狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

危険なのは「欠陥住宅」!オスプレイでは無い、コンクリ片落下

2017-07-27 11:07:40 | 辺野古訴訟

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

当初、この記事の見出しと写真を見て、オスプレイからコンクリート片が落下し、民家を直撃したと錯覚した。
 

こんな大きなコンクリート片が落下するようでは、オスプレイが危険な軍用機である言わざるを得ない。 正直そう思った。

ところが実際は、築何十年か知れないが、超老化した民家のコンクリーがオスプレイの振動で落下したという。

いや、むしろ老化したコンクリート片が自然に落下した可能性もある。

そのとき、たまたまオスプレイが飛行していたのかもしれない。

仮にオスプレイの振動でコンクリートが剥離し、落下したのなら、危険な欠陥住宅に住んでいる方が悪いのではないか。

地震どころか台風でも木っ端微塵に家は吹き飛ばされるはずだ。

むしろ欠陥住宅と知らせてくれたオスプレイに感謝すべきではないのか。

大爆笑の記事がこれ。

オスプレイ訓練で住宅破損か 宜野座村城原、コンクリ片落下

オスプレイの飛行訓練の直後に自宅軒先のコンクリート片が落下したことを訴える大城信助さん=25日、県庁

 宜野座村城原区(崎浜秀正区長)は25日、沖縄防衛局を訪れて集落に近いヘリコプター着陸帯・通称ファルコンの撤去やつり下げ訓練の即時中止を求めた。崎浜区長は「度重なる米軍機の低空飛行と騒音、粉じんで健康被害が生じている地域住民もいて苦情が絶えない」と訴えた。区民からオスプレイの振動により住宅のコンクリートブロックが破損した、との報告もされた。

 対応した伊藤晋哉企画部長は「住民生活に大きな影響を与えていることにおわびする」とし、「先週も米海兵隊には強く申し入れたが、今回の抗議を受けて改めて申し入れたい」と答えた。

 伊藤企画部長は、住民らがオスプレイの振動により住宅軒先のコンクリート片が落下したと指摘したことに対し「因果関係を含めて確認が必要だと思うので、直接的にこれ(ブロック)の対応ではないが何らかの負担や被害が出ていることについては具体的に解決しなければならない」と話し、コンクリート落下に対する明確な回答は避けた。

 この日、崎浜区長らは県議会で新里米吉議長と、県庁で吉田勝広政策調整監とそれぞれ面会し、ファルコン撤去とつり下げ訓練の中止を要請した。新里議長は「県議会としての対応は9月議会まで待たないといけないが、まずは私から沖縄防衛局に電話し抗議の意を伝えたい」と応えた。

 県の吉田勝広政策調整監は「タイヤつり下げ訓練事故の落下場所や原因も明かされないままの訓練再開は許されない」と述べた。

 県は区の要請を受け、同日、沖縄防衛局と在沖米海兵隊に口頭要請を行い、ファルコンでのつり下げ訓練の中止のほか、住宅地に隣接した着陸帯の運用停止を検討するよう求めた。

 崎浜区長は同日に宜野座村役場も訪れ、當眞淳村長に対し(1)午前0時まで飛行訓練が実施されている(2)騒音、粉じんによる異常事態が起きている(3)区民で何度も抗議をしているが変化がない―ことを挙げ、解決策を見い出すよう村に求めた。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖タイ、「空港の発着遅延」... | トップ | 【速報】蓮舫が辞意 午後に... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-07-27 10:30:12

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「意気地出そう 反基地の闘い」の浦添市・比嘉政喜さん(79)は、1月4、29日、4月15日、5月21日に続き今年5回目の掲載。
「『共謀罪』対象 一般人も危惧」の南風原町・宮城睦子さん(65)は、1月17日、2月6、22日、3月16日に続き今年5回目の掲載。
「公共の児童館 絶好の遊び場」の豊見城市・大城奈月さん(36)は、3月1日、4月3、27日に続き今年4回目の掲載。
「識名トンネル 判決には疑問」の西原町・儀間眞治さん(69)は、1月1、26日、2月13日、3月10日、4月3日、5月12日、6月22日に続き今年8回目の掲載。
「反辺野古 国際社会が力」のうるま市・野島雅安さん(77)は、4月5日、6月9日に続き今年3回目の掲載。
「翡翠」の名護市・宮城鶴子さん(78)は、5月12日、6月10日に続き今年3回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (普通の宜野湾市民)
2017-07-27 12:58:00
写真の大城さん、わざわざ県庁迄出向いて訴えたんですね。(笑)

沖縄のコンクリート住宅に住んでいる人なら、屋根の軒先部分の鉄筋が錆びて、一部コンクリート片が欠けて落ちるのはよくある事。

大城さんのコンクリート住宅が築何年経っているか記事には書いてないが、オスプレイの振動が原因でコンクリートが落ちたなら、配備から5年も経っている普天間飛行場周辺でも同様な事象が多発していると思うのだが、私の知る限りでは聞いた事はない。

オスプレイが宜野座で飛んでいる時だけ、特殊な振動を発生させてコンクリートを破壊したのだろうか?(笑)

この記事をきっかけに「私の家でもコンクリート片が落ちた!」と同様な模倣犯が出てきて、琉球新報・沖縄タイムスが「全てはオスプレイのせい!」と騒ぎ出す光景が目に浮かぶ!(笑)
Unknown (amai yookan)
2017-07-27 18:55:54
「あちこち落ちる恐れがありますよ・信助さん」

「あの頃立てた(海洋博あたりの塩分を取り切らない海砂を使った)コンクリ家は鉄筋が錆びて膨張、コンクリがボロボロ落ちて危険」って、友達も言って悩んでいました・修理もできないので建替えを検討しているそーです。

こんなのもニュースになるんですか?、天井が落ちるとか、もっと凄いのがあるので、取材に言った方がいいですよ


       

コメントを投稿

辺野古訴訟」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL