狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄県教育長、副知事の疑惑否定も真相見えず 当時の幹部聴取「相談して対応」

2017-01-21 08:24:43 | 未分類

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

今朝の沖縄タイムスは四日連続で、安慶田副知事の「口利き」関連で大発狂。

翁長知事は、「安慶田副知事に確認したところ、県教委への働きかけを行った事実はないと聞いている」と述べ、辞任の必要はない、とのこと。

ドロボーの容疑者に「ドロボーか」と聞いたら、否定するに決まっている。

下手に副知事を辞任に追い込んだら、口利きの事実を認めたことになる。 開き直って他の猛毒を撒き散らされるより、「無かったことにする」が一番安全と考えたのだろう。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 沖縄県の安慶田光男副知事が県教員採用試験や県教育庁の幹部人事を巡り、県教育委員会の方針に介入した疑いがある問題で、翁長雄志知事は20日の記者会見で「安慶田副知事に確認したところ、県教委への働きかけを行った事実はないと聞いている」と述べた。安慶田副知事の進退には「副知事を含め、職員を信頼することがベースにある」と述べ、辞任に否定的な考えを示した。

定例会見で記者の質問に答える翁長雄志知事=20日午前、県庁

 平敷昭人教育長も、県教委が18、19日に独自調査をしたとして「副知事から働きかけの事実はないという返事を得ている」と強調。「この確認でこれ以上のことは考えていない」と述べ、調査を打ち切る考えを示した。

 知事は安慶田副知事に関する一連の報道を受け「県民にも心配をかけているのはたいへん残念。県民に疑念や誤解をいだかれることがないよう適正に対応したい」と述べた。

 副知事などの特別職は、地方公務員法や県職員倫理規程で、全体の奉仕者としてふさわしくない行為があった場合の懲戒処分などの対象外となっている。知事は「特別職のあり方も議論していきたい」との認識を示した。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 安慶田光男副知事は20日夕、県教員採用試験や県教育庁の幹部人事を巡り、県教育委員会の方針に介入した疑いがある問題で、初めて自ら記者団に説明し「県教委への働きかけを行った事実はない」と疑惑をあらためて否定した。その上で「進退の問題にはならないと考える」と述べ、辞任せず引き続き副知事職を務める考えを明らかにした。

教育委員会への介入を否定し、県民へ不安をかけたと謝罪する安慶田光男副知事=20日午後、那覇市泉崎・県庁

 安慶田氏は「報道により、多くの県民に不安を与え、知事にもご心配をおかけしていることについては、大変申し訳ないと考えている」と述べた。

 その上で「今後はより一層、襟をただし、県民に疑念や誤解を抱かれることがないよう適正に公務に邁進したい」と述べ、続投に意欲を示した。

 

                     ☆

鶴の一声ならぬ知事の一声で副知事の辞任は消えた。

だが、これで一件落着、幕引きとは行かない・・・これが沖縄タイムスの見出しに垣間見る。

 

■一面トップ

知事 安慶田氏の疑惑否定

県教委も否定 調査打ち切り

元幹部は発表に疑惑

安慶田氏 続投に意欲

■二面トップ

知事 早期幕引き図る

教員試験疑惑 簡単な内部調査のみ

「第三者調査会」の声

与党 知事対応 理解示す

野党 百条委の設置視野

■教員ら徹底解明望む

「納得いく説明を」

県対応に注文相次ぐ

■社会面トップ

焦る県 火消しに躍起

副知事否定繰り返す

口利きの事実はない

知事、副知事の辞任否定

客観的な調査必要

仲地博氏(沖縄大学学長)

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 「そのような事実は承知せず、なかったものと考えています」。2015年の沖縄県教員採用試験を巡り、安慶田光男副知事が特定の受験者を合格させるよう依頼した疑いが持たれている問題について、平敷昭人県教育長は19日、きっぱり否定した。しかし口頭で聞いたという範囲は現在の職員に限られ、当時の幹部ら関係者への確認は「少し整理してから答えたい」と明言を避けた。真相は、まだ見えない。

県教委の定例会後、記者団の質問に答える平敷昭人県教育長(中央)=日午後、県庁

 この日の県教育委員会の定例会で、委員の一人から報道について説明が求められると、平敷教育長は「働き掛けを受けたとの報告は受けていない。氏名や受験番号を伏せて合否の決定はしており、採用試験は公平・公正に行われたと考えている」と疑惑を否定した。

 しかし、その根拠ははっきりしない。

 県教育庁学校人事課の課長が複数の職員から話を聞いたとされるが、その手法や範囲は19日段階では明らかにされていない。何よりも現在の職員に限られ、当時在籍していた幹部らへの確認はまだだ。

 教育長や統括監、参事などの幹部は軒並み入れ替わっており、現体制に限っての調査がどこまで有効か判断しがたい。

 会合後、記者団から「はっきりさせるには当時の関係者に話を聞くのが手っ取り早いのでは」と問われた平敷教育長は、「それも含めて考えたい」「よく相談して対応したい」と述べるにとどめた。

 20日の翁長雄志知事の定例記者会見に同席し、より詳しい説明をするとした。

                                 ☆

刑事事件などで身内のアリバイ証言では証言能力を認めない。

>県教育庁学校人事課の課長が複数の職員から話を聞いたとされるが、その手法や範囲は19日段階では明らかにされていない。何よりも現在の職員に限られ、当時在籍していた幹部らへの確認はまだだ。

>教育長や統括監、参事などの幹部は軒並み入れ替わっており、現体制に限っての調査がどこまで有効か判断しがたい。

 対応に当たった教育長は、翁長知事が就任時に、任期半ばで入れ変わった教育長。

副知事の教育長口利きの当事者と思われても仕方の無い人物だ。

クサイ人物にクサイ話しを聞いてもまともな答えが出るはずは無い。

臭い物には蓋をするに決まっている。

第三者委員会か場合によっては百条委員会でも招集しなければ県民は納得しないだろう。

 

珍しく、今回は真っ当な意見を述べている仲地博・沖縄大学学長の意見引用しておこう。

「県民の納得を得るには、第三者的立場による、客観性や公平性が担保されるような調査が必要だ。 匿名性を守り、幅広い人からヒアリングしないといけない。 対象が幹部だけならば、匿名性が低くなる。 中堅職員や当時担当した職員からも聞き取りすべきだろう」

 

御意!

 

【おまけ】

 

安慶田副知事、教育庁幹部登用も依頼か 2年連続 本人は否定

 

琉球新報 2017年1月20日 06:30

 

 公立学校教員候補者選考試験(教員採用試験)で特定の受験者を合格させるよう働き掛けた疑いが持たれている安慶田光男副知事が、県教育庁の幹部人事でも複数の人物の名前を挙げて登用を依頼していた疑いがあることが19日、複数の県教育庁関係者の話で分かった。関係者によると、依頼があったのは安慶田氏が副知事に就任した直後の2014年12月から翌年1月ごろと、15年末から16年初めにかけての2回とみられる。依頼について、内部で協議し「副知事にそのような権限はない」として応じなかったという。県教育長を除く課長級以上の幹部人事は県教育委員会が決定するため、登用依頼は副知事の権限を超える行為に当たる。安慶田副知事は同日、記者団に対し「やっていない」と、強く否定した。

 

 翁長雄志知事は19日午前、教員採用試験を巡る疑惑に関して記者団に「これから関係部局を回って事実関係を含め、きょうまでの過程を聞いて、それからの一つ一つの作業になる」と述べ、事情聴取して事実確認を調査する考えを示した。20日の定例会見で対応などについて見解を表明する見通し。

 平敷昭人県教育長は19日の教育委員会会議終了後、記者団に対し「(疑惑のある)介入はないと認識している」と否定したが、事実関係の調査について「実施を検討したい」との意向を示した。知事の定例会見にも出席する。

 複数の関係者によると、14年末ごろ、安慶田副知事から県教育庁の職員に対し複数の名前を挙げ、庁幹部に据えるよう依頼があったという。これを受け、15年1月ごろに内部で緊急会議を開き「庁内幹部の人事は教育委員会の権限であり、副知事の権限ではない」として、依頼を断ることを決め、安慶田副知事に伝えた。また15年末から16年初めにかけても登用依頼があり、同様に依頼を断ったとみられる。関係者の1人は「ここまで圧力をかけるのかと思った」と証言した。

 教育委員会は公正中立を保つため、首長からは独立した行政委員会として設置されている。県教育庁総務課によると、教育庁の課長以上の人事は、県教育委員会規則に基づき、総務課で取りまとめた案を教育委員会会議で協議し決定する。

 教育長の人事は、14年の改正地方教育行政法で教育委員長と教育長が統合され、首長が任命する。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄タイムス、地上派テレビ... | トップ | 益々深まる安慶田疑惑、 調... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-01-21 08:38:14
>珍しく、今回は真っ当な意見を述べている仲地博・沖縄大学学長の意見引用しておく。

説明責任
倫理規定の見直し
「翁長県政への反発か、安慶田副知事への個人的な恨みでもあるのか」
事実なら進退問題
教員採用、教育庁人事、安慶田副知事の介入は、実行されなかった
当時の関係者に話を聞いていないので、早急に聞くべし

なんか、この事件に対するタイムスの報道が、批判・擁護の意見を載せていて、真っ当な報道姿勢を見せている。
仲地博・沖縄大学学長の意見も、そんな流れに沿ったインタビューで引き出したのものでないか。


「反基地無罪」の記事と何が違うか。
そう、「市民」の声がない。
反基地運動している人達に意見が、載っていないのだ。

「市民」の声を載せない方針になると、報道らしい報道になる。
「『市民』の声を正義だ」としようと偏向した報道になるということは、「市民」の声は、単に「反基地」という意見(主義)を言っているのではなく、その根拠が??なものだということを暗示している。
Unknown (Unknown)
2017-01-21 08:38:36
安慶田副知事、紙を見ての記者会見。
すり合わせが、終わったのか。


「あらためて関与否定 口利き、人事介入疑惑で 安慶田副知事 2017年1月20日 18:35」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-430673.html

>今回の報道により多くの県民に不安を与え、知事に心配をかけたことについて大変申し訳ないと考えている。
>今後はより一層襟を正し、県民に疑念や誤解を抱かれることがないよう適正に公務にまい進していきたい
>「進退の問題にならない」として副知事職を続行する考えを示した。


「沖縄・安慶田副知事、続投の意向 「大変申し訳ない」 2017年1月20日 19:00」
安慶田光男 副知事疑惑 沖縄
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80706

>進退の問題にはならないと考える
>報道により、多くの県民に不安を与え、知事にもご心配をおかけしていることについては、大変申し訳ないと考えている

「誰が言っているのか」と声を荒げていたのに。
あれ?「事実無根のことで報道しやがって、許さん」がない。
タイムスに腸が煮えくり返っているはず。

証拠がないのだから、辞めない。
これを、タイムスが許すの?
Unknown (東子)
2017-01-21 08:39:22
「市民」の声を代弁しようとすると、??な記事になる例。

「制限区域「立ち入りせぬよう」 防衛局、報道各社に申し入れ 2017年1月18日 15:02」
辺野古新基地建設 辺野古 臨時制限区域 キャンプ・シュワブ
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-429327.html

>沖縄県政記者クラブ加盟14社に対し、臨時制限区域に立ち入った場合の刑事特別法の罰則規定「一年以下の懲役または2千円以下の罰金もしくは科料に処される」を示した上で「許可なく立ち入ることのないようお願いする」と申し入れる報道室長名の文書をファクシミリで送った。


「報道の自由」を言わないかなーと思っていたら、言った。
で、どんなアクロバティック理論かというと、

「<社説>報道立ち入り規制 表現の自由を侵す暴挙だ 2017年1月20日 06:02」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-430232.html

>報道の目が届かなくなることで、抗議活動に対する著しい暴力行為や人権侵害が横行する可能性は否定できない。
>臨時制限区域を無法地帯にしてはならない。

臨時制限区域に侵入して抗議活動するのに、取材できないなら、無法がまかり通る??
「臨時制限区域に侵入」が、既に「無法」でしょーに。

「立ち入り禁止区域に侵入=犯罪」の視点がない←「反基地無罪」


>広大な制限区域の設定は市民の正当な権利である抗議行動やマスコミの取材活動を排除する狙いが明白だ。
>国が取るべき道は工事中止と制限区域撤廃だ。
>刑特法を振りかざす言論弾圧は直ちにやめるべきだ。

工事をしていると破壊活動したくなる(犯罪行為)から、「工事中止と制限区域撤廃」をすれば破壊活動しないので、犯罪を犯さなくてすむ。
という理解でOKですか?
Unknown (東子)
2017-01-21 08:42:03
「政府と名護市3地区の懇談会 2017年01月19日 19時50分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093112121.html?t=1484873437417

直接交付金
初年度の2015年度は3900万円。
2年目の2016年度は4000万円。
3年目の来年度は一気に増えて、1億円余り。



【参考】
「「できる限り配慮」と菅氏 久辺3区長に振興策で意欲 2016年10月8日 15:23」
辺野古 久辺 3区 振興
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-372210.html

【北部】
>菅義偉官房長官は8日午後、名護市内で米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市の久辺3区の区長らと会談し「最も大きな影響を受ける久辺3区の皆さんの生活環境や生活の向上に関し、できる限りの配慮を行っていく必要がある」と述べ、振興策の充実に向けて意欲を示した。
>会談には久辺3区から嘉陽宗克辺野古区長、宮城行雄豊原区長、宮里武継久志区長、辺野古区出身の宮城安秀名護市議が出席した。
>4人を代表して嘉陽辺野古区長は「久辺3区は条件を付して(辺野古移設に)容認している。これからも国に協力していきたい」と強調した。

「久辺3区は条件を付して(辺野古移設に)容認している。これからも国に協力していきたい」。
力強い言葉に感謝。


>直接交付金による2016年の3区の事業の進ちょく状況に触れた上で「2017年の事業についても配慮を賜りたい」と求めた。

県の一括交付金の消化率と違って、きちんと消化しているのでしょう。
だからこその増額と思われる。


「<社説>久辺3区交付金 政権の一手は逆効果生んだ 2015年11月30日 06:02」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-179978.html

>新基地を拒む強固な民意が息づく中、久辺3区直接補助を多くの県民が苦々しい思いで見ており、新基地ノーの民意をかえって強めた。
>沖縄は分断されない。
>安倍政権の一手は逆効果を生み出した。

と言って、結束を崩さないように守りに必死だが、名護市が「辺野古反対」と米軍再編に非協力的なので米軍再編交付金が下りないのだが、直接交付金をもらっている久辺3区がうらやましいのだろう。
現実は↓

「米軍再編交付金、直接交付を要望 名護市議「市通さずに」 2016年2月25日05時00分」
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12226252.html?rm=150

>名護市の市議11人が24日、首相官邸で菅義偉官房長官と面会し、名護市には交付されていない米軍再編交付金を、市を通さずに直接市内の自治会に交付するよう要望した。

結果は、聞き入られていないけれどね。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-01-21 10:54:25

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「社会を支える 高齢者の働き」の那覇市・比嘉寛さん(86)は、昨年は1月20日、2月21日、3月6、21日、4月30日、5月5日、6月5、29日、7月25日、8月17日、9月19日、11月22日の12回掲載。今年は1月1日に続き2回目の掲載。
「波平商店から 励ましと勇気」の読谷村・雨水かよ子さん(61)は、昨年は4月12日、5月8日の2回掲載。
「充実の1年へ 手帳フル活用」の本部町・當銘正枝さん(47)は、昨年は掲載なし。
「高校生憧れた 『俺たちの旅』」の西原町・田村としのぶさん(58)は、昨年は1月28日、2月20日、3月27日、4月30日、5月18日、6月24日、8月25日、9月16日、10月5日、11月14日、12月16日の11回掲載。
「台湾と日本の絆 再確認」の那覇市・蘇啓誠さん(59)は、昨年は2月13日、3月17日、6月1日、7月22日、10月31日の5回掲載。
「夜更かし少年と『深夜ラヂオ』」の豊見城市・渡真利善朋さん(48)は、昨年は1月16、28日、2月11、24日、3月8、22、31日、4月12、20、29日、5月12、24日、6月4、19日、7月4、12日、8月3、14、16、31日、9月14、23日、10月16日、11月1、19、30日、12月16、23日の28回掲載。今年は1月12日に続き2回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


(おまけ)
2016年1月1日~12月31日の一般投稿は合計2346本(「主張・意見」1584本、「論壇・寄稿」405本、「茶のみ話」357本)。

年齢別の投稿数
10代  12本  0.5%  
20代  25本  1.1%
30代  97本  4.1% 
40代 174本  7.4%
50代 233本  9.9%
60代 823本 35.1%
70代 744本 31.7%
80代以上 230本 9.8%
記載なし    8本 0.3%

平均年齢は65.7歳。
10回以上掲載された人は55人。

掲載回数上位の方々(敬称略)

渡真利善朋(豊見城市)28回
岸本定政(糸満市)  26回
安東民夫(浦添市)  22回
東江義昭(恩納村)  20回
幸地忍(八重瀬町)  20回
大嶺よし子(豊見城市)19回
横田等(那覇市)   19回
池辺賢児(宜野座村) 18回
知念徳彦(那覇市)  18回
山内昌一(那覇市)  18回
親泊善雄(沖縄市)  17回
儀間眞治(西原町)  17回
島袋定(那覇市)   16回
金城明男(沖縄市)  16回
山根光正(那覇市)  16回
大里裕一(浦添市)  16回


なお、延べ人数ではなく実人数で見ると――。
2016年投稿者の実人数は803人。
このうち年齢記載のある798人の平均年齢は63.08歳。

Unknown (amai yookan)
2017-01-21 12:35:17
>本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)さん
2017-01-21 10:54:25


集計を拝見すると「60歳以上が、断然多い」=老人の新聞って感じですね。

「復帰闘争前後の年代」でしょうか、闘争華やか成りし頃の知人も結構居ますが「今もそのままの観念を保持」し続けている方が多い。改心した人を、見かけない。奥平さんもそのお一人か

かく言うわたくし目、辺野古以前は、反保守でした。最初の嘉手納基地包囲(1987年)にも参加していました。

「辺野古の浜テント」でお会いした「嘉陽宗義(かよう・むねよし)さん」には好い人で感動的でした。

その後、ネットでお勉強したお陰で「目からウロコ」・改心した次第です。



 
お詫び (東子)
2017-01-21 13:52:33
Unknown (Unknown)  2017-01-21 08:38:36 は東子です。
失礼しました。
Unknown (東子)
2017-01-21 13:55:16
「辺野古新基地:シュワブゲート前で座り込み、県警が排除 「暴力をやめろ」 2017年1月21日 13:08」
普天間移設問題・辺野古新基地
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80790

>南城市の男性(65)=同市=は「基地ができると、我々が被害を受ける。排除にめげることなく、基地反対の県民世論をつくっていきたい」と話した。

ほらね、「市民」の声を載せると、途端に変な記事になる。


「「できる限り配慮」と菅氏 久辺3区長に振興策で意欲 2016年10月8日 15:23」
辺野古 久辺 3区 振興
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-372210.html

>菅義偉官房長官は8日午後、名護市内で米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市の久辺3区の区長らと会談し「最も大きな影響を受ける久辺3区の皆さんの生活環境や生活の向上に関し、できる限りの配慮を行っていく必要がある」と述べ、振興策の充実に向けて意欲を示した。
>会談には久辺3区から嘉陽宗克辺野古区長、宮城行雄豊原区長、宮里武継久志区長、辺野古区出身の宮城安秀名護市議が出席した。
>4人を代表して嘉陽辺野古区長は「久辺3区は条件を付して(辺野古移設に)容認している。これからも国に協力していきたい」と強調した。

「久辺3区は条件を付して(辺野古移設に)容認している。これからも国に協力していきたい」。

辺野古移設で一番被害を受けると言われている久辺3区が、↑のように言っているんですよ。
南城市?
タイムスさんよ、沖縄本島南部の市の「市民」の声だけ載せてどうする(怒
Unknown (東子)
2017-01-21 13:56:52
「「基地反対の声聞かぬ」 「ニュース女子」制作側がサイトで見解 2017年1月21日 09:00」
テレビ 東京MX ニュース女子
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80744

はぁ?
両論併記でなく、「基地反対の声聞かぬ」と批判しているんでしょ。
なのに、タイムスはの辺野古の記事に、「基地容認の声聞かぬ」。
「市民」の声だけ載せる。


>抗議行動を批判しながら当事者に取材しなかったことは、「暴力行為や器物破損、不法侵入、不法占拠、警察官の顔写真を晒(さら)しての恫喝(どうかつ)など数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している」と説明した。
>在日コリアンの辛淑玉さんを名指しした上で「反対運動を扇動する黒幕」などとテロップを流したことはヘイトスピーチ(憎悪表現)と批判された。
>見解は「言論弾圧」「今後もこうした誹謗(ひぼう)中傷に屈すること無く、日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります」と反論した。

より詳しくは↓を。
「ニュース女子番組見解について 2017.01.20」
https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/
Unknown (東子)
2017-01-21 14:30:58
「沖縄県、次の一手は 辺野古の埋め立て承認「撤回」検討 吉田拓史 2017年1月8日00時17分」
http://www.asahi.com/articles/ASK16656GK16TPOB002.html

>「留意事項」をめぐっては、米軍岩国基地(山口県)の滑走路沖合移設について住民が起こした訴訟で「埋め立て承認の留意事項に違反しても、知事は国に対して制裁できない」との広島高裁判決(13年11月)がある。
>このため県は承認撤回の他に、仲井真氏が14年8月に出した「岩礁破砕許可」の更新を認めないといった別の手段の検討も進める。
>許可期限は3月末までで、更新されなければ海底や沿岸の岩場を破壊する護岸工事や埋め立てはできなくなるが、期限までの3カ月間は県は工事に手出しできない。
>翁長氏を支持する平和団体や環境団体は「なんとしてでも工事阻止を」と求める。
>ただ県は「取り消し」で一度敗訴している。


「辺野古新基地:週内に国内最大級掘削船を投入 沖縄防衛局 2017年1月11日 07:48」
辺野古新基地 掘削船 ボーリング調査 沖縄防衛局
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/79286

>防衛局は早ければ2月中にも調査を終わらせ、早急に本体工事に着手したい考えだ。


「辺野古違法確認訴訟・判決から1カ月 工事の現状、今後の見通しは? 2017年1月20日 10:03」
普天間移設問題・辺野古新基地
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80591

><工事の進捗>
>生コン工場建設を発注 沖縄防衛局は辺野古沿岸での作業再開から1カ月間で、海上保安庁の使用する浮桟橋や立ち入り禁止区域を明示するフロート(浮具)を設置している。
>準備が整えば、本格的な埋め立て工事に着手する。


どんどん工事は、進む。
早く「撤回」を出さないと、工事は、進む。
3月末までに「撤回」を出すか?
Unknown (東子)
2017-01-21 14:36:10
1年3か月以上前に、

「県、辺野古埋め立て承認の撤回検討 国の強行「公益に反する」 2015年10月31日 05:00」
辺野古新基地
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-163668.html

>県は辺野古埋め立て承認に付した「留意事項」で、防衛局は本体工事を始める前に実施設計や環境対策に関する事前協議を県と行うよう定めている。
>県が協議を「継続中」とする立場なのに対して、防衛局が一方的に打ち切りを通告し、29日に本体工事を強行している。
>県はこうした点などが「承認後に生じた撤回事由」に当たるとみている。
>複数の県関係者は「今後も防衛局は承認権者である県の指導に従わずに工事を進めようとするだろうが、そうした行為が積み重なれば(次々と)撤回事由となる」としている。
>県は週明けに防衛局に対し、事前協議の復活と、協議の間は工事を中断するよう求める行政指導を行う。
>また昨年の知事選や名護市長選で県民の多数が新基地建設に反対していることが示された点も、県内部では撤回事由の「公益」となるとの見解がある。
>県はこうした対抗手段を既に顧問弁護士らに照会し、撤回が選択肢となり得るとの回答を得ている。

顧問弁護士に言われたのを後生大事にして、国に「承認後に生じた撤回事由」を起こさせようと必死な県。
が、国は「事前協議」は終了しているとの立場を崩さない。


「辺野古のブロック投下、沖縄県が照会へ 破砕許可の更新判断に影響も 国の作業内容を検証 2017年1月5日 06:30」
辺野古 辺野古新基地 辺野古新基地建設 沖縄防衛局 岩礁破砕
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-422177.html

>海中に投入するブロックは全て15トン以下とするよう申請通り
>県はまた防衛局に対し、投下前の事前協議を求めていたが、防衛局は再変更したため県との事前協議に応じる必要もないとの認識


「防衛局、県に回答を送付 辺野古「事前協議」 2017年1月21日 10:57」
辺野古 辺野古新基地 辺野古新基地建設
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-431026.html

>防衛局は20日、県土木建築部海岸防災課へ工事の実施設計と工事中の環境保全対策について説明する文書を送付した。
>県側は「事前協議は施工前に行うものだ」と工事の停止を求めており、文書が事前協議に当たるのかも含め週明けにも庁内で今後の対応を話し合う。
>県は事前協議について、前知事が辺野古埋め立て承認をした際の条件としており、防衛局が協議に応じない場合留意事項違反として埋め立て承認撤回の理由に該当するとみている。
>防衛局は昨年12月27日に県に対し「協議が終了したことは明らか」との認識を示し工事再開を宣言していた。
Unknown (東子)
2017-01-21 14:36:27
事前協議の経緯のおさらい。

「防衛省 辺野古で県に協議文書提出し、協議開始 2015.7.25 00:03」
http://www.sankei.com/politics/news/150725/plt1507250005-n1.html

>辺野古のボーリング調査結果を反映した実施設計文書を一部まとめて沖縄県に提出し、県から埋め立て着工前に求められていた協議を開始した。
>辺野古移設阻止を掲げる同県の翁長雄志知事の判断が焦点となるが、実施設計に関する協議では翁長氏の承認や許可は法的に必要ではない。
>留意事項では環境保全対策の協議も求めており、防衛省は環境監視等委員会の指導・助言を踏まえた文書も提出。
>防衛省は実施設計などへの質問は8月14日までに提示するよう求めた。
>中谷元防衛相は24日、「工事に着手する段階に来たと思い、協議をお願いしている」と記者団に述べた。

埋立工事に向けて紳士協定の「事前協議」開始を国は県にお願いした。
しかし、「事前協議」を始めてしまうと、「埋め立て工事」に進んでしまうと、県は、国に「協議」の取り下げを要請。


「事前協議文書取り下げを 辺野古移設で沖縄知事要求 政府は応じず 2015.7.29 20:37」
http://www.sankei.com/politics/news/150729/plt1507290042-n1.html

>沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事は29日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、防衛省から提出を受けた事前協議文書を取り下げるよう同省に求めた。
>これに対し菅義偉官房長官は記者会見で「取り下げる考えはない」と拒否する考えを示した。
>防衛省によると、文書を提出した24日の時点で事前協議の手続きに入ったと解釈され、翁長氏が求める取り下げは検討対象にならないという。

文書を提出した24日の時点で事前協議の手続きに入ったと解釈されると。


>県は協議文書を受理した上で、防衛省に文書を取り下げ、すべてのボーリング調査と全体の設計が完了した段階で再提出することを要求。

受理しなければ開始されなかったが、事前協議は法的な縛りがないので、県が協議拒否なら、そこで協議終了となる。
国に協議に必要な書類を作らせなければ、事前協議は、始まらない。
協議に必要な書類作成には、ボーリング作業によるデータ収集が、必要。
なので、反対派は、データ収集のボーリング作業の妨害をしてきた。
が、データ収集ができた。

>県は協議文書を受理した上で、防衛省に文書を取り下げ、すべてのボーリング調査と全体の設計が完了した段階で再提出することを要求。

取り下げ要求は、協議拒否の意思表示になってしまった。
Unknown (東子)
2017-01-21 14:36:51
当時のタイムスの記事。
「辺野古阻止へ翁長知事の打つ手は? 法廷闘争見据え情報戦 2015年7月3日」
http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=275

>今夏にも始まる本体工事前に、防衛局は、ボーリング調査結果を反映させた実施設計を県と協議しなければならない。

協議書は行政手続法から受理せざるをえず、書類を受理したことで協議が始まったとみなされる(by国)。
協議の拒否をしたら、協議が進まないかといえば、そうではなく、沖縄県に協議をする意志がなかったみなされ、本体工事着工に進む(by国)。
国に取り下げ要求すれば、それは協議拒否とみなされる。
どこにも、県の逃げ場は、無い。


「「低姿勢」仕掛けに沖縄県困惑 国の辺野古協議申し入れ 2015年7月25日 10:25」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/16912

>沖縄防衛局が24日、沖縄県に本体工事着手のための護岸設計図を提出した。
>協議に応じる「低姿勢」を見せる一方、早期の本体工事着手により「新基地建設」の既成事実化を急ぎたいとの本音も垣間見える。
>翁長雄志知事“不在”時の突然の協議書搬入に、県幹部は困惑の色を隠しきれないまま対応に追われた。

翁長知事不在で、受理するかどうか、県職員は、迷ったらしい。


「辺野古本格工事急ぐ 防衛局が沖縄県に護岸の設計図提出 2015年7月25日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125697

>県は出張で不在の翁長雄志知事らとの相談が必要だとして受理していない。
>防衛省は県との協議を経て12カ所の護岸工事に先行して着手する可能性を示唆している。
>全体の調査が終わらない段階で本体工事に向けた設計図を提出する防衛省の姿勢に批判が集まりそうだ。
>12カ所の護岸設計図は埋め立て承認申請時に防衛省が提出した設計図と同一のもので、同省幹部は「一度承認してもらった設計図であり、不許可や不承認となる要素はない」と県を強くけん制。
>残りの10カ所の護岸の設計図はボーリング調査を終え次第提出するとしている。


「辺野古新基地:協議書受理を保留 28日にも知事判断辺野古 2015年7月28日」
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126045

>県は27日、受理するか、どうかの判断を先送りした。


「辺野古本体工事の協議書、国へ取り下げ要求視野  翁長知事きょう判断 2015年7月29日」
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126221

>県は受理した上で、防衛局に取り下げを求めることを視野に調整
>弁護士に行政手続法に基づく取り扱いを相談し、一度受理した上で、協議書の取り下げを求める方法を検討している。

さすがに、行政手続法からいって、不受理はできないと悟ったと。


「辺野古協議書:中谷氏「取り下げない」 2015年8月1日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126709

>あくまで県が求めた留意事項にのっとった手続き

県が求めたwww
「県が求めた」を忘れて「協議が整わなければ進められない」とばかりに、協議の停滞を図る気満々だった。
「県が求めた」ことなのに、非協力的なのは如何なものか。
国の横暴さを強調したいだが。
国の横暴さを“演出”しようとする沖縄県の方が、目立つ。
Unknown (東子)
2017-01-21 14:37:13
協議拒否の後、翁長知事は「瑕疵あり」を根拠に「取消」へと進む。
現在は、最高裁の判決で「瑕疵なし」が、確定。

取消が違法と確認されたので、取消の取消をした。
残るは「撤回」。


「翁長知事の狙いは? 辺野古新基地に特化した協議体、国に創設要請へ 2017年1月2日 07:30」
普天間移設問題・辺野古新基地 翁長雄志
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/78120

>防衛省は、岩礁破砕許可やサンゴの採捕許可が知事から認められなくても工事を進められないか法令解釈の検証に着手している。
>時間や費用を要せば工法の変更をせずに一定の工事実施が可能とみている。
>県としては、工事を止めるために政府と集中的に協議を実施したい考え。
>工事続きで、国の「不履行」などの法的根拠を積み上げた上で、最終的には「撤回」に踏み切る意向だ。

「時間稼ぎ」は、「普天間の“早期に”危険除去」からほど遠い態度。

「事前協議をしない」を「撤回」の根拠にしようとしているが、「事前協議」は協議書を受理したときに開始。
そして、県の拒否で終了。
事前協議の経緯を県民は忘れているだろうからと「事前協議」を「撤回」の根拠にして、敗訴覚悟で訴訟に発展させて時間稼ぎするなら、県民を馬鹿にしている。
Unknown (東子)
2017-01-21 14:54:00
「キャンプ・キンザー周辺の低質調査 国の環境基準値、下回る 2017年1月21日 05:00」
キャンプ・キンザー 米軍 環境
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80715

環境汚染の記事は、いつもならジョン・ミッチェル特約通信員のお得意分野なのに、名前が無い。

浦添市の発表に中心は、汚染の程度は「いずれも国の環境基準値を下回った」ということ。
汚染を大騒ぎするのに、検査結果が重大でなかったときは、今まで記事になることは、無かった。
心配ないというをきちんと記事にしている。
新報の記事と読み比べてください。


「ハブから再びPCB キンザー周辺 DDT類も検出 2017年1月21日 10:08」
基地汚染 PCB 米軍牧港補給地区 キャンプ・キンザー
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-430996.html
Unknown (東子)
2017-01-21 14:55:52
ジョン・ミッチェル特約通信員、信頼を失った?

「米軍艦、海に汚水15万リットル捨てる 2015年 トイレ・医務室からか 2017年1月17日 07:28」
ジョン・ミッチェル特約通信員 米軍 ホワイトビーチ ボノム・リシャール 環境汚染
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80119

在沖米海軍艦隊活動司令部報道部より、訂正の情報が出されました。
https://pbs.twimg.com/media/C2cOsACXEAArM4-.jpg

>在沖米海軍または横須賀にある在日米海軍司令部に対してコメントを求めることはありませんでした。
>そのいずれかに連絡をいただければこのような不正確な報道も防げたかと思われます。


「社説[「沖縄ヘイト」番組]真偽不明 悪意むき出し 2017年1月12日 07:59」
沖縄ヘイト 問題発言 ヘイトスピーチ 嫌沖 ニュース女子
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/79474

>事実ではない情報で敵をつくり、快哉(かいさい)を叫ぶ。
>民主主義の根幹を揺るがす危険な動きである。

タイムス、ブーメラン刺さったwww
タイムスとジョン・ミッチェル特約通信員の訂正記事と謝罪まだ~~?



【参考】
沖縄市サッカー場のドラム缶汚染について。

「「米国は沖縄を『ごみため』と呼んだ」 基地汚染多発で英国人記者 2016年12月5日 10:30」
ジョン・ミッチェル特約通信員 環境汚染 日米地位協定 在沖米軍
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/74280

>米軍基地跡地の汚染の危険性や実態に理解を深めようという勉強会「返還軍用地の環境汚染を考える会」が11月24日、沖縄県読谷(よみたん)村文化センターであり、ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏(本紙特約通信員)が講演した。
>ミッチェル氏は、沖縄県内の米軍基地から有害物質が流出する環境事故が多数発生していることを挙げ「冷戦時、米国は沖縄を『太平洋のごみため』と呼んだ。今も沖縄は米国の『ごみため』だ」と指摘。
>「(事故があれば)米国政府は国内では基地を調査するのに日本ではしない。全くの偽善。沖縄を守る責任がある日本政府も抗議しない」と両政府の姿勢を批判した。
>沖縄市サッカー場の汚染問題やベトナムの枯れ葉剤被害を紹介した琉球朝日放送(QAB)の「枯れ葉剤を浴びた島2~ドラム缶が語る終わらない戦争」の放映もあった。


市の広報誌で。
沖縄市サッカー場で見つかったドラム缶の調査結果
沖縄市発行の広報誌「広報 おきなわ 9月号 NO.471」
http://www02.bbc.city.okinawa.okinawa.jp/kouhou/h25/09/08.html

>沖縄市サッカー場のグランドを人工芝として整備する工事の最中、6月13日に地中から枯葉剤や除草剤を製造している米国企業の名称が確認できる複数のドラム缶が発見された。
>ドラム缶の付着物や周辺土壌の調査分析を行った結果、「2,4,5-T(枯葉剤の成分の一つ)」「PCB(ポリ塩化ビフェニル)」「フッ素」などが検出されたことから、専門家の指摘では、「幾つかの有害物質を起因とした複合汚染が考えられる」という調査報告がなされた。
>沖縄県より7月25日に「サッカー場の周辺、嘉手納基地内の地下水、河川の底質の分析を行った結果、ダイオキシン類対策特別措置法などで定められている環境基準値の超過はなかった」と発表がなされた。
>また、沖縄市が行なったサッカー場の表層土や北谷町へ搬出された土壌の分析も環境基準値を超えない結果となり、「周辺地域の方やこれまでにサッカー場を利用した方への健康面の影響はない」という評価であった。


宜野湾市議:呉屋ヒロシ「西普天間から出た18個のドラム缶の調査報告 2015年01月04日」
http://goyahitoshi714.ti-da.net/e7123754.html

>私の質問日が22日月曜日で、その前の19日金曜日に沖縄防衛局より発表がありました。
>私:埋設ドラム缶18個の調査報告について
>基地政策部長:12月19日(金)午後4時に沖縄防衛局より公表されました結果によると1か所から基準の3倍のなまりが検出されましたが、それ以外からは検出されなかった。基準内だった。
>私:人体への影響はどうか?
>基地政策部長:極めて人体に与える影響は少ない
>宜野湾市教育委員会からの報告です。ご覧ください
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/organization/bunkaka/bun00001.html
>新聞はドラム缶が見つかった報道はしましたが、その結果についての報道はあったのでしょうか?
ツルの一声 (清島清)
2017-01-21 16:19:28
>鶴の一声ならぬ知事の一声で副知事の辞任は消えた。


腹黒い 翁長の恫喝と脅しで、県幹部連中はビビったのだろう。

・・・翁長が那覇市長時代、
市役所の密室の中で 翁長はヤクザの如く部下達を恫喝(罵倒、怒声)していたのを聞いた人が教えてくれた。
翁長という人間は異常だと。


公務員は安定を求めるために公務員になった人が殆ど。
まして幹部にまで登りつめた役人は、県民のために 自分の身を捨てる覚悟はないだろう。

しかし、私は内部告発を期待したい。
売国奴のルーピー翁長を葬り去るために、県民や国民の為に闘う職員は1人位いるだろう。 いや、いなければならない。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL