女軍団の面々であった。

会見は淡々と続いたが、質疑応答で「保守系候補者の一本化はできなかったのか」という趣旨の同じ質問が違う記者から浴びせられたが、筆者なら、「同じ質問は止めろ!」などとキレるところだが、心優しき島袋氏同じ質問にも丁寧に答えていた。

背後に33名の美女軍団を控えての記者会見の様子見かたによっては威容とも異様とも取れた。

背後に並びきれずはみ出した美女もおれば、床に座り込んでいる美女もいた。

(写真は沖縄に内なる民主主義はあるかより引用)




 

思わぬ美女軍団に気押されながらも、必死で取材するマスコミ軍団。

政策や出馬の気持ちなど月並みな質問が続く中、確か読売新聞の記者が、恐る恐る挙手し他の記者とは異種の質問をした。

「後ろに並んでいる方々はどういう方々ですか?」

島袋氏は緊張した顔を満面の笑みでほころばせながら「知人や友人や、親戚など私を支援する市民の人達です」と応じた。

通常、候補者を支援する「市民団体」というと一種独特の雰囲気があるものだが、島袋氏の背後に立つ「市民の人たち」がかもし出す素朴な雰囲気は、イデオロギーと無関係に候補者を支援する熱い気持をあらわしていた。 緊張のうちにも素朴な美女軍団の姿が会場を和やかな雰囲気に包み込み込んでいた。

それが読売の記者の好奇心を書きたて、異種の質問となったのであろう。

ここで知名度は抜群ながら、前名護市長を務めたという事実以外はあまり知られていない島袋氏のプロフィールをネットから拾って紹介する。

それによると記者会見が行われた数久田公民館は、名護市街地から離れた場所にあるが、島袋氏の出身地だったのだ。(納得)

ちなみに会見終了後美女軍団により会場の皆さんに振舞われた手つくりの「数久田のてんぷら」はお世辞抜きに美味しかった!



■ 

島袋  吉和 (しまぶくろ よしかず)

■ 生年月日 

昭和21年7月20日

■ 現住所

名護市字数久田

■ 略歴 

昭和44年3月   琉球大学 農学部 卒業

昭和44年6月   日進畜産工業株式会社入社

昭和45年7月   日進畜産工業株式会社退社

昭和49年11月  沖縄証券株式会社入社

昭和51年12月   沖縄証券株式会社退社

昭和52年8月   北部養豚農業協同組合専務理事就任

昭和62年10月   北部養豚農業協同組合専務理事退任

平成2年9月28日 名護市議会議員(一期目)

平成6年9月28日 名護市議会議員(二期目)

平成10年9月28日 名護市議会議員(三期目)

平成14年9月28日 名護市議会議員(四期目)

平成18年1月22日 名護市長当選

平成18年2月8日  名護市長就任(一期目)

■ その他主な役職

北部広域市町村圏事務組合 理事長

名護市観光協会 会長




名護市長選:前市長の島袋氏立候補表明 移設容認派2人に

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設が争点となる同県名護市長選(来年1月12日告示、19日投開票)で、前市長の島袋吉和氏(67)が30日、名護市内で記者会見し、立候補することを表明した。日米両政府が合意する普天間の名護市辺野古への移設容認を明確に掲げた。既に出馬表明している自民党県議の末松文信氏(65)と移設容認派の票を奪い合うことになり、政府・自民党は分裂回避に向けた一本化を模索している。

 市長選には辺野古移設反対を掲げて再選を目指す稲嶺進市長(68)に対し、条件付きで移設を容認する市議団は末松氏の擁立を決めている。ただ、末松氏は現段階で普天間問題へのスタンスを明確にしていない。

 島袋氏は記者会見で「名護の閉塞(へいそく)感を打破するため、辺野古移設を進めて地域振興を図っていく。選挙は対立軸がなければ市民が迷う。市民主体の選挙をやっていく」と述べた。候補一本化に向けた調整については「仮定のことは言えない」と語った。島袋氏は2006年から市長を1期務めた際、辺野古移設を容認している。

 政府は普天間移設に向け、仲井真弘多知事に辺野古沿岸部の埋め立て申請をしており、知事の可否判断は12月以降の見通し。名護市長選の結果が知事判断や移設計画に影響する。市長選で容認派が分裂すれば稲嶺氏に有利とみられている。

 容認派は候補者選考が難航した末、末松氏と島袋氏に絞り込み、末松氏の擁立を決めた。だが、普天間問題へのスタンスを明確にしない末松氏を島袋氏は批判していた。【井本義親】

                 ☆

名護市長選、島袋前市長が出馬表明

 沖縄県名護市長選(1月12日告示、19日投開票)で、前市長の島袋吉和氏(67)が30日午前、名護市内で記者会見し、立候補を表明した。島袋氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設容認を主張する考えを強調。「辺野古移設なくして(名護市など)本島北部の振興発展はない」として、振興策による経済活性化を公約の柱に掲げる意向を示した。

 同市長選には、移設に反対して再選を目指す現職の稲嶺進氏(68)、元副市長で自民党県議の末松文信氏(65)も出馬を表明。島袋、末松両氏がともに出馬すれば保守分裂選挙となるため、政府・自民党本部は末松氏への一本化に向けた調整を続けている。

 島袋氏は記者会見で、保守分裂について、「(末松氏が)辺野古移設容認を明確にしないと、私は支持できないと言ってきた。(移設反対の)稲嶺氏との対立軸がないと市民が判断に迷う」と述べた。

2013年10月30日  読売新聞)

                        ☆

名護市長選挙 前市長が立候補表明

NHKニュース 10月30日 17時10分

 

名護市長選挙 前市長が立候補表明
 

 来年1月の沖縄県名護市の市長選挙に、アメリカ軍普天間基地の名護市への移設容認を訴えたいとして、前の市長が立候補することを表明しました。
市長選挙には、移設に反対する現職のほか、自民党の県議会議員が立候補する考えを示していて、自民党の石破幹事長は、現職の対立候補の一本化が望ましいという考えを示しました。

 

来年1月に行われる名護市長選挙を巡っては、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対している現職の稲嶺進市長が立候補を表明しているほか、保守系の市議会議員や地元の経済界などから要請を受けて、名護市選出の自民党の沖縄県議会議員、末松文信氏が立候補する考えを示しています。
こうしたなか、前回の市長選挙で稲嶺氏に敗れた前の市長の島袋吉和氏が会見し、「はっきりと辺野古移設容認を表明し、市民に分かりやすい選挙にしたい」と述べ、市長選挙に立候補することを表明しました。
これについて自民党の石破幹事長は「普天間基地の名護市への移設の『容認派』と言われるグループで、候補者を一本化することが望ましい。市長選挙まで時間はあるので、党本部としてあらゆることをしていかなければならない」と述べ、現職の対立候補の一本化が望ましいという考えを示しました

           ☆

>「(末松氏が)辺野古移設容認を明確にしないと、私は支持できないと言ってきた。(移設反対の)稲嶺氏との対立軸がないと市民が判断に迷う

>「はっきりと辺野古移設容認を表明し、市民に分かりやすい選挙にしたい」と述べ、

「(辺野古誘致で)政策が一致するという条件で、末松氏に立候補の座を譲ったのだから、末松氏が「あいまい作戦」を取る限り、「辺野古誘致なくして、北部地区の発展はない」を主張する島袋氏が自ら出馬するのは、

水が高きより低きに流れるように自然の流れである。

新聞記者なら今回の出馬は想定内のはず。

だが、相変わらずの愚問が続いた。

>党本部としてあらゆることをしていかなければならない」と述べ、現職の対立候補の一本化が望ましいという考えを示しました。

島袋氏の出馬表明を受け、自民党本部が「一本化が望ましい」というのは当たり障りのない優等生の解答であり、マスコミは、あたかも末松氏での一本化を党本部が望んでいるような印象記事で、島袋氏が泡沫候補であるかのようにミスリードを試みる。

だが、本音で言えば党本部にとって「島袋氏による一本化」が最良であることは子どもでもわかる理屈だ。

一番困惑しているのは、「県外が”オール沖縄”」などの大嘘をばら撒いてきた自民党県連とそれを後押しする沖縄2紙だ。     

 自民党県連 県外移設方針議論へ

自民県連 県外移設方針議論へ

アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、自民党沖縄県連は、これまで掲げてきた県外移設を求める方針について、「県連の中にいろいろな意見がある」として移設計画に対する県連の方針を改めて議論することになりました。
自民党沖縄県連は、普天間基地の移設問題で、県外への移設を求める方針を掲げて、去年の衆議院選挙やことし7月の参議院選挙に臨んできましたが、党本部は、名護市辺野古への移設を進める政府の計画を支持するよう求めてきました。
こうしたなか、自民党沖縄県連の翁長政俊会長は、30日、那覇市で記者団に対し、「県連内にいろいろな意見があり、普天間基地の議論を再度やってほしいという要求や要望がある。それにふたをするわけにはいかないので、新たに議論する方向で考えている」と述べ、これまで掲げてきた県外移設を求める方針について、改めて議論する考えを示しました。
その上で、翁長会長は「新しい方針を出すのか現状のままでいくのか、どういう結論になるかはわからない。政府の埋め立て申請に対する仲井真知事の結論の時期も迫っているので、それも勘案しながら議論を進めていく」と述べた上で、12月には県連としての方針を改めて確認したいという考えを示しました。

10月30日 21時07分

              ☆

>自民党沖縄県連は、これまで掲げてきた県外移設を求める方針について、「県連の中にいろいろな意見がある」として移設計画に対する県連の方針を改めて議論することになりました。

>自民党沖縄県連の翁長政俊会長は、30日、那覇市で記者団に対し、「県連内にいろいろな意見があり、普天間基地の議論を再度やってほしいという要求や要望がある。それにふたをするわけにはいかないので、新たに議論する方向で考えている」と述べ、これまで掲げてきた県外移設を求める方針について、改めて議論する考えを示しました。

自民党県連の中にも「オール沖縄で県外が県民の総意」が大嘘であることに気がついてる者が増えていると聞く。 

このままでは自民党県連が嘘つき集団と県民の糾弾を受けることになる。

最良の選択肢は、「オール沖縄で県外」の旗印を下ろすこと。

だが、W翁がいまさら挙げた拳を素直に下ろすことはあり得ない。 県民を騙したとして、「オール沖縄の怒り」を一身に浴びることになるからだ。

だとしたら、残された唯一最良の選択肢は末松氏の立候補辞退である。

記者団の質問に「末松氏が路線変更で辺野古誘致に変更した場合の一本化」を問われた島袋氏は、「仮定の質問には答えられない」と答えた。

だが、例え路線変更して末松氏の一本化に成功しても、その場合末松氏は既に候補者としては「死に体」であり泡沫候補に転落する。

有権者はその時点で、最大の争点がクルクル変わるような候補者は信用できないという烙印を末松氏に押すことになるからだ。 イデオロギーは違っても終始「県外」を叫ぶ稲嶺氏の方が信用できると判断するのだ。 結果的に稲嶺氏の再選を後押しをするようなものである。

島袋氏は、一旦出馬を決意したからには、末松氏がどうだ、県連がどうだ、新聞報道がどうだ・・・などの雑音に惑わされず、投票日まで自分の信念を貫きし通すべきである。

今朝の沖縄タイムスには美女軍団を背後に控えた島袋氏の写真と共に記者団との一問一答を掲載している。

記事では省略されているが、島袋氏が一番力を入れて発言していた部分を、読者の安仁屋正昭さんのコメントで紹介する。

本日の島袋吉和氏の出馬表明
何故、この時期になったのかという記者からの問いに
「普天間の辺野古移設はこの17年間多くに方々が血のにじむ努力をして進めてきたものだ、この期に及んで移設を曖昧にすることは承服できない、私がこの事業にケリを付ける、私で終わらせるためだ」
これは、保守派の末松氏では辺野古移設を言い出す事も、実行することも不可能と判断したという意であろう
取材に来た記者によれば、明日末松氏の出馬表明が予定されているとのことだが、
選挙の流れは本日で決まった
これまで曖昧にしていながら、明日になって辺野古と言い出しても誰も信じまい
他方の島袋氏は下野後もブレずに辺野古移設の推進運動をしてきた人物
次期選挙は実質的に 島袋 VS 稲嶺 となった

泡沫候補となってしまった末松氏は、知事選後の県議の補選も恥ずかしくて出ることすら出来まい

 



 普天間の危険性を除去し辺野古米軍基地に統合縮小を実現する
沖縄県民の会ブログ


 

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

   

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島袋氏が本日者会見! | トップ | 【追記あり】大義なき候補者... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一本化しないと、、。 (義挙人)
2013-10-31 07:45:56
おはようございます。
前々日は失礼致しました。

「私がこの事業にケリを付ける、私で終わらせるためだ」

島袋氏 カッコウいいです。見た目も、考え方も「 男 」ですね~。

私の予想、、一本化出来ない場合、、、イナミネ V
         島袋 VS イナミネ、、、、島 袋 V
一本化信じます、期待します。
Unknown (Unknown)
2013-10-31 08:45:27
仲村覚氏が島袋吉和氏の出馬表明をアップされておられます。
http://www.youtube.com/watch?v=TAblFCXJt90

男の中の男、島袋吉和氏の力強い演説をぜひご覧下さい。
Unknown (名護市民某)
2013-10-31 09:51:09
末松氏が今頃「辺野古誘致」と発言しても誰も信用しない。
所詮は自民党県連の操り人形は又路線変更の疑いを持つ。
信頼を失った候補者は黙って去るのが一番の信用回復だ。
美女軍団の中に (安仁屋正昭)
2013-10-31 10:35:21
40年をタイムマシーンでさかのぼれば、確かに美女軍団に違いありません
散会後、隣を歩いていたこの軍団の方々に
「やりましょう!」とガッツポーズを示すと
「勝つまで頑張りましょう」と返ってきた
ほのぼのとした力強さが伝わってきました
その美女軍団の中で現役の佳人、名護のヒロインこと
我那覇真子さんがひときわ目立っていました
氏いわく、若い世代は何が正しいのかちゃんと判っています
我々の世代では島袋さんを支持する人が多いはづです(先日の弁)

しかし、本日掲載の翁長政俊自民党県連会長の顔は
水戸黄門に出てくる悪代官そのものですね
雄志市長共々性根が顔に出ています
驕る平家久しからずや

悪人は必ず成敗されるものと古今東西決まっています
Unknown (Unknown)
2013-10-31 13:30:07
動画URL張った名無しです。
なんか今日のエントリー読んでものすごく違和感感じたのですが、あらためて動画見たらスッキリしました。
保守が一本化するとすれば狼魔人様もおっしゃる通り島袋吉和氏しかありえないと読者の皆様のみならずほとんどの方はそう思うと思うのですが、極悪複合体のマスゴミ各社のほとんどはまだお前らキ◯タマついてんのかと言わざるをえない県連が推すなんとか氏に一本化したいのがアリアリなんで聞いてた狼魔人様は怒っておられたんですねw
今更ながら往生際の悪い極悪複合体には辟易させられますが、負けずに頑張りましょう。
沖縄メディアは中華覇権主義の犬 (支那犬討伐)
2013-10-31 15:33:31
講演聞きました。
私も頑張ります。
Unknown (宜野湾より)
2013-10-31 19:34:10
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

失うものがこれ以上無い人々や失うことを恐れない人々…古今東西、味方にしてこれほど頼もしい人、敵に回してこれほど怖い相手はございません。
楽しくなってまいりました。

9月1日基準の名護市選挙人登録者数
http://www.city.nago.okinawa.jp/5/4583.html

稲嶺現市長に勝たせたい側には普段から思考停止ゆえに常識外の手段も平気な者共がいますから、アパートの狭い一室に住民登録している人がわんさか…なんてないかな?
この頃は公安さんのプレゼンスがかなり素敵らしいですけれどね(ニッコリ


沖縄の外にも、本物のバカを見た。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/33628343.html

沖縄タイムスや琉球新報の与太記事がネットの俎上にあがるたび、
「そういう新聞を取ってるんだから沖縄県民は救いようが無い、もういいよ」
みたいな書き込みやコメントが沢山現れるのに、県外のバカサヨ新聞が話題の時には同じものが湧いて来ない、という時点でどなたもお察しの好例。
沖縄県を切り離すべき重要拠点だと敵は考えているのですから、軍事・経済・教育etc…多面的で守りを固めるのが上策です。

名護市の立ち寄り先として県民にも観光客にも人気の「道の駅許田」。
その建物前の駐車場入口には、日の丸の旗が掲揚されていますよね。
ああいうのいいなぁ。
Unknown (Unknown)
2013-10-31 19:34:50
まだ記事はないようですが、末松氏正式に出馬表明と事務所開きですね、、、
県連と相談して辺野古移設を明言したのかどうかにかかってますが、狼魔人様もおっしゃるように最重要課題を二転三転されるようでは有権者からキ◯タマついてんのかと思われますし、どっちに転んでも極悪複合体から叩かれるのがなんでわかんないんでしょうね、、、
https://www.facebook.com/suematsu.bunshin.suppoter
Unknown (Unknown)
2013-10-31 22:53:34
WEBでは日経が一番乗りですかね。

名護市長選、末松氏が出馬正式表明 辺野古移設容認派が擁立
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDE31004_R31C13A0PP8000/
>争点となる米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設については「県外移設が最も望ましい」とする一方、「選択肢の一つだ」と言及した。

結局何が何やらわからんですなこれじゃw

>翁長会長は記者団に「思想・信条が同じ末松氏を支援するのは当然のこと」と言明。一本化の調整に関しては「自民県連がお手伝いできるのであれば協力したい」

今更何言ってやがんでしょうな、このオッサンw極悪複合体が怖くて怖くて逃げまわってたクセにwそんなテメーらが万一当選したとして何が出来るってんだよw断固島袋氏支持!!
Unknown (宮城浩)
2013-10-31 23:50:04
ろうまじんさま
小生はあなたと違い、辺野古移設反対のリベラル派の市民、沖縄県民です。それでも本稿における貴殿の分析には敬服しますし、賛成です。
すなわち、今回の選挙は、移設賛成ー反対が争点であり、候補者はそこから逃げることはあり得ないということです。従って末松氏が最後尾候補者になるという意見には同意します。
Unknown (東子)
2013-11-01 00:34:28
「埋め立て申請拒否を 全労連、県労連が県に要請  2013年10月30日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-214577-storytopic-3.html

全労連、県労連って、どんな権限があって、申請拒否を要請できるの?
意見を求められている名護市でさえ、市民から選ばれた市会議員の評決で意見が決まるというのに。
しかも「県内移設反対は県民の総意」だって。
いつ総意となったの?
名護市市議9人は容認派です。
そして、島袋氏をこんなに推す人々がいます。

県民の代表に選ばれたでもない人が県民の総意と言って知事に意見を伝えるとは、沖縄とは不思議なところです。
Unknown (Unknown)
2013-11-01 02:32:05
どうやったって辺野古移設は変えられません。

それは鳩山政権の時に多くの候補地を挙げて検討、交渉したが無理でしたし、当時の北沢防衛相も国外県外は難しいと言ってます。

危険な普天間基地を動かすには辺野古しかないと思ってます。
Unknown (おいおい)
2013-11-03 02:26:30
ただの反日サヨクが「リベラル」なんて名乗らないでほしい。むしろ、日本のリベラリストは日本の保守派の中にいる。そんなことを2、3日前に、西村幸祐さんがツイッターに書いていたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
名護市長選候補者乱立 石破幹事長殿 説得する相手が違っています。 (遊爺雑記帳)
 普天間基地のキャンプシュアブへの移転は、政府が申請している辺野古沿岸部埋め立てを、仲井眞沖縄県知事が承認するかどうかの山場を迎えようとしています。日米両政府で合意した、日本の安全保障に係る重要な山場であることは今更申し上げ迄もなく、諸兄がご承知のこと...