狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

国交のない国で神と崇められる日本軍少尉

2007-05-14 16:37:40 | ★集団自決
世迷言 ☆★☆★2007年05月12日付

 「ご近所の実力」はNHKの番組。では「日本の実力」は?もっともこれは番組の話ではなく、世界主要五十五カ国・地域を対象とした「競争力ランキング」という格付けで、日本はなんと二十四位だった▼スイスの国際ビジネス教育・研究機関IMDが、調査対象となる国々の力を三百二十三もの指標を用いて総合的に分析したもので、むろん経済指標だけを取り上げているわけではない。外国語能力なども含まれるからしかたがないにしても、前年の十六位から二十四位への転落というのは情けない▼一位米国、二位シンガポール、三位香港。以下ヨーロッパの国々が続き、十五位に中国が入っている。得点に直すと米国が百点満点、日本は七十九点と合格点ではあるが、世界第二位の経済大国としてさんざんねたみまで買った国が、このていたらくとは▼と、長嘆息していたら別の新聞記事が目にとまった。台湾の台南に零戦パイロットを祭った廟がある。被弾したものの、集落への墜落をさけようと機体を引き起こしてその惨事を回避し、自分は機銃掃射を浴びて戦死した杉浦茂峰少尉を慰霊するもので、廟を建てた地元民はそこに日の丸を掲げ、毎朝五時には君が代を斉唱する▼その君が代を吹き込んだCDが不調になったため、台北在住の日本人駐在員が新しいCDを寄付したが、実はCDプレイヤーも寿命が近づいている。しかし管理担当者は「神となった杉浦少尉をわれわれは守る」と話しているという記事だった。それは日本でのことではない▼思わず恥ずかしくなった。日本なら些事と見向きもされない出来事だったろう。だが、国籍を超えて人を讃える人々の存在を知ると、省みて二十四位というのは妥当のような気がしてきた。

                   

国交のない他国で神と崇められている日本の少尉のことを知っている日本人が何人いるだろう。

それどころか日本軍人は残虐非道だったと教科書に記載せよと騒ぐ人たちの声だけが目立つ。

                     * 

◆集団自決「命令」削除の撤回要求 豊見城市議会


「教科書検定に関する意見書」案を全会一致で可決した豊見城市臨時議会=14日午前、同市議会 

【豊見城】豊見城市議会(大城英和議長)は14日午前、臨時議会を開き、文部科学省の高校教科書検定意見で、沖縄戦の集団自決に関する記述で日本軍による命令などの表現が削除されたことに対し、検定意見の撤回を求める「教科書検定に関する意見書」案を全会一致で可決した。

 県内議会での可決は初めて。
 7日に提案を決めた那覇市議会は、15日の臨時議会で可決する見通し。糸満市など他市町村議会でも同様の動きが見られる。
 2008年度から使用される高校教科書検定で、沖縄戦における集団自決の記述について「日本軍による強制または命令は断定できない」と日本軍による命令、強制の表現が削除、修正された。これに対し、意見書では「悲惨な地上戦を体験し、筆舌に尽くしがたい犠牲を強いられた沖縄県民において到底容認できるものではない」と批判。
 教科書検定について争われた過去の訴訟事例を紹介しながら「軍による強制は明確」と指摘し「沖縄戦の歴史を正しく伝え、悲惨な戦争が再び起こされることがないよう、検定意見が速やかに撤回され、記述の復活が速やかに実現されることを強く要請する」としている。
 意見書のあて先は衆議院・参議院議長、内閣総理大臣、文部科学大臣、県知事ら。(琉球新報)  (5/14 16:02)

                    ◇

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天安門広場を睨んだ独裁者の... | トップ | サラリーマン川柳  辻ちゃ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sowjun)
2007-05-14 18:59:26
はんぱねぇ。これすごくいい記事だ。
・・・いや、ほんといい記事だ^^;
なんというか・・・それしか言えない。
すごくいいきじです。
ありがとう (狼魔人)
2007-05-15 08:38:55
sowjunさん

褒めていただいてありがとう。

日頃思っていることを「記事の配列だけ」で汲み取ってもらって、

素直に嬉しいです。

又コメントください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL