狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「日本軍憎悪」の館  沖縄県平和祈念資料館

2007-11-20 07:05:12 | ★集団自決

先の戦争を太平洋戦争と呼ぶか大東亜戦争と呼ぶかでその人の大体の歴史観が分かるといわれる。

ところが沖縄の糸満市にある「沖縄県平和祈念資料館」が、そのどちらでもなく、「15年戦争」という中国の歴史観で貫かれたモニュメントだと聞くと驚く人もいるだろうが、逆に納得する人も多いだろう。

この資料館の各都道府県別の沖縄戦戦死者数が分かるサイトがある。http://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/htmls/senbotsu/SN01EXPL100.htm
 

この資料館の沖縄戦・戦死者の数字に疑念を抱いた人がいた。

メルマガ「商社マンに技あり!」http://www.f5.dion.ne.jp/~t-izumi/index.htmlの発行者泉幸男さんが、偶々家族で沖縄旅行をした時、同資料館を見学した際の率直な驚きを記している。

以下は、そのメルマガからの引用。
 
< 
昭和6年9月18日(柳条湖事件)から昭和20年3月25日(沖縄戦前日)までの沖縄県出身の日本軍将兵の戦死者が、「沖縄戦の戦死者」に勘定されている。
 
■ 沖縄戦は昭和6年に満洲で始まった? ■

 
 13年半にわたる沖縄戦開始前の沖縄県出身戦死者の数を、「沖縄戦の戦死者」に勘定する言い分がふるっている。
 
 ≪沖縄戦が昭和6年の満州事変に始まる15年戦争の帰結であることから≫昭和6年9月以降の戦死者は「沖縄戦」の戦死者として勘定するのだそうだ。
 
 これが許されるなら、日露戦争はおろか、日清戦争や戊辰(ぼしん)内戦の戦死者も、第二次世界大戦の戦死者の数に含めうるであろう。
 歴史を語ろうとするときに必要な真摯さを欠いているのではないだろうか。
 
 なぜこのようなことを沖縄県の公的機関が平然と行うのか。
 
沖縄県出身の「犠牲者」の数をできるかぎり多く書くことを称賛する勢力がいるからではないのか。>

まだまだ続きます。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

                    ◇

 

渦の中に巻き込まれると左右はおろか上も下も分からなくなるという。

若者が真面目な気持ちで戦史を勉強し、戦争の無い平和な社会を作る運動を起こしても本来これをとがめる人は居ないはずだ。

ところが彼らの気持ちが純粋であればあるほど周囲を取り巻く集団の熱気に巻き込まれると、

自分の立つ位置を見失ない、気がつけば特定勢力の政治プロパガンダを声高に叫ぶようになる例は多い。

沖縄はいたるところに熱気に満ちた渦がそのような若者を飲み込まんと待ち構えている。

赤頭巾ちゃん気をつけましょう。


沖縄タイムス 2007年11月18日(日) 朝刊 27面  
 
沖縄戦継承 若者同士で/大学生、中高生向けガイド

県民大会受け「やるなら今」来月本番
 県内の中高校生に沖縄戦を見つめ直すきっかけにしてほしいと、
県内の大学生が中高校生を対象にした沖縄戦戦跡ガイドを十二月十五日に行う。元ひめゆり学徒隊の女性たちと若者が語り合い、戦争の記憶を受け継ぐ活動を続ける「虹の会」(赤嶺玲子代表)が中心となり、琉球大学の「学生平和ガイドの会」のメンバーらが十七日、同大学内で勉強会を始めた。「大学生から中高校生へ」という若者たちによる沖縄戦の継承。学生らは息の長い活動にしたいと意気込んでいる。
 大学生らは、これまで主に修学旅行生を対象に戦跡を案内していたが、県内の中高校生にも沖縄戦への関心を持ってもらおうと初の取り組み。

 「虹の会」の北上田源さん(25)は、入会した三年前から県内の中高校生向けのガイドを考えていた。九月の「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の後、「中高校生の問題意識が高まった。やるなら今だ」と思い立った。

 中高校生の素朴な疑問や質問に答えながら、壕や県平和祈念資料館など南部戦跡を巡るこのガイドでは、ひめゆり資料館で証言者を交えた交流会も予定している。

 琉大での勉強会は、「沖縄戦研究はどのように日本軍の『集団自決』強制を明らかにしているか」をテーマに、中高校生からの質問を想定し、新聞記事や沖縄戦関係資料を参考に一人一人に意見を求めながら進められた。

 「集団自決」の新たな証言や教科書問題の動きなどが、報道で取り上げられる機会が増え、メンバーらは「沖縄戦の歴史を語り継ぐために、もっと若い人が学んでほしい」と語る。

 昨年、初めて戦跡ガイドとして県外の修学旅行生を案内した同大四年の田真健弥さん(22)は「初めはそれほど関心がない人にも、沖縄戦の悲惨な過去と教科書問題や辺野古の基地移設など現在の沖縄とつながっていることを伝えたい」と語った。定員は三十人(先着順)。

                ◇

>琉大での勉強会は、「沖縄戦研究はどのように日本軍の『集団自決』強制を明らかにしているか」をテーマに

先ずこの大学生たちは「集団自決」の起きた原因を研究・解明するのではなく「『集団自決』は日本軍の強制である」という結論を前提に行動している。

彼らの行動に学生らしい真実の解明への真摯な態度は見られず、左翼学者の「沖縄戦研究」を鵜呑みにして、中高校生を啓蒙していくということらしい。

昨日のエントリにも関連するが自分で勉強するより、教えてもらう方が得意な最近の大学生気質なら初めに結論有りきで「沖縄戦研究」を鵜呑みにする大学生の思考停止的行動パターンにもうなずける。

>県平和祈念資料館など南部戦跡を巡るこのガイドでは、ひめゆり資料館で証言者を交えた交流会も予定している。

県平和資料館は「日本軍への憎悪」で満ちていると言われる。

これを説明する平和ガイドは左翼運動のスローガンとなりかけている「命どぅ宝」と一緒に更に日本軍への憎悪をかき立てる。

反戦平和ではメシは食えぬ 「命どぅ宝」では生きてはいけぬ!

彼らは平和ガイドとして「沖縄県平和祈念資料館」を案内しても、何の疑問も持たず左翼的な「15年戦争史観」の説明のため見学の中高校生の前に立つのであろう。

                      ◇ 

前述メルマガは次の記事も紹介している。

http://www.mag2.com/m/0000066872.htm
「ウィークリー沖縄 ― 本土に伝わらない沖縄の真実 ―」。
 
  平成14年2月25日号のレポートが衝撃的だったので、読者の皆さんにぜひご紹介したい。

■沖縄レポート

◎「反日展示物」並ぶ平和祈念資料館
 
 沖縄本島南部の糸満(いとまん)市摩文仁(まぶに)にある「沖縄県平和祈念資料館」は沖縄戦の実相を次世代に伝えることを目的に、二〇〇〇年四月にオープンした。
  しかし、展示物は旧日本軍の残虐さを強調する反日的なものばかりで、修学旅行生をはじめ全国から訪れる見学者は、反日感情を植え付けられている。
 
◎生徒の反日感情を醸成
 
 「一番印象に残った事実は、アメリカ兵は民間人だと分かれば殺されないということでしたが、日本兵は自分達が生き残るために民間人をも殺すということです」
(二〇〇一年十一月二十五日、女子高校生)
 
 「いくら戦争中だからといっても、人間のすることではないと思った。人間がゴミのように扱われていて、特に、日本兵の住民に対する態度は最悪だと思った」
(同十一月八日、神奈川県の女子高校生)
 
 これは平和祈念資料館に寄せられた見学者の感想文だ。資料館を訪れた生徒が旧日本軍に対して強い反感を抱いていることが分かる。
 
 資料館は老朽化した旧資料館の代わりとして、大田昌秀(おおた・まさひで)前県知事時代に計画され、沖縄戦の犠牲者の名前を刻んだ「平和の礎(いしじ)」に隣接する形で建設された。
 屋根は全て沖縄の伝統的な赤がわらを使用するなど豪華な造りで、七十四億円もの事業費がかかっている。
 
 二〇〇〇年度は四十八万人以上が来館。
 二階が常設展示室で、 (1)沖縄戦への道  (2)鉄の暴風  (3)地獄の戦場  (4)証言  (5)太平洋の要石(かなめいし) の5つのセクションに分かれ、沖縄戦のパネル写真や模型・資料などが並べられている。
 
◎ジオラマ展示で「残虐さ」を強調
 
 中でも反日的展示の象徴ともいえるのが、沖縄戦当時のガマ(洞窟)の様子を再現した模型だ。
 
 銃剣を持った日本兵の前で住民がおびえているという構図で、住民の中には泣く赤子の口を手で押さえる母親の姿もある。人形は小学生くらいの大きさでリアル感が漂う。
 模型に説明文はないが、日本兵が住民を虐げていたことを連想させるものであることは間違いない。
 
 このほか、左足を失った負傷兵とそれを看護する衛生兵の横で、日本兵が青酸カリ入りのコンデンスミルクを作る場面や、投稿ビラを取ろうとする住民を日本兵がスパイ視して銃剣を向けるという模型もある。
 
 ガマの展示をめぐっては、検討段階で"騒動"が起きている。九八年十一月の知事選で大田氏を破って稲嶺恵一(いなみね・けいいち)知事が誕生すると、県は日本兵の人形から銃を取り外させるなど、展示内容の変更を進めた。
 
◎沖縄戦は「米国との戦い」ではなかった?
 
 だが、これに対して大田前県政時代に任命された資料館の監修委員や市民団体などが猛反発。
  結局、県は左翼勢力の反対キャンペーンに屈する形となり、銃剣を元に戻すなどほぼ原案通りとなった。
 
 また、館内に掲示されている解説文も「反日」のオンパレードだ。
 
「日本軍は沖縄住民をスパイ視して拷問や虐殺をしたり、壕追い出しや、米軍に探知されないために乳幼児の殺害などをおこなった」
「食糧を入手できなくなった地域では、日本兵による住民の食糧強奪が相次いだ。なけなしの食糧を強制的に提供させられたり、拒否する場合には殺害されることもあった」──等々。
 
 沖縄戦では米国との戦いで多くの犠牲者が出たにもかかわらず、資料館の展示は沖縄の住民は日本軍の犠牲になったかような記述ばかり。
 見学した生徒が米軍よりも日本軍に敵意を覚えるのも無理もない。
 
◎一面的な展示が踏み躙(にじ)る沖縄の心
 
 資料館の開館前に、県議会に陳情書を提出して展示内容の変更を求めた国旗国歌推進沖縄県民会議の恵(めぐみ)忠久会長は、
二十万人の沖縄守備の日本兵には、民間からの召集兵もおり、いろんな人間像があるのであり、追い詰められた死の恐怖から生じたごく一部の兵士の行動をもって、すべての日本軍の行動と勘違いさせるような展示をすべきではない」
と指摘する。
 
 日本兵の残虐さを強調する一方、県出身者を含む日本兵が沖縄防衛のために尊い命を捧げて戦い抜いたことを示す展示は一つもない。
 海軍司令官の大田実少将は
「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜タマハランコトヲ」
と、作戦に対する沖縄県民の献身的な協力に理解を求める電文を送っているが、資料館にはこの電文さえ紹介されていない。
 
 恵会長は
大田少将が訴えたように、日本兵が県民と和合一体となって戦い抜いたことは間違いない史実だ。戦死された多くの将兵や県民の犠牲のおかげで、われわれは平和を享受できたのであり、それを不確定な資料や他人からの聞き取りなどで判断してはならない」
と語る。
 
◎監修委員に一坪反戦地主
 
 さらに、「展示内容が反日に偏っているのは、
大田前知事が選任した監修委員に大きな問題がある」とも恵(めぐみ)会長は続ける。
 
 十三人の監修委員のうち、会長を務めた宮城悦二郎・元琉球大教授をはじめ、石原昌家・沖縄国際大教授、内海恵美子・雇用開発推進機構調査研究部長、著述家の安里英子氏の四人は、米軍基地内にわずかな土地を共有する一坪反戦地主だ。
 
 約三千人いる一坪反戦地主の中には、極左過激派や共産党員も多数含まれており、こうした偏った思想の持ち主たちと関係のある人が、公正さの求められる資料館の監修に携わっていたことは明らかに不適切である。
 宮城氏は現在も、資料館の運営委員として関与している。
 
 開館以来、県内だけでなく全国から児童・生徒が数多く訪れている。
 二〇〇〇年度の小中高、大学の団体見学は県内が三百七十八校、三万二千四百七人で、県外は千五校、十五万九千三百六十四人にのぼった。
 
修学旅行生の約半数が来館しているといわれ、多くの児童・生徒が修学旅行の最中、反日感情を植え付けられていることになる。
(C) 2002, 世界日報>


 
  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船場吉兆と行列のできるコロ... | トップ | 沖縄戦研究者に意見打診? ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんじょう)
2007-11-20 08:41:53
沖縄平和祈念資料館は中国に数多くある抗日記念館の一つとしての位置づけでしょう。冊封体制はいまだ健在なりということですか。
南京大虐殺記念館も12月に規模を拡大してリニューアルされるようです。北京オリンピックで観光客の目に触れさせるのが、狙いでしょう。
反日記念館 (狼魔人)
2007-11-20 18:59:38
きんじょうさん

修学旅行の学生に戦争と平和について考えて貰うことには賛成しても、平和祈念資料館に漂う日本軍への憎悪の展示には納得できません。

仰るとおり中国の抗日記念館と同じ歴史観で貫かれています。 一歩譲って、日本と戦った中国の反日記念館は仕方ないとしても、同じ日本の沖縄で中国と同じ反日記念館を作るいわれはありませね。
Unknown (きんじょう)
2007-11-20 23:14:04
自民党の中川昭一氏もブログに載せている
http://blogs.yahoo.co.jp/dune01220227
ほんとに中川昭一氏のブログか真偽は不明ですが・・

http://www.myspace.com/areiraise
矜持・・良か歌です。

英霊をラップで歌うことに是非はあるでしょうが、真摯に歌っているのは伝わってきます。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
今こそ真正保守の結集をー政界再編は成し遂げられるのか (草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN)
総選挙後、自民の一部と連立も 民主・鳩山幹事長(朝日新聞 11/19)  民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、日本記者クラブで記者会見し、次期衆院選で民主党が第一党になった場合の政界再編の可能性について「自民党のなかで『いま