狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「ヘッドロック男」はプロ活動家だった!

2015-04-02 06:24:11 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

昨日のエントリーで紹介したヘッドロック男の正体は、読売や他の本土メディアにより仲宗根和成(35)容疑者であることが報道された。(【追記】で既報)

公務執行妨害で逮捕されたにもかかわらず沖縄2紙が実名報道をしなかった事実は、米兵が犯した些細な交通事故でも実名を挙げて大騒ぎするのとは大違いである。

沖縄2紙の隠蔽工作は、仲井真前知事が公言した「特定団体のコマーシャル・ペーパー」としての面目躍如である。

警官を腕で締め付け、辺野古抗議活動の男を逮捕

2015年04月01日 07時29分

 沖縄県警は31日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古で抗議活動中に警察官の職務を妨害したとして、自称同市為又(びいまた)の自営業、仲宗根和成容疑者(35)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、仲宗根容疑者は同日午前8時過ぎ、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、警備に当たっていた警察官の頭を腕で締め付け、別の警察官の胸ぐらをつかんでボタンを引きちぎるなどして職務を妨害した疑い。「一部しか覚えていない」と供述しているという。

 ゲート前では同日午前6時頃から、反対派約180人が道路上に座り込み、移動を求めた警察官ともみ合いになった。ゲート前の抗議活動を巡る逮捕者は、反対派が座り込みを始めた昨年7月以降、5人目。

2015年04月01日 07時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

<form id="u_0_1u" class="live_793620584051346_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:&quot;793620584051346_793654190714652&quot;}">
 
手登根 安則さんの写真

 沖縄2紙は仲宗根容疑者を実名隠蔽で保護したつもりだが、仲宗根容疑者は辺野古移設反対では名の知られた「じゅごんの会」の共同代表も務めるプロ活動家で、過去には地元紙のトップを英雄的扱いで飾ったこともある。

</form>
 それがこれ↓。

 

 

「ヘッドロック仲宗根」は「くるさりんど山城」が逮捕されたときは、琉球新報の市民の声として取材を受け、「海保ともやり合うが、相手は日米両政府だ。抗議行動を徹底していく」などと豪語していた。

辺野古、未明搬入 停止指示直後「またか」

琉球新報 2015年2月18日 

抗議船に乗り込む海上保安官に反発する市民ら(中央と左端)ら=17日午前10時すぎ、名護市の大浦湾
「米国海兵隊施設・区域」などと表記されたフロートにくくり付けられた新たな浮き=17日午前9時30分、名護市大浦湾

 【辺野古問題取材班】「またか」―。米軍キャンプ・シュワブゲート前で名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らがテントで寝静まる隙を突いた17日未明の資材搬入。知事がトンブロック設置作業停止指示を出した直後の沖縄防衛局の対応に、市民の怒りは爆発した。抗議する市民らは「台船を止める手だてがまだ知事にはない。われわれの運動で止めるしかない」と気持ちを新たにした。17日は最大150人の市民が集結、監視強化のため約30人24時間の警戒態勢を再開することを確認した。大浦湾でボーリング調査再開が近づく中、市民らは警戒を強めている。
 17日午前5時40分ごろ、大型車両の重々しい音に重なって、静寂を切り裂く抗議のクラクションが鳴り響いた。まだ暗いゲート前を赤色灯の光が照らし出した。大型車両通行時は、機動隊員と機動隊車両が、市民らを排除する形で約10分間にわたり国道を封鎖した。
 昼すぎまでに作業員や工事車両の往来で車道封鎖は3回に及んだ。道路封鎖では「道を開けろ」と市民の声が飛び交い、現場は騒然とした。国道の真ん中に立って市民を阻む機動隊員に対し、ある女性は「海は命の母」と書いたプラカードを掲げ、無言で抗議の意思を示した。
 未明の資材搬入に市民らが強く反発、もみ合いが続く中、県警は抗議運動をけん引する沖縄平和運動センターの山城博治議長を一時拘束した。市民らは「不当拘束だ」「弾圧は許さんぞ」と猛烈に訴えた。
 一方、17日の大浦湾の海上では、18日にもボーリング調査用の台船が現れるとの情報を受けてカヌー隊が抗議の準備を進めた。だが海上で海保にいったん拘束され、その後、解放をめぐり海保側と対立。結局カヌー隊が瀬嵩の浜に戻ったのは約5時間後となった。カヌー隊隊長の佐々木弘文さんは「5時間の間、海保からは一切、(海保と交渉する)窓口の『かつ丸』と話し合いがなかった。不当拘束で監禁だ」と批判した。
 第11管区海上保安本部は取材に対し、カヌー隊の解放に至る経緯について「周囲の状況から判断をして適切に対応した」と回答した。現場の海保職員は、かつ丸への合流を求めるカヌー隊員に「拘束はしていない」と繰り返した。
 かつ丸船長の仲宗根和成さんは「18日から台船が来るかもしれない。海保ともやり合うが、相手は日米両政府だ。抗議行動を徹底していく」と語気を強めた

                     ☆

沖縄2紙が「ヘッドロック仲宗根」の実名を隠蔽した理由は、「H 仲宗根」がプロ活動家ではなく、一般市民であると読者に印象付けする魂胆だと思われる。

つまり「国が一般の抗議団を暴力的に拘束した」という印象つくりだ。

「H 仲宗根」がネットメディアにも単独インタビューを受けるほど有名なプロ活動家であることは、次のインタビュー記事を読めば一目瞭然である。

IWJ Independent Web Journal

 
2015/01/21

「沖縄だけでは止められない、力を貸して欲しい」――『海猿』の暴力が続く辺野古海上からの報告〜新基地建設に反対する海上行動のリーダー、仲宗根和成さん(35)に聞く(ぎぎまき記者) 
  
 
 「沖縄差別」が止まらない。

 今月15日から激しさを増している、沖縄・辺野古での市民と県警との衝突。キャンプ・シュワブのゲート前では、21日、 新基地建設に反対する市民と県警機動隊のもみ合いで、女性2人が後頭部を打撲。前日にも85歳の女性が、強制排除の際に転倒し、意識を失った後に病院に搬送されている。

 

 一方、海上でも、怪我人が絶えない。沖縄防衛局の工事を阻止するため、カヌー隊が連日奮闘しているが、海上保安庁とのにらみ合いで、16日、カヌーメンバーの一人が肋骨を骨折。全治3週間の怪我を負った。また、19日には、抗議船の女性船長が、海保職員によってライフジャケットを引きちぎられ、右手首を打撲。翌日の20日には、女性カメラマンに海保が馬乗りになるなど、後を絶たない海保の過剰警備に、市民の間では反発の声が上がっている。

 その上、抗議虚しく、海上工事は着々と進み、フロートやオイルフェンスが設置された。25日には、仮設の桟橋の設置作業が始まるとも言われ、海上は「これまでにない」局面を迎えている。

 海保は警備の様子が広く拡散されることを警戒し、市民のカメラ撮影を妨害するという。海上では、何が行なわれているのか。IWJは21日、新基地建設に反対する、海上行動のリーダー、仲宗根和成さんに連絡を取り、電話インタビューを行った。

 沖縄県出身である仲宗根さんの口からは、海保に対する意外な想いがこぼれた。また、選挙で示した沖縄の民意を無視しての強行工事については、「沖縄差別」だと憤りを隠さない。身体を張って抗議する他に方法がないと語る仲宗根さんは、インタビューを通じて、工事を一日でも遅らせるために「力を貸して欲しい」と、県外や海外からの支援を呼びかけた。
 (IWJ・ぎぎまき)

※ 2015/01/15 【沖縄】知事不在を狙った深夜の強行搬入! 民意を踏みにじられ続ける沖縄・辺野古でまたも機動隊が市民らを排除!
記事目次
◾船長はカヌー隊を守るのが仕事
◾「敵は日米両政府」—ヤマトの人間が信用できないから、若い世代は選挙に行かない
◾海保の暴力と、報道では見えてこない現場での気遣い
◾ 県外から来た職員がリーダーシップを取っている
◾ 「ここを埋め立てないでくれ」と言った海兵隊高官のエピソード
◾10年前に闘った先輩の意思を受け継いでいる


▲「勝丸」の船長、仲宗根さんは普段、大浦湾でエコツアーガイドとして働いている

船長はカヌー隊を守るのが仕事

――海上行動にはいつから参加しているのか

仲宗根和成さん(以下、仲宗根・敬称略)「去年(2014年)7月中頃です。5年前から大浦湾をベースにエコツアーガイドをやっていて、目の前の海が埋め立てられるのが嫌だった。僕は、そこがきっかけですね。

 ツアーガイドの仕事に就くまでは、基地問題については詳しくありませんでした。カヌーを漕いでお客さんを案内するうちに、基地のことを知り、少しずつ人に聞いたり、自分で調べるようになりました。それで、船舶の免許を持っているし、自分でも何かできないかと、ヘリ基地反対協議会の安次富浩さんに相談したら、『じゃぁ船長でがんばってくれないか』ということで、海に出ています」

――1日に何時間くらい、海で抗議活動を

仲宗根「朝8時に出て、夕方4時までいるので、ほぼ一日ですね。今月(1月)15日から特に厳しい状況で、(沖縄防衛局の)作業員が朝8時30分から夕方5時まで作業するので、その間はずっと海保とにらみ合いです」

――仲宗根さんの船長としての役割は

仲宗根「ハンドマイクを持った人を船に乗せ、海保の職員と作業員に対して、『基地を作るな』『海を壊すな』と抗議しています。カヌー隊や僕らは、工事を止めて欲しいから作業現場を目指して近づきますが、作業の邪魔をさせたくない海保のゴムボートがこちらに近づいてくる。『危険な行為』ということで、カヌー隊を確保、拘束するわけです。僕らは手を出すわけではなく、『それが仕事なら、優しくやってくれ』と呼びかけます。

 ただ、こちらの想いも強いので、どうしても海保も暴力で抑え込もうとする。だから、肋骨を折る人も出てくる。海保はこちらの船にも乗り込んで、カメラを取り上げ、押し合いへし合いになる」

――カヌーを転覆させ、カヌー隊の顔を水につけ、弱まったところで確保するという暴力が行なわれていると聞きますが

仲宗根「今年(2015年)に入ってからは、それはないですね。昨年の夏場はありました。夏は温かいし、カヌー隊も元気で、フロートに乗り込もうとするので、そういう場面もありましたね。

 今も、カヌー隊が海に落ちる場面はもちろんありますが、海保も海に降りて、カヌーメンバーをボートに引き上げる。激しいのは引き上げてからです。カヌー隊が抵抗すれば、3人の職員に羽交い締めにされ、強制的に座らせられます。海保も力が入るから、肋骨を折ったりする

※ 2014/08/21 【沖縄】辺野古海上での抗議の模様(動画)

「敵は日米両政府」—ヤマトの人間が信用できないから、若い世代は選挙に行かない

――仲宗根さんご自身は、何に対して闘っているのか

仲宗根「僕は、日米両政府が敵です。海上保安庁ではありません。ただ、目の前のことを無視することはできないですから。現実問題、目の前のことを一日一日積み重ねて『お前らがやっていることはおかしいんだよ』っていうことを教えながら、最終的には、相手は日米両政府ですね。基地建設を止めてくれというのが一番の目標です。

 今は建設工事を一日でも遅らせること。少しでも遅らせることができれば、いろいろ起きてきます。去年(2014年)11月の衆院選の前には、フロートを設置して、いよいよ明日からという直前に、フロートが突然撤去されたことがありました。聞く所によると、政治家の一声だったと。選挙前には、防衛局も海保も動かして工事を進めていましたが、選挙直前になって、一日で撤去した。工事を進めてしまうと、沖縄の自民党から分が悪いと反感があったのでしょう」

――逆に、今は選挙で民意を示しても、政府からの一声で工事が進んでいると

仲宗根「僕はそうとしか思えないから、だから、やっぱり敵は日米両政府なんです。本当は、日本が悪いんでしょうけど。国際社会でいったらこれは『差別』だと思うんですけど、なんでこういうやり方がまかり通るのか、不思議でたまりません。

 投票に行っても変わらないんだったら、選挙やらなければいいと。僕は後輩も一杯いますけど、選挙に行きたがらないですよ。それはそうですよね。選挙で勝っても、結局やる。だからヤマトの人は沖縄の人に信用されないんですよ」

――選挙で勝っても建設工事が進められるから、身体を張るしかないと

仲宗根「そうです。選挙やってこっちが勝っても、押し進めるわけだから」

――県外から応援に駆け付けてくれていることは、どう思うか

仲宗根「もう、ぜひ、力を貸していただきたいですよ。じゃないと止められない。日本だけじゃなくて、世界からも来て欲しい。この光景をみて欲しい」



 

▲抗議する市民を監視、拘束する海上保安庁のゴムボートは、海上に20隻以上出るという


海保の暴力と、報道では見えてこない現場での気遣い

――連日の暴力行為について、どう感じているのか

仲宗根「ゴムボートを統括しているリーダーとは、毎朝、会って話をするんです。お互い、怪我はさせたくないんで。僕が『今日はどういう作業をするのか』と聞くと、作業内容を教えてくれますよ。こっちも『じゃあ、分かりました』と。でも、もし現場が騒然とすることがあれば、『そん時はそん時だね』と。こっちは抗議しに来ているんで。

 去年の夏は、8月後半から1ヶ月、お互い喧嘩腰でしたけどね。でも、毎日、顔を合わすようになると、向こうも歩みよってくる。現場の人間は、お互いを理解している。現場の人間しか、これは分からない。海保のトップも、安倍政権も官僚も何も分からないと思いますよ。

 僕らは、彼らの肩をまだ持ってますからね。海保は、『確保』と指示が出れば、こっちを押さえ込む。そういう訓練を受けていますから。

 だから、僕は『そういうことをするな、怪我をさせるな、落ち着け』って叫ぶわけです。そうすると、相手も落ち着きますよ。『申し訳ありませんでした』と謝りますよ。やっぱりそうですよね。あっちも人間だから。怪我させたくないし、逮捕もしたくない。気持ちを問いただすように話していくと、向こうもね、下むいたりして、やっぱり嫌なんですよ。

県外から来た職員がリーダーシップを取っている

この続きは、会員限定となります。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に完敗した中国鉄道ビジ... | トップ | 菅氏、粛々と初会談へ、翁長... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-04-02 06:52:16
人の口に戸は立てられぬ
悪事千里を走る
Unknown (東子)
2015-04-02 07:16:06
〉自称同市為又(びいまた)の自営業、仲宗根和成容疑者(35)

自称www
実態が確認出来ないってことですね。
Unknown (東子)
2015-04-02 09:14:19
「「南シナ海に万里の長城」と中国を批判 2015年04月02日」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150401-OYT1T50149.html?from=ytop_main1

>ハリス氏は、「中国はサンゴ礁の上に土砂を入れてコンクリートで舗装し、4平方キロ以上の人工の土地を作り出した」と語り、中国を名指しで批判。
>岩礁の埋め立てを続ける中国の意図に対し、「深刻な疑問が上がっている」と語った。

こういう中国に沖縄サヨク、沖縄の自然保護団体は、どう対応しようというのか?
Unknown (東子)
2015-04-02 09:17:28
ネットでの拾い物

>【沖縄】 龍柱工事が中断している模様。 工事看板を取り外し、作業員が撤収したそうです。 年度内の完成ができなかった為 工事費用の保証ができなくなったのでしょうか? このまま永遠にヤメロ❗️
https://twitter.com/arigatou45671/status/583046882689056768/photo/1
Unknown (宜野湾より)
2015-04-02 10:09:42
仲宗根さんにとっては人に聞いたり自分で調べた結果、相談する相手が安次富さんになるのも自然だったんだね。

>ただ、こちらの想いも強いので、どうしても海保も暴力で抑え込もうとする

>カヌー隊が抵抗すれば、3人の職員に羽交い締めにされ

>『お前らがやっていることはおかしいんだよ』っていうことを教えながら

>国際社会でいったらこれは『差別』だと思う

>お互い、怪我はさせたくないんで

>『そん時はそん時だね』と。こっちは抗議しに来ているんで

>『そういうことをするな、怪我をさせるな、落ち着け』って叫ぶわけです

>気持ちを問いただすように話していくと、向こうもね、下むいたりして、やっぱり嫌なんですよ。


これを読んだら海保の皆さんはたぶん心の中で微苦笑だろうな。
担当現場で怪我人がでたり、遭難者ではない、やる気で暴れる者を確保することが残念で当たり前じゃないの。
人命確保のためにどうしても避けられないなら多少の怪我も致し方なしというだけじゃない?
仲宗根さんは海保を理解している振りをしてディスっているね。
仲宗根さんの言葉の数々から感じるのは、絶対的に正しいと信じていることに邁進する自分への高揚感、かな。
だから、

>選挙で勝っても、結局やる

と自分で述べた結論がなぜそうなるのか・どうそこへ辿り着いたのかには関心が無くて、

>だからヤマトの人は沖縄の人に信用されないんですよ
>投票に行っても変わらないんだったら、選挙やらなければいいと

なんて中2かよwwな捨て台詞がでる。

あのような言葉の数々を口に出していくことで高揚感が感じられて、反芻することでまた高揚して、更なる高揚感を求めて行動がエスカレートしていくよ、こういう人、こういう運動は。

海保ガンガレ。支持する。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (Unknown)
2015-04-02 10:28:36

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

那覇市の与座さんは1月9、27日、2月21日、3月9日に続き今年5回目の掲載。
大阪市の阿部さんは1月4、10、17、26日、2月4、17、24日、3月3、14日に続き今年10回目の掲載。
石垣市の太田さんは2月1日、3月12日に続き今年3回目。
今帰仁村の伊波さんは1月3、18日、2月10、26日に続き今年5回目。

(おまけ)
2014年度(14年4月1日~15年3月31日)の一般投稿は合計2324本。(「主張・意見」1557本、「論壇・寄稿」410本、「茶のみ話」357本)
年齢記載のある投稿者延べ2300人の平均年齢は63.7歳。

掲載回数上位の方々(敬称略)

渡真利善朋(豊見城市)40回
阿部仁(大阪市)   38回
米蔵任(豊見城市)  38回
上治修(福岡市)   35回
比嘉寛(那覇市)   34回
岸本定政(糸満市)  33回
知念勇一(嘉手納町) 31回
名嘉村肇(うるま市) 31回
敦賀昭夫(京都市)  30回
池辺賢児(宜野座村) 29回
幸地忍(八重瀬町)  28回
仲村直樹(宜野湾市) 28回
高安哲夫(那覇市)  27回
東内原克憲(浦添市) 26回
山根光正(那覇市)  26回
東江義昭(恩納村)  25回
具志堅興清(西原町) 23回
長濱清信(うるま市) 23回
町田宗順(沖縄市)  23回
鳩間用吉(那覇市)  22回

10回以上掲載された方は63人。

ちなみに、このブログでも人気沸騰の元公務員・現テロリスト山城博治氏は、昨年6月13日、7月1日の2回掲載。


ヘッドロック仲宗根とその仲間たち (沖縄県民)
2015-04-02 11:49:45
「ヘッドロック仲宗根」・「くるさりんど山城」・「ひきにげ目取眞」・「コーヒー缶佐々木」・「噛みつく景山」
 どれも面白いネーミングだ。

 「龍柱。官房長官が来るから隠しておけ。(byONG)」
でもないだろうが、突っ込んだ税金はどうなるのだろう。
 過払い請求弁護士に頼んで取り戻せないか。
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-04-02 13:45:45
感想です。
実名報道で昨今の話題は「少年法」や「少年犯罪」に対して「実名報道」ありかなしかなんですが、沖縄メディアにおいては「プロ市民」「活動家」であれば、いい大人も「実名報道不可」なんですね。

「特定秘密」で盛んに煽った国民の「知る権利」はどこいったのか(笑)?今更ながらのダブルスタンダード!
俺さまに不都合なのは隠して良い!俺さまが広めたいのは「ねつ造」してまでも報道して良い!「独裁」体制そのまんまの沖縄メディア、それを正しいと思い込んでいる沖縄メディアって、本当に頭おかしい。

でも、ふと浮かんだ思いが…。
「ヘッドロック仲宗根」(35才)の文を読んで感ずる事は、宜野湾よりさんも指摘しているように中2病かよって事。
もしかしたら、沖縄メディアは「「ヘッドロック仲宗根」が実年齢35才なのに脳年齢が中2って知ってたかもwww
それとも、他人に危害を加えてるのに覚えとらんとか、何らかの「精神疾患」があるとみて「実名報道」控えたとか?
教えて沖縄メディアさーん(笑)

》5年前から大浦湾をベースにエコツアーガイドをやっていて

ピンポイントで大浦湾www
5年前って、2010年ですね。この年の出来事で思いうかぶのが支那漁船が我が国の海保に体当たりした重大事件がありますね(」゜□゜)」

何か関係あるのですか?教えて「ヘッドロック仲宗根」

》仲宗根「僕は、日米両政府が敵です。

思い出すのが、70年代労働組合が言い放った一言「会社は敵www」
脳年齢が中2(実際の中学2年生が怒りそう)かと思えば、いきなり、全共闘世代www35才という年齢も、もしかして「自称」だったりして(笑)

自国を「敵」と称する輩は、国家転覆罪、争乱罪、何でも良いから逮捕して下さい。

海保頑張れ\(^o^)/乱暴狼藉の輩を五体満足に排斥する我が国の海保は、さすが世界に冠たる「海猿」で御座います。

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL