狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

プロ市民、歴史ねつ造の圧力!歴博展示で

2010-03-16 10:29:26 | ★集団自決

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

 

歴博展示室で内覧会 きょう一般公開 館側「誠実に対応」  2010年3月16日 09時42分      

 【千葉】国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が沖縄戦「集団自決(強制集団死)」の記述から軍人の指示や命令の文言を削除した問題で、同博物館は15日午後、パネルを展示する新設展示室「現代」の内覧会を開いた。展示室は16日から一般公開される。館の責任者は内外からの意見を踏まえ、早急にリニューアル委員会を開き、今後の対応を考える姿勢を強調した。

 「集団自決(強制集団死)」は「戦場の民間人」の項目で取り上げられ、軍関与の記述を削除した上で「犠犠牲者の中には、戦闘ばかりではなく、『集団自決』に追い込まれた人びともいた」とされた。同項目では、渡嘉敷島の「集団自決」跡地に立つ慰霊碑やガマから米軍に投降する住民らの写真が展示されている。

 沖縄戦は、大テーマ「戦争と平和」の最終コーナーにパネル3枚を掲示。10・10空襲に始まり、沖縄戦の経過、「鉄の暴風」、艦砲射撃、戦争マラリアなどの概説が写真や地図も用い、説明されている。

 新常設室では沖縄の体験者の証言を映像化した「島クトゥバで語る戦(いくさ)世(ゆ)」が上映される。

 展示責任者の安田常雄副館長は記者団に対し「教科書問題や係争中の裁判などの問題があり、委員の中で意見が分かれ、館全体の判断で修正した」と説明。「抗議や意見に率直に受け止め、誠実に対応する。できるだけ早くリニューアル委員会を開き、検討したい」とした。

 内覧会は招待された研究者や開設に協力した関係者を対象に開かれ、約70人が参加した。

「軍関与記述を」県教育長対応検討

 沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐり、軍人による指示・命令の文言が削除された国立歴史民俗博物館の展示問題で、金武正八郎県教育長は15日の県議会予算特別委員会で「(集団自決は)住民に手(しゅ)榴(りゅう)弾(だん)が配られていることから、広い意味で日本軍の関与があった」とした上で「史実に照らして記述されるべきだ」との認識を示した。

 同博物館は3月中にも展示内容を再検討するとしており、金武教育長は「再検討の結果を踏まえて対応を決めたい」としている。

 再検討の結果を待たずに「教育長として抗議するべきだ」(上里直司議員)、「記者会見などで見解を明らかにするべきだ」(渡久地修議員)とした各議員に答弁した。

記述回復求め市民団体声明 歴博に要請書送付

 国立歴史民俗博物館の「集団自決」の記述をめぐる問題で「沖縄戦の歴史歪(わい)曲(きょく)を許さず、沖縄から平和教育を進める会」など東京、大阪、沖縄の五つの市民団体は15日、展示を改めるよう求める声明を発表し、同様の内容の要請書を同博物館あてに送付した。

 声明を出したのは同会のほか「大江・岩波沖縄戦裁判を支援し沖縄の真実を広める首都圏の会」「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会」「子どもと教科書全国ネット21」「日本出版労働組合連合会」の4団体。

 (1)展示を歴史研究の成果にもとづき史実を正確に反映したものに改めること(2)歴史をゆがめようとする外部からの圧力に対しては毅然(きぜん)と対処すること―を求めた。

                                             ◇

■国立歴博の判断は真っ当である■

「プロ市民団体」嵐のような抗議の中、

国立歴博館が展示から集団自決の「軍命と指示」を削除した状態で本日オープンした。

これに先立って国の機関である文科省と裁判所が、沖縄の「集団自決」に関わる「軍の命令や強制」に否定的判断をしている。

これに加えて、今回、国の研究機関である国立歴史民俗博物館がダメ押しをするようにその展示から「軍の命令や指示」の文言を削除したのだから、「残虐非道の日本軍」を主張する「軍命あり派」の「プロ市民団体」が黙っているはずはない。 

猛然と展示を変更するように圧力行動を開始した。

だが、館内外の20人の学者の助言に従ったというが、大阪高裁では軍命は否定されれており、正確に言えば軍命の有無に関する論争は事実上決着している。

従って「(軍命の有無は)意見の分かれる問題なので誤解を招かないため」という助言した学者の意見は慎重に過ぎるとも思われるが、最高裁の判決が出ていない現状からいえば、今回の歴博の措置は的を射た措置であると書いた。

■「プロ市民団体」の抗議はブラックジョーク■

しかし、まともな検証で「軍命」が証明できないと知った「プロ市民団体」は一斉に歴博側に抗議の圧力を加えて、歴史を「政治運動」で書き替えようと、戦いの場を法廷から法廷外闘争へ持ち込んでいる。 

ルールもへったくれもない場外乱闘の場へ持ち込んだ「プロ市民団体」の抗議の主旨が次の二点だというから笑止千万である。

1)展示を歴史研究の成果にもとづき史実を正確に反映したものに改めること

(2)歴史をゆがめようとする外部からの圧力に対しては毅然(きぜん)と対処すること

史実を正確に、だって?

外部の圧力に毅然と対処せよって?

出来の悪いブラックジョークではないのか。

二つともそっくり発言者にお返ししたい。

■場外乱闘が得意の「プロ市民」■

法廷闘争で分が悪いと判断するや(事実判決前までは敗訴を予測していたと岩波側は述べている)、裁判所に署名活動や電話、ファックスなどで圧力をかける場外乱闘は左翼集団の最も得意とするところ。

文科省の検定意見に「11万人動員」というウソの数字をねつ造してまで、文科省に圧力をかけたことが記憶に新しいが、今回の国立歴博館への「プロ市民の」抗議行動も激しいものがある。

地元テレビもこの通り。

【動画あり】↓

歴史民俗博物館に抗議

千葉県の国立歴史民俗博物館が新たに展示する沖縄戦の集団自決の展示パネルから日本軍の関与を示す記述を削除していた問題で、...続きを見る


一方の「軍命否定派」の保守系団体はこの手の行動は不得手で、今回も保守系グループが行動を起こしたという話は聞かない。

以下は左翼勢力に負けないための「拡散依頼」です。

                    ◇

今回の国立歴史民俗博物館の判断は、議論が分かれる歴史問題を一方の主張(軍命や軍の指示)のみを取り上げるのは誤解を呼ぶので、問題が決着するまでそれを削除するという極めて真っ当な判断と敬意を表していました。

それが、一部左翼マスコミや「プロ市民団体」の圧力に屈して「見直す」ようでは学術研究機関としての信用に関わることになります。

何卒20名の歴史専門家が検証の上決定した展示変更を、素人集団である一部の左翼団体の抗議等で元の木阿弥にしてしまわないようお願い申し上げます。

【拡散依頼】

上記主旨で、「プロ市民」の圧力に屈することのないよう国立歴史民俗博物館へ激励のメール、電話等送ってくださいますようお願いします。

 
国立歴史民俗博物館【れきはくホームページ】
 
電話 043-486-0123

メール kenkyo@ml.rekihaku.ac.jp

メール sfukyu@ml.rekihaku.ac.jp

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲惨と不快のどちらを選ぶか... | トップ | 日教組とソープの関係、小林... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2010-03-16 20:44:10
狼魔人様

同じ、集落の人同士が加害者であり、また被害者でもある。その時、全て日本軍が悪い。にすれば双方が今までどおり、同じ集落で生活できます。
当事者間同士には、放っておいて欲しい問題だと思います。あえて残酷な例をあげます。
「日本軍が赤ん坊を殺した。」も、よく調査をすれば、同じ集落同士で避難した壕で、赤ん坊が泣いた。そのとき、赤ん坊が泣くとアメリカ兵に見つかる。との同じ集落内の人達からの苦情で、母親が泣く泣く我が子に手をかけた。このことは集団自決にも言えることです。
要するに、自分達の罪を全て日本軍に押し付けただけです。
お互いは、全て日本軍の命令でやった。ことにすれば済むことです。なんで、そんなことを今更ほじくり返す必要があるのでしょう。
左翼プロ市民がやっていることは、そんなことです。当事者からすれば、要らん事するな。が本音だと思います。こんな連中に言っても理解は出来ないと思いますが。
一ついえる事は、この連中が騒げば騒ぐほど、沖縄県民を苦しめることです。この連中には関係ない事でしょうが。


Unknown (京太郎)
2010-03-16 20:55:05
またもや、ちょん髷じいさんがシャシャリ出てましたね。
左翼の識者等の歴史捏造、歪曲は動かぬ証拠が今や幾つも露呈しております。
この犯罪者等に、黄泉の世に旅立つ前に償いをさせてあげなければ、間違いなく彼らは、閻魔様に舌を抜かれる事になるでしょう。
貴ブログは、彼らに贖罪を施す意味で、みごとと云わなければなりませんね。
岩波と高嶋教授の馬鹿タッグ (沖縄出身の仲地)
2010-03-16 22:29:45
先ずは狼魔人さんへ

返事を遅れた事は申し訳ありません。また、この度の私の用件を受けていただき有難うございます。

私は、今愛知県に住んでいます。ここでのテレビで、たかじんのそこまで言って委員会で、岩波書店の編集長らしき人と、琉球大学名誉教授の高嶋氏に沖縄自衛隊員が、集団自決を含む質問をしていました。やっぱりかと思いますが、岩波と高嶋氏は軍命ありとはっきり答えましたね。しかし、異論を唱えたのは、勝谷誠彦氏でしたね。今回の博物館の件も、無知な市民団体等が自分流の正論をデタラメに唱えるのもバカバカしいし、沖縄2紙の宣伝活動もバカ丸出しを強調してますね。
Unknown (june)
2010-03-17 07:41:57
「子供手当の海外流出」動画があがっています。

【子ども手当】日本人逆差別、密かに進められる移民促進政策[桜H22/3/15]
http://www.youtube.com/watch?v=U8-6sDWi9h4&feature=player_embedded
異常な子供手当の海外流出についてのテレビ出演動画、掲載!
http://kosakaeiji.seesaa.net/article/143834769.html


この番組の前の時間帯に放送された「チャンネル桜」本放送のゲストでノンフィクション
作家・関岡英之さんの中国人移民急増の解説が極めて深刻で衝撃的でした。

【関岡英之】「内なる脅威」と化した中国の日本侵蝕[桜H22/3/16]
http://www.youtube.com/watch?v=28r6CNukdzI&feature=video_response

【この動画をみて】 (21分36秒くらいから)
 外国人参政権と(中国人)移民問題、地方分権(地域主権)を絡めて考えるべきと
指摘されていました。確かに合わせて考えてみると深刻度が一気に上がりますね。

 それと(メンタリティは中国人のままの)中国系帰化人が日本の裁判官や警察官
になって、日本人が裁かれるという悪夢(理論的には現時点でも可能だそうです)の
ような話も続けて紹介されています。

「内なる脅威」がすぐそこまで忍び寄ってきていることを実感させられます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
3/17のつぶやき (ラサ#lhasaのブログ)
lhasa0619: 明日朝はバルサVSシュツットゥガルトだ。バルサはけが人多いのかな? lhasa0619: 不思議なのが、小泉竹中に批判的だった連中が鳩山邦夫に冷たいところ。何でだ? lhasa0619: 明日はきれいなおねぇさんにまた会える~♪ ...