狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

再論・「4・28式典」代理出席について

2013-04-12 06:43:59 | 八重山教科書採択問題

 

■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

人気blogランキングへ クリックお願いします

■カンパ協力のお願い■
琉球新報の言論封殺に戦いを挑んでいる上原正稔さんの訴訟へのカンパ協力は支援団体の三善会へお願いしております。
------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ

 

 ■発狂新聞のいかがわしいアンケート調査

今朝の沖縄タイムスは一面トップを「辺野古移設」に関するアンケート調査の結果として久々の大発狂である。

「辺野古反対」75%

普天間移設反対増す

「全面撤去」が「縮小」抜く

沖縄2紙が発表するアンケート調査ほどいかがわしいものはない。 自分の偏った意見を散々キャンペーン報道した後、誘導尋問のようなアンケートを実施し、その仕組まれた結果を大見出しで報道し、これが「民意だ」とするのが、いつものやり口だ。

アンケート結果を見た県民は自分の周辺の大方の意見とアンケート結果が著しく異なるのを感じるのもアンケート報道の特徴だ。

あまりのバカバカしさに最近では行われなくなったが、10数年ほど前、琉球大学の中国人准教授(当時)により毎年行われていたアンケートで「県民の25%が沖縄独立を希望」というアンケート結果だ。

沖縄タイムスはこの結果を誇らしげに一面トップに掲げ「県民の四人に1人が独立希望」などと扇動したものだ。

県民の一部にこのデタラメな結果に扇動され「居酒屋独立論」をぶつ者も散見されたが、選挙のたびに「琉球独立」を公約に掲げる候補者の得票率は1%も獲得できず、今では「沖縄独立」などは一部の「独立マニア(偏執狂)」の研究テーマにしかなっていない。

ことほどさように沖縄紙が誇らしげに誇示するバイアスの掛かった「アンケート結果」などは眉に唾をつけて疑って掛かって見る必要がある。

アンケート結果に関し沖縄大学学長で行政学が専門という仲地博氏が「識者評論」としてなにやら新聞のご機嫌取りを書いているようだ。

とろがが、このお方、八重山教科書問題が加熱していた2年前は、他の識者の面々と覇を競そうように頻繁に沖縄2紙に「識者評論」を発表し、竹富町教委の熱烈支援をしていたはず。

義家政務官が自身が支援した竹富町教委を「違法状態」と糾弾したのなら、行政法の学者の面子にかけても、竹富町教委の適法性を論じ、支援すべきではなかったのか。

義家氏の違法状態の指導以来、あれほど威勢よく文科省を批判して識者の面々が寂として沈黙を守っているのは彼らの思考に恥と言う概念が欠落しているからなのだろうか。

義家文科省政務官が竹富町教委を訪問したのは、教科書採択の協議をするためではなく、竹富町の違法状態を是正・指導するため、と何度も書いた。

竹富町教委は10日、竹富町教委の教科書採択は違法ではないとして、文科省の指導を全面拒否することに決定した。

地方自体と監督官庁が法律解釈で真っ向から対立した場合、殴り合いで決着するわけにもいかない。 日本は法治国家のはず。(民主党政権下では放置こっかだった)

最終的には法廷で白黒決める以外に手立てはない。

竹富町教委は県教委をお仲間と認識している模様なので、重要証人として大城浩前教育庁を法廷に引き釣り出して欲しい。

当日記としては観客として八重山教科書騒動劇の第二幕の開幕を待つのみで特にコメントはない。

■八重山日報 2013年4月11日

東書版の使用継続確認 竹教委、国指導に従わず 教育長「違法ではない」

 
教科書問題への対応を協議した竹富町教育委員会の臨時会=10日午後、町役場
教科書問題への対応を協議した竹富町教育委員会の臨時会=10日午後、町役場

 八重山教科書問題で、文科省から育鵬社の公民教科書を採択するよう求められている竹富町教育委員会は10日、町役場で臨時会を開き、今後の対応を協議した。臨時会後、慶田盛安三教育長は「(文科省は)違法状態だというが、私たちは違法ではない。何ら瑕疵(かし)はない」と述べ、東京書籍版の使用を続ける方針に変わりはないことを強調。文科省の指導に従わない姿勢を明確にした。文科省から今後の対応について回答を求められているため、今後、回答のとりまとめを急ぐ。

 

  竹富町の回答を受け、文科省が地方教育行政法などに基づく是正要求や、是正要求に応じない場合の違法確認訴訟に踏み切るかどうかが焦点になる。


 文科省は3日付の文書で、町教委に対し、違法状態の解消に向けた方策を明らかにするよう文書で指導していた。臨時会は回答書の作成に向けた意見交換のため開催された。


 冒頭で非公開を決め、報道陣をシャットアウト。約3時間の審議後、取材に応じた慶田盛教育長は、町教委の基本姿勢について「文科省の指導もあったが、私たちは前年度からのもの(東書版)を今後も続けていく」と説明した。5人の委員は「みんな合意している」という。


 文科省への回答を今後取りまとめ、県教委を通じて提出する。
 文科省は県教委に対し、竹富町に育鵬社版を採択させるよう指導しているが、諸見里明教育長は「県は中立の立場」と表明し、明確な態度を示していない。


 慶田盛教育長は「新教育長とは全然調整していないが、中立の立場で、竹富町の意見を尊重すると聞いており、喜んでいる」と諸見里教育長の発言を歓迎した。

                ☆

■再論・副知事の「4・28主権の日」代理出席について

4・28式典 仲井真知事不参加

昨日のエントリーで仲井真県知事が、県民の意見にはそっぽを向いて、新聞の顔色のみ気にする態度に辟易し、さらに「副知事 県民の意見尊重」の見出しに、「副知事よお前もか」と腹を立ててしまった。

高良副知事には密かに期待していただけに怒りが増幅した形になった。

が、副知事談話を検証してみると、下記の表現は批判が過激すぎたと反省させられた。

 >沖縄に対する差別を根拠とする式典不参加を唯々諾々と認めているのを恥とは思わないのか。人間、地位や経済力が向上すると自己保身に走ると聞くが、かつての敵の靴を舐めるのも平気なのだろう。

>高良倉吉県副知事よ、あなたを見損なった!

新任の副知事としては代理参加でもして県知事の面子を保つのが精一杯だったのだろうと斟酌し、上記の過激な批判は撤回させて頂きたい。

沖縄タイムスによると、副知事は、知事の不参加について「県民感情、思いに配慮されたんだと思う」と説明。 副知事も出席しない「欠席」としなかった理由については「天皇皇后両陛下が出席され、全国の都道府県も参加する。そこに沖縄県の席が空いているのは日本の1県としてあり得ないと思う」としている。

ただ、「4・28式典」に代理人を派遣する都道府県がいくつあるか想像できないが、物理的に知事が参加できる状況でありながら、「政治的理由」で代理人を出席させるのは沖縄県を措いて他にはないと考える。

その意味で言えば、全国の都道府県も参加する式典で「政治的理由」で県知事が欠席するのは、「沖縄県の席が空いている」のと何らか変わるものではなくい。 副知事の代理出席にもかかわらず、沖縄の恥を全国に知らしめる結果となる。

高良副知事には、「福知事 県民の意見尊重」などと新聞に歪曲報道に利用された場合は、毅然として新聞に抗議する姿勢を保ってほしい。

何事も最初が肝心である。

「4・28」県市長会、県民統一行動提起 足並み乱れに危機感(2013.4.5) カメラ

               ★

【おまけ】

世界日報の沖縄タイムスが見出しで大嘘をつく常套手段への批判記事です。(太字・着色による強調は引用者)

■2013年4月 世界日報

大震災2年の特集記事でも「甲状腺がん」で風評を煽る沖縄タイムス

◆福島に風評被害続く

 評論家の木元教子氏が、福島第1原発事故をめぐって「『風評まがい』の話が活字・放送媒体で語られ、『真実』と読者・視聴者に受け取られるのは、実に歯がゆい。被害が伴うからだ」と、「煽り&仰天報道」を批判している(産経3月18日付「正論」)。

 例えば、「福島県浪江町で耳のないウサギが生まれた」のは放射能の影響とか、「放射能にやられる」と仙台から沖縄に自主避難した家族の話がそうだ。ウサギについては獣医放射線学の教授が否定しており、仙台ではほとんどの人々が従来通りに生活し、逆に沖縄移住組はPM2・5(微小粒子状物質)の大気汚染で頭を痛めているという。「真実を風評が駆逐して被害あり」と木元氏は憤る。

 このような「煽り&仰天報道」は新聞にも見受けられる。沖縄タイムスは東日本大震災2年の特集記事(3月6日付)で、福島県の全県民健康調査を取り上げ、「子の甲状腺がん3人 1次検査4割に小さなしこり」との見出しを躍らせた。「県、放射線影響は否定」との見出しもあるが、「甲状腺がん」「4割に小さなしこり」が強調されている。

 いかがわしい紙面作りだ。そもそも子供の甲状腺調査は全国的に前例がない。同じ規模の調査を他県でやれば比較が可能だが、それがないから福島県の3人(3万8000人のうち)が「異常」なのか、判断できない。

 同調査検討委員会座長で福島県立医大の山下俊一副学長(当時、4月に長崎大学に復帰)は「がんの大きさからみて、1~2年でがん化したものではなく、事故によるものではない」(同紙)としており、原発事故と無関係の可能性が高い。にもかかわらず、沖縄タイムスは東日本大震災の特集で「子の甲状腺がん3人」の見出しを躍らせた。まさに「煽り&仰天報道」である

◆驚くに値しない話題

 福島の子供への放射線の影響を知るため環境省は検査体制が整っている青森県弘前市、甲府市、長崎市の3市で子供の甲状腺調査を行い、3月末にその結果を公表した。それを本紙は「県外3市、年齢別も福島と同様」(3月30日付)との見出しで報じた。

 産経は「福島の子供と大差なし」(同)とし、しこりや嚢胞(液体がたまった袋)の検出率の一覧表も載せ、地域別、年齢別で比べても「福島とほぼ同等か福島の方が低い」と結論付けられたと伝えた。

 それによると、「小さなしこりや嚢胞」の検出率は、福島県で41・4%(調査数約13万3000人)だったのに対して、弘前市57・6%(同1630人)、甲府市69・4%(同1366人)、長崎市42・5%(同1369人)だった。

 沖縄タイムスにあったように福島の子供の「4割にしこり」があるが、他の3市に比べて低い割合だったのである。専門家によると、「小さなしこり」があるのは珍しくなく、ほとんどの場合、がんにならないのだという。つまり見出しに取り出して驚くような話ではないのだ。

 この調査は言うまでもなく、福島の子供に原発事故の影響が出ていないかを調べるためのものだ。当然、報道の主題は福島と3市との比較に置かねばならない。ところが、驚いたことに朝日は「子どもの甲状腺検査、結果に地域差/福島と比較の3市」(3月30日付)と、3市の違いに焦点を当てている。

 確かに3市の結果に地域差があり、なぜそうした差が出るのか、そのことに記者が関心を持つのは一向に構わない。しかし、肝心なのは原発事故の影響を調べる福島と3市の比較である。3市で差が生じたのはあくまでも付随的な話題である。

◆イデオロギーの弊害

 福島県民とりわけ親は子供への影響が現時点で出ていないので、ひとまず胸をなで下ろした。農産物への「風評」で苦しめられている農家は放射線の影響が出ていないという情報を正確に全国に発信してもらいたいと願っている。3市の差は二の次の話だ。

 それにもかかわらず朝日は福島に向き合わず、3市の比較に話をすり替えた。福島県民にとってはこれもれっきとした「煽り&仰天報道」だ。

 原発事故以降、朝日は何度も「煽り&仰天報道」をやってきた。それを性懲りもなく続けているのだ。反原発イデオロギーのなせる業と言うほかない。

(増 記代司

 

 

「かみつくⅡ」

 

目下全県の主要書店で好評発売中です。

かみつくII表

 


お急ぎの方、沖縄県外の方は
ネットから御注文をお願いします。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>



沖縄のの出版界に衝撃!
沖縄の出版界が出版拒否した問題の書!

「沖縄に内なる民主主義はあるか」も沖縄教販での売り上げ順位が上昇してきています。

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)
著者:又吉康隆
かみつく
季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)
(1260円(税込み)+送料160円=1420円)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞に平伏した仲井真県知事... | トップ |  【緊急速報】ミサイル発射?... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キンジョウ)
2013-04-12 07:28:44
昨夕のQABでもアンケートの結果を報道していました。「明日の沖縄タイムスにも掲載」とのコメントまでつけて。

辺野古反対が75%、さらに地域別のパーセンテージまで分析して、いかにも信憑性を高めるような操作をしていましたが・・。

アンケートの誘導?いや「ねつ造」としか考えられません。
Unknown (金山老人)
2013-04-12 16:04:16
バイアスの掛かった「アンケート結果」といえば、先月31日の沖縄タイムスに掲載の、県内全首長に対する下の「アンケート結果」を信じてやまぬ、

・4・28式典、県内全首長が反対
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-03-31_47336

43歳にもなってギャル口調のぬけない、バツイチ子持ちのアカい脳を持つおバカなおばさんを発見。

・室井佑月氏 沖縄基地問題で「っていうか、交渉してる?」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130408-00000005-sasahi-soci


ちなみにこのアカいおバカおばさん、前述の「アンケート結果」について、次のように書いている。

>沖縄タイムスが県内の全41市町村長にアンケートを実施。すると、そのうち36人が「評価しない」と答えた。


では、実際の「アンケート結果」と比較してみよう。

>政府がサンフランシスコ講和条約が発効した4月28日を「主権回復の日」として記念式典を開催することについて、県内の全41市町村の首長のうち30人が開催自体に「反対」していることが沖縄タイムスのアンケートで分かった。


>36人が「評価しない」
>30人が開催自体に「反対」している

…数値、間違ってるよ。おばさん(笑)。


この週刊朝日の記事については、色々ツッコミどころ満載であるが、そのうち1つにツッコミを入れておくことにしよう。

>最近でいえば、去年、米海軍兵2人が共謀して沖縄県の女性を強姦した。


沖縄県の、女性…。

くだんの「強姦強盗事件」とされる出来事については、その被害者とされる女性について、沖縄のメディアですら本籍どころか国籍不明のまま終焉を迎えたはずだが、このおばさん、どうやら被害者とされる女性は、沖縄県民であることをご存じみたいだ。


ただ、この出来事が起こった場所で、事件発生時刻に付近にいる女性といえば、九分九厘、米軍相手の出稼ぎ外国人女性であると断言できるのだが、このおばさん、いったいどのようにして、被害者とされる女性は沖縄県民であるという情報をつかんだのであろうな(笑)。
「屈辱の日」の次は… (金山老人)
2013-04-12 16:22:07
さて、今日の琉球新報には、「屈辱の日」に続く、アカの新たな印象操作のための造語が登場していた。

…奄美では、その日を「痛恨の日」と呼ぶ、という(笑)。


ご参考までに、この「痛恨の日」の発信源である、去年4月28日、小中学生を強制動員してまで開催を強行した、42年ぶりというアカどもの「海上集会」についての南海日日新聞の記事を紹介しておこう。

・42年ぶり海上集会再現へ―与論町と沖縄最北端の国頭村
http://www.nankainn.com/kiji/back12-0317-0323.htm#

沖縄は今年5月15日で日本復帰40周年を迎える。与論町と沖縄県最北部に位置する国頭村は、“国境”の北緯27度線上で開催された4・28海上集会を42年ぶりに再現。全面返還を求めシュプレヒコールを上げた当時に思いをはせ、歴史を再認識するとともに次世代へ受け継いでいく。 
 与論島から国頭村の辺戸岬までは28キロしか離れておらず、両町村は物資交流などで古くから深いつながりがあった。しかし奄美群島が1953年(昭和28年)に日本復帰した後も沖縄は72年(同47年)まで米軍施政下に置かれたため、19年間にわたり分断されてきた。
 奄美や沖縄では、本土と切り離されたサンフランシスコ講和条約の発効日(52年4月28日)を「痛恨の日」と呼び、63年から70年にかけて計7回の海上集会を実施。当時の模様を伝えた南海日日新聞(69年4月29日付)によると母船やはしけで1千人余りが参加、「ウラミの洋上で祖国復帰への誓いをあらたにした」などと報じている。
 記念事業は与論町側が国頭村に話を持ち掛けて実現した。19日、与論町で事前会議が開かれ、南政吾町長は「与論は厳しい時代にやんばる(国頭)に助けてもらった。事業が成功するようお力添えを」と呼び掛け、金城茂国頭村副村長も「歴史的状況を子々孫々まで伝え、深い絆の活性化と恒久平和を実現できれば」と応えた。
 メーンイベントは4月28日に開催する。両側の港から漁船など計24隻、約130人が出港。海上で平和・友好宣言、復帰40周年記念宣言などを行う。与論側からは当時海上集会に参加した男性らも乗船予定だ。
 この後、奄美群島復帰日本記念塔前広場(与論町)と辺戸岬で復帰要求運動行進やかがり火の再現、記念式典を行う。
 また関連行事として児童生徒の交換派遣、スポーツ・文化交流も計画している。
「主権回復の日」式典といえば… (金山老人)
2013-04-12 17:07:33
沖縄メディアが「4・28式典」などと書く「主権回復の日」式典について、下のブログ記事でも触れられていますが、大分県と滋賀県の知事が、沖縄を理由に欠席するとのこと。

・知事の欠席の意図は・・・
http://myfrontier.info/blog/page-176


大分県についてはとりあえず置いといて、滋賀県の知事…。


…あぁ、思い出した。

去年末の衆院選で、玉城デニーを色々と涙目にさせた、「卒原発」だけがウリの隠れ社民党シンパの“もったいないお化け”…、ではなく“もったいないおばさん”じゃないか。

ひさしぶりの話題が、同じく式典を欠席する社民党丸出しの話題とはな。

こんな話題より、例のいじめ問題のその後の話題を聞きたいのだがな。


まぁ、いじめをもみ消そうとしたというこのおばさんには、いかなる問題も解決できないであろうが(笑)。
Unknown (宜野湾より)
2013-04-12 18:47:56
沖縄タイムス購読者に配られるカレンダー(企画・製作:沖縄タイムス販売店会県連合会)が、今日立ち寄ったそば屋の壁にあるのが目に止まって。
ふと思い立って4月28日を見たら、「さとうきびの日」の次に「サンフランシスコ平和条約発効記念日」って普通に書いてある~♪
従来からみんなにとってそんなに嫌な日ならば、淡々と「サンフランシスコ平和条約発効」とだけでしょう。
でも普通に「記念日」って書いてある。
「屈辱の日」なんて特定の人のための急拵えの概念だってバレバレ。
目立たなくても実績って大事だわ。
Unknown (Unknown)
2013-04-12 20:58:49
金山老人様、

あのバアさんは汚沢さんとツルんでた人なのは有名ですが、
去年の京都と滋賀を襲ったゲリラ豪雨の際に滋賀県民の命よりも
おフランスやオランダで原発がああだこうだ言ってチヤホヤされることのほうが大事だった人ですから日本のことも天皇陛下も嫌いなんでしょう。

選挙で落とすしかありませんが、他にも新幹線の駅はムダと主張して当選したのにいつのまにやら駅誘致したりとか節操の無い様で、
さすがの滋賀県民も相当イタい人だとは充分わかったでしょうからまさか次はないと思ってます。

それにしても極左は普段は命が大事とかドラクエみたいなこと言っててもこういう所で本性を現しますね。
Unknown (金山老人)
2013-04-13 02:36:43
夕方のコメントの補足。

【「主権回復の日」式典といえば…】のコメントで、大分県の知事も式典を欠席すると書きましたが、前述のブログでも触れてますが、その理由は今のところ、代理出席も困難とみられる別公務、という正当な理由によるものとのこと。


それにくらべてもったいないおばけ…、ではなくもったいないおばさん、沖縄を言い訳に式典を欠席…。

当の沖縄は、数に勝る県議会のアカ県議どもや、沖縄メディアのしつこいバッシングをかわすために、知事自身は出席せずに副知事を代理出席させるというのにね(笑)。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL