狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

宮平秀幸氏の記者会見★沖縄タイムスが最も恐れていた男

2008-03-12 07:08:11 | ★集団自決

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

沖縄タイムス 2008年1月26日 朝刊 26面(社会面

藤岡氏の訪問に座間味村民抗議
「軍命の強制は事実」

 沖縄戦時、慶良間諸島で起きた「集団自決(強制集団死)について、「日本軍による命令・強制はなく、米軍の猛爆で追い詰められた住民の尊厳死だった」などと主張する「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長らが二十五日、座間味村を訪れた。反発する村民が抗議文を手渡した。藤岡氏らは二泊三日で、座間味、渡嘉敷両島を訪れる予定だという。
 
村民は、抗議文で体験者の証言や村史の記述を引用して、「集団自決」への日本軍の命令や強制があったことを示し、「(座間味島・海上挺進第一戦隊の元隊長の)梅澤裕氏を絶対に許さない」「座間味村民はあなた方を歓迎しません」と伝えた。
 抗議した宮里芳和さんは「私は二十年以上、体験者から聞き取り調査をしたが、『集団自決』に軍命、強制があったことは間違いない事実だ」と話した。(写真はない)

                     ◇

同じ記事を三度も引用するには訳がある。

この目立たぬベタ記事がひょっとしたら沖縄タイムスの社史に恥ずべき大汚点を刻みかねないからである。

「座間味埠頭のトラブル」が沖縄タイムスによって仕掛けられたことは容易に推測できるが、沖縄タイムスの目論みも虚しくその後「調査団」はタイムスが最も恐れる男・宮平秀幸氏の証言を得ることになる。

結局沖縄タイムスの卑劣な調査妨害工作は無に帰して、最も恐れる男の記者会見となる。

                       *

一昨日(3月10日)、宮平証言を検証した藤岡拓大教授と宮平氏の記者会見が県庁記者クラブで約1時間にわたって行われた。

会見終了後も宮平氏を記者が取り囲んで関連質問や連絡先などを聞いていたと聞く。

熱心な取材にもかかわらず、会見が記事として新聞を飾ることはなかった。

翌日の朝刊では新報、タイムスとも完全スルーで、地元テレビ三局も夕方のローカルニュースでは完全黙殺。

今朝(12日)の琉球新報でも一行も報じられていない。

予想していたとはいえ地元マスコミの徹底した「報道談合」には今更ながらあきれ果てた。

報道するか、しないかは各社の編集権という。

昨年来「毒おにぎり」だの「メチル禍も軍のせい」といった「残虐な日本軍」を語る証言なら大見出しで何の検証もなく掲載していた節操のない沖縄の新聞。

それが何をいまさら編集権か。

笑止千万な話だ。

ただNHKがその日の7時40分頃のローカルニュースで短く報じたが、「アリバイ造り」の感を否めない。

さすがに国営放送ともなると、県庁記者クラブを通しての記者会見をも黙殺してはまずいと思ったのだろうか。

放送は短かったが「新証言では、梅沢隊長は自決するなといっていた」とのアナウンスがあり、一応要点だけは伝えていた。

昨年末も藤岡教授は沖縄で記者会見を開き「11万人」集会のいかがわしさを訴えたが、その時は地元テレビ各社はこれを放映し、地元紙もベタ記事ながらこれを報じる余裕はあった。

ところが今回は地元紙がもっとも関心を抱く「集団自決の新証言」であるにもかかわらず、このように「報道談合」までしてこれを封殺する理由は何なのか。

その理由は二つある。

一つは宮平証言がこれまで沖縄マスコミが封殺してきた「不都合な真実」であるということである。

これが大々的に公表されたら沖縄マスコミがこれまで営々として築いてきた「集団自決の虚構」が一瞬にした瓦解してしまうからである。

もう一つの大きな理由は、3月28日に迫った大阪地裁の判決を前にして、宮平証言が裁判官の心証に与える大きな影響を恐れてである。

沖縄マスコミは、恥も外聞もなく、元々なかった報道機関としての矜持の欠片さえもかなぐり捨て、判決の日まではただひたすらに、「不都合な真実」を黙殺し続けるだろう。

                      *

 

沖縄マスコミがもっとも恐れていた男、宮平秀幸さん。

歌舞伎の世界で言えば、

「とんだところに北村大善」

といったところか。

札付きの悪、お数寄屋坊主の河内山宗俊が、首尾よく悪事を完遂する寸前に、「不都合な真実」を知る北村大膳が突然現れて悪事が露見する、・・・その場面の有名なセリフである。

そう、札付きの悪、沖縄マスコミはこの男・宮平さんを判決日まで座間味島に封じ込んでおきたかった。

そして出来ることなら黙したままこの世を去って欲しかったのかもしれない。

宮平さんは、これまでも新聞が報じるデタラメな記事に憤慨して何度も真実を伝えるために連絡していた。

だが、沖縄紙は一度も取材にさえすることもなくただ黙殺でこれに答えてきた。

唯一度、8年前の2000年12月、全国紙の毎日新聞が座間味島を訪れ宮平さんに取材して「梅沢隊長は自決するなと命令した」という証言が毎日新聞に掲載された。 ところが当時この記事に興味を持つものは少なく宮平証言は時の彼方に忘れ去られてしまった。

あれから8年。

宮平さんが再び証言する決意をしたのは昨年のマスコミ主導による「教科書騒動」以来だという。

家族の反対や多くの圧力に抗して証言する気になった。

それは孫や子に「ウソの歴史を残してはいけない」という思いからだという。

更に戦後生まれで地元マスコミを鵜呑みにした島の住民達が「アレがこう言った、コレがこう言った」とまるで「井戸端会議のように」隊長軍命説を流布するのにも我慢が出来なかったという。

その経緯を世界日報那覇支局竹林記者のインタビューに答えて次のように語っている。

真実ゆがめる証言報道に怒り

沖縄戦「集団自決」の真相 元座間味村防衛隊員宮平秀幸氏に聞く(那覇支局・竹林治夫)

(前略)

証言をしようとしたきっかけは。

座間味島で戦後生まれの知り合いが、観光客に向けて、梅沢隊長の命令によって村民が自決に追い込まれたと説明しているのを聞いて、「お前どんな証拠があってそのようなことを言うのか」と聞いたら、「もうみんな軍の命令で自決に追い込まれているよ」との返事。「おまえ、その場にいたのか。 私はその場にいたんだ」と言ったら、黙ってしまった。 昨年の教科書問題で、地元のマスコミなどの報道にあまりにも作り話が多いので、もう真実を語るしかないと思った。(略)(世界日報 2008年3月8日)                   

これまでも沖縄タイムスは「軍命なし派」と見られる調査団が現地調査に来沖する度に、彼らが最も恐れるこの男に調査団が遭遇するの恐れ、あらゆる妨害工作をしてきた。

それでは何故沖縄タイムスがこれほどに宮平さんを恐れるのか。

1945年3月25日の夜、座間味本部基地での村のリーダーと梅沢隊長のやり取りで村人側の生き残りは宮城初枝(故人)一人だとされていた。

彼女の証言だけが「軍命あり派」にとっても「なし派」にとっても重要な意味を持った。 彼女の証言が戦後生まれの娘晴美氏に引き継がれ二転三転したことは周知の通りなのでここでは触れない。

■本部基地前に村長は居たのか■

宮城初枝氏の証言の中で、

思い違いなのか、それとも故意になのか梅沢隊長と談判した村のリーダーの中に野村村長の名が出てきていない。

宮平さんの証言によると、隊長に談判に来た村のリーダーとは、村の3役の村長、助役、収入役と村職員宮平恵達氏、校長そして姉にあたる初枝氏の6人である。

その約30分のやり取りの一部始終を目撃していたのが当時15歳で伝令をしていた宮平さんである。

「集団自決」を実行した人のほとんどが「年寄りと子ども」だったため、老人の証言者は、思い違いや記憶があやふやな点も多い。 

一方、当時子どもだった証言者は記憶自体が薄く、証言者としての正確な記憶に欠ける点が多い。

ところが宮平さんは当時15歳で、人間の記憶力が最も活力のある年頃で、いわば証言者として最も適した年齢で「その場」を目撃していたのだ。

野村村長が「その場にいたかどうか」については、藤岡教授が『正論』4月号で詳細に宮平証言を検証し「野村村長はその場にいた」という結論をだしている。

藤岡氏は2月、3月と宮平証言の裏づけ調査のため現地を訪問しており、同時に過去の証言者達の証言を沖縄タイムスの証言集等から取り出して照合した結果、裏づけが取れたという。

■忠魂碑広場での村長「訓示」■

これも詳しくは『正論』の論文を読んでいただくとして、

百歩譲って野村村長がその場(本部基地前)にいなかったとしても、村長が忠魂碑前の広場で「訓示」をしたことは事実である。(多くの証言あり)

とすると次に問題になるのは村長が広場に集まった住民に何を「訓示」したかかが重要ポイントになってくる。

宮平証言によると村長「訓示」の内容は「隊長が『自決するな』の命令をだした。各自解散せよ」というものだ。

沖縄タイムスが飛び上がって驚くような衝撃の証言である。

これも藤岡教授が、その時、遅れて広場に向かう途中の宮里米子氏(当時15歳)と村長の解散命令で孫の手を取り泣きながら解散途中の知念久次郎オジー(当時61歳)との会話証言から「村長の解散命令」を立証している。(「正論」同論文)

三日三晩の米軍の猛爆でパニックに陥り、忠魂碑前で自決のための手りゅう弾を待ちわびていた住民達。

敵の手で残酷な死に方をするより一気に手りゅう弾での死を望む住民達に対して、野村村長は手りゅう弾を配るどころか、「自決するな。解散しろ」との「隊長命令を」を「訓示」していた。

この驚くべき事実の前に、戦後生まれの宮城晴美氏がいかに『母の遺したもの』を書き変えても「隊長軍命説」は木っ端微塵に砕け散ってしまう。

■「手りゅう弾配布=軍命」説の愚かさ■

「軍命あり派」の屁理屈の一つに「集団自決」は手りゅう弾で行われたのだから軍命であるというのがある。

宮平証言の中で驚くべきことは、「集団自決」は解散後、各自の壕で行われたが多くの犠牲者の中で手りゅう弾で死亡した人はたったの二人であるということである。 

しかも手りゅう弾の操作を知らない人が不発弾と勘違いし後ろに放り投げたのが偶然後方にいた二人を爆死させたという。

他の大多数はかみそりや、鍬やカマそして首吊りで自決をしている。

これを見ても「手りゅう弾=軍命」説が苦し紛れの屁理屈の結果であることが分かる。

ちなみに現在厳密な意味での「軍の命令」を主張する人は左翼勢力の中ででもよっぽど無知な人以外には皆無である。

■嘘の巨魁の崩壊■

彼らは「軍の命令で自決した」⇒「軍の命令の有無は問題でない」⇒「強制された」⇒「関与した」と論点をスライドさせて屁理屈を言い続けたが、遂には、大江健三郎氏の「タテの構造」という屁理屈の極地にいたる。

さらには「隊長が自決するなと命令しなかったのは、事実上の自決命令であり、これは時が来れば自動的に爆発する時限爆弾のようなものだ」とまで言い出す始末。(晴美証言・大江証言)

これらの屁理屈の巨塊や、嘘の巨塊を宮平証言がまとめて一気に吹っ飛ばしてしまった。

宮平証言こそ長い63年間の時を経て、裁判の判決直前で爆発した時限爆弾そのものである。

 

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本土風の姓について★軍民関係... | トップ | 「屁理屈ジャンケン」 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
河内山宗俊は宮平秀幸では? (キー坊)
2008-03-12 10:16:03
沖縄人です。初めて失礼します。

宮平さんは、8年前の2000年12月、全国紙の毎日新聞に証言していますが、それより更に、13年前の1987年にも、ドキュメンタリー作家・本田靖春の取材を受け、「小説新潮」のルポに証言している事をご存知でしょうか?それは、2000年及び今回の宮平発言とは大幅に食い違う内容です。

山崎行太郎氏のブログで、今盛んに宮平さんの矛盾点が解析されていますが、本田ルポの資料は私が提供したのです。山崎氏はその情報を琉球新報に伝えてあるそうですよ。
どうやら、宮平秀幸さんが河内山宗俊になりそうな雲行きですね。
大幅に食い違う内容とは? (エム)
2008-03-12 12:43:26
 キー坊さん。
 
 私も生粋の沖縄県人です。

 山崎行太郎のブログ拝見しました。

 宮平氏が過去に梅沢隊長が「自決せよと」命令をだしたという証言をしていたかと思ったらそうではなく当時(取材された時)の「だから、集団自決は、日本の誤った教育が引き起こしたんですよ。」という個人の「感情」の変化を言っていたのですね。

 「自決命令があった」という証言が「なかった」に
変わったのなら大きな問題でしょうけど「事実」に変わりがなければ「内容が大幅に変わっている」というのは、読者に誤解を与えかねませんね。

 
 
やれやれ (kuma)
2008-03-12 17:10:51
山崎行太郎ですか~やれやれ(ふう)・・・なんか見にいきたくないけど、確かめないとならんな~。

エムさんのおっしゃることが本当なら、また、つまらんバイアスがかかっていいように解釈した言説が飛び交うんですかね。

>「だから、集団自決は、日本の誤った教育が引き起こしたんですよ。」

こんなの、命令がなかったという証言ににしかならないと思うんですけど、どうでしょ。
Unknown (たか)
2008-03-12 18:18:29
山崎氏が何者か全くわかりませんが(笑)、過去の証言があればそれも含めて、今回の証言を検証すればいいのでは?
宮平さんはまだお元気そうですし。
沖縄タイムスや琉球新報が2つの証言を紹介して検証しないのが不思議ですね。
山崎なる人物が何者か全く知りませんが、直接取材すればいいことでは?
久々に (キキ130)
2008-03-12 18:27:47
久々にコメントさせていただきます。僕もエムさんと同意見です。ちなみに僕も沖縄県人です。以前、mixiの沖縄コミュニティでキー坊さんを見かけあなたのmixiを覗いた事がありますが、「曽野綾子を心の底から憎んでいる」といった発言のある日記を見かけゾッとしたのを憶えています。僕は集団自決の確固たる証拠が出た場合はそれを信じようと思っていますが、「あった」「なかった」といった証言が出てる以上、どちらの意見にも賛同しませんし感情で流されないようにしています。あと、僕の見かけた東京のキー坊さんじゃなかったのなら、スミマセン。
報道しない事 (ヒロシ)
2008-03-12 19:11:56
記者会見を開いたにもかかわらずタイムスや新報、ならびにテレビが報じない事こそが「命令がなかった事」の間接的な証拠でしょう。
三者的な立場で報道していれば、「自決するなと言った」と証言している方が現れたと報じればいいだけです。
それができないのはマスコミ側にとって都合が悪いからで、今まで嘘をついてきた事がばれてしまうからでしょう。
「嘘をついていましたごめんなさい」と言うのは勇気がいる事です。
Unknown (狼魔人)
2008-03-12 19:27:46
◆キー坊さん

>ドキュメンタリー作家・本田靖春の取材を受け、「小説新潮」のルポに証言している事をご存知でしょうか?

故本田氏のルポは手垢のまみれた「証拠物」で去年の2月に「原告側証拠」として法廷に提出済みで、「梅沢隊長は軍命を出していない」ことを立証しています。

>それは、2000年及び今回の宮平発言とは大幅に食い違う内容です。

食い違いは微塵もありません。

無理やり自分の都合の良いように解釈する努力には涙がでます。 低レベルの国語の読解力の問題です。

やはり宮平さんは「とんだところへ北村大善」でした。


◆エムさん

仰るとおりです。

本田ルポの誤読です。

ブーメランになっているのに気がつかないとはお気の毒です。


◆kumaさん

全て仰るとおりで「やれやれ」以外にコメントはありません。


◆たかさん

>沖縄タイムスや琉球新報が2つの証言を紹介して検証しないのが不思議ですね。

検証した瞬間、両者がこれまで構築してきた「嘘の構図」が崩壊するので、ただひたすら黙殺するしか選択肢はありません。

宮平証言の検証は藤岡教授が「正論」4月号で検証済みです。


◆キキ130さん

>「あった」「なかった」といった証言が出てる以上、どちらの意見にも賛同しませんし感情で流されないようにしています。

感情に流されると事実を見失います。

証言は山ほど出ています。(ほとんどが感情的ですが)

証言には本人の勘違い、思い違いによる虚偽もあれば、意識的な虚偽もあります。

問題は検証の結果、「客観的証言」といえるかどうかです。

現在のところ「軍の命令があった」という客観的証言又は証拠は皆無です。

もし、今後そのような証言又は証拠が出てきたら当日記もそれを受け入れます。
Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-12 20:55:10
初めてコメントします。
私は内地人。敗戦時14才。沖縄のことは書かれたものでしか知りません。
でも、当時内地でも「本土決戦」が騒がれておりましたことはよく覚えています。中学2年生の私達にも、「お前達もいざというときには、敵兵を10人斬って、自決しろ」といわれましたよ。それも、配属将校(ご存じですか? 中学以上の学校には、歳をとった尉官の陸軍軍人が軍事教育のためにいたのですが)ではなくて、{ここが肝心}普通の教師がそう教えたのですよ。だから、沖縄のように、目の前に敵兵が攻めてきている状況なら、今では考えられないような緊張感と異常な心理になることは容易に想像できます。
全てを軍命令にしようとする心理は理解できます。悲しいことですが、みんな一緒に死のうという心だったのでしょうね。そうしなければ身の処しようがなかったのでしょうね。それを今咎めあっているのは悲しいことです。まして、私もそうかも知れませんが、大江や山崎なんて奴等。当時の「異常心理」も理解せず、賢しらぶった言動をしていることを憎むものです。
あなた達の言動は、これからの日本の、何の役にも立たない。
やはり河内山宗俊 (キー坊)
2008-03-12 23:01:10
狼魔人さんは、けっこうな応援団がおつきですね。

>本田氏のルポは手垢のまみれた「証拠物」
とおっしゃいますが、それはシリーズNo4の「第一戦隊長の証言」のみではないですか?それにさえ、宮平秀幸は、「集団自決は、日本の誤った教育が引き起こしたんですよ。」と、今だったら絶対言いそうに無い事を証言しているのです。
本田ルポはシリーズでNo5まで在るのですよ。山崎ブログをよく読んでください。

No3では、助役等が梅澤陣地へ爆薬を所望しに行ったその夜、宮平秀幸は家族と一緒の壕に居て、伝令の集合指示を受けているのです。その時、「じゃあ、どうやって、自決するのか」と彼は伝令に問うているのですよ。

陣地で、隊長の2m側に居てやり取りを聞いた者が、そんな質問しますかね?

これまでの宮平秀幸の変な言動を、宮城親子などから聞いて知っている新聞社は、彼を相手にしなかったのではないですか。
今回もそうでしょう。だが、大和右翼があんまりしつこくやると、新聞社も反撃に出ると思いますよ。宮平秀幸は河内山宗俊に成りかねません。

Unknown (涼月)
2008-03-13 06:25:09
いずれ反撃に出るというなら、今すぐ反撃したっていいのになぜそれをやらないのでしょうね。
山崎某という人物は琉球新報と通じている人物でしょ?
反撃できる準備はすぐにでも出来るはずなのにね。

それからあなたは「大和右翼」などと言っているが、じゃあ命令は無いと証言している島民は「琉球右翼」ですか。この宮平氏もあなたにかかると右翼なわけだ。
ばかを相手に? (キー坊(沖縄人))
2008-03-13 07:39:42
>涼月どの

次から次へと応援団が出現して、ネトウヨの世界は頼もしいですね。

>いずれ反撃に出るというなら、今すぐ反撃したっていいのになぜそれをやらないのでしょうね。

今度のキャンペーンを張っている大和の低級右翼たちは、1987年の本田ルポ③「座間味島1945」を知ってか知らずか、沖縄人道化師・宮平秀幸を使って天敵・沖縄双新聞を泥仕合に持ち込みたいと目論んでいると見たね。
宮平秀幸という人間の性質を十分知っている地元の新聞社は、簡単にはその手に乗らないということである。

>この宮平氏もあなたにかかると右翼なわけだ。

いや、彼は右翼でもなく、時の権力に飼われる「犬」でしょうね。
Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-13 10:32:10
キー坊さんとやら

いくら高名なルポライターといえども、人からの聞き書きが全て正確なのだろうか? 自分の想いがかぶっていなかったか?しかも20年前。
今の本人の口からのナマの話と、どちらが真実を語っているか? その選択。
私はナマの声(しかも現在表面的な沖縄県民意見ーわざとサヨクとはいわないーに敢えて異を述べた)のほうを正しいと思うよ。 


Unknown (狼魔人)
2008-03-13 19:27:07
◆ヒロシさん

見落としていました。すみません。

>記者会見を開いたにもかかわらずタイムスや新報、ならびにテレビが報じない事こそが「命令がなかった事」の間接的な証拠でしょう。

仰るとおりであう。

何度地元紙に連絡しても取材してくれないので、最後の手段で記者会見をしても「不都合な真実」は報道しない、いや、出来ないのでしょう。

それほど宮平証言のインパクトは強かったわけです。


◆戦後教育を悲しむさん

>沖縄のように、目の前に敵兵が攻めてきている状況なら、今では考えられないような緊張感と異常な心理になることは容易に想像できます。

集団自決の現場の悲惨な地獄絵を紹介する文は良く見かけますが、
座間味島の場合、それに至るまでの3月22日から25日の夜に至る、夜昼問わぬ米軍の艦砲射撃を逃げまどいパニックの極地で皆で一思いに自決しようと思うに至った「三日三晩」こそ住民にとって地獄絵だった思います。

>悲しいことですが、みんな一緒に死のうという心だったのでしょうね。そうしなければ身の処しようがなかったのでしょうね。それを今咎めあっているのは悲しいことです。

仰るとおりです。

犠牲者の死をイデオロギーに利用する勢力には反吐が出ます。

少女暴行事件をイデオロギーに利用する連中も同じです。


◆キー坊さん

貴方が本田氏の資料の提供者なら、もったいぶらず宮平氏のどの発言が「大幅に食い違う」のか示したらいかがですか。

某評論家のブログにはそれらしきものは出てきませんが・・・。

宮平氏の記者会見後の3月11日琉球新報夕刊に「宮平発言はガセ」との記事を寄稿したとありますが11日夕刊は勿論、本日に至るまでどこにも見当たりませんが・・・。

琉球新報にもスルーされたのですかね。

>新聞社も反撃に出ると思いますよ。

何を躊躇しているのでしょうね。


◆ 涼月さん

>山崎某という人物は琉球新報と通じている人物でしょ?

琉球新報に記事を書いたようですが、現在沖縄紙は「軍命はあった」という論旨で何か書けば誰でも記事にしてくれるほど追いつめられています。

沖縄で新聞論調に媚びた文を書けば誰でも評論家先生になれますよ。

貴方も「軍命はあった」と、もっともらしい文を書いて投稿したらいかがですか。(笑)

間違いなく記事にしてくれます。

Unknown (涼月)
2008-03-13 19:34:29
沖縄で軍命令あったという主張をすればただで新聞に取上げられて名を売ることが出来る

今後作家は名を売るために沖縄のメディアに寄り付くといった展開がありえそうですね
とんだところに河内山宗俊 (ni0615)
2008-07-03 16:40:01
6/25第1回口頭弁論・・・・
北村大善が突然現れる場面は台本から消えてなくなってしまったようですね。しかも、「とんだところに河内山宗俊」、茶坊主いや弁護士殿に証言の中味まで替えさせられてしまった(村長存在の抹消)。茶番に引っ張りだされた宮平秀幸さんが、いちばんの気の毒です。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL