狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

第2回、緊急掲載!「オスプレイ報道の真実」

2014-12-13 06:21:41 | オスプレイ

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

■本日のイベント■

 ≪お知らせ≫

龍の柱建設を阻止する為に結集しましょう

本日12月13日(土)14時30分 若狭公園の龍の柱建設現場視察

15時より若狭公民館(若狭2-12-1)にて勉強会と懇親会を行います

参加費200円

*駐車場は「カクテルプラザビル」が安いとのこと。

※(文末に『住みよい那覇をつくる住民の会(代表・金城テル)』よりのお願いが有ります)

 

 ■沖縄の報道とその真実

本編は12月10日掲載の緊急掲載!「オスプレイ報道の真実」の続編です。

上記を未読の方は、面倒でも一読してから、読まれることをお勧めします。

すでに読まれた方も,記憶の整理など復習のため再読をお勧めします。

                  

 オスプレイの見学会をめぐる
沖縄の報道とその真実

 橋本勇気(沖縄現代史研究家)

第2回

メディアの反応

海兵隊のプレス・リリースは、特に海兵隊の透明性を見せる例や、良い話が含まれている場合、そのほとんどは、沖縄のメディアに意図的に無視されている。そのためファミリーデーの案内も掲載されないだろうと思っていた。結局、今回のイベントは載ったものの、本土のメディアほど詳細に取り上げられてはいなかった。
事務所で沖縄二紙をみたとき、「在沖海兵隊が、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの一般向け見学会を、3月3日に普天間飛行場で開くことが12日までに分かった」というよく使う表現がそこにあった。
それにしても妙な表現である。(「オスプレイ一般公開」『沖縄タイムス』2月13日付)。
ヘンだと思った理由は、記者クラブに全ての情報を提供し、またはHPやソシアルメディアを使ってこちらが情報を提供したのであり同新聞が独自に得た情報ではないからだ。その一行の直後、同記事は、いきなり基地反対の市長の完全に否定的な意見を掲載したが、その一方、配備賛成の意見があったにもかかわらずそれは掲載されなかった。


次の二つの理由で、この報道はおかしいし、しかも不公平だと思った。
一つ目は、反基地運動のイベントに関する記事や紹介は、基地賛成派の意見を載せないのに、今回のイベントの紹介記事には、反対運動の人の意見をわざわざ取り上げていることであり、これは二重基準そのものの典型的な例である。
この報道のもう一つの問題としては、地元の他のイベントの多くの場合、とりわけ反基地運動のイベントやその応募方法が詳細であるのと違って、どのように参加できるかの詳細を紹介していなかったことだ。

 公正な記事とは、例えて言えば次のようなものである。
「海兵隊が、県内の家族のために普天間でオスプレイの見学会を開催へ」と書いて、それから、イベントの目的、応募方法、沖縄へ配備されてから半年以上の安全な運行を事実として客観的に紹介するものだ。
必要があれば、それに対して、一般公開に向けて県内住民の反応について記事を書けばよい。
つまり、反対運動の意見だけではなく、県民が作った沖縄オスプレイファンクラブなど数多くの賛成派の意見も当然紹介すべきなのだ。


同じ2月13日付の『沖縄タイムス』には、実は二つ目のストーリーが掲載されていた。
「オスプレイ見学会:『米軍狙いみえみえ』」と題した論評に近い記事によれば、「県内からは『宣ぶ工作』『反対の切り崩し』などと米側の狙いを批判する声が上がった」という。さらに、「オスプレイ配備反対の県民大会の共同代表を務め、政府に配備撤回を求めてきた翁長雄志那覇市長は、見学会について『多くの県民からすると違和感だ』と不快感を示した」と事実に反して書く。また、反基地の運動との関係が強く、「自身、普天間飛行場のフェスティバルに一度も参加しておらず」とする元宜野湾市の職員を紹介し、「彼らの宣伝に惑わされないという気持ちがあった。今後も攻勢を掛けてくるだろうが、粘り強く反対し撤去せなければならない」と、強調していた。
そして、「同飛行場の野嵩ゲート前で連日、抗議している」74歳の男性を紹介して、「宣ぶ工作がみえみえ。追加配備の前に『もっと県民に親しまれないといけない』という焦りがあるのでは。米軍の誘導に乗ってはいけない」との警戒を取り上げた。

幾つかの理由でこの報道は一方的と言える。
一つ、匿名の記者は、エルドリッヂ氏やその他の海兵隊の代表をはじめ、一般見学に応募した人の取材はしていないにもかかわらず、基地に反対運動を展開している市長やその他の関係者数名に丁寧にインタビューし、しかもほぼ同じ意見をもつ3人とも掲載した。
エルドリッヂ氏によると、もし取材の依頼がきたら、本稿で書いたと同様な説明をしたそうだ。
さらにエルドリッヂ氏、記者に対して、実は沖縄県内には多くの応募者がいただけではなく、県外の希望者も多く、全国的に一般見学会開催の依頼も多数きていたことも伝えたかったという。

言うなれば、イベントに対する沖縄県民をはじめ、全国的な情熱が高く、エルドリッヂ氏の期待を大きく上回ったということだ。しかし、地元二紙を読んでいる限り、その事実は感じない。幸いに、地元メディアの不公平な報道にも関わらず、一般県民はイベントに参加したい気持ちが一貫して高かったのだ。


地元メディアは、この積極的な高い関心に戸惑いを感じ、焦っていた。自分らが裁判官であるかのように書く傾向のあるメディアからすれば、読者や県民がメディアの「判断」に従っていなかったからだ。結果的に、一般公開についてますます厳しい記事、社説、論点、そして読者の「声」をその後の数日間地元新聞が掲載するようになった。

上記の『沖縄タイムス』の両方の記事が出た2月13日と同じ日に、『琉球新報』は、イベントについて小さい記事を掲載し、あたかもホラー映画を紹介するかの様なフォントで「反発緩和狙い?」という示唆的な副題がついていた。簡潔にイベント関係の情報を紹介した後、「一方、昨年10月1日に同飛行場に配備以降、県内報道各社が取材の申し込みをしているが、海兵隊はこれまで公開をしていない」と付け加えた。しかし、これは全く事実に反している。
まず、ブリーフィング、展示、訓練の見学の機会を沖縄をはじめ、カリフォルニア、韓国、グアムや東南アジアで実施の機会を数多くメディアのために設けた。さらに、先述したように9月27日、防衛省の依頼で岩国飛行場で大きなイベントが開催され、全国のメディアも参加していた。『沖縄タイムス』など一部の沖縄メディアは、(エルドリッヂ氏が通訳を務めていた)ブリーフィングなどをボイコットしたという。
さらに不可解なのは、その他のオスプレイ関係のメディアへの公開イベント、とくに実際の訓練中の飛行機に搭乗するという機会への参加を拒否したことだ。(※第一回レポートの前に紹介した③の沖縄タイムス記事参照)

その理由は、「沖縄県内の市町村長全員は配備に反対しており、負担につながる行動に参加しない」であると海兵隊は聞いている。そこにあるのは、一貫性のある原則ではなく、「オスプレイが危険」や「オスプレイ=過剰な負担」という自ら創ろうとしているイメージに反するために、その不都合な真実に目を塞ごうとする未熟なメディアの反応、といって過言ではない。また、これらのボイコットのため、新聞の読者は料金を払って購読しいるにもかかわらず、十分な真のニュースを見ることができないでいるということも又極めて残念なことである。その意味で沖縄のメディアは、客観的で中立的な地位であるはずのジャーナリストの役割を忘れているようだ。 筆者は数年前、購読を止めたが、同様に読者は、購読をやめるか、購読料の返金を求める権利があると思う。なぜなら、ニュースの全ては提供されておらず、その新聞の偏向報道ばかりが紹介されているからだ。

一部の読者が知っているとおり、沖縄のメディアは、トモダチ作戦や在沖米軍の東北での活動について殆ど紹介していない。 それどころかむしろ批判をした。さらに、海兵隊が、東北地域との今でも継続している交流やいろいろな想定で特に被害を受ける地域での防災協力関係についての報道が殆ど沖縄で行われていない。これらの数多くのイベントの全ては地元のメディアがボイコットし、あるいは報道しない。政府、軍、消防・警察・救急車の関係者のみならず、沖縄に住む全ての住民やリーダーにとって、自然災害の教訓や防災の備えに関する情報共有は極めて重要で、その情報をあえて提供しないということは極めて無責任だ。地元メディアが基地反対というイデオロギーのため、沖縄の人々に正しく必要な情報を提供しないことは、公共的なサービスを提供しないと同じ。阪神淡路大震災の被害をうけ、東日本大震災の時、ともだち作戦の一員として仙台で活動した人として、これほど悲しくかつ罪のあるものはない。

 もう一つの例として、在沖海兵隊が2010年夏、透明性などを高め、人材育成に貢献するために日本人学生に向けたインターンシッププログラムをつくったが、沖縄のメディアは一切報道していない。残念ながら、メディアに度々ご案内を送り、何度も掲載の依頼をしてきたが、無視されている。実は、沖縄メディアは、イデオロギーなどの理由で地元の大学も学生たちへ案内の転送をしていないようだ。これらの沖縄の政治思想家たちは、学生たちに情報を提供しないことによって、仕事の体験やユニークな教育の機会を沖縄の若者から奪っているのではないかと、筆者は心底から懸念する。
また、メディアが米軍のイベントをボイコットするのは残念な行為だと思う。なぜなら、このイベントでこそ、個人的な関係を築きあるいは発展させ、情報を交換し、そして、互いの気持ち、意見や要望を伝える最適な場であるからだ。これらのイベントに参加しないことは、彼らが対話や、勉強及び客観的な報道に関心がないことを意味する。そうであれば、「ニュースペーパー」から「ニュースメーカー」に名前を切り替えるべき。編集部のイデオロギー的な介入に苛立ちを感じ、政治化されたニュースに嫌になった、良心的で将来性のある真面目な記者たちが地元のメディアを辞めていくケースは少なくないようだ。
 もう一つの問題は、なぜ『琉球新報』が「県内」とあえて示したか。沖縄のメディアは、本土のメディアと違うのか、沖縄のメディアが本土のメディアより優れていると思っているのだろうか。「県内」という表現には、傲慢で優越感をもち、そして、本土のメディアは沖縄のメディアと違って、沖縄のことをとても理解できないだろうというやや差別的なニュアンスを感じさせている。これこそはいかがなものかと思う。
 沖縄二紙の新聞(プロフェショナルなジャーナリズムというより、政治的な運動そのものだと批判する人もいるが)のうち、『琉球新報』は、一般見学会についての社説を掲載した。これは海兵隊が透明性を高めようとする活動をしていると評価してくれたのではなく、残念ながら批判的なものであった。「オスプレイ宣撫」と題する2月18日付の社説では、『琉球新報』は、「『公開』の動きには臭さを感じざるを得ない」や「オスプレイの『安全性』や『有用性』をアピールする狙いがあるのは明白だ」と書き、さらに最近発表された「国際危機グループ(International Crisis Group)」の報告書に挙げているように国際社会が最も懸念している焦点の一つである尖閣問題にもかからず、『新報』が「中国が尖閣諸島を『奪う』メリットがあるとは思えない。従って『奪還』のためにオスプレイが役立つこともないだろう」と「」をわざわざ入れた形で述べてから、公開見学会は「あからさまな宣撫工作だが、オスプレイに対する反発や不安の大きさに、米軍が焦りを抱いている証左でもあろう」と勝手に結論付けている。
 面白いことに、同じトーンで書かれた「投書」がその数日前に『琉球新報』に掲載された。その投稿は、「オスプレイ12機の配備が強行してから5カ月目」である3月3日の一般見学会を背景に「この忌まわしい日に、普天間基地内で、『説明会』なるものを設定すること自体が、沖縄県民に対する米軍の傲慢極まりない一大挑戦以外の何ものでもない」と言うものであった。さて、昨年7月に、オスプレイが到着する前からこのファミリーデーを企画したエルドリッヂ氏は、そこまでみていた訳ではなく、前述のように透明性を高め、沖縄県民が直接事実関係を収集して、オスプレイの配備について自分で考えて頂くことこそを目的としていた。
 同「投書」はさらに、(米軍が)「沖縄県民の分断を図り、反対運動を崩壊する。米海兵隊による工作を断じて許してはならない」と書いている。内容は厳しいが、文法上とてもよく出来ている手紙を書いたとされている方(安里蕪冥、浦添市、63歳)に会って、ファミリーデーについて直接説明したいと思っているが、50年間以上同市に住んでいる知人に頼んだが、手紙を書いた人は存在しないとの連絡を頂いた。
 おかしいと思って、インタネットで検索をしてみた。文章が良くて分かりやすく、おそらく各方面で論文も書き、コミュニティーで様々な活動をしている方に違いないと思ったからだ。簡単なインタネットの検索では、3回ほど『琉球新報』に投稿したとあったが、その人についてそれ以上のことを見つけられなかった。やっぱり存在していないかなと思って、それ以上の追及はしなかった。もしこの人が本当に存在しないなら、これは新聞が創作した人物ということになる。
そうであれば、実はこれが初めての例ではない。『琉球新報』が2013年1月31日付の「僕の主張 私の意見 opinion」に掲載した読者の投書を第3者によるなりすまし投稿だったとして、その一週間後の2月6日に「学校名・氏名を偽った投稿でした。内容も不適切でした」とのお詫び文を掲載したが、新聞の関係者が実際にその手紙を書いた人であったかどうかを明らかにしなかった。これは倫理上大きな問題であり、アメリカの場合は、厳しく追及され、処罰される。
 自分自身でみている限り、いわゆる基地問題に関する二紙の報道の質と品性のなさを鑑みて、架空の投稿者をつくることは十分あり得ることだと思う。沖縄の新聞は、日本新聞協会の『新聞倫理綱領』で定めている「報道は正確かつ公正でなければならず」という倫理から大きくはずれ偏向した記事を用いた完全なる政治運動主体になってしまっている。実は、これは、二紙の一つの「社是」である「不偏不党、報道の自由と公正を期す」や「編集綱領」の「公正、迅速、品格を保ち健全な世論を育成する」に真正面から反する。


 このようにニュースをでっちあげ偏向報道を行うことによってメディアは自らのみならず読者、社会全体に大きなダメージを与えている。まさに、地元と基地の間の誤解や不要な摩擦を引き起こし、対話に支障を与え、相互に生産的で有益なプロジェクトのための時間を失わせる。沖縄のメディアが本当に県民の「負担」を軽減してほしいなら、いわゆる「沖縄問題」について誤解をもたらし、悪化させるのではなく、改善をしていくべきなのだ。別の論文でも書いてあるが、問題の解決に努めない人は、結局その人も問題の一部である。メディアは正に問題の一部である。今後、問題の解決の一部になってもらいたい。
 メディアをはじめ学会(残念ながら、全く無能かつ知的な不正直で、そして政治的な動機に基づいて行動している学者もいるが)は、問題をわざと誤って伝え、悪循環をつくって解決を複雑化させ、延ばすことによって沖縄や日米関係に大きな迷惑を与えている。この現象は、エルドリッヂ氏が学者だった時期でも感じていたようだが、学会における原理主義者の存在は非常に残念に思っていたそうだ。いぜん、尊敬していたメディアにも存在しているようだ。
 不幸なことに、手当てをもらっている暴力的な活動家はより悪い。『正論』(2013年4月号)で、活動家が一般見学会を混乱させる可能性があると注意された。「不肖宮島の現場第67回、オスプレイの真実」という関西弁で書かれた論文では、エルドリッヂ氏が19年間住んだ同じ兵庫県のご出身であるフォトジャーナリストで著者でもある宮嶋茂樹氏は、「やめといた方がエエちゃう?その説明会…、絶対にプロ市民が紛れ込むで。全国の原発説明会に出没して騒ぎ立てる、あのプロ市民が押し寄せてくるんやで。奴らに理論も理性も通じんぞ。奴らにあるの好きか嫌いかの感情だけや。オスプレイが小石の一つでも巻き上げてみい、それがポチャッとプロ市民に当たってみい、大変な騒ぎになるで。そして説明会は怒号に包まれ、ぶち壊しや」と警告した。
 幸いに、ファミリーデーでそのような騒ぎが展示館内で発生することはなかった。しかし、ゲート2では、参加する家族たちの写真やビデオを撮影し暴言をく約7名の暴力的活動家がいた。なお、二人の娘をもつある母親が「平和」団体の人のプラカードで頭を殴られた。佐真下ゲートとして知られているゲート2は普段使用せず、参加予定の県民や警察にしか知らされていなかったのだが、プロ市民が集合場所をなぜ知っていたかが不思議だ。メディアがテレビや新聞などで反対運動の抗議を紹介したが、暴力事件やその前のゲートやその周辺のフェンス汚しやそのあとのゴミをそのまま置いたことなどは紹介されなかったようだ。実は、このフェンス汚しが最近、毎週のように頻繁に発生しているが、どんどん状況は悪くなっている。それに対して、有難いことに、毎週末沖縄県内や本土から、良識ある市民が、「平和」団体に汚くされた普天間周辺のフェンスを積極的にゴミを拾い、綺麗にして下さっている。
 これは、「フェンスクリーンアッププロジェクト」と呼んでおり、2012年12月からスタートしたらしい。エルドリッヂ氏は、3月中旬から参加するようになって、多くの人数が参加しており、毎回増えている。米軍の関係者も参加しているが、オスプレイのファンクラブと同じように、県民が作ったものであり、様々な形で米軍の方々に勇気と友好を与えて下さっている。主催者によれば、毎回、地元の新聞に取材の依頼を送っているが、一度も来ていない。2013年4月14日付の両紙は、またもやヒーロー的に複数の「ヘイワ」団体がフェンスを汚している瞬間の写真を紹介している。その一つの団体が前述した風船を使って飛行機を墜落させようとした宜野湾市を拠点とする組織だ。
 これらの団体と関係のある沖縄の自治ないし「琉球」の独立を主張している一人の有名な活動家が自分とその家族の分まで申請して登録していたが、当日残念ながら現れなかった。参加する許可が下りた理由は、米軍の関係者は、申込者が締め切りに間に合い、そしてどんな政治思想の人でも、犯罪経歴やその他の問題がなければ、彼らに自分の目で見る平等な機会を与えたかったからだ。しかし、信頼したこの人物が、どのゲートをその日使用されるのかという情報を反対運動・妨害活動家に漏らしたかもしれない。だが、もっと残念なのは、彼とその家族が参加しなかったことによって、真面目にMV-22を近くで見学したい他のファミリーのチャンスを奪ってしまったことだ。
 その他にも参加したかった反対運動の人々はいた。 ある活動家は、一般見学会の三日前にエルドリッヂ氏の事務所に電話し、参加の問い合わせをした。同氏が外出のため、その翌日電話があったことを聞き、可笑しいと思ったという。彼は、なぜ自分が特別扱いされると思ったのだろうか。忠実に締め切りに間に合った皆のように申請すればよかったというのだ。
ところで、この人は過去様々な問題を起こしたことがあるから何れにしても入れなかった。日本国籍ではない人で、米軍の関係者に暴言などハラスメントをした人で、普天間などで妨害活動に参加している。出身国は異なるが、日本にいる同じ外国人として彼の行動をみて正直恥ずかしい。しかし、『沖縄タイムス』にとっては、彼がヒーロー的な存在だ。昨年9月7日付の朝刊1面に、「英国人の視線『米軍の 運用妨げる策を』~沖縄国際大学准教授:ピーター・シンプソン(47)」と題するインタビューが掲載された。
 日本国籍ではない人が日本政府の好意で日本に住みながら、在日米軍の基地やその兵力の運用を妨害し、あるいはその反対運動を助長していることに個人的に大きな疑念をもっている。特に、日米安全保障条約は、民主的な手続きで選ばれた政権同士で締結した二国間の条約で、民主主義な手続きで選ばれた日本国の国会とアメリカの議会の議員たちによって批准された。その条約の実施は、地位協定を通じて行っているが、一人、しかも日本の市民ではない人が、日本国民の圧倒的な意思や世論を無視し、法律に反する行為が許され、国外追放されないことは、極めて遺憾だ。
 同人物は不思議なことに、『沖縄タイムス』のインタビューでガンディーや非暴力の精神を引用している。しかし、彼の暴力的かつ不安定な行動や傲慢な態度ほどガンディーの哲学を否定するものはない。例えば、ガンディーの有名な発言の一つは、「非暴力の敵は怒りで、プライドは、それを飲み込むモンスターだ」。このように、過激的、暴力的、非合理的な反対運動の関係者は、自分たちが法律以上の存在で、国民の民主的な意見を無視し、あたかも県民の代表であると勝手に思っているようだ。少なくとも、その活動家は、沖縄出身ではない。実際に、オスプレイの見学会に来られ、自分の目でみて判断するのために応募した方々の数は、反対運動の関係者の数十倍、数百倍である。又、前述した毎週、フェンス清掃のために来られている親切な県民の方のほうが多いし、その数は今でもどんどん増えている。
 宮嶋氏が「奴らに理論も理性も通じんぞ」と「プロ市民」について書いたように、エルドリッヂ氏は、上記の「平和」運動の活動家に、礼儀正しさ、人権の尊重、平和的は行動や態度が見られず、さらに嘘吐き偏向報道の地元メディアや、オスプレイをはじめ日米同盟の財産としての役割について真面目に学ぶより政争をしたい政治家が残念ながらいることも知っている。それでも、海兵隊は、沖縄県民を信じ、その冷静な判断を信頼していた。そして、海兵隊は正しかった。
ある参加者は、「争点になっているオスプレイを見るにはいい機会だった」と述べ、もう一人は、「新聞とかテレビとかを自分の考えにするんじゃなくて自分の目で見て自分の耳で聞いて判断する子どもに育てたいので参加しました」と語った。さらに、やや長いのだが、ある参加者は筆者宛のメールではこう書いてきた。

「何倍もの応募があったと聞く。これが何を示しているのかというと、沖縄のメディアが何百回と報道する『県民の総意』、『オール沖縄』という反基地、反オスプレイへの県民の意思が、全くのデタラメであるということを証明したのだ。普段のエアフェスタにおいても、会場は家族連れや恋人達でいっぱいになる。沖縄の人々が『基地は危険で近寄ることも出来ない』のなら、このような光景は見られないのだが、沖縄メディアはこの矛盾に言及しようとはしない。今回のMV-22の公開に多くの県民が応募したのは、新聞を始め沖縄メディアが総出でネガティブキャンペーンを仕掛けていることへの、県民の疑念の現れであったと思う。TVのインタビューで、見学を終わった父親が『報道で判断するのではなく、自分の目で、耳で確かめて子供たちに判断させたい』と言っていたが、余りにもバイアスのかかりすぎた報道に、県民が気付き始めている証拠でもある。遠くから見ることしかできないMV-22を、マスコミというフィルターを通すことなく、近くで見、実際に触れ説明を聞くことができたことは、いかに真実がメディアによって歪曲され、伝えられてきたということを、多くのファミリーに気付かせることが出来た有意義なイベントであったと考える。県民に対しダイレクトに、事実をありのままに伝えていく機会を、今後とも多く持っていただくことで、互いの信頼関係を構築し、理解しあう良き隣人として共存していくことに繋げて頂きたいと心から願うものです。3月3日、エルドリッヂはオスプレイ見学会の入り口である佐真下ゲートにいた。なぜなら、その名所に「招かざる客」たちが陣取っていたからだ。彼らは普段からオスプレイ配備に反対する平和団体と呼ばれる方々であり、見学会のためにゲートを通過しようとするファミリーの車に罵声を浴びせていたのだ。自分達が認めないのは自由である、なぜならこの国では信条の自由が認められているから。しかし、それを他人に押し付けるのはナンセンスである。反対をする前に、自らがオスプレイについて学んだのだろうか、それは否だった。」

 その他、コメントをたくさん頂いた。とにかく、誠意をもって積極的に参加することによってファミリーデーを大成功にしてくれた沖縄県民に「ありがとう」と言いたい。海兵隊は、直接の情報や知識に基づいて県民の皆がオスプレイの安全性及び有用性についてより賢い決断ができると確信している。新聞やメディアは、読者や県民に「こう考えなさい」といわんとするが、海兵隊はそうしたくない。県民の求めに対して提供し情報を受け取るか拒否するかは、参加者の自由だ。

つづく

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 
 
 ■「住みよい那覇市を作る会」
代表者:金城テル)よりのお願い。 
 

現在、那覇市障害者福祉センター訴訟(翁長雄志後援会々長がこのセンターを管理し事業を行っている福祉団体の会長をしていた件)と久米至聖廟訴訟(翁長前市長が龍の柱をシンボルとする中国との交流拠点づくりを進めていた件)ではそれぞれの訴訟内容が複雑なため、担当弁護士をそれぞれ置いて那覇市住民訴訟を行っています。被告は那覇市と翁長雄志氏です。知事になったからといって責任が逃れられることはありません。

本件は徳永、照屋両弁護士が手弁当で代理人を務めていただいておりますが、訴訟実費を含む活動資金が枯渇しております。

何とぞ訴訟活動を継続するために広く皆様のご支援をお願いします。

支援金の口座

ゆうちょ銀行口座

住みよい那覇市をつくる会

名  称 スミヨイナハシヲツクルカイ
記  号 17090
口座番号 10598191
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  追い詰められる翁長知事、辺... | トップ | 完結編、オスプレイ報道の真実 »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ayumi61)
2014-12-13 08:45:33
この記事を読んでしまっては、もはや沖縄2紙の「偏向」は明白ですね。特に

>「一方、昨年10月1日に同飛行場に配備以降、県内報道各社が取材の申し込みをしているが、海兵隊はこれまで公開をしていない」と付け加えた。しかし、これは全く事実に反している。

というのが深刻ですね。虚偽の情報を伝えて世論を誘導しようとするのではただのプロパガンダ紙、ニュースメーカーでしかありません。まさに

>そこにあるのは、一貫性のある原則ではなく、「オスプレイが危険」や「オスプレイ=過剰な負担」という自ら創ろうとしているイメージに反するために、その不都合な真実に目を塞ごうとする未熟なメディアの反応、といって過言ではない。

という指摘の通りですね。

琉球新報や沖縄タイムスは報道していないようですが、去る11月11日、東京日比谷公園で、反基地活動家による焼身自殺が起こっています。

>日比谷公園で焼身自殺か 自分で撮影したとみられるビデオカメラが現場に
ttp://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/11/kiji/K20141111009268920.html
>11日午後7時ごろ、東京都千代田区の日比谷公園で「火が出ている」と通報があり、現場に駆け付けた警察官が、衣服などに火が付いて炎に包まれている人を見つけた。男性とみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は焼身自殺を図ったとみて調べている。
>捜査関係者によると、現場に抗議文のような紙片があり、焼身自殺の様子を自分で撮影したとみられるビデオカメラも置かれていた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する活動家との情報もあり、身元確認を急いでいる。

おそらく、この活動家は、チベット僧たちの、中共への抗議活動を真似たものである。推測だが、琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道を真に受けて、「沖縄は現状すでにチベットと同じ状態である」と心から信じ込んでしまったのだろう。普通は「そんなわけ無い」と思うところだが、連日「沖縄差別」だの「日本は沖縄の民意を無視している」だの報道されていれば、そう信じる人間が出てくるのも当然だろう。「嘘を根拠に報道すれば」そういう人間がでてきても当然である。
この事件の場所は、東京日比谷公園ということなので、沖縄県民ではなく、県外(多分東京)の活動家だと推測できる。だからこそ、まさにこの手の報道だけを信じて、実態を知らずに行動してしまったのだろう、と推測できる。「沖縄は現段階でチベット化している」といわんばかりの報道ばかりしていればこういうことは起こりうる。未だに沖縄でこういうことが起きていないという事は、逆説的に「沖縄は全くチベットとは程遠い状態である」ということの証明なのだが、それに甘えて偏向報道していると、そのうち収拾つかなくなるだろう。もうすでに一歩手前かも知れない。

沖縄2紙が「反米反基地」のイデオロギーを持つ事は悪い事ではない。しかし、ここまで事実関係を無視した”虚偽”を基にした報道をするのなら、これはもほや新聞ではなく、ただの機関紙である。その”機関紙”を基にして判断し、行動しているとあっては、外部からすれば実際のところは別にして「民意が低い」と見えるわけだ。かなりの沖縄県民は、この2紙とは無関係に判断し行動しているようだが、如何せん、琉球新報や沖縄タイムスをソースにしていると全くその姿が見えてこない。「自分たちの価値観に従わない奴らは愚民」という思考が染み付いてしまっているからだろう。変な話、「右翼」とか「極右」とまで言われている産経新聞が、主要新聞の中で一番腰が低い、「自分の価値観は間違っているのではないか」という謙虚さを持ち合わせているのは皮肉である。

八重山日報が面白いのは、その思想そのものではなく、沖縄2紙にはない「謙虚さ」である。あの新聞は、自説との反対意見にも紙面が開かれているし、「報道の自由」というものを尊重する姿勢が強い。その点で主要4紙の中で産経新聞と一番波長があうわけで、「月刊正論」に連載をもっているのもうなずける。それにしても、「保守」だとか「右翼」扱いされてイメージの悪い産経新聞が実は一番腰が低くて、広がりがあって、謙虚だというのも皮肉だが、別に産経新聞や八重山日報が特別偉いわけではなく、いわゆる「左翼」だとか「リベラル」といわれる連中が権威化しすぎていて腐敗している事の表れだろう。
「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」といわれるが、どうやら琉球新報と沖縄タイムスは、沖縄の言論界で「絶対的な権力」を握っていたがゆえに「絶対的に腐敗」してしまったようだ。もはや、取り返しがつかないレベルにまで達しているのかもしれない。
犯罪新聞 (宜野湾市民X)
2014-12-13 09:13:57
橋本勇気氏が指摘するように沖縄2紙に対する返金運動や不買運動が起きないのは不思議だ。

オスプレイの捏造報道や今回の県知事選でのやりたい放題のデタラメ報道を見たら、ブログ主が言うように犯罪新聞である。

集団訴訟を起すべき。
Unknown (翁長知事に夢中)
2014-12-13 09:27:44
我らの翁長知事は米軍普天間飛行場の移設問題に関し「建白書の精神に基づき、県民が心を一つにし、共に力を合わせて国内外に向けた働き掛けを行っていくことが基地負担軽減の実現につながる」と述べ、県民一丸となった取り組みを呼び掛けた。
うん、うん、そうだよね。
我らの翁長知事は、「県民の思いを大切に」と言う「県民の総意」の体現者を目指す知事だもんね。
「県民が心を一つにし、共に力を合わせ」「県民一丸」にならないと動けねぇんだよ。
県民の努力待ち。

ちばりよー、県民。

勘の良いタイムスと新報は、県民が努力できるよう、厳選した情報の提供で協力してくれる♪
Unknown (ayumi61)
2014-12-13 09:57:35
宜野湾市民Xさん

完全に捏造報道の域に達しているのがまずいですね。おそらくそうでもしないと、彼らの主張が持たないのですよ。
普天間問題の発端となったのは、1995年の米兵犯罪ですが、じつはその米兵犯罪、この40年間でかなり減っています(沖縄県の統計より)。特にその1995年の事件以降(1995年は米兵のみならず、沖縄県民の犯罪率も高かったのですが)、かなり厳しい綱紀粛正に取り組んだらしく、その後ぐいぐいへって平成22年では32件(51人)しか発生していません。米軍構成員は約48000人であり、犯罪率は0.11%(沖縄県民は0.29%)です。沖縄県民の38%の犯罪率ということです。
こういう努力の甲斐あって、沖縄県民と米軍の関係は概ね良好です。何せ米軍は、沖縄には連度の高い精兵を集めるようにしています。それに、沖縄赴任は、米軍の出世コースになっているうえに、待遇もいいし娯楽街も充実しているので、希望者も多いのです。そうやって集めた選りすぐりのメンバーを赴任させて、県民との関係作りに勤しむわけですから、まともに付き合えば、「騒音さえ目を瞑れれば」余り嫌悪感はもたなくなるそうです。

この件に限らず、「中国の山のような領海侵犯」だとか、「沖縄は台湾領(つまり中国領)発言」だとか、「中国の軍事費10年間で6倍」等々、「米軍基地は必要ですよ」と中国がやたらとアピールしてきたり、それ以外にも「オスプレイは安全」だとか、「反基地イデオロギー」において不都合な真実が多すぎるのです。こういうことを言い出すと、あっという間に民意が「米軍基地あってもよくない?」に傾いてしまうので、どうしても頬かむりするしかないわけです。そうやって「報道しない自由」を行使してきたわけですが、このオスプレイのように、虚偽情報で世論操作した場合、それを隠すためには「捏造」しかなくなるわけです。

しかし、嘘を隠すためには、また嘘をついていかないといけない。それを積み重ねていくと、最後は朝日新聞の2の舞になるしかないわけです。ただ、分かっていても今更やめられないでしょう。ここまできたら、行き着くところまで行き着いて、カタストロフでも起こらない限り矯正は無理でしょうね。一刻も早い両新聞のカタストロフのため、微力ながら、ネットでの拡散につとめる事にします。
Unknown (東子)
2014-12-13 10:18:09
グリンピースのナスカ落書き事件、誰か一人ぐらい実行に移す前に「大丈夫かって疑問を持たなかったのか?」という問いに「自分らのやることは正しいがゆえに正しい、って思想だから」という回答があって、笑っちゃいました。
「自分らのやることは正しいがゆえに正しい」なら「俺達に反対するのは悪い」しか、でてこない。
ただただ下手な五目並べのような止めしかできなくて「反対の反対は賛成なのだ~」になっても、なんら矛盾を感じないのは、その辺ね。
無間地獄 (宜野湾市民X)
2014-12-13 10:31:20
ayumi61 様

沖縄2紙は嘘で固めた報道で県民を騙して作り上げた翁長県政の始動で、おごり高ぶっていますが・・・。

>嘘を隠すためには、また嘘をついていかないといけない。それを積み重ねていくと、最後は朝日新聞の2の舞になるしかないわけです。
>ただ、分かっていても今更やめられないでしょう。ここまできたら、行き着くところまで行き着いて、カタストロフでも起こらない限り矯正は無理でしょうね。

なるほど、嘘をつき出すと♪~どうにも止まらない~♪ですか。

「オスプレイの嘘」⇒「建白書の嘘」⇒「オール沖縄の嘘」⇒「新基地建設の嘘」⇒「裏建白書(確認書隠蔽の嘘」⇒∞

最後は地獄が待っているのでしょうかね。
Unknown (狂歌)
2014-12-13 10:40:17

沖縄の 誰も言わない 争点は

   シナの侵略 許すか否か

Unknown (ayumi61)
2014-12-13 11:00:08
宜野湾市民Xさん
このうち、「建白書の嘘」については、八重山毎日にさえ暴かれているんだから笑えましたよね。

八重山毎日って、徹頭徹尾、沖縄2紙と協調する紙面づくりをする「親沖反日新聞」ですが、あの時ばかりは中山石垣市長を「裏切り者」と糾弾するために翁長氏を巻き添えにしたわけです。八重山日報ならいざ知らず、「親沖反日」の八重山毎日に糾弾されるようでは、何が「オール沖縄」か、という話ですね。

ちなみに、八重山日報+八重山毎日のダブルアタックを食らっては流石に勝ち目がありません。八重山地区では翁長氏完全敗北を喫しましたね。それにしても、八重山日報と八重山毎日という不倶載天の天敵同士によるダブルアタックを食らった政治家って翁長氏が史上初ではないでしょうか?下手すると空前絶後になるかもしれませんよ。
米軍の犯罪が32件に減ったから (は?)
2014-12-13 11:44:11
規律が統制され、喜ばしいと思っておられる方がいるようですが、32件も発生しているという見方はできないのですか?
驚きます。
私は保守だが、沖縄の保守だ (沖縄県民)
2014-12-13 11:46:02
「私は保守だが、沖縄の保守だ。」は、翁長氏がよく口にする言葉だ。これまでの実績からみると

翁長流「沖縄の保守」は

1 共・2社と組むことができる。

2 「紙ハブ」・「ざまあみろ」を飼い馴らすことができる。

3 衆院選ポスターで、所謂、革新候補が「翁長さまア・・・」と縋り付き、翁長氏が上から「ウンウン」と言っているように見えるポーズをとることができる。

4 支持者が辺野古の工事を請け負っても意に介さない。(さきの知事選のある候補者は「この業者は、(翁長に)辺野古の取消はさせませんと公言している。」と言っていた。)

今後、この新手の捏造用語で、沖縄の政治家が括られてしまうことはないか。
Unknown (Unknown)
2014-12-13 11:48:46
美浜の開発が始まったのは1998年頃。
新都心の開発が始まったのは2001年頃。
左翼は、美浜、新都心が発展したから基地は経済の阻害要因などと仰っているが、1998年の一人当たり県民所得は213万円。平成23年の一人当たり県民所得は201万円と12万円も下がっている。
また、県民一人当たりの給料を表す一人当たり雇用者報酬は、1998年の425万円から、2011年には352万7千円となり73万円の大幅ダウンである。
さらに、公務員の夏のボーナスも1996年の81万円から2014には58万円へ大幅ダウンしている。
Unknown (宜野座村民WXY)
2014-12-13 11:56:45
沖縄2紙に対して...

返金運動 → やればいいのに
不買運動 → これもやればいいのに
集団訴訟 → どうしてやらないの? やればいいのに

あぁ... 口だけ、いやカクだけか(呆)
沖縄県民の総意(爆笑) (KOBA)
2014-12-13 13:14:22
 それに基づいてやったのが

 兵隊やその家族に対する罵声、基地近くでワイヤー付の凧揚げ、フェンスにガラス片を混入したテープ巻きつけ、フェンス越しにゴミ投げ捨て、極めつけは何処ぞの半島よろしくの糞尿撒き散らし・・・
 左巻きってやはり日本語能力皆無ですね。

 >あぁ... 口だけ、いやカクだけか(呆)

 で、そう言う茶々松君は?文字通り茶化すだけ?

Unknown (越来のK本S子)
2014-12-13 13:44:07
>「ニュースペーパー」から「ニュースメーカー」に名前を切り替えるべき。

たしかに、米兵が酒気帯び運転してただけのことを、凶悪事件・重大事故みたいに書き立てる「新聞」ですからね。


あと、福島出身ってだけで被災者でもないのに沖縄に逃げてきた、恥知らずの頭のおかしい若作りオバサンの連載、そろそろ打ち切ってくれませんか「盗聴上等!」発狂新聞(笑)。
Unknown (越来のK本S子)
2014-12-13 13:47:51
上の「福島出身ってだけで被災者でもないのに沖縄に逃げてきた、恥知らずの頭のおかしい若作りオバサン」について、分からないという方へ。


「お金より命」に共感 元カフェオーナー・根本きこさん
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-187010-storytopic-1.html


一応、このオバサンが連載持ってる「盗聴上等!」発狂新聞の記事を引用してやったよ~(笑)。
Unknown (Unknown)
2014-12-13 16:21:13
ガソリン税軽減・復帰特別措置を延長せよ
2006年7月20日
 
復帰特別措置の一つであるガソリン税(揮発油税と地方道路税)の軽減措置と、
それを財源とする県の輸送コスト補助制度が廃止された場合、
離島地域のガソリン価格は1リットル当たり最大で27・8円、平均では14・7円上昇するとの試算を
南西地域産業活性化センターが発表した。

>政府内には30年余も続く特別措置の延長に否定的な声もある。
しかし、復帰から30年余が過ぎても米軍基地が経済自立の妨げとなっているのは沖縄だけである。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-15553-storytopic-11.html
Unknown (越来のK本S子)
2014-12-13 16:22:40
もう御存知の方がいらっしゃるのか分かりませんが、
「公約破りを許さない県民の会」なる「市民」団体が、
知事選に続き、またおかしな違法ステッカーを、
電柱などに貼りまくってます。

何でも…、
「平成の琉球処分」
「県民を裏切った自民党議員団」
だそうです。


電柱に貼ってるので十分アウトだけど、
選挙期間中に政党名を名指しするのは、
完全にアウトだと思うけどねぇ~…。
Unknown (沖縄市民)
2014-12-13 16:26:15
あのヘイトポスターは酷いですね。
子どもの教育にも悪いですよ。
「裏切り者」とか書いてあるので。
記者魂 (Unknown)
2014-12-13 17:31:21

県庁で働いている親戚に聞いたところ例の記者の名前がわかりました。
仲井真さんに「ざまあみろ」と叫んだのはタイムスのヨシダナカ(漢字不明)、幹部職員慰労会の盗聴行動をとったのは新報のシミズユリ(漢字不明)という記者だそうです。シミズユリ記者は、どこにでもICレコーダーを置き忘れる癖があるそうでして、その後も再び未遂行為を繰り返しているのだそうです。
また、けさの新報では、外務省をクビになった佐藤優さんが盗聴を推奨しています。

壁に耳あり。

皆さん、くれぐれも気をつけてくださいね。www
Unknown (Unknown)
2014-12-13 19:45:38
虚構新聞なら笑えるのに。
新聞止めて、月額3千円。 ティッシュとトイレットペーパーが一番良いヤツになりました。
Unknown (芋掘りじいさん)
2014-12-13 20:21:15
・日本の原発産業が滞り燃料費があがる(反原発!)
・米軍が撤退する(米兵ガー)
・日米安保が頓挫(オスプレー反対!)
・日本が武器を持たなくなる(戦争反対!9条を平和賞に!)
・外国人が参政権を得る(共生!)
・日本の機密がタダ漏れする(特定秘密保護法反対!)
と、得する国がアリマスね。
まぁ、全部中身は国内外でお友達。
Unknown (Unknown)
2014-12-13 21:07:24
40年で10兆円、美浜、新都心の基地撤去してやっても給与は大幅ダウン。
数字で示す沖縄県民能力無し。
訴訟費用のカンパ? (Unknown)
2014-12-13 21:25:23
老人は何かと反対をしたがる。
一方はサヨクと化し、もう一方はウヨクに化け、お互い反対反対のオンパレード。
ご自分らの主張を通すために始めた裁判なら自分の金でやって下さいな。
Unknown (Unknown)
2014-12-13 21:36:41

その裁判で、儲ける専門家も沢山いますなぁ(笑)
Unknown (ななし@那覇市)
2014-12-13 21:56:49
記者魂さん
タイムスのヨシダナカとは吉田央氏
http://globe.asahi.com/feature/100920/04_1.html
http://miyagiatsuko.ti-da.net/e2076711.html
新報のシミズユリとは清水柚里氏
http://web.waseda.jp/dcc/6th/report/report2014/2014-0725
http://haruniy.ti-da.net/e6849276.html
のことだと思います。
あくまで検索で調べた結果ですが、他に該当者がいませんでしたので。
儲かる専門家 (Unknown)
2014-12-13 22:47:37
<<その裁判で、儲ける専門家も沢山いますなぁ(笑)

確かに
弁護士を含めて裁判すると儲かる方々も多々おりますね。

裁判するのは大変だと思いますが、頑張って下さいな。
Unknown (Unknown)
2014-12-14 07:44:32
カンパを募る自由。
カンパしない自由。
共にあるのに、カンパを募るな! まで言うのは、
裁判が続くと困るからに違いない。
隠れ愛読者 (宜野湾市民X)
2014-12-14 09:12:43
>カンパを募る自由。
>カンパしない自由。
>共にあるのに、カンパを募るな! まで言うの>は、裁判が続くと困るからに違いない

もう一つ加えると気に入らないブログは読まない自由もある。

しかし気になってしょうがないからつい見てしまう。⇒隠れ愛読者

そして、ついつい悪口を言いたくなる。
Unknown (ayumi61)
2014-12-14 15:45:47
>は?さんへ
>規律が統制され、喜ばしいと思っておられる方がいるようですが、32件も発生しているという見方はできないのですか?
>驚きます。
するどい指摘まことにありがとうございます。いやはや全くその通り。32件”しか”などという目の曇ったことをいっていてはいけませんな。しかも、今調べなおしたら、32件ではなく42件でした。これこそひどい”捏造”です。
では、なぜ、わたしの目が曇ったのかをご説明します。皆様もぜひぜひご照覧あれ。

まず、元にしたデータは、↓です。
http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/documents/h24toukei-5.pdf

これを見ると、米軍構成員による犯罪検挙件数は
平成14年81  平成15年112  平成16年59  平成17年66  平成18年57  平成19年63  平成20年70 平成21年50  平成22年71  平成23年42
となっています。は?さんの言われるとおり、米軍構成員による犯罪ってこんなに大量に起こっているのですね。
一方で、同じ時期における、沖縄県内における全刑法犯(件数)は
平成14年4694 平成15年6227 平成16年5760 平成17年6675 平成18年6798 平成19年7208 平成20年6636 平成21年5563 平成22年5017 平成23年5065
です。私が参考にした資料は、丁度、米構成員の犯罪件数と、沖縄県全体の犯罪件数が隣り合わせになっていて、その両者の桁が約2つも違っていたもので、つい目が曇ってしまいました。
ちなみに、同じ資料に、米軍構成員等事件比も載っていますので、それも参照してみましょう。
平成14年1.7% 平成15年1.8% 平成16年1.0% 平成17年1.0% 平成18年0.8% 平成19年0.9% 平成20年1.1% 平成21年0.9% 平成22年1.4% 平成23年0.8%
平成16年以降は、ずっと約1%ですね。これを「少ない」とは思ってはいけないのですね。
ちなみに、この間の米軍構成員の数は、意外と変動が大きく、42000~48000の間を推移していますが、ここでは間をとって45000人とします。沖縄県民の数は1400000人という事です。そうすると、米軍構成員の割合は3.21%、約3%になります。全体ではわずか3%をしめるにすぎない米軍構成員が、犯罪となると、何と全体の1%も占める「凶悪集団」ということになるのです。どれぐらい凶悪かといいますと、何と犯罪発生率が、沖縄県民全体の33%にもなるのです。
先に「は?」さんは、米軍構成員による犯罪が「年に計42件もある」と指摘されました。まったくその通りです。一方で、沖縄県全体としては、「年に計5065件ある」のですが、それは承知願いましたか?では、もしも、仮に沖縄県民が、この「凶悪無比」な米軍構成員と同様の犯罪発生率を誇る「犯罪者集団」と化した場合どうなるか?平成23年に限定して言えば、0.8%の事件比であり、人数は48000人ですので人口比は3.4%ですので、約4分の1「計1264件」になります。「5065→1264」になるのですね。もしも、沖縄県民が、全員米軍構成員になった暁には、平成16年以降は約2分の1~4分の1になる、とみなしていただければ幸いかと思います。
こういう言い方をすると、まるでわたしが「沖縄県民が凶暴な犯罪者集団だ」といっているかのように聞こえますが、そうではありません。ただ「平成14年以降の年間以降の沖縄県民の犯罪検挙件数率は米軍構成員の約2~4倍」という統計結果が沖縄県からでている、というだけです。わたしはこの統計結果を知っていましたので、「米軍構成員が凶悪だ」と主張すると、その次には、「沖縄県民は、その凶悪なる米軍構成員の2~4倍の犯罪発生件数率を誇る“超凶悪集団”だ」と主張する羽目になるので「米軍構成員は凶悪だ」とは断固として主張したくなかったのです。ですが、確かに、沖縄県民のわずか約3%を占めるに過ぎない米軍構成員によって、沖縄県全体の犯罪検挙数が約1%も上昇せしめられている、という現実は深くかみ締めておきたいと思います。
Unknown (ayumi61)
2014-12-16 14:03:48
>沖縄県民さん
>翁長流「沖縄の保守」は
>1 共・2社と組むことができる。
>2 「紙ハブ」・「ざまあみろ」を飼い馴らすことができる。
>3 衆院選ポスターで、所謂、革新候補が「翁長さまア・・・」と縋り付き、翁長氏が上から「ウンウン」と言っているように見えるポーズをとることができる。
>4 支持者が辺野古の工事を請け負っても意に介さない。(さきの知事選のある候補者は「この業者は、(翁長に)辺野古の取消はさせませんと公言している。」と言っていた。)

いや、あのですね。1~3はまあ理解できるのですが・・・。4は何なのでしょうか4は・・・。流石に理解できないのですが・・・。
いや、これが本当なら、どう考えても翁長氏、裏切る気満々ですよ。確かに「瑕疵が見つかったら、撤回も視野に入れる」、つまり「視野に入れる」だけで、決して「撤回する」とは一度たりとも言っていないですけどね・・・。
ああ、それとも、こちらの支持者の方を切るつもりなんでしょうか?どちらにしても、翁長氏、任期途中で誰かを裏切ることになることだけは確実ですね。
Unknown (越来のK本S子)
2014-12-16 15:26:48
>>4 支持者が辺野古の工事を請け負っても意に介さない。(さきの知事選のある候補者は「この業者は、(翁長に)辺野古の取消はさせませんと公言している。」と言っていた。)

その“支持者”の、最近発覚した不祥事が↓こちら。

牛肉消費期限改ざん 社員が再加工 かねひで宮古店
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=94300


ちなみにこの不祥事、TVのニュースでは取り上げてない、または取り上げたけど局のHPには載せてません。


どうやら、恥知らずにもサヨクにゴマをすったのは、
不祥事の隠ぺい・火消しが目的だった…、

としか思えないんですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL