狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

女装の少年、日本軍の狂気を訴える

2008-06-23 07:45:44 | ★集団自決

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

今日6月23日は「慰霊の日」で、沖縄県内では公休日である。

沖縄限定の公休日であるため、国の機関や国立大学(琉球大学)以外の役所・学校等は休日となる。 今年は月曜日にあたるため学校、役所などは土曜日からの3連休になる。

毎年「慰霊の日」には糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれ、今年は福田首相が参列する予定。

                     *

今朝の琉球新報の一面トップは、「慰霊の日」を差し置いて、昨日那覇で63年ぶりに収拾された日本兵の遺骨の記事。

痛み悲しみ、63年

<沖縄戦激戦地 那覇市真嘉比> 

日本兵の全身遺骨収集

砲弾破片、お守りの観音像も

日本兵のことを悪鬼のごとく罵る沖縄の新聞。

その沖縄の土の下で63年間もの間、人知れず静かに眠っていた日本兵の心境こそ、見出しの「痛み悲しみ63年」がふさわしい。

せめて「慰霊の日」くらいは、イデオロギーを離れ、静かに戦没者の霊を追悼したいと思うのだが・・・。

                      *

沖縄2紙が偏向しているの先刻承知の当日記ではあるが、それにしても最近の沖縄戦キャンペーン記事は異常すぎる。

軍隊を人殺し集団と捉える沖縄紙なら当然のことなのだろうが、まるで日本軍は敵である米軍はそっちのけで、沖縄人を見つけては殺戮して廻っているような印象だ。

昨日日曜日の見出しを見ても、

日本軍銃剣突き放火(タイムス)

日本兵の暴虐  波浮かべ証言(タイムス)

非難の住民並ばせて爆破(新報)

日本兵、食料を強奪(新報)

日本兵が暴行、右目失明(新報)

・・・と、たった一日だけでもこの有様。

これを読んだ読者が「残虐非道の日本軍」というイメージを刷り込まれても仕方がないが、このイメージ作戦には次のような深謀遠慮が潜んでいる。

即ち、このような残虐な殺人集団なら、自分らの食料確保のためには集団自決を命じて住民の犠牲を強いても何ら不思議はないと。

この沖縄二紙の異常加熱振りには、沖縄の知識人には珍しく某大学の某教授が自分のブログで嘆いておられるのを見てわが意を得た。

焦っているのだろうか?

「残虐な日本軍」のイメージは沖縄タイムスと琉球新報だけかと思ったら、

何と八重山商工の故郷石垣島の「八重山毎日新聞」も「残虐な日本軍」を声高に叫んでいた。

「集団自決訴訟」の控訴審を明後日に控え、左翼勢力の「場外乱闘」作戦や恐るべし。

「母殺され、暴行で失目した」日本軍の狂気を訴え 大城盛俊氏が講演  八重山毎日新聞 2008年6月22日

うつろな目の少女の写真

  23日の「慰霊の日」を前に、戦争の実相を正しく理解しようと世界平和の鐘の会沖縄県支部と石垣市は21日午後、市民会館中ホールで平和講演会を開いた。“うつろな目の少女”の写真で知られる旧玉城村出身の大城盛俊さん(76)=兵庫県伊丹市=が「沖縄で起きた戦争の話」のテーマで講演し、「県民は日本軍に協力したが、日本軍は県民を犠牲にした」と訴えた。

  写真に写っている大城さんは当時12歳。おかっぱの髪形になっているのは、育ての親から「日本軍に連れて行かれないよう女の子の格好をさせられた」からだという。
 日本兵に暴行を受けたのは米軍上陸後の1945年5月ごろ。当時、大城さんは伯父伯母とともに旧玉城村のガマにいた。大城さんが持っていた黒砂糖の入ったリュックサックの中身を問いただすやりとりで「生意気だ」と言われ、殴るけるの暴行を受けた。同年6月、大城さんは米兵に保護され、血まみれになったまま診療所で手当てを受けた際、写真に撮られたという。
 生みの母親は別のガマにいたが、大城さんを訪ねて戻るときにスパイと疑われ、日本兵がガマに投げ込んだ手りゅう弾で死んだ。大城さんは「私は日本軍の兵隊に暴行され、母親は兵隊が投げた手りゅう弾で殺された。このことは一生忘れない」と語気を強めた。
 講演前に八重山平和祈念館を訪れたという大城さんは戦争マラリア被害にも言及、「日本軍のために4000人近い人が命を失った。ほんとに悔しい」と冥福を祈った。

 大城さんはこう頭がんで声帯を失っているが、沖縄戦を全国に訴える会の会長として人工声帯を通して沖縄戦の実相を訴え続けている。講演は1000回以上。「アメリカ兵に助けられたが、暴行の後遺症で右目はまったくみえない。左目も0.03しかない。それでも、くじけずに一生懸命頑張ってきた。命があれば必ず未来は開ける」と語りかけた。

                                         ◇

「うつろな目」の主人公大城盛俊さん(76)=兵庫県伊丹市=は去年の8月にも琉球新報の招聘で沖縄を訪れており、そのときは琉球新報はこのような記事を書いた。

教科書の嘘許さず 大城さん、憤りで声震わせる (琉球新報)

その時、こんな「おいしい話」の持ち主の大城さんの講演会を、新報が一回も行わなかったことに違和感を感じた。

今回も那覇などの沖縄本島ではなく、石垣島で講演会が行われたのも不思議だ。

それに、大城さんは全国で講演会行脚を続けるいわば「講演会のプロ」とも言える方なのだが、

それが沖縄本島では講演を一度もしないままに、「県内の講演はこれが最後」(沖縄タイムス)と宣言するのも何か違和感を覚える。

 

昨年大城さんの証言を報じる琉球新報記事を読んだとき感じた違和感を過去にエントリーしている。⇒「うつろな目の少女」の秘密!

 うつろな少女の写真はここで見れます。
ニッポン人脈記/沖縄の「少女」 これは僕(02/01)

 

参考:「沖縄戦と平和をつたえる会」会長 大城 盛俊さん(72) (2003/08/16) http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/rensai/0308hanshin/03.html

 

関連記事;

日本兵が暴行、右目失明 表紙の「少女...(2008.6.22) カメラ

 

【おまけ】

朝日新聞が白旗揚げた模様。⇒朝日新聞「死に神」報道:「素粒子」に抗議1800件 「風刺コラム難しい」

【おまけ・2】

問題の「素粒子」 6/18(水)

 永世名人 羽生新名人。勝利目前、
極限までの緊張と集中力からか、
駒を持つ手が震え出す凄み。
またの名、将棋の神様。
  × ×
 永世死刑執行人 鳩山法相。
「自信と責任」に胸を張り、
2カ月間隔でゴーサイン出して
新記録達成。またの名、死に神。
  × ×
 永世官製談合人 品川局長。
官僚の、税金による、
天下りのためのを繰り返して出世栄達。
またの名、国民軽侮の疫病神。


【おまけ・3】

朝日の悪意あふれる4コママンガ。



  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死に神兄弟 山拓が白旗、安... | トップ | 秋葉原殺人鬼と大江健三郎の... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漫画 (ヒロシ)
2008-06-23 14:20:33
こういう漫画だったんですね。ありがとうございます。

そもそも死刑を宣告したのは裁判長だし
今までの法務大臣が死刑執行をしなかったのは職務怠慢に当たらないのでしょうか?

まあ朝日新聞は所詮日本の恐怖新聞ですから。
読むたびに100日寿命が縮みます。
他県紙が取り上げる慰霊の日 (akane)
2008-06-23 19:15:05
Webテキストで見るだけでも相当なものですが、
実際はさぞ巨大でごっついフォントが目に飛び込んでくるような
紙面割りがなされているものと想像いたします。

そんな新聞仲間から、華麗なる援護射撃が他地域でも行われております。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2008062302000085.html
普通に一読しただけではあえて突っ込むほどのところに気づかず
漠然と後味が悪い気がしないでもない、というさじ加減が絶妙に微妙です。
20年ほど前はこんなに気持ちの悪いコラムではなかったのですが、
読み手の自分が変化したせいなのか中の人の変化なのか、判断がつきません。

ちなみに、以前フィリピン人の母を持つ少女に日本国籍を、というニュースの際は
「ようこそ!そんなに日本人になりたいなんて思われると面映ゆいけどでもようこそ!」といった感じで、大喜びで「!」まで連発していたため、逆に
「もしかしてこの決定やっぱり日本にとってやばいんじゃね?」
と気になってネットのニュースブログを漁ってしまったことがありますw
こいつの逆張りしとけばとりあえず良いか、と逆ベクトルで思考停止になってるのも問題ですよねえ…
慰霊の日 (moca)
2008-06-23 19:36:01
慰霊の日、沖縄のマスコミは相変わらずでしたね。集団自決に関する部分ではもう軍命ありきで話を進めてましたが、あれ良いんでしょか・・
普通の沖縄の人はああいう報道見るたび、被害者意識をさらに強固なものとするんでしょうね。
慰霊の日は、戦争の被害は沖縄だけでは無いという事も忘れてはいけないと思います。そして鬼畜日本兵がいたかのように新聞は書いてますが(それは何十万もの兵隊さんの中にはひどい人もいたかもしれませんが)
沖縄で日本(そして沖縄)を守るため、散っていった多くの日本の兵隊さんがいた事も忘れてはいけません。
確かに不幸な出来事だった戦争。でもその傷はカサブタを何度も引き剥がして、感傷的にその痛みを体感するものではなく
傷を完治させ、引きつってもいいから強い皮膚で戦争に向き合うものでなければ、未来の無い空しい思想になってしまいます。

いつも記事を読ませて貰っています。沖縄のこれから、色んな意味で厳しいですね。
Unknown (tk5511)
2008-06-23 20:15:02
今夜のNEWS23でやるみたいですね。
沖縄タイムス (●Takashi)
2008-06-24 06:03:25
お久ぶりです。

またキャンペーンですね。

「日本兵=本土人」と考えているのでしょうね。

もう差別記事はやめてほしいです。

お知らせですが、久しぶりに沖縄関連の記事を掲載します。

沖縄タイムスを信頼している方!見てください。
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-1160.html

あと、宮城淳は理科の教師です。
NEWS23の偏向報道・・・ (がじゃっち)
2008-06-24 11:51:39
昨日のNEWS23は平和の礎からの放送でしたが、
ゲストに元沖縄県知事の大田昌秀氏を迎えるなど、キャスターが変わっても番組の偏向ぶりは相変わらずでした・・・。知る人ぞ知る偏向メディアの代表格の共同通信の編集局長が天下ってキャスターになっているくらいですからねぇ・・・。
Unknown (狼魔人)
2008-06-24 18:47:29
◆ヒロシさん

朝日新聞に人を死に神呼ばわりする資格はありませんよね。

しかし、この漫画、あまり似ていませんね。 法務大臣というより、ヤクザ役が得意の安岡力也に似ているけど。

◆akaneさん

沖縄紙はウェブ記事内容より、本紙紙面の見出しが曲者ですね。

例えば「対馬丸」の記事でも、撃沈したのは米潜水艦なのに、「残酷な日本軍」のキャンペーン記事の中に出てくると、日本軍によって撃沈されたような錯覚を与える見出しです。

控訴審が始まると、ますます」この傾向は激しくなってくるでしょうね。

◆mocaさん

>でもその傷はカサブタを何度も引き剥がして、感傷的にその痛みを体感するものではなく

仰るとおりだと思います。

最近の小学校の「平和学習」を見ると「命の大切さを教える」といいながら、カサブタを引っ剥がして血まみれになることを、判断力のない子供たちに教え込んでいるような気がします。

◆tk5511さん

残念ながら見ませんでした。寝てしまって・・。


●Takashiさん

タイムス記事、読みました。GJです。

訴訟以前の記事に意外と、油断した記事があるかも知れませんね。


◆がじゃっちさん


NEWS23は筑紫哲也のころからあまり見ていません。

大田元知事は参議院も辞めて暇になったのか、今年は集団自決裁判の応援をするつもりのようです。

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
平和オタクが平和を壊す (のんきな日本人)
沖縄で戦没者追悼式が行われた。戦没者のご冥福を祈りたいとは思うものの、この種の行
【2ch】今後のフリーチベット運動の主なスケジュール【mixi】 (帝国ブログ)
【Tibet】今後のチベットオフの抗議行動を考える7 http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1214144255/ 今後のフリチベ関連スケジュールもこのスレにありました。 全国各地でしかも同時多発的に行われているので、 全てを把握するのは容易ではありませ...