狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

犯罪者を正義の人と報じる沖縄2紙

2015-11-05 06:36:51 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

凶暴化したプロ活動家排除する警察官をまるで暴力団のように報道する沖縄タイムス。

辺野古での場外乱闘を「正義の戦い」のように報道する捏造新聞の発狂見出しの紹介です。

■一面トップ

警視庁機動隊投入

辺野古総勢200人規模

対立激化 逮捕・けが人も

■二面トップ

辺野古に警視庁機動隊

強行と一線 国に思惑

「要請応じた」配慮強調

■第二社会面トップ

排除 弾圧そのもの

隊員 襲ってくる

政府 焦りの表れ

■社会面トップ

辺野古

国強行 怒号と悲鳴

警視庁機動隊に猛反発

抗議市民「ここじ沖縄だ」

 

辺野古 国強硬は怒号と悲鳴 警視庁機動隊に猛反発

沖縄タイムス 2015年11月5日 05:10
 
テント前でもみ合う警察官と市民ら=4日午前9時5分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前テント前でもみ合う警察官と市民ら=4日午前9時5分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前

 【名護】米軍キャンプ・シュワブ前に警視庁機動隊が投入された4日。新基地建設に反対する市民と機動隊の衝突は激化し、反発はさらに強まった。怒りの矛先は強硬姿勢の政府にとどまらず、戦後70年たってなお抗議行動に明け暮れる沖縄を知らない「ヤマト」にも向かい始めた。市民は目の前の警視庁機動隊に積年の怒りをぶつけるように声を張り上げた。「ここは沖縄だ」

» 基地と原発のニュースをフクナワでも

 

 東の空が白んだ同日午前6時20分、ヘッドライトをつけた警視庁機動隊の大型バス5台がシュワブ前に現れた。集まっていた市民からは「帰れ」「沖縄をいじめに来たのか」と怒声が飛んだ。

 ゲート前が一変したのは午前7時前。市民約150人が工事車両の進入を阻止しようとゲート前に結集すると、それを上回る機動隊約200人がシュワブ内から出動。色とりどりの市民を紺色一色の機動隊が取り囲み強制排除にかかった。

 動員で表面化したのは市民の本土への感情だった。歩道沿いに横一列に並んだ警視庁機動隊に市民は「沖縄の歴史を勉強してから来い」「県民をなめるなよ」。60代男性は「彼らに言っても仕方ないと分かっているが、感情を抑えることができない。権力で抑え込もうとするやり方が許せない」と思いをぶつけた。

 数で上回る機動隊は、両隣と腕や足を絡ませて必死に座り込む市民を次々と地面からはがし、10分ほどで強制排除した。

 市民と機動隊の衝突は午前7時前から約3時間、断続的に起きた。県警機動隊員の対応が手荒になると、市民から「警視庁から応援が来ているからって緊張するな」とげきが飛んだ。

 沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「やればやるほど反発が強まるだけだ」とけん制。山城博治議長は「もう単なる反対運動ではない。沖縄とヤマト政府の全面対決だ。県民は勇気と自信を持って結集して」と呼び掛けた。

                      ☆

わずか100人余の反日サヨク活動家が辺野古で工事妨害している騒ぎを、まるで沖縄中が怒り狂っているように捏造報道をする沖縄タイムス。

岸信介元首相は、60年安保騒動のとき、国会を取り巻くデモ隊を誇大報道するテレビを見ながら、日本中が安保反対であるかのような報道姿勢に対し、「この瞬間も後楽園球場は野球ファンで満員である」と述べたという。

全国から流れ着いた100人余の反日活動家の工事阻止行動が沖縄県民を代表するはずはない!

いい加減にしてほしい。

                 ☆

沖縄県民でさえも発狂2紙の捏造報道に騙される。

「琉球新報と沖縄タイムスを糾す県民・国民の会」の我那覇真子代表が石垣市で講演を行った。

「辺野古住民は移設容認」 国連演説の我那覇さん講演

 
米軍普天間飛行場移設問題などについて語る我那覇さん=4日夜、大川公民館米軍普天間飛行場移設問題などについて語る我那覇さん=4日夜、大川公民館

 翁長雄志知事に対抗し、9月にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説した名護市民の我那覇真子さん(26)が4日夜、大川公民館で「沖縄の知られざる真実の声」をテーマに講演した。
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題について、地元の辺野古区民は移設容認が多数だと指摘。「辺野古の本当の声は全然報道されない。辺野古にはもうキャンプ・シュワブという基地があるから、新基地建設という言葉も誤っている。キャンプ・シュワブはまちおこしのために辺野古が誘致したもので、今でも米軍とは友好関係にある」と強調した。

                  ☆

>新基地建設という言葉も誤っている。キャンプ・シュワブはまちおこしのために辺野古が誘致したもので

沖縄2紙の紙面に踊る「新基地建設」は間違い。

沖縄2紙が県民をミスリードするための悪質なプロパガンダである。

県外の人は勿論だが、沖縄県民でさえ辺野古に新たに米軍基地を増設すると誤解している人が多い。

翁長知事は狡猾にも新聞のミスリードを利用して「わずか0・6%の地域に74%の米軍基地が集中する」という手垢の付いたフレーズを繰り返している。

 【おまけ】

 全国から辺野古へ集結する反日サヨク活動家の中には、グリンピースのような札付きもいるが、さすがに辺野古への停泊申請は却下されたようだ。


琉球新報 11月5日
 
沖縄総合事務局(久保田治局長)は4日、名護市辺野古新基地建設に反対するため辺野古沖周辺に停泊予定だった国際環境保護団体グリーンピースのキャンペーン船「虹の戦士号」(オランダ船籍、855トン)の許可申請を却下した。2005年、07年に同様の抗議活動を展開した際は許可が出ており、同団体は処分を不服として、行政不服審査法に基づき国土交通相に対し審査請求する。
 

 同団体によると、総合事務局は辺野古移設工事が始まっていることを挙げ「安全確保の観点から支障が生じかねない」と説明した。
 グリーンピース・ジャパンによると、10月28日に船舶法に基づき大浦湾への停泊許可を申請。第11管区海上保安本部に航行予定を開示し、日米両政府が辺野古沖に設定した臨時制限区域内には入らないことなどを打ち合わせしてきた。
 同団体は「05、07年の来沖時は1、2日で許可が下りていた。辺野古反対で声を上げれば圧力をかけてくる構図だ」と国の対応を批判した。

【追記】

哀れジジ・ババ活動家!

雉も鳴かずば撃たれまいに

 

 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古騒動!鬼の機動隊vs... | トップ | 代理署名拒否訴訟「法律的に... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-11-05 09:40:35
>凶暴化したプロ活動家排除する警察官をまるで暴力団のように報道する沖縄タイムス。

海保を暴力集団に仕立て上げようと画策したが失敗したことを学習できない面々ですね。
Unknown (東子)
2015-11-05 09:40:53
>政府 焦りの表れ

焦らせても、道交法違反は、消えませんけどぉ~~。
Unknown (東子)
2015-11-05 09:41:26
>動員で表面化したのは市民の本土への感情だった。
>歩道沿いに横一列に並んだ警視庁機動隊に市民は「沖縄の歴史を勉強してから来い」「県民をなめるなよ」。
>60代男性は「彼らに言っても仕方ないと分かっているが、感情を抑えることができない。権力で抑え込もうとするやり方が許せない」と思いをぶつけた。

へぇ~~。
「彼らに言っても仕方ないと分かっている」のに自制のきかない暴力的な沖縄県民。
要請した沖縄県警でなく、本土への感情?
筋を考えられない沖縄県民。
ネジくれている沖縄県民
と、報道したいわけね。

これ、沖縄県民をdisっていることになると思いますよ。
Unknown (東子)
2015-11-05 09:41:56
>わずか100人余の反日サヨク活動家が辺野古で工事妨害している騒ぎを、まるで沖縄中が怒り狂っているように捏造報道をする沖縄タイムス。

シュワブ・ゲート前の反対派のアジテータ、「昨年のセルラースタジアムに集まった1万5000人の一割がここ(辺野古)へきてくれるだけで、機動隊なんて潰せる」と。
1500人、確かに、潰せるかもね。
でも、1500人集まらないのよね……(涙)
で、1500人集まっても、機動隊は全国にもっといますからねぇ(棒

次は過激なジィーは独立運動に繋げていると騒いでますね。
反対運動していますアリバイ組は、今までの組織を束ねる屋上屋組織を作るから、きっと反対運動は活発になると、もごもご説明。
Unknown (東子)
2015-11-05 09:42:12
「グリーンピース抗議船の辺野古停泊を却下 国に不服審査請求へ 2015年11月5日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-166257.html

グリーンピースがイルカの町大地町の文化を破壊。
名護の文化もグリーンピースに破壊されたいのか。

名護曲レストラン (なぐまがいれすとらん) 0980-53-5498
ヒートゥ料理
https://pbs.twimg.com/media/CIEjc2JVAAAb-H1.jpg
Unknown (東子)
2015-11-05 09:42:35
「警視庁機動隊を初投入 シュワブゲート前 衝突激化で逮捕者、救急搬送も 2015年11月5日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-166256.html

警視庁の機動隊員の中にも、沖縄出身者がいるかもと想像できないの?
別に江戸っ子だけで組織されていないよ~。
Unknown (東子)
2015-11-05 09:43:21
「<社説>辺野古崎に土器 法治国家なら法の順守を 2015年11月5日」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-166261.html

おぉ、民意だけで止められると思っていた沖縄にも、やっと法対法と言う考えが!
いいですね~。
そうですよ、民意だの趣旨だのは前提で、それを基に法的手続きをとって、初めて効力を発揮できるの。


>文化財保護法の趣旨から言えばそうなる。
>「法治国家」と言うなら、菅氏は法の順守を肝に銘じてもらいたい。

趣旨に沿って、県教育委と名護市教育委は法的手続きを即座に取りましょう。
法的手続きの遅れが、開発を進めてしまいます。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-11-05 10:40:22

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「国の沖縄政策 本音あらわに」の名護市・奥平孝一さん(48)は2月3日、3月24日、4月12日、5月25日、6月25日、7月9、29日、8月22日、9月17日、10月11日に続き今年11回目の掲載。
「高齢者農作業 事故を防ごう」のうるま市・長濱清信さん(77)は1月13日、2月2、15日、3月29日、4月18日、5月4、17日、6月6日8月8、27日、9月16日、10月4、22日に続き今年14回目の掲載。
「私の名はトラ 『愛』を伝える」の本部町・大城節子さん(60)は2月24日に続いて今年2回目の掲載。
「わした島誇り 基地はいらぬ」の那覇市・勝連朝昭さん(70)は2月28日、4月3日、5月1日、7月4日、8月9、16日、9月6、25日に続き今年9回目の掲載。
「キビ生産の将来考慮を」の那覇市・組原洋さん(68)は2013年2月3日以来の掲載。
「沖縄は植民地か」の那覇市・波平剛さん(72)は1月4日、2月1日、3月27日、4月28日、9月26日、10月17日に続き今年7回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2015-11-05 11:00:31
「辺野古に暮らす私たちの願い 飯田昭弘 (辺野古商工社交業組合会長) 2015年7月13日」
http://politas.jp/features/7/article/407

>インフラ整備に関していえば、どうしても人口の多いところが得をします。
>予算が落ちる名護市街には立派な公民館やコミュニティーセンターができるのに、辺野古はなぜ……という思いがあります。

この思いに名護市長が応えてないから、国と直接交渉になったのでしょうに。
Unknown (東子)
2015-11-05 13:23:53
「辺野古に暮らす私たちの願い 飯田昭弘 (辺野古商工社交業組合会長)2015年7月13日」
http://politas.jp/features/7/article/407

>沖縄の社会では、地縁・血縁が非常に強い影響力を持つ。
>その沖縄で今、これまで分断や孤立を恐れて口をつぐんできた多くの県民が県知事選以前と比べて明らかに言葉を発するようになっている。
行動部隊の人員不足に悩む反対派 (山路 敬介)
2015-11-05 15:14:20
行政不服審査会での門前払いは見えているし、法廷闘争も先行きが暗い。
こうしたなか反対運動を盛り上げることのみが活路を見出す、との認識は当を得ている。
特に現場での、シールズのような若者たちの活躍に期待をかけたい。
それにしても辺野古ゲート前にかぎらず、反対派実行部隊の人員不足は深刻だ。
このことの原因について現場での見方は、

1、辺野古ゲート前や普天間基地での左派の反対運  動の実態が映像によって暴露されており報道のイメ  ージとの相違から、若者達が参加したがらなくなって いる。
2、労組から派遣されてくる人員には当該労組からひと しなみに日当がある。純粋に反対を叫ぶ若者には不 公平感がたまり、参加する若者が横の連絡を通じ新 たな友人などを連れてくる意欲を喪失している、とい う。
3、共産党の現実路線への転換
 選挙をにらんで、表向き自衛隊と日米安保の容認を 打ち出した事が一因で共産党中央系列からの人員  投入が期待出来なくなっている。
と、している。

これらの問題点を打破するため、翁長支持者を中心として「オール沖縄県民会議」なる横断的な組織の立ち上げを目指しているが、生粋の左派(特に本土系)の間では翁長に対する不信感や疑念がぬぐえず、立ち上げたとしてもどこまでの深度で一本化できるか不透明とのこと。 
また、資金面でイニシアティブを握られる懸念をもっている独立系団体複数の声もある。
キリスト教系団体も、いまだ様子見だ。
よりラジカルな行動が期待できる外国人部隊の入国がスムースに行くよう、保守系国会議員にも働きかける予定、というが、どうなるか。
Unknown (東子)
2015-11-05 16:29:42
「辺野古新基地予定地に土器 遺跡認定なら工事影響 2015年11月3日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=139908&f=i

>2月に文化財「碇石(いかりいし)」が見つかっており、市教委は新たな遺物が見つかったとして、一帯を遺跡に認定するよう県教委に申請する方針。
>遺跡と認定された場合、文化財保護法に基づく試掘調査や本調査などが必要となり、建設計画に年単位の大幅な遅れが生じる可能性がある。
>市教委は今週中にも、遺失物法に基づき名護署に届けを出し、同時に米軍に公開許可を申請する。
>その後、県教委が文化財保護法に基づき土器と石器を鑑査する見通し。
>県教委が一帯を遺跡と認定し、遺跡が工事の範囲にかかる場合は、文化財保護法に基づく防衛局と市教委との調整、市教委と県教委による試掘調査や本調査が必要になる。

調整をぐずぐずすれば、工事が延びるとな。
でも、延びても移設中止ではない。
けど、翁長知事の任期中、工事が進まなければ時間は持たせられる。
翁長知事、公約違反で辞任しないで済む。



【参考】
文化財保護法に基づく防衛局と市教委との調整
《調整協議》
開発事業者は、事業実施に先立って、可能な限り遺跡を避けて計画することが大切であるが、係わりが生じたとき又はその可能性があるときは、事業者は教育委員会教育長に対して下記様式による協議書を提出し、係わりを持った埋蔵文化財の取扱いについて文化財保護行政担当者と協議することになる。
その場合は遺跡箇所との係わりがやむを得ない状況であっても、工事実施による地下遺構への影響がより軽微になるよう工事箇所や工法について調整が行われる。
調整協議を踏まえるのは、文化財保護側の立場から必要とするだけでなく、開発事業者側にとっても、事業を円滑に進めるための有効な手段になりうるためであり、双方共に必要なプロセスとなるからである。
《予備調査》
開発事業者との調整協議にあたっては、工事の施工範囲や掘削の深さ等の如何によって遺跡との係わりが大きく左右されるため、あらかじめ遺跡の内容や範囲・遺構面までの深さ等を把握しておく必要がある。
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-11-05 23:31:08
ご無沙汰してます。

>警視庁機動隊投入
辺野古総勢200人規模

「派遣市民」に対して、機動隊派遣したで御座る!(b^ー°)
機動隊員の皆さん、遠路遥々ご苦労様ですm(_ _)m無法者は「粛々」と逮捕して下さい。
沖縄2紙は、機動隊をまるで、暴力集団がごとく報道してますが、私は見た!NHK沖縄ニュースで機動隊員3名がまるで「人間ストレッチャー」となり、じーちゃんを担ぎ出してる後ろから必死で帽子を被せてあげる若い隊員を。じーちゃんの孫位の隊員だったなぁ(T_T)。
じーちゃん、良かったね。沖縄まだまだ暑いから、これで太陽光線防いで抗議活動できるさ。気をつけてね(*^o^*)
ところで、タイムスは「200人規模」って書いてますが、NHK沖縄は「警視庁の機動隊員百数十人」と報道してますよ。まーた、数盛ったの?www善良な「市民」に対して「権力側」は2倍も派遣して来た!と煽りたかったんだね、本当に阿呆だね( ̄・・ ̄)

>警視庁機動隊に猛反発
抗議市民「ここは沖縄だ」

えーっと、確か「静岡から来ました」つー「派遣市民」いましたね、彼女にも「ここは沖縄だ」って怒鳴ったのかな?いやいや、静岡どころか韓国人もいたねwwwこっちが言いたいよ!「ここは日本だ!」ってね。
そうです、ここ沖縄は日本なので、東京から機動隊が派遣されるのは何ら問題ないけどね。
思い出した。天皇皇后両陛下が対馬丸慰霊でご来県された時、全国から機動隊員が来てたな。岡山から来た機動隊員たちとすれ違った時、明るく爽やかに「おはようございます」と挨拶してくれたよ。波の上界隈の「ちゃんとした市民たち」も県警や機動隊員と挨拶交わしてたし、談笑したり「お願いします」と一礼する「ちゃんとした市民」ばかりでした。どこからも「帰れ」なんて罵声聞こえんかったなぁ(^_^)v
ところ変われば品(支那w)変わる?

今週土曜日以下の集まりがあります。お時間があれば、ご参加下さい。
沖縄県民の正しい歴史認識の為、玉津先生には頑張って貰いたい。

沖縄対策本部緊急報告集会
「絶対許せない!翁長知事の国連演説」
11月7日(土)
午後6時受付
午後7時開会
場所:浦添市産業振興センター

基調講演
玉津博克先生「宮古・八重山から見た日本文化の南漸」~見えてくる本当のウチナーンチュのルーツ

議員報告
照屋守之県議会議員
花城大輔県議会議員
(花城県議はビデオメッセージ)
「翁長知事を追い詰めた県議会一般質問」

緊急報告
仲村覚「沖縄県民を欺き貶めた国連演説」

連絡先
070-5410-1675(仲村)

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL