狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

流弾事件は民間住宅地で起きた 県警、基地内立ち入りへ 

2009-10-08 07:15:28 | 金武町流弾事件

沖縄タイムス 2009年10月07日 政治 

県警、基地内立ち入りへ 金武流弾事件/米軍と調整 関係者も聴取

 金武町伊芸区で昨年12月にあった流弾事件について、県警の黒木慶英本部長は6日の県議会9月定例会一般質問で、県警の基地内への立ち入り調査や訓練関係者の事情聴取について米軍側が認める方向で調整していることを明らかにした。ナンバープレートに突き刺さっていた金属片は県警の鑑定で米軍が使用する50口径通常弾「M33BALL」の弾芯と同種だったとし、「弾芯は発見当時、ほとんどさびはなかった」と述べた。吉田勝廣氏(無所属)への答弁。

 黒木本部長は「基地内の調査と事情聴取に向け、県警と米軍当局で具体的に協議している。米軍当局に対し伊芸地区近くでの訓練を実施した部隊名、訓練日誌などを照会しており、一部回答を得た」と説明。内容については、捜査にかかわるとして答弁を控えた。

 事件は昨年12月13日に発覚。金武町伊芸区に住む男性の自宅駐車場に止めていた車のナンバープレートに、長さ約4・5センチ、直径約1センチの銃弾が突き刺さっていた。県警は目撃者の情報などから事件発生日を10日と特定。同区が米軍キャンプ・ハンセンに隣接しているため、県警は米軍の流れ弾の可能性があるとみて捜査している。

 一方、米軍は独自調査などから「訓練場から発砲された証拠が見つからなかった」として、事件発生前後にあった訓練との関連性を否定している。

                                                  ◇

米軍関連の事故や事件が起きると、犯人や証拠は米軍側に確保され、県警側は地位協定の壁に阻まれて手も足も出ない状態で地団太を踏む、といった印象を受ける。

確かに米兵の公務中や基地内で起きた事件・事故の場合は県警が地団太を踏む場面があることを否定できないが、事件はほとんどが公務外の基地外で起きている。

「米兵女子中学生暴行事件」や「比女性暴行事件」もこの例に漏れず、事件発生後に容疑者の身柄確保や証拠物件の押収を行ったのは県警側であり、その後の捜査の結果立件できず不起訴のなった経緯は再三書いた。

上記引用の「米軍流弾被弾事件」も上記二事件と全く同じで事件は民間住宅地で起きており、初動捜査は全て県警が行った。

 

米軍関連の事件にしては沖縄紙が長い間沈黙を守っていたのは不可解だったが、やっと少し動きが出てきた。

米軍関連事件とは言っても、今朝のタイムス社会面が三段抜きで取り上げているような「轢き逃げ事件」ではなく、民間住宅地で銃弾が車庫に駐車中の車に突き刺さるという危険きわまる事件である。

これまでの沖縄紙の報道姿勢からいって長期に渡る沈黙に関して何度も疑念を投げかけてきた。

今朝の沖縄タイムスは久し振りに社説でこの問題を取り上げたようだが、本音は書きたくはないがこれまで騒いできた手前、触れないわけには行かないといった歯切れの悪い内容である。

例によって沖縄紙のウェブ記事のアップは遅いので、これについては稿を改めて論評したい。

 
以下は関連の過去記事を編集加筆したものです。

 

                 ◇


刑事ドラマよくあるシーンにこんなのがある。

主人公の敏腕刑事が綿密な聞き込み調査の結果、犯人の鉄壁のアリバイを崩し、いよいよ犯人逮捕を目前にして、

課長に呼ばれる。

捜査課長:「アリバイはそのままにして、これ以上この事件を追及するな」

敏腕刑事:「何故ですか。 理由を言ってください!」

課長:「俺にもわからん。 上からの命令だ!」

刑事:「ここで事件がウヤムヤになるのは悔しくないですか!」

課長:「俺も悔しいが、ここは我慢してくれ、上には逆らえん!」

刑事:「うーん、政治決着ですか」

夕暮れの屋台でコップ酒をあおりなが悔しがる二人を背景に、ここで物語りは・・・・[完]

 

事件が、現場の捜査を無視して政治的に決着することは小説の世界だけと思うだろうが、沖縄の米軍がらみの事件では珍しくはない。 

沖縄では「県民感情」が法律に優先するものらしい。

米兵女史中学生暴行事件」、

米兵比女性暴行事件

などのように事件性はなくとも、新聞が騒げば「県民感情」に配慮していずれも「政治的決着」で終わっている。

昨年12月以来沖縄紙が号外まで出して大騒ぎした金武町伊芸区の「米軍流弾事件」は、米軍側のアリバイ調査にもかかわらず、上記ドラマの逆バージョンで終わりそうだ。

米軍の調査団はこう言って悔しがっているだろう。

「事件は現場で起きている。日本の国会で起きているわけではない」と。

まさに事実は小説より奇なり、である。

沖縄タイムス 2009年05月23日 政治 

12月10日で米軍認識/伊芸流弾発生 警察庁説明「理解を得た」【政治】
 【東京】金武町伊芸区の流弾事件で、発生日が県警と米軍で異なっていることについて、警察庁の西村泰彦審議官は22日の衆院外務委員会で「4月中旬の(日米)協議の場などにおいて、県警が12月10日と説明し、米軍側の理解を得たと承知している」と述べ、発生日の認識が一致したとの見解を示した。赤嶺政賢氏(共産)に答えた。

 これまで、県警は12月10日として米側に再三伝えていたが、米軍側は同月11日との考えを示し、食い違いがあった。米軍の最終報告書でも「事件発生は訓練終了以降の11日」と書かれていた。

 赤嶺氏は報告書撤回を米側に求めるよう促したが、中曽根弘文外相は「継続中の日本側捜査の結果を見ながら適切に対応する。現時点で調査結果の見直しを求めることは考えていない」と述べるにとどめた。

 一方、県警が米側に要請していた基地内への立ち入り調査について、西村審議官は「米側の同意が得られていない。現在まで実現に至っていない」と説明。「(県警は)米軍と協議を重ねて、関係者からの事情聴取やさまざまな情報収集に努めている」とした。

                    ◇

読めば読むほど奇怪な記事だ。

事件の検証を現場で行うシーンはテレビでもよく見る。

現場検証というヤツだ。

それを国会で行う不可解さはおくとしても、

県警と米軍では事件発生日に1日の違いがあったはずだ。

県警の主張を米軍が「理解した」というのなら、当然米軍の最終報告書が間違っているわけで、直ちに報告書を書き変えるのが筋だろう。

更に不思議なことに、米軍は「流弾は第三者が細工した」として米軍の関与を否定していたわけだから、それを翻して「県警の主張=米軍犯人説」を認めたのなら、

沖縄タイムスは号外はともかく、一面と社会面のトップで大きく報道しているはずだが、報道されたのは二面の政治面である。 

通常だったら社説やコラムもこの「朗報」を見逃すはずはないが、これもない。

目立たない「政治面」で報道したことが事件の政治決着を暗示する。

米軍が県警の主張を認めたのなら、

「卑劣な米軍に抗議する県民大会」を開催するのがいつものパターンではなかったのか。

県警が米側に要請していた基地内への立ち入り調査について、西村審議官は「米側の同意が得られていない。現在まで実現に至っていない」と説明

基地内に立ち入り出来ないのが調査の妨げになっているような印象操作記事だが、

事件は民間住宅街で起きており、県警が調査するまでもなく沖縄タイムスの機動力を持ってすれば簡単に聞き取り調査できる極めて単純な事件だ。

何もここでわざわざ基地内に立ち入り調査するほどの事件ではない。

琉球新報を読むと謎は更に深まる。

県警の主張は認めながら、「発生日変更求めず」?

琉球新報

伊芸被弾事件、発生日変更求めずl2009年5月23日
 【東京】2008年12月、金武町伊芸区の住宅地で発生した民間乗用車のナンバープレートへの被弾事件で、事件発生日時に関し米軍と沖縄県警察で認識が異なっている件について、警察庁の西村泰彦長官官房審議官は22日、衆院外務委員会で「発生日時について米軍は4月中旬の協議の場などにおいて、県警察が12月10日である旨を説明し、米軍側の理解を得たものと承知している」と述べ、これまで日本側が主張する事件発生日を否定していた米側の姿勢に変化が生じていることを明らかにした。
 赤嶺政賢氏(共産)の「事件の発生日に関し、米軍は認識を改めたのか」との質問に答えた。
 米側が11日を事件発生日とする当初の主張を撤回した場合、米軍と被弾事故とは無関係とした米軍の3月の最終報告書の信ぴょう性が問われることになる。
 委員会での質問に先立ち、警察庁から説明を受けた赤嶺氏によると、4月中旬に行われた県警と米捜査当局との協議で日本側が事件発生日を12月10日と説明した際、従来の協議では「10日発生説」に異論を唱えていた米軍が同日は反論しなかった。
 発生日について米側の姿勢に変化が生じているものの、22日の衆院外務委で中曽根弘文外相は「現時点で米側に調査結果の見直しを求めることは考えていない。引き続き日本側への捜査への協力を要請していく」と述べるにとどめた
 県警によると、9日と10日には発見現場に隣接する米軍キャンプ・ハンセン内で、被弾事件と同型の実弾を使った射撃訓練が実施されており、被害者の聞き取り調査などを基に10日が発生日だとしている。米側はこれまで、事件発生日は11日とし、3月に発表した最終報告書でも米軍と被弾事件は無関係としている。

                   

さすがに新報は「米軍基地への立ち入り調査云々」の目くらましは報じていないが、国会で追及したのは沖縄県選出の共産党・赤嶺議員。

米軍と被弾事故とは無関係とした米軍の3月の最終報告書の信ぴょう性が問われることになる」というのなら、

もっと大騒ぎして米軍の最終報告書の訂正まで追及すべきではないのか。 少なくとも「しんぶん赤旗」に「米軍の捏造報告書」くらいの記事が出るのが通常だが、今回は赤旗には赤嶺議員が国会で追及したことさえ報じていない。

沖縄タイムス、琉球新報は昨日の記事で自分が点けた火を消火したつもりなのか。

以後沈黙を守るつもりならとんだ考え違いである。

事件のあった日は県警の主張と米軍の主張どちらが正しいのか、はっきり読者に知らせる義務がある。

ん?

国会で「県警の主張を米軍が理解した」って?

だったら、米軍の最終報告書を捏造報告書だとして、訂正するまで大キャンぺーンをする責任があるだろう。

それでもダメなら「抗議の県議会決議」⇒「抗議の県民大会」といった一連の得意技があるではないか。

関連エントリー:

 どんなことがあっても、真相を突き止めるよ!金武被弾事件

金武被弾事件一覧、 琉球新報記事

 

沖縄タイムス、琉球新報の記事は不可解だと思う方、

クリック応援おねがいします。

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀井静香のいいがかりと高嶺... | トップ | 職務質問の代償 鬼畜の実名 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-10-08 22:35:22
狼魔人様

沖縄左翼マスコミの提灯持ち作家、目取真はよく言います。
地元紙が地元の事を書いて何が悪いと。
何度も言いますが、地元紙が地元優先で誰も悪いとは言っていません。むしろ素晴らしいことです。悪いのは嘘を垂れ流してまで、県民を反日、反米に誘導して行くことです。
左翼マスコミですから、左よりの論調は仕方ないとしても、そのために嘘、捏造は十八番。ではもはやメディアの価値は無く、トラネコ様の仰る様に政治結社新聞です。
沖縄戦は唯一の地上戦。軍官民共生共死。
最近では、米軍基地の75パーセントが沖縄に集中。や、11万人県民大会。少女暴行でっち上げ。
腐りきった沖縄のマスコミは、何処まで嘘、捏造するのでしょう。
Unknown (涼太)
2009-10-08 22:49:08
狼魔人様

普天間問題、結局沖縄県内移設で決着しそうです。
大山鼓動してネズミ一匹。です。
ハトポッポも「県民の気持ちが一番大事だが、時間的制約もある。」などと格好つけていないで、出来ないものは出来ない。とハッキリ言えば良いものを。悪戯に県民感情を刺激しないで欲しいものです。
それにしても、失業率が高止まりしているのに、毎日ノー天気な発言ばかり。
ノー天気な政権を選んだ付けは、ノー天気な国民に廻りますが、それにしても。

Unknown (涼太)
2009-10-08 23:05:15
狼魔人様

あんなに威勢の良かった、後期高齢者医療制度は姥捨て山だ。と発言していたミスター年金も、年々増加する医療費の実態の前にトーンダウン。
最近疲れが顔にも出ています。やれやれ。

>>http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091003/stt0910030726015-n1.htm
Unknown (義挙人)
2009-10-09 08:01:56
おはようございます。
狼様 お借りします。

(涼太) さんへ
いつも痛快、明解な、コメント興味深く拝見させてもらっています。
普天間飛行場も、県外、国外、県内移設といろいろと意見がありますが、地域住民としては、とにかく、一刻も早く、「危険な飛行場」を撤去でもいい、移設でもいい、危険を早く取り除いて欲しいと言う思いなのに、何をためらっているのか、、、地域住民はあきれ返ってますよ。

環境アセス、、ジュゴン、、新たな基地建設、、等々、、いいかげんに、早く
解決してくださいよ。と言いたいです。
  ブレブレの黒鳩様へ。
あきれて、、モノも言えません。 (義挙人)
2009-10-09 09:23:14

またまた、ブレましたよ。

県内移設は 容認でないと、、

一日もたたないうちに、昨日の発言 撤回しました。

「いい加減せ、、ワジ、ワジィー」(怒)

Unknown (狼魔人)
2009-10-09 10:22:27
涼太さん

>普天間問題、結局沖縄県内移設で決着しそうです

新聞がばら撒く「県民の九割は辺野古移設に反対」という大うそに民主党も気が付き始めた結果の大ブレだったのでしょう。


>最近疲れが顔にも出ています。

顔の疲れは政策のブレというより、「故人献金」で顧問弁護士が特捜の事情聴取を受けたせいが大きいと思いますよ。

特にオリンピック招致演説の時の表情は目が完全に泳いでいました。



義挙人さん

民主党のブレは「政策の調整」だと毎日新聞の与良氏はTBS「朝ズバ!」で弁護していました。

それにしても普天間移設についてだけも、鳩山、岡田、前原、北沢すべて言っていることが微妙に違いますが結局辺野古で決まりでしょう。


辺野古のジュゴンを見たことがある人は何人いるでしょうか。 いっそのこと喰ってしまったら一件落着ですがね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL