狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「沖縄はもともと日本である」復帰45周年集会

2017-05-26 01:26:18 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

チャンネル桜沖縄の声「特別番組」で、沖縄の怪人上原正稔氏が沖縄のサヨク学者を実名を挙げて滅多斬りします。

沖縄戦に興味のある方必見!新事実続出!中身の濃い番組です。

【必見動画】【沖縄の声】”上原正稔”とは何者?沖縄県史「沖縄戦」発刊 執筆者は全てサヨク学者、マンガ:大田知事の正体[桜H29/5/24]

                           ☆

 

 5月20日、都内・靖国会館で「沖縄県祖国復帰45周年記念靖国集会」(主催・日本沖縄政策研究フォーラム=仲村覚理事長)が行われた。冒頭、沖縄県の兼次映利加さん(玉城流七扇嘉雅の会)による琉球舞踏、八重山古典民謡保存会の慶田盛宏研究所(沖縄県指定無形文化財保持者)による「かぎやで唄」琉球民謡「谷茶前」が奉納され、華やかに始まった。

 主催者挨拶では、元都議会議員で同フォーラム理事の吉田康一郎氏が登壇。「5月15日、沖縄が日本に復帰した日を国民全体で祝う日としていきましょう」と述べた。続いて来賓の藤原信勝・新しい歴史教科書を作る会副会長、山田宏参議院議員が登壇し、藤岡氏は祝辞で、「学習指導要領で沖縄は『日本である』と書かれていない」指摘し、まずはこの点の改善を訴えた。山田氏は、政府の公式見解として、いつから沖縄県が日本に帰属しているかが分かっていないことを指摘し、現在外務省に指示して明治時代からの文書を再調査した結果、、最近になって(沖縄県は)古来から日本であると証明する文書が出てきたことを明らかにした。

 その後、沖縄が祖国に復帰した後に生まれた若者らによる「提言」があり、若い世代が沖縄県の祖国復帰の真実をしっかりと引き継いでいく決意を表明した。
 最後に仲村覚理事長と宮里るり子氏が登壇し、最近の中国による尖閣諸島周辺侵入を取り上げ、「琉球独立論」がささやかれる昨今、沖縄を決して他国に渡さないと力強く宣言。また、5年後の祖国復帰50周年には、より盛大に国民全体で祝えるようにしようと締めくくった。宮里るり子氏は「日本武道館を満杯にして、沖縄祖国復帰50年をお祝いしましょう!」と訴えた。

パレード出発前の参加者

パレード出発前の参加者

 

 集会終了後、参加者が靖国神社第一鳥居を出発し、淡路町までパレードを行った。参加者は日の丸を振り、「沖縄県祖国復帰45周年、おめでとうございます!」「5月15日は沖縄県祖国復帰記念日として、お祝いしましょう!」などとシュプレヒコールしながら行進した。

 沖縄舞踏「かぎやで唄」を披露した兼次映利加さんは、着物姿で行進し、パレード終了後感想を聞くと「東京の皆さんと沖縄の祖国復帰45周年を祝うことが出来、とてもうれしかった。着物での行進は、思ったほど暑くなく、まるで沖縄にいるようでした」と語った。
(デジタルメディア局・長坂秀雄

                                 ☆

>、藤岡氏は祝辞で、「学習指導要領で沖縄は『日本である』と書かれていない」指摘し、まずはこの点の改善を訴えた。

>山田氏は、政府の公式見解として、いつから沖縄県が日本に帰属しているかが分かっていないことを指摘し、

藤岡氏は学習指導要領で、「沖縄は『日本である』と書かれていない」理由として、琉球国(※)が清に柵封していた事実を挙げているが、琉球国が清に支配されていた事実は無い。柵封とは現在でいう一種の集団安全保障の合意と考えれば対清と琉球国の関係が理解できる。

>現在外務省に指示して明治時代からの文書を再調査した結果、、最近になって(沖縄県は)古来から日本であると証明する文書が出てきたことを明らかにした。

いわゆる「琉球処分」は、明治政府が全国各藩に対して断行した「版籍奉還」「廃藩置県」の一種と考えられる。中国の尖閣併呑の野望を粉砕する意味でも明確に「沖縄県は古来から日本である」と教科書に明記すべきである。

(※)琉球史が専門の玉城有一郎博士によると、巷に敷衍している「琉球王国」は後世の後付であり、歴史文献に「琉球王国」の文字が出た例はなく、「琉球国」或いは「琉球」としか記載されていないという。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動隊の暴挙で、熱中症に | トップ | 山城被告の国連演説!「国連... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-05-26 07:39:07
鹿児島市内にある、島津家の別邸「仙巌園」入り口脇にある尚古集成館に、薩摩と琉球での手紙やおふれが収蔵されている。
初めは強気の薩摩が、後に貿易の隠れ蓑に琉球を使うことにしてから、対等のような言葉使いになるのが、興味深かった。


>(※)琉球史が専門の玉城有一郎博士によると、巷に敷衍している「琉球王国」は後世の後付であり、歴史文献に「琉球王国」の文字が出た例はなく、「琉球国」或いは「琉球」としか記載されていないという。

「琉球王国」は、副知事にもなった高良倉吉氏が、使い始めたような記憶がある。
「琉球国」を殊更「王」という文字を入れて「琉球王国」と呼ぶことで、「日本に侵略された→琉球独立の正当性」を主張する者の根拠になっている。
高良倉吉氏は「研究者」として入れたのだろうか。
それとも「イデオロギー」で入れたのだろうか。

ところで、「琉球王国」と呼ぶ場合、どこまでの地域をここに入れているのだろう?
私の感じでは、沖縄本島だけ。
八重山、宮古は別物と思うが、いかがでしょうか。
「島くとぉーば」の運動でも感じるのだが、首里中心の「琉球」でしかないことに、違和感がある。



【参考】
「琉球王国? 琉球国? 正しいのは、どちら? 2013年01月01日」
http://totoro820.ti-da.net/e8263144.html


「琉球王国~その真実の歴史」
高良倉吉&上里隆史の歴史修正主義に反対します!琉球王府の悪行を語り継ぎます!
http://blog.livedoor.jp/neoairwolf/

タグ「高良倉吉妄言集」で↑を検索して読むと、面白いです。

「島袋源一郎は天皇制主義者だからダメ!/高良倉吉、恐怖の思想統制! 2015年09月02日13:54」
http://blog.livedoor.jp/neoairwolf/archives/46131755.html

↑のコメント欄からHN「玉城有一朗」が現れて、高良倉吉氏が、どんな風に学生を指導していたかが分かって、興味が深まっていきます。
Unknown (東子)
2017-05-26 08:15:33
「嘉手納基地の第1ゲート、渋滞解消へ移転検討 防衛省 2017年5月25日 07:27」
嘉手納基地 交通 国道58号 北谷町 宮崎政久
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/99039

>国道を挟み、町道と基地の出入り口を向かい合わせにすることで、渋滞緩和を目指す。
>町道から国道に出る交差点と、国道から基地に入る交差点の位置を改めることで、車両が滞留する長さを半減させる見通し。

渋滞解消と言う名の「活動家締め出し」だな。



【参考】
抗議活動の実態
スムーズに基地に入れないから、渋滞が起きている印象。

「5月12日朝の嘉手納基地第1ゲート前での抗議行動(2017年)」
https://www.youtube.com/watch?v=2Z7HK-of8qA


抗議活動の写真
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201612/4daa62d11aeb83edccdb50db68787188.jpg


チョイさんの沖縄日記「明日(1日)から毎週水・金の2回、嘉手納基地前での抗議行動。米軍は第1ゲートの閉鎖に追い込まれた! 2016年05月31日」
http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/abb7a44524cbcf2de33bd2ea376b4bbc
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-05-26 09:55:25

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「警備の隊員へ 思い込め言葉」の北谷町・高木泰さん(54)は、1月8日、2月4日、3月16日に続き今年4回目の掲載。
「警察尾行記録 子どもも監視」の那覇市・横田等さん(69)は、1月14日、2月2、17、24日、3月12日、4月19日、5月2日に続き今年8回目の掲載。
「ウオーキング 爽快な気分に」の糸満市・大城正雄さん(78)は、1月13日、2月6日に続き今年3回目の掲載。
「世界王座獲得 比嘉君は誇り」の那覇市・知念圭子さん(78)は、1月30日、3月2日に続き今年3回目の掲載。
「病児家族の不安軽減へ」の親川武司さん(64)は、今年初掲載。
「沖縄振興を見つめて」の那覇市・宮田裕さん(73)は、昨年6月2日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

北谷町・高木さんは、辺野古で座り込みを続けていると書くが、不法行為を自慢してどうする。


Unknown (amai yookan)
2017-05-26 10:34:56

「琉球王朝 ーこの邦はすごいぞー」ってCM
https://www.youtube.com/watch?v=6KwaXb7S9Vg

みる度に面映く感じていた、自分達の事を自分達で声高に「すごいぞ」なんて言っていいの??

八重山で揉めた「歴史教科書問題」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E5%95%8F%E9%A1%8C

玉津さん、孤軍奮闘されてましたが、その後どーなったのでしょうか?

「戦後レジームからの脱却は教科書からー」 ってやって欲しいですね。子供が変われば → 親も変わる・変わらざるを得ない・子にバカにされるからだ。

「琉球の歴史を正し・普及させる事が沖縄を救う」ことになるのは明白。

「玉城有一郎博士や、八重山日報の責務は重大」奮闘を願いたいものです。

              

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事