狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「釘打ち」で大童の沖縄マスコミ

2010-11-30 09:12:25 | 金武町流弾事件

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願

 

今朝の沖縄タイムスの一面トップの大見出しはこれ。

仲井真氏「県外」貫く   知事再選で会見

普天間「県内はない」

 仲井真候補が告示直前になって普天間基地の移設先を「県外がベストだが、辺野古も容認」から「県外」に変更したことに対し、「公約を実行しろ」と釘を打つのに大童である。

昨日の社説でも大きな釘を打ち込んだつもりでいるようだ。

[仲井真氏再選]「県外」の公約は重い まず日米合意の見直しを
2010年11月29日 09時24分      沖縄タイムス社説

 県知事選は、現職の仲井真弘多氏(71)が新人で前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)を大差で退け、再選を果たした。

 最大の焦点だった米軍普天間飛行場移設問題で、仲井真氏は、移設先を名護市辺野古とした日米合意を見直し、「県外移設」を訴えた。日米両政府は見直しを迫られることになった。

 仲井真氏は1期目は条件付きで県内移設を容認していたが、今回は選挙直前になって県外移設にスタンスを大転換した。名護市長選・市議選で辺野古反対の民意はすでに示されている。仲井真氏の課題は公約した県外移設をどう実現するかにある。

 仲井真氏が再選されたのは、県外移設を主張することによって支持層を広げたことが挙げられる。政権与党の民主党が候補者を立てることができず、「自主投票」を決めたことも有利に働いた。不況が長引く中で、経済重視の仲井真氏に期待が集まったこともある。

 仲井真氏は当選後、「県内は事実上ない。県外だ」とあらためて語った。真っ先にしなければならないのは、県外移設を菅直人首相に要求し、日米合意の見直しを正式に要請していくことである。

 政府との対話を否定しない仲井真氏が当選したことで、政府内には翻意させる可能性があるといちるの望みを託す向きがある。実際、8月に北沢俊美防衛相が「仲井真氏に勝ってほしい」と本音を漏らしていることからも分かる。

 仲井真氏はことし1月の名護市長選で条件付きで移設を容認していた現職市長を支援、9月の市議選でも条件付き容認派の市議らにてこ入れしていた。

 仲井真氏の姿勢に疑問の声があるのも事実である。仲井真氏はこれらを一掃するためにも、県外移設の先頭に立ってもらいたい。

 県内の政治トレンドは、民主党に政権交代した昨夏の衆院選を境に一変した。

 県内移設を容認した自民党議員が沖縄の全4区で誰もいなくなった。初めてである。1月の名護市長選、9月には名護市議選で市長支持派が圧勝した。

 象徴的なのは7月の参院選沖縄選挙区。当選した自民党候補は日米合意を批判し、県外移設を訴えた。党本部の方針と異なる対応をとらざるを得なかったのである。

 これまで県内移設を容認してきた保守陣営も、沖縄ではもう県内移設を掲げて戦うことはできなくなったということである。

 移設問題では保守、革新の対立の構図は消滅し、県外、国外に収斂(しゅうれん)しつつある。仲井真氏が県外移設にかじを切らざるを得なかったのもその延長線上にある。(略)

                                                           ☆

沖縄タイムスのどの面をめくっても、知事に対して「県外の民意を実行せよ」といった意味の記事があふれている。

ではここで言う民意とは一体何か。

いまさら何を言うのか、「県外移設に決まっているじゃないか」という声が聞こえて来そうである。

なるほど「県外がベスト」という声に異論を唱える県民は一部軍用地主や軍雇用員等の例外を除いて皆無であろう。 その意味では「県外」は民意と言うことができる。

だが、仲井真県知事が当初主張した「県外がベスト」の後に続く「現状では県内も容認」という現実路線も民意であったはず。

では、何故仲井真知事は告示直前に「現状では県内容認」を切り捨て「県外」だけに変更したのか。

前にも述べたように「国外」を主張する伊波候補を支援する沖縄二紙を敵に回して選挙に勝つのは困難と判断した苦肉の「対マスコミ戦略」だったのだ。

何しろ相手は名うての「反戦平和」の活動家であり、マスコミは免罪符を与え「ラウンドワン疑惑」にも「海軍病院の給水拒否事件」にも黙殺で援護する伊波候補だ。

マスコミを敵に廻すのは、得策ではない。

そもそも仲井真県知事が「県外が民意」と認識したのは、鳩山前首相の妄想に煽られた名護市民が三代も続いていた「容認派」市長の代わりに、「国外派」の稲嶺市長を選択した事実と、マスコミの扇動もあって熱に浮かれたように名護市議会選挙でも「国外派」が多数を占めるようになった事実からである。

この二つの選挙での名護市民の判断を、県内マスコミが「民意は決まった」と連日大々的に報道するのを見て、仲井真知事も苦渋の決断で「県外」に路線変更したのだ。

だが、この仲井真知事の判断の奥に潜む本音を、賢明な有権者なら皆理解していた。

現実主義者で実務家の仲井真県知事の本心は、あくまで「県外がベストだが現状を考えれば県内も容認」ということを。

前にも新聞によって作られた民意と書いたが、そもそも普天間移設について県民投票をしたわけではない。新聞が連日民意、民意と騒ぐので、何となくその気になったに過ぎないのだ。

その証拠に、今回の県知事選挙で全県的には仲井真候補の圧勝だったが、少なくと稲嶺市長を選んだ名護市民の民意は、稲嶺市長と全く同じ主張の伊波候補が圧勝して当然のはずだった。

で、実際はどうだったのか。

今回の知事選の名護市民の選択はこうた。

有権者数  45,022

仲井真弘多  15,213

伊波洋一    13,040

何と、稲嶺市長と相似形のように同じ主張の伊波候補が、2173票の差で、敗れているではないか。

しかもこの票差は稲嶺市長が容認派の島袋候補を破ったときの票差よりも大きいのである。

前回の市長選挙で示した名護市民の民意は覆ったのだ。

これで、マスコミは名護市民の判断をもって「民意」「民意」と喧伝することはできないはずなのだが、昨日の地元各局テレビは当選したばかりの仲井真県知事をゲストに呼んで「県外の民意を変えてはならぬ」と釘を打ちっぱなしであった。

その中でももっと偏向の激しい「QAB朝日テレビ」で、象徴的シーンが見られた。 沖縄のキャスターの中でもサヨク偏向度ナンバーワンと言われる三上智恵キャスターが、知事にしつこく容認から県外に変更した理由を迫ったが、これに対して知事は、「名護市長選と名護市議選で県外派が勝ったのだから事実上県内は無理でしょう」と軽くいなした。 だが、これで引き下がるような三上女史ではない。

「絶対県外の公約を守って下さい」と最後に太い釘を打ったが、知事はこれにも堪えて「政府に強く要求します」と結んだ。

偏向度ナンバーワンで沖縄移住者の三上女史が憎むべき仲井真知事が勝利の会見を終えて帰るのをそのまま見過ごすはずは無かった。

「政府に要求するだけではだめです。 県民の民意を受けて知事自身がリーダーシップを発揮してもらわないと」。

さすがの仲井真知事もこれには多少切れ気味になったが、そこは貫禄でぐっと堪えて、

「名護市長選には私も島袋候補を応援に行ったが、多くの民主党議員団が稲嶺候補を応援した。『県外』にしたのは民主党政府ですよ!(怒)、政府が主体的に解決するのが当然ではないですか」とまくし立て、三上女史も返す言葉を見つけられなかったようだ。

仲井真知事は口にこそ出さなかったがきっとこのように言いたかったのだろう。

「民主党政府が応援した稲嶺候補が市長になり、それを支援していた君達クサレマスコミが、実現不可能な『県外』を民意であるかのように捏造したのではないか」。

「それを今になって『民意を実行せよ』と私に迫るのは筋違いで、県外を煽った君達クサレマスコミと民主党政府こそ責められるべきだ」と。

もっとも仲井真知事が「クサレマスコミ」と下品な罵詈を内心でも言ったかどうか。 いや、あの三上女史の慇懃無礼な態度をみたらきっと言ったと思う。

 さて、本論の沖縄タイムス社説の批判だが、連日のテレビキャスターの釘ウチ作業の象徴として、知事と三上女史とのインタビューを前置きにしたつもりが、社説の問題点は語りつくした感がある。

>仲井真氏は1期目は条件付きで県内移設を容認していたが、今回は選挙直前になって県外移設にスタンスを大転換した。

>名護市長選・市議選で辺野古反対の民意はすでに示されている。仲井真氏の課題は公約した県外移設をどう実現するかにある。

>仲井真氏は当選後、「県内は事実上ない。県外だ」とあらためて語った。

>仲井真氏の姿勢に疑問の声があるのも事実である。仲井真氏はこれらを一掃するためにも、県外移設の先頭に立ってもらいたい。

同じことの繰り返しはさけるが、稲嶺名護市長の当選と、名護市議会選挙の結果をもって「沖縄の民意」と主張するマスコミの根拠は、今回の県知事選の結果でもろくも崩れ去った。

全県的得票数はさておいて、名護市民に限っても国外の象徴とも言える伊波候補の敗退が何よりの証拠である。

仲井真知事はRBCテレビのインタビューで「県外が変わることは無いでしょうね」と念を押され、苦笑しながら「当選したばかりで当選証書も貰わない内に、県内といえるはずが無いでしょう」と答えていた。

名護市民の賢明な選択を見てもわかるとおり、民意は永久不変ではない。

活動家の扇動による熱狂から覚めた名護市民は「作られた民意」を翻したのだ。

 

【おまけ】

名護市民にも見放されたこの市長、いつまで「その気」になっているのでしょうか。

普天間撤回要請に政務三役応ぜず=「誠意ない」と批判-名護市長

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球新報の誤報は意図的選挙... | トップ | 続報!琉球新報の誤報 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釘打 (遊爺)
2010-11-30 10:47:35
こんにちは、遊爺と申します。

 「釘打」が執拗なのですねぇ。なるほどと感心しました。

 私の理解では、「県内移転は辺野古しかない。辺野古への移転が名護市での民意で示されているので、県外と申し上げている。」と、当確直後のインタビューで語られていたのが、強く印象に残っていて、民意を反映する行動をするとも重ねて語っておられたことから、今回の選挙結果が、狼魔人様が指摘されているとおり、民意が変動する兆しを読んで発言されていると受け取りました。
 辺野古など、キャンプ・シュアブ周辺の最も近い地元では、条件付き容認が今も続いていると報道で見聞きします。
 地元の声に多くの方々が耳を傾けていただける日が来ること願っています。
はじめまして (王英)
2010-11-30 12:04:32
はじめてコメントさせていただきます。

知事選が終わった直後から、TVも新聞もマスコミ全体が、本当に「県外実行」の釘を打ちまくっているのが大変憎たらしく思います。
また、QABの昨日のニュース内で名護市の伊波氏に投票した一般人と、仲井真氏を支持した建築業界の人だけのインタビューを流したのにも?と思いました。明らかに仲井真支持・辺野古賛成派は「基地建設利権」を目当てにしているというのを刷り込もうとしているように感じました。
とにもかくにも沖縄県内のマスコミはなぜ「基地は危険」「米軍は危険」としか言わないのか…地政学的視点などから見た基地が沖縄にあるべき理由というものを報道できるものならしてもらいたいところです。
選挙速報 (ヒロシ)
2010-11-30 12:46:10
選挙速報のデータ放送ではNHKですら開始から仲井眞氏リードの速報でしたがOTVでは最初は伊波氏リードの発表でしたね。
これも一種のねつ造報道なのでしょう。
選挙速報の番組中からなんとか仲井眞さんの言質を取ろうというインタビューがみられましたね。
基地をどうするかは最終的には政府が決定する事ですが、左翼のお望み通り「普天間」固定化し、周辺の施設移転を勧めていくしかないかもしれません。
狼魔人様ありがとうございました。 (タケ坊)
2010-11-30 13:07:35
下品なコメント取り上げていただきありがとうございました。
エントリー違いですが、お礼申し上げます。

さて、民主主義の根幹とも言える選挙を捏造キャプションで貶めた琉球珍宝ですが、あの謝罪記事は今どうなっているのでしょう?
(できるだけ公平を期すため直リンの他に狼魔人様のエントリーも貼っておきます、それでもお疑いの方は2ちゃんのスレッドに張ってあるリンクで飛んでみて下さい。)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-170677-storytopic-123.html
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/782f7a69002793b0b5e6fac6d4d5abbc
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290955886/

>現在、この記事はありません。

企業不祥事には徹底的に謝罪させ、土下座しても飽き足らず、最悪倒産・最低でもネチネチ追い込みかけて
謝罪広告という形でワイロ強要する琉球珍宝などのマスゴミ様がたった一日謝罪しただけで記事削除(笑)
面白すぎです(笑)

遊爺様

昨日の犬HKでもそうおっしゃってましたね。
つまり仲井真氏は何もブレてなどいませんね。
それをブレたとかしつこく膏薬がどうとか言質を取ろうとするマスゴミはキチガイですね。
Unknown (太郎の嫁)
2010-11-30 13:25:14
香川県の四国新聞も偏向新聞だから当然、「県外移設へ」との大書しての当選記事。
これであのキチガイが勝っていたら、一面全面を使って「民意は基地不要」となっていたでしょう。
でも、正しい選択がされたということを、これからもマスコミは認めないでしょう。
県外とは (杢兵衛)
2010-11-30 13:31:57
「名護市長選には私も島袋候補を応援に行ったが、多くの民主党議員団が稲嶺候補を応援した。『県外』にしたのは民主党政府ですよ!(怒)、政府が主体的に解決するのが当然ではないですか」>
これが本音ですね。一休さんではないですが、本当に県外でしょうか。(徒歩、自転車、車等)圏外もありますかね。
Unknown (のび太)
2010-11-30 14:08:04
今回1番の敗者はマスコミです。
負け犬には吼えさせておきましょう。
混迷する情勢下で、日米安保がぶち壊されなくて本当に良かったです。しかしながら、一時の時間稼ぎが出来ただけと思ったほうが良いでしょう。次の展開を考えて準備するべきです。
(衆議院選挙とか・・・?)
質問です (ちび・むぎ・みみ・はな)
2010-11-30 14:56:56
伊波洋一氏は宜野湾市長だったわけですが, 県知事選
に出馬した結果, 宜野湾市長はどうなったのでしょうか.
県知事選に出馬すれば市長は辞職したと思うのですが.
お答えします。 (石原昌光)
2010-11-30 17:00:10
ちび・むぎ・みみ・はな様
宜野湾市長選は沖縄県知事選と同日に選挙が行われ、伊波市長時代に副市長を務めた安里氏が当選しました。
つまり、県知事選とは逆に革新候補が市長選では勝利したことになります。
メディアって恐ろしいわ (仲宗根康弘)
2010-11-30 17:20:05
平和を希求する沖縄県民のイメージも、結局のところ県内メディアの操作で、それに全国のメディアも乗っかってるって事ですかね。
沖縄に来る以前は「米軍と対峙する沖縄県民」って印象がありましたが、実際に来たら「あれ、なんかちゃうで?」って思いました。
マスコミが騒いでるだけで、案外アメリカ~と共存しているんじゃないかと?
でも仲井真氏はどうするのでしょうかね?4年前は娘のおかげで当選したと思うけど?今回は鷺山前首相の様に公約違反と叩かれるのは目に見えてますし。
Unknown (Unknown)
2010-11-30 17:49:14
普天間基地の移転先は県何には無いのですから、辺野古案は当然廃案に成り、代替え地が無い以上は普天間基地は移転できませんので、現在地に残ると言うのが結論でしょう。

伊波氏の副市長が新たに市長に成りましたが、これから彼は伊波氏が残した負の遺産を片付けなければならず、大変なことでしょう。

それ以前に沖縄新報がやらかした捏造報道によって宜野湾市民の選択が歪められたことの方が重大です。
拾い物です。 (タケ坊)
2010-11-30 18:19:41
http://viploda.net/src/viploda.net3458.jpg
http://viploda.net/src/viploda.net3459.jpg
投票日と翌日の記事と思われる画像です。保存したい方はどうぞ。
尚、琉球珍宝は電凸の際、11/29日の謝罪記事は二段に分けて異例の対応をしたと主張していたことを付け加えておきたいと思います。
Unknown (沖縄大事)
2010-11-30 20:48:09
長い年月を掛けて築いてきた沖縄の左翼風土は一朝一夕には崩せないでしょう。何か左派狂人の打撃になるような事件とか問題が出てくればいいですが。そうでなければまたぞろ左派狂人の画策が執拗おこなわれ、次回選挙でとんでもない知事が生まれる可能性も高いですね。何とか本土の人たちも沖縄の支援ができないものかと思います。シナの工作人も次々沖縄に入ってくる可能性大ではないかと思います。沖縄の人たちにもシナの属国になればどんなことになるかよく知ってもらうことがまず必要です。シナ政府の覇権主義独裁政治とはどんなことかわかれば誰もシナ国との友好など思わないでしょう。アメリカとシナとでは根本的に違うし、選挙もなくなるし、すべてが一方通行、シナ=貴方様の言うとおりにしなければ命も失うのが独裁国です。
呉屋等氏のブログ更新 (タケ坊)
2010-11-30 21:27:32
狼魔人様、連投すみませんが取り急ぎ。
http://goyahitoshi714.ti-da.net/
呉屋等氏が公職選挙法第148条について言及されました。
最終的にどうされるのかは定かではありませんが、個人的に支援したいと思います。
Unknown (涼太)
2010-11-30 21:28:22
狼魔人様

県内にしろ県外にしろ交渉相手があるのですから「政府に強く要求します。」でいいと思います。
この問題がどのように決着するか私などには想像もつきませんが、
仲井真知事は昨日のテレビで、「日米合意、県民感情など多くの問題があるが、何処も受け入れない事を受け入れた辺野古地区への配慮も忘れてはならない。」とも仰っていました。
いろいろ考えておられるから、言葉も慎重になるのでしょう。
Unknown (Unknown)
2010-11-30 21:43:08
>偏向度ナンバーワンで沖縄移住者の三上女史が憎むべき仲井真知事が勝利の会見を終えて帰るのをそのまま見過ごすはずは無かった。

>「政府に要求するだけではだめです。 県民の民意を受けて知事自身がリーダーシップを発揮してもらわないと」。





北朝鮮や中国からミサイルが飛んできた時には、マスコミの方々は何百回も執拗に「総理、中国政府に攻撃を控えるように要求するだけでは駄目です。国民の安全と生命保護の為に、自衛隊の最高司令官として総理自身がリーダーシップを発揮してもらわないと」と特大の釘を打って下さいね。



↑↑↑↑↑

今度、選挙で出口調査があったら、言おうかな。

状況は刻々と変化するもの (元船員)
2010-11-30 22:01:34
北朝鮮では荷役の件で約束を保護にそれるのがしばしばありました。年配のベテランの船員が言うには「こいつら朝鮮人は昔から嘘つきだ。信用できん。」と言うものでした。
それから十数年後韓国の人と付き合う機会がありました。約束を守れないことを問い詰めると「ハイ!あの時は確かに約束しました。でもあの時と状況が変わりまたので。」と平然と言い訳するのには唖然としました。でも冷静に判断すれば当然かも。裁判でも脅迫された署名は無効ですものね。
日本では言質を盾に取り追求するシーンが良くありますが、仲井間さんも「公約は口約」だと開き直ったらいいと思いますよ。日本の常識は世界の非常識ですので。この世は臨機応変です。真夜中の田舎の踏み切りで「道交法」に関係なく一時停車するのもしないのも自己責任です。私はライトを消しての安全確認でピューでした。
三上アナウンサーといえば (保守@沖縄)
2010-12-01 09:29:29
選挙当日のツイッターも、かなり問題あるものだったと思います。

私のブログで記事にしてますので、ご関心のある方は「保守@沖縄」のリンクをクリックして詳細をご覧ください
NHK (遊爺)
2010-12-01 09:33:49
タケ坊さん、はじめまして。

NHKに出演されていたのは、この時はチャンネル権を山の神に握られていて、最後の方をチラリと見ただけでした。
時間が少なく話したりないと仰ってましたね。胸の内に積もり積もっているものの多さが伝わってきました。
それに比べ、カンカラ菅の空っぽさが空しいです。

http://goyahitoshi714.ti-da.net/」は、ブックマークしました。今後の展開に期待しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL