狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

重要告知ー『あばかれた「神話」の正体』発売!-田母神沖縄講演会

2009-04-26 00:03:12 | ★集団自決

 

 

今日はお知らせが2件です。

お知らせその1。

集団自決を扱った『真実の攻防』シリーズでお馴染みの鴨野守さんが、長年の精力的取材・検証の結果を満を持して出版した『あばかれた「神話」の正体』が発売されました。

最高裁判決を前にして、是非裁判の真実を知るためにお一読をお勧めします。

 

『あばかれた「神話」の正体』  
沖縄「集団自決」裁判で何が明らかになっているのか
鴨野 守 著    1,680円


・「大江健三郎氏たちへの断罪を岩盤に刻み、
         赤松・梅澤両氏の潔白を末代まで伝える本」

・「自決するな」と隊長は厳命した!
         
・「軍による強制」という神話は、いつ、誰によって、
          いかにして作られたか。

・続々と重い口を開きはじめた当事者たちが語る事件の真相とは? そして、いまこそ真実が明かに!

渡部昇一氏推薦

推薦の辞
アメリカの日本占領政策の基本の一つに、「軍民分断」があった。
それをいつの間にか忘れさせられて、日本国民と日本軍は相反する立場にあったという史観が蔓延してしまった。
支配階級と民衆を分断して論ずるやり方―これは左翼の特徴的論法である。
「われわれの敵は日本軍閥であり、日本民衆でない」という発言は、中国共産党からもよく言われていたことを記憶している人もあるだろう。
そもそも大陸で日本軍が動かざるをえなくなったのは、そこにいた普通の日本人の生命財産が犯されたからであることをかくして、アメリカの占領軍も、これと同じ手を使ったのである。
元来、日本軍の将校も兵士も、同じ村や町の出身の普通の人たちであり、「兵隊さん」は親しいものだった。二、二六事件の時も、普通の人たちが見物に出かけても、こわくなかったぐらいである。
これではアメリカが困るのだ。日本軍は民衆と隔絶した鬼畜の如きものでなければならない。この使い易い材料として沖縄の二つの小さい島が利用された。
つまり「集団自決」は、島民の自発的意思ではなく、「軍の命令だった」ということにされたのである。そして軍民分断は左翼の最も好むところであるから、朝日新聞をはじめとして、この沖縄の「神話」―本当は「詐話」―を徹底的に利用した。
戦前の日本軍を知る者の中には「本当だろうか」と疑うノーマルな人もいた。
曽野綾子さんが実地で聞き取りをして、『ある神話の背景』を書いたら、彼女は右翼にされてしまった観があった。
しかし真実は強い、その後も続々と重要な証言が出てきた。証拠も出てきた。
それなのに、詐話を堅持しようという勢力は大江健三郎氏をはじめとして反省の色を見せない。
著者の鴨野氏は、日本共産党の機関紙「赤旗」に連載され、その後単行本としてベストセラーとなった森村誠一氏の『悪魔の飽食』(正・続)の写真や記述の重大な間違いを指摘し、また広島県の校長自殺問題でも、最も大胆な、また最も信頼できる正確な本を書いた人である。氏が「沖縄集団自決」という話に、最も信頼できる本を書いてくれたことを、日本人の一人として感謝したいと思う。
真実は強い、裁判における判決はどのようであっても、大江健三郎氏たちに対する断罪は永久に、岩盤に刻まれた碑文の如く残るであろうし、守備隊長だった赤松、梅澤両氏の潔白も子孫に伝えられるであろう。

 

内容紹介
沖縄戦の初期、慶良間諸島の渡嘉敷島と座間味島で住民の集団自決が起こった。従来自決は「日本軍による強制」によるものというのが定説だったが、その後生存者や関係者の新たな証言が明らかになるにつれ、それが事実無根である可能性が高まっている。そのため出版物や教科書でも従来の記述を改めつつあるが、一方でその記述を一貫して改めようとしないのが、大江健三郎氏の『沖縄ノート』である。今回、その命令を下したと名指しされた本人とその家族が、大江氏と出版元の岩波書店を相手取り、記述の訂正を求める訴えを起こした。本書は、裁判の経緯を追うとともに、「軍の強制」が、いつ誰によって、いかなる思惑をもって作られていったのか、なぜ、それがいままで明かされて来なかったのかを、丹念な取材を通して解き明かす。
渡部昇一氏が推薦の辞を寄せ、その中で「本書の著者である鴨野氏は、ベストセラーとなった森村誠一氏の『悪魔の飽食』(正・続)の写真や記述の重大な間違いを指摘し、また広島県の校長自殺問題でも、最も大胆な、また最も正確な本を書いた人である。氏が沖縄集団自決という話に、最も信頼できる本を書いてくれたことを、日本人の一人として感謝したいと思う」と述べている。

著者について
昭和30年富山県生まれ。金沢大学教育学部卒業。ジャーナリスト。「世界日報」編集委員。校長自殺で国会でも議論となった広島の教育問題を2年半にわたって丹念に取材し、『広島の公教育はなぜ崩壊したか』『広島の公教育に再生の道はあるか』(いずれも世界日報社刊)にまとめて、大きな反響を呼ぶ。「戸塚ヨットスクール」に2カ月体験入校して取材に当たるなど、体当たりの現場取材を信条とする。
 
あばかれた「神話」の正体
鴨野 守
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

沖縄紙では、4月28日付琉球新報で、この一冊で半5段で広告の予定。

全国紙では、30日に朝日で、半5で同時新刊の本と一緒に掲載と聞いています。

                   ◇

 

 

お知らせその2。

田母神俊雄前空幕長 沖縄講演会

昨年10月、民間の懸賞論文へ応募した作品が日本の過去の侵略行為を正当化する内容で政府見解と対立するものであったとして航空幕僚長を更迭され、空将として定年退職した田母神俊雄氏がいよいよ沖縄にやってきます。論文の意図したものは何だったのか。 今、日本にとって何が必要なのか。将来の日本と日本人はどうあるべきなのか。 田母神俊雄氏が沖縄県民の皆様に直接語りかけます。
ご多忙とは存じますが、県民の皆様方には万障お繰り合わせの上、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。


演題  「日本は本当に侵略国家だったのか」

       -日本の歴史をもう一度見直そうー

【日時】  平成21年5月30日(土)午前11時30分受付
       正午開会~午後2時閉会

【会場】 パシフィックホテル沖縄 万座の間 
      那覇市西3-6-1  電098ー868-5162

【会費】  1000円

【主催】  田母神俊雄を歓迎する沖縄実行委員会

【連絡先】 沖縄実行委員会 担当 錦古里
       電話: 090-9780-7272  FAX: 098(868)3037

★懇親会(14:30~16:30)

講師を囲んで食事を含めた懇親会を行います。
お時間の許す限り、お気軽にご参加ください。

【会場】 パシフィックホテル沖縄
      

【会費】 5000円 (70名限定)

 ※懇親会で次の訂正がありました。

会場: ×かりゆし琉球⇒ ○パシフィック

時間: ×18:00~20:00⇒ ○14:00~16:30

 

 

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

 

あばかれた「神話」の正体
鴨野 守
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第四章「ハーバービューホテ... | トップ | 第五章「ハーバービューホテ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-04-26 09:23:01
狼魔人様

次々に読みたい本が、出版されうれしい限りです。むしろ遅いくらいです。
戦後「日本軍悪」が一人歩きし、南京、慰安婦に関しては、多くの作家が反論し、事実無根であることが証明されています。しかし沖縄に関しては、曽野綾子さんの「ある神話の背景」くらいしか反論していません。多勢に無勢圧倒的な沖縄の左翼のイデオロギーの前に、多くの沖縄の人は洗脳されています。しかし左翼の同調圧力に屈せず真実を語る人もいます。
洗脳された人達が、目覚めるとき一時的にショックもあるでしょうが、沖縄と日本本土の恨みの連鎖が、早く終焉を迎える日を願ってやみません。元来日本本土と沖縄は親と子供の関係。家庭内は円満に越したことはありません。
それをわざわざ意図的に、乱す輩にも困ったものです。
Unknown (狼魔人)
2009-04-26 11:40:57
涼太さん

被告側応援団は圧倒的多い出版物のほかに、講演会や署名運動で裁判所に圧力をかけています。

まさに情報戦の様相ですね。

一人でも多くの人に読んでいただくように口コミ宣伝を宜しくおいします。
コラムは検閲しますか? (唯我独尊)
2009-04-26 14:11:11
 狼魔人のネームは、どう読むのでしょうか。また、コメントに書きこんでも、狼魔人さんの主張と異なる投稿は、採用されるのでしょうか。
Unknown (縁側)
2009-04-26 21:28:00
狼魔人さま こんばんは

懇親会にお酒はでます?(ーー;)
Unknown (狼魔人)
2009-04-27 06:47:38
縁側さん

おはようございます。

参加費(5000円)の額から判断して、酒が出るのは当然と思うのですが・・・まさかジュースで乾杯はないと思いますよ。

もし酒がでなかった場合は、
持ち込んだ酒で泥酔して、全裸で会場を歩き回って「酒を出せ!」、
「裸になって何が悪い!」と絶叫したら、間違いなく全国的ヒーローになると思いますが。(笑)
講演会 (●Takashi)
2009-04-27 07:35:21
お久ぶりです。

待ち続けていた講演会の書類が昨日届いたのですが、仕事が忙しくて準備できませんでした。

私は明日から掲載する予定です。

実は一月頃に講演会の事は聞いていたのですが、左翼の妨害を警戒して口止めされていました。

狼魔人さんもご存知だと伺いました。

絶対に成功させましょう!
参加 (ヒロシ)
2009-04-27 08:35:19
おはようございます。
うまくコメントが入らなかったようなので、、、

仕事の都合で12時には間に合わないと思いますが、ぜひ参加します。
もちろん懇親会も!
よろしくお願いします。
Unknown (狼魔人)
2009-04-28 08:53:07
●Takashi

>左翼の妨害を警戒して口止めされていました。

さすがは同調圧力の島、元国家公務員の講演会をひとつやるのにも気を使いますね。

私もこの講演会が頓挫しかかった話は聞いています。

そのときの「圧力」が「県民感情」だというから驚きです。

前航空幕僚長の講演会が、左翼の妨害で不首尾に終わったなんて日本の恥を沖縄が世界に発信するようなものです。

成功させましょう。



◆ヒロシさん

貴ブログに告知依頼のコメントを試みたのですが、スパムとみなされはじかれました。

ポークのスパムは大好きなのでそのせいですかね(笑)。

コメントを投稿

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【緊急】チベット蜂起から50年。天安門事件から20年。 (帝國ブログ)
「緊急」とタイトルに銘打ったのは日程の押し迫るイベントが目白押しなので2chを中心とした イベントを急遽ご紹介する意味からです。今月から来月にかけての主に2ch発のオフとして企画されているものをかき集めて参りました。その主なものはこちらとなります。 ...
左翼の正体は、言論弾圧団体だ! 沖縄を守ろう! (ぶっ飛ばせジェンダーフリー 真の男女共同”家族・社会”をめざそう)
沖縄県で、田母神俊雄前空幕長の講演会が行なわれるのを喜びたいが、どうも左翼は大反対のようです。その写真が友人より送られてきましたので、怒りを込めて公開します。講演会の成功をめざし、有志が16日までに糸満市から沖縄市まで20箇所に横断幕を設置 ところが、...