狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

世界の恥さらしだ!保安官が辞職届提出=海保、受理せず

2010-12-19 17:48:19 | 外交・安全保障

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願

保安官が辞職届提出=海保、受理せず-尖閣映像流出
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突の映像流出事件で、流出させたと認めた神戸海上保安部の海上保安官(43)が辞職届を提出していたことが19日、関係者の話で分かった。海上保安庁は受理しておらず、警視庁の書類送検を受け懲戒処分にする方針。
 保安官は、主任航海士を務めていた巡視艇「うらなみ」の共用パソコンから映像を入手し、11月4日夜、神戸市内のインターネットカフェから、漁船衝突の映像を動画サイト「ユーチューブ」に投稿したとされる。
 映像は9月17日から4、5日間、海上保安大学校(広島県呉市)の共有フォルダーに保管されており、保安官の同僚が共用パソコンに取り込んだ。
 保安官は11月10日、うらなみの船長に流出への関与を告白。年次休暇を取得し、警視庁と東京地検の任意での事情聴取に応じてきた。
 持病の悪化を理由に乗船勤務は不可能とする医師の診断書が出され、同月21日付で陸上勤務の予備員となった。(2010/12/19-11:41)

                                                     ☆

海上保安庁は受理しておらず、警視庁の書類送検を受け懲戒処分にする方針。

辞表は受理して自主退職にしてやるのがせめてもの武士の情けではないのか。

これでは切腹を決意した武士をあえて獄門打ち首にするようなものではないのか。

海上保安庁よ、恥を知れ!

中国船が韓国艦に体当たり1人死亡1人不
< 2010年12月19日 7:44 >     

 韓国の排他的経済水域(=EEZ)で18日、不法操業していた中国漁船が韓国側の警備艦に体当たりして転覆し、中国人1人が死亡、1人が行方不明となっている。

 黄海のオチョン島沖にある韓国のEEZで18日、韓国の海洋警察庁が中国漁船団の取り締まりを行ったところ、漁船が警備艦に体当たりして転覆した。これにより、漁船の乗組員1人が死亡、1人が行方不明となっている。

 また、海洋警察庁の警察官が漁船に乗り込んだところ、乗組員らは鉄パイプで殴るなど激しく抵抗し、警察官4人が重軽傷を負った。

                        ☆

領海侵犯した中国船が故意に海保巡視船にに衝突する事件。

中国を相手にした同じ事件でも日韓では対処がこうも違うものか。

韓国は中国漁船の狼藉を堂々と世界に公開していると言うのに、日本は中国様に配慮して、証拠のビデオを非公開にし、あまつさえそれを職を賭して公開した英雄的海保職員を処罰するという。

韓国の対処に比較すると民主党政権の中国への腰抜け外交際立って見える。

この腰砕け外交を柳腰と自称した仙谷官房長官は世界の恥さらしである。

海保職員の英雄的行為を役所は、公務員の守秘義務違反で罰するだけに止まらず検察は起訴も検討中であるというから、さらに韓国政府と違いが明白になる。

恥の上塗りである。

ちなみに韓国領海を侵犯して拿捕された中国船は、釈放の際数百万円の釈放金を韓国側に支払っていると言う。

翻って柳腰長官はタダで中国船長を釈放したに止まらず衝突で損害を受けた1000万円にも及ぶと言われる修理費の請求さえしていない模様。

中国の属国発言といい一体何度恥を上塗りを繰り返せば済むのか。

 

今朝のタイムス風刺漫画に年賀状を書く小沢氏が「キンガシンネン」と打ち込んだら「謹賀新年」ならぬ「金が信念」と絶妙な変換をするPCに嘆く姿には思わず吹いてしまった。

週明けの政局は「小沢はずし」か「仙谷切り」かで大荒れの様相だが、

「柳腰」と「金が信念」のお二人が抱き合い心中を計ってくれるのが最大の国益である。

小沢、仙谷、馬渕の三人ともまとめて辞めっちまえ!

それが日本のためになる!

【おまけ】

中国船員と韓保安官が棒を持って殴りあう映像公開されています。↓

▼唸り声の気になる映像/中国船、韓国巡視船に体当たり、でも中国紙には衝突と

<写真は咥えたばこで鉄パイプを振り回す船員/中国鳳凰網動画ニュースより

中国渔船与韩国巡逻船相撞沉没[视频]=中国の漁船は韓国の巡視船と衝突して沈む

http://news.ifeng.com/mainland/detail_2010_12/18/3580443_0.shtml

この中国記事によれば、中国漁船が故意にぶつけてきたとは書かれていない。『韓国側は中国漁船に乗り移り、漁民を逮捕しようとしたところ、何人かの中国漁民は抵抗をした。韓国側は、中国漁船に少なくとも2発の煙幕弾を発射、また漁民に放水をしている。』と中国漁船に非のないような書き方をしている。

 こちらの写真もどうぞ↓鉄パイプVS警棒

http://www.swissinfo.ch/media/cms/images/afp_tickers/2010/12/int0017b.101218225008.jpg

 こうした映像と同じようなことが尖閣でもあった筈だが、そこまで公開していない。海保の方々は命がけでこうした無法漁船を取り締まっているのだ。それを無能な政府が映像を隠そうとしていたなど許されない。>

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 ブログセンターランキングへクリックで応援願

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レイムダック首相」に冷め... | トップ | 寝言は寝て言え!沖縄タイム... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Sengoku38さんのこと (これからが肝心)
2010-12-19 18:04:26
民主党政府のやり口に怒りがマグマのように溜まっていたときに、あのタイミングでビデオ公開をやってくれたSengoku38さんに対して海上保安庁が懲戒処分?? 数日から1カ月の停職処分であれば可能かもしれないが、刑事告発出来ない以上、懲戒解雇は法律的に無理ではないかと思いますが。専門家に聞いてみたいです。

もし、本当に解雇されたら保安庁に抗議しないとだめですね。それと、英雄的行為に支援しないといけませんね。
Unknown (とおる)
2010-12-19 18:52:39
自民党は、sengoku38氏を比例第一位で総選挙の候補にすべし!
公務員と懲戒処分 (alpha)
2010-12-19 22:33:09
狼魔人様

元公務員の立場から一言申し上げます。

公務員に規律違反があった場合、組織としての規律維持の観点から懲戒処分が行われます。

また刑事告訴された場合は裁判の結果によって失職する可能性もあります。

このような場合には最終的な処分が確定するまでは退職の申し出は受け付けられないのです。

それが公務に就く者の負う責任の一端です、ただそれだけです。

例えば懲戒処分で免職される可能性の高いものが、処分前に辞職すれば、免職されずに退職金を受け取って退職できることになると、懲戒処分の趣旨を没却することになります。

公務員を免職されると、戸籍謄本に免職された事実が記載されますので、戸籍謄本の提示が求められるような仕事には付けなくなります。

これは一般労働者としたら極めて大きな重荷を負うことなのです、普通の会社を解雇されても戸籍にそのような記載はされません。

それ故に公務員に対して規律に従わせる力となるのです、勿論多くの方はこのような共生を意識するよりも、公務員として皆さんのお役にたつことを誇りとし喜びとしていると思っております。

とりとめもございませんが、公務員と懲戒処分の関係についてご理解頂ければ幸いです。
Unknown (涼太)
2010-12-19 22:57:03
狼魔人様

今日もニュースで、ガンダムそっくりの模型が中国で展示されたと報道していました。
結局他人の物は自分の物。それが中国人のメンタリティーなんでしょう。だから領海侵犯や他国への侵略も平気なんです。
「中韓を知りすぎた男」様のブログに書いてあったのですが、日本人は神道なり仏教があり幼いときから、最低限の人の道を親が教えますが、中国ではそれが無い。従って他人のものであろうが欲しいから盗む。孔子の論語の世界は二千年前の話で、秦の統一以降ズーット殺し合いをやっている民族です。そういえば孔子の子孫の孔健がテレビで中国人もチャンと教育すれば人間らしくなれると、発言していましたが、二千年も染み付いた垢は簡単には取れないでしょう。
そんな民族と付き合っていることは、国民一人一人が認識すべきですね。
保安官の行動は、そんな中国の一端を国民に知らしめるいい機会になりました。国も虫けらみたいに処分は出来ないと思います。

Unknown (sengoku38氏を熱烈支持)
2010-12-20 05:41:19
神ならぬ売国民主の決める処分などなんの価値もない。
人間の尊厳に照らせば、彼の行いが正しいことは言うまでもない。
sengoku38氏を見捨てるようなことは、愛国者なれば不可能だ。
海保の関係者50名ほどにも処分が拡大するかもしれないとも聞いた。
売国民主、反日政府は許せない。
覚醒した国民の怒りは爆発寸前になっている。
思い知るがよい。
冷静に (SugarPie Guy)
2010-12-20 10:26:34
一般企業にしか身を置いたことはありませんが、会社規定に厳密に定義されていないことでも、その行動が大きな騒動を引き起こすことが明解であることを行い、それで会社が右往左往するようなことになれば処分を受けることは覚悟しなければなりません。

私見ですが、今回の騒動で海上保安庁はSengoku38さんに何らかの処分を下しても不思議ではありません。

むしろSengoku38さんは、それを覚悟の上で決起したのだと考えます。

だからこそ我々はSengoku38さんの勇気に感激するのです。
まさに「やむにやまれぬ大和魂」です。
憲法大苦情処理 (愛国の悲劇)
2010-12-20 19:43:43
海上保安庁法第二十五条の縛りが
国土防衛の精神を抑圧してきました。

コメントを投稿

外交・安全保障」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL